Agile Cat — in the cloud

Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?

Posted in .Selected, Alibaba, Amazon, Asia, Baidu by agilecat.cloud on February 5, 2016
Baidu builds empire with music, Amazon deals
AFP | Dec 5, 2015, 01.40 PM IST
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Baidu-builds-empire-with-music-Amazon-deals/articleshow/50053568.cms
 
_ Times of India
 
SHANGHAI: Chinese internet giant has announced two deals linked to the entertainment industry, including a tie up with online retailer Amazon to provide it with search services.
 
SHANGHAI: China のインターネット・ジャイアントである Baidu が、エンターテインメント産業に関連する、2つの耳寄りな情報を発表した。そして、そこには、オンライン・リテーラーである Amazon に、検索サービスを提供するための提携も含まれているのだ。
 
Baidu, often described as the Chinese equivalent of Google, has been seeking to leverage its online dominance in a country where most of the US search giant’s websites are banned.
 
いつも Chinese Google と評される Baidu であるが、US 企業が提供する大半の Web サイト検索が禁止されている China で、オンラインを独占している優位性を、さらに活用しようとしてる。
 
Amazon BaiduBaidu has agreed with Amazon China to become the default search engine in the country for its e-book readers and also cooperate in app distribution and video content, according to a Baidu statement.
 
Baidu のステートメントによると、同社は Amazon China と合意し、China 国内における eブック・リーダー/アプリ配信/ビデオ・コンテンツなどで用いられる、デフォルトの検索エンジンを提供することになる。
 
Amazon will “integrate” with Baidu’s app store and online video platform iQIYI, it said, which is a rival of an Internet television company newly acquired by e-commerce behemoth Alibaba.
 
言い換えるなら、Baidu のアップ・ストアおよび、オンライン・ビデオ・プラットフォームである iQIYI と、Amazon は統合されることになる。そして、この iQIYI であるが、eコマース・ジャイアントである Alibaba が買収した、インターネット TV である YouKu の、ライバルになると伝えられている。
 
On the same day, Baidu said it would merge its music business with one of China’s biggest music rights holders, Taihe Entertainment Group, which covers mainland China, Taiwan, Hong Kong, Macau and Singapore. Taihe holds original rights to over 10,000 compositions and 700,000 recordings, the statement showed.
 
上記のアナウンスメントと日を合わせて Baidu は、China 最大の音楽著作権ホルダーである Taihe Entertainment Group と、自社の音楽ビジネスをマージし、China/Taiwan/Hong Kong/Macau/Singapore をカバーすることになったと発表している。この Taihe は、1万人以上の作家を組織化し、また、700,000件以上の録音データを有すると、Baidu のステートメントには示されている。
 
The deal marked the latest in a string of mergers and acquisitions by China’s top three Internet firms.
 
今回の取引により、China Top-3 インターネット企業による合併/買収のシナリオが、新たに記されることになった。
 
At the end of October, Baidu took the lead in the online travel sector after two of China’s largest online travel firms — Baidu-controlled Qunar and Ctrip — agreed a share swap and partnership deal to create the country’s biggest Internet travel service.
 
2015年10月の終わりに Baidu は、China オンライン・トラベル業界において、Qunar と Ctrip を買収することで、リードを奪っている。具体的に言うと、China で最大のインターネット・トラベル・サービスを構築するために、株式の交換とパートナーシップが締結されたのだ。
 
Two weeks prior to the deal, China’s e-commerce giant Alibaba announced plans to buy outstanding shares of Youku Tudou, the Asian country’s equivalent of YouTube, in a deal estimated to be worth $4.8 billion.
 
その二週間前のことであるが、China のコマース・ジャイアントである Alibaba が、Youku Tudou の発行済株式を購入すると発表している。同社は、Asia の YouTube と評されるベンダーであり、その対価は $4.8 billion に至ると推定されている。
 
RELATED
ーーーーー
Baidu先日にポストした、「Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!」という抄訳は、Oracle と Tencent の狙いを浮き彫りにする、とても興味深い洞察を提供していましたが、その Oracle と同じようなタイミングで、今度は Amazin の中国進出が明らかにされました。 パートナーは Baidu であり、このタッグにより Alibaba に対抗していくことになるのでしょう。そして、Microsoft と 21Vianet/Oracle と Tencent/Amazon と Baidu というチームが構成され、それぞれの中国展開が活性化することにもなります。 こうして、クラウドは分化の時代に、突入していくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?

Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?

Posted in Asia, Government, Microsoft, Post-PC by agilecat.cloud on January 6, 2016
Microsoft Cozies Up to China With a Custom Version of Windows
Kif Leswing – December 17, 2015
http://fortune.com/2015/12/17/china-microsoft-windows-10/
 
_Fortune
 
The Chinese government is getting a version of Windows just for its workers.
 
China 政府だが、その職員のためだけの、専用 Windows バージョンを手にすることになった。
 
Microsoft will provide a customized version of Windows 10 to the Chinese government, the company announced on Thursday, as it continues to strengthen its relationship with Chinese regulators.
 
12月16日の Microsoft のアナウンスメントによると、China 政府のためにカスタマイズされた Windows 10 バージョンが提供されるが、それは、China 規制当局との関係が強化され続けていることの証でもある。
 
The partnership is a major turnaround for Microsoft’s ambitions in China. In 2014, regulators conducted an anti-monopoly investigation into the company over Windows’ dominance in the market, and even banned government purchases of computers running the operating system.
 
このパートナーシップは、China マーケットに野心を抱く Microsoft にとって、きわめて重要な転機となる。2014年、同国の規制当局は、マーケットにおける Windows の支配力に関して、同社にアンチ・トラストの疑いがあるとし、調査を実施している。さらに言えば、このオペレーティング・システムを走らせるコンピュータの、政府調達を禁止してもいた。
 
Microsoft AsiaThe custom Chinese version of Windows 10 will be “government-approved,” and will include Chinese-selected antivirus software. It will be distributed to Chinese government agencies and certain state-owned companies by C&M Information Technologies, a new Beijing-based venture created specifically for the partnership.
 
この、Windows 10 China カスタム・バージョンは、同政府が承認するものとなり、また、アンチ・ウイルス・ソフトウェアも China セレクションとなる。そして、China の政府機関や、特定の国有企業に配布されるが、その窓口となる C&M Information Technologies は、このパートナーシップのために設立された、Beijing ベースのベンチャーである。
 
From Microsoft’s blog post:
 
“We’re announcing a new joint venture that will license, deploy, manage and optimize Windows 10 for China’s government agencies and certain state owned enterprises and provide ongoing support and services for these customers.
 
「私たちがアナウンスした新たなジョイント・ベンチャーは、中国の政府機関および特定の国有企業に対して、Windows 10 のライセンスを提供/管理/最適化するという役割を担う。そして、それらの顧客に対して、継続的なサポートとサービスを提供していく」
 
The joint venture is not final, however. Microsoft says it is still subject to regulatory approval. The Chinese body participating in the joint venture is the China Electronics Technology Group. In September, Microsoft worked with CETG to make China’s top search engine, Baidu, the default homepage and search engine in its Edge browser in the region.
 
しかし、このジョイント・ベンチャーにより、すべてが解決したわけではない。Microsoft の発言によると、依然として規制当局が承認する対象になるという。そして、このジョイント・ベンチャーに参加する China の団体は、China Electronics Technology Group となる。2015年9月に、Microsoft は CETG と協力することで、この地域での Edge ブラウザーの、デフォルトのホームページと検索エンジンを、China のトップ・ブランド Baidu に切り替えている。
 
For Microsoft, the partnership not only secures the company a huge customer likely to spend hundreds of millions of dollars going forward, but also gives the company firm ground in a vast market where many of Microsoft’s most important vendors—such as Lenovo and Xiaomi ーare based.
 
Microsoft にとって、今回のパートナーシップは、これから数億ドルを費やすかもしれない、大手の顧客を確保するだけのものではない。つまり、同社にとって最も重要なベンダーである、Lenovo や Xiaomi などに対して、広大な基盤と市場を提供することにもなるのだ。
 
Microsoft says that “hundreds of millions” of PCs in China run Windows. However, one concern is that many of those copies are pirated. It’s very possible that Microsoft will look to work with Chinese regulators to try to crack down on software piracy.
 
Microsot が言うには、China には数億台の、Windows PC が存在していることになる。しかし、大量の無断複製と海賊版があることが、一つの懸念となっている。したがって、Microsoft と China の規制当局が協調して、ソフトウェアの海賊版を厳しく取り締まるという、大きな可能性も生じてくる。
 
In September, Microsoft CEO Satya Nadella met with Chinese president Xi Jinping to discuss concerns about intellectual property rights as well as how American tech firms can crack the huge market. Microsoft’s cloud server service, Azure, set up shop in China last year, partnering with Chinese company 21Vianet.
 
2015年9月に、Microsoft の CEO である Satya Nadella が、China の主席である Xi Jinping と会談し、知的財産権に関する懸念だけでなく、どのようにしてアメリカ企業が、この巨大市場を理解すべきかについて議論している。たとえば、Microsoft のクラウド・サービスである Azure は、China の 21Vianet と提携することで、昨年に China 対応を完了している。
 
The Chinese government can also chalk up its partnership with Microsoft as a win. Recently, Chinese officials have been publicly concerned about big U.S. tech firms including secret backdoors in its software in light of Edward Snowden’s revelations about the National Security Agency’s spying programs.
 
その一方で China 政府は、この Microsoft との提携を、成功事例として位置づけることができる。最近のことだが、China で当局は、大手 US テック・ベンダーに関して、公式に懸念を表明している。そこには、National Security Agency のスパイ・プログラムに関する、Edward Snowden の暴露を考慮した、ソフトウェアのバックドア問題も含まれていたのだ。
 
China removed several U.S. tech firms from government-approved purchase lists earlier this year, and even started to develop its own alternative to Windows, called NeoKylin. The deal with Microsoft presumably will allow China to inspect its version of Windows 10 to ensure there are no hidden surprises that might compromise state security.
 
2015年の初めに、China 政府が承認した調達リストから、いくつかの US テック・ベンダーが排除された。さらに言えば、Windows に対する独自の代替案として、NeoKylin と呼ばれる OS が開発されようとしていた。今回の Microsoft との契約を推定すると、おそらく China 政府は、国家の安全保障を守るために、対象となる Windows 10 のバージョンに関して、情報の開示を求め、また、検査を実施するのだろう。
 
Recently, it was revealed that China supports state-owned companies seeking to develop a homegrown secure smartphone operating system.
 
最近のことだが、その一方で China は、セキュアな国産スマートフォン OS を開発しようとしている、国有企業をサポートしていることを明らかにしている。
 
ーーーーー
MS2012年のことですが、21Vianet という ローカル DC事業者と Microsoft が提携し、中国国内に Azure を提供し始めるという、ニュースが流れていました。そして、昨年の 4月には、その提携が 2018年まで延長されるとも、報じられていました。また、中国の Nerflix という位置づけの、LeTV も Azure を活用しているようです。そして、最近は、中国政府による Windows 10 の調達という話まで、登場してきたわけです。昨年の 9月に、習近平 主席が訪米し、シアトルで 米テック・リーダーたちとミーティングを行いましたが、その後は Bill Gates とプライベート・ディナーをともにしたようです。おそらく、Microsoft は、持てる力を総動員して、中国に取り組んでいるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と Xiaomi :Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?
Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた!
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack および VMware と Microsoft に対応!
中国には 約2億台の Windows XP マシンが取り残されている!
 

Comments Off on Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?

Microsoft の巨大データセンターが韓国に構築されるらしい:残念ながら日本は落選

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Microsoft by Agile Cat on February 21, 2014

Report: Microsoft to build US$9bn Korea data center
http://wp.me/pwo1E-7ey
13 February 2014 – Yevgeniy Sverdlik
http://www.datacenterdynamics.com/focus/archive/2014/02/report-microsoft-build-us9bn-korea-data-center

_ DC Dynamics

Microsoft is planning to build a US$9bn data center in Korea, the largest investment ever by a tech multinational in the country, Seoul based Arirang TV reported, citing officials from the company’s Korean head office.

Microsoft は Korea で、$9BN のデータセンター構築を計画しているが、同国におけるハイテク多国籍による史上最大の投資額になると、Microsoft Korea 本社のコメントを引用するかたちで、Seoul ベースの Arirang TV がレポートしている。

The Redmond, Washington, company has sent a site-selection team to the country, the English-language TV network said. Busan, the country’s second largest city on the east coast, has emerged as a “strong candidate.” Microsoft constantly expands its data center capacity around the world to support its 200-plus cloud services. Its infrastructure executives recently said there were approximately 1m servers in its data centers.

この、Washington Redmond の企業は、Korea にサイト選定チームを派遣し、また、東海岸にある同国第二の都市 Busan が有力な候補地として浮上していると、English-language TV network は述べている。Microsoft は、同社の 200種類以上のクラウド・サービスをサポートするために、世界中のデータセンター・キャパシティを継続的に拡張している。 以前に、同社のインフラ担当役員は、各データセンターにあるサーバーを合わせると、約100万台になると述べていた。

Ariran reported in 2011 that Microsoft was looking at Korea and Japan as potential locations for another Asian data center and was leaning toward the former. The company’s Korea CEO James Woo said at the time that Korea was more attractive because of Japan’s devastating earthquake and tsunami that took place earlier that year.

Ariran は 2011年にも、Microsoft がアジアのデータセンター候補地として、Korea と Japan に注目しているが、前者に傾きつつあるとレポートしていた。同社の Korea CEO である James Woo は、Korea の方が魅力的になったのは、壊滅的な地震と津波が、その年の初めに Japan で起きたからだ、と発言している。

Microsoft has been investing a lot into infrastructure over the past few years as it refashions itself from a software vendor into a services company. Its cloud portfolio includes everything from its traditional software offerings provided as a service to Platform- and Infrastructure-as-a-Service offerings under the Windows Azure brand.

Microsoft は、この数年において、ソフトウェア・ベンダーからサービス企業へと転身するために、インフラの整備に対して多額の投資を行っている。そのクラウド・ポートフォリオは、これまでの、すべてのソフトウェア・プロダクツを、

Windows Azure ブランドの下での、PaaS と IaaS に置き換えていくものとなる。

Another recent expansion by Microsoft in Asia was in Shanghai through Chinese data center services provider 21Vianet. The company provided facilities for hosting Windows Azure infrastructure. In May 2013, Microsoft announced plans to expand Windows Azure infrastructure to two regions in Japan and two regions in Australia. It also has Azure data centers in Singapore and Hong Kong.

最近の、Asia を強化するための Microsoft の投資は、China Shanghai のデータセンター・サービス・プロバイダー 21Vianet を介したものとなる。この 21Vianet は、Windows Azure のインフラストラクチャをホスティングするための機能を提供している。 2013年 5月に、Microsoft は、Japan と Australia の、それぞれの 2リージョンに、Windows Azure のインフラを拡大するという計画を発表している。なお、同社は、Singapore と Hong Kong にも、Azure データセンターを有している。

The company cited an IDC forecast that said the size of Asia’s cloud computing market (excluding Japan) would reach $16.3bn by 2016. Microsoft is also building a data center in Brazil and expanding its already massive data center presence in Dublin, Ireland, and in the US, in Quincy, Washington.

同社は IDC の予測を引用しながら、Asia(Japan を除く)のクラウド・コンピューティング市場は、2016年までに $16.3bn の規模に至ると発言している。さらに Microsoft は、Brazil にデータセンターを構築し、すでに、充分なキャパシティを持つ Ireland DublinUS Washington Quincy のデータセンターを拡張していく。

In January, in a eyebrow-raising announcement, the company said it would open source the latest servers it designed to support all of its cloud services through the Open Compute Project – a Facebook-led open source hardware design effort.

この 1月に、同社から、目を見張るアナウンスメントがあった。それは、Facebook が主導するオープンソース・ハードウェア・デザインの団体である、Open Compute Project を介して、同社における、すべてのクラウド·サービスをサポートするためにデザインされた、最新のサーバー仕様をオープンするというものだ、

Bill Laing, corporate VP of Windows Server and System Center development, told us then that release of the newest design also marked a change in the company’s cloud infrastructure strategy. Instead giving every service team control over what type of hardware and how much of it they buy to support their particular service, all services will be supported by one type of server.

同社の Corporate VP of Windows Server and System Center Development である Bill Laing は、最新デザインをリリースすることは、同社のクラウド・インフラ戦略が変化することの象徴であると、私たちに語っていた。これまでは、すべてのサービス・チームに対して、それぞれのサービスをサポートするために購入すべき、ハードウェアの種類を決定する権限が与えられていたが、それに換えて、これからは、すべてのサービスを、1種類のサーバーでサポートしていくことになる。

The company expects to save on hardware purchases as a result, because it can order much higher volumes. It will also benefit from a uniform hardware refresh cycle and easier capacity planning.

結果として、同社は、より多くのハードウェアを購入するために、その費用の削減を期待している。また、ハードウェアの更新サイクルを平準化することで、キャパシティ計画も容易になるだろう。

Recommended links

ーーーーー

TAG index新体制となった Microsoft から、大掛かりなプロジェクトの発表です。ただ、タイトルにある $9 Billion は、いくらなんでも大きすぎるので、900 Million の間違えだろうと推測しています。「韓国語の数詞に関する覚書」という資料には、韓国語にも[万]という単位があると記されています。つまり、韓国語の億を、そのまま Billion と訳してしまった可能性が高いと思われます。 とは言っても、900 Million(約900億円)という数字も、データセンター投資額としては最大級のものなので、Microsoft の力の入れようが伝わってきます。そして、残念なのが、最後まで候補に残った日本が、地震のリスクが高いということで、選定されなかったことです。ただ、その他にも、日本と韓国には大きな違いがあります。それは、電気料金であり、日本の場合は韓国の 3倍という話を聞いたことがあります。昨年11月にソウルで開催された、OCP Engineering Workshop のときの話ですが、おそらく、これが本音なんでしょうね。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Microsoft と 上海市 が提携 : 21Vianet の ローカル DC に Azure を!
Quincy に配置された Microsoft IT-PAC のフォト・ギャラリー
データセンターと地方 – どのように、Virginia 州は MS大規模 DC を誘致したのか?
Google の アジア・データセンター戦略とは?
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

Comments Off on Microsoft の巨大データセンターが韓国に構築されるらしい:残念ながら日本は落選

Microsoft と 上海市 が提携 : 21Vianet の ローカル DC に Azure を!

Posted in .Selected, Asia, Microsoft by Agile Cat on November 2, 2012

Microsoft takes Azure to China
http://wp.me/pwo1E-56Q

By
Barb Darrow – Nov 1, 2012 – 7:53AM PT
http://gigaom.com/cloud/microsoft-takes-azure-to-china/

_ Gigaom

Chasing a potentially huge market, Microsoft has inked a pact with the municipality of Shanghai and with ISP 21Vianet to offer Windows Azure services in China. The deal could be huge but also problematic, given problems Google and other U.S. companies have had in China.

巨大な潜在マーケットを追いかける Microsoft は、China で Windows Azure サービスを提供するために、Shanghai 自治体および ISP である 21Vianet との協定に調印した。この 取引は大規模であるが、Google などのアメリカ企業が、China で抱え込んだのと同様に、問題を生じる可能性も否定できない。

ーーーーー

Microsoft is taking its Cloud OS show on the road to China, announcing a licensing pact with 21Vianet which will offer Windows Azure services from its local data centers. 21Vianet bills itself as the largest carrier-neutral Internet data center services provider in China.

Microsoft は、その Cloud OS ショーを、China への道において展開する。つまり、21Vianet とのライセンス協定により、そのローカル・データセンターから、Windows Azure サービスを提供することになると発表したのだ。 その 21Vianet は、China におけるキャリア・ニュートラルな、最大のインターネット DC サービス・プロバイダになろうとしている。

photo: Flickr / brandnliu

This could be a huge deal: Most researchers see China as a huge potential market for cloud services. As Doug Hauger, GM of Microsoft’s Server and Tools business, pointed out in his blog post announcing the deal, Forrester Research estimates that the public cloud market in China will soar to $3.8 billion in 2020 from $297 million last year. But China could also be highly problematic, given the issues Google and other U.S. tech companies have had there.

この取引は、巨大なものになり得る。つまり、大半のリサーチャーが China について、クラウド・サービスにおける膨大な潜在マーケットとして見ているのだ。Microsoft の Server and Tools 部門で GM を務める Doug Hauger は、Forrester Research の予測について、自身のブログ・ポストで紹介している。それによると、China のパブリック・クラウド市場は、昨年の $297 million から、2020年の $3.8 billion へと、急上昇していくことになる。 しかし China は、Google などのアメリカ企業を、困難な状況へと導いたように、大きな問題を生じるという可能性を否定できない。

Amazon Web Services, the world’s largest public cloud purveyor, has EC2 Asia Pacific coverage in Tokyo and Singapore and edge locations in Osaka, Hong Kong, Singapore and Sydney.

世界最大のパブリック・クラウド・プロバイダーである Amazon Web Services は、Tokyo と Singapore をカバーする EC2 Asia  Pacific を有し、また、Osaka/Hong Kong/Singapore/Sydney などロケーションで先行している。

Subscriber Content

ーーーーー

image相互に理解し合うのだろう、、、と、この両者には、そんな感じがしていました。 したがって、Microsoft が先行して、中国大陸へクラウドを展開していくというのは、さしたる驚きでもなく、とても順当な展開だと思えます。 そして、重要なのは、アメリカの愛国者法の適用です。 おそらく、中国政府が認めるとは思えないので、名前は Azure であっても、そのクラウドの権利は、上海市もしくは 21Vianet が有するのだと推測します。 あとは、両者にとって、良い結果が生じることを願うのみです。image

ーーーーー

<関連>

Apple や Facebook などの、インフラ投資比率をチャートで見比べる
Microsoft の赤字について、GigaOm が内訳を精査する
WINTEL による独占は終わった:それを示すチャートを二枚
Windows Live 撤退を分析すると、いまの Microsoft が見えてくる _1
Windows Live 撤退を分析すると、いまの Microsoft が見えてくる _2

 

Comments Off on Microsoft と 上海市 が提携 : 21Vianet の ローカル DC に Azure を!

%d bloggers like this: