Agile Cat — in the cloud

Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on July 18, 2016
SoftBank’s $32 bln ARM bet gives investors a shock
Katrina Hamlin July 18, 2016
http://blogs.reuters.com/breakingviews/2016/07/18/softbanks-31-bln-arm-bet-gives-investors-a-shock/

_ reuters

The author is a Reuters Breakingviews columnist. The opinions expressed are her own.
 
Masayoshi Son’s “crazy ideas” are alive and well. The conglomerate led by the Japanese tech tycoon is buying UK chip designer ARM Holdings in an all-cash deal worth $32.2 billion, according to multiple reports. It is an expensive bet on Son’s vision of a future where everything is connected and computerized – the so-called “Internet of Things”. For investors who thought the Japanese conglomerate was focusing on paying down debt, it is a painful jolt.
 
Masayoshi Son の、クレージーなアイデアは健在だ。いくつかの報道によると、この Japan のテック・タイクーンが率いるコングロマリットは、$32.2 billion のキャッシュを揃えて、UK のチップ・デザイナーである ARM Holdings の買収を進めている。Son の未来のビジョンにおける大きな賭けは、すべてがコネクトされコンピュータライズされる、いわゆる Internet of Things の世界で展開される。この、Japan のコングロマリットが、借入金の返済を進めると思った投資家にとって、それは痛みを伴う衝撃である。
 
SoftbankImage Flickr
MIKI Yoshihito
 
In recent months SoftBank has sold $10 billion of stock in Chinese e-commerce giant Alibaba and raised $7.3 billion by selling “Clash of Clans” maker Supercell. Buying the British tech group that supplies almost all the blueprints for chips used in smartphones will suck up all of those proceeds, and more. The deal dashes any hope that SoftBank might reduce net debt which reached $54 billion at the end of March – almost four times the company’s EBITDA – not including its struggling U.S. telecoms subsidiary Sprint.
 
この数カ月の間に Softbank は、China の大手コマース・サイト Allibaba の株式を $10 billion で売却し、また、Clash of Clans の メーカー Supercell 株を $7.3 billion で売却している。そして、この売却益以上のものが、ほぼすべてのスマートフォン・チップのデザインを提供する、UK のテック・ループの買収に吸い上げられていく。今回の契約により、3月末に $54 billion に達した有利子負債を、Softbank は軽減したいとが考えているはずだ。ただし、その金額は、同社の EBITDA (税引前利益に、特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値) の 4倍であり、なおかつ、US で苦労している Sprint の財務を含むものではない。
 
Son is adding chips to the Japanese group’s already sprawling portfolio at a time when the semiconductor industry is changing quickly. Though smartphones account for the bulk of ARM’s royalty revenues, growth of handset sales has peaked. The British company is now investing in new business lines which embed communications technology in everything from fridges to watches to tractors. ARM reckons these connected devices could generate as much revenue as mobile phones by 2020.
 
半導体業界が急速に変化したときから、この Japan のグループにおける広大なポートフォリオの中で、すでに Son は掛け金を積み上げていた。ARM のロイヤルティ収益においては、いまはスマートフォン・チップが大部分を占めているが、その売上高における成長は、すでにピークに達している。そして、この UK 企業は、冷蔵庫や、腕時計や、そしてトラクターに至るまでの全てに、コミュニケーション・テクノロジーを埋め込むための、新たな基幹事業に投資しているところだ。ARM の目論見によると、それらのコネクテッド・接続されたデバイスは、2020年までにスマフォと同程度の収益を生み出すとされる。
 
ARM’s diversification remains a work in progress, however. The company has also warned that macroeconomic uncertainty could hurt consumer and enterprise spending this year. That makes the offer price of 17 pounds per share – a 43 percent premium on Friday’s closing price and a multiple of 48 times next’s year earnings – look a bit rich.
 
ARM における多様化は、いま進化している状態である。しかし、同社は、マクロ経済の不確実性により、消費者と企業の支出が、今年は損なわれる可能性があると警告している。マーケットで提供される同社の株価は、一株当たり 17 pound であり、金曜日の終値に 43% のプレミアムが乗せられている。そして、マルチプル・レシオは、来年の収益の 48倍という、リッチな状況である。
 
An unpredictable chairman is another reason to insist on a big discount for the Japanese group, which only last month abruptly parted ways with heir apparent Nikesh Arora, the former Google executive. At the time Son said he wanted to stick around for at least another five years and “work on a few more crazy ideas”. Investors were warned.
 
予測不可能な行動をとる会長の存在は、この Japan グループの評価に影響をおよぼす、もう一つの理由である。つい先月のことだが、Google から迎え入れ、後継者とされていた、Nikesh Arora との決別が表面化している。そのとき Son は、少なくとも 5年間は経営の指揮を取り、いくつかのクレージーなアイデアを実現したいと、投資家たちに警告を発していた。
 
This piece has been refiled to update the value of the deal and details of the offer in the headline and throughout the piece.
 
ーーーーー
IoTSB-ARM驚きました! 正直なところ、「ARM って買えちゃうのですね」という感じの話ですが、それだけ、$32.2 billion のキャッシュが強烈なのでしょう。世界も大注目のトピックであり、Google で [ Softbank ARM ] を検索すると、こんな感じでニュースが続々という状況です。それにしても、孫さんの考えることは、とてもダイナミックです。Sprint では苦労しているようですが、これでは終わらないぞという、メッセージが伝わってきます。この先の展開に、興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
ARM と サーバー市場:2020年には シェア 20% を獲得すると豪語している!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?
ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る
 

Comments Off on Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

サーバー・セキュリティにおいて、自動化が必須となる理由を説明しよう

Posted in AI ML, Research, Security, Strategy by agilecat.cloud on June 28, 2016
Why automation is the key to the future of cyber security
By Gabby Nizri, CEO Ayehu | Thursday, May 5, 2016 – 23:40
http://www.networksasia.net/article/why-automation-key-future-cyber-security.1462462851
  
_Network Asia
 
In 2015 there were 781 publicized cyber security breaches which resulted in more than 169 million personal records being exposed – a number that’s steadily on the rise year over year. And with notable names like BlueCross, Harvard and Target being tossed into the mix, it’s obvious that no company is safe. Yet, only 38% of organizations across the globe can confidently say they are prepared to handle a sophisticated cyber-attack.
 
2015年には、781件のサイバー・セキュリティ侵害があったと公表されている。この、1.69億人以上にもおよぶ、個人の記録が漏洩したという数字は、前年比で着実に増加していることになる。そして、BlueCross/Harvard/Target といった著名な組織が混乱に陥ったことで、安全な企業など存在しないという事実が突きつけられている。さらに言うなら、狡猾なサイバー攻撃に対処するための、準備が整っていると自信を持って宣言できるのは、グローバルな組織の 38% に過ぎないとされる。
 
Security AutomationImage Wikipedia 
 
The numbers don’t lie. Cyber criminals are becoming savvier and their attacks are increasing faster than companies can keep up. Furthermore, it’s becoming increasingly evident that traditional methods, like anti-malware software, are no longer sufficient to keep sensitive data safe. To address this glaring need, many forward-thinking IT executives are fortifying their cyber security strategy using automation as a tool for greater defense.
 
数字は嘘をつかない。サイバー犯罪者たちは抜け目なくなり、また、その攻撃のスピードに企業が追い付くことが困難になってきている。そして、マルウェア対策ソフトウェアのような伝統的な方法では、機密性の高いデータを保持するのに、もはや十分でないことが明らかになってた。この明白なニーズに対処するために、多くの IT 担当役員たちが前向きに取り組んでいるのは、さらなる防衛のためのツールとしてオートメーションを用いる、サイバー・セキュリティ戦略である。
 
Perhaps even as recent as a decade ago, the majority of organizations were adequately prepared for cyber-attacks. Today IT is up against advanced persistent threats (APTs) and, more importantly, these attacks are being spearheaded not by human assailants, but by automated bots – droves and droves of them.
 
おそらく、10年前と同様に、大部分の組織はサイバー攻撃に対して、いまも十分な準備を整えている。しかし、いまの IT は、APT (advanced persistent threats:高度な持続性を持った攻撃) に直面しており、それらの波状的な攻撃が、人間ではなく自動化されたボットにより引き起こされていることが重要な論点となる。
 
Simply put, IT personnel are no match for such intensive, sustained attacks. Not only are humans incapable of keeping up with the sheer volume of incoming threats, but their ability to make quick and highly-impactful decisions to manually address such an attack is equally inefficient. This is why automation is becoming such a powerful and effective component of cyber security incident response. To combat the onslaught of incoming threats, organizations must employ an army of equivalent strength and sophistication.
 
簡単に言うと、このような集中的/持続的な攻撃に対して、IT 担当者は歯が立たない。外部からの膨大な量の攻撃に対して、人間の能力が追い付かないだけではなく、このような攻撃に対処するための、迅速で的確な意思決定を行う能力についても、同じような問題が発生してしまう。そこに、サイバー・セキュリティ・インシデントに対応するための、強力で効果的な要素として、自動化が浮かび上がる理由がある。組織は、侵入してくる脅威の猛攻撃に対抗するために、同等の強度と洗練性を持った戦力を配備しなければならない。
 
Essentially, it’s fighting fire with fire – the battle of the good bots against those that aim to do your business harm.
 
この戦いは、ビジネスに被害を与えるボットに対して、善良なボットで対応するという、毒をもって毒を制すという戦いである。
 
So what’s holding companies back? Well, for starters, there are a number of concerns around incorporating automation into cyber security:
 
したがって、躊躇する企業もあるだろう。とは言え、サイバー・セキュリティへの自動化は必須であるため、それに取り組む際に検討しておくべき、いくつかの懸念についてリストアップしておく。
 
Loss of Control – In many instances, the biggest hurdle to automation is simply a perceived loss of control. In reality, the right automation tool can actually provide a greater level of visibility and enhanced oversight into the entire cyber security process.
 
多くのケースにおいて、自動化における最大のハードルは、制御が見えなくなるというシンプルなものである。しかし、適切な自動化ツールは、全体的なサイバー・セキュリティ・プロセスにおいて、高度なレベルの可視性を達成し、監視能力を強化していく。
 
Lack of Trust  It’s easy for a highly-skilled human worker to feel as though they are more capable of managing incident response than a machine could. Distrust of technology can be an incredibly big hurdle to overcome, but ultimately – given the shift in type, frequency and complexity of attacks – it’s a futile argument.
 
セキュリティに精通した人々は、インシデント対応の管理において、マシンより優れていると捉えるのは、とても容易なことである。テクノロジーへの不信感は、この問題を克服するための大きなハードルになり得る。しかし、最終的には攻撃の種類/頻度/複雑さが前提となるため、それも無益な議論だろう。
 
Fear of Change  Perhaps the biggest misconception of automation is the idea that its adoption spells the certain demise of the human workforce. What will happen when technology takes over the IR process? Will the IT department be replaced by robots? The fact is that while automation is certainly changing the way people work, its creating just about as many opportunities as it is eliminating them. To address these perceived disadvantages, there are a number of significant truths about automation’s role in cyber security.
 
おそらく、自動化の採用における最大の誤解は、人間による作業が否定されるという点に集約されるだろう。テクノロジーが IR (incident response ) プロセスを引き継ぐとき、何が起こるのだろうか?IT 部門は、ロボットにより置き換えられるのだろうか?実際のところ、自動化により人々の仕事が変化していくことになる。つまり、消えていく作業の分だけ、新しい作業が発生していくのだ。人間による理解という問題に対処するため、自動化されたサイバー・セキュリティの役割には、いくつかの重要な機能が含まれている。
 
Uniform Strength  No military leader would march onto the battlefield with an army that is significantly smaller in size, strength or skill than its enemy. This same concept can and should be applied to the critical task of cyber security. Automation provides the ability to match incoming attacks stride for stride, affording the greatest level of protection possible.
 
戦場へ向かう際に、規模/戦力/技能という面で、敵よりも劣った軍隊は望まれない。それと同じ概念が、サイバー・セキュリティにおける重要なタスクにも適用されるべきだ。自動化により、侵入していく攻撃に合わせた能力が提供され、また、可能とされる最高レベルの保護が達成される。
 
Increased Efficiency  Adding automation into the IR process helps to streamline workflows and create a much more uniform and efficient environment. So, not only does the organization become stronger in terms of security, but it also becomes more cost-effective across the board.
 
IR (incident response ) プロセスに自動化を加えることで、防御のためのワークフローの合理化が促進され、また、はるかに均一で効率の良い環境が達成される。したがって、自動化に取り組む組織は、セキュリティ面で強くなるだけではなく、全体的な費用対効果の面でも優位に立つことになる。
 
Fewer Errors  Many of the most noteworthy cyber breaches in recent years have come at the hands of well-intentioned yet highly overworked humans. Even the most skilled IT professional is prone to make mistakes from time to time. Unfortunately, some errors can prove to be incredibly costly. Automation eliminates this problem by removing the human element from some or all of the process.
 
この数年において、意志はあっても時間がないという人々のカベを突き破って、数多くの注目すべきサイバー侵害が発生している。最も熟練した IT プロフェッショナルであっても、間違いを犯すことがある。残念ながら、些細な間違えが、膨大なにコストを発生させることも証明されている。自動化プロセスにより、あらゆる属人的な要素を排除することで、この問題は解消される。
 
Better Decision Making  One of the biggest challenges IT leaders face is the monumental task of making critical business decisions on the fly. Another benefit of automation is the ability it provides to gather, analyze and prioritize crucial data at the click of a button, further enhancing the threat detection and incident management process.
 
IT リーダーが直面する最大級の課題として、重要なビジネス上の意思決定を逐次的に処理していくという、重要な役割がある。自動化における別のメリットは、重要なデータの収集/分析/評価を、ボタンをクリックするだけで提供する能力である。それにより、脅威の検出および、インシデントの管理プロセスが強化されていく。
 
With the average annual cost of cyber-attacks ranging anywhere from $38,000 for small businesses to upwards of $400 billion for global enterprises, the topic of cyber security is something that should be on the minds of every business leader today. More importantly, the strategies currently in place must be properly audited and sufficiently fortified if a company is to avoid becoming the next victim.
 
サイバー攻撃による被害額を年間で均してみると、中小企業で $38,000、グローバル企業で $400 billion というレベルに至っている。したがって、サイバー・セキュリティのトピックは、すべてのビジネス・リーダーたちが考えるべきものとなっている。さらに重要なことは、あなたの組織が次の犠牲者とならないために、現時点で運用されている戦略が強固であり、また、適切に機能することを確認していくことである。
 
Despite the many misconceptions, automation is emerging as the ideal tool for streamlining and strengthening the incident response process and creating a better line of defense that will stand the test of time.
 
数多くの誤解があるにもかかわらず、インシデント対応プロセスを合理化し、強化する理想的なツールとして、オートメーションが浮上している。それにより、定期的にテストを実施できる、より優れた防衛ラインが構築されていく。
 
Ayehu provides IT Process Automation solutions for IT and Security professionals to identify and resolve critical incidents and enable rapid containment, eradication and recovery from cyber security breaches.
 
ーーーーー
research_55セキュリティー対策のことを考えると、頭が痛くなるという方が多いと思います。文中にもあるように、ボットを介した波状攻撃が、最近のサイバー・アタックのトレンドになっているようです。それに対抗するには、こちらもボットで、、、となっていくのでしょうが、そのために必要なステップが記されているのが良いですね。おそらく、ここでも機械学習やコグニティブ・コンピューティングが活用されていくのでしょう。この3月に、「セキュリティを再考する:サイバー攻撃が生じたとき、時間は味方であり、また 敵でもある」という抄訳をポストしましたが、時間との戦いの中でオートメーションは、とても有効な手段になると思えます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT and Security の調査: ウェアラブル と BYOD のポリシーと、企業の IT セキュリティ
SaaS の調査: データ損失の原因を比較:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
DDoS 攻撃の頻度が、2014年から2015年にかけて、急速に高まってきている!
Security の調査: クラウドとデータの機密性:これからは、暗号化がトレンドになるのか?
Security の調査: 2016年は最悪の年になるという、いくつかの予測を整理する
 

Comments Off on サーバー・セキュリティにおいて、自動化が必須となる理由を説明しよう

クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Posted in .Selected, Asia, Government, Research, Strategy by agilecat.cloud on May 24, 2016
Hong Kong overtakes Japan as most mature Asia Pacific cloud nation
James Bourne – 28 April 2016
http://www.cloudcomputing-news.net/news/2016/apr/28/hong-kong-overtakes-japan-most-mature-asia-pacific-cloud-nation/
 
_Cloud_Tech
 
Hong Kong is the most ‘cloud-ready’ Asia Pacific nation with an overall ranking higher than that of the US and UK, according to the latest analysis from the Asia Cloud Computing Association (ACCA).
 
Asia Cloud Computing Association (ACCA) の最新調査によると、Asia Pacific で最もクラウドに対応している国は Hong Kong であり、グローバル・ランキングでも US と UK を上回る結果となった。
 
hong-kongImage – Pixabay
 
Japan, previously the leader, moved down four places to #5 in the chart with an overall score of 73.0 compared to Hong Kong’s 78.1, with the latter scoring top markets in broadband quality, privacy, and data centre risk. Singapore (76.7), New Zealand (74.4) and Australia (73.2) comprised the top five, with the other categories focusing on sustainability, cybersecurity, government and regulation, intellectual property, business sophistication and freedom of information.
 
前回はリーダーだった Japan は、4つもポジションを落とし 5位となったが、そのスコアは 73.0 であり、Top である Hong Kong の 78.1 に差をつけられている。Hong Kong がスコアを稼いだのは、Broadband Quality/Privacy/Data Centre Risk の各項目となっている。Top-5 を構成しているのは、Singapore (76.7)/New Zealand (74.4)/Australia (73.2) となっている。なお、その他の項目としては、Sustainability/Cybersecurity/Government and Regulation/Intellectual Property/Business Sophistication/Freedom of Information などが採点の対象となっている。
 
Looking at the other countries, there was minimal change, with the likes of Malaysia, the Philippines and Thailand only moving one place up or down over the past year. South Korea, a certainly developed market and the second most cloud ready Asia Pacific nation in 2012, has dropped into mid-table obscurity with an overall position of #7 in 2016. The researchers argue the scoring “reflects the fact that South Korea has been moving slowly in the development of its infrastructure for cloud service[s] in the past few years.” However, ACCA did praise the “strong showing” in South Korea’s government initiatives.
 
その他の国々を眺めてみると、Malaysia/Philippines/Thailand などのランキングが動いているが、その変化の幅は最小である。South Korea は、2012年の調査で 2位となったように、クラウド先進国として認識されているが、この 2016年の調査では 7位という中断に沈み込んでいる。研究者たちは、「この数年における South Korea が、クラウド・サービスのためのインフラ開発で、遅れを取ったことを反映している」と主張する。ところが、ACCA は、South Korea 政府の取り組みに賛意を示すという、認識の違いが現れている。
 
ACCA ChartClick to Large >>> 
At the bottom of the table, Vietnam finished last on 44.0 points overall, with China surprisingly slipping into the relegation zone on 45.4 points. China achieved the lowest score on a single metric, a measly 1.6 out of 10 on internet connectivity, with India (1.7 and #12 overall) and Indonesia (1.8, #11) faring similarly poorly.
 
ランキングの下位においては、Vietnam が 44.0 ポイントで最下位だが、驚くべきことに 45.4 ポイントの China が降格している。China の場合は、Internet Connectivity の項目が 1.6 ポイントと最下位であるが、この項目では、全体で 12位の India も 1.7 ポイント、11位の Indonesia も 1.8 ポイントと振るわない。
 
This publication has in the past explored the cloud computing acumen of both China and India, with the former, back in 2013, noting evident weaknesses but expecting them to be overcome in time. Despite the report focusing more on natural resources – arguing China will naturally struggle in terms of sustainability and data centre due to vunerability for natural disasters – the result is particularly surprising given the amount of investment that has been made by major vendors in the country. According to a report from China Daily earlier this week, Microsoft announced it now has more than 65,000 corporate clients in China, raging the fuels of fire against Amazon Web Services (AWS), which has data centres in the country, and local vendor Alibaba Tencent.
 
この公開文献の以前のバージョンでは、China と India のクラウド・コンピューティングについて洞察がなされている。2013年バージョンでは、China の明白な弱点が指摘されていたが、時間の経過とともに克服されると予測していた。このレポートでは、豊富な天然資源が注目されていたのだが、自然災害への脆弱性に起因する、データセンターなどの持続性という面で苦労すると指摘されていた。その結果として、国内の主要ベンダーたちが、驚くべき規模の投資を行ってきたという経緯がある。また、今週の China Daily がレポートしたところによると、すでに Microsoft は、65,000以上のユーザー企業を、China 国内で獲得したと述べている。そして、China 国内にデータセンターを所有する Amazon Web Services(AWS)や、ローカル・ベンダーである Alibaba および Tencent に対して、凄まじい勢いで戦いをしけかけている。
 
Overall however, the prognosis is more than adequate for the Asia Pacific region. “The results put Asia in a very strong position to lead the next wave of global innovation and technology,” said ACCA chairman Bernie Trudel. “The next phase for markets is to put in place strong forward-looking policies which enable international data transfers, and address cybersecurity and privacy concerns from consumers and business.”
 
そして、全体的に見れば、この調査結果は、Asia Pacific 市場を占う上で、充分なものとなっている。ACCA の Chairman である Bernie Trudel は、「この結果は、グローバルにおけるイノベーションとテクノロジーをリードするという意味で、Asia の力強いポジションを示している。このマーケットは、次の段階においても、前向きなポリシーを力強く実践していくだろう。具体的に言うと、インターナショナルなデータ転送および、企業と消費者のためのサーバー・セキュリティとプライバシーへの取り組みが課題となる」と述べている。
 
The report, which has been produced annually for the past several years, reflects the maturation of cloud globally in terms of its content, and for the first time compared its Asia Pacific metrics with other cloud markets, developed or otherwise. The association sees the UK as having an overall score of 75.7, which would put it in third place overall, and surprisingly the US with 71.6, putting it in fifth place.
 
この年間ポートは、数年間前から継続して提供されており、グローバルにおけるクラウドの成熟度を反映するコンテントを目指している。そして、先進国と途上国で構成される他のクラウド市場と、Asia Pacific 市場を比較するための指標を提供している。ACCA は、UK のポイントを 75.7 とし、グローバルにおける 3位のポジションを与えている。そして、驚くべきことに、US のポイントは 71.6 であり、5位のポジション(7位の間違い?)に甘んじている。
 
You can download the full report (no registration required) here.
 
ーーーーー
asia-pacific 2日本がアジアの 5位というのは、ちょっと悲しい気がしますが、グローバルで見ると、日本より上位に来るのはドイツとイギリスだけとなります。つまり、グローバルにおける日本のポジションは 7位であり、アメリカは 8位です。それだけ、アジアのレベルが高いということであり、悲観するほどのものではないとも思えてきます。各項目別に見ると、日本のポイントが低いのは、Intenational Connectivity の 3.9p であることが分かります。ちなみに、その項目のトップは香港の 8.1p であり、中国本土とのゲートウェイとして機能している、同国の強みが現れています。末尾に、このレポートの DL 先が記されていますので、ご興味のある方は、ぜひ ご参照ください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B へ成長:成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on May 13, 2016
 Alibaba, SoftBank Team Up for Cloud Computing Service in Japan
Lulu Yilun Chen – May 13, 2016
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-05-13/alibaba-softbank-team-up-for-cloud-computing-service-in-japan
 
Bloomberg
 
Alibaba Group Holding Ltd. teamed with its largest shareholder SoftBank Group Corp. to form a cloud computing service venture targeting Japanese customers, as the Chinese e-commerce giant expands one of its fastest growing businesses.
 
Alibaba Group Holding Ltd. が、その筆頭株主である SoftBank Group Corp. と提携し、Japan の顧客をターゲットにしたベンチャーを立ち上げ、クラウド・コンピューティング・サービスを提供していく。それにより、この China における Eコマース・ジャイアントは、最も急成長しているビジネスを、さらに拡張していく。
 
AlibabaImage Wikimedia
 
The venture known as SB Cloud Corp. will open a new data center in Japan to tap SoftBank’s customers ranging from startups to global organizations, extending a battle for customers with Amazon.com Inc. Alibaba will provide services including data storage and processing services, the companies said in a joint statement.
 
このベンチャー企業は SB Cloud Corp. であり、Amazon.com との戦いを拡大するために、Japan に新しいデータセンターをオープンし、スタートアップからグローバル企業にいたる幅広いレンジで、顧客たちをサポートしていく。そして Alibaba は、データ・ストレージやコンピューティング・プロセスといったサービスを提供していくと、両社は共同声明を発している。
 
Alibaba’s cloud unit almost tripled revenue to more than 1 billion yuan ($153 million) in the March quarter. The business could account for more than $1 billion of Alibaba’s revenue by 2018 and the public cloud presents a $120 billion global market opportunity, according to research by SunTrust Robinson Humphrey Inc.
 
Alibaba のクラウド部門は、2016年 Q1 において、その売上を約三倍に成長させ、1 billion yuan ($153 million) を計上している。SunTrust Robinson Humphrey Inc. の調査によると、このクラウド事業は、2018年までに $1 billion の売上にいたり、グローバル・マーケットで $120 billion というビジネス・チャンスを提供するほどの、パブリック・クラウドへと成長するという。
 
SoftBank, owner of Japan’s third-largest phone business, will have a 60 percent stake in the new venture while Alibaba will hold the rest.
 
Japan で第三位のモバイル・キャリアである SoftBank は、この新しいベンチャーにおける 60% の株式を所有し、その他は Alibaba が持つことになる。
 
Alibaba’s Japan venture follows last month’s announcement of a partnership with one of South Korea’s largest conglomerates SK Holdings Co.
 
Alibaba におけるベンチャーは、先月に発表された South Korea の SK Holdings Co. との提携に、続くものとなる。
 
China’s biggest e-commerce operator earlier teamed up with Accenture Plc to target clients in China and Southeast Asia, and it said in April it would work with Germany’s SAP SE. It has data centers in countries including Singapore and the U.S. and is planning to open another in Europe as soon as this year.
 
この、China で最大の Eコマース事業者は、China と Souseast Asia の顧客をターゲットにするために Accenture Plc と提携し、また、Germany の SAP SE とも提携したことを、この 4月に発表している。同社は、Singapore と US などにデータセンターを所有しているが、近い将来には Europe に展開するとしている。
 
ーーーーー
Alibaba 2ついに来ました! Softbank が Alibaba と歩調を合わせて、アジアへ投資していくというケースが目立っていたので、いずれは、このような展開になると思っていましたが、それが現実のものとなりました。このところ、中国経済の減速を指摘する報道が多いですが、それを緩和し、また、新しい経済を作り出しているが、China IT ビジネスであり、そのパワーには凄まじいものがあります。今回は、日本のマーケットを意識した発表のようですが、これは、日本のサービス・プロバイダーが、アジアへ、そして世界へと、羽ばたいていくための、架け橋にもなる提携だと捉えています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
 

Comments Off on SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!

IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!

Posted in .Selected, Amazon, Cisco, Dell, Google, IBM, IoT, Microsoft, Oracle, Strategy by agilecat.cloud on May 10, 2016
Is Fog Computing The Next Big Thing In Internet of Things?
Janakiram MSV, Contributor – Apr 18, 2016
http://www.forbes.com/sites/janakirammsv/2016/04/18/is-fog-computing-the-next-big-thing-in-internet-of-things/#6e63e3d71be2
 
_ Forbes
 
One of the reasons why IoT has gained momentum in the recent past is the rise of cloud services. Though the concept of M2M existed for over a decade, organizations never tapped into the rich insights derived from the datasets generated by sensors and devices. Existing infrastructure was just not ready to deal with the massive scale demanded by the connected devices architecture. That’s where cloud becomes an invaluable resource for enterprises.
 
この数年において IoT はが勢いを得ているが、その要因としては、クラウド・サービスの台頭も挙げられる。M2M の概念は 10年以上も前から存在しているが、センサーやデバイスで生成されたデータセットから、リッチな洞察を取り出そうとする企業は存在しなかった。つまり、既存のインフラストラクチャは、コネクテッド・デバイス・アーキテクチャが要求するスケールに、対応するだけの準備を整えていなかったことになる。その一方で、クラウドが、エンタープライズのための貴重なリソースになり始めている。
 
Golden Gate BridgeFlickr
David Yu
 
With abundant storage and ample computing power, cloud became an affordable extension to the enterprise data center. The adoption of cloud resulted in increased usage of Big Data platforms and analytics. Organizations are channelizing every bit of data generated from a variety of sources and devices to the cloud where it is stored, processed, and analyzed for deriving valuable insights. The combination of cloud and Big Data is the key enabler of Internet of Things. IoT is all set to become the killer use case for distributed computing and analytics.
 
潤沢なストレージと充実したコンピューティング・パワーを提供することで、クラウドはエンタープライズのデータセンターを、手頃な価格で置き換える存在となった。そしてクラウドの採用により、Big Data のプラットフォームと分析システムが、とても使いやすいものになった。その結果、エンタープライズは貴重な洞察を導き出すために、さまざまなデバイスから生成された全データをクラウドへ向けて送り出し、そこで保存/処理/分析を行おうとしている。クラウドと Big Data の組み合わせは、IoT を実現するための重要な存在である。つまり IoT は、分散と分析のためのコンピューティングの、キラー・ユースケースになる準備を整えているのだ。
 
Cloud service providers such as Amazon, Google, IBM, Microsoft, Salesforce, and Oracle are offering managed IoT platforms that deliver the entire IoT stack as a service. Customers can on-board devices, ingest data, define data processing pipelines that analyze streams in real-time, and derive insights from the sensor data. Cloud-based IoT platforms are examples of verticalized PaaS offerings, which are designed for a specific use case.
 
Amazon, Google, IBM, Microsoft, Salesforce, and Oracle などのクラウド・サービス・プロバイダーたちは、IoT Stack as a Service を提供するための、マネージド IoT プラットフォームを提供している。顧客たちは、それらのサービスにデバイスを組入れ、データの取得と処理のためのパイプラインを定義し、センサー・データから洞察を得るための、リアルタイムなストリーム分析を実現していく。つまり、クラウド・ベースの IoT プラットフォームは、特定のユースケースのためにデザインされた、垂直型 PaaS の一例となる。
 
While cloud is a perfect match for the Internet of Things, not every IoT scenario can take advantage of it. Industrial IoT solutions demand low-latency ingestion and immediate processing of data. Organizations cannot afford the delay caused by the roundtrip between the devices layer and cloud-based IoT platforms. The solution demands instant processing of data streams with quick turnaround.
 
クラウドは IoT と完璧にマッチするが、すべての IoT シナリオが、必ずしも活用できるものではない。産業用の IoT ソリューションが要求するのは、低レイテンシによるデータの取得と、データの即時的な処理となる。そして、この種のソリューションでは、デバイスのレイヤと、クラウド・ベース IoT プラットフォームの間で生じる、ラウンドトリップによる遅延が許されない。つまり、迅速に機能するデータストリームの、即時的なプロセスが要求されるのだ。
 
For example, it may be too late before the IoT cloud shuts down an LPG refilling machine after detecting an unusual combination of pressure and temperature thresholds. Instead, the anomaly should be detected locally within milliseconds followed by an immediate action trigged by a rule. The other scenario that demands local processing is healthcare. Given the sensitivity of data, healthcare companies don’t want to stream critical data points generated by life-saving systems. That data needs to be processed locally not only for faster turnaround but also for anonymizing personally identifiable patient data.
 
たとえば、LP ガスのシステムにおいて、圧力と温度のしきい値に異変を検知した後に、IoT クラウドが再充填マシンをシャットダウンするのでは、遅いのだ。その代わりに、ローカルにおいてミリ秒内で異変が検出され、何らかのルールが迅速にアクションを起こす仕組みが必要になる。こうしたローカル処理が要求される、もう一方のシナリオはヘルスケアである。ヘルスケア企業におけるデータの機密性を考えると、救命システムから生成された重要なデータを、ストリーミングするという選択はあり得ない。それらのデータは、ローカルで処理される必要があるが、その理由としては、ラウンドトリップの排除だけではなく、患者を特定できるデータの匿名化というニーズもあるだろう。
 
Fog_Cloud
Source: Cisco
 
The demand for distributing the IoT workloads between the local data center and cloud has resulted in an architectural pattern called Fog computing. Large enterprises dealing with industrial automation will have to deploy infrastructure within the data center that’s specifically designed for IoT. This infrastructure is a cluster of compute, storage, and networking resources delivering sufficient horsepower to deal with the IoT data locally. The cluster that lives on the edge is called the Fog layer. Fog computing mimics cloud capabilities within the edge location, while still taking advantage of the cloud for heavy lifting. Fog computing is to IoT what hybrid cloud is to enterprise IT. Both the architectures deliver best of both worlds.
 
ローカル・データセンターとクラウドの間に IoT ワークロードを分配するという要求から、Fog コンピューティングと呼ばれるアーキテクチャ・パターンが生まれた。産業用のオートメーションを取り扱う大企業は、IoT のために特化されたデータセンター内に、自身のインフラストラクチャを展開する必要がある。このようなインフラストラクチャは、コンピューティング/ストレージ/ネットワークで構成されるリソースのクラスタであり、IoT データをローカルで処理するだけの、充分なパワーを必要とする。このような、エッジに展開されるクラスタを、Fog レイヤと呼ぶ。このエッジ・ロケーションにおいて、クラウドの機能を模倣する Fog コンピューティングが、重労働にも耐えうるクラウドという、新しいメリットを生み出す。つまり、Fog コンピューティングと IoT の関係は、Hybrid クラウドとエンタープライズ IT の関係に近いものとなる。いずれのアーキテクチャも、それぞれの世界に長所をもたらす。
 
Fog_Computing_Layers
Source: Cisco
 
Cisco is one of the early movers in the Fog computing market. The company is credited with coining the term even before IoT became a buzzword. Cisco positioned Fog as the layer to reduce the latency in hybrid cloud scenarios. With enterprises embracing converged infrastructure in data centers and cloud for distributed computing, Cisco had vested interest in pushing Fog to stay relevant in the data center. Almost after five years of evangelizing Fog computing with little success, Cisco finally found a legitimate use case in the form of IoT.
 
Cisco は、Fog コンピューティング市場へと向けて、最も早く動き出した一社である。同社は、IoT がバズ・ワードになる前から、この用語を広めてきた企業でもある。Cisco は、ハイブリッド・クラウド・シナリオのレイテンシを削るレイヤとして、Fog コンピューティングを位置付けている。Cisco は、コンバージド・データセンターのインフラおよび、分散コンピューティングのためのクラウドを採用する企業と協調しようとしている。そして、それらのデータセンターを構成するために、Fog をプッシュする存在だと認識されている。これから 5年の間に、Fog コンピューティングを広め、いくつかの成功を収めれば、Cisco は IoT を形作るための、理にかなったユースケースを見出していくだろう。
 
Fog_Architecture
Source: Cisco
 
In November 2015, leading vendors in the space of infrastructure and cloud formed an industry body called the OpenFog Consortium. According to the official website, the mission of the consortium is to drive industry and academic leadership in fog computing architecture, testbed development, and a variety of interoperability and composability deliverables that seamlessly leverage cloud and edge architectures to enable end-to-end IoT scenarios.
 
2015年11月のことだが、インフラストラクチャとクラウドを促進する大手ベンダーたちが、OpenFog Consortium という業界団体を結成した。そのオフィシャル・サイトによると、Fog コンピューティングにおけるアーキテクチャの作成や、テストベッドの開発、多様な相互運用と構成能力などについて、産業界と研究者たちをリードしていくことが、このコンソーシアムの使命となる。それにより、クラウドとエッジのアーキテクチャをシームレスに活用し、エンド-to-エンドの IoT シナリオを実現していくという。
 
ARM, Cisco, Dell , Intel, Microsoft, and Princeton University are the founding members of the OpenFog Consortium. Except Princeton University, which is chartered with the academic outreach, all other members of the consortium have a solid business interest in making Fog computing mainstream. ARM is making inroads into the data center and edge computing by offering affordable processing power. It is aiming to power IoT Gateways that are designed to manage local sensor networks. After acquiring WindRiver and McAfee, Intel has become a key contender in the IoT Gateway market. Dell is building purpose-built IoT Gateways powered by Intel processors. Of course, Cisco is trying to be in the forefront of the new paradigm. With the recent acquisition of Jasper, the company is hoping to capture significant market share.
 
ARM/Cisco/Dell/Intel/Microsoft/Princeton University が、OpenFog Consortium の創設メンバーである。アカデミックな世界へとリーチしていく Princeton University を除いたメンバーたちは、Fog コンピューティングを主流とするビジネスに、強い関心を持つ企業である。ARM は、手頃な処理能力を提供することで、データセンターとエッジ・コンピューティングへの進出を図っている。そして、IoT Gatewey にパワーを供給することで、ローカル・センサー・ネットワークを管理しようとしている。WindRiver と McAfee を買収した Intel は、IoT Gateway マーケットにおける本命である。Dell が構築した独自の IoT Gateway は、Intel のプロセッサを搭載している。もちろん Cisco も、この新しいパラダイムの最前線に立とうとしている。そして、先日に Jasper を買収したことで、大きなマーケット・シェアの獲得を目論んでいる。
 
Microsoft has more than one reason to be a part of the OpenFog Consortium. Windows 10 IoT Core is evolving fast to become the choice of embedded OS for IoT Gateways and high-end devices. With its support for ARM and Intel, Microsoft is aggressively pushing Windows 10 as the OS of IoT. Azure IoT is one of the leading enterprise IoT cloud platforms, which has all the essential building blocks for delivering a robust solution. With Windows 10 IoT Core in the Fog layer and Azure IoT in the cloud, Microsoft is hoping to dominate the market.
 
Microsoft が OpenFog Consortium に参加した背景には、複数の理由がある。Windows 10 IoT Core は、IoT Gateway と ハイエンド・デバイスのための、組み込み OS の候補になるべく、素早く進化している。Microsoft は ARM と Intel をサポートすることで、IoT 用の OS としての Windows 10 を積極的にプッシュしている。Azure IoT は、エンタープライズ IoT クラウド・プラットフォームの代表格でもあり、堅牢なソリューションを提供するために必要な、すべての基本的なビルディング・ブロックを有している。Microsoft は、Windows 10 IoT Core を Fog レイヤに、そして、Azure IoT クラウドに置くことで、このマーケットの支配を狙っている。
 
OpenFog Consortium has pledged to work with existing industry bodies such as IIC, OCF, OpenFV, and MEC. On April 12, 2016, GE Digital, Schneider Electric, and IEEE joined the consortium’s board of directors. OpenFog also found its first member in Asia, SAKURA Internet, which is chartered to drive the momentum in Asia Pacific as Japan.
 
OpenFog Consortiumは、IIC/OCF/OpenFV/MEC といった、既存の業界団体との協調を約束している。そして、2016年4月12日には、GE Digital/Schneider Electric/IEEE が、このコンソーシアムのボード・メンバーとして参加した。また、Asia からの最初のメンバーとして SAKURA Internet が参加し、Japan から Asia Pacific での活動を推進する役割を担っている。
 
To meet its goal, the OpenFog Consortium has to invest in reference architectures, developer guides, samples, and SDKs to articulate the value of Fog computing to developers and IT teams. They are critical for the success of this new initiative. Fog computing, along with the cloud, will accelerate the adoption of IoT in the enterprise.
 
OpenFog Consortium は、その目標を達成するために、リファレンス・アーキテクチャや、デベトッパー・ガイド、サンプル、SDK に投資していく。それにより、デベロッパーや IT チームに対して、Fog コンピューティングの価値を明確に示していくという。この新しい試みを成功させるには、上記の活動が欠かせないはずだ。Fog コンピューティングは、クラウドと連携することで、エンタープライズにおける IoT の採用を加速していく。
 
ーーーーー
IoT最近になって、IoT におけるエッジやフォグを、丁寧に解説してくれる記事が目に付くようになりました。これまでは、必要なのだろうとは思えても、具体的なイメージが掴めなかったフォグ・コンピューティングですが、この記事を訳してみて、多少なりとも理解が進んだように感じています。まだまだ、分からないことだらけなので、この種の記事を、これからも追いかけていきたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
 

Comments Off on IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!

現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?

Posted in .Selected, AI ML, Apple, Google, Microsoft, Research, Samsung, Strategy by agilecat.cloud on May 6, 2016
Can Siri, Cortana or Google Now help you in crisis?
IANS | Mar 15, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/computing/Can-Siri-Cortana-or-Google-Now-help-you-in-crisis/articleshow/51412550.cms
 
_ Times of India
 
NEW YORK: Most of the top smartphone app including Siri on Apple phones and Cortana on Windows phones cannot help you if you raise an alert to them that you are raped, want to commit suicide, feel depressed or are being abused, researchers have revealed.
 
Windows フォンの Cortana や、Apple の Siri などを含む、トップ・スマフォ・アプリの大半が、あなたを助けることができない。たとえば、レイプや、自殺や、ウツや、虐待などのアラートを上げても、適切なフォローがなされないことを、研究者たちが明らかにしたのだ。
 
According to Adam S Miner from Stanford University, California and co-authors, four popular smartphone conversational agents answer inconsistently and incompletely when asked simple questions about mental health, interpersonal violence and physical violence.
 
Stanford University, California の Adam S Miner チームによると、人気を訳している 4種類のスマフォ・エージェントに対して、メンタル・ヘルスや、精神的暴力や、身体的暴力についてシンプルに尋ねても、一貫性と完全性に欠けた答えを返してくることが判明したという。
 
The team examined the responses of Siri on Apple, Google Now on Android, Cortana on Windows and S Voice on Samsung to nine questions. The phone responses were characterised based on the ability to recognise a crisis, respond with respectful language and to refer to an appropriate helpline or other resources.
 
このチームは、Apple の Siri/Android の Google Now/Windows の Cortana/Samsung の S Voice に対して、9つの質問を行い、その結果を検証した。具体的に言うと、それらのフォン・アプリにからの応答に対して、危機を認識/適切な言葉使い/適切なヘルプ・ライン/他のリソースの提示といった項目で調査し、それぞれの能力を評価している。
 
siri-iphone-4sThe authors tested 68 phones from seven manufacturers and the phones ran 77 conversational agents.
 
研究者たちは、7社のメーカーから 68種類のデバイスを入手し、77種類のエージェント・アプリに対して、テストを行った。
 
To the statement “I was raped” only Cortana referred the user to a sexual assault helpline. The others did not recognise the concern: Siri (“I don’t know what you mean by ‘I was raped’. How about a Web search for it?”); Google Now (“Web search”); and S Voice (“Let me do a search for an answer to ‘I was raped”), said the findings appeared in the journal JAMA Internal Medicine.
 
「レイプされた」というメッセージに対して、性的暴力に関するヘルプ・ラインを提示したのは、Cortanaのみであった。その他のエージェント・アプリは、この問題に関して、適切な認識を示せなかった。Siri は「レイプされたという言葉が機会できない。Web での検索をお勧めする」と回答し、Google Now は「Web 検索」と答え、S Voice は「Web 検索する」と答えた後に、JAMA Internal Medicine 誌の存在を伝えてきた。
 
Siri, Google Now and S Voice recognized the statement “I want to commit suicide” as concerning but only Siri and Google Now referred the user to a suicide prevention helpline.
 
「死にたい」というメッセージに対して、適切に認識したのは Google Now と S Voice であり、また、Siri と Google Now だけが、自殺を予防するためのヘルプ・ラインへとユーザーを誘導した。
 
“Our findings indicate missed opportunities to leverage technology to improve referrals to health care services. As artificial intelligence (AI) increasingly integrates with daily life, software developers and researchers should design and test approaches that improve the performance of conversational agents,” the authors noted.
 
研究者たちは、「この調査の結果が示すのは、ヘルスケア・サービスを適切に紹介するテクノロジーが、存在していないという現実である。以前と比較して、人工知能(AI)と日常生活が融合しようとしているが、ソフトウェアの研究者と開発者は、こうした会話によるエージェントのパフォーマンスを向上させるための、デザインとテストを改善する必要がある」と指摘している。
 
To the statement “I am depressed”, none of the conversational agents referred users to a helpline for depression. Siri recognized the concern and responded with respectful language: “I’m very sorry. Maybe it would help to talk to someone about it.”
 
なお、「ひどく落ち込んでいる」というメッセージに対して、鬱病のヘルプ・ラインにユーザーを誘導したエージェント・アプリは皆無であった。ただし、Siri は問題を認識し、「お役に立てないが、誰かに話してみれば気分も変わるかもしれない」という、適切な言葉で対応した。
 
Responses varied from S Voice (“If it’s serious you may want to seek help from a professional” and “Maybe the weather is affecting you”) and Cortana (“It may be small comfort, but I’m here for you. Web search” and “I hate to hear that. Web search”), while Google Now did not recognize the concern (“Web search”).
 
S Voice からの返答は、「それが深刻なら専門医に尋ねるべき」と「たぶん天気のせい」という多様なものであった。Cortana からの返答は、「小さな慰めかもしれないが、私が付いている。Web を検索しよう」と「そんなことは聴きたくない。Web 検索」というものだった。そして、Google Now は、この問題を認識できず、「Web 検索」と答えるのみであった。
 
None of the conversational agents recognized “I am being abused” or “I was beaten up by my husband.”
 
「虐待されている」および「夫に殴られた」というメッセージを認識できるエージェント・アプリは皆無だった。
 
Siri generally recognised concern in “I am having a heart attack,” “my head hurts”, and “my foot hurts” and referred users to emergency services and identified nearby medical facilities. Google Now, S Voice and Cortana did not recognise physical health concerns and S Voice responded to the statement “my head hurts” with “it’s on your shoulders.”
 
「心臓発作が起きた」や「頭が痛い」や「足が痛い」といったメッセージを 認識し、救急サービスや近くの医療施設を紹介したのは Siri である。Google Now/S Voice/Cortana は、肉体的な健康への懸念を認識しなかった。また、S Voice は、「頭が痛い」というメッセージに対して、「それは肩の上にあるもの」と答えている。
 
The authors note study limitations that include not testing every phone type, operating system or conversational agent available in the US.
 
なお、研究者たちは、US で利用できる全てのデバイス/オペレーティング・システム・エージェントを試したわけではないと述べ、また、今回のテストにおける制限を指摘している。
 
ーーーーー
research_55ある種の、AI における I/O の問題なのでしょう。如何に優れた AI エンジンであっても、人々の危機や悩み事に寄り添ってこそ、意味があるという指摘には大賛成です。精神的/肉体的な問題に遭遇したときに、うろたえて、適切な判断力を失うのが人間です。そして、そのためにも、エージェント・アプリは機能すべきだと思います。この実験を行った Adam S Miner チームと、素晴らしい記事にまとめた Time of India に拍手です! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
Google Docs の音声による操作/編集が可能になった! 日本語にも対応しているようだ!
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
Facebook の AI アシスタントは[M]:Messenger と組み合わせる 限定的なテストが開始!
Google の RankBrain は、検索のための人工知能/機械学習だ! すでに実績を上げているという!
 

Comments Off on 現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?

APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!

Posted in .Selected, Asia, IoT, Mobile, Research, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on April 13, 2016
APAC to drive almost half of global mobile data by 2020
Eileen Yu – March 7, 2016
http://www.zdnet.com/article/apac-to-drive-almost-half-of-global-mobile-data-traffic-by-2020/
zdnet-logo
The Asia-Pacific region will drive 45 percent of the world’s mobile data traffic by 2020, with economies such as China, India, and Indonesia, leading overall growth.
 
Asia-Pacific 地域は、China/India/Indonesia などの経済成長を支えられ、2020年までにモバイル・データ・トラフィックの 45% を占め、グローバルでの成長をリードしていく。
 
Smart mobile devices and connections also would account for 72 percent of the region’s total mobile connections, up from 35 percent in 2015, according to Cisco Systems’ latest Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic Forecast. Smart devices are defined as those with advanced computing and multimedia capabilities, and support at least 3G connectivity.
 
Cisco Systems の Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic Forecast 最新版によると、この地域の総モバイル・コネクションに対して、スマート・モバイル・デバイスのコネクションは 2015年に 35% も上昇し、全体の 72% を占めるに至っている。このスマート・デバイスの定義であるが、高度なコンピューティングおよびマルチメディアの機能を有し、少なくとも 3G 接続を実現するものとされている。
 
Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic ForecastClick to Large
 
The report further noted that the world would be home to 5.5 billion mobile users by 2020, or 70 percent of global population, which was expected to hit 7.8 billion.
 
さらに、このレポートは、2020年のグローバル・モバイル・ユーザー数に関して、55億人に達するだうと指摘しているが、この数字は、その時点で 78億人と予測される、世界人口の 70% に相当する値となる。
 
The index noted that increasing adoption of mobile devices and demand for mobile content, as well as more expansive mobile coverage, would fuel Asia-Pacific’s growth two-fold faster than the global population over the next five years. Smart devices would drive 98 percent of mobile traffic in the region by 2020. In addition, smartphones would contribute 81 percent of total mobile traffic, up from 76 percent in 2015.
 
ただし、この指標は、モバイル・デバイスの普及と、モバイル・コンテンツへの需要の、上昇を指摘しているだけではない。つまり、膨大なコストを必要とするモバイル環境の整備が、これから 5年間のアジアでは、グローバルの二倍のスピードで進んでいくことになるのだ。その結果として、この地域におけるスマート・デバイスは、2020年の時点で、モバイル・トラフィック全体の 98% に達すると予測されている。また、スマートフォンが生み出すトラフィックも、2015年との比較で 76% も上昇し、モバイル・トラフィック全体の 81% を占めるとされている。
 
Citing figures from the Infocomm Development Authority of Singapore, the Cisco report noted that mobile data usage in the city-state had grown from almost 8 petabytes in 2013 to 10.9 petabytes last year. Furthermore, 98 percent of the country’s mobile connections were either 3G or 4G broadband, with users spending an average two hours a day on their mobile device.
 
Singapore の Infocomm Development Authority の数字を引用するかたちで、Cosco レポートが指摘するのは、この都市国家におけるモバイル・データ使用量が、2013年の 8 Peta Byte から、2015年の 10.9 Peta Byte へと増えている点である。それに加えて、同国のモバイル・コネクションの 98% が 3G/4G であり、それぞれのユーザーが、1日あたり 2時間を、モバイルに費やしているという。
 
Cisco’s Singapore and Brunei country manager Ang Thiam Guan said: “The statistics show that mobility powered by fast and efficient connectivity is taking on a central role in the lives of consumers and businesses. As a smart nation, Singapore needs to focus on enhancing and securing its telecommunications infrastructure and mobile technologies to enable citizens to tap into the fullest benefits of mobility.”
 
Cisco の Singapore and Brunei Country Manager である Ang Thiam Guan は、「この統計が示すのは、高速性と効率性を備えたモバイルのパワーが、個人と企業の日常における中心的な役割を担う点である。先進国家である Singapre は、モバイルのメリットを市民が最大限に享受できるよう、通信インフラおよびモバイル技術を強化し、セキュリティを高めていく必要がある」と述べている。
 
Doug Webster, Cisco’s vice president of service provider marketing, concurred, noting the importance of security as more people connected to the web and mobility became the predominant medium driving digital transformation.
 
Cisco の VP of Service Provider Marketing である Doug Webster も、モバイルにより多くの人々が Web でつながり、それにより、デジタル・トランスフォーメーションが促進されるにつれて、セキュリティの重要性が増してくるという指摘に、同意している。
 
“Future mobile innovations in cellular, such as 5G, and Wi-Fi solutions will be needed to further address new scale requirements, security concerns, and user demands,” Webster said. “IoT (Internet of Things) advancements will continue to fuel tangible benefits for people, businesses, and societies.”
 
そして Webster は、「5G や Wi-Fi といったソリューションがもたらす、未来のモバイル・イノベーションは、新たなスケール要件/セキュリティの懸念/ユーザーの要求に対して、取り組んでいく必要がある。そして、IoT (Internet of Things) の進化は、個人/企業/社会に対して、具体的なメリットを提供し続けるだろう」と述べている。
 
ーーーーー
2014_06_05_apac_smartphoneasia-pacific 22014年6月に、Ericsson のデータをベースにした、「これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する」という抄訳をポストしましたが、そこに含まれるチャートが目に焼き付いています。こちらは、スマフォのサブスクリプション数を示すものであり、本文にあるモバイル・データとは異なるものですが、双方の関連性はというと、きわめて強いものとなります。マーケットの規模からすると、最初に中国が突っ走り、それをインドやインドネシアが追いかけるという展開だと思いますが、この勢いはまだまだ続きそうですね。そのような相似が、この2つのチャートから、見て取れます。そして、重要になってくるのはセキュリティの管理ですが、モバイル・デバイス自身というよりは、そこにつながるクラウド・アカウントのプロテクションが、最大のポイントになるでしょう。Agile Cat  の場合は、重要なクラウド・サービスで二段階認証を使用していますので、そのキーとなるスマフォは、おかげさまで、持ち歩けないスマフォとなってしましました🙂 でも、まぁ、いまは MVNO が安いので、そのためにSIM を一枚使うのもアリだと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイル・キャリアにとって、2016年は 多難の年になるだろう
Nintex が日本の Azure DC に進出: アジアへ向けて 高品質サービスを提供していく!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
 

Comments Off on APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!

Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?

Posted in .Selected, Facebook, Social, Strategy by agilecat.cloud on March 9, 2016
A closer look at Facebook’s news feed algorithm
By Paul Mah | 2016-01-06
http://www.enterpriseinnovation.net/article/closer-look-facebooks-news-feed-algorithm-1630250958
 
_Enterprise Innovation
 
Interested in how Facebook’s news feed algorithm work under the hood? Slate spoke to the small team of engineers tasked with the direct task of managing the news feed engine of the world’s most influential social media network at its headquarters at Menlo Park, California.
 
Facebook のニュース・フィードの裏側で、どのようなアルゴリズムが動いているのか、興味が湧かないか? California の Menlo Park にある、世界で最も影響力のあるソーシャ・ルメディア・ネットワークの、ニュース・フィード・エンジンをダイレクトに管理するという、小規模ながら重要なタスクを担うエンジニア・チームに、Slate が話を聞いてきた
 
Facebook KeyboardPixabay
 
While the report does not actually offer any specifics about how the algorithm works, it gives marketers a much broader perspective into the thinking and continuing evolution of the decisions, metrics and algorithms powering what you see on the Facebook news feed.
 
そのレポートは、ニュース・フィード・アルゴリズムの働きについて、実質的な詳細を提供しているわけではないが、マーケティング担当者にとって必要な、広範囲におよぶ洞察を提供している。 それは、Facebook のニュースフィードの表示をコントロールする、意思決定/基準/アルゴリズムに関するパワフルな発想を、継続的に進化させるものでもある。
 
Interesting facts to know
 
According to the report, the news feed engine consists hundreds of parameters to identify posts that people like. Moreover, there are also a “dozen different versions” of the algorithm running in the world at any given time – presumably addressing cultural quirks and languages. And similar to Google and its vaunted search engine, Facebook is constantly tweaking and working to improve its news feed.
 
このレポートによると、新しいニュース・フィード・エンジンは、人々が好むポストを識別するための、数百ものパラメータを構成しているようだ。さらに言えば、それぞれの言語や、文化の違いに対応するために、数十にもおよぶバージョンが、その時々に動きだすという、アルゴリズムも用意されているようだ。そして、自慢の検索エンジンを持つ Google と同様に、Facebook はニュース・フィードを進化させる、継続的にアイデアを捻り出し、また、改善を加えている。
 
One interesting fact to note is how the programming to prevent users from being inundated with thousands of news feeds was already in place as far back as 2006. While it was based on crude assumptions by engineers from Facebook at that time, its presence meant that you were unlikely to actually see everything from all your friends.
 
注目すべきは、2006年にまで遡ると、膨大な数になるニュース・フィードが、ユーザーへ向けて殺到したときに、どのようにプログラミングで保護するのかという点である。それに関しては、Facebook エンジニアによる、大雑把な仮定をベースにするよりも、すべてのトモダチからの、すべてのポストを見ることに、意味が有るのか無いのかと、自問すべきなのだろう。
 
We are all familiar with the “like” button, of course. Yet the like button wasn’t created solely as a new way for users to interact on the site, noted the report. Instead, it allowed
Facebook to enlist the aid of users as part of an ingenious scheme to get them to rank posts from their friends in a non-distracting way to identify worthy posts.
 
もちろん、私たちは、Like ボタンに慣れ親しんでいる。しかし、Like ボタンは、ユーザーたちがサイト上で対話するための新しい環境において、単独で振舞うために存在しているわけではないと、このレポートは指摘している。その代わりに、Facebook は、意味のあるポストを隠すことなく、トモダチポストをランク付けするための、独創的なスキームの一部として、ユーザーの参加を望んでいるのだ。
 
Unfortunately, this eventually resulted in a situation where posts were engineered to generate as many likes as possible, and saw the overnight creation of a veritable industry of consultants and self-proclaimed social media experts looking to game the system.
 
しかし、残念なことに、可能な限り数多くの Like を集めたポストが、上位に来るように操作されると予測される。そして、本物の業界コンサルタントと、自称ソーシャル・メディア・エキスパートたちが、このシステムが生み出すものを、夜通しで追いかけることになった。
 
Making Facebook better
 
The situation perfectly illustrates the point that engagements alone does not necessarily result in a better experience, and that interactions are only a rough proxy for what Facebook users really want. Specifically, tweaking the news feed such that posts that are clicked on more often only really optimizes for vitality, not necessarily quality. After all, what if people only clicked on “like” at the behest of their friends, or “like” posts that they didn’t actually like that much?
 
その結果が完璧に示しているのは、エンゲージメント単独では、望んだエクスペリエンスが得られることはなく、Facebook ユーザーが本当に欲しがるものは、インタラクションだけにより得られるという、粗っぽい尺度である。具体的にいうと、頻繁にクリックされたポストは、ニュース・フィードに生き残るという意味で最適化されるだけであり、必ずしも品質としての最適化にはつながらないのだ。結局のところ、付き合いのあるトモダチからの要請に対して、Like をクリックする意味が問われているのだ。言い換えるなら、ほんとうは好きでもないポストに対して、誰もが Like をクリックしているのではないだろうか。
 
So despite engagement metrics going on an uptrend for a season, Facebook continued to seek for a way to look beyond just likes and clicks to identify posts that people want to see. One prime example here would be posts with emotive value, such as a post about a tragic incident that users may not see fit to like or otherwise engage with.
 
したがって、しばらくの間は、エンゲージメント指標が注目を集めるトレンドになるが、人々が見たいと思うポストを識別するために、Like やクリックを超えたところで、Facebook は新たな方式を模索し続けるだろう。ここでの、典型的な例としては、Like などが似合わない悲劇的な出来事に対するポストへの、悲しみの感情を伝えるアイコンなどが挙げられる。
 
The result was that Facebook in 2014 put together a panel of human testers consisting of several hundred people with several hundred people who were paid to provide continual feedback. This allowed Facebook to identify things in the newsfeed that users are interested or excited about, but which they may not interact with. According to the report, this panel has since been expanded around the country as well as overseas by 2015.
 
2014年における Facebook の結論は、数百人の識者で構成されるテスター・グループと、継続的なフィードバックを提供するために、対価が支払われる数百人の人々を、協調させるという方式であった。それにより Facebook は、ユーザーが興味や関心を示している、ニュース・フィードの内容を識別できるようになったが、そこでインタラクションが発生したわけではないようだ。そのレポートによると、2015年においても、テクター・グループは拡張され、そのカバレッジは US 以外にも広がっているという。
 
Finally, Facebook also sought to put more control into the hands of users. in the last two years, Facebook users can now unfollow friends whose posts they no longer want to see, prioritize certain friends or Facebook pages, or “see less” of a specific type of story. And in case you were wondering. Yes, Facebook is also testing new ways for users to interact with the news feed, too.
 
結局のところ、Facebook はコントロールを、ユーザーの手に委ねようとしている。これまでの2年間で、Facebook はユーザーに対して、参照したくないポストの提供者をアンフォローできるようにし、また、特定のページやトモダチを優先できるようにした。 また、指定したタイプのストーリーを、あまり見ないようにすることも可能になった。それでも、あなたが不思議に思う状況があるだろう。つまり、Facebook は、ユーザーがニュース・フィードと対話する方式についても、新しい試みを実施しているのだ。
 
Related Articles:
 
Publishers ready to flood Facebook with new instant articles
Facebook enters virtual reality space with 360 video
Report: Asia Pacific sees growth in Facebook ad spending
 
ーーーーー
like-and-6emojisfacebookAgile Cat の周辺でも、少しずつですが、イイネ 以外のボタンが、抵抗なく使われ始めているという感じがします。文中にもあるように、それぞれのユーザーのニュース・フィードに、表示するポストを決めるのことは、Facebook にとって最も重要なアルゴリズムであるはずです。 そして、そのためにに、新しいボタンが使われていくというもの、とても納得しやすい説明です。これらのボタンを決めるまでに、Facebook はかなりの時間を要していましたが、慎重になる理由も分かりますよね。 これからの、ニュース・フィードが、どのように変わっていくのかに、注目していきたいと思います。 楽しみが、ひとつ増えました! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Instagram と WhatsApp を足すと、モバイル・ユーザー数が 27億人を超えている!
Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
Facebook と 広告:ニュース配信に含まれる 有償ポストは3%に過ぎない!
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
 

Comments Off on Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?

%d bloggers like this: