Agile Cat — in the cloud

Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on July 18, 2016
SoftBank’s $32 bln ARM bet gives investors a shock
Katrina Hamlin July 18, 2016
http://blogs.reuters.com/breakingviews/2016/07/18/softbanks-31-bln-arm-bet-gives-investors-a-shock/

_ reuters

The author is a Reuters Breakingviews columnist. The opinions expressed are her own.
 
Masayoshi Son’s “crazy ideas” are alive and well. The conglomerate led by the Japanese tech tycoon is buying UK chip designer ARM Holdings in an all-cash deal worth $32.2 billion, according to multiple reports. It is an expensive bet on Son’s vision of a future where everything is connected and computerized – the so-called “Internet of Things”. For investors who thought the Japanese conglomerate was focusing on paying down debt, it is a painful jolt.
 
Masayoshi Son の、クレージーなアイデアは健在だ。いくつかの報道によると、この Japan のテック・タイクーンが率いるコングロマリットは、$32.2 billion のキャッシュを揃えて、UK のチップ・デザイナーである ARM Holdings の買収を進めている。Son の未来のビジョンにおける大きな賭けは、すべてがコネクトされコンピュータライズされる、いわゆる Internet of Things の世界で展開される。この、Japan のコングロマリットが、借入金の返済を進めると思った投資家にとって、それは痛みを伴う衝撃である。
 
SoftbankImage Flickr
MIKI Yoshihito
 
In recent months SoftBank has sold $10 billion of stock in Chinese e-commerce giant Alibaba and raised $7.3 billion by selling “Clash of Clans” maker Supercell. Buying the British tech group that supplies almost all the blueprints for chips used in smartphones will suck up all of those proceeds, and more. The deal dashes any hope that SoftBank might reduce net debt which reached $54 billion at the end of March – almost four times the company’s EBITDA – not including its struggling U.S. telecoms subsidiary Sprint.
 
この数カ月の間に Softbank は、China の大手コマース・サイト Allibaba の株式を $10 billion で売却し、また、Clash of Clans の メーカー Supercell 株を $7.3 billion で売却している。そして、この売却益以上のものが、ほぼすべてのスマートフォン・チップのデザインを提供する、UK のテック・ループの買収に吸い上げられていく。今回の契約により、3月末に $54 billion に達した有利子負債を、Softbank は軽減したいとが考えているはずだ。ただし、その金額は、同社の EBITDA (税引前利益に、特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値) の 4倍であり、なおかつ、US で苦労している Sprint の財務を含むものではない。
 
Son is adding chips to the Japanese group’s already sprawling portfolio at a time when the semiconductor industry is changing quickly. Though smartphones account for the bulk of ARM’s royalty revenues, growth of handset sales has peaked. The British company is now investing in new business lines which embed communications technology in everything from fridges to watches to tractors. ARM reckons these connected devices could generate as much revenue as mobile phones by 2020.
 
半導体業界が急速に変化したときから、この Japan のグループにおける広大なポートフォリオの中で、すでに Son は掛け金を積み上げていた。ARM のロイヤルティ収益においては、いまはスマートフォン・チップが大部分を占めているが、その売上高における成長は、すでにピークに達している。そして、この UK 企業は、冷蔵庫や、腕時計や、そしてトラクターに至るまでの全てに、コミュニケーション・テクノロジーを埋め込むための、新たな基幹事業に投資しているところだ。ARM の目論見によると、それらのコネクテッド・接続されたデバイスは、2020年までにスマフォと同程度の収益を生み出すとされる。
 
ARM’s diversification remains a work in progress, however. The company has also warned that macroeconomic uncertainty could hurt consumer and enterprise spending this year. That makes the offer price of 17 pounds per share – a 43 percent premium on Friday’s closing price and a multiple of 48 times next’s year earnings – look a bit rich.
 
ARM における多様化は、いま進化している状態である。しかし、同社は、マクロ経済の不確実性により、消費者と企業の支出が、今年は損なわれる可能性があると警告している。マーケットで提供される同社の株価は、一株当たり 17 pound であり、金曜日の終値に 43% のプレミアムが乗せられている。そして、マルチプル・レシオは、来年の収益の 48倍という、リッチな状況である。
 
An unpredictable chairman is another reason to insist on a big discount for the Japanese group, which only last month abruptly parted ways with heir apparent Nikesh Arora, the former Google executive. At the time Son said he wanted to stick around for at least another five years and “work on a few more crazy ideas”. Investors were warned.
 
予測不可能な行動をとる会長の存在は、この Japan グループの評価に影響をおよぼす、もう一つの理由である。つい先月のことだが、Google から迎え入れ、後継者とされていた、Nikesh Arora との決別が表面化している。そのとき Son は、少なくとも 5年間は経営の指揮を取り、いくつかのクレージーなアイデアを実現したいと、投資家たちに警告を発していた。
 
This piece has been refiled to update the value of the deal and details of the offer in the headline and throughout the piece.
 
ーーーーー
IoTSB-ARM驚きました! 正直なところ、「ARM って買えちゃうのですね」という感じの話ですが、それだけ、$32.2 billion のキャッシュが強烈なのでしょう。世界も大注目のトピックであり、Google で [ Softbank ARM ] を検索すると、こんな感じでニュースが続々という状況です。それにしても、孫さんの考えることは、とてもダイナミックです。Sprint では苦労しているようですが、これでは終わらないぞという、メッセージが伝わってきます。この先の展開に、興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
ARM と サーバー市場:2020年には シェア 20% を獲得すると豪語している!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?
ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る
 

Comments Off on Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加

Posted in .Selected, Asia, Network, Telecom by agilecat.cloud on May 27, 2016
Australia and NZ to get new subsea cable
Juha Saarinen− Mar 17 2016
http://www.itnews.com.au/news/australia-and-nz-to-get-new-subsea-cable-417034
 
_ it news
 
The first stretch of the Tasman Global Access (TGA) subsea cable will be laid at Ngarunui Beach in Raglan, New Zealand by the end of March, marking the first step in the build of the 2300 kilometre connection to Australia. TGA is a joint US$70 million (A$92.5 million) project to lay a two-pair fibre-optic cable across the Tasman by Telstra, Spark NZ and Vodafone NZ.
 
Tasman Global Access (TGA) の海底ケーブルの最初の一歩は、Raglan, New Zealand の Ngarunui Beach への陸揚げであり、この 3月末までには、2,300 km 先の Australia との接続が構築される。TGA は US$70 million (A$92.5 million) を投じる、Telstra/Spark NZ/Vodafone のジョイント・プロジェクトであり、二対のファイバ・ケーブルで Tasman 海を横断することになる。
 
TGASource: vendors.
 
Originally announced in 2013 with a completion date of late 2014, TGA was delayed after Telstra slashed its original one-third investment in the cable to just US$6 million, or a 9 percent stake.
 
2013年に発表された時点では、2014年の後半に完成する予定だったが、費用の 1/3 を満たすはずだった Telstra からの出資が、全体の 9% (US$6 million) に削減されたことで、2016年までズレこむことになった
 
Alcatel-Lucent Submarine Networks has been contracted to lay the cable, which is estimated to be ready by the end of the year. Once operational, TGA is expected to provide 20 terabit/s capacity. It will complement and provide redundancy for the Southern Cross Cable System, which is 40 percent owned by Spark NZ.
 
この海底ケーブルの敷設に関しては、Alcatel-Lucent Submarine Networks も契約の準備を整えており、今年の末までには実現されるようだ。TGA の運用が開始されると、そのキャパシティは 20 terabit/s にいたると期待されている。そして、Spark NZ が 40% を所有する Southern Cross Cable を補完し、また、冗長性を提供することになる。
 
The telcos had originally promised the cable would provide 30 terabit/s capacity but declined to comment on the reduced capacity. The three telcos also expect TGA to capitalise on burgeoning demand for bandwidth between NZ and Australia, expected to rise by 1100 percent in the next decade.
 
このプロジェクトに参加するテレコムたちは、当初は  30 terabit/s のキャパシティを約束していたが、それが低減したことについては、コメントを発していない。また、それらのテレコム三社は、これからの十年間で 1,100% の上昇が予測される、NZ – Australia 間のバンドワイズに対して、TGA が適切に投資になることを期待している。
 
Initially, the specially-equipped NZ ship MV Tranquil Image will bury three kilometres of optic fibre into the surf zone and sea at Raglan’s Ngarunui Beach, before a larger Alcatel-Lucent Submarine Networks (ASN) ship arrives to connect it to the longer length going to Narrabeen Beach in NSW, Australia.
 
最初に、特別な装備を施した、NZ 船の MV Tranquil Image が、Raglan の Ngarunui Beach で、ファイバ・ケーブルと 3km の距離にわたって埋設していく。その後に、Alcatel-Lucent Submarine Networks (ASN) の大型船が到着し、NSW, Australia の Narrabeen Beach から伸びている、長いケーブルと接続することになる。
 
The consortium warned that the schedule for the work on the Australian connection of the TGA was subject not only to weather conditions at sea, but the availaibility of ASN crew, equipment and ships.
 
このコンソーシアムは、TGA の Australia 接続の作業スケジュールが、海洋の気象条件だけに影響されることはなかったと指摘している。つまり、ASN の乗組員/設備/船舶の都合もあったと述べているのだ。
 
Currently, ASN’s main cable-laying ship for the Oceania region, the Île de Ré, is engaged in urgent repairs on the Basslink interconnector between Tasmania and mainland Australia. The ship is expected to occupied with that work until May this year at least.
 
ASN が Oceania のために所有している Île de Ré という主力艦だが、Tasmania と Australia を接続する Basslink インターコネクトの補修に、現時点では専有されている。このケーブル船だが、少なくとも 5月までは、その作業に従事すると予測されている。
 
ーーーーー
Telecom先日に、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」という抄訳をポストしましたが、日本が 3.9p という低スコアだった指標の Intenational Connectivity で、ニュージーランド 4.6p/オーストラリア 4.3p が記録されています。この両国の IT 市場の規模は小さいですが、着実に成長していることが、この新しいケーブルの背景にあるのでしょう。また、オーストラリア西海岸とシンガポールをつなぐ、SEA-ME-WE-3 という海底ケーブルに代えて(古くて遅い)、Telstra と SingTel が 20TB の APX-West という海底ケーブルを新設するというニュースもあります。2011年 3月 11日に発生した東日本大地震では、太平洋を横断する動脈である PC-1 が被災したこともあり、このような形で冗長性が担保されていくのは素晴らしいことだと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
 

Comments Off on 南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加

SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on May 13, 2016
 Alibaba, SoftBank Team Up for Cloud Computing Service in Japan
Lulu Yilun Chen – May 13, 2016
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-05-13/alibaba-softbank-team-up-for-cloud-computing-service-in-japan
 
Bloomberg
 
Alibaba Group Holding Ltd. teamed with its largest shareholder SoftBank Group Corp. to form a cloud computing service venture targeting Japanese customers, as the Chinese e-commerce giant expands one of its fastest growing businesses.
 
Alibaba Group Holding Ltd. が、その筆頭株主である SoftBank Group Corp. と提携し、Japan の顧客をターゲットにしたベンチャーを立ち上げ、クラウド・コンピューティング・サービスを提供していく。それにより、この China における Eコマース・ジャイアントは、最も急成長しているビジネスを、さらに拡張していく。
 
AlibabaImage Wikimedia
 
The venture known as SB Cloud Corp. will open a new data center in Japan to tap SoftBank’s customers ranging from startups to global organizations, extending a battle for customers with Amazon.com Inc. Alibaba will provide services including data storage and processing services, the companies said in a joint statement.
 
このベンチャー企業は SB Cloud Corp. であり、Amazon.com との戦いを拡大するために、Japan に新しいデータセンターをオープンし、スタートアップからグローバル企業にいたる幅広いレンジで、顧客たちをサポートしていく。そして Alibaba は、データ・ストレージやコンピューティング・プロセスといったサービスを提供していくと、両社は共同声明を発している。
 
Alibaba’s cloud unit almost tripled revenue to more than 1 billion yuan ($153 million) in the March quarter. The business could account for more than $1 billion of Alibaba’s revenue by 2018 and the public cloud presents a $120 billion global market opportunity, according to research by SunTrust Robinson Humphrey Inc.
 
Alibaba のクラウド部門は、2016年 Q1 において、その売上を約三倍に成長させ、1 billion yuan ($153 million) を計上している。SunTrust Robinson Humphrey Inc. の調査によると、このクラウド事業は、2018年までに $1 billion の売上にいたり、グローバル・マーケットで $120 billion というビジネス・チャンスを提供するほどの、パブリック・クラウドへと成長するという。
 
SoftBank, owner of Japan’s third-largest phone business, will have a 60 percent stake in the new venture while Alibaba will hold the rest.
 
Japan で第三位のモバイル・キャリアである SoftBank は、この新しいベンチャーにおける 60% の株式を所有し、その他は Alibaba が持つことになる。
 
Alibaba’s Japan venture follows last month’s announcement of a partnership with one of South Korea’s largest conglomerates SK Holdings Co.
 
Alibaba におけるベンチャーは、先月に発表された South Korea の SK Holdings Co. との提携に、続くものとなる。
 
China’s biggest e-commerce operator earlier teamed up with Accenture Plc to target clients in China and Southeast Asia, and it said in April it would work with Germany’s SAP SE. It has data centers in countries including Singapore and the U.S. and is planning to open another in Europe as soon as this year.
 
この、China で最大の Eコマース事業者は、China と Souseast Asia の顧客をターゲットにするために Accenture Plc と提携し、また、Germany の SAP SE とも提携したことを、この 4月に発表している。同社は、Singapore と US などにデータセンターを所有しているが、近い将来には Europe に展開するとしている。
 
ーーーーー
Alibaba 2ついに来ました! Softbank が Alibaba と歩調を合わせて、アジアへ投資していくというケースが目立っていたので、いずれは、このような展開になると思っていましたが、それが現実のものとなりました。このところ、中国経済の減速を指摘する報道が多いですが、それを緩和し、また、新しい経済を作り出しているが、China IT ビジネスであり、そのパワーには凄まじいものがあります。今回は、日本のマーケットを意識した発表のようですが、これは、日本のサービス・プロバイダーが、アジアへ、そして世界へと、羽ばたいていくための、架け橋にもなる提携だと捉えています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
 

Comments Off on SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!

APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!

Posted in .Selected, Asia, IoT, Mobile, Research, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on April 13, 2016
APAC to drive almost half of global mobile data by 2020
Eileen Yu – March 7, 2016
http://www.zdnet.com/article/apac-to-drive-almost-half-of-global-mobile-data-traffic-by-2020/
zdnet-logo
The Asia-Pacific region will drive 45 percent of the world’s mobile data traffic by 2020, with economies such as China, India, and Indonesia, leading overall growth.
 
Asia-Pacific 地域は、China/India/Indonesia などの経済成長を支えられ、2020年までにモバイル・データ・トラフィックの 45% を占め、グローバルでの成長をリードしていく。
 
Smart mobile devices and connections also would account for 72 percent of the region’s total mobile connections, up from 35 percent in 2015, according to Cisco Systems’ latest Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic Forecast. Smart devices are defined as those with advanced computing and multimedia capabilities, and support at least 3G connectivity.
 
Cisco Systems の Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic Forecast 最新版によると、この地域の総モバイル・コネクションに対して、スマート・モバイル・デバイスのコネクションは 2015年に 35% も上昇し、全体の 72% を占めるに至っている。このスマート・デバイスの定義であるが、高度なコンピューティングおよびマルチメディアの機能を有し、少なくとも 3G 接続を実現するものとされている。
 
Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic ForecastClick to Large
 
The report further noted that the world would be home to 5.5 billion mobile users by 2020, or 70 percent of global population, which was expected to hit 7.8 billion.
 
さらに、このレポートは、2020年のグローバル・モバイル・ユーザー数に関して、55億人に達するだうと指摘しているが、この数字は、その時点で 78億人と予測される、世界人口の 70% に相当する値となる。
 
The index noted that increasing adoption of mobile devices and demand for mobile content, as well as more expansive mobile coverage, would fuel Asia-Pacific’s growth two-fold faster than the global population over the next five years. Smart devices would drive 98 percent of mobile traffic in the region by 2020. In addition, smartphones would contribute 81 percent of total mobile traffic, up from 76 percent in 2015.
 
ただし、この指標は、モバイル・デバイスの普及と、モバイル・コンテンツへの需要の、上昇を指摘しているだけではない。つまり、膨大なコストを必要とするモバイル環境の整備が、これから 5年間のアジアでは、グローバルの二倍のスピードで進んでいくことになるのだ。その結果として、この地域におけるスマート・デバイスは、2020年の時点で、モバイル・トラフィック全体の 98% に達すると予測されている。また、スマートフォンが生み出すトラフィックも、2015年との比較で 76% も上昇し、モバイル・トラフィック全体の 81% を占めるとされている。
 
Citing figures from the Infocomm Development Authority of Singapore, the Cisco report noted that mobile data usage in the city-state had grown from almost 8 petabytes in 2013 to 10.9 petabytes last year. Furthermore, 98 percent of the country’s mobile connections were either 3G or 4G broadband, with users spending an average two hours a day on their mobile device.
 
Singapore の Infocomm Development Authority の数字を引用するかたちで、Cosco レポートが指摘するのは、この都市国家におけるモバイル・データ使用量が、2013年の 8 Peta Byte から、2015年の 10.9 Peta Byte へと増えている点である。それに加えて、同国のモバイル・コネクションの 98% が 3G/4G であり、それぞれのユーザーが、1日あたり 2時間を、モバイルに費やしているという。
 
Cisco’s Singapore and Brunei country manager Ang Thiam Guan said: “The statistics show that mobility powered by fast and efficient connectivity is taking on a central role in the lives of consumers and businesses. As a smart nation, Singapore needs to focus on enhancing and securing its telecommunications infrastructure and mobile technologies to enable citizens to tap into the fullest benefits of mobility.”
 
Cisco の Singapore and Brunei Country Manager である Ang Thiam Guan は、「この統計が示すのは、高速性と効率性を備えたモバイルのパワーが、個人と企業の日常における中心的な役割を担う点である。先進国家である Singapre は、モバイルのメリットを市民が最大限に享受できるよう、通信インフラおよびモバイル技術を強化し、セキュリティを高めていく必要がある」と述べている。
 
Doug Webster, Cisco’s vice president of service provider marketing, concurred, noting the importance of security as more people connected to the web and mobility became the predominant medium driving digital transformation.
 
Cisco の VP of Service Provider Marketing である Doug Webster も、モバイルにより多くの人々が Web でつながり、それにより、デジタル・トランスフォーメーションが促進されるにつれて、セキュリティの重要性が増してくるという指摘に、同意している。
 
“Future mobile innovations in cellular, such as 5G, and Wi-Fi solutions will be needed to further address new scale requirements, security concerns, and user demands,” Webster said. “IoT (Internet of Things) advancements will continue to fuel tangible benefits for people, businesses, and societies.”
 
そして Webster は、「5G や Wi-Fi といったソリューションがもたらす、未来のモバイル・イノベーションは、新たなスケール要件/セキュリティの懸念/ユーザーの要求に対して、取り組んでいく必要がある。そして、IoT (Internet of Things) の進化は、個人/企業/社会に対して、具体的なメリットを提供し続けるだろう」と述べている。
 
ーーーーー
2014_06_05_apac_smartphoneasia-pacific 22014年6月に、Ericsson のデータをベースにした、「これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する」という抄訳をポストしましたが、そこに含まれるチャートが目に焼き付いています。こちらは、スマフォのサブスクリプション数を示すものであり、本文にあるモバイル・データとは異なるものですが、双方の関連性はというと、きわめて強いものとなります。マーケットの規模からすると、最初に中国が突っ走り、それをインドやインドネシアが追いかけるという展開だと思いますが、この勢いはまだまだ続きそうですね。そのような相似が、この2つのチャートから、見て取れます。そして、重要になってくるのはセキュリティの管理ですが、モバイル・デバイス自身というよりは、そこにつながるクラウド・アカウントのプロテクションが、最大のポイントになるでしょう。Agile Cat  の場合は、重要なクラウド・サービスで二段階認証を使用していますので、そのキーとなるスマフォは、おかげさまで、持ち歩けないスマフォとなってしましました🙂 でも、まぁ、いまは MVNO が安いので、そのためにSIM を一枚使うのもアリだと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイル・キャリアにとって、2016年は 多難の年になるだろう
Nintex が日本の Azure DC に進出: アジアへ向けて 高品質サービスを提供していく!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
 

Comments Off on APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!

モバイル・キャリアにとって、2016年は 多難の年になるだろう

Posted in .Selected, Asia, Government, Mobile, Telecom by agilecat.cloud on April 5, 2016
Core mobile revenues to see no growth in 2016
Dylan Bushell-Embling – Feb 04, 2016
http://www.telecomasia.net/content/core-mobile-revenues-see-no-growth-2016
 
_ Telecom-Asia
 
Strategy Analytics is projecting that there will be no growth in core mobile connectivity revenue this year, meaning mobile operators will need to diversify to find new revenue streams.
 
Strategy Analytics の予測によると、今年のモバイル・キャリアは、そのコア・ビジネスで増益を期待できないため、多様化の道を選ぶことで、新たな収益源を見つけることになるようだ。
 
Continuing mobile data traffic growth will meanwhile require operators to find even smarter and more efficient ways to add capacity to their network, the research firm said in a new report.
 
その一方で、モバイル・データ・トラフィックの成長が、より洗練された効率的な方法でネットワークキャパシティを増大せよと、モバイル・キャリアたちに要求を突きつけていくと、この調査会社の最新レポートは述べている。
 
Brasil_Telecom_Panoramic_Tower_Curitiba_BrasilWikimedia
 
To achieve success in what is shaping up to be a challenging year for the industry, the company is recommending operators seek to evolve today’s services with initiatives such as content bundling and fixed-mobile converged services.
 
この業界にとって厳しい年になりそうな状況において成功を達成するためには、コンテントと組み合わせたサービスや、固定と携帯を融合させるような方向へ向けて、現状のサービスを進化させた方が良いだろうと、Strategy Analytics はモバイル・キャリアたちに推奨している。
 
Operators should also seek to leverage their mobile connectivity expertise by diversifying into new offerings such as connected cars, smart homes and smart cities, mobile payment and mobile advertising.
 
もちろん、モバイル・キャリアたちは、connected cars, smart homes and smart cities, mobile payment and mobile advertising といった多様な領域へ、モバイル接続における専門的な知識を展開することで、これまでのエクスペリエンスを活用していく道を探すべきでもある。
 
The report also recommends operators accelerate the introduction of new business models that will be enabled by flexible 5G architectures if they can be adapted to current 4.5G networks.
 
さらに、このレポートは、現状の 4.5G ネットワークから 5G アーキテクチャへと、柔軟な移行が可能になるような、新たなビジネス・モデルの導入を、モバイル・キャリアたちは加速すべきだと推奨している。
 
“Innovation in services and bundling to add value while fending off customer losses in price competitive markets will be essential in 2016,” Strategy Analytics director of wireless operator strategies Susan Welsh de Grimaldo said.
 
「サービスを革新しながら、そして、付加価値を取り込みながら、価格で競争するマーケットで顧客を失わないようにすることが、2016年の戦略では不可欠なことになる」と、Strategy Analytics の Director of Wireless Operator Strategies である Susan Welsh de Grimaldo は述べている。
 
“New growth opportunities exist, although some are not yet mature enough to drive large revenue streams, and operators should be preparing partnerships, strategies and network transformation to assure continued relevance in the larger ecosystem.”
 
そして Grimaldo は、「新しい成長のチャンスは存在しているが、その中には、大きな収益を実現するだけ、成熟していないものが含まれる。そして、モバイル・キャリアたちは、この巨大なエコシステムの中で、適切なポジションを継続して確保するために、パートナーシップ/ストラテジー/ネットワークの変化に対応できるよう、準備していく必要がある」と続けている。
 
ーーーーー
Telecomこの記事は、香港の telecomasia.net に掲載されたものであり、各国のテレコム事情に差異はあれど、大まかな方向として、2016年のテレコム事業は厳しいだろうと述べています。おそらく、日本も同じだと思うのですが、それを論じる前に、電波利用料の負担という、日本独自の問題を考えなければなりません。このところ、アジアのニュースを追いかける時間の長い Agile Cat ですが、すべての国々で当たり前の電波オークションが、日本には無いという不思議さを感じてしまいます。オークションなど行ったら、モバイル・キャリアは余計に大変になる、、、という意見もあるでしょうが、現在でも 200円の利用料が、ユーザーに転嫁されているはずなので、その心配は無いでしょう。むしろ、私たちの支払う電波利用料でテレビ局を保護する施策とも言える、テレビとケータイの待遇の違いに問題があるのだと思えてきます。これといって、テレビに恨みは無いのですが、NHK の 10倍ほどの電波使用料を、大手モバイル・キャリアが支払っている状況は、なんか変です! これからの産業の在り方や、経済の成長という観点でも、テレビよりはモバイルを応援する政治でなければ、日本の未来は暗いと思うのですが。。。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国マーケットの爆発的な成長が!
OCP と テレコム: AT&T や Verizon を含むプレイヤーが、新しいモデルに続々と参加してきた!
AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!
China Mobile の 4G-LTE ユーザー数が、3億人を超えたらしい
 

Comments Off on モバイル・キャリアにとって、2016年は 多難の年になるだろう

OCP と テレコム: AT&T や Verizon を含むメジャー・プレイヤーが、この新しいモデルに続々と参加してきた!

Posted in .Selected, Ericsson, Open Compute, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on March 4, 2016
Major telcos join Facebook-led Open Compute Project
Staff writer – February 17, 2016
http://www.telecomasia.net/content/major-telcos-join-facebook-led-open-compute-project
 
_ Telecom-Asia
Telecoms operators are signing up to the Facebook-led Open Compute Project (OCP) to build low-cost computing hardware.
 
世界のテレコム事業者たちが、コンピューティング・ハードウェアを低コストで構築するために、Facebook が主導する Open Compute Project (OCP) に参加することになった。
 
Operators including EE, AT&T, Deutsche Telekom, SK Telecom and Verizon are joining a new OCP Telco Project, which will work as an open forum to help the OCP more effectively serve the telecoms industry.
 
それらの事業者とは、EE/AT&T/Deutsche Telekom/SK Telecom/Verizon などであり、テレコム業界を効果的に支援するための、OCP オープン・フォーラムとして機能する、OCP Telco Project に参加するとのことだ。
OCP 2016
 
The open forum will aim to communicate the technical requirements of telcos effectively to the OCP community.
 
このオープン・フォーラムは、テレコム事業者のテクニカル要件を、効果的に OCP コミュニティに伝えるという役割を持つ。
 
It will also work to strengthen the OCP ecosystem to address telcos’ deployment and operational needs, as well as bring OCP innovations to telco’s data center infrastructure.
 
さらに言うなら、OCP エコシステムを強化することで、テレコムにおける展開と運用のニーズに取り組んでいくという試みであり、また、OCP のイノベーションをテレコムのデータセンター・インフラに展開することにもつながる。
 
For example, Nokia has announced that they will incorporate OCP designs into its AirFrame Data Center Portfolio.  Equinix and Nexius have joined OCP, making it easier for telcos to find efficiency and flexibility benefits through open hardware, the group said.
 
たとえば、Nokia のケースでは、その AirFrame Data Center Portfolio に、OCP デザインの取り込むというアナウンスメントがあった。また、すでに OCP に参加している Equinix と Nexius は、オープンなハードウェアによる効率性と柔軟性の利点を、テレコムのために見つけ出すという目的を有している。
 
 “OCP community momentum is strong, and we get closer to our vision of better and more open hardware development each time a new industry embraces the principles of openness and customization,” said Jason Taylor, president and chairman of the OCP board and VP of infrastructure at Facebook.
 
OCP Board と Facebook VP of Infrastructure を兼任する Jason Taylor は、「OCP コミュニティには、かなりの勢いがある。OCP とは距離のあった産業が、このオープンとカスタマイズの原則を取り入れてくれる度に、より良いかたちでオープン・ハードウェアを開発していくという、私たちのビジョンに近づくと認識している」と述べている。
 
“Leaders in telecommunications embracing OCP signifies the start of a new and exciting chapter as we work together to enable better designs, easier adoption, and efficiency gains across the board.”
 
そして彼は、「テレコムのリーダーたちは、新たに OCP に参加することを、エキサイティングな時代の幕開けだと捉えている。私たちが協調していくにつれて、より優れたデザインや、容易な適用、そして効率の向上が、幅広い範囲で実現されていくだろう」と付け加えている。
 
Andre Fuetsch, SVP of architecture and design at AT&T said the company aims to virtualize 75% of its network functions by 2020.
 
AT&T の SVP of Architecture and Design である Andre Fuetsch は、同社におけるネットワークの仮想化について、2020年までに 75% を達成したいと述べている。
 
 “To do that, we need to move to a model of sophisticated software running on commodity hardware. We’re becoming a software and networking company. As a result, our central offices are going to look a lot more like data centers as we evolve our networking infrastructure,” Fuetsch said.
 
Fuetsch は、「それを実現するためには、コモディティ・ハードウェアの上で、洗練されたソフトウェアを走らせるという、新しいモデルに移行する必要がある。つまり、私たちは、ソフトウェアとネットワークの企業になろうとしているのだ。私たちがネットワーク・インフラを進化させるにつれて、当社のセンター・オフィスは、データセンターのような形態になっていくだろう」と述べている。
 
“The Open Compute Project is innovating rapidly in this area, and we’re thrilled to be collaborating with the community of engineers and developers that are driving the evolution. We look forward to our vendors and other industry players supporting this initiative, as well,” he added.
 
そして、「Open Compute Project は、この領域を、急速に革新している。私たちは、この進化を促進しているエンジニアやデベロッパーのコミュニティに、喜んで協力していきたいと思っている。この取り組みを支持している、私たちのパートナーや、他の業界のプレイヤーと協力できることも、とても楽しみにしている」と付け加えている。
 
The OCP further said it is optimistic about the potential of open hardware to bring large-scale gains to the telecommunications industry, and that starts with increased participation.
 
OCP サイドは、オープンなハードウェアが、テレコム業界に大きなメリットをもたらす可能性について、きわめて楽観的に捉えているが、そのためには、参加者が増えていく必要があると述べている。
 
Alex Choi, CTO of SK Telecom, added that “5G, with its diverse use cases, will open up a whole new ecosystem for telecom operators.”
 
SK Telecom の CTO である Alex Choi は、「5G の到来と、その多様なユース・ケースにより、すべてのテレコム事業者のための、新しいエコシステムが開かれていく」と付け加えている。
 
ーーーーー
open-computeコモディティ・ハードウェアと洗練されたソフトウェアの組み合わせという新しいモデルにより、テレコムのシステムまでもが構築されていく時代になりました。先日に、「AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!」という抄訳をポストしましたが、文中にある Nokia だけではなく Ericsson も、この OCP Telco Project に参加とのことです。そして来週は、Open Compute Summit が開催されます。 この新しいモデルが、どこまでの伸びていくのか、そう考えるだけでもワクワクしてきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack および VMware と Microsoft に対応!
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
 

Comments Off on OCP と テレコム: AT&T や Verizon を含むメジャー・プレイヤーが、この新しいモデルに続々と参加してきた!

AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!

Posted in .Selected, Amazon, Ericsson, Hybrid, IoT, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on February 23, 2016
Telstra opening Cloud Innovation Centre with Ericsson and AWS
Corinne Reichert – February 23, 2016
http://www.zdnet.com/article/telstra-opening-cloud-innovation-centre-with-ericsson-and-aws/
zdnet-logo
Ericsson and Amazon Web Services (AWS) announced overnight at Mobile World Congress (MWC) 2016 in Barcelona that they will be partnering on researching and launching telecommunications service provider hybrid cloud centres worldwide, with Telstra to be the first co-host.
 
Barcelona で開催される Mobile World Congress (MWC) 2016 の前夜に、Ericsson と Amazon Web Services (AWS) が、提携に関するアナウンスメントを発した。それによると、両社は、テレコム・サービス・プロバイダーに対して、世界をまたにかけたハイブリッド・クラウド・センターを提供するための、調査と立上げで提携することになり、Australia の Telstra が最初の顧客になるようだ。
 
Ericsson is aiming to use AWS’ industry expertise in an effort to extend its own cloud programs, datacentres, and application migration solutions to accelerate cloud adoption for telcos in preparation of 5G and the Internet of Things (IoT).
 
Ericsson は、自身のクラウド・プログラム/データセンター/アプリ・マイグレーション・ソリューションを強化するために、AWS が有するクラウド・ノウハウの活用を目指している。つまり、5G と IoT に対する準備として、テレコムにおけるクラウドの採用を、加速させることが狙いである。
 

Ericsson

 

As part of the deal, Ericsson will put together a team of cloud experts chosen from its 25,000-strong research and development team, consisting of program directors, solutions architects, and systems engineers, who will be trained in both AWS and Ericsson cloud technologies.

 
この契約の一環として、Ericsson は、プログラム・ディレクター/ソリューション・アーキテクト/システム・エンジニアなどによる、25,000人規模のパワフルな研究開発チームから選出した、クラウドに特化したチームを構成する。そして、このチームは、AWS と Ericsson のクラウド・テクノロジーを、トレーニングにより身に付けていくことになる。
 
“AWS is the world’s leader in cloud computing with a highly reliable, scalable, and secure global infrastructure,” explained Anders Lindblad, head of Business Unit Cloud and IP at Ericsson. “Ericsson has always taken great ideas, industrialised them, and made them available in every country. Building upon AWS’ platform, we will drive new growth opportunities across the service provider industry.”
 
Ericsson の Head of Business Unit Cloud and IP である Anders Lindblad は、「 AWS は、高度な信頼性とスケーラビリティ、そして、セキュアなグローバル・インフラとクラウド・コンピューティングといった観点で、世界のリーダーだ。 その一方で、Ericsson は常に、素晴らしいアイデアを有しており、それらを事業に展開することで、すべての国々で利用できるようにしている。こうしたプロセスを、AWS プラットフォーム上に展開することで、広範囲におよぶサービス・プロバイダ業界に、新たな成長の機会を推進していく」と説明している。
 
For its part, AWS will provide services, training, and solutions architects for the project. Ericsson will use these resources to create and offer cloud-based solutions, such as end-to-end data security across the cloud; data traffic management across AWS cloud, on-premises infrastructure, and mobile networks; cloud and workload management for both AWS cloud services and on-premises infrastructure; and gateway services that maintain localised regulation and compliance requirements for AWS storage services used by telcos.
 
このパートナシップの一貫として、AWS が提供するのは、プロジェクトのためのサービス/トレーニング/ソリューション・アーキテクトとなる。そして Ericsson は、このリソースを活用することで、クラウド・ベースのソリューションを構築/提供していく。具体的に言うと、クラウドを横断する End-to-End のデータ・セキュリティや、AWS クラウド/オンプレミス・インフラ/モバイル・ネットワークを通過するデータ・トラフィックの管理、AWS クラウド・サービスとオンプレミス・インフラを管理するためのクラウドとワークロードの管理、そして、テレコムが使用する AWS ストレージ・サービスにおいて、ローカル法規とコンプライアンス要件を維持するための、ゲートウェイ・サービスなどがある。
 
Ericsson will then begin opening cloud innovation centres worldwide, with Telstra signing on as the first to co-host. The centre will be part of the Australian telecommunications provider’s Gurrowa Innovation Lab in Melbourne, which was launched in August last year.
 
続いて Ericsson は、最初のホスターとしてサインする Australia の Telstra と伴に、ワールドワイドなクラウド・イノベーション・センターをオープンすることになる。そして、このセンターは、昨年8月に同社が Melbourne にオープンした、Gurrowa Innovation Lab 一部として運用される。
 
Gurrowa provides a co-creation space for Telstra and its associated enterprise customers, vendors, research institutes, and incubators to collaborate on technological projects such as geolocation, robotics, and the IoT via the Pivotal and Cloud Foundry Foundation-provided open-source platform-as-a-service (PaaS) cloud software.
 
Gurrowa が提供するのは、Telstra とパートナーたちが、つまり、エンタープライズ/ベンダー/リサーチ/インキュベータたちが、共創していくためのスペースである。そして、ジオ・ロケーション/ロボット/IoT といったプロジェクトで協調していくが、そのベースになるものは、Pivotal と Cloud Foundry Foundation が提供する、OSS としてのPaaS クラウド・ソフトウェアである。
 
Telstra CTO Vish Nandlall said on Monday that Telstra has been focused on creating a secure hybrid cloud service for enterprise, with Ericsson and AWS now providing the means to achieve this.
 
この月曜日 (2/22) に、Telstra の CTO である Vish Nandlall は、すでに Telstra は、エンタプライズのためのセキュアなハイブリッド・クラウド・サービスに注目しており、それを構築するために、Ericsson と AWS を活用することになると発言している。
 
Telstra Ericsson AWS“The industry is shifting towards an architecture driven by cloud economics and flexibility. Adoption of hybrid clouds requires a secure transmission network linking on-premises to the cloud to provide a chain of custody for mission critical enterprise data,” Nandlall said.
 
Nandlall は、「この業界では、クラウドの経済性と柔軟性が促進する、新たなアーキテクチャへ向けてシフトしている。ハイブリッド・クラウドの採用においては、クラウドとオンプレミスを接続する際に、ミッション・クリティカルなエンタープライズ・データを連鎖的に保護していくための、セキュアな伝送ネットワークを必要とする」と述べている。
 
“Telstra’s vision is to build a trusted network service for mission-critical cloud data, and we are excited to explore the opportunity of bringing this vision to life with Ericsson and AWS. The Cloud Innovation Centre at Gurrowa intends to bring together cloud experts from Ericsson, AWS, and Telstra to encourage cloud adoption and the development of new business opportunities for Telstra and our customers.”
 
そして彼は、「Telstra のビジョンは、ミッション・クリティカルなクラウド・データのための、信頼できるネットワーク・サービスを構築することである。このビジョンを探求し、その機会を Ericsson および AWS と共有できることを、とても嬉しく思っている。Gurrowa の Cloud Innovation Centre に、Ericsson/AWS/Telstra のクラウド・エキスーパーとを結集し、当社と顧客のための新たなビジネス・チャンスを実現する、クラウドの開発と適用を推進していく」と付け加えている。
 
On Sunday night, Telstra and Ericsson also announced at MWC 2016 that they will begin a trial run of Telstra’s 5G network during the 2018 Commonwealth Games in the Gold Coast.
 
また、日曜日の夜のことだが、MWC 2016 で Telstra と Ericsson は、Gold Coast の 2018 Commonwealth Games において、Telstra 5G ネットワークのトライアルを実施すると発表している。
 
Telstra’s team of network engineers will be temporarily transferred to Ericsson’s Sweden-based research lab for six months in order to collaborate on collecting data and building the mathematical models of radio signals to be used for 5G radio spectrum.
 
5G ワイヤレス・スペクトルを用いる無線信号の、数学的モデルの構築で必要となるデータを共同で収集するために、Telstra のネットワーク・エンジニア・チームが、6ヶ月のスケジュールで、Sweden にある Ericsson のラボに派遣されている。
 
The engineering teams will then use this data to develop radio models for the Australian network environment as part of the international 5G standardisation process.
 
続いて、このエンジニアリング・チームは、国際 5G スタンダード・プロセスの一環として、Australia のネットワーク環境で用いる、無線モデルを開発するために、そこで収集されたデータを活用する。
 
Telstra has already been undertaking 5G trials using high-frequency “mm-wave” spectrum with Ericsson in real-world environments in the Swedish test lab, achieving speeds of over 11Gbps. Field tests within Australia will take place in late 2016.
 
すでに Telstra は、Swedish ラボにおける、Ericsson の実世界テスト環境を用いて、高周波「ミリ波」スペクトルによる 5G トライアルと実施し、11 Gbps 以上のスピードに到達している。そして、Australia でのフィールドテストは、2016年の後半に実施される予定だ。
 
“We are pleased to support Telstra’s evolution towards 5G with the deployment of advanced radio technology (11Gbps, MIMO, and beam forming) and also providing a ready core network with NFV and SDN technologies,” said Emilio Romeo, head of Ericsson Australia and New Zealand.
 
Ericsson Australia and New Zealand の Head である Emilio Romeo は、「私たちは、Telstra の 5G へ向けた進化と、先進的なワイヤレス・テクノロジーの開発 (11Gbps/MIMO/Beam Forming) をサポートできて、とても嬉しく思っている。そして、NFV と SDN テクノロジーのために準備した、コア・ネットワークも提供している」と述べている。
 
“A 5G-ready core network with virtualisation and SDN not only prepares for 5G, but also provides the flexibility, programmability, and agility needed to efficiently serve today’s 4G consumer and enterprise customers with tailored network slices, improved access to media, and compelling IoT solutions.”
 
そして、彼は、「仮想化 と SDN を用いた、5G 対応のコア・ネットワークは、それだけのために準備されているわけではない。つまり、ネットワークの効率と、メディアへ・アクセスの改善、魅力的な IoT ソリューションの提供といった側面で、現時点の 4G コンシューマ/エンタープライズへ・ユーザーに欠かせない、柔軟性/拡張性/敏捷性を実現している」と付け加えている。
 
Telstra and Ericsson announced their 5G network at MWC 2015, later confirming its launch by 2020. The network is expected to provide speeds of up to 10GB per second.
 
Telstra と Ericsson は、MWC 2015 で 5G ネットワークを発表し、その後に、2020年のサービス・インを確約している。そして、このネットワークは、10 Gbps のスピードに達すると期待されている。
 
Ericsson also announced on Sunday evening that it has partnered with Singaporean telco Singtel on enabling Singtel’s 4G network for the IoT, including a trial of narrowband technology during the latter half of 2016.
 
その一方で Ericsson は、Singaporean テレコムである Singtel とのパートナーシップを、日曜日の夕方に発表している。それによると、2016年後半にトライアルを実施する、狭帯域テクノロジーを含めた、IoT のための Singtel 4G ネットワークが実現されるという。
 
Instead of using cellular networks for the IoT, narrowband low-power, long-range, wide-area networks that use available, unlicensed radio spectrum could allow for extended coverage and less complex devices with higher battery life, meaning more connected devices overall.
 
IoT のために、一般的なセルラー・ネットワークに替えて、狭帯域の低消費電力ネットワークを用いることで、ライセンスが不要な無線スペクトルによる、長距離/広域ネットワークが実現される。それにより、カバレッジの拡張と、バッテリ寿命の延長、そしてシンプルなデバイスが実現され、さらに多くのコネクテッド・デバイスへの対応が可能となる。
 
According to Ericsson, 28 billion connected devices are expected by 2021. Such devices requiring long battery lives and better coverage include temperature, air quality, and flood water sensors, Sam Saba, regional head of Ericsson South East Asia and Oceania, said.
 
Ericsson は、コネクテッド・デバイスの総量が、2021年までに 280億個に達すると予測している。バッテリ寿命の延長と、幅広いカバレッジを必要とするデバイスには、温度や大気の状態を知らせるセンサーから、洪水を検知するセンサーなどが含まれると、Ericsson の South East Asia and Oceania Regional Head である、Sam Saba は述べている。
 
ーーーーー
Telecom昨日に、「MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?」という、WMC の変遷を伝える抄訳をポストしましたが、ひょっとすると、今年の主役は Ericsson/AWS/Telstra チームかもしれませんね。 この、スピード感には、かなり驚かされました。「Ericsson Commits to OpenStack With Mirantis」という記事を訳そうかと、すっと悩んでいたのですが、訳さなくて良かったです🙂 世界のテレコムは、すべからく OpenStack へと流れていくと予測していましたが、こんな大仕掛を Ericsson と AWS が打ってくるとは、そして Telstra が乗ってくるとは、思ってもいませんでした。テレコムのインフラに、パブリック・クラウド(プライベート?)が採用されるという世界を、いったい、誰が予測していたでしょう? そして、Nokia と Huawei は、どのような戦略を取ってくるのでしょう? 考えるだけでも、ワクワクしてきます! _AC Stamp
—ーーーー
<関連>
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
NTT Com がインドネシア最大の DC 事業者を買収:ジャカルタに Tier III の拠点を確保!
DoCoMo の最新テクノロジーが、コンサルティング・サービスとして海外展開される!
Telefónica と China Unicom が、クラウド DC の相互利用で提携! 急接近していく欧州と中国
香港で 4.5G 1Gbps ネットワーク: HKT と Huawei のチームが実験に成功した!
 

Comments Off on AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!

東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on February 17, 2016
The cost of mobile data in Southeast Asia (INFOGRAPHIC)
Nadine Freischlad – Dec 30, 2015
https://www.techinasia.com/cost-mobile-data-southeast-asia-infographic
 
_ tech in asia
 
Smartphones are getting cheaper by the day – but they’re not much more than dumb bricks unless we incessantly feed them with data packages. This can become expensive.
 
スマートフォン自体は、日を追うごとに安価になってきているが、それらを大量のデータ・パッケージで使い倒すことができない限り、単なる石版以上のものにはならない。そして、その通信料は、高価になり得るものなのだ。
 
Across Southeast Asia, the cost of mobile data varies widely, as do the packet sizes and deals offered by respective carriers.
 
そして、Southeast Asia 全体を眺めてみると、各国のキャリアたちが提供するパケットの、サイズと対価が多様化するにつれて、モバイル・データにおけるコストも大きく異なってきている。
 
How affordable is 1 GB of data?
 
cost of mobile dataClick to Infographic >>> 
 
For this infographic, Tech in Asia compiled data from all Southeast Asian countries and calculated the typical price of 1GB (in US$) for each. We also looked up the minimum wage for each country.
 
このインフォグラフィックは、Southeast Asian 諸国のデータを、Tech in Asia が編纂したものである。そして、1GB のデータを送受信する際の、一般的なコストも US$ で算出している。 さらに言うなら、それぞれの国々における最低賃金との比較にも注目している。
 
 (Brunei, Cambodia, and Singapore are exceptions because they don’t have an official minimum wage. In these countries, we picked the typical wage of a low-income worker, such as in the garment or tourism industry).
 
(Brunei/Cambodia/Singapore に関しては、公的な最低賃金が定められていないため、独自の方式で算出してみた。 具体的に言うと、衣服や観光といった産業における、低所得者層の一般的な賃金を選んでいる)
 
Based on this, we calculated the estimated hours a worker has to put in to afford 1GB of data in their country. In some, it’s quite affordable. In others, not so.  There are a few surprises.
 
私たちは、こうした情報をベースに、それぞれの国において 1GB のデータを利用する際に必要となる、対価を得るための労働時間を計算した。いくつかの国々では、きわめて安価なものとなるが、そうならない国々が多々ある。 それは、驚くべきものでもある。
 
References: all data plan cost info comes from prepaid-data-sim-card.wikia.com, except Timor Leste, which is from Telcomcel.
 
ーーーーー
GDP PPPasia-pacific 2とても興味深いインフォグラフィックです。 念のために、計算の方式を説明しておきますと、それぞれの国における、1GBの料金と最低賃金を米ドルで示し、割り算することで、1GB を得るために必要な労働時間を算出する方式となっています。 つまり、それぞれの国の物価を前提にして、1GB の価値を算出しているインフィックなのです(例:マレーシアの場合には、1GB を得るために 3時間45分の労働が必要)。 まず、驚いたのが、ブルネイの裕福さです。誰もが、シンガポールが1位と予測するでしょうが、産油国の経済は、ほんと桁違いなのですね。また、まったくと言って良いほど、情報が入ってこないラオスが、中位につけているのも驚きでした。そして、東南アジア全体を眺めてみると、その中に、かなりの経済格差があるのだと、認識を新たにします。 このような、購買力平価的な視点で分析してもらえると、これまでは見えなかったものが見えてきます。とても素晴らしい調査だと思います! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on 東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?

%d bloggers like this: