Agile Cat — in the cloud

iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した、9年間を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Huawei, Mobile, Research, Xiaomi by agilecat.cloud on June 9, 2016
The Smartphone Price Gap
Felix Richter – Jun 2, 2016
https://www.statista.com/chart/4954/smartphone-average-selling-prices/
 
_ Statista
 
When Apple’s iPhone sales started showing signs of stagnation recently, one of the most cited reasons for the slowdown was the iPhone’s steep price tag compared to the competition.
 
最近になって、Apple の iPhone が低迷の兆しを見せ始めたとき、減速の理由として最も引き合いに出されたのは、競争相手と比べて高額な価格帯であった。
 
smartphone_average_selling_pricesClick to Large >>>
This chart compares the average selling price of iOS and Android smartphones since 2008.
 
And while it’s probably right to assume that a lower price would boost iPhone sales, the question is: why should the iPhone’s price suddenly be more of a problem than it used to be? After all, it has always been more expensive than most Android phones, but that didn’t stop Apple from outperforming the market many times over the past few years.
 
その価格の引き下げが、iPhone の売り上げを伸ばすと考えることは、おそらく正しいのだろう。しかし、疑問もある。iPhone の全盛期には言われなかった価格のことが、なぜ急に、問題視されるようになったのだろう? たしかに、Android フォンと比べると常に高価ではあったが、これまでの数年間において iPhone はマーケットで優位に立ち、Apple の勢いが削がれることはなかった。
 
First of all, the smartphone market has changed. In highly developed regions such as North America and Europe, the market is pretty much saturated – most people who want a smartphone, already have one. Much of today’s smartphone growth comes from emerging markets, where price is much more of an issue.
 
まず、スマフォ・マーケットの変化を指摘したい。North America や Europe などの高度に発展した地域では、そのマーケットが飽和に近い状態であり、ほとんどの人が既にスマフォを所有している。今日のおけるスマフォの成長は、その大半が途上国マーケットで生じており、そこでは価格が大きな問題となっているのだ。
 
At the same time, the price gap between iPhones and Android phones has widened considerably over the years. As our chart, based on data from KPCB, illustrates, the difference in average selling prices grew from $218 in 2008 to $443 in 2016. While high-end Android phones, such as Samsung’s top-of-the-line devices still cost about as much as an iPhone, there is a large number of manufacturers (mostly from China) who sell Android smartphones for a fraction of the iPhone’s price these days.
 
それと同時に、iPhone と Android フォンの価格差が、この数年において大きくなってきている。KPCB のデータを基にしたチャートが示すように、平均的な販売価格の差は、2008年 の $218 から 2016年の $443 へと拡大している。周知のとおり、Samsung などのハイエンド Android フォンは、依然として iPhone と肩を並べる価格帯で販売されている。その一方では、主として China で製造される大量の Android スマフォが、いまでは iPhone の何分の一という価格で販売されているのだ。
 
ーーーーー
mobile_55これは、それぞれの OS やデバイスの優劣という話より、それぞれの性格の違いだと捉えるべきものなのでしょう。企業であるからには、その売上を伸ばして株価を高めていくべき Apple と、途上国マーケットを前提に、競合していく Android フォン・メーカーたちでは、価格という要件に対する姿勢が、おのずと異なってしまいます。それが、このような価格差を作り出してきたわけです。Agile Cat が、いまスマフォを買い換えるとしたら、断然 Xiaomi の Remi 3 になるでしょう。eBay などで探してみると、2万円を切る価格帯で、この 8-Core のデバイスが買えることが分かります。「Google Play は入っていますか?」と、ディーラーに確認したこともあるのですが、「もちろん」という答えが返ってきました。3G/4G の周波数帯域もバッチリなので、日本でも充分に利用できるスマフォになるはずです。 ついに、中国製のデバイスが、インターナショナル・マーケットに進出してきたわけであり、Apple が価格を維持するなら、この差は、さらに開いていくと思えるのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
スマフォのデータ・プリロード:大量のトラフィックとバッテリが消費されていますよ!
ココまで来たぁ! インドの最安 Android スマフォは、14ドルで販売されるのか?
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
iPhone の売行きに暗雲:8年間も続いた栄光の歴史が終わるのか?
 

Comments Off on iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した、9年間を1枚のチャートで!

WeWork という、オフィス・スペース・プロバイダーが、SnapChat に迫る勢いで伸びている!

Posted in Asia, Research, SnapChat, Uber, Xiaomi by agilecat.cloud on April 15, 2016
WeWork is now worth as much as Snapchat
Matt Rosoff – Mar. 10, 2016
http://www.businessinsider.com/most-valuable-startups-march-2016-2016-3
 
_ Business Insider
 
News broke Wednesday that office-space provider WeWork is raising a new round that will value the company at $16 billion. This flies in the face of recent talk about a popping tech bubble and dying billion-dollar “unicorn” startups.
 
この水曜日 (3/9) を騒がせたのは、オフィス・スペース・プロバイダーである WeWork が、$16 billion の評価を得て、次のラウンドへと進んだことである。それは、ハイテク・バブルが弾ける音と、瀕死のユニコーン・スタートアップたちに怯える、この業界に新たな自身を与えるものとなった。
 
businessinsider_startups-revised
Statista
 
But perhaps this isn’t a bubble popping, as happened in the dot-com era, but simply a reshuffling. Startups that can convince investors that their growth prospects are still good and that they have a path to profitability may still find it easy to raise money. It’s the struggling companies with slowing growth and no clear path to profits that could find a harder time.
 
ドットコム時代のような、バブルの崩壊には至らないだろうが、注目すべきスタートアップが、総入れ替えになるのかもしれない。成長を証明しながら、投資家を説得できる、スタートアップたちは、依然として好循環を作り続けている。つまり、収益性への道筋を示すことで、資金の調達を容易にしているのだ。しかし、成長のスピードに苦しみ、収益性への道筋を明らかにできない企業は、厳しい状況へと向かっている。
 
With that reshuffling in mind, Statista has charted the most valuable venture-backed private companies in the world, based on the valuation at their most recent round (this does not include reported downgrades by big institutional investors). WeWork is now in seventh place.
 
こうした、ユニコーン・スタートアップの再編を念頭に置き、Statista がチャートで示すのは、世界で最も価値があるとされる、未上場企業の一覧である。ただし、この評価は、直近の資金調達ラウンドをベースにしたものであり、大手機関投資家による厳しい評価は含まれていない。こうした評価では、冒頭で述べた WeWork が 7位に入っている。
 
ーーーーー
research_55昨年末に、「Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!」とうい抄訳をポストしましたが、そのときの Uber の評価額は $62.5 billion とされていましたので、指摘されているように、算出の方式に違いが在るのでしょう。なお、文中のチャートとみると、Xiaomi、Airbnb、SnapChat といったお馴染みのスタートアップに加えて、Didi KaudiFlipkart といったアジア勢の頑張りも示されています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
ソーシャル と パブリッシャー: 米国編:新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
モバイル・アプリ・デベロッパー: 設計や開発よりもマーケティングが難しいという調査結果
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!
 

Comments Off on WeWork という、オフィス・スペース・プロバイダーが、SnapChat に迫る勢いで伸びている!

Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Research, Samsung, Wearable, Xiaomi by agilecat.cloud on February 28, 2016
This chart shows very clearly why people are disappointed by Apple Watch sales
Eugene Kim – Feb. 25, 2016
http://www.businessinsider.com/why-people-are-disappointed-by-apple-watch-sales-2016-2
 
_ Business Insider
 
Apple sold 4.1 million Apple Watches in the fourth quarter of 2015, according to IDC estimates. That makes it the second-best selling wearable device in the quarter, trailing only Fitbit.
 
Apple Watch の、2015年 Q4 における出荷数は 410万台だと、IDC は推定している。それは、Fitbit に続く、二番手のベスト・セラー・ウェアラブル・デバイスとなる。
 
But most people were disappointed by Apple Watch’s sales figures. Why? Because Apple Watch failed to bring a significant holiday jump in its sales during the quarter, typically the best-selling period of the year.
 
しかし、大半の人々は、Apple Watch の売行きに失望している。何故だろうか? それは、年間で最も売上が伸びるはずの、クリスマス・シーズンの四半期を、不発で終えたからである。
 
Global Wareable Market
Statista
 
This chart by Statista, based on data from IDC, shows Apple Watch’s holiday sales only saw a slight bump compared to previous quarters. In contrast, Fitbit’s sales jumped 72% from the previous quarter, while smaller players like Garmin and Samsung both saw increases. Xiaomi’s sales dropped sequentially, but it saw a whopping 285% jump year-over-year.
 
IDC のデータから Statista が作成したチャートを見ると、Apple Watch のクリスマス・セールスは、直前の四半期を比べて、わずかに伸びているだけだ。それとは対照的に、Fitbit の販売台数は 72% も上昇し、また、Garmin と Samsung も、小規模ながら成長している。Xiaomi は、その数字を低下させているが、それでも、前年比で見ると 285% のアップとなっている。
 
There could be a lot of reasons for the slow growth, but as IDC’s Jitesh Ubrani told Business Insider, it might be due to the smartwatch’s lack of appeal to the general public.
 
この低成長には、数多くの理由があるのだろう。しかし、IDC の Jitesh Ubrani は Business Insider に対し、スマート・ウォッチには魅力が無いと、一般的な人々が捉えている可能性があると述べている。
 
“Some of that can be attributed to early-on supply chain issues, but I think most of it is attributed to people just not seeing the value in the smartwatch just yet,” Ubrani said. “The price has been very high on these things, and function-wise, they don’t offer a lot of new functionality when it compares to the smartphone.”
 
そして Ubrani は、「たしかに、その初期においては、いくつかの問題がサプライ・チェーンにあった。しかし、私の考えは、人々がスマート・ウォッチに対して、依然として価値を見出していないところに集約される。それらのプロダクトと機能に対して、きわめて高い価格が設定されている。そして、スマートフォンとスマート・ウォッチを比較して、後者が多くの新機能を提供しているとは思えない」と続けている。
 
ーーーーー
Wearableスマフォの後に続くパーソナル・デバイスは、スマフォを置き換えていくという、未来を見せなければダメだと思うのです。そう考えると、まだ時期尚早なのかもしれませんね。入力と出力の問題を解決しながら、いまのスマフォの機能を時計(などの)の容積に収めるには、まだ、何年かを費やす必要があるのでしょう。そして、Android Wear ベースのプロダクトであれば、iPhone ユーザーを取りに行くべきでしょうし、それと同様に、Apple Watch は Android ユーザーを取りに行くべきなのです。 しかし、現状は iPhone のアクセサリという位置づけであり、これでは迫力に欠けてしまいます。その一方で、Fitbit ですが、こちらは企業ユーザーを開拓しているようですね。職務時における従業員の健康状態が気になる、たとえば、交通や建設などの業種で採用が進んでいると、どこかで読んだ記憶があります。 日本でも、深夜バスなどで採用されると良いなぁ〜〜〜 と思ってしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?
一般の消費者たちは、ガジェットに飽きてしまったのか? それを示す1枚のチャート!
Apple Watch 2 の、3月発売という見込みは無くなったようだ
Apple Watch の $100 ディスカウントが始まった: Ver 2 のリリースは 3月なのか?
GoPro が失速している:その状況を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!

最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Xiaomi by agilecat.cloud on January 17, 2016
Xiaomi’s latest phone packs a massive battery, 5-inch screen into full metal body for $107
Erik Crouch – Jan 11, 2016
https://www.techinasia.com/xiaomi-redmi-3-release
 
_ tech in asia
 
Xiaomi’s new Redmi 3, announced today, packs a 5-inch display, Qualcomm Snapdragon 616 processor, giant 4100mAh battery, and 13-megapixel camera into one all-metal package: and will retail for just US$107.
 
1月11日に Xiaomi が発表した Redmi 3 は、5-inch ディスプレイ/Qualcomm Snapdragon 616 プロセッサ/4100mAh のバッテリー/13-M Pixel のカメラを、フル・メタル・ジャケットに組み込んだスマフォであり、その価格は、なんと US$107 になるという。
 
xiaom-redmi-3Image from Xiaomi
 
The phone will also sport a dual SIM card slot and expandable SD storage. It will notably not have a fingerprint scanner – a bit of a weird choice, considering how Xiaomi has embraced the feature in many of its other recent phones – but at RMB 699 (US$106.93) it seems like some sacrifices had to be made. The phone’s ginormous battery can reportedly last 18 hours, although that may have to be tested to be believed.
 
このスマフォは、Dual SIM カード・スロットと、拡張可能な SD ストレージをサポートしている。そして、指紋スキャナであるが、この機能が最近の Xiaomi デバイスに取り入れられていることを考えると、ちょっと奇妙な選択と映るが、この Redmi 3 ではサポートされていない。ただし、いくつかの機能を犠牲にしたとしても、RMB 699 (US$106.93) という価格は魅力的である。このスマフォの、とてつもなく大容量のバッテリーは、伝えられるところによると 18時間の駆動を約束しているが、それを確認するためのテストが必要になるだろう。
 
xiaomi-redmi-3-frontClick to Large >>>
Image from Xiaomi
 
2015 was not the victorious, epic year that Xiaomi had hoped it would be. The company was out-sold by domestic competitor Huawei, and the company has struggled to maintain its exciting, startup-y vibe – Quartz called it “the year Xiaomi became just another phone company.”
 
Xiaomi にとっての 2015年は、望んでいたほどの、壮大な年にはならなかった。同社は、国内のライバルである Huawei に追い抜かれ、また、先進のスタートアップである Yi-Vibe の勢いを維持するのに苦労していた。そのような背景から、「2015年の Xiaomi は、まったく別種のスマフォ・メーカーになってしまった」と、Quartz は評していた
 
If Xiaomi hopes to avoid the mistakes of 2015 in the coming year (we say mistakes, but the company did sell somewhere in the neighborhood of 80 million smartphones last year) it will need to get its fans excited again.
 
Xiaomi が 2015年の失敗を払拭したいと考えるなら、いま一度、同社のファンたちに、熱狂をもたらす必要がある。(失敗とはいえ、8000万台のスマフォを販売しているのだが)
 
The new Redmi 3 packs better specs at a lower price than most other phones on the market – and this will likely only be a shot across the bow compared to what Xiaomi has up its sleeve for the release of the Mi5 in the weeks or months to come.
 
この、最新の Redmi 3 は、マーケットにおける大半のスマフォと比較して、優れたスペックを低価格で詰め込むことに成功している。そして、近々にリリースされるはずの、Xiaomi Mi5 のスペックが明らかにされたとき、なにを比較すべきかという警鐘を与えているようにも思える。
 
It will take a lot for Xiaomi to become anything other than “just another phone company,” but selling ever-better phones at an ever-cheaper price is certainly a step in a good direction. The phone goes on sale in China on January 12. No word yet on a release abroad.
 
「まったく別種のスマフォ・メーカー」という酷評から、Xiaomi が抜け出すためには、たくさんの努力が必要となるが、これまでよりも優れたスマフォを、これまでよりも低価格で提供するということは、適切な方向へ向けた、確実なステップとなるだろう。
 
Editing by Terence Lee
 
ーーーーー
mobile_55このところ、スマフォの価格動向を見ていなかったのですが、たいへんな変化が生じているのですね。正直いって、驚きました! 現時点の、ほぼ最高水準のチップを載せたスマフォが、$100 程度で買える時代になっているのです。この Redmi 3 以外にも、5.5-inch の Redmi Note 3 というのもあって、そちらの方は、Mediatek Helio X10 を搭載して $140 とのことです。ちなみに、グローバル仕様として 2015年夏に登場した Mi4i(25,000円)は、Google Play に入れるようなので、LTE の周波数帯域さえ問題なければ、日本でも利用できるわけです。そして、さらに安価な価格帯で、Redmi 3 や Redmi Note 3 が、日本マーケットに流れ込んでくる可能性がありますし、ぜひ、そうなって欲しいと思うのです。 Xpansys あたりから、送料込みで 15,000円くらいで買えるかもしれませんね。個人的にも、次期スマフォ候補として、Xiaomi Redmi 3 に注目です。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone から Android への乗り換えツールを、Apple が提供するという、とんでもない ウワサ が!
Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?
一般の消費者たちは、ガジェットに飽きてしまったのか? それを示す1枚のチャート!
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
2015 Mobile:スマフォが増えれば、サービスが生まれ、インフラも育つ!
 

Comments Off on 最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!

Microsoft と Xiaomi の思惑が一致した:Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?

Posted in Asia, Microsoft, Post-PC, Xiaomi by agilecat.cloud on December 2, 2015
In major departure, Xiaomi’s new tablet will also run Windows 10
Erik Crouch – Nov 24, 2015
https://www.techinasia.com/major-departure-xiaomis-tablet-run-windows-10/
 
_ tech in asia
 
Xiaomi’s latest tablet, the Mi Pad 2, is thinner than its predecessor, features a full-metal body, and will even be capable of running Windows 10, the company announced at an event today in Beijing.
 
今日(11/24)の Beijing で開催された Xiaomi のイベントで、同社の最新タブレットである Mi Pad 2 は、従来のモデルとくらべて薄くなり、フルメタル・ボディを備え、さらに、Windows 10 を走らせることになるという発表があった。
 
xiaomi-tablet-2The Mi Pad 2 will be available with 16 and 64 gigabytes of storage, and features a 7.9-inch screen, an Intel X5 quad-core processor, and USB type-C charging. In a nod to Apple’s “Rose Gold” iPhone 6S, the Xiaomi tablet will be available in “Champagne Gold” in addition to dark grey. The 16GB model will retail for RMB 999 (US$156) and the 64GB model will go for RMB 1,299 (US$203).
 
この Mi Pad 2 には、16 GB と 64 GB のストレージ・バージョンがあり、7.9-inch のディスプレイと、Intel X5 Quad-Core プロセッサ、そして USB type-C による充電機能が備えられるという。また、Apple の “Rose Gold” iPhone 6S に同意するものとして、“Champagne Gold” バージョンが、”Dark Grey” に加えて提供されるようだ。そして、価格だが、16 GB モデルが RMB 999 (US$156) であり、64 GB モデルが RMB 1,299 (US$203) になるという。
 
One particularly exciting detail for more serious tablet users came at the end of Xiaomi CEO Lei Jun’s speech, where he mentioned that the device will also be capable of running Windows 10. This marks a significant departure for Xiaomi, a company that has prided itself on using its homegrown MIUI Android skin and feature set for all of its devices.
 
タブレットを真剣に使おうとするユーザーにとって、とりわけ刺激的だったのは、Xiaomi の CEO である Lei Jun が最後に話した、Windows 10 への対応になるだろう。それが、Xiaomi にとって大きな変革になるのは、内製してきた MIUI Android のスキンと機能のセットを、すべてのデバイスに展開し、また、同社の誇りにしてきたからだ。
 
xiaomi-windows-tabletThe MIUI-based Mi Pad 2 is due for release this month, with the Windows 10 version slated for December.
 
それらの出荷時期であるが、MIUI-based Mi Pad 2 は 11月となり、Windows 10 バージョンは 12月になるとのことだ。
 
Today’s event did not feature the much-rumored Xiaomi laptop, but building a high-quality tablet that can run Windows is already more than halfway there. If the company can come up with a solid keyboard dock, then they’ll be in the same game as Microsoft with its Surface Book or Apple with its iPad Pro.
 
今日のイベントでは、ウワサの Xiaomi ラップトップについては言及されなかったが、Windows を走らせる高品質タブレットが開発されたなら、その計画も半分以上は進んでいると思って良いだろう。そして、同社がハードウェア・キーボード・ドックに取り組むなら、Surface Book や Apple iPad Pro と同じセグメントで戦うことになる。
 
But the company still has a ways to go before truly rivaling either of those companies: especially with only a 7.9-inch screen on its flagship.
 
とは言え、Xiaomi は、それらのライバルたちと本格的に競合する前に、主力を 7.9-inch だけに絞り込むという戦略も取り得るのだ。
 
Editing by Terence Lee
 
ーーーーー
MSこれは、とても面白い展開になってきましたね。そして、気になるのが Windows 10  for Xiaomi Mi Pad 2 のアプリが、いったい何処からダウンロードされるのかという点です。 順当に考えるなら、Xiaomi のアップ・ストアから提供され、Microsoft やサード・パーティのアプリが売れた場合に、リベニュー・シェアが行われるというシナリオです。 それとも、ユーザー・プロファイルだけが Xiaomi サイトに置かれ、アプリは Microsoft からとなるのでしょうか? Apple が China Telecom と連携させられ、Google は攻めあぐねているという状況の中で、ここでも Microsoft が先手を取っているのかもしれません。 2011年の時点で、21Vianet を介して、中国市場に Azure を提供し始めたことが、大きな実績になっていても、なんの不思議もありませんものね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場:その新たな勢力図!
Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
 

Comments Off on Microsoft と Xiaomi の思惑が一致した:Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?

Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!

Posted in Asia, Huawei, Mobile, Xiaomi by agilecat.cloud on August 22, 2015
Xiaomi reportedly developing ARM solutions, paper says
DIGITIMES: Kai-Ti Chiang, jessie Shen – Aug 5, 2015
http://cloudnewsasia.com/2015/08/06/xiaomi-reportedly-developing-arm-solutions-paper-says-cloud-cloudcomputing-xiaomi-arm-smartphone/
 
_ Digi Times
 
Xiaomi is engaged in the development of mobile processors based on the ARM chip architecture, and is expected to have the first in-house developed chips for handsets in early 2016, a 21st CenturyBusiness Herald report quoted sources from China’s handset industry as saying.
 
Xiaomi だが、ARM チップ・アーキテクチャをベースにした、モバイル・プロセッサの開発に取り組んでいるようだ。そして 2016年の初頭には、最初の自社開発チップを搭載するモバイル・デバイスを、マーケットに投入すると予測されている。China モバイル業界の情報筋からのウワサを引用するかたちで、21 Century Business Herald が、このように報道している。
 
Xiaomi Mi4Xiaomi has obtained the right to gain access to ARM processor technology, the report said. The report did not say specifically whether Xiaomi has an in-house chip design team.
 
このレポートは、ARM プロセッサ・テクノロジーにアクセスする権利を、すでに Xiaomi が取得していると述べている。ただし、Xiaomi 社内における、チップ・デザイン・チームの有無については、具体的に言及していない。
 
ARM disclosed recently that it has signed a new subscription licence with a major Chinese OEM which would underpin its future royalty revenue growth. Xiaomi has been identified as ARM’s new OEM partner.
 
最近のことだが、ARM のサブスクリプション・ライセンスが、China の主要 OEM ベンダーに提供されたという情報が開示されている。それにより ARM は、将来におけるロイヤリティ収入の成長を支えていくことになる。そして、もちろん Xiaomi も、ARM の新しい OEM パートナーとしてリストアップされている。
 
Nevertheless, Xiaomi already reached a deal with Leadcore Technology allowing the phone maker to get access to the chip designer’s technology patents. A May 18 EETimes report quoted a Leadcore executive as saying that “Xiaomi wants its own custom-designed processors to differentiate its products and control its destiny.” Leadcore is working with China’s fastest growing smartphone company on product, technology and patent, the EETimes report said.
 
その一方で、すでに Xiaomi は Leadcore Technology との粉タクトを開始しており、このチップ・テクノロジー・デザイナーの特許を取得するようだ。 5月18日の EE Times は、Leadcore の幹部の発言を引用するかたちで、「 Xiaomi は、プロダクトの差別化を促進するための、カスタム・デザインされたプロセッサを、社運をかけて手に入れようとしている。Leadcore は、すばらしい勢いで成長を遂げている、この China のスマートフォン・べンダーと、プロダクト/テクノロジー/パテントの面で協業していく」と報じている。
 
Qualcomm’s and MediaTek’s solutions have been mainly used by Xiaomi and other Android phone makers.
 
これまで、Xiaomi を含む Android フォン・メーカーたちは、主として Qualcomm および MediaTek のソリューションを用いてきた。
 
Leadcore, wholly-owned by China’s Datang Telecom Technology and Industry Group, designs and develops SoC solutions for smartphones and tablets.
 
そして、この Leadcore とは、China の Datang Telecom Technology and Industry Group が所有する、スマートフォン/タブレット用の SoC ソリューションを設計/開発している企業なのである。
 
ーーーーー
Asia Pacificよく言われるように、スマホ・ビジネスで利益を出しているのは Apple と Samusung だけという状況です。 その一方で、チップ・サプライヤーである Qualcomm と MediaTek が大きな利益を出しているという現実があります。 つまり、オリジナルのチップを持てない企業は、いくら売上を伸ばしても、利益をチップに吸い上げられてしまうのかもしれません。 そして、中国では、この Xiaomi 以外にも、Spreadtrum および、Huawei の 子会社である HiSilicon などが Mobile AP (Application Processor) の設計/開発に着手しています。 この、中国とアジアの巨大なマーケットが、モバイル・ビジネスの常識を、根本から覆していく様が見えてきますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場:勢力図をチャートで!
Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
 

Comments Off on Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!

Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、そして 10位にインドの Micromax が大躍進!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Huawei, Microsoft, Mobile, Research, Xiaomi by agilecat.cloud on June 7, 2015
Micromax ranks among world’s top 10 mobile makers: Gartner
PTI | Jun 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Micromax-ranks-among-worlds-top-10-mobile-makers-Gartner/articleshow/47526365.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: Homegrown handset maker Micromax ranks among the top 10 global handset vendors with 1.8 % market share during the January-March quarter, according to research firm Gartner.
 
NEW DELHI: Gartner のモバイル調査によると、India のハンドセット・メーカーである Micromax が、1月〜3月期に 1.8% のシェア獲得し、世界の Top-10 にランク・インしている。
 
Micromax
Gartner’s data showed the total sales (features and smartphones) stood at 460.3 million units during the first quarter of 2015, a 2.5% increase from the year-ago period.
 
今回の Gartner のデータは、グローバルにおけるガラケーとスマホの総出荷台数が、2015年 Q1 に 4億6000万台となり、前年比で 2.5% の成長を達したことを示している。
 
Korean firm Samsung led by tally with 21.3% share, followed by Apple (13.1%), Microsoft (7.2%), LG (4.3%) and Lenovo (4.2%). Others in the top 10 include Huawei (4%), Xiaomi (3.2%), TCL Communication (3.1 %), ZTE (2.7 %) and Micromax (1.8 %).
 
Korea の Samsung が、21.3% のシェアでトップとなっている。 そして、それを、Apple (13.1%)、Microsoft (7.2%)、LG (4.3%)、Lenovo (4.2%)、Huawei (4%)、Xiaomi (3.2%)、TCL Communication (3.1 %)、ZTE (2.7 %)、Micromax (1.8 %) が追う展開となっている。
 
Mobile Top-10 B“In light of their strong smartphone sales in the emerging markets, the Indian and Chinese phone manufacturers increased their footprint during the first quarter of 2015. Six of them were in the top 10 in the first quarter of 2015,” Gartner Research director Anshul Gupta said.
 
Gartner Research の Director である Anshul Gupta は、「力強いスポットライトが途上国マーケットに当たる中で、この India のメーカーと、いくつかの China のメーカーが、2015年 Q1 に勢力を増大させている。それらの 6社が、2015年 Q1 Top-10 に入っている」と述べている。
 
Global smartphones sales to end-users witnessed 19.3 % increase to 336 million units during the first quarter of 2015, led by strong growth in emerging markets (excluding China).
 
その一方で、グローバル・スマホの出荷数も、China 以外の途上国に引っ張られるかたちで、2015年 Q1 は 3億3600万台となり、19.3% の成長が達成されている。
 
The fastest growing regions were emerging Asia-Pacific, Eastern Europe and the Middle East and North Africa, Gartner said.
 
Gartner は、最も成長している地域として、Asia-Pacific および、Eastern Europe、Middle East、North Africa などを挙げている。
 
“During this quarter, local brands and Chinese vendors came out as the key winners in emerging markets. These vendors recorded an average growth of 73 % in smartphone sales and saw their combined share go up from 38 % to 47 % during the first quarter of 2015,” Gupta said.
 
Gartner の Gupta は、「この四半期において、それぞれの新興マーケットでは、ローカル・ブランドと China ベンダーが勝者となっている。それらのベンダーのスマホ販売は、平均で 73% という成長率を記録している。さらに言えば、それらのベンダーによるシェアの合計は、2015年 Q1 の間に、38% から 47% へと伸びている」と述べている。
 
Samsung had 24.2 % share of the global smartphone market in the January-March 2015 quarter, followed by Apple (17.9 %), Lenovo (5.6 %), Huawei (5.4 %) and LG (4.6 %).
 
このスマホの領域でも、Samsung が 24.2% でトップとなり、それを Apple (17.9 %)、Lenovo (5.6 %)、Huawei (5.4 %)、LG (4.6 %) が追いかけている。
 
ーーーーー
mobile_55ものすごいスピードで、世界は変化しているのですね。 この Top-10 からは、Blackberry と Nokia だけではなく、HTC と Mortorola と Sony も消えています。 そして、あっという間に、インドの Micromax が、リストアップされる規模へと成長しています。。。 それと、Microsoft の 3位というポジション(ガラケーを含む 7.2%)が、スマホの Top-5 入っていないというもの、とても興味深いです。 Nokia ブランドの 105 シリーズが売れているのでしょうか? この $20 ガラケー、、、使ってみたいです 🙂 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで $140 なのだ!
Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される:インフォグラフィクス
インドの Facebook ユーザー数が1億人に達した:しかも 84% がモバイル接続だ!
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する:それを示す1枚のチャート
 

Comments Off on Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、そして 10位にインドの Micromax が大躍進!

Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!

Posted in .Chronicle, Asia, Wearable, Xiaomi by agilecat.cloud on March 25, 2015
Say no-no to Xiaomi’s GoPro (REVIEW)
Paul Bischoff – Mar 18, 2015
https://www.techinasia.com/xiaomi-yicamera-review-gopro/
 
_ tech in asia
 
The YiCamera received a wave of international attention last week when it debuted on Xiaomi’s official estore in China for just RMB 399 (US$64). And for good reason.
 
この YiCamera だが、China における Xiaomi のオフィシャル・eストアに、RMB 399 (US$64) でデビューした時から、インターナショナルでも注目を浴びている。そして、それには正当な理由がある。
 
yicamera-reviewGoPros and other sports cameras are exploding in popularity, but high price tags leave many would-be buyers wondering if it’s really worth it. At less than half the price of the least expensive GoPro model, the YiCamera could be the answer many people have been waiting for.
 
GoPros などのスポーツ・カメラが爆発的な人気を博しているが、その高額に設定された価格により、潜在ユーザーたちは、本当に価値があるのかどうかと、二の足を踏んでしまっているのだ。GoPro の廉価版モデルの半額以下で提供される YiCamera は、それを待ち望んできた人々に対する答えになるかもしれない。
 
YiCamera SpecsHere’s a quick recap of the camera’s specs compared to the entry-level GoPro Hero.
 
これは、GoPro のエントリー・モデルである、GoPro Hero とのスペック比較である。
 
But let’s make one thing clear before we start talking about the YiCamera. This is not a Xiaomi product, despite the fact that even I constantly refer to it as “the Xiaomi GoPro.” It’s exclusively sold on Xiaomi’s website and probably gets a lot of support from the Chinese smartphone maker when it comes to marketing and supply chain resources, but no Xiaomi branding appears on the camera.
 
しかし、この YiCamera について説明する前に、明らかにしておくべきことが有る。 つまり、これまで私が、Xiaomi の GoPro と呼んできたにもかかわらず、それは Xiaomi プロダクトではないのだ。 Xiaomi の Web サイトだけで販売され、また、マーケティングについても、そしてサプライチェーン・リソースについても、Xiaomi からの多大なサポートを得ているはずだ。 しかし、Xiaomi のブランド名は、このカメラには刻まれていない。
 
The YiCamera is made by Xiaoyi, which also makes a webcam sold on Xiaomi’s store. It’s one of an increasing number of smart devices that Xiaomi is partnering with another company to sell.
 
この YiCamera は Xiaoyi により製造され、Xiaomi ストアで販売される Webcam を構成している。つまり、販売提携パートナーになることで、Xiaomi から提供されるスマート・デバイスの数を、さらに増大しようとしているようだ。
 
⇒ ⇒ ⇒ Youtube Demo
 
ーーーーー
Asia Pacific別ブランドとはいえ、その名前からして、Xiaomi グループであることに、間違いはないでしょう。 あらゆるスマートデバイス・メーカーが、そのマーケティングを洗練させることで、他者との差別化を図ろうとしているのに対して、Xiaomi は柔軟で強靭なサプライチェーンを育成することで、それに対抗しているようにも思えてきます。 つまり、その結果として、プロダクトの品質を維持したまま、驚くべき低価格を実現しているのです。 この1年ほど、ずっと Xiaomi に注目し続けてきましたが、これまでのデバイス・メーカーとは、まったく異なる考え方で、これからも突き進んでいく企業なのだと思えてきました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め
Xiaomi が米国でのビジネスを開始:本命のスマホは、まだ先のよう
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く

Comments Off on Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!

%d bloggers like this: