Agile Cat — in the cloud

ネットワーク障害でトラフィックが欧州から香港へ:これもヒューマン・エラー!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Network by agilecat.cloud on August 23, 2016
Outage that rerouted European traffic to Asia blamed on ‘human error’
21 June 2016 By Michael Hurley
http://www.datacenterdynamics.com/content-tracks/security-risk/outage-that-rerouted-european-traffic-to-asia-blamed-on-human-error/96425.fullarticle
 
_ DC Dynamics
 
A major network outage affecting disparate services such as WhatsApp, Reddit, CloudFlare and AWS on Monday was apparently caused by an engineer at TeliaSonera, who misconfigured a router and accidentally sent most of Europe’s traffic to Hong Kong, the Register reports.
 
この月曜日 (6/20) に生じた、大規模なネットワークの障害により、WhatsApp/Reddit/CloudFlare/AWS といった多様なサービスに影響が生じた。それは、TeliaSonera のエンジニアが誤ってルータを設定し、Europe における大半のトラフィックを、Hong Kong ヘ向けて送信したことに原因があると、Register がレポートしている。
 
The downtime started at 12:10 UTC when, according to a blog posted on CloudFlare’s website, the Internet security and content delivery service provider detected ‘massive’ packets of data had been lost on Telia’s network.
 
このダウンタイムは、6月20日 12:10 UTC に始まったと、CloudFlare サイトのブログに掲載されている。このインターネット・セキュリティとコンテンツ配信を提供するサービス・プロバイダーは、大量のデータ・パケットが、TeliaSonera のネットワーク上で失われたことを検出している。
 
CloudFlare reported that a fix was implemented at 13:43 UTC, with the issue resolved by 14:22.
 
そして、CloudFlare は、13:43 UTC に問題への対処が実施され、UTC 14:22 に問題が解消したと述べている。
 
datacenterImage – pixabay
 
Data package
 
Data packets are units of data contained in one package so they can be transported along a network path. In this case the transit provider, Telia, appeared to have dropped packets before they reached their destination.
 
データ・パケットとは、データがネットワーク経路に沿って転送されるようにするために、一連のデータをパッケージに取り込んだ単位のことである。今回のケースでは、トランジット・プロバイダーである TeliaSonera が、ディスティネーションに到達すべきパケットを、ドロップしてしまったと推定される。
 
The Register said the issue was caused by an individual engineer redirecting European traffic to Hong Kong.
 
そして Register は、あるエンジニアが、Europe のトラフィックを Hong Kong にリダイレクトしたことにより、障害が引き起こされたと述べている。
 
During the outage, CloudFlare’s status page said the company was “observing network performance issues in some European locations.”
 
この障害が生じていたとき、CloudFlare のステータス・ページには、「いくつかのEurope のリケーションで、ネットワーク・パフォーマンスの問題が検知されている」という状況が示されていた。
 
Such was the severity of the incident that, hours after it ended, TeliaSonera sent a note to other network operators apologizing for the downtime.
 
それは、問題が FIX してから数時間も影響が残るという、深刻な事故であった。そして TeliaSonera は、このダウンタイムいついて謝罪するメモを、他のネットワーク・オペレータたちに送っていた。
 
Telia reliability questioned
 
Swedish multinational TeliaSonera is a Tier 1 network provider operating its own global fiber backbone, delivering a foundation for the exchange of Internet traffic around the world. CloudFlare uses a number of transit providers, including TeliaSonera.
 
Sweden ベースの多国籍である TeliaSonera は、自身のファイバ・バックボーンをグローバルに展開する Tier-1 ネットワーク・プロバイダーであり、世界のインターネット・トラフィックをエクスチェンジするための、基盤を提供する企業でもある。そして CloudFlare は、TeliaSonera を含む、複数のトランジット・プロバイダーを利用している。
 
In response to the downtime, CloudFlare’s chief executive officer Matthew Prince tweeted: “Reliability of Telia over last 60 days unacceptable. Deprioritizing them until we are confident they’ve fixed their systemic issues.”
 
このダウンタイムへの反応として、CloudFlare の CEO である Matthew Prince は、「この 60日間において、TeliaSonera の信頼性は受け入れられない。私たちは、同社の問題が修正されたと確信できるまで、その優先順位を下げる」とツイートしている。
 
In its blog post, TeliaSonera said it has moved towards automation of its systems to help deal with this type of incident and minimize future outages.
 
また、TeliaSonera のブログには、「それは、この種の事故が発生しないための、また、将来におけるダウンタイムを最小限に抑えるための、システムの自動化に向けた移行で生じたものだ」という発言がポストされている。
 
Meanwhile CloudFlare is already working on a mechanism that proactively detects packet loss and moves traffic away from providers experiencing an outage. This system is only currently activated in its most remote locations so did not trigger in Monday’s incident, but capability will be extended over the next fortnight to all of the company’s points-of-presence.
 
その一方で、すでに CloudFlare は、パケットロスを積極的に検出し、障害を起こしているプロバイダーからトラフィックを回避させるという、メカニズムに取り組んでいる。ただし、このシステムは、同社におけるリモート・ロケーションで、限定的に運用されるものであり、今回の事故で発動されることはなかった。同社は、これから二週間の間に、この機能を すべての PoP (points-of-presence) に拡張すると述べている。
 
AWS also reported that its services had been affected by interrupted connectivity. “Between 5:10am and 6:01am PDT an external provider outside our network experienced an issue which impacted internet connectivity between some customer networks and the EU-WEST-1 Region,” said an AWS representative. “Connectivity to instances and services in the region was not impacted by the event. The issue is resolved and the service is working normally.”
 
AWS も、今回のコネクティビティ障害の影響を受けていたと、レポートしている。AWS のスポークスマンは、「PDT 5:10〜6:01 の間で、私たちのネットワーク外のプロバイダーに障害が発生し、いくつかのカスタマ・ネットワークと、EU-WEST-1 Region で、インターネット接続に影響が生じた。ただし、この Region にあるインスタンスおよびサービスへの接続が、この障害に影響を受けることはなかった。すでに問題は解決され、サービスは正常に作動している」と述べている。
 
ーーーーー
Networkこの記事を訳していて、2011年に起こった AWS の障害のことを思い出しました。それは、O’Reilly が「Amazon AWS の障害を総括すると、クラウドの勝利が見えてくる」というタイトルでポストした、クラウドにおける冗長性の考え方を整理するものでした。しかし、クラウド・プロバイダーの外側で起こるエラーだと、対処しようのない状況に陥ることは、いまでも変わらないのですね。そして、大半のケースにおいて、ヒューマン・エラーが原因となっているようです。この領域でも、機械学習による自動化が必須になっていくのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! 中国マーケットの爆発的な成長が!
 

Comments Off on ネットワーク障害でトラフィックが欧州から香港へ:これもヒューマン・エラー!

SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している

Posted in .Selected, IBM, Microsoft, On Monday, Research, SaaS, Salesforce by agilecat.cloud on August 22, 2016
SaaS: Vertical-Specific Software is Largest SaaS Segment
By Dick Weisinger – August 15th, 2016
http://formtek.com/blog/saas-vertical-specific-software-is-largest-saas-segment/
_ formtek
Global Software as a Service market is expected to reach $55 billion by 2026 from $12 billion in 2016, according to a report by Better Buys. Currently about two-thirds of small and medium businesses have started to use SaaS services and that is expected to grow to 78 percent over the next three years.
 
グローバルにおける SaaS マーケットは、2016年の $12 billion から、2026年の $55 billion へ成長すると、Better Buys が予想している。また、現時点において、中小企業の約 2/3 が SaaSサービスを利用し始めているが、この領域は今後の 3年間で 78% で成長していくと予想される。
 
SaaS MarketFrom SaaS report
by Better Buys.
 
Small companies are particularly attracted to SaaS options that are very specific to their industry, rather than broader ‘platform’ offerings from vendors like Salesforce.  Vertical-specific software is now the largest segment of the SaaS market.
 
それらの中小企業は、たとえば Salesforce などのベンダーが提供する、広範におよぶプラットフォーム・プロダクツよりも、自身の業界に特化した SaaS の選択肢に惹かれている。つまり、SaaS マーッケトにおける最大のセグメントは、それらの業務用ソフトウェアに、つまり、バーチカル市場になっている。
 
Stacia Mullaney of Better Buys, said that “SaaS solutions offer significant benefits over on-premise products including cost, accessibility and scalability. SaaS contracts are frequently month-to-month so customers aren’t locked into long-term deals. This means vendors must continually deliver value to minimise flight risk.  The surge in startups has taken a large volume of market share from major competitors like Adobe, Cisco, IBM, and even Salesforce.
 
Better Buys の Stacia Mullaney は、「特定分野向け SaaS ソリューションは、コスト/アクセシビリティ/スケーラビリティの面で、オンプレミス製品を超えていく大きなメリットを提供している。また、SaaS に関する契約は月ごとに更新されるので、長期間の契約にロックインされることもない。つまり、ベンダーたちは、リスクを最小限に抑えた運用上の価値を、ベンダーたちは継続して提供していく必要がある。そして、Adobe/Cisco/IBM/Salesforce といった大手のプレイヤーたちから、急増するスタートアップたちが大きなシェアを奪い取っているのだ」と述べている
 
New SaaS offerings and startups are rising at a rate of more than 1,400 over the last five years among various sectors. Larger organisations like Salesforce will need to learn to pivot and execute faster to keep up. Companies are beginning to look for software that answers needs more specific to an industry rather than utilizing enterprise level SaaS that offer a more ‘platform’ approach, like Salesforce. With this shift, SaaS companies are seeing interesting changes in the marketplace.”
 
そして、彼は、「SaaS スタートアップが特定分野に提供するソリューションでは、この 5年間で 1,400 社以上も増えている。Salesforce のような大手は、この動きを学習し、素早く追いついてくために、学習する必要があるだろう。ユーザー企業が必要とするのは、自身の業界に特化したソフトウェアであり、Salesforce などが提供する、エンタープライズ向けのプラットフォームというアプローチではないのだ。このような移行に伴い、SaaS マーケットでは、とても興味深い変化が生じている」と説明している。
 
ーーーーー
On Mondayこの 6月にポストした、「SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!」という抄訳との対比が興味深いです。ただ、そちらの記事でも、Others の占める割合が 60% となっているので、やはり、特定の業務分野における SaaS スタートアップの勢いはスゴイのでしょう。IaaS と PaaS に代表される、クラウド・プラットフォームにおけるシェア争いが一段落し、これからは SaaS マーケットの動向に注目が集まりそうです。でも、こうした SaaS スタートアップが頼りにするのは、それらのプラットフォームであり、その意味でもクラウドの時代が本格化しているのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
 

Comments Off on SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している

シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!

Posted in .Selected, AI ML, Asia, Government, Microsoft by agilecat.cloud on July 26, 2016
Singapore chats up Microsoft bots in smart nation initiative
Eileen Yu for By The Way – July 12, 2016
http://www.zdnet.com/article/singapore-chats-up-microsoft-bots-in-smart-nation-initiative/
zdnet-logo
Singapore is looking to tap artificial intelligence technology to enable more natural and simpler interactions with its e-government services.
 
Singapore では、電子政府サービスにおける自然で簡潔なインタラクションを実現するための、人工知能の活用に関心が集まっている。
 
Led by industry regulator Infocomm Development Authority of Singapore (IDA), the new initiative would see the use of Microsoft’s “conversations as a platform” pitch to explore opportunities in developing the country’s next-generation government services based on “conversational computing”.
 
この新たな取り組みは、Infocomm Development Authority of Singapore (IDA) という、産業政策のための組織に率いられ、Microsoft の Conversations as a Platform を用いられると予測されている。それは、会話のためのコンピューティングに基づき、同国における次世代の政府サービスを、発展させるチャンスを探求するものになる。
 
singaporeImage – pixabay
 
According to Singapore’s Minister for Foreign Affairs and Minister-in-Charge of Smart Nation Vivian Balakrishnan, IDA and Microsoft would co-develop “chatbots” to support selected public services. These intelligence software tools would assume the role of digital representatives, simulating human behaviour, and enable interactions that were more user-friendly and consistent, said the minister, who announced the new initiative at this week’s World Cities Summit.
 
Singapore の  Foreign Affairs と Smart Nation を率いる Vivian Balakrishnan によると、IDA と Microsoft が、いくつかの公共サービスをサポートするために、Chat Bot を共同開発するようだ。今週に開催された World Cities Summit で Balakrishnan は、それらのインテリジェントなソフトウェア・ツールは、人間の行動をシミュレートすることで、さらにユーザー・フレンドリーで、一貫性のあるインタラクションを実現する、デジタルによる窓口という役割を担う、と述べている。
 
New proof-of-concepts would be built to integrate conversational intelligence into public services, with efforts focused on making these more “anticipatory” and engaging for the general public.
 
一般市民に未来を提供し、より以上のエンゲージメントを得るために、会話のインテリジェンスを公共サービスに統合するための、新しい PoC (proof-of-concepts) が推進される。
 
“I believe there are more intuitive ways for government services to be delivered to our citizens,” Balakrishnan said. “Everybody expects responsive and personalised interactions in real-time. The recent quantum improvement of natural language processing means that ‘conversations’ will be the new medium.”
 
Balakrishnan は、「市民に提供されるべき行政サービスにおいて、より直感的な方法があると考えている。誰もが望むのが、リアルタイムで応答する、パーソナライズされたインタラクションである。このところの、自然言語処理における量子コンピューティングの進化により、新しいメディアとしての会話が成立するだろう」と述べている。
 
Microsoft CEO Satya Nadella said in a statement: “As everything around us becomes more digitised, conversations as a platform is a new shift that applies the understanding of human language to computers and computing, which can transform every industry.”
 
Microsoft の CEO である Satya Nadella は、「私たちを包み込む、すべてがデジタライズされるにつれて、コンピュータによる自然言語の理解を活用するための、会話のプラットフォームへと向けた新たなシフトが起こる。それにより、すべての業界に変革が起こるだろう」と述べている。
 
The software vendor added that its strategy here centred on the use of human language, artificial intelligence, and machine learning to improve computing interfaces and interactions. Using these technologies to power bots, services could be transacted within a conversation–be it spoken or text–rather than through the navigation of icons, webpages, or applications.
 
このソフトウェア・ベンダーは、コンピューティングにおけるインターフェイスとインタラクションを改善するために、自然言語/人工知能/機械学習の利用を、その戦略の中心に加えている。このテクノロジーがもたらすパワーをボットで用いることで、会話の中でトランザクションを実施するサービスが成り立つ。つまり、アイコンや Web ページやアプリケーションに換えて、音声やテキストによる操作が実現されるのだ。
 
Under the agreement with Microsoft, IDA would implement the proof-of-concept in three stages during which the chatbots would first tap a database to answer simple questions from users of selected e-government services. They then would be used to help users complete simple tasks and transactions on government websites. At the final third phase, the chatbots would have the capabilities to respond to personalised user queries.
 
今回の Microsoft との契約に基づき、IDA は三段階で PoC を実施していく。最初のステップでは、選択された電子政府サービス・データベースと Chat Bot を連携させ、ユーザーによる簡単な質問に答えていく。第二のステップでは、ユーザーのシンプルなタスクと、政府の Web サイト上でのトランザクションを処理することになる。第三のステップでは、パーソナライズされたユーザーのクエリーに対して、Chat Bot が応答していくことになるだろう。
 
The initiative also would assess support for multi-languages and multiple user age groups. The prototype would be developed and tested at Microsoft’s Centre of Excellence for digital transformation for government and industry.
 
今回の取り組みでは、複数の言語をサポートすること、そして、それぞれのユーザーの年齢層をカバーすることが評価される。政府と産業界におけるデジタル・トランスフォーメーションのために、Microsoft の Centre of Excellence で、プロトタイプの開発と試験が推進されるのだろう。
 
IDA had previously rolled out its own artificial assistant initiative, called Ask Jamie, across several government agencies.
 
これまでの IDA では、いくつかの政府機関をカバーするために、Ask Jamie と呼ばれる AI アシスタントの取り組みが進められていた。
 
ーーーーー
asia-pacific 2シンガポール政府が進めている政策として、Smart Nation というものがあります。その名の通り、国民自体がスマートになり、IT をフル活用するようになろうという試みのようです。地理的にコンパクトで、世界の IT 企業が進出しているシンガポールは、最先端のアイデアを実施するには、とても適した都市国家なのでしょう。この5月に、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」という抄訳をポストしましたが、ベースとなる ACCA のレポートによると、シンガポールは2位にランクされています。Microsoft の Cortana が、電子政府で活躍することになれば、とても先進的な事例が確立されます。成功して欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果をチャートで!
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用
 

Comments Off on シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!

Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on July 18, 2016
SoftBank’s $32 bln ARM bet gives investors a shock
Katrina Hamlin July 18, 2016
http://blogs.reuters.com/breakingviews/2016/07/18/softbanks-31-bln-arm-bet-gives-investors-a-shock/

_ reuters

The author is a Reuters Breakingviews columnist. The opinions expressed are her own.
 
Masayoshi Son’s “crazy ideas” are alive and well. The conglomerate led by the Japanese tech tycoon is buying UK chip designer ARM Holdings in an all-cash deal worth $32.2 billion, according to multiple reports. It is an expensive bet on Son’s vision of a future where everything is connected and computerized – the so-called “Internet of Things”. For investors who thought the Japanese conglomerate was focusing on paying down debt, it is a painful jolt.
 
Masayoshi Son の、クレージーなアイデアは健在だ。いくつかの報道によると、この Japan のテック・タイクーンが率いるコングロマリットは、$32.2 billion のキャッシュを揃えて、UK のチップ・デザイナーである ARM Holdings の買収を進めている。Son の未来のビジョンにおける大きな賭けは、すべてがコネクトされコンピュータライズされる、いわゆる Internet of Things の世界で展開される。この、Japan のコングロマリットが、借入金の返済を進めると思った投資家にとって、それは痛みを伴う衝撃である。
 
SoftbankImage Flickr
MIKI Yoshihito
 
In recent months SoftBank has sold $10 billion of stock in Chinese e-commerce giant Alibaba and raised $7.3 billion by selling “Clash of Clans” maker Supercell. Buying the British tech group that supplies almost all the blueprints for chips used in smartphones will suck up all of those proceeds, and more. The deal dashes any hope that SoftBank might reduce net debt which reached $54 billion at the end of March – almost four times the company’s EBITDA – not including its struggling U.S. telecoms subsidiary Sprint.
 
この数カ月の間に Softbank は、China の大手コマース・サイト Allibaba の株式を $10 billion で売却し、また、Clash of Clans の メーカー Supercell 株を $7.3 billion で売却している。そして、この売却益以上のものが、ほぼすべてのスマートフォン・チップのデザインを提供する、UK のテック・ループの買収に吸い上げられていく。今回の契約により、3月末に $54 billion に達した有利子負債を、Softbank は軽減したいとが考えているはずだ。ただし、その金額は、同社の EBITDA (税引前利益に、特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値) の 4倍であり、なおかつ、US で苦労している Sprint の財務を含むものではない。
 
Son is adding chips to the Japanese group’s already sprawling portfolio at a time when the semiconductor industry is changing quickly. Though smartphones account for the bulk of ARM’s royalty revenues, growth of handset sales has peaked. The British company is now investing in new business lines which embed communications technology in everything from fridges to watches to tractors. ARM reckons these connected devices could generate as much revenue as mobile phones by 2020.
 
半導体業界が急速に変化したときから、この Japan のグループにおける広大なポートフォリオの中で、すでに Son は掛け金を積み上げていた。ARM のロイヤルティ収益においては、いまはスマートフォン・チップが大部分を占めているが、その売上高における成長は、すでにピークに達している。そして、この UK 企業は、冷蔵庫や、腕時計や、そしてトラクターに至るまでの全てに、コミュニケーション・テクノロジーを埋め込むための、新たな基幹事業に投資しているところだ。ARM の目論見によると、それらのコネクテッド・接続されたデバイスは、2020年までにスマフォと同程度の収益を生み出すとされる。
 
ARM’s diversification remains a work in progress, however. The company has also warned that macroeconomic uncertainty could hurt consumer and enterprise spending this year. That makes the offer price of 17 pounds per share – a 43 percent premium on Friday’s closing price and a multiple of 48 times next’s year earnings – look a bit rich.
 
ARM における多様化は、いま進化している状態である。しかし、同社は、マクロ経済の不確実性により、消費者と企業の支出が、今年は損なわれる可能性があると警告している。マーケットで提供される同社の株価は、一株当たり 17 pound であり、金曜日の終値に 43% のプレミアムが乗せられている。そして、マルチプル・レシオは、来年の収益の 48倍という、リッチな状況である。
 
An unpredictable chairman is another reason to insist on a big discount for the Japanese group, which only last month abruptly parted ways with heir apparent Nikesh Arora, the former Google executive. At the time Son said he wanted to stick around for at least another five years and “work on a few more crazy ideas”. Investors were warned.
 
予測不可能な行動をとる会長の存在は、この Japan グループの評価に影響をおよぼす、もう一つの理由である。つい先月のことだが、Google から迎え入れ、後継者とされていた、Nikesh Arora との決別が表面化している。そのとき Son は、少なくとも 5年間は経営の指揮を取り、いくつかのクレージーなアイデアを実現したいと、投資家たちに警告を発していた。
 
This piece has been refiled to update the value of the deal and details of the offer in the headline and throughout the piece.
 
ーーーーー
IoTSB-ARM驚きました! 正直なところ、「ARM って買えちゃうのですね」という感じの話ですが、それだけ、$32.2 billion のキャッシュが強烈なのでしょう。世界も大注目のトピックであり、Google で [ Softbank ARM ] を検索すると、こんな感じでニュースが続々という状況です。それにしても、孫さんの考えることは、とてもダイナミックです。Sprint では苦労しているようですが、これでは終わらないぞという、メッセージが伝わってきます。この先の展開に、興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
ARM と サーバー市場:2020年には シェア 20% を獲得すると豪語している!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?
ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る
 

Comments Off on Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Amazon, Microsoft, Research by agilecat.cloud on July 14, 2016
Microsoft could overtake Amazon in the cloud, Morgan Stanley survey finds
Brandon Butler – July 8, 2016
http://www.mis-asia.com/resource/cloud-computing/microsoft-could-overtake-amazon-in-the-cloud-morgan-stanley-survey-finds/
 
_ MIS
 
In what could be foreshadowing a momentous shift in the IaaS public cloud computing market, investment bank Morgan Stanley’s survey of CIOs found they’re more likely to use Microsoft Azure compared to Amazon Web Services in the coming years.
 
パブリック・クラウドの IaaS 市場で、どのような変化が起こるのかを調べるために、投資銀行である Morgan Stanley が、CIO たちを対象に調査を実施した。それによると、Amazon Web Services と比較して、Microsoft Azure を使用する可能性が高くなるという結果が得られた。
 
The results of the survey are noteworthy because since the dawn of the IaaS cloud computing market Amazon Web Services has been seen as the top vendor. Morgan Stanley’s 2016 State of the CIO report shows that could be changing though.
 
IaaS クラウド・コンピューティング市場の黎明期から、Amazon Web がトップ・ベンダーとして認識されているという事実があるため、この調査結果は注目に値する。つまり、Morgan Stanley の 2016 State of the CIO には、それが変わるという可能性が示唆されているのだ。
 
morgan-stanley-azure-awsClick to Large >>> 
 
Just over 20% of CIOs reported they’re using Amazon Web Services today, while about 10% said they’re using Azure. In three years, however, those ratios change: More respondents say they plan to use Azure compared to AWS by a small, single-digit percentage point margin.
 
対象となった CIO たちの中で、Amazon Web Services を使用しているのは 20% 以上であるが、Azure は 10% 程度である。しかし、3年後の予測となると、この比率が変化してくる。その差は数パーセントであるが、Azure を使うと予測する回答者が、AWS を使うと予測する回答者を上回っている。
 
Tim Crawford, an independent CIO advisor at AVOA says he’s seen a shift in the market. “On the ground, I’ve seen folks sliding more toward using Azure than AWS in the corporate IT space,” he says. Most large businesses are already using some Microsoft products so adding Azure on to their existing enterprise license agreement is relatively easy. Crawford says Microsoft should be more forthcoming with big-name customer wins. Amazon, meanwhile, won’t be resting on its laurels in the cloud market, he says.
 
AVOA に所属し、CIO たちのアドバイザーを務める Tim Crawford は、マーケットにおける変化を見続けている。そして、「コーポレート IT の現場では、AWS よりも Azure を使用するという人々が増えている」と、彼は述べている。大半のエンタープライズは、いくつかの Microsoft プロダクトを試用しているため、既存のエンタープライズ・ライセンスに Azure を追加する方が容易なのだ。Microsoft は、いまよりも大口の顧客を勝ち取っていくはずだ。その一方で Amazon は、クラウド・マーケットにおける王冠を維持できなるかもしれないと、Crawford は述べている。
 
Overall, CIOs Morgan Stanley spoke with reported a strong willingness to use public cloud services. On average, CIOs expect 30% of application to be in the public cloud by the end of 2017; that’s up from 14% of their apps in the public cloud now. Even as IT budget growth is slowing (budgets are expected to grow at 3.7% this year, compared to 4.8% last year), cloud, business intelligence/analytics and security are the top spending priorities for CIOs this year, the survey found.
 
Morgan Stanley に回答した CIO たちだが、全体的に見て、パブリック・クラウド・サービスを利用するという、強い意欲を持っているようだ。パブリック・クラウド上でアプリケーションを、2017年末までに運用したいと答えた CIO たちは 30% に達しており、現時点の 14% という数字から大きく伸びている。IT 予算の伸びは、昨年の 4.8% から、今年は 3.7% へと鈍化している。それにもかかわらず、今年はクラウド/BI/分析/セキュリティなどが、CIO たちのトップ・プライオリティになると、この調査は物語っている。
 
ーーーーー
MSクラウドの利用という点で、マーケットの動向を見ながら、時間をかけて検討してきた大手企業が、既存の Microsoft エンタープライズ・ライセンスに、Azure を追加していくというのは、あり得そうな展開ですね。おそらく、それらの企業は、急いでクラウド化を推進する必要のない、なんらかの既得権を持っている、安定した企業なのでしょう。 AWS と Azure の競争も興味深いですが、このチャートで注目すべきは、これからの 3年間で No Public IaaS が激減していくという展開です。ハイブリッドは伸びていくのでしょうが、オンプレやプライベートで運用されている IaaS が、きわめて限定された領域に絞りこまれていくことで、このような数字になるのでしょうか? これも、興味深いデータですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する
Microsoft のクラウド売上を分析:Azure + Office 365 を、Amazon AWS と比較してみた!
SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!
Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?
現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?
 

Comments Off on AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!

中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on July 8, 2016
China has made an incredibly quick switch from 3G to 4G
Steven Millward – Jun 21, 2016
https://www.techinasia.com/china-quick-switch-to-4g
 
_ tech in asia
 
Two-and-a-half years after China’s 4G mobile networks first switched on, the nation now has 562 million 4G subscribers across its three main telcos.
 
China においては、4G モバイル・ネットワークへの移行が二年半前から始まっているが、同国の Top-3 テレコムの 4G サブスクライバーを合算すると、すでに 5.62億人に達しているという。
 
For-Chinas-low-wage-workers-this-startup-provides-loans-for-iPhonesPhoto by Leniners.
 
That’s out of a total of 1.3 billion mobile SIM subscribers, according to the latest data from the three carriers – China Mobile, China Telecom, and China Unicom. The number is so high as some individuals have more than one number.
 
China Mobile/China Telecom/China Unicom の最新のデータによると、モバイル SIM のサブスクライバーは、全体で 13億人になるという。複数のカウントを持つ人がいるにしても、その数値はきわめて高い。
 
The whole of North America had 219 million 4G subs at the last count.
 
ちなみに、NorthAmerica の 4G サブスクライバーは 2.19億人であると、最新データが伝えている。
 
China’s switch from 3G to 4G was relatively swift as most adults already owned a smartphone. All the telcos had to do was offer some incentive for people to change to the faster phone service. Monthly 4G plans being a bit cheaper than 3G ones seems to have done the trick.
 
ほとんどの成人が、すでにスマートフォンを所有していたとしても、China における 3G から 4G へのシフトは、とても素早いと思える。前述のテレコムたちが行ってきたことは、よリ高速なサービスへと、人々が乗り換えさせるための、インセンティブの提供であった。月額の料金において、4G が 3G よりも少し安くなるなど、いくつかのトリックがあったようだ。
 
China Mobile is the only telco to report how many 3G subscribers it has separate from its 4G signups. Those numbers give us a clear picture of the rapid flip:
 
China Mobile だけが、4G と 3G のサブスクライバーに関して、それぞれの推移をレポートしている。同社が提供する一連を数字を見比べると、きわめて短期間のうちに、4G と 3G が逆転しているようだ。
 
China-switches-from-3G-to-4GClick to Large >>>
Data of China Mobile
 
 For that particular telco, the changeover happened between July and August last year. You’ll also notice that China Mobile is having much more luck with 4G than it did with its 3G. That’s because China’s government forced the nation’s top telco to use the peculiar TD-SCDMA 3G system, which no other place in the world used, resulting in a poor choice of phones available to consumers.
 
China Mobile だけに限ってみると、昨年の 7月〜8月 で逆転現象が起こっていることが分かる。そして、同社にとっては、3G から 4G への切り替えが、とても幸運な出来事であったと気づくだろう。その理由は、China 政府が取ってきた政策にある。このトップ・テレコムの 3G 時代においては、独特の TD-SCDMA3G システムという、世界では通用しない方式の利用が強制されていたのだ。その結果として、一般消費者に提供されるデバイスも、お粗末なものとなっていた。
 
Xiaomi was China’s top selling phone brand in 2014 and 2015, but Huawei looks set to grab the top spot this year.
 
ちなみに、China のスマートフォン市場において、2014年と 2015年のトップ・ブランドは Xiaomi であったが、その座を Huawei が奪おうとしている
 
More China data:
 
 
ーーーーー
asia-pacific 2一ヶ月ほど前に、すでに 5億人を突破したらしいというニュースを、チラッと見たような気がしていましたが、5.6 億人に達していたのですね。 そのうち、文中のチャートに示されている China Moble が 4.1 億人ほどなので、China Telecom と China Unicom で、残りの 1.5 億を分けあっていることになります。中国のフラッグシップ・スマフォは、何と言っても Huawei 製の Nexus 6 でしょう。また、Xiaomi の Redmi 3 も、素晴らしい機能を低価格で提供しています。中国のデバイスと、テレコムと、ユーザーが、自身のマーケットだけではなく、世界のバランスを大きく変化させているように思えます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した9年間
アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?
 

Comments Off on 中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!

Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!

Posted in .Selected, Asia, Facebook, Microsoft, Network by agilecat.cloud on June 24, 2016
Microsoft-Facebook laying trans-Atlantic Internet line
May 27, 2016
http://www.straitstimes.com/tech/microsoft-facebook-laying-trans-atlantic-internet-line
 
_straits_times
 
SAN FRANCISCO (AFP) – Microsoft and Facebook on Thursday (May 26) announced they will work together to lay a high-speed Internet cable across the bottom of the Atlantic Ocean.
 
SAN FRANCISCO(AFP) – 5月26日のことだが、Microsoft と Facebook は、大西洋の海底に高速インターネット・ケーブルを敷設するために協力すると発表した。
 
A new, sub-sea “Marea” cable was expected to be completed by late 2017, with the aim of meeting growing demand by the tech companies’ customers for fast, reliable data connections.
 
そして、この新しい海底ケーブル Marea は、2017年の後半には開通する予定であり、テック・カンパニーの顧客たちに高速/高信頼のデータ接続を提供すると期待されている。
 
cables27PHOTO: PRIMETRICA
 
“As the world is increasingly moving toward a future based on cloud computing, Microsoft continues to invest in our cloud infrastructure to meet current and future growing global demand for our more than 200 cloud services,” Microsoft data centre strategy general manager Christian Belady said in a release.
 
Microsoft の Data Centre Strategy GM である Christian Belady は、「この世界が、クラウド・コンピューティングへの依存度を高めるにつれて、Microsoft は現在と将来のクラウド・インフラに対して継続的に投資し、私たちの200種類以上のクラウド・サービスの、グローバルでの成長を達成していく」とリリースで述べている。
 
Marea will be the highest-capacity sub-sea cable ever crossing the Atlantic, with an expected capacity of some 160 terabytes per second of data, according to the companies. The 6,600km cable system will also be the first connecting the United States and southern Europe, running from Northern Virginia to Bilbao, Spain, said Microsoft and Facebook.
 
Marea のキャパシティは 160 Tbps (terabytes per second) であり、大西洋を横断する海底ケーブルとしては、これまでで最大級のものになると、同社はコメントしている。また、Microsoft と Facebook は、この 6,600km のケーブルは、North America (Northern Virginia) と Sourh Europe (Bilbao, Spain) をつなぐ、初めてのものになると述べている。
 
From Spain, the data network will link to hubs in Africa, Asia, the Middle East and other parts of Europe, according to the companies. Microsoft and Facebook said that they are working with global communications company Telxius, owned by Telefonica, on the cable project.
 
この Spain に陸揚げされるデータ・ネットワークは、Africa/Asia/Middle East/Europe の各ハブにリンクされる。そして Microsoft と Facebook は、この海底ケーブル・プロジェクトでは、Telefonica 傘下のグローバル通信企業である、Telxius と協業していると述べている。
 
“We’re always evaluating new technologies and systems in order to provide the best connectivity possible,” said Facebook vice-president of network engineering Najam Ahmad. “We want to do more of these projects in this manner – allowing us to move fast with more collaboration.”
 
Facebook の VP of Network Engineering である Najam Ahmad は、「私たちは、最善のコネクティビティを提供するために、新しいテクノロジーやシステムを常に評価している。さらなるコラボレーションへ向けて加速していくために、こうしたプロジェクトを数多く実現したいと思っている」と述べている。
 
ーーーーー
Networkそれにしても、160 Tbps はスゴイの一言ですね。Google が太平洋に施設した FASTER が 60 Tbps ですから、それと比較してみれば Marea の規模が伺い知れます。アメリカとヨーロッパをつなぐケーブルの話なので、最初はセーフ・ハーバーに関連するものかと思いましたが、それならアイルランドやイギリスに陸揚げされますよね。シンガポールから西へ向かう SEA-WE-ME 5 が、すでにフランスに陸揚げされたようです。この 2つの海底ケーブルが接続されると、アジアと世界が、ますます近くなっていきます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
2015 Infrastructures: アジアのインフラ投資が、グローバルな潮流を生み出す
激変のインターネット人口動態: インドが4億人に達し、二位のアメリカを追い抜く!
NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに! 北米/東南アジアとの距離が削られていく!
100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!
 

Comments Off on Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!

IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?

Posted in .Selected, Cisco, IBM, IoT by agilecat.cloud on June 15, 2016
IBM and Cisco continue their love affair with big partnerships by partnering with each other
Julie Bort – Jun. 2, 2016
http://www.businessinsider.com/ibm-cisco-launch-fog-computing-partnership-2016-6
 
_ Business Insider
 
IBM and Cisco announced a new partnership that will combine IBM Watson’s Internet of Things analysis cloud software with Cisco’s new “fog computing.” The Internet of Things (IoT) is when sensors are installed in all kinds of objects to collect data on them.
 
IBM と Cisco が公表した新しいパートナーシップとは、クラウド上に展開される Watson の IoT 分析と、Fog Computing を連携させるというものだ。言うまでもなく、IoT とはセンサーがインストールされた各種のオブジェクトから、データを集めるものである。
 
IBM WatsonIBM CEO Ginni Rometty
 
Large companies are installing such sensors on equipment which helps them see how much the equipment is working and when it is about to fail. The problem is, in remote areas, all that data being generated by sensors isn’t being collected and analyzed.
 
エンタープライズたちは、センサーなどを機器にインストールし、どれだけの正常に機能しているのか、もしくは、異常を引き起こしているのかを参照しようとする。この種のリモート・アクセスにおける問題点は、センサーにから生成された全データが、収集されない場合もあり、また、分析されない場合もあることだ。
 
That’s what Cisco’s fog computing is all about. It uses the network to grab and analyze data from remote locations.
 
そこが、Cisco の Fog Computing が活躍する場である。そこでは、リモートのデータを収集/分析するための、ネットワークが活用されることになる。
 
Put them together: IBM’s super smart Watson analytics service and Cisco’s ability to grab and analyze sensor data even in far-flung locations, and you get the gist of this partnership.
 
IBM Watson のスマートな分析サービスと、遠隔地のセンサー・データを取得/分析する Cisco の能力を、組み合わせるというパートナーシップであれば、誰もがその意味を理解するだろう。
 
IBM-CiscoClick to Large >>>
 
Here’s a graphic that explains what this new IoT partnership is all about.
 
このインフォグラフィクスは、両社の IoT パートナーシップの全容を示すものである。
 
Their first customer is Bell Canada, who is is partnering with this team to offer IoT services over its 4G network. In other words, a Canadian company that has lots of remote locations in the middle of nowhere can use Bell Canada’s 4G network and IoT services to collect and analyze that data. And the service is powered by the IBM/Cisco partnership.
 
両社の最初の顧客は Bell Canada であり、このチームが提供する IoT サービスを、その 4Gネットワーク上で運用する。言い換えるなら、この Canada 企業は、たくさんのリモート・ロケーションを抱えているだけであり、自身の 4Gネットワークと IoT サービスを活用すれば、データの収集/分析を達成できるのだ。もちろん、それらのサービスは、IBM/Cisco のパートナーシップが提供する。
 
The CEOs of both of these companies have been going full-steam ahead with big, powerful joint product/sales partnerships in recently. Under IBM CEO Ginni Rometty, IBM has launched groundbreaking partnerships with Apple, as well as with Twitter, Tencent, amd others. Cisco also announced a huge partnership with Apple, as well as one one of its old big rivals Ericsson.
 
最近の両社の CEO は、製品と販売に関するパワフルで大掛かりな提携を、全力で推し進めている。IBM は CEO である Ginni Rometty の下で、Apple だけではなく Twitter と Tencent とも大掛かりな提携を開始している。Cisco も Apple との提携をアナウンスしているが、昔からのライバルである Ericsson ともパートーナシップを結んでいる。
 
ーーーーー
IoTIBM の IoT ですが、その他のベンダーと比べると、情報が少ないように思えます。というわけで、同社の Web を参照してみたところ、Watson IoT 事業部を、この 3月1日から新設と説明されていました。Watson の API およびサービスを IBM のクラウド上で提供し、コグニティブ IoT のソリューションとサービスの開発を加速させると述べています。数十億にのぼるデバイス、センサー、システムなどが相互に接続し、連携する IoT の世界では、複雑で膨大なデータの理解を実現する、コグニティブ・コンピューティングが不可欠とも発言していますが、なんとなく言いたいことが分かります。その一方では、Cisco のフォグと連携することで、データの収集に関しては、そちらに任せてしまおうという戦略なのでしょう。これからが、楽しみですね。_AC Stamp
ーーーーー
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
IoT の調査: ウェアラブルのポリシーが、企業の IT セキュリティに挑戦している
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!

Comments Off on IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?

%d bloggers like this: