Agile Cat — in the cloud

今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る

Posted in Asia Weekly, Patent by agilecat.cloud on March 1, 2015
Ericsson の矛先は、Apple にまで及ぶのか・・・
 
cna-banner
 
今年に入ってからですが、インドの高裁が OnePlus と Xiaomi に差し止めの命令を出すという、ちょっと異常な事態が発生しています。 ちょうど、Micromax が立ち上がるときであり、国内産業の露骨な保護が始まったのかと思いましたが、この段階では、そこまでの話ではなかったようです。
 
China Indiaまず、OnePlus への差し止めですが、独自の Andriod OS バージョンを開発する CyanogenMod という ROM メーカーが、インド市場での独占権を Micromax に与えたことが背景にあります。 そのため、インド進出に取り組んでいた OnePlus が、出鼻をくじかれるという状況に陥っています。
 
もう一方の Xiaomi ですが、こちらの相手は超大物の Ericsson です。 なにやら、Xiaomi のデバイスをインドで売ると、Ericsson の特許に抵触するとのことで、Xiaomi も高裁の判断に従っているようです。 しかし、並行輸入業者だと思うのですが、そのラインから Xiaomi のデバイスが流れ込んでいるらしく、その業者を Xiaomi が訴えるという事態になっているようです。
 
そうなると、シンガポールやインドネシアはどうなるの? ・・・という疑問が湧いてきますが、アメリカでのビジネスを準備中の Xiaomi が、スマホ自体の販売は先送りする背景には、この Ericsson との特許問題があるのかもしれませんね。そんなことを考えていたら 「Ericsson seeks US iPad, iPhone ban as it sues Apple over patents」というニュースが Gigaom から報じられました。 斜め読みすると、2G および 4G/LTE に関する Ericsson の特許に、iPhone/iPad が抵触することは Apple 自身も認めているのですが、その対価が法外であるため交渉中だと主張しているようです。
 
11/30: Micromax-Cyanogenmod Tie up, Put OnePlus One at Stake in India
12/03: OnePlus One arrives in India, ready to battle Xiaomi and Micromax
12/24: OnePlus-Micromax dispute: HC reserves verdict
12/24: Our operating system is different from that of Micromax: OnePlus
ーーーーー
02/07: Ericsson accuses Xiaomi of violating HC order
02/07: Xiaomi blames rogue reseller for reigniting legal troubles in India
02/22: Xiaomi to take legal action against websites selling its phones illegally
 
ーーーーー
 
以下は Top-10 です・・・
 
① 2/21: Lenovo caught pre-installing adware on laptops
ChinaComputer giant Lenovo has come under fire from users and security pundits after its consumer laptops were found to contain pre-installed adware/malware which could be used to intercept and hijack encrypted Transport Layer Security communications in Microsoft Windows. The ‘Superfish’ adware is a third-party application that was, until last month, installed on all Lenovo consumer laptops.
 
② 1/28: Amazon Japan says ‘cooperating’ with child porn probe
JapanTOKYO: The Japanese arm of Amazon.com said it was “cooperating fully” with a police investigation into the sale of child pornography, after authorities reportedly raided its Tokyo headquarters. The probe — which comes less than a year after Japan made the possession of child porn illegal — reportedly follows the arrest of two men in September for posting illicit photo books featuring children on the Internet retailer’s website.
 
③ 2/21: Re-skilling, not layoffs, will address new challenges: Infosys
IndiaMUMBAI: Even as the furore over layoffs in the IT sector is yet to die down, Infosys has said re-skilling talent is the answer to rapidly changing technologies in the software landscape. “It is not that there are tens and thousands of people (available) with experience in new technologies. The idea is to re-skill people. If technology changes and people don’t have those capabilities, you’ve to re-skill them and re-orient them,” Infosys, Chief Operating Officer, Pravin Rao said on the sidelines of an industry event last week.
 
④ 2/26: iiNet, DBC face three-week wait for piracy ruling
AustraliaiiNet and Dallas Buyers Club face a three-week wait to find out whether the rights holder can obtain the names and residential addresses of almost 5000 people it claims downloaded its movie without paying last year. In the final hearing of a preliminary discovery trial between the rights holder to the Dallas Buyers Club film and the internet service provider, Justice Nye Perram today withheld his judgment for three weeks on whether iiNet should hand over the customer details.
 
⑤ 2/21: India 2015: IT-ITeS industry seeks clarity on Rs 10k-crore
IndiaHYDERABAD: The local IT and ITeS industry has sought more clarity on the Rs 10,000-crore startup initiative announced by the Centre in last Budget. The industry here is also keen on tapping the potential of ‘Make in India’ initiative. “Hyderabad is very well positioned for the ‘Make in India’ initiative as the city has a strong presence in defence and aerospace besides pharma & lifesciences,” said Ramesh Loganathan, Vice President and MD, Progress Software and President of Hyderabad Software Enterprises Association.
 
⑥ 2/25: Airtel, BSNL to sign pan-India roaming pact
IndiaNEW DELHI: Telecom operators Airtel and BSNL are likely to sign a pan-India roaming pact within a month to strengthen their 2G mobile services in areas where either of them is having a weak or negligible presence. “We are soon going to sign a pan-India intra-circle roaming agreement with Airtel with a focus to strengthen coverage in rural areas. Commercials are being worked out. This is most likely to signed within a month,” BSNL Chairman and Managing Director Anupam Shrivastava told PTI.
 
⑦ 2/26: Jakarta to develop mobile app to track bus arrivals
IndonesiaJakarta’s public bus operator TransJakarta will develop a mobile app for people to track the arrival times of buses at bus stops. The app will allow people to track the location of bus drivers and estimate when buses will arrive at the bus stops, said Steve Kosasih, CEO of TransJakarta. The city will work with the makers of a popular delivery tracking app, Go-Jek, and will use the same system for the bus app. Go-Jek allows people to track the location of their deliveries through the GPS on the drivers’ smartphones.
 
⑧ 2/18: Samsung Galaxy S4 gets a big price cut
KoreaNEW DELHI: Samsung’s 2013 flagship smartphone, Galaxy S4, has got another price cut ahead of the expected unveiling of the Galaxy S6 in March. The phone is available online on Amazon.in at Rs 17,999 in both white frost and deep black colour variants. It was previously available at Rs 21,900. Samsung’s official online store is still selling the phone at the old price. It’s worth mentioning that Amazon is also offering a Rs 1,000 gift card with the purchase of the phone.
 
⑨ 2014: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑩ 2/24: NextDC takes customers on ExpressRoute to Microsoft Azure
AustraliaDatacentre-as-a-Service provider, NextDC (ASX:NXT), has inked an agreement with Microsoft for direct connectivity to Azure via ExpressRoute from its Melbourne, Sydney, Brisbane, Canberra and Perth data centres. ExpressRoute will connect NextDC customers directly to Azure through a private, high speed, low latency fibre connection rather than a general internet-based connection.
 
ーーーーー
cna_6冒頭で、インド政府の国内産業保護について触れましたが、この週末に「India Budget 2015: Imported mobile, tablets price may go up, local producers gain」という記事がポストされていました。一言でいって、海外から輸入されるスマホへの関税を引き上げるようですが、MictomaxKarbonn などが育ってきたタイミングで、このような政策を打ち出して、中国からの影響を排除していくのは、当然のことなのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?
今週のアジア 1/25〜1/31:Air China は Facebook の お得意さま?
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する

Comments Off on 今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る

LTE で 超高速ワイヤレス : ブロードバンド接続も不要になる?

Posted in .Selected, Mobile, Network, Research, Telecom by Agile Cat on February 24, 2013

BII REPORT: How 4G LTE Is Transforming The Mobile Ecosystem
http://wp.me/pwo1E-5Gs

Business Insider | Feb. 14, 2013
http://www.businessinsider.com/bii-report-how-4g-lte-is-transforming-the-mobile-ecosystem-2013-2

_ Business Insider

The dream of digital media at our fingertips has historically been hampered by slow wireless networks and disparate standards.

フィンガー・チップにおけるデジタル・メディアの夢は、低速のワイヤレス・ネットワークと、足並みの揃わない標準の歴史により、ずっと妨げられてきた。

クリックで拡大 ⇒

But the entire mobile ecosystem took a big step forward when Verizon, the largest U.S. carrier, launched LTE in early 2010. Modern smartphones are increasingly engineered to take advantage of LTE network speeds.

しかし、全体的なモバイル・エコシステムは、アメリカ最大のキャリアである Verizon が、2010年初頭に LTE を提供し始めたときから、大きく前進している。そして、LTE ネットワーク・スピードを活用しようとする、最新スマートフォンの開発が、さらに促進されている。

In a recent report from BI Intelligence, we analyze the impact LTE can have on consumer behavior, device preferences, and data usage and pricing, explain how LTE has the potential to add new layers of functionality to entire app categories such as games and maps, and look at the build out and availability of LTE in the U.S. and around the world.

BI Intelligence最新レポートでも、LTE が影響を与える、消費者の行動および、デバイスに対する好み、そして、データの利用量と通信料について分析してきた。そして、ゲームやマップといったアプリ・カテゴリー全般に対して、LTE が新しいテクノロジー・レイヤを加えていく、状況と可能性についても説明してきた。さらに、アメリカおよび世界の各国で、LTE 網が構築され、利用されていく様子にも注目してきた。

Here’s a brief overview of how LTE is transforming the mobile ecosystem:

以下は、どのようにして、LTE がモバイル・エコシステムを変えていくのかという、全体像に関するサマリーである:

ーーーーー

TAG index先週にポストした、『 Google の ハイエンド・ラップトップ : Chromebook Pixel が登場 』という抄訳では、このマシンに 4G LTE がビルトインされていると紹介されていました。こう言う、新しいテクノロジーを享受するのは、なにも モバイルだけではなく、新世代のラップトップも、というわけですね。 そして、家庭では、ブロードバンド・ルーターから LTE ルーターへの切り替えが起こっていくのでしょうか? そうなると、ISP の仕事は どうなるのでしょうか? ・・・ と心配は尽きませんが、この世界に安住の地はないと思えば、すべて納得できることなのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月
Docomo と Boingo が、Wi-Fi ホット・スポットで提携
Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に
モバイル・ローミングの売上は、2017年までに $80 billion を超える
Apigee は、テレコムのための SDN を考える

 

Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月

Posted in .Selected, Asia, Cisco, Mobile, Network, Research, Strategy, Web Scale by Agile Cat on February 7, 2013

Cisco: Our mobile data appetite doubled in size in 2012 (and it’s getting bigger)
http://wp.me/pwo1E-5D3

By
Kevin Fitchard
http://gigaom.com/2013/02/05/cisco-our-mobile-data-appetites-doubled-in-size-in-2012/

_ Gigaom

Summary: Globally the average mobile user consumed 201 MB a month in 2012. In North America, we binged on more than triple that amount. By 2017, Cisco says, those numbers will increase by a factor of 10.

2012年において、地球上の平均的なモバイル・ユーザーは、201MB/月のペースでトラフィックを消費している。 North America では、そのトラフィック量が、3倍以上になるという、大盤振る舞いの状況であった。 そして、Cisco が発言するには、2017年までの増加は、10という因数で計算されれるようだ。

Buffet image courtesy of Flickr user Wesley Fryer

ーーーーー

The average global mobile user consumed 201 MBs of data a month in 2012, more than doubling the 92 MBs monthly average from 2011, according to Cisco Systems’ new Visual Networking Index (VNI) for mobile traffic.

Cisco Systems の新しい Visual Networking Index(VNI)によると、グローバルにおける 2011年の平均的モバイル・ユーザーは、1ヶ月あたり 201 MB というデータを消費しているが、その量は2011年の 92MB に対して、2倍以上の増加となる。

That may not seem like a huge amount, but it’s spread out over the entire world’s population, including parts of the world where 3G connections are still rare and smartphone uptake negligible. When broken down by region, the numbers really pop. Cisco found the typical North American accounted for 752 MBs a month, while Western Europeans ate up a monthly average of 491 MBs.

その量が膨大だと認識されない可能性があるが、このネットワークは世界の全人口をカバーするものであり、その中には 3G 接続が稀な国や、スマートフォンのシェアがごく僅かな国々も含まれているのだ。そして、大きな地域ごとに切り分けてみると、その違いが明瞭になる。その典型的な例として、North American では 1ヶ月に 752MB が消費されたが、Western Europeans では 491MB だったと、Cisco は指摘している。

クリックで拡大 ⇒

In total, devices with mobile connections generated 900 petabytes of traffic (a petabyte being 1 million GBs) each month in 2012. And we ain’t seen nothing yet. Cisco is projecting global mobile traffic will grow at compounded annual rate of 66 percent for the next five years, doubling 13 times by 2017. This year, monthly mobile traffic will enter the exabyte era (an exabyte being 1 billion GBs). By 2017 global mobile users will eat up 11.2 EBs each month, according to the VNI.

モバイル接続された、すべてのデバイスが 2012年に生み出したトラフィックは、1ヶ月あたり 900 Peta Byte(1PB = 100万GB)に達する。 それは、これまでに見たことのない量である。 Cisco の予測によると、グローバル・モバイル・トラフィックは、これからの 5年間を 66% の CAGR(複合年間成長率)で成長し、2017年までに 13倍に増大するとされる。 そして、今年には、毎月のモバイル・トラフィックが、Exa Byte(1EB = 10億GB)の時代へと突入するだろう。 そして VNI によると、グローバル・モバイル・ユーザにより、2017年には 11.2 EB/月が消費されることになる。

Cisco is tracking the culmination of many trends. Not only are the number of smartphones and tablets increasing, but more devices from cameras to cars are getting connected. The average data usage per device is on the rise, but so is the total number of connected devices each person owns.

Cisco は、数多くのトレンドにおける、突出した部分を追跡している。 つまり、スマートフォンやタブレットの数が増大しているだけではなく、カメラから自動車に至るまでの、数多くのデバイスが接続されていく。 個々のデバイスで消費される、平均的なデータ量が上昇しているが、それぞれの人々が所有する、モバイル接続デバイスの総数も上昇しているのだ。

The result is explosion of mobile data consumption across an explosion of new devices – even if the number of actual subscribers is only increasing incrementally. There are 4.3 billion mobile subscribers today, by Cisco’s estimates. We’ll add less than a billion to that figure by 2017.

したがって、実際のサブスクリプション数が、ゆるやかに増加しているだけであっても、新しいデバイスが爆発的に増大することを前提に、モバイル・データ消費の爆発が引き起こされるのである。現時点の Cisco の見積もりによると、約 43億人のモバイル・サブスクライバーが存在する。 そして、その数は 2017年までに、10億弱まで上昇すると思われる。

クリックで拡大 ⇒

In that year, the average global consumer will be responsible for 2 GB each month, but North America will go for extra helpings at the mobile broadband buffet. Cisco predicts that the average U.S. or Canadian subscriber will account for 6.2 GBs of consumption each month, spread out over multiple devices. Western European usage will be nearly half that number.

2017年位は、平均的なグローバル・コンシューマは、1ヶ月あたり 2GB の負担をもたらすだろう。 そして、North America はもバイス・ブロードバンドの消費において、さらなる負荷を生み出すだろう。 Cisco の予測によると、America と Canada の平均的サブスクライバーは、複数のデバイスを利用することで、1ヶ月あたり 6.2GB を消費する。また、Western European における消費量は、その半分程度になるだろう。

The average Asian consumer will fall below the 2 GB mark, but they’ll make up plenty of ground in sheer volume of users. In 2017, Asia will have 2.8 billion people hooked into the mobile internet using a total of 5.2 billion connected devices. In North America there will only be 316 million subscribers sporting 841 million individual connections. Despite their data heavy diets, American and Canadians will account for only 19 percent of global mobile traffic, while Asia will consume nearly half.

そして、Asia における平均的な消費量は、1ヶ月あたり 2GB を下回るあたりまで上昇する。しかし、ユーザー数の多さにより、その総量は相当なものとなる。 2017年の Asia では、28億人がモバイル・インターネットに接続され、52億台のデバイスを使用することになるだろう。 また、North America には 3億1600万人のサブスクライバーが生じるが、そこで使用されるデバイスは、8億4100万台になると思われる。ただ、そのデータ大食漢ぶりにもかかわらず、American と Canadian はグローバル・トラフィックの 19% を消費するに過ぎず、Asian たちが半分近くを消費することになる。

クリックで拡大 ⇒

Not all of that traffic will traverse cellular networks. Cisco counts mobile traffic offloaded onto Wi-Fi networks or carrier femtocells in its calculations, though it doesn’t count Wi-Fi-only devices such as a tablet without 3G/4G radio. According to Cisco’s calculations, 33 percent of all mobile device traffic never reached a cell tower and was shunted into an access point or femtocell instead.

しかし、そのトラフィックのすべてが、セルラ・ネットワークを渡り歩くわけでもない。 Cisco の計算によると、モバイル・トラフィックは、Wi-Fi ネットワークもしくは小型基地局にオフロードされる(このレポートには、3G/4G を持たない、Wi-Fi 専用タブレットなどは含まれていない)。 そして、すべてのモバイル・デバイス・トラフィックにおいて、セル基地局には届かないトラフィックは 33% となり、代替えのアクセスポイントや小型基地局に振り分けられると、Cisco は計算している。

By 2017, Cisco expects Wi-Fi and femtos to handle nearly half of all mobile traffic. For data-centric devices like tablets, that number will be as high as 71 percent. North America is already well ahead in the offload curve. About 47 percent of our region’s mobile bits traversed local area networks in 2012.

Cisco の予測によると、2017年までに、すべてのモバイル・トラフィック半分近くが、Wi-Fi ネもしくは小型基地局で処理される。 タブレットのようなデータ・セントリックはデバイスに関しては、その比率が 71% 程度まで上昇する。 North America では、そのオフロード曲線が、すでに良い傾向を示している。この地域では、2012年の時点で、モバイル・ビットの約 47% が、ローカルエリア・ネットワークを渡り歩いている。

クリックで拡大 ⇒

Cisco compiles its numbers through a combination of multiple independent analyst reports, direct measurements from its speed-test apps and metrics it collects from its operator customers. Because Cisco has a vested interest in selling hardware that pushes packets through the mobile internet, its VNI has faced criticism in the past, particularly as carriers use Cisco’s projections to justify their spectrum acquisition sprees.

Cisco が編纂した一連の数値は、多数の独立系アナリストのレポートや、スピード・テスト・アプリからダイレクトに集められた測定値、そして、顧客であるキャリア・オペレータからの情報などを、組み合わせた結果となっている。モバイル・インターネットを介してパケットをプッシュするハードウェアについて、Cisco が販売の既得権を持っていることで、過去において VNI の調査結果は批判され続けてきた。とりわけ、Cisco の予測を利用して、法外な帯域幅の獲得を、キャリアが正当化しているというケースが多かった。

For the last five years, Cisco has revised VNI projections each year to account for new variables and the previous years recorded measurements. Last year it revised its projections upwards, finding its 2011 analysis too conservative. This year Cisco lowered its projections downwards slightly. Cisco analysts said new tiered plans in North America and Europe applied the brakes on average consumption, especially in Europe where there is a high concentration of 3G/4G connected laptops.

そして、最近の 5年間において Cisco は、新しい変数を明らかにするために、VNI 予測を修正しており、昨年は測定値も記録している。 さらに、2011年の分析が、あまりにも慎重すぎるとして、予測値を上方修正している。 しかし、今年の Cisco は、その予測値を、若干だが下方修正している。 Cisco アナリストが説明するには、North America と Europe で計画されている新しいステップが、平均消費量の伸びにブレーキをかけているようだ。 特に Europe では、3G/4G 接続されたラップトップ PC の利用が、極端に限定されているとしている。

Related research

ーーーーー

TAG indexこうしてみると、Cisco の予測に基づいて、さまざまな組織や企業において、具体的な計画が組まれていくという図式が見えてきますね。 文中にもあるように、様々な批判にも直面するでしょうが、誰かが行わないと話が先に進みません。その意味で、とても大切なことなんだと、訳していて再認識しました。 以下の、トラフィック分析/予測に関するバックナンバーも、ぜひ、ご利用ください。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

2012: Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に
2012: IDC モバイル調査 2012 Q2 : 世界の半分を Samsung と Apple が分け合う
2012: アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
2011: Zetta バイト時代に急接近する クラウド・トラフィック – Cisco レポート
2011: モバイル・トラフィックの爆発は、2015年には 6.3 エクサ・バイトに至る!

Comments Off on Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月

%d bloggers like this: