Agile Cat — in the cloud

Twitter の成長が完全に止まった:それを示す1枚のチャート! 

Posted in .Chronicle, Facebook, Instagram, Research, Social, Tencent, Twitter, WhatsApp by agilecat.cloud on August 10, 2016
Competition Leaves Twitter in the Dust
Felix Richter – Jul 27, 2016
https://www.statista.com/chart/5358/twitters-user-growth-in-perspective/
 
_ Statista
 
When Twitter reported its results for the second quarter of 2016 on Tuesday, the company once again disappointed its investors with lackluster user growth. Instead of reaccelerating its user growth, Twitter basically flatlined. Now at 313 million monthly active users, Twitter added just 3 million users in the past three months and no more than 11 million since the first quarter of 2015.
 
この火曜日 (7/26) に、Twitter が 2016年 Q2 の収支を報告したが、ユーザー数の伸びに精彩を欠き、投資家たちを失望させた。Twitter のユーザー数は、成長を再加速させるというより、死につつあるという状況なのだ。この3ヶ月間で、Twitter は 300万のユーザーを積み上げ、MAU (Monthly Active Users) を 3.13億人に伸ばした。しかし、2015年 Q1 と比較すると、わずか 1100万人を追加したに過ぎない。
 
twitters_user_growthClick to Large >>>
 
This chart compares Twitter’s long-term user growth to that of the company’s competitors.
 
このチャートは、Twitter と競合他社の、長年にわたるユーザー数の成長を比較している。
 
 
As our chart illustrates, Twitter’s competitors have overtaken the company left and right in the past years. Instagram recently passed the 500 million user mark while WhatsApp, WeChat and of course Facebook are long out of Twitter’s sight.
 
当社のチャートが示すように、数年の間にライバルたちが、一斉に Twitter を追い抜いていった。最近では、Instagram が5億ユーザーに達したが、WhatsApp や WeChat 、そしてFacebook は、Twitter の視野から消え去っている。
 
ーーーーー
twitter-55aこうして比較してみると、WhatsApp と WeChat という、メッセンジャー系の伸びが顕著ですね。この機能は、Twitter にもあるのですが、なぜ、活かすことができなかったのでしょうか? とても簡単にアカウントを作れて、また、廃棄できることが、Twitter の特徴でもあるのですが、これではアカウントが大切にされません。反対に、Facebook は実名主義であるため、メッセンジャーとの整合性も取れていますし、ページとの連携もスマートに処理されています。インターネット自体が匿名から実名へと、ゆるやかにシフトしているように思えますが、Facebook と Twitter の明暗が、それを印象付けているのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
FB も IG も歯が立たない、Pinterest とショッピングの関係を1枚のチャートで!
Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
 

Comments Off on Twitter の成長が完全に止まった:それを示す1枚のチャート! 

FB も IG も歯が立たない、Pinterest とショッピングの関係を1枚のチャートで!

Posted in Pinterest, Research, Social by agilecat.cloud on July 17, 2016
Pinterest is blowing away Facebook, Instagram, and Snapchat in one important area
Eugene Kim – Jun 9.2016
http://www.businessinsider.com/pinterest-is-the-top-social-network-among-online-shoppers-2016-6
 
_ Business Insider
 
Facebook, Instagram, and Snapchat are some of the largest social media platforms in the world. But when it comes to online shoppers, they’re no match to Pinterest.
 
Facebook と、Instagram と、Snapchat が、世界で最大のソーシャル・メディア・プラットフォームを構成している。 しかし、オンラインでのショッピングに絡んだ話になると、いずれもが Pinterest には敵わない。
 
Social_Shopping
 
Statista
 
According to data from Kleiner Perkins’ 2016 Internet Trends report, charted for us by Statista, Pinterest was the most popular social media platform among online shoppers, with 55% of US internet users picking it as their top choice. Facebook, Instagram, and Twitter all lagged way behind, with Snapchat only drawing 3% of the responses.
 
Kleiner Perkins の 2016 Internet Trends レポートを基に、Statista が作成したチャートを見ると、オンラインでの買物客にとって、最も人気のあるソーシャル・メディア・プラットフォームは Pinterest である。しかも、US におけるインターネット・ユーザーの、55% が利用しているという結果となっている。Facebook/Instagram/Twitter は大きく引き離されており、Snapchat にいたっては 3% に過ぎないことになる。
 
The report pointed out that Pinterest works well for shopping and finding products because of its image-based design. According to the report, 55% of US internet users indicated their primary use of Pinterest is for finding/shopping for products.
 
このレポートは、Pinterest のイメージ・ベースのデザインが、プロダクトを見つけ出して購入するという流れの中で、とても上手く機能していると指摘している。さらに、US のインターネット・ユーザーの 55% が、ショッピングのための主要なサービスとして Pinterest を利用していると、このレポートは述べている。
 
ーーーーー
pinterestFacebook も Instagram も歯が立たないといっても、ここまで Pinterest が引き離すという状況は圧巻です。三年ほど前ですが、「Pinterest が見えてきた : 壮大な電子カタログが、ユーザーにより作り出されている!」という抄訳をポストしました。後書きのところで、「ユーザーの、ユーザーによる、ユーザーのための電子カタログ」とコメントしましたが、その勢いは衰えることなく、ますます盛んのようです。一頃と比べると、ソーシャル・メディアのビジネスも統合と淘汰が進みましたが、Pinterest が元気でいてくれると、とても嬉しいです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
米国の十代とソーシャル:Instagram と Snapchat が突っ走り、Facebook の下げは止まる
Instagram の MAU が、ついに Twitter を追い越した! それを示す1枚のチャート
Instagram の規模は、2020年には $3.8 billion を超える! – Merrill Lynch
Yahoo が Snapchat に出資か? $10 billion になるというウワサも流れている
Snapchat の凄まじい人気が、Twitter を追い抜いてしまった:それを示す1枚のチャート
 

Comments Off on FB も IG も歯が立たない、Pinterest とショッピングの関係を1枚のチャートで!

Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Research, Social by agilecat.cloud on May 2, 2016
Look at how much Sheryl Sandberg has done for Facebook
Matt Rosoff – Mar. 23, 2016
http://www.businessinsider.com/sheryl-sandberg-8-years-at-facebook-2016-3?&platform=bi-androidapp
 
_ Business Insider
 
In 2008, Facebook was still a startup. Early investors were excited about its user growth — Microsoft had put $240 million into the company at a crazy-seeming $15 billion valuation the year before — but it was far from the powerhouse it is today.
 
2008年の時点で、Facebook は単なるスタートアップに過ぎなかった。そのころの投資家たちは、Facebook のユーザー数の成長に強い関心を持ったが、いまの規模にいたるとは、誰も思っていなかった(その前年に、同社は $15 billion という現実離れした評価を受け、Microsoft は $240 million を出資している)。
 
Facebook-revenue-profit
Statista/Facebook
 
That’s when CEO and founder Mark Zuckerberg made a fateful decision: he hired Sheryl Sandberg, then the VP of global sales and operations at Google, to help run the company as its chief operating officer.
 
その年には、CEO and Founder である Mark Zuckerberg が、運命的ともいえる決断を下している。当時、Google の VP of Global Sales and Operations であった Sheryl Sandberg を引き抜き、Facebook を加速させるため、COO に抜擢したのだ。
 
Today is Sandberg’s eighth anniversary at the company, and this chart from Statista shows it all. Facebook has grown its revenue more than 65x, gone from a $56 million annual loss to a nearly $3.7 billion profit, succesfully navigated an IPO and numerous public relations flaps over user privacy, and now ranks as the fourth-most valuable tech company in the world (after Apple, Google, and Microsoft) with a market value of more than $320 billion.
 
Sandberg の移籍から、今日 (3/23) で 8年目となるが、その後の軌跡を Statista がチャートで示している。この 8年間で、Facebook の売上は 65倍に伸びており、利益に関しては、$56 million の損失から $3.7 billion の黒字へと転換している。また、IPO には適切に対処し、綿密な広報活動によりユーザー・プライバシーにも配慮してきた。そして、いまでは $320 billion 以上の評価額を得て、Apple/Google/Microsoft に続く、世界で 4番目のテック・ジャイアントとしてランキングされている。
 
Sandberg would never take all the credit — a company is made up of its employees, not just its leaders. But her leadership certainly helped transform Zuckerberg’s passion and smarts into a real business.
 
Sandberg が、名声を独り占めすることは無いだろう。同社は、リーダーたちだけではなく、従業員により構成されているのだ。とは言え、Zuckerberg の情熱と知性を代弁し、現実のビジネスを形作るという意味で、彼女のリーダーシップは充分に発揮されているはずだ。
 
ーーーーー
facebook上記のチャートを見ると、IPO の年である 2012年に利益の落ち込みがありますが、その年あたりから 主体となる収益がモバイルへと切り替わり、いまの売上と利益を支える屋台骨が確立されています。いまとなれば、モバイルがビジネスの主体になることは常識でしょうが、2012年の時点でモバイル・ビジネスを確立している企業が皆無だったことを考えると(デバイスを売る Apple などは別にして)、Facebook の特異性が見えてくるはずです。Facebook はソーシャルのリーダーですが、モバイル・マネタイズのリーダーでもあるのです。人生には巡り合わせというものがあるので、能力と結果が必ずしも一致するわけではありませんが、Sheryl Sandberg を評価する声は大きいはずです。Statista と Business Insider が、このような記事を企画するのも、その現れだと思うのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
Apple が Twitter を始めた! みんなで、@AppleSupport を使ってあげよう!
 

Comments Off on Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!

ソーシャル と パブリッシャー: 米国編:新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Instagram, Research, Social, Twitter by agilecat.cloud on April 12, 2016
Top 10 Media Publishers for Jan. 2016: Facebook Tops Instagram for Engagement
By Guest on Feb. 11, 2016
http://www.adweek.com/socialtimes/top-10-media-publishers-for-jan-2016-facebook-tops-instagram-for-engagement/634185
 
_Social_Time
 
In January, U.S. media publishers accounted for 1.6 billion total social actions (likes, comments, shares, retweets, dislikes), with 782 million from Facebook, 766 million actions from Instagram, 51 million from Twitter, and 14 million from YouTube (excluding views).
 
この 1月だが、US のメディア・パブリッシャーたちは、全体で 16億のソーシャル・アクション(likes, comments, shares, retweets, dislikes)をかき集めたという。その内訳は、Facebook から 7.82億で、Instagram から 7.66億、Twitter から 0.51億、Youtube から 0.14億であるが、単なる Views は除かれている。
 
Social MediaFlickr
magicatwork
 
The media publishing industry represented 23 percent of all actions taken on content published by U.S. brands in January. Total actions for the media publishing industry grew 11 percent compared to December 2015, due to a 17 percent increase on Facebook, a 17 percent increase on Twitter and a 5 percent increase on Instagram.
 
このメディア・パブリッシング産業は、この 1月に US ブランドが発行した、すべてのコンテントのうちの、23% のアクションを占めるに至っている。そして、メディア・パブリッシング産業に対するアクションは、2015年12月と比較して 11% の伸びを示しているが、その要因となっているのは、Facebook からの 17%、Twitter からの 17%、Instagram からの 5% の上積みである。
 
Jan2016PubChart1Click to Large >>>
 
Of the top ten, BuzzFeed’s Tasty saw the highest growth in engagement at 102 percent, scoring the number two spot in the ranking, driven by growth rates of 102 percent on Facebook, 51 percent on Instagram, and 6 percent on Twitter. Tasty also claimed the top spot on Facebook for the first time. Bleacher Report continued its reign as the top media publisher on Twitter and National Geographic was the top media publisher on Instagram.
 
Top-10 のうちで、BuzzFeed の Tasty は、102% のエンゲージメント増という最高の成長を示し、ランキング 2位というポジションを手に入れている。そして、その成長を支えたのが、Facebook での 102% 増と、Instagram での 51% 増、Twitter での 6% 増という内訳だ。Tasty サイドは、Facebook でも初めてトップを得たと述べている。また、Bleacher Report は、Twitter 上のトップ・メディアの位置を確保し、National Geographic は Instagram 上のトップ・メディアとなっていいる。
 
Key Engagement Drivers in January
 
Video accounted for 99 percent of Tasty’s total social actions, with social video actions increasing 101 percent in January compared to November, despite an 11 percent decrease in video content. The majority of Tasty’s social engagement was captured on Facebook, topped by tutorial videos showing users how to make Pizza Puff Pastry Twists, Ice Cream Bites and Cheese-Stuffed Pizza Pretzels. The Pizza Puff Pastry Twist tutorial was also the top post on social by any brand, media property or celebrity in January, with over 4 million likes, shares and comments, and 133 million views.
 
Tasty におけるソーシャル・アクション全体のうち、ビデオ が占める割合は 99% である。昨年の 11月と今年の 1月を比較すると、ビデオ・コンテンツは 11% ほど減少しているのだが、ソーシャル・ビデオ・アクションは 102% も伸びている。Tasty におけるソーシャル・エンゲージメントの大半は、Facebook から得られている。そして、上位を占めるのは、Pizza Puff Pastry TwistsIce Cream BitesCheese-Stuffed Pizza Pretzels などの作り方を示す、チュートリアル・ビデオとなっている。また、この Pizza Puff Pastry Twists は、Brand/Media Property/Celebrity などのカテゴリがひしめくソーシャルの中で、400万以上の Like/Comment/Share および 1.33億回の View を得て、トップ・ポストの座に輝いている。
 
Complex’s 43 percent growth in January was driven by a 52 percent increase on Facebook and 33 percent increase on Instagram, compared to December. During January, Complex increased content on Facebook and Instagram by 10 percent and 13 percent, respectively. Eight of Complex’s top ten posts were Facebook videos, ranging from dancing teachers, to snow divers, to attacking turtles.
 
Complex は 12月から1月にかけて 43% の成長を示しているが、その内訳は Facebook での52% 増と、Instagram での 33% 増が要因となっている。Complex は 1月にコンテントを増強しているが、その内訳は Facebook で 10% であり、また、Instagram で 13% となっている。Complex の Top-10 のうち、8本のコンテントは、Dancing Teachers や Snow Divers や Atatacking Turtles といった内容のものであり、Facebook ビデオとしてポストされている。
 
Jan2016PubChart2Click to Large >>>
 
BuzzFeed’s 36 percent growth in January can be attributed to its 103% increase in Facebook video posts, which drove a 454 percent growth in Facebook actions. The media publisher’s top ten posts were all videos, led by hilarious videos relating human situations to the antics of puppies, koalas and raccoons. The dancing teacher video that led Complex’s top posts also scored among BuzzFeed’s top five posts.
 
BuzzFeed の、1月における 36% の成長は、Facebook ビデオ・ポストの 103% および、Facebook アクションの 454% の増加に起因するものでる。このメディア・パブリッシャーの Top-10 は、陽気な人々から、おちゃめな子犬コアラアライグマなどにいたる、陽気なビデオとなっている。Complex のトップ・ポストである Dancing Teacher は、BuzzFeed の Top-5 にも輝いている。
 
 
Fastest Growing Categories and Publishers
 
Jan2016PubChart3Click to Large >>>
 
The three fastest growing categories by social engagement month over month were Food (+49 percent), driven by Tasty; Women’s Interest (+27 percent), driven by LittleThings.com; and Auto (+22 percent), driven by Motor Trend Magazine and Automobile Magazine, the latter of which saw the highest growth of any media publisher in January at 137 percent.
 
前月比という切り口で、ソーシャル・エンゲージメントの成長が、最も著しかった3つのカテゴリーを、以下に紹介する。Food は 49% 増であるが、その要因は Tasty である。Women’s Interest は 27% 増であるが、それを促進したのは LittleThings.com である。Auto は 22% 増であり、その成長には Motor Trend Magazine と Automobile Magazine が寄与している。 そして、後者に関しては、1月のメディア・パブリッシャーの中で、最も高い 137% という成長率を達成している。
 
Tania Yuki is founder and CEO of Shareablee, a leading provider of social content analytics for business. She has spent most of her career in digital marketing, measurement and analytics, and was recently honored with a Great Mind Award from the Advertising Research Foundation and featured in Fast Company and Forbes as one of 12 women driving digital in New York.
 
ーーーーー
research_55聞き慣れないメディアの名前が並んでいますので、ちょっとピンと来ないところもありますが、ソーシャルからメディアへと向けた強固な導線が、ここで示される各種の数値により証明されているように思えます。日本でも、Facebook の Instant Article が注目を集めていますが、ソーシャルの存在を前提にメディアがデザインされるという時代が、すでに始まっているのかもしれません。もちろん、何かの調べ物があるなら、検索エンジンを頼りにしますが、受動的に参照するニュース・トピックなどは、ソーシャルから取得するようになっていくのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
Apple が Twitter を始めた! みんなで、@AppleSupport を使ってあげよう!
TweetDeck for Windows が4月で終了: 今後は Chrome エクステンションでサポートか?
 

Comments Off on ソーシャル と パブリッシャー: 米国編:新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!

Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!

Posted in Advertising, Facebook, Social, Twitter by agilecat.cloud on March 29, 2016
Facebook vs. Twitter: How Each Network Handles Advertising Differently
Kimberlee Morrison – Feb 3, 2016
http://www.adweek.com/socialtimes/facebook-vs-twitter-how-each-network-handles-advertising-differently/633657
 
_ Social Times
 
Mobile advertising grew substantially during 2015, and will likely be the driving force in ad growth in the future. It seems that Facebook’s efforts have paid off, while Twitter appears to be experiencing growing pains, despite increased revenues. So let’s examine what each network is doing differently in the ad space.
 
モバイル広告は、2015年を通じて実質的な成長を示し続け、将来における広告産業を成長させる原動力となっていくと見られている。 そして、Facebook の努力は報われているようだが、Twitter は増収にもかかわらず成長の痛みを経験しているようだ。それでは、この二つのネットワークの、広告フィールドにおける違いを確認していこう。
 
twitter-facebookPixabay
 
Facebook claimed 80 percent of the $5.6 billion generated by ads during the fourth quarter of 2015 were generated by mobile. And that’s no surprise given that 90 percent of Facebook users access the site at some point through mobile and tablet devices.
 
Facebook は、2015年 Q4 にもたらされた、$ 56 billion という広告収益のうち、80% がモバイルから生じたと主張している。 Facebook ユーザーの 90% が、モバイルおよびタブレットを介して、そのサイトにアクセスしていることを考えれば、なんの不思議もない。
 
Facebook COO Sheryl Sandberg said on a conference call with analysts:
 
Facebook の COO である Sheryl Sandberg は、その収支報告会でアナリストたちに、以下のように説明している:
 
Heading into 2016, it’s clear that consumers have shifted to mobile, and businesses know they need to catch up.
 
2016年を迎えるにあたって、明らかにすべきことがある。つまり、一般消費者のモバイルシフトが鮮明になっていることであり、あらゆる企業は、それを追いかけるべきだ。
 
Businesses are well aware of the potential of mobile advertising and pouring resources into mobile campaigns. Facebook is likely seeing these huge revenues because of its dominant position in the mobile market.
 
数多くの企業が、モバイル広告の可能性を十分に認識し、また、リソースをモバイル・キャンペーンに注入している。そして Facebook は、モバイル市場を支配しているための、ここから莫大な収益を得ているようだ。
 
Twitter has not been faring so well lately, with the recent executive exodus, and apparent challenges in its efforts to increase user growth. The latest endeavor Twitter is hoping will be a saving grace: a campaign to show users fewer ads.
 
しかし Twitter はというと、このところの幹部の退職が示すように、上手くいっているようには思えない。同社にとっての明確な課題は、ユーザー数の増加に集約されている。最近の Twitter に望まれるのは、数多くのユーザーたちに抑制されたキャンペーン広告を届け、その優雅さを維持していくという努力なのだ。
 
According to Re/code, Twitter is showing fewer ads (or zero ads in some cases) to prominent users who generate a high volume of Tweets or reach a significant number of followers. Considering the value Twitter provides by hosting content, content creators who reach the most people aren’t valuable as ad impressions but as creators and influencers.
 
Re/code によると、Twitter は著名なユーザーたちに対して、つまり、大量のツイートを生成したり、たくさんのフォロワーを抱えているユーザーたちに対して、広告の表示量を抑制しているようだ(場合によっては広告がゼロ)。Twitter におけるコンテント・ホストの価値を考慮すると、膨大な人々にリーチするコンテント作成者は、広告を表示する対象ではなく、クリエイターおよびインフルエンサーとして価値があるのだ。
 
This approach seems wise given that Twitter doesn’t have nearly the user density of Facebook, so every quality Tweet counts when it comes to keeping the user base engaged. Re/code senior editor Peter Kafka notes that if Twitter is taking this path it may as well offer subscriptions that remove ads for all users. This strategy seems to be working for YouTube.
 
Facebook ほどのユーザー密度を、Twitter が持っていないことを前提とするなら、このアプローチは賢明である。つまり、エンゲージされたユーザー・ベースを大事にするという観点で、すべてのツイートにおける品質が維持されるのだ。しかし、Re/Code の Senior Editor である Peter Kafka は、以下のような指摘もしている。この方式を Twitter が取り続けるなら、すべてのユーザーに対して、広告を削除するサブスクリプションを提供しているのと同じことになる。つまり、この戦略は、YouTube のために機能しているようなものだ。
 
Facebook is a juggernaut, so it’s unsurprising that the company is making billions in ad revenue. Twitter on the other hand is a comparatively small service that needs to provide a greater value for users. And there’s something to be said for advertising models that benefit users.
 
Facebook は巨大であるため、そこで膨大な広告経済が生じるにしても、なんの不思議もない。その一方で Twitter は、相対的に見て小規模なサービスとなり、ユーザーに大きな価値を提供していく必要がある。そして、ユーザーに利益をもたらす、なんらかの広告モデルがあるはずだと言えるのだろう。
 
ーーーーー
Adソーシャル・メディアとして、一括りにすることも可能な Facebook と Twitter ですが、それぞれのアカウントが持つ「重み」という点で、大きな違いがあります。具体的に言うと、Facebook は実名で対称型であり、Twitter は匿名で非対称となるのですが、後者のエンゲージメントの方が、範囲が広く緊密性が薄いという特徴があるようです。どちらのケースでも、プロモーションを行う際には、地域/年齢/興味などでターゲティングを設定するため、それほどの差異は生じませんが、Twitter に関しては、影響力のあるアカウントがプロモーションを RT することで、ものすごい勢いで伝搬していくこともあり得るのです。もちろん、Facebook の場合でも、プロモーションの Share が起こり得るのですが、アカウント間の関係が狭くて密であるため、その伝搬範囲も抑制されるはずです。Twitter のマネタイズには、まだまだ整理すべき問題があるようですが、Jack Dorsey が復帰せざるを得ないという正念場を、なんとか乗り切って欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
Facebook と 広告:ニュース配信に含まれる 有償ポストは3%に過ぎない!
Instagram の広告がスゴイ! Facebook レベルの 収益性が見えてきた!
Twitter と Google が提携:ツイートを検索結果に反映させる、新たな契約に両者がサインした!
 

Comments Off on Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!

TweetDeck for Windows が4月で終わってしまう: 今後は Chrome エクステンションでサポートか?

Posted in .Chronicle, Social, Twitter by agilecat.cloud on March 22, 2016
Twitter to shut down TweetDeck for Windows on April 15
TOI Tech – Mar 18, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Twitter-to-shut-down-TweetDeck-for-Windows-on-April-15/articleshow/51457725.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: Micro blogging site Twitter has announced that it is ending support for its standalone TweetDeck Windows app starting from April 15. The users will have to access the web version of TweetDeck instead of the app.
 
マイクロ・ブログ・サイトの Twitter が、同社のスタンドアロン・アプリである TweetDeck for Windows のサポートを、4月15日で終了すると発表した。したがって、ユーザーたちは、このアプリの代わりに、TweetDeck Web バージョンにアクセスせざるを得なくなる。
 
TweetDeck for WinFlickr
Mark Hillary
 
Along with this, the company also revealed that it is providing a ‘more seamless log-in experience’. The users will now be automatically logged in to TweetDeck as long as they are logged in on Twitter.com. Moreover, the Chrome users will be able to access TweetDeck by pinning it to their taskbar.
 
この移行に伴い、よりシームレスなログイン・エクスペリエンスを提供すると、同社は明らかにしている。それにより、ユーザーたちは、Twitter.com でログインしているアカウントに、TweetDeck からも自動的にログインできる。また、Chrome ユーザーたちは、タスクバーに TweetDeck を設定し、そこからアクセスすることも可能になる。
 
In the official blog post, Amy Zima, Product Manager, Twitter said, “This will help the company to focus on enhancing your TweetDeck experience. When you move from TweetDeck to Twitter websites or from these websites to TweetDeck, you’ll be automatically logged in and no longer need to log in to TweetDeck separately.”
 
 Twitter の Product Manager である Amy Zima は、同社のオフィシャル・ブログにおいて、「今回の変更により、ユーザーの TweetDeck エクスペリエンスを強化するとう、Twotter の試みが推進される。つまり、TweetDeck から Twitter Web への移動において、また、反対方向の移動において、自動的なログインが可能になる。もはや、TweetDeck に対して、個別にログインする必要はなくなる」と述べている。
 
Recently, Twitter also released its app for Windows 10 devices. Twitter for Windows 10 includes almost all the new features the social network has recently implemented, including Moments, group Direct Messages, camera support (shoot, edit, and tweet videos), and quote tweet.
 
最近のことだが、Twitter は Windows 10 用のアプリをリリースしている。この Twitter for Windows 10 は、このソーシャル・ネットワークにおける、すべての新機能を実装している。具体的に言うと、Moments/Group Direct Messages/Camera support (shoot, edit, and tweet videos)/Quote Tweet などが、そこには含まれる。
 
Twitter for Windows Phone includes a dark theme, which the company says was popular and has thus been included in the updated Windows app, that is available on desktops and tablets as well, not just phones.
 
また、Twitter for Windows Phone には、Windows アプリで評判が良かったダーク・テーマが含まれているようだ。それにより、デスクトップ/タブレット/スマフォというラインナップの中で、共通のテーマが利用できるようになる。
 
ーーーーー
TweetDeck Chrometwitter-55aAgile Cat は、Mac で TweetDeck を使っていますが、Windows 版に続いて、こちらも終了するのでしょうかね? このところ、気が付くと落ちている TweetDeck・・・というパターンが多いので、この間もバージョンを確認してみましたが、最新バージョンではあっても、そのリリース時期からは、かなりの時間が経過していました。この先、もう、アップデートは無さそうなので、Chrome エクステンションを入れてみましたが、それなりに使えそうという感じです。 このエクステンションから、復数のアカウントに接続し、これまでのように、ディフォルト・カウントを簡単に切り替えることが可能です。 しかし、TweetDeck 側の設定に応じて、Web の Twitter アカウントが切り替わることは有りませんでした。 たとえば WordPress の場合だと、スーパー・バイザー的なアカウトに対して、復数のサイトからアドメイン権限を与えることで、それらすべてのサイトを、簡単に管理できるのですが、そのような機能を、Twitter でも実現して欲しいですね。 もしくは、Facebook のページみたいな構造でも、良いのかもしれません。その意味で TweedDeck は、復数アカウントを管理するための、とても重要なアプリなのですが、すべてがシームレスにつながるというレベルには、まだ 程遠いという感じです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple が Twitter を始めた! みんなで、@AppleSupport を使ってあげよう!
米国の十代とソーシャル:Instagram と Snapchat が突っ走り、Facebook の下げは止まる
Instagram の MAU が、ついに Twitter を追い越した! それを示す1枚のチャート
各種のソーシャル・メディアが、モバイル・アプリの開発と、ネイティブ・アドの供給へ走りだす!
Twitter の DM から 140文字の制限が消え去ったようだ! 低迷から抜け出す第一弾になるのか?
 

Comments Off on TweetDeck for Windows が4月で終わってしまう: 今後は Chrome エクステンションでサポートか?

Apple が Twitter を始めた! みんなで、@AppleSupport を使ってあげよう!

Posted in .Chronicle, Apple, Facebook, Social, Twitter by agilecat.cloud on March 14, 2016
Apple opens a Twitter account to answer users’ problems
Mar 4, 2016, 03.00 PM IST
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Apple-opens-a-Twitter-account-to-answer-users-problems/articleshow/51254439.cms
 
_ Times of India
 
Here’s ‘more of’ Apple on Twitter now. The iPhone and iPad maker has launched a Twitter account to provide customer support. The account @AppleSupport went live on Thursday.
 
これまで以上の何かが、Apple Twitter にはあるのだろう。この iPhone と iPad を生み出したメーカーが、カスタマー・サポートを提供するために、Twitter 上にアカウントを開設した。 @AppleSupport というアカウントが、木曜日 (3/3) にスタートしたのだ。
 
The account is verified and has already got 110K-plus followers.
 
このアカウントには、本物である証明が付され、また、すでに 110K+ のフォロワーが確認されている(3/14 現在で199K)。
 
AppleSupportSo far, Apple has Twitter accounts for some of its products like Apple Music, Beats 1 and iTunes.
 
Within minutes of @AppleSupport account going live, the company started responding to customers’ queries on questions about Safari browser, iOS, Apple Music, Apple IDs and more. The company has already made over 2,000 responses so far. It also plans to tweet tips on how to use Apple products from the account.
 
@AppleSupport アカウントがスタートして数分のうちに、Safari/iOS/Apple Music/Apple IDs などに関する質問が寄せられ、また、Apple よる応答が始まっている。すでに同社は、2,000件以上の回答を返している。そして、さらに、Apple プロダクツを使用する際のヒントを、つぶやいていくことを計画している。
 
So far, Apple has Twitter accounts for some of its products like Apple Music, Beats 1 and iTunes, however, there’s no core Apple account.
 
Apple は、これまでのところ、Apple Music/Beats 1/iTunes などのアカウトを、@AppleSupport 以外にも立ち上げているが、コア・アカウントである @Apple は存在していない。
 
The company so far has largely stayed away from any central presence on various social media platforms. So next time you have an issue with your iGadget, feel free to tweet your issue to @AppleSupport.
 
以前の Apple は、あらうるソーシャル・メディアのプラットフォームから、距離を取るというポリシーでいたはずだ。したがって、今度は @AppleSupport に対して、あなたの iGadget から、気軽につぶやいてあげる番なのかもしれない。
 
ーーーーー
appleこれは拍手です! なんというか、ソーシャル利用という面で、時代に乗り遅れていた Apple が、ついに方向転換したのですから、みんなで応援してあげましょう! 以前に、「Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?」という抄訳をポストしましたが、その頃の Apple は、頑なにソーシャルを拒否していたように思えます。 しかし、ソーシャルの台頭は、Apple も拒みきれない時代の変化なのです。 この勢いで、Facebook でも、Apple Music 以外のオフィシャル・ページを充実させて欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple 対 FBI : この闘いに、Google/Facebook/Twitter などが参戦! Apple 全面支援だ!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone 神話: マーケットの右肩下がりと、iPhone の右肩下がりを、1枚のチャートで比較する!
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
 

Comments Off on Apple が Twitter を始めた! みんなで、@AppleSupport を使ってあげよう!

Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?

Posted in .Selected, Facebook, Social, Strategy by agilecat.cloud on March 9, 2016
A closer look at Facebook’s news feed algorithm
By Paul Mah | 2016-01-06
http://www.enterpriseinnovation.net/article/closer-look-facebooks-news-feed-algorithm-1630250958
 
_Enterprise Innovation
 
Interested in how Facebook’s news feed algorithm work under the hood? Slate spoke to the small team of engineers tasked with the direct task of managing the news feed engine of the world’s most influential social media network at its headquarters at Menlo Park, California.
 
Facebook のニュース・フィードの裏側で、どのようなアルゴリズムが動いているのか、興味が湧かないか? California の Menlo Park にある、世界で最も影響力のあるソーシャ・ルメディア・ネットワークの、ニュース・フィード・エンジンをダイレクトに管理するという、小規模ながら重要なタスクを担うエンジニア・チームに、Slate が話を聞いてきた
 
Facebook KeyboardPixabay
 
While the report does not actually offer any specifics about how the algorithm works, it gives marketers a much broader perspective into the thinking and continuing evolution of the decisions, metrics and algorithms powering what you see on the Facebook news feed.
 
そのレポートは、ニュース・フィード・アルゴリズムの働きについて、実質的な詳細を提供しているわけではないが、マーケティング担当者にとって必要な、広範囲におよぶ洞察を提供している。 それは、Facebook のニュースフィードの表示をコントロールする、意思決定/基準/アルゴリズムに関するパワフルな発想を、継続的に進化させるものでもある。
 
Interesting facts to know
 
According to the report, the news feed engine consists hundreds of parameters to identify posts that people like. Moreover, there are also a “dozen different versions” of the algorithm running in the world at any given time – presumably addressing cultural quirks and languages. And similar to Google and its vaunted search engine, Facebook is constantly tweaking and working to improve its news feed.
 
このレポートによると、新しいニュース・フィード・エンジンは、人々が好むポストを識別するための、数百ものパラメータを構成しているようだ。さらに言えば、それぞれの言語や、文化の違いに対応するために、数十にもおよぶバージョンが、その時々に動きだすという、アルゴリズムも用意されているようだ。そして、自慢の検索エンジンを持つ Google と同様に、Facebook はニュース・フィードを進化させる、継続的にアイデアを捻り出し、また、改善を加えている。
 
One interesting fact to note is how the programming to prevent users from being inundated with thousands of news feeds was already in place as far back as 2006. While it was based on crude assumptions by engineers from Facebook at that time, its presence meant that you were unlikely to actually see everything from all your friends.
 
注目すべきは、2006年にまで遡ると、膨大な数になるニュース・フィードが、ユーザーへ向けて殺到したときに、どのようにプログラミングで保護するのかという点である。それに関しては、Facebook エンジニアによる、大雑把な仮定をベースにするよりも、すべてのトモダチからの、すべてのポストを見ることに、意味が有るのか無いのかと、自問すべきなのだろう。
 
We are all familiar with the “like” button, of course. Yet the like button wasn’t created solely as a new way for users to interact on the site, noted the report. Instead, it allowed
Facebook to enlist the aid of users as part of an ingenious scheme to get them to rank posts from their friends in a non-distracting way to identify worthy posts.
 
もちろん、私たちは、Like ボタンに慣れ親しんでいる。しかし、Like ボタンは、ユーザーたちがサイト上で対話するための新しい環境において、単独で振舞うために存在しているわけではないと、このレポートは指摘している。その代わりに、Facebook は、意味のあるポストを隠すことなく、トモダチポストをランク付けするための、独創的なスキームの一部として、ユーザーの参加を望んでいるのだ。
 
Unfortunately, this eventually resulted in a situation where posts were engineered to generate as many likes as possible, and saw the overnight creation of a veritable industry of consultants and self-proclaimed social media experts looking to game the system.
 
しかし、残念なことに、可能な限り数多くの Like を集めたポストが、上位に来るように操作されると予測される。そして、本物の業界コンサルタントと、自称ソーシャル・メディア・エキスパートたちが、このシステムが生み出すものを、夜通しで追いかけることになった。
 
Making Facebook better
 
The situation perfectly illustrates the point that engagements alone does not necessarily result in a better experience, and that interactions are only a rough proxy for what Facebook users really want. Specifically, tweaking the news feed such that posts that are clicked on more often only really optimizes for vitality, not necessarily quality. After all, what if people only clicked on “like” at the behest of their friends, or “like” posts that they didn’t actually like that much?
 
その結果が完璧に示しているのは、エンゲージメント単独では、望んだエクスペリエンスが得られることはなく、Facebook ユーザーが本当に欲しがるものは、インタラクションだけにより得られるという、粗っぽい尺度である。具体的にいうと、頻繁にクリックされたポストは、ニュース・フィードに生き残るという意味で最適化されるだけであり、必ずしも品質としての最適化にはつながらないのだ。結局のところ、付き合いのあるトモダチからの要請に対して、Like をクリックする意味が問われているのだ。言い換えるなら、ほんとうは好きでもないポストに対して、誰もが Like をクリックしているのではないだろうか。
 
So despite engagement metrics going on an uptrend for a season, Facebook continued to seek for a way to look beyond just likes and clicks to identify posts that people want to see. One prime example here would be posts with emotive value, such as a post about a tragic incident that users may not see fit to like or otherwise engage with.
 
したがって、しばらくの間は、エンゲージメント指標が注目を集めるトレンドになるが、人々が見たいと思うポストを識別するために、Like やクリックを超えたところで、Facebook は新たな方式を模索し続けるだろう。ここでの、典型的な例としては、Like などが似合わない悲劇的な出来事に対するポストへの、悲しみの感情を伝えるアイコンなどが挙げられる。
 
The result was that Facebook in 2014 put together a panel of human testers consisting of several hundred people with several hundred people who were paid to provide continual feedback. This allowed Facebook to identify things in the newsfeed that users are interested or excited about, but which they may not interact with. According to the report, this panel has since been expanded around the country as well as overseas by 2015.
 
2014年における Facebook の結論は、数百人の識者で構成されるテスター・グループと、継続的なフィードバックを提供するために、対価が支払われる数百人の人々を、協調させるという方式であった。それにより Facebook は、ユーザーが興味や関心を示している、ニュース・フィードの内容を識別できるようになったが、そこでインタラクションが発生したわけではないようだ。そのレポートによると、2015年においても、テクター・グループは拡張され、そのカバレッジは US 以外にも広がっているという。
 
Finally, Facebook also sought to put more control into the hands of users. in the last two years, Facebook users can now unfollow friends whose posts they no longer want to see, prioritize certain friends or Facebook pages, or “see less” of a specific type of story. And in case you were wondering. Yes, Facebook is also testing new ways for users to interact with the news feed, too.
 
結局のところ、Facebook はコントロールを、ユーザーの手に委ねようとしている。これまでの2年間で、Facebook はユーザーに対して、参照したくないポストの提供者をアンフォローできるようにし、また、特定のページやトモダチを優先できるようにした。 また、指定したタイプのストーリーを、あまり見ないようにすることも可能になった。それでも、あなたが不思議に思う状況があるだろう。つまり、Facebook は、ユーザーがニュース・フィードと対話する方式についても、新しい試みを実施しているのだ。
 
Related Articles:
 
Publishers ready to flood Facebook with new instant articles
Facebook enters virtual reality space with 360 video
Report: Asia Pacific sees growth in Facebook ad spending
 
ーーーーー
like-and-6emojisfacebookAgile Cat の周辺でも、少しずつですが、イイネ 以外のボタンが、抵抗なく使われ始めているという感じがします。文中にもあるように、それぞれのユーザーのニュース・フィードに、表示するポストを決めるのことは、Facebook にとって最も重要なアルゴリズムであるはずです。 そして、そのためにに、新しいボタンが使われていくというもの、とても納得しやすい説明です。これらのボタンを決めるまでに、Facebook はかなりの時間を要していましたが、慎重になる理由も分かりますよね。 これからの、ニュース・フィードが、どのように変わっていくのかに、注目していきたいと思います。 楽しみが、ひとつ増えました! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Instagram と WhatsApp を足すと、モバイル・ユーザー数が 27億人を超えている!
Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
Facebook と 広告:ニュース配信に含まれる 有償ポストは3%に過ぎない!
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
 

Comments Off on Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?

%d bloggers like this: