Agile Cat — in the cloud

iPhone 6S – 64GB のパーツ代は $234 だと推測する、1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Apple, Mobile, Uncategorized by agilecat.cloud on September 12, 2015
Apple will pay about $234 for the parts in each iPhone 6S
Matt Rosoff – Sept 11, 2015
http://www.businessinsider.com/iphone-6s-component-costs-by-model-2015-9
 
_ Business Insider
 
Apple will pay about $234 for the parts used in every iPhone 6S, according to estimates from Bank of America Merrill Lynch.
 
America Merrill Lynch の推計によると、iPhone 6S で使用される全パーツに対して、Apple は $234 を支払うことになるようだ。
 
iPhone 6S Cost
BofA Merrill Lynch
 
The biggest part of that cost is $127 for semiconductor pieces, including $36 for the various cellular radios, $25 for the new 64-bit A9 processor, $22 for various sensors (fingerprint, NFC, and so on), and $20 for 64GB of flash memory. Other core components like the screen, camera, and battery will add up to $73, and the other stuff (like the case) will add another $33. The older models are cheaper for Apple to make, as the cost of their components has come down over time.
 
この原価における最大のパートは、半導体に対する $127 であり、その内訳としては、ワイヤレス通信のための $36 および、64-bit A9 プロセッサの $25、各種センサー(指紋や NFC など)の $22、64GB フラッシュ・メモリの $20 などが含まれる。また、それとは別に、ディスプレイ/カメラ/バッテリーなどのコア・コンポーネントのための $73 と、筐体などの $33 が追加される。ただし、一連のコンポーネント・コストは、時間の経過とともに下がっていくため、Apple における製造コストも、それにつれて安価になっていく。
 
An unlocked 64GB iPhone 6S has a starting retail price of $749, but that doesn’t mean Apple is making gross profits of $515 in profit on each phone — there are also manufacturing and distribution costs.
 
iPhone 6S の 64GB Unlocked バージョンには、$749 という小売価格が設定されている。 したがって、Apple の利幅は $515 になるかというと、そういう意味ではない。 ここに、製造と流通のコストが上乗せされるのだ。
ーーーーー
appleこのチャートを見る限り、5S との比較で、約 $50 のコスト増という計算になりますね。 そして、A9 チップなどに関しては、台湾の TSMC に利益が流れこむのでしょう。 また、その他のパーツ代やアッセンブリ料金などが、Foxconn を潤すことになるのでしょう。 それに加えて、ARM や Qualcomm に対しても、かなりのライセンス費用が生じるはずです。 その他にも、Apple は年内に 5000万台の iPhone 6S を出荷するという、台湾からの情報もあります。 やはり iPhone は、横綱クラスの経済効果をもたらしますね!_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iOS 9 広告ブロックのベータ版を試してみたら、こんなに簡単に動かせた!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:またも全面戦争か?
Black Monday 2015 : 大手クラウド・プロバイダーたちの株価は、どれほど下落したのか? 
Apple Pay は スランプなのか? リテール連合の反撃により、シェアを減らしている?
iPad の支配が消え去った タブレット市場:2011年からの変遷を1枚のチャートで!
 

Comments Off on iPhone 6S – 64GB のパーツ代は $234 だと推測する、1枚のチャート!

Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?

Posted in Asia, Huawei, Patent, Telecom, Uncategorized by agilecat.cloud on March 17, 2015
Huawei bumps up patent portfolio as 5G era draws near – CEO
March 04, 2015
http://www.channelnewsasia.com/news/technology/huawei-bumps-up-patent-po/1693054.html 
 
_Channel News Asia
 
BARCELONA: China’s Huawei Technologies , the world’s second-biggest maker of network gear, is beefing up its patent portfolio ahead of 5G, the next generation of mobile equipment, its chief executive said on Tuesday.
 
BARCELONA:  世界第 2位のネットワーク機器メーカーである China の Huawei だが、次世代 5G に対応するモバイル機器に関して、その特許ポートフォリオを強化してくと、CEO が明らかにしている。
 
Huawei, also the world’s fourth-largest maker of smartphones, has said it plans to spend US$600 million on 5G wireless research and development from 2013 to 2018.
 
その Huawei は、世界第 4位のスマホ・メーカーでもあり、2013年〜2018年の間で 5G ワイヤレスの R&D に、US$600 million もの資金を費やすと発言している。
 
Huawei Red BusRed.es – flickr
 
China’s Huawei Technologies , the world’s second-biggest maker of network gear, is beefing up its patent portfolio ahead of 5G, the next generation of mobile equipment, its chief executive said on Tuesday.
 
But speaking to reporters at the Mobile World Congress on Tuesday, Huawei Chief Executive Ken Hu said that 5G research spending was likely to rise, without giving specific figures.
 
しかし、火曜日の Mobile World Congress で Huawei CEO である Ken Hu は 、具体的な金額が算出できないほど、5G の R&D には資金が必要になるかもしれないと、レポーターたちに話している。
 
Huawei was Europe’s seventh-largest patent filer in 2014, up from 13th the previous year, according a report published last week by the European Patent Office (EPO).
 
先週に European Patent Office (EPO) が発行したレポートによると、ヨーロッパにおける Huawei は、特許の申請において 2014年に 7位となり、前年の 13位から大きくジャンプアップしている。
 
It was granted 493 patents by the European agency in 2014. The patents cover many products not just 5G.
 
そして 2014年には、このヨーロッパの機関から、493種類の特許を取得しているが、5G テクノロジー以外の多様なプロダクトをカバーするものとなっている。
 
5G promises superfast internet speeds, broader network coverage and the capacity to hook up objects to the internet from cars to health monitoring devices, the so-called internet of things. The commercial launch of 5G is expected to begin in 2020.
 
5G が約束するものは、超高速インターネットの速度と、広範におよぶネットワークのカバレッジと、インターネットとオブジェクトを接続する能力である。一番最後の項目は、自動車からヘルス・モニタリング・デバイスにまでいたる、IoT (internet of things) のことである。そして、商用 5G の立ち上げは、2020年に始まる予定となっている。
 
“We have made quite a large number of technology innovations and breakthroughs,” Hu, deputy chairman and rotating chief executive of Huawei, said.
 
Huawei の CEO であり Deputy Chairman でもある Hu は、「 私たちは、これまでに、多様なテクノロジーにおいて革新を達成し、成果を得てきた」と、発言している。
 
These give Huawei a stronger position in terms of intellectual property, he said.
 
それにより、Huawei は、知的財産という観点で、強固なポジションを得ていると、彼は続けている。
 
In the technology industry, where complex products often rely on intellectual property from a wide range of players, including competitors, patents are vital for future patent cross-licensing negotiations with rivals.
 
このテクノロジー業界では、競合他社を含めた幅広いプレイヤーの知的財産に、大半のプロダクトが複雑に依存しているケースが多い。したがって、将来を見据えたかたちで、特許に関するクロス・ライセンスについて、ライバルたちと交渉していくことが不可欠となる。
 
The number of relevant patents in specific product categories are a key factor determining the rates different parties pay to license one another’s patents. From time to time, such licensing talks fail to reach a deal, leading to patent fights and potentially huge liability payments.
 
特定の製品カテゴリーにおいて関連する特許の数が、当事者間での支払われるライセンス料の比率を決定する上で、とても重要な要因となる。現時点において、そのようなライセンス交渉が契約に達することは稀であり、また、特許に関する係争が頻発し、潜在的に巨大な支払義務へといたる可能性が高い。
 
Hu urged cooperation among telecom operators, equipment makers and other industries to agree on a single set of standards for 5G technology to ensure a global market.
 
Hu が促すのは、通信事業者や、機器メーカーや、他の産業を取り込んだ、協調体制の確立である。それにより、5G テクノロジーに関するスタンダードが、シングル・セットのかたちで合意にいたり、グロバール・マーケットが約束されると言っている。
 
(Reporting by Harro ten Wolde; editing by Susan Thomas)
– Reuters
 
ーーーーー
Asia Pacific先日の「Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた」という抄訳でご紹介したように、同社がヨーロッパにおいて、数多くの特許を取得しているにしても、納得しやすい背景が存在するように思えます。 また、「Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!」という抄訳を見れば、かなりのレベルの事業規模に、すでに達していることが分かります。そして、「KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印」という展開ですが、KT と China Mobile は Huawei のテクノロジーを利用するものと思えます。 アメリカではバックドア疑惑で叩かれた Huawei ですが、アジアとヨーロッパの市場で、じわじわと実力を発揮し始めていますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?

Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?

Posted in Apple, Google, Mobile, Research, Telecom, Uncategorized by agilecat.cloud on February 27, 2015
The Apple Pay effect is real — in-store mobile payments volume will top $800 billion in 2019
John Heggestuen – Feb. 23, 2015
http://www.businessinsider.com/mobile-payments-will-see-apple-pay-boost-2015-1
 
_ Business Insider
 
Mobile payments — the use of phones to complete transactions in stores instead of cash and physical card swipes — are going to grow much more quickly than many observers believe. In no small part, this will be thanks to the growing popularity of Apple’s new Apple Pay system.
 
モバイル決済とは、これまでの現金による購入や、カードによる支払い換えて、店頭にもモバイル・トランザクションを持ち込むものであるが、大半の評論家が考えているよりも、はるかに速いスピードで成長しようとしている。 Apple が広めようとしている、Apple Pay システムが普及し始めたことが、この新しいトレンドの引き金になっている。
 
 
forecast_mobile payments
BI Intelligence
 
In a new in-depth report on mobile payments from BI Intelligence, we explain how a few US retailers account for the vast majority of over $4.7 trillion in aggregate payment volume. Many of these retailers have already adopted the technology necessary to accept mobile payments from Apple Pay and similar apps, or plan to. It only takes a handful of these large retailers to drive an explosion in mobile payment volume and that’s precisely what we think is going to happen.
 
BI Intelligence がモバイル決済について、詳細まで掘り下げた最新レポートには、アメリカにおける一握りの小売業者が、店舗における支払総額である $4.7 trillion の、大半を占めている状況が示されている。そして、これらの小売業者の多くが、Apple Pay などのモバイル・アプリ決済に必要なテクノロジーを採用するか、計画しているという状況にある。そこから見えてくるのは、一握りの大手小売業が、大量のモバイル決済を生み出すという、今後の予測だけではない。つまり、いま起こっていることについて、私たちの視点を正確に示すものにもなっているのだ。
 
Here are some of the key takeaways from the report:
 
以下のような要点が、このレポートから読み取れる:
 
  • Explosive mobile payments growth: We forecast US mobile payment volume to grow at a five-year compound annual growth rate of 172%. Volume will rise to $818 billion by 2019, or just under 15% of total US payment volume.
  • Apple Pay is showing early signs of success: Payments made through Apple Pay accounted for between 0.1%-1.6% of transactions at five top retailers in the month following the launch of the feature. Considering that the feature can only be used on the new iPhones we think that’s indicative of exceptional momentum.
  • CurrentC isn’t dead on arrival: Despite a firestorm of bad press for the yet-to-be launched mobile wallet from the MCX retail consortium, which includes Wal-Mart, there is still a chance it could have some success. CurrentC retailers account for over $1 trillion in annual volume and we think these retailers are going to push it aggressively to their customers. Even with mediocre results, that adds up to a lot of payment volume in aggregate.
  • Android mobile wallets are benefiting from Apple Pay: Multiple sources confirm that Google Wallet saw a jump in payment volume following the launch of Apple Pay. Softcard (formerly Isis), a mobile wallet backed by big wireless carriers including Verizon, also struck a number of new deals that were likely a result of retailers attempting to give their customers an Android-based alternative to Apple Pay.

 

  • モバイル決済の爆発的な成長:私たちの予測によると、米国のモバイル決済額は、これからの 5年間において、172% という年複利成長率を達成する。その決済額は、2019年の時点で $818 billion に至り、米国における総決済額の 15% をカバーすることになる。
  • Apple Pay が成長の兆しに:Apple Pay を介した決済額は、この機能が立ち上げられた翌月の時点で、Top-5 小売店で 0.1%〜1.6% という数字を達成している。この機能を利用できるのが、最新の iPhone に限られていたという状況を考えると、例外的な勢いを示す指標になるはずだ。
  • CurrentC が生き返った:立ち上がる前から酷評されていた、小売業コンソーシアム MCX(Wal-Mart を含む)のモバイル・ウォレットだが、いくつかの成功を手にする可能性が残されている。その CurrentC は、年商が $1 trillion 以上の小売業者が用いるものであり、顧客に対して積極的にプッシュしているはずだ。そして、結果が平凡なものであっても、それらを集めれば、相当量の決済額になるだろう。
  • Android アプリも Apple Pay に続いていく:数多くの情報筋が確認しているが、Apple Pay の立ち上げを受けて、Google Wallet の決済額も急激に伸びている。Softcard(以前の Isis)は、Verizon などの大手ワイヤレス・キャリアが支援するモバイル・ウォレットであるが、Apple Pay に対抗する Android ベースのサービスへと顧客たちを誘導し、小売店での新たな取引を伸ばしている。
 
Access the Full Report By Signing Up For A Risk-Free Trial Membership Today
 
ーーーーー
mobile_55いわゆる、お財布ケータイのことなので、日本ではイマサラ感が漂ってしまいます。 しかし、Apple にとっては、新たな収益源としての大きな可能性を示すものになりますね(カード会社との協業?)。 そして Google がモバイル・キャリアと組んだことで、CurrentC を交えた三大勢力に整理された、という気がしてきます。 その一方では、中国の春節で、WeChat が「モバイル お年玉決済」を成功させ、とんでもない扱い高を記録したとか。。。 世界中で、人々の日常に、どんどんとモバイルが入り込んでいるという感じがしますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイル・コマースの比率が最高なのは食料品! 米国の調査から近未来が見える
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
 

Comments Off on Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?

今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する

Posted in Asia Weekly, Government, Uncategorized by agilecat.cloud on January 24, 2015
Open Gov に関する興味深いデータが・・・
http://wp.me/pwo1E-8ee 
cna-banner 
このチャートは、World Wide Web Foundation が採点した、それぞれの国々におけるオープン・ガバメント達成率の APAC 版です。 その採点の基準ですが、① 主要なデータセットが整っているか? ② それらのデータセットが公開されているか? ③ オープン・データが適切な効果をもたらしているか? ・・・という3つのポイントで測定したと記されています。
 
Actual final trnasparency chart
グローバルでの 1位は UK で、APAC では New Zealand が 1位となっています。そして、New Zealand の素晴らしいところとして、政府予算や、選挙結果、政府支出に関するデータが提供され、その説明責任が果たされている点が指摘されています。 APAC では 2位の Australia ですが、グローバルでは 3位から 10位に後退しているようです。3位と 4位 は Korea と Japan ですが、グローバルでは 17位と 19位というのが、それぞれのポジションだったとのことです。
 
そして、今週の Top-5 ですが、① オーストラリアの Wstpac 銀行が、1月17日にオンライン・システムをダウンさせてしまい、その復旧に ほぼ1日を費やしたとのことです。なんというか、日曜日でよかったですね、という話です。 ② は、台湾のサーバー市場というか、世界のサーバー市場をリードする、Quanta と Wiwynn に関するトピックです。 中国におけるデータセンター市場への参入は、それほど急ぐ必要はないというスタンスのようですが、Inspur や Sugon といったベンダーの台頭が気になります。 モバイルの Xiaomi のように、いきなり世界のマーケットに飛び出してくる可能性も否定できませんが、サポート体制の確立が重要ですよね。
 
③ は、ニュージーランドにおける、学校教職員の給与システムの話です。 約9万人の先生を対象とするシステムであり、いろいろな問題を抱えているようですが、上手く機能し始めれば大幅なコストの削減が達成されるはずです。 ④ は、ベトナムにおける、例の海底ケーブル事故に関するものです。 1月5日に切れたのですが、23日に復旧する目処が立ったと伝えています。 先週に続いての Top-5 入りですが、それだけ、復旧が待ち望まれているのですね。 ⑤は、台湾のスマホ・メーカー Compal の話です。 老舗である HTC に加えて、最近は Asusu や Acer が参入してきましたが、第4のメーカーが、この Compal なのでしょうね。
ーーーー
AustraliaWestpac has experienced its second major systems outage since debuting its new online and mobile banking platform just over a year ago, after an overnight system upgrade downed online banking for most of Sunday. Scheduled maintenance on Westpac’s Live platform had been due to run from 11:00pm January 17th to 8:00am the following morning
 
TaiwanAlthough China is currently seeing strong demand for cloud computing data centers, Taiwan-based Quanta Computer and Wiwynn, a server brand subsidiary of Wistron are not in a hurry to strive for related orders and will continue to devote their efforts to meeting demand from clients in Europe and North America
 
New ZealandThe New Zealand government is urging schools to get in early on their start of year admin, in an effort to avoid another round mispayments from the national teacher payroll system, Novopay. The Novopay failure – New Zealand’s answer to the Queensland Health payroll disaster – has been causing trouble for schools since the system first hit the rocks in September 2012.
 
VietnamIt is expected that the cable repair vessel will approach the broken segment at 1am on January 15 and the cable will be fixed completely at 2pm on January 23. By that time Internet connection from Vietnam to other countries will be 100% restored. The AAG submarine cable was cut at 8:04 am on January 5, at a point about 117km from the landing station in Vung Tau.
 
TaiwanTAIPEI–Taiwan-based Compal Electronics Inc. (仁寶電腦), the second largest contract notebook computer maker in the world, has forecast that its smartphone shipments for 2015 will double from a year earlier as part of its efforts to increase the percentage of non-notebook computer devices in its product portfolio.
ーーーーー
cna_6Open Gov に関連するトピックですが、World Bank が政府調達に関する Open Contracting Data Standard を提供し、それぞれの契約におけるデータやドキュメントを容易に公開し、しかも、構造化され参照しやすいものにしていく、という試みが始まったようです。 World Bank の試算によると、こうした処理のために、毎年 US$9.5 trillion もの費用がグローバルで計上されているとのことです。 民間企業に対する国際会計基準を適用する前に、政府が率先して標準化の道を歩めるのかどうかと考えると、とても興味深い展開ですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 1/11〜1/17:中国 と ビデオ と Microsoft
今週のアジア 1/4〜1/10: またも、ベトナムの海底ケーブルが切れた!
今週のアジア 12/28〜1/3:TSMC の半導体量産技術

Comments Off on 今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する

%d bloggers like this: