Agile Cat — in the cloud

なぜ Google Fiber は期待されるのか? その背景となる、各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!

Posted in Asia, Google, Network, Research by agilecat.cloud on September 9, 2016
Here’s why Google sees a huge opportunity to bring super-fast internet access to you
Matt Rosoff – Aug. 5, 2016
http://www.businessinsider.com/fiber-access-as-percentage-of-total-broadband-by-country-2016-8
 
_ Statista
 
Google’s parent company Alphabet has an audacious plan to bring super-fast fiber-based internet access to a lot more of the United States.
 
Google の親会社である Alphabet は、US の多くの地域において、超高速ファイバ・ベースのインターネット・アクセスを展開するという、大胆な計画を有している。
 
And there’s certainly room for improvement.
 
たしかに、そこには、改善の余地が存在する。
 
fiberClick to Large >>>
 
 
Statista
 
As this chart from Statista shows, the U.S. lags way behind most other developed countries when it comes to fiber broadband. Part of the problem is simply that the U.S. is much geographically larger and more spread out than any of these countries, which creates logistical challenges when it comes to running fiber to every home. But Alphabet’s Access and Energy group also believes that the cable and telco companies who dominate internet access today have no particular incentive to build fiber out any faster, as most Americans have been stuck with one or two local providers.
 
この、Statista によるチャートが示すように、ファイバ・ブロードバンドの視点で見ると、先進国の中で US は遅れを取っている。すべての家庭にファイバで接続するという事業を展開する上で、US 固有の問題として挙げられるのは、はるかに地理的に広く、都市部が拡散しているという現実である。しかし、いまの US でインターネット・アクセスを支配しているケーブル TV やテレコムには、より高速な光ファイバを構築するための、特別なインセンティブが無いと、Alphabet の Access and Energy グループは確信している。つまり、その結果として、1社〜2社のローカル・プロバイダーに、ユーザーは依存せざるを得ないと捉えているのだ。
 
ーーーーー
google_fiberresearch_55このポストは、Google Fiber が期待される背景である、米国におけるファイバ・ネットワークの問題を指摘するものです。たしかに、面積が広くて都市部が拡散している米国よりも、領土が狭くて密度が高いヨーロッパやアジアの方が、ファイバ事業は展開しやすいのでしょう。ただし、その一方では、ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代に成りつつあります。こうしたテクノロジーとファイバの住み分けも、これからは重要になっていくでしょう。とは言え、こんなにもファイバ・サブスクリプション(FTTH/FTTP/FTTB )が浸透している、日本のインターネット・ユーザーは幸せですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Fiber:ピアリングに課金しないのは、それが Win Win Win モデルだからだ
アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた
Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?
 

Comments Off on なぜ Google Fiber は期待されるのか? その背景となる、各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!

Microsoft が Genee を買収:その AI が Office 365 を変えていく?

Posted in .Selected, AI ML, Microsoft by agilecat.cloud on September 8, 2016
Microsoft buys AI firm Genee to bolster Office 365
Jane McCallion – Aug 23, 2016
http://www.cloudpro.co.uk/collaboration/6241/microsoft-buys-ai-firm-genee-to-bolster-office-365
 
cloudpro
 
Microsoft has bought artificial intelligence (AI) business Genee for an undisclosed sum, in a bid to boost Office 365’s productivity suite.
 
Microsoft は、Office 365 のプロダクティビティ・スイートを促進するために、Genee という未公開の AI カンパニーを買収した。
 
office_365Acquisition will improve “intelligent experiences” in Office 365
 
Currently, Genee’s product offers an intelligence-driven power scheduling tool that helps users find slots in their diary for meetings, calls and similar events without them having to consult their calendars manually.
 
現時点における Genee のプロダクツは、インテリジェンスで駆動するケジューリング・ツールである。具体的に言うと、手作業によるカレンダーの参照に依存することなく、会議/通話/イベントのスロットを、見つけ出すことが可能になるというものだ。
 
scheduling-tool-geneeClick to Large >>>
 
The service, which also allows users to check their schedule for the day without having to consult a calendar and set up reminders, works via email, text message, Twitter, private messaging and Facebook Messenger.
 
このサービスでは、カレンダーを参照することなく、その日のスケジュールのチェックが可能になる。そして、電子メール/テキスト・メッセージ/プライベート・メッセージ/Twitter/Facebook Messenger などを介した、リマインダーの設定が可能になる。
 
 
However, following the acquisition by Microsoft, Genee will be shutting down on 1 September while it is integrated into the Redmond giant, where it will be incorporated into the Office 365 suite.
 
しかし、Redmond の巨人に買収された Genee は、9月1日にシャットダウンされ、Microsoft Office 365 スイートに組み込まれることになる。
 
screen_shotIn a blog post, Rajesh Jha, corporate VP of Outlook and Office 365, said: “With today’s news, I’m excited to welcome the Genee team to Microsoft. As we continue to build new Office 365 productivity capabilities and services our customers value, I’m confident the Genee team will help us further our ambition to bring intelligence into every digital experience.”
 
VP of Outlook and Office 365 である Rajesh Jha は、「今日に報道された、Micorosft への Genee の参加を、心から歓迎する。私たちは、新しい Office 365 の生産性と、顧客に提供する価値を高め続けていく。Genee のチームが、すべてのデジタル・エクスペリエンスに、インテリジェンスを持ち込むことで、私たちの望みが拡大していくと確信している」と、プログ・ポストで述べている。
 
Genee’s co-founders, Ben Cheung and Charles Lee, added in their own blog post: “We consider Microsoft to be the leader in personal and enterprise productivity, AI, and virtual assistant technologies, so we look forward to bringing our passion and expertise to a team that is committed to delivering cutting-edge language and intelligence services.”
 
Genee の Co-Founder でる Ben Cheung と Charles Lee は、「Microsoft は、パーソナルとエンタープライズにおける、プロダクティビティと人工知能と仮想アシスタントのリーダーである。したがって、言葉と知能という最先端のサービスを提供していくチームに、私たちの情熱と能力を提供することを、とても楽しみにしている」と、同社のブログ・ポストに書き加えている。
 
Michael Hack, senior vice president of EMEA operations at network monitoring firm Ipswitch, said: “Today’s announcement that Microsoft has acquired AI technology company Genee signals the starting whistle for AI in the enterprise. Businesses and IT teams are ready and willing to explore the opportunities that intelligent systems bring.”
 
Ipswitch の EMEA 担当 VP である Michael Hack は、「Microsoft のアナウンスメントは、同社が AI テクノロジーの企業である Genee を買収することで、エンタープライズにおける AI が発進することを知らしめることにある。企業と IT のチームは、インテリジェントなシステムがもたらす機会に対して準備を整え、その研究を楽しみにしている」と述べている。
 
“However, IT professionals need to approach intelligent machines with their eyes wide open,” Hack added. “Despite the speed of adoption, a study carried out by Ipswitch revealed] that IT decision makers are finding it difficult to assess the full extent of risks, challenges and threats posed by intelligent systems. Security, funding constraints and lack of knowledge were all named as primary obstacles to adoption and use.
 
そして、彼は、「ただし、IT プロフェッショナルたちは、目を大きく開いて、インテリジェントなマシンにアプローチする必要がある」と加えている。Ipswitch の調査で明らかになったように、AI の採用におけるスピードにもかかわらず、IT の意思決定者は、インテリジェント・システムがもたらす全体的なリスク/課題/脅威を評価すことが困難だと捉えている。具体的に言うと、セキュリティおよび、資金の制約、知識の欠如が、採用と利用における主要な障害として指摘されている。
 
“As network managers grow more confident with intelligent systems, they will become increasingly willing to tackle more complex applications. However, they need to ensure they have the right tools in place to enable them and support the IT team to manage the impact effectively.”
 
そして、彼は、「ネットワーク管理者が、インテリジェントなシステムに対する信頼を深めることで、より複雑なアプリケーションへの取り組みが進んでいく。しかし、影響を効果的なものにするためには、それを実現するための適切なツールを手にし、また、IT チームをサポートしていくことが、必要である」と、付け加えている。
 
Brent Kenwell, a writer with financial market tracking site Seeking Alpha, also welcomed the move.
 
金融市場に目を向ける Seeking Alpha で執筆している Brent Kennel も、この動向を歓迎している
 
“If Intel and Nvidia were any indication, the deep-learning and artificial intelligence field has been coming to life faster than anyone seems to realise. But Microsoft isn’t planning on missing out either,” Kenwell said.
 
Intel と Nvidia が暗示しているように、機械学習と人工知能の分野は、誰もがが想像する以上に素早く、私たちの日常に到来する。そして、Microsoft は、どちらの領域でも、ビジネスを立ち上げようと考えている」と述べている。
 
“Microsoft has also been making strides in chat capabilities and employee scheduling systems. But this is what the company has to do in order to keep relevant. With what Alphabet can do for its Android systems and Apple for iOS, Microsoft has to keep pace with its own applications if it doesn’t want to lose users,” he added.
 
そして、彼は、「また、Microsoft は、チャットに関する機能や、従業員のスケジュール・システムで前進を続けている。しかし、それは、同社が相対的な位置関係を保つために、進めているアクションである。Alphabet が、Android と iOS の実現している機能に合わせて、Microsoft もユーザーを失わないよう、そのアプリケーションにおける進化のペースを保っている」と述べている。
 
ーーーーー
MSどのような AI が、Office 365 を加速させてくれるのでしょうか? とても楽しみですね。以前に、「Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!」という抄訳をポストしましたが、この機能により、ドキュメント間の関連性がなどが許可されるはずです。そこに、Genee の AI が加われば、ドキュメント・ライブラリーの構成を知っている、パーソナル/チーム・アシスタントなどが成立するのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!
パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!
Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!
サーバー・セキュリティにおいて、自動化が必須となる理由を説明しよう
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
 

Comments Off on Microsoft が Genee を買収:その AI が Office 365 を変えていく?

Facebook と Tencent の規模を比較:この二社が拮抗している状況を1枚のチャートで!

Posted in Asia, Facebook, Research, Social, Tencent by agilecat.cloud on September 7, 2016
How China’s Biggest Tech Company Compares to Facebook
Felix Richter, Aug 19, 2016
https://www.statista.com/chart/5549/tencent-vs-facebook/
 
_ Statista
 
Due to the fact that social media services such as Facebook, Twitter, Instagram and Snapchat are inaccessible in China, there exists a whole ecosystem of social networking and messaging platforms that are immensely popular in and around China but hardly known anywhere else in the world.
 
周知のとおり、Facebook や、TwitterInstagramSnapchat といった、ソーシャル・メディア・サービスは、China からはアクセスできない。そのため、China の周辺には、ソーシャル・ネットワークとメッセージングのプラットフォームの、きわめて人気のあるエコシステムが存在しているが、それ以外の地域では、ほとんど知られていない。
 
tencent_vs_facebookClick to Large >>> 
 
This chart compares Tencent and Facebook in terms of financial and operating metrics.
 
このチャートは 2016年前半の、両社における収益と MAU を比較したものである。
 
Platforms such as QQ, WeChat or Qzone have hundreds of millions of users and, just as Facebook, Instagram and WhatsApp, they’re all owned by the same company. Their parent company Tencent recently became China’s largest tech company, after surpassing its rival Alibaba in terms of market capitalization this week.
 
QQ/WeChat/Qzone といったプラットフォームは、Facebook/Instagram/WhatsApp のように、数億人のユーザーを持ち、また、1つの企業により所有されている。8月中旬のことだが、その親会社である Tencent が、時価総額でライバル Alibaba を追い抜き、China で最大のテック・カンパニーとなった。
 
As our chart illustrates, there’s no need for Tencent to fear the comparison to Facebook. While its social networking / messaging services have yet to reach the billion-user mark, its financial results are roughly on par with those of the world’s largest social networking company. In fact, until as recently as 2015, Tencent was more profitable than Facebook, and has been for many years prior. From an investing standpoint, both companies have been doing great over the past 12 months: Tencent’s stock price soared 45 percent since August 2015, Facebook’s is up by 30 percent.
 
このチャートが示すように、Tencent と Facebook を比較することは、きわめて妥当なことである。そのソーシャル・ネットワーク/メッセージングのサービスは、まだ 10億人規模には達していないが、財務面での数字を見ると、世界最大のソーシャル・ネットワーク会社と、ほぼ同等であることが分かる。実際のところ、2015年以前においては、Tencent は Facebook よりも、ずっと利益を上げる企業であった。また、直近の 12ヶ月間の投資という観点では、両社とも積極的な姿勢を見せている。Tencent の株価は、2015年8月との比較において、45% も伸びている。ちなみに、同期間における Facebook 成長率は 30% である。
 
ーーーーー
Tencent日本で知られているのは WeChat の方であり、QQ に関しては名前だけという方も多いのだろうと思います。Agile Cat も疑問だったので、QQ について、ちょっと調べてみました。ctw0123 さんという方のブログによると、「中国人は大抵QQと微信の両方のIDを持っていますが、今では多くの人が微信だけを使用しています」と解説されていました。また、QQ は 1999年に立ち上げられていますが、WeChat は 2011年からとなっています。ひょっとすると、WeChat はモバイル・ファーストのコンセプトで作られたのかもしれませんね。それにしても、Tencent の経済規模には驚きです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジア・チャンピォンの WeChat Pay が、ついに日本市場に参入してくる
China UnionPay というクレカの怪物: APAC で Visa と MasterCard をブッチギリ!
Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:エンタープライズ と コンシューマが融合
WeChat は 宇宙だ! Tencent の ペイメント・モンスターぶりを Infographics で!
WeChat は中国の Facebook: 7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?
 

Comments Off on Facebook と Tencent の規模を比較:この二社が拮抗している状況を1枚のチャートで!

IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on September 6, 2016
Internet of Things (IoT): Technology Entering the Mainstream
Dick Weisinger – August 26th, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-technology-entering-the-mainstream/
_ formtek
The concept of the Internet of Things (IoT) was first introduced in 1999.  It’s taken seventeen years, but analysts are now beginning to declare that the vision has been realized and that IoT has now become a mainstream technology.
 
Internet of Things (IoT) の概念は、1999年に初めて紹介された。それから 17年の歳月が流れたが、いまではアナリストたちも、そのビジョンが実現され始め、主流のテクノロジーになったと宣言するようになった。
 
Renoir_3How are businesses using IoT?  Use cases include fleet management and remote vehicle monitoring, building automation, security, automating supply chains, and creating new connected home and usage based-insurance (UBI) products.
 
産業界では、どのように IoT を使用しているのだろうか? そのユースケースには、テレマティクスと遠隔車両監視や、自動化を構築、セキュリティ、サプライチェーンの自動化、スマート・ホーム、使用ベースの保険(UBI:usage based-insurance)などが含まれるはずだ。
 
A report that summarizes the state of IoT technology from Vodafone found that businesses that have invested in IoT are being rewarded.
 
Vodafone がまとめた IoT テクノロジーに関するレポートによると、産業界による IoT への投資が、すでに回収のフェーズに入っていることが分かる。
 
  • 63 percent of businesses with IoT report seeing “significant” returns
  • IoT adopters say that they can measure a 20 percent improvement in metrics like revenue, cost, downtime and utilization
  • 89 percent of businesses using IoT say they are increasing their IoT budgets this year
  • IoT makes up nearly one-quarter of IT budgets for businesses using IoT
  • 76 percent of businesses say that the use of IoT is critical for their business success
 
  • IoT を用いる企業の 63% が、大きな利益を得ていると報告されている。
  • IoT を採用している企業の測定によると、収益/コスト/ダウンタイム/活用などの指標において、20% の改善が達成されている。
  • IoT を活用する企業の 89%が、今年の IT 予算を増加していると発言している。
  • IoT を利用する企業においては、その IT 予算の 1/4 ほどが、IoT により占められている。
  • IoT を用いる企業の 76% が、ビジネスの成功において IoT が重要であると述べている。
 
Matt Hatton, CEO of Machina Research, said that “enterprises rolling out IoT initiatives within their organisations must set tight parameters around what they want to achieve and what success looks like.  Deploying IoT is complex and enterprises would benefit from having a third party not only to pull together the various elements of the proposition but also to act on their behalf in areas such as security, privacy and data management.”
 
Machina Research の CEO である Matt Hatton は、「組織内において、IoT への取り組みを展開する企業は、達成したいと考える成功の周辺に、とても厳格なパラメータを設定しなくてはならない。IoT の展開は複雑であるため、エンタープライズはサードパーティの協力を得ていくことになるだろう。それらのエンタープライズは、課題を達成するための要素を引き出すだけではなく、セキュリティ/プライバシー/データ管理などの領域を改善していく」と述べている
 
Erik Brenneis, Vodafone’s Director of IoT, said that “three-quarters of the companies we interviewed now recognise that the Internet of Things is a new industrial revolution that will change how people work and live forever, and almost half the companies surveyed across multiple countries and sectors told us they’re already planning to bring connected network intelligence to millions of devices and processes over the next two years. 2016 is the year the Internet of Things entered the mainstream.”
 
Vodafone の Director of IoT である Erik Brenneis は、「私たちがインタビューした企業の 3/4 が、将来における人々の仕事と生活を変えていく IoT を、新しい産業革命だと認識している。そして、複数の国々や部門において、調査の対象対象となった企業の約半数が、これからの 2年間において、大量のデバイスとプロセスを接続するための、インテリジェントなネットワークを計画している。つまり 2016年は、IoT が主流になった年なのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayこの文脈からは、「IoT に取り組むことで、ネットワークがインテリジェントなものになり、さまざまな切り口で、効率というものが改善されていく」、というニュアンスが感じられます。この Agile Cat の IoT カテゴリを見ると、どちらかと言うと、IoT の時代のネットワークに関連するトピックが集められています。すべてのトラフィックをクラウドに集めるよりも、何らかの分散を考えるほうが、明らかに効果的であり、また、安全であると思えてきます。集約から分散へ向けた、静かな揺り戻しが始まっているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: このマーケットの売上は、$12 B から、2024年の $50 B に成長していく
SaaS の調査:スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している
Cloud の調査:データセンターの電力消費量は、どのように推移していくのか?
Cloud の調査: 2016年 Q1 のパブリック・クラウドは、記録破りの成長を達成したようだ!
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
 

Comments Off on IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる

IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!

Posted in .Chronicle, IoT by agilecat.cloud on September 1, 2016
Internet Of Things To Use Fog Computing For More Efficiency Than Cloud Computing
Wednesday, August 3, 2016 7:54 AM UTC
http://www.econotimes.com/Internet-Of-Things-To-Use-Fog-Computing-For-More-Efficiency-Than-Cloud-Computing-243795
 
econotimes
 
The Internet of Things will start relying more on Fog computing in order to meet the demands of efficiency that is becoming more difficult to fill with current, conventional means. Cloud computing simply cannot offer the same level of computing speed and response time that the IoT will require, but Fog computing can.
 
IoT は、これまでの発想では満たすことのできない、効率への要求を追求するために、フォグ・コンピューティングへの依存度を高め始めている。クラウド・コンピューティングでは、IoT で必要となるスピードとレスポンスを提供できないが、フォグであれば、それも可能になる。
 
Morning FogMorning Fog.Nature
Landscapes/YouTube
 
Tech Crunch notes how IoT is quickly becoming more like the Internet of Everything or IoE, and how the future is starting to look like a futuristic sci-fi movie where the lives of people revolve around a centralized digital interface. In any case, getting to this point will require processing and computing speeds that Fog computing is perfect for, and this is thanks to its decentralized processing architecture.
 
テック・クランチは、IoT から IoE 的なものへと向けた、急速な変化が起こっていると指摘している。そして、未来の人々の生活が、センタライズされたデジタル・インターフェースを中心に展開するという、SF 映画のような光景を示唆している。いずれの場合においても、そのような状況に到達するには、フォグ・コンピューティングにとって最適な、処理と計算のスピードを要求し、また、そのための分散処理アーキテクチャが必要になるだろう。
 
In terms of how processing works with Cloud computing, it offers a huge pocket of processing capability, which makes it perfect for providing IoT with the kinds of storage presence that it needs in order to draw terabytes of information from. However, Cloud computing also suffers from a slower response time because it is essentially a huge mass, which makes it sluggish.
 
クラウド・コンピューティングにおいて、どのようにプロセスが機能するのかと考えるなら、処理能力の巨大なポケットが提供されるという表現になるだろう。それは、テラバイト・レベルの情報を取り出すために必要な、最適のストレージとしての存在感を、IoT に提供するものになる。しかし、クラウド・コンピューティングは、その巨大な質量が本質的に緩慢さをもたらすため、レスポンスの遅延という問題に苦しんでいる。
 
In comparison, Fog computing is a far more fractured system, which can determine which processes require the most attention. This allows for a faster response time, which is critical in areas like medicine or engineering.
 
クラウドとの比較において、フォグ・コンピューティングが遥かに厄介なシステムとなるのは、は、最も注意を必要とするプロセスを取り扱うためである。つまり、医療や工学などの分野において重要な、素早いレスポンスに対応するものとなる。
 
In the IoT Agenda website, Fog computing is described as a feature where “computing resources and application services are distributed in the most logical, efficient place at any point along the continuum from the data source to the cloud.” It basically takes specific information from the bulk that is Cloud storage in order to reduce the amount of time to find said information and then transport it to its destination. It might only be a few seconds or milliseconds of difference, but the impact can be huge, particularly in life and death situations.
 
IoT Agenda という Web サイトはフォグ・コンピューティングについて、「データ・ソースからクラウドへと向けて連続する、あらゆる効果的なポイントにおいて、最も論理的に分散されたコンピューティング・リソースを提供し、また、アプリケーション・サービスを提供するものである」と定義している。フォグは、ここで説明する情報というものを、検索するための時間を短縮しなだら、ディスティネーションへと転送するために、クラウド・ストレージというデータの固まりから、特定の情報を取得するものでもある。それにより短縮される時間は、ほんの数秒、もしくは、ミリ秒かもしれないが、人の生死に関わる状況では、その差が大きなものになる。
 
ーーーーー
IoTこのところ、だんだんと、フォグ・コンピューティングに関する記事が増えてきました。IoT におけるフォグの解説なので、クラウドとの差異が強調されていますが、だからといって、クラウドが不要だという話ではありません。もう少し、具体的なユースケースが紹介されるようになれば、フォグ・コンピューティングのイメージが掴みやすくなると思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
 

Comments Off on IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!

パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!

Posted in .Chronicle, AI ML, Amazon, Apple, Facebook, Google, IBM, Microsoft, Research by agilecat.cloud on August 31, 2016
Digital Assistants – Always at Your Service
Felix Richter – Aug 26, 2016
https://www.statista.com/chart/5621/users-of-virtual-digital-assistants/
 
_ Statista
 
When people in the 1980s dreamed of the year 2016, I’m sure many imagined robotic butlers catering to our wishes while speaking in electronically distorted voices. Now that 2016 has actually arrived, we can say that we’re at least halfway there. While Alexa, Siri et al. cannot serve us cold beverages on a warm summer day, they can be quite helpful at times and they do sound slightly robotic.
 
1980年代の人々が 2016年の日常を夢みるなら、ロボット執事が電子的な声で要求に応える姿を思い浮かべるだろう。そして、実際に 2016年に到着してみると、その道の半ばまで進んできたと思えてくる。Alexa や Siri などは、暑い夏の日に冷たい飲み物を用意することができないが、きわめて役に立つときもあり、また、少しはロボットのように感じられる。
 
users_of_vdaClick to Large >>>
 
This chart shows the estimated number of users of virtual digital assistants worldwide.
 
 
According to market research firm Tractica, the use of virtual digital assistants (VDAs) is going to increase sharply over the next few years. As our chart illustrates, the number of people using digital assistants is projected to increase from 504 million this year to 1.8 billion by 2021.
 
市場調査会社ある Tractica によると、VDA (Virtual Digital Assistant) の活用が、これからの数年のうちに急増するとされる。このチャートが示すように、デジタル・アシスタントを利用するユーザー数は、今年の 5億人から、2021年の 18億に人に増えていくようだ。
 
While intelligent voice-recognition technology is currently most commonly known from smartphone-based assistants such as Siri and Google Now, Tractica expects similar solutions to be used in many more devices going forward. Amazon’s Echo, an intelligent speaker capable of performing several tasks, is just one example of how such devices could shape our homes in the near future.
 
インテリジェントな音声認識テクノロジーとして、Siri や Google Now などのスマートフォン・ベースのアシスタントが知れ渡っているが、同様のソリューションが多様なデバイスで使用されることになると、Tractica は予測している。Amazon の Echo は、いくつかのタスクを処理してくれるインテリジェントなスピーカーであるが、近未来の日常を構成するデバイスの、ほんの一例に過ぎない。
 
ーーーーー
research_55このチャートにおいて、現時点の VDA (Virtual Digital Assistant) 数は、その大半がスマフォ上の Siri/Cortana/Google Now などで占められるのでしょう。そして、Amazon の Alexa が Echo で活用されているように、デバイスの垣根を超えて、各種の VDA が活躍の場を広げていくのだと思えます。ここで予測されている 2021年の 18億人ですが、ざっくりとしたところで、世界人口の 1/4 程度になります。当然、パーソナライズされるはずですが、その対象は個人や家族だけでなく、ビジネスにおけるチームなどにも広がっていくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
 

Comments Off on パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!

スマフォ OS 戦争が終結した: それを示す1枚のチャート!

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 30, 2016
The Smartphone Platform War Is Over
Felix Richter – Aug 22, 2016
https://www.statista.com/chart/4112/smartphone-platform-market-share/
 
_ Statista
 
While the global smartphone market is as competitive as ever in terms of manufacturers fighting for the consumers’ love (and money), the long-raging platform war appears to be over. According to a recent report by Gartner, Android and iOS now account for 99 percent of global smartphone sales, rendering every other platform irrelevant.
 
グローバルにおけるスマートフォン市場では、メーカーたちが消費者の愛情と財布を狙うという意味で、これまでと同様に競合が繰り返されていが、その一方では、長年にわたるプラットフォーム戦争が終結しようとしている。Gartner の最新レポートによると、グローバル・スマートフォン売上の 99% を Android と iOS が占め、その他のプラットフォームが無意味なものにされている。
 
smartphone_platform_market_shareClick to Large >>> 
 
This chart shows the changes in smartphone operating system market share since 2009.
 
 
As the chart below illustrates that hasn’t always been the case. Back in 2010, Android and iOS devices accounted for less than 40 percent of global smartphone sales. Back then, devices running Nokia’s Symbian and BlackBerry accounted for a significant portion of smartphone sales and Microsoft’s market share stood at 4.2 percent.
 
このチャートを見れば、Android と iOS による独占が、以前からの現象ではなかったことが分かる。2010年の時点に戻ると、この 2つの OS を搭載するデバイスは、グローバル・スマートフォン販売台数の 40% 以下を占めるに過ぎない。その当時は、Nokia の Symbian と BlackBerry を搭載するデバイスが、スマートフォン販売台数の大部分を占め、また、Microsoft のマーケット・シェアも 4.2% あった。
 
While Symbian is long extinct and BlackBerry has started transitioning to Android devices, Microsoft has not yet given up on Windows 10 Mobile as a platform aimed at professional users. Whether Windows, or any other platform for that matter, stands a chance against the dominance of Android and iOS at this point seems highly doubtful though.
 
Symbian は絶滅し、BlackBerry は Android デバイスへと移行を開始し、諦めていないのは Microsoft だけとなった。同社は、プロフェッショナル・ユーザー向けのプラットフォームとして、Windows 10 Mobile をプッシュしている。Windows や、その他のプラットフォームが、依然として Android と iOS の支配に立ち向かう、チャンスを狙っているのだろうか? ここまでくると、かなり疑わしいと思われる。
 
ーーーーー
mobile_55この、Gartner の調査をベースにしたチャートは、出荷台数をベースにしたものであり、また、2016年の数字は 1月〜6月の累計となっています。今年の 3月には、「iOS と Android の 占有率は、もはや動かないのか? 7年間のモバイル OS の攻防を1枚のチャートで!」という抄訳をポストしましたが、2015年の内訳は、Android が 81.6% で、iOS が 15.9% でした。その時と比べて、さらに Android が伸びています。強いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
スマフォの浸透率が、シルバー世代でも高まっている:米調査結果を1枚のチャートで!
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple にはクラウドでの成功が不可欠なのか?
 

Comments Off on スマフォ OS 戦争が終結した: それを示す1枚のチャート!

SaaS の調査: このマーケットの売上は、現行の $12 billion から、2024年の $50 billion に成長していく

Posted in Businesses, On Monday, SaaS by agilecat.cloud on August 29, 2016
SaaS: Spending on Cloud Applications to top $50 Billion by 2024
Dick Weisinger – August 25th, 2016
http://formtek.com/blog/saas-spending-on-cloud-applications-to-top-50-billion-by-2024/
_ formtek
Businesses are expected to spend $12 billion this year on cloud-based SaaS applications, according to analyst numbers compiled by price comparison company Better Buys.  Over the next eight years, SaaS spending is expected to increase to $50 billion.  The growth is attributed especially to strong interest in SaaS from small and medium sized companies that account for almost two-thirds of the spending.  Businesses select SaaS because it allows them to be more efficient and enables their companies to grow more quickly.
 
Better Buys が分析した結果によると、2016年におけるクラウドベース SaaS アプリケーションは、トータルで $12 bullion に至るという。そして、これからの 8年間で、SaaS に対する支出は $50億 billion まで増加すると予想している。この成長は、マーケットの 2/3 近くを占める中小企業の、SaaS に対する強い関心に起因しているという。それらの企業が SaaS を選択するのは、自社の効率を高め、素早く成長することを、期待しているからである。
 
SaaS-MarketClick to Large >>> 
 
SaaS subscription growth has been particularly strong in the areas of business intelligence, security, IT, and enterprise vertical applications.
 
SaaS におけるサブスクリプションは、ビジネス・インテリジェンス/セキュリティ/IT/エンタープライズ・バーチカル・アプリケーションの分野で急成長している。
 
Better Buys summarizes in their report that “What’s bolstering this expansive growth? Shifts in technology, particularly mobile devices and reliance on digital… Subscription models now account for more than 50 percent of new software implementations over traditional on-premise licenses… By 2020, about a quarter of organizations in emerging regions will be running their core CRM systems via SaaS, a 10 percent increase over 2012. And… 85 percent of small business executives are willing to invest more in SaaS solutions over the next five years.”
 
Better Buys のレポートは、「何が、この大きな成長の背景にあるのかと言うと、モバイルの躍進と、デジタルへの信頼となる。新たに導入れるソフトウェアに関して、すでにサブスクリプション・モデルは、従来からのオンプレミス・ライセンスの、50% 以上の比率に達している。2020年までに、途上国マーケットにおける企業の 1/4 が、自身のコアと生る CRM で SaaS を利用することで、2012年との比較で 10% の成長となる。そして、中小企業における経営陣の 85% が、これからの 5年間で、SaaS ソリューションへの投資をふやしていく」と述べている。
 
Other findings from the report include:
 
  • By 2019, 90 percent of mobile data traffic will be enabled by cloud applications
  • The primary device used by 43 percent of small business owners is mobile
 
このレポートには、以下のような、注目すべきデータが示されている。
 
  • 2019年までに、モバイル・データ・トラフィックの 90% が、クラウド・アプリケーションにより消費される。
  • 中小企業の経営者が、優先的に使用するデバイスの、43% がモバイルになる。
 
ーーーーー
On Monday先週の「SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している」に引き続き、SaaS マーケットに関するトピックです。すでに、オンプレミス・ライセンスの 50% 以上に達しているという数字や、85% の中小企業が導入を増やしていくという数字に驚きますが、それだけ魅力的なのでしょうね。これからの SaaS マーケットに期待したいです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
 
 

Comments Off on SaaS の調査: このマーケットの売上は、現行の $12 billion から、2024年の $50 billion に成長していく

%d bloggers like this: