Agile Cat — in the cloud

SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!

Posted in .Selected, Amazon, Equinix, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce by agilecat.cloud on June 1, 2016
IHS: IBM leads global SaaS cloud service market
Staff writer – May 04, 2016
http://www.telecomasia.net/content/ihs-ibm-leads-global-saas-cloud-service-market
 
_ Telecom-Asia
 
IBM currently leads the SaaS cloud service market, while Amazon leads the global cloud infrastructure market (IaaS, CaaS, PaaS) in 2015, according to a new report by research firm IHS.
 
調査会社である IHS の最新レポートによると、現時点の SaaS クラウド・サービスに関しては、IBM が 19% のシェアでマーケットをリードし、また、クラウド・インフラ・サービス (IaaS/CaaS/PaaS) では、Amazon がリードしている。
 
According to the report, Salesforce ranked the second in the SaaS cloud service market with 8% of market share, while Microsoft and Oracle had 6% and 3%. SAP had just 2% share in the global SaaS cloud service market.
 
このレポートによると、SaaS マーケットにおける二番手は Saleforce であり、そのシェアは 8% となり、その後には Microsoft (6%) と Oracle (3%) が続く。また、SAP に関しては、グローバル SaaS マーケットでみると、わずか 2% のシェアとなる。
 
AWS is the undisputed leader in the cloud infrastructure market with 17% share. Microsoft has 9% and Google has 5% share in the cloud infrastructure market last year, said IHS. Equinix and China Telecom had 4% each.
 
クラウド・インフラ・マーケットで 17% のシェアをほこる AWS は、誰もが認めるリーダーである。そして、二番手と三番手は Microsoft (9%) と Google (5%) であり、そこにEquinox (4%) と China Telecom (4%) が続くと、IHS は述べている。
 
SaaS_IaaSClick to Large >>> 
 
IHS says the infrastructure-as-a-service (IaaS) segment for on-demand servers and storage is maturing, with the big three players – Amazon, Microsoft and Google – possessing the scale and specialized knowledge to make it difficult for smaller players with undifferentiated services to compete.
 
IHS が言うには、オンデマンドでサーバーとストレージを提供する IaaS セグメントは成熟しており、Top-3 を形成する Amazon/Microsoft/Google がスケールと専門知識の面でリードしている。そのため、差別化に苦しむ中小のサービス・プロバイダーは、厳しい戦いを強いられる。
 
However, there is room for innovation in IaaS. Rackspace has expanded its professional services to third-party clouds such as Amazon and Azure.
 
ただし、この IaaS においても、イノベーションの余地はある。たとえば Rackspace は、Amazon や Azure のサードパーティ・クラウドへむけて、そのプロフェッショナル・サービスの展開を拡大している。
 
NTT announced a self-serve OpenStack orchestrated bare metal server service. Internap is expanding its bare metal server service. And CenturyLink announced the availability of its government cloud, which meets specialized compliance requirements.
 
その一方で NTT は、OpenStack ベアメタル・サーバーのための、オーケストレーション・セルフ・サービスを発表した。また、Interap は、ベアメタル・サーバーのサービスを拡大している。さらに Century Link は、特殊なコンプライアンス要件を満たる、政府機関向けのクラウドを提供すると発表している。
 
Colocation or hosting, the earliest form of IaaS, is also growing. Equinix and Level 3 expanded their data center footprints.
 
IaaS の走りとも言える コロケーションとホスティングも、依然として成長している。そして Equinix と Level 3  は、自社のデータセンターのフットプリントを拡大している。
 
Also set to bring more innovation are machine learning and analytics capabilities integrated with enterprise and mobile applications.
 
また、機械学習および分析機能を、エンタープライズやモバイル・アプリと統合するかたちの、さらなるイノベーションへの取り組みも始まっている。
 
Google released a machine learning service for developers, and IBM released three new Watson application programming interfaces (APIs) that provide developers with access to technology for sensing emotional and visual cues that deliver insights on the tone, emotional context and sentiments of voice, text and images.
 
Google は開発者のために機械学習サービスをリリースし、また、IBM は 3種類の Wataon API をリリースしている。後者に関しては、感情的および視覚的な手がかりを検知するテクノロジーへの、開発者からのアクセスを提供し、Voice/Text/Image における、感情的な文脈や言葉遣い、そして色調などに関する洞察を実現していく。
 
CSPs are making steps towards the “meta-cloud.” Google announced new dashboard and orchestration tools that can manage and migrate workloads in its own data centers as well as in Amazon’s and on-premises data centers. In addition, NTT enhanced its enterprise cloud services with the ability to connect to third-party CSP data centers.
 
CSP (Cloud Service Provider) が、メタ・クラウドへと向けた道筋を切り開いていく。Google がアナウンスした、新しいダッシュボードとオーケストレーションのツールにより、ワークロードの管理と移行が容易になる。その移行先としては、同社のデータセンターだけではなく、Amazon や オンプレミスのデータセンターも含まれる。また NTT は、そのエンタープライズ・クラウド・サービスを、サードパーティである CSP のデータセンターと接続する機能で強化している。
 
The off-premises cloud services market – including infrastructure as a service (IaaS), cloud as a service (CaaS), platform as a service (PaaS) and software as a service (SaaS) – reached $93 billion in 2015, growing 54% from 2014.
 
IaaS/CaaS/PssS/SaaS で構成される、オフプレミス・クラウド・サービス・マーケットは、2015年で $93 billion の規模にいたり、前年比での成長率は 54% となっている。
 
SaaS was the number-one off-premises cloud service in 2015, representing nearly half of all off-premises cloud revenue. IaaS was second with 39% of revenue.
 
SaaS は、2015年の No.1 オフプレミス・クラウド・サービスは SasS であり、すべてのオフプレミス・クラウド売上の約 50% を稼ぎ出している。そして、二番手は IaaS の 39% となっている。
 
The off-premises cloud service market is forecast to reach $278 billion worldwide in 2020, with a five-year compound annual growth rate (CAGR) of 25%.
 
オフプレミス・クラウド・サービス市場は、2020年のグローバル売上が $278 billion にいたり、また、5年間の複合年間成長率 (CAGR) は 25% に達すると予測されている。
 
ーーーーー
research_55SaaS のシェアに関する調査というのは、初めて見たような気がします。そして、Salesforce と Office 365 の相対的なポジションは、予想どおりという感じですが、その遥か先を走る IBM の強さには驚きです。以前にポストした、「Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?」抄訳では、Jefferies の調査をベースにした、Salesforce のライバルたちのシェアが示されていました。徐々にではあっても、こうして SaaS の世界が可視化されてくるのは、とても興味深いことです。なお、右側のチャートは、IaaS/CaaS/PaaS の総合となっており、いつもとは異なる顔ぶれになっていますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、この市場を急成長させている
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する
SaaS の調査:コラボレーションとモバイルが、その成長を加速させている
 

Comments Off on SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!

IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Cisco, Facebook, Google, IBM, IoT, Research, Salesforce by agilecat.cloud on May 19, 2016
There’s a new thing called ‘fog computing’ and no, we’re not joking
Julie Bort – Mar 3. 2016
http://www.businessinsider.com/cisco-other-enterprises-promote-fog-computing-2016-5
 
_ Business Insider
 
By now, you’ve probably heard of cloud computing.
 
いまでは、もう、クラウド・コンピューティングを知らない人はいないだろう。
 
That’s where companies rent shared software, computers, and storage instead of buying and installing it all themselves. They pay for their usage via subscriptions, accessing it over the internet.
 
その世界では、ユーザー企業がハードウェア/ソフトウェアを購入し、すべてを自分でインストールする必要がなくなり、共有のソフトウェア/コンピュータ/ストレージを借りうけるだけで、すべてが済んでしまう。必要なことは、インターネット経由でのアクセスだけであり、サブスクリプション契約に基づき、使用量に応じて対価を支払うことになる。
 
networkpixabay
 
Cloud computing is all the rage right now, on track to be a $10 billion business for Amazon in 2016; Microsoft hopes it will become a $20 billion business by 2018, and Google thinks it will become bigger than its internet ad business by 2020.
 
クラウド・コンピューティングは、いまのトレンドであり、2016年の Amazon は、$10 billion ビジネスの起動にのせている。また、Microsoft は 2018年までに、$20 billion ビジネスへの進展を期待し、Google は 2020年までに同社のアド事業とクラウド事業が逆転すると考えている。
 
So what comes after the cloud? If you ask Cisco, it’s something called “fog computing.”
 
それでは、クラウドの後には、何が来るのだろう? そんな質問を Cisco に投げれば、フォグ・コンピューティングという答えが返ってくるはずだ。
 
Last month, Cisco was joined by other industry leaders including Intel, Microsoft, ARM, Dell, and Microsoft to back a new “fog computing” consortium, the OpenFog initiative. It sounds like something straight from a Saturday Night Live parody skit, but it’s not.
 
この 4月のことだが、Cisco は Intel/ARM/Dell/Microsoft といった業界のリーダーたちと共に、フォグ・コンピューティングを支援するコンソーシアムである、OpenFog イニシアチブを立ち上げた。まるで、Saturday Night Live パロディス寸劇のように聞こえるが、決してそのようなものでは無い。
 
Later this month, the consortium is holding a conference at Princeton University. Princeton is leading the research into fog computing.
 
また、同月の後半に、このコンソーシアムは Princeton University でカンファレンスを開催している。ちなみに、Princeton はフォグ・コンピューティングの研究における第一人者なのである。
 
Why Cisco wants this
 
So what exactly is it? To understand fog computing, you first have to understand cloud computing. In cloud computing, everyone shares the same massive data centers. You run an app on your phone in your home town, but the back-end computers may be in Virginia, or California, or Ireland, etc.
 
それを正確に表現するには、どのようにしたら良いのだろう? フォグ・コンピューティングを理解するには、先にクラウド・コンピューティングを理解する必要がある。クラウド・コンピューティングにおいては、誰もが大規模データセンターを共有している。あなたが自宅で、自分のスマフォからアプリを走らせるにしても、そのためのバック・エンド・コンピュータは、Virginia や California にあっても良く、さらに言うなら Ireland にあっても構わないのだ。
 
Cisco_Way_VTA_2165_09Wikimedia
 
But with fog computing, computers and storage are scattered all over, perhaps placed closer to the app’s users. The network is smart enough to know where the data is stored.
 
しかし、フォグ・コンピューティングにおいては、コンピュータやストレージが随所に散在し、アプリを利用するユーザーの近くに配置されるだろう。したがって、そのためのネットワークは、データの格納場所を知るという点で、きわめて洗練されたものになる必要がある。
 
With the network as the star, you can see why Cisco is championing this idea. It means selling a lot more high-end, very profitable network equipment to connect a lot more computers and data centers.
 
この星図のようなネットワークを想像すれば、このアイデアを Cisco が支持する理由が見えてくる。つまり、大量のコンピュータとデータセンターを接続するための、きわめて有益なハイエンド・ネットワーク機器を、大量に販売できるのである。
 
Cisco has been largely left out of the cloud computing revolution.
 
正直なところ、いまの Cisco は、クラウド・コンピューティングの革命から、かなり取り残されている。
 
As its customers move to the cloud, they need to buy less networking equipment. Meanwhile, some of the biggest cloud operators, like Facebook and Microsoft, have invented their own, new low-cost network equipment.
 
同社の顧客がクラウドへと移行するにつれて、ネットワーク機器を販売する機会が減っている。その一方で、Facebook や Microsoft といった大手クラウド事業者は、低コストのネットワーク装置を、自ら考案/開発している。
 
As for the rest of the traditional IT players (Intel, Dell, Microsoft, ARM), if “fog computing” takes off they stand to gain, too. Lots of computers scattered everywhere means selling lots of computer servers and operating systems and chips.
 
また、従来からのITプレイヤー (Intel/Dell/Microsoft/ARM) たちも、フォグ・コンピューティングが離陸するなら、この試みに賛同するだろう。つまり、大量のコンピュータが随所に散在するなら、大量のサーバー/OS/チップを販売できるのだ。
 
Will it take hold?
 
Just because it’s in Cisco’s self-interest to promote fog computing, doesn’t mean it won’t be a real thing someday.
 
ただし、それはフォグ・コンピューティングを推進する際の、Cisco 自身の利益を説明する話であり、いつまで待っても本物にならないという意味ではない。
 
Screen Shot 2016-05-19 at 5.49.07 AMWikipedia
 
The name “fog” is new, but the general concept isn’t. It used to be called “distributed computing.”
 
「フォグ」という名前は新しいものだが、まだ、一般的には広まっていない。むしろ、以前から「分散コンピューティング」と呼ばれていたものだと、言ったほうが分かりやすいだろう。
 
Years ago, the now defunct company called Sun Microsystems even had a slogan “the network is the computer.” (Oracle bought Sun in 2010.)
 
今はなき Sun Microsystems (Oracle が 2010年に買収) が、いわゆる「ネットワークがコンピュータである」を、昔からスローガンにしていたことを思い出して欲しい。
 
When you talk to anyone in the cloud computing industry today, they’ll tell you that cloud is young and here to stay (and it is). Some believe it will stretch out in a linear line, growing endlessly bigger and more glorious over time.
 
もし、クラウド・コンピューティング業界の誰かと話すときがあれば、彼らは必ず、クラウドは若者であるが、ここに存在していると諭すであろう。そしてクラウドは、直線的に際限なく成長し、いずれは輝けるものになると、信じている人もいるのだ。
 
But that’s not how the computer industry typically works. It’s more like a spiral.
 
しかし、どのようにして、コンピュータ産業が機能するかという話は、そのシナリオに含まれていない。むしろクラウドは、この産業を急降下させているのだ。
 
The computing industry breathes in and out between centralized and distributed computing models: centralized (mainframes) turned into distributed (PCs and local computer servers, known as “client/server”), and have now become centralized again (cloud computing). So, next up would be distributed.
 
コンピューティングの業界は、集中と分散という、2つのコンピューティング・モデルの間で息継ぎをしてきた。まず、集中型 (メインフレーム) から、分散型 (PC とローカル・サーバーによる Client/Server) への移行があり、いまは集中型 (クラウド・コンピューティング) と戻っている。したがって、次は分散型へ揺り戻されるはずだ。
 
It does this because each model solves the problem created by the last model. Centralized computing allows you to maintain control and efficiently share computers, which lowers cost. But it can create bottlenecks as all apps rush to share the same computers. And it’s expensive to keep building more and bigger data centers.
 
このような現象が起こるのは、一方のモデルがもたらした問題を、もう一方のモデルが解決するからである。集中型のコンピューティングにより、共有コンピュータによる効率の向上が、低コストにより維持されていく。しかし、すべてのアプリケーションが、同じコンピュータを共有する状況が生じると、そこにボトルネックが生まれる。さらに言うなら、巨大なデータセンターを構築し、維持していくことは、膨大な費用を必要とする。
 
Iot_appsWikimedia
 
Decentralized allows you to run apps closer to the people using the apps so the apps perform better.
 
分散型は、デバイスを使用するユーザーの側で、対象となるアプリケーションを走らせるため、そのパフォーマンスが良くなる。
 
This could becomes very important as billions of devices join the internet as part of the “Internet of Things.” It can also be cheaper to shove a few computer servers in a room instead of building a big data center. But distributed computing can also create sprawl, get messy, and ultimately cost more.
 
Internet of Things の一部として、無数のデバイスがインターネットに参加するとき、このような考え方がきわめて重要になる。また、大規模データセンターを構築するのではなく、適切な場所に少数のコンピュータ・サーバーを配置することになるため、コストも安価になっていく。しかし、分散コンピューティングは、不規則で乱雑なものになるため、最終的にはコストを押し上げていく。
 
So fog computing could very well be the next thing.
 
したがって、次に来るものとして、フォグ・コンピューティングは相応しいのかもしれない。
 
Then again, there’s a rise of new technologies, like quantum computing, that could change everything and squash any tech based on the old ways to do things, including fog computing.
 
別の観点から見ると、たとえば量子コンピューティングのような、新しいテクノロジーの台頭がある。それらは、旧来からの手法によるテクノロジーを破壊し、すべてを刷新していく。その意味では、フォグ・コンピューティングの在り方にも、影響をおよぼすはずだ。
 
A horrible name
 
Whether fog thrives or dies, we can’t help point out the karmic implications in the name. “Fog computing” might be a cute play on the term “cloud computing”, but it also means: unclear, confusing, and fuzzy.
 
フォグの未来を占う上で、名前に含まれる因果関係は、なんの助けにもならないだろう。「フォグ・コンピューティング」は、「クラウド・コンピューティング」に引っ掛けた言葉遊びにも聞こえるが、不明確/混乱/曖昧といった意味も含んでいるのだ。
 
SEE ALSO: Microsoft just joined Facebook and fired a huge shot at Cisco
SEE ALSO: Cisco cofounder explains why CEO pay today is nuts
 
ーーーーー
IoTIoT を Fog を、集中と分散の観点から、そして業界内における経済の観点から分析していく、とても興味深い記事です。たしか、司馬遼太郎か陳舜臣だったと思いますが、中国は分散国家と中央集権国家の間を行き来してきたと、作品で説明していた記憶があります。その理由は、まさに、「一方のモデルがもたらした問題を、もう一方のモデルが解決する」からなのでしょう。そして、私たちの業界における経済ですが、IoT が注目を集め始めてからというもの、IT のリーチが格段に広がっていますよね。PC からスマフォの時代へとシフトしたことで、IT の裾野が大きく広がりましたが、今度は、コンシューマではなく産業へと広がっていくのでしょう。そんなことを、あれこれ考えていると、IoT と Fog は、ほんとうに面白いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
 

Comments Off on IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?

Google が抱く、クラウドへの大いなる野望とは?

Posted in Amazon, Google, IBM, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on May 11, 2016
Google’s Cloud Ambitions
by Felix Richter, Mar 24, 2016
https://www.statista.com/chart/4546/cloud-infrastructure-market-share-2015/
 
_ Statista
 
Google is a company that is used to winning. So many of the company’s products and services are industry-leading (think Search, Android, Maps or Gmail), that you have to think twice to find an industry in which Google is running behind. The cloud industry is one of these exemptions. In the past year, Google’s cloud infrastructure market share amounted to just 4 percent, trailing industry leader Amazon Web Services by a long shot, as our chart, based on Synergy Research data, illustrates.
 
Google は、勝ち慣れている企業である。同社における数多くのプロダクトとサービス(Search/Android/Maps/Gmail など)が、この業界をリードしている。しかし、Google が遅れを取っているセグメントについても、再考する必要があるだろう。つまり、クラウド・ビジネスは、そこから除外される事例なのだ。昨年のクラウド・インフラ市場おいて、Google のシェアはわずか 4% であるが、リーダーである Amazon Web Services を追いかけるという賭けに出ている。そのような状況を、Synergy Research のデータからチャートにしてみた。
 
chart_cloud_infrastructure_market_share_2015_n Click to Large >>> 
This chart shows worldwide cloud infrastructure market share for the Top 5 providers in 2015.
 
John Dinsdale, an analyst at Synergy Research Group, attributed Google’s weak position in the cloud industry at least partly to the company’s insufficient network of data centers. An issue that will now be addressed: By the end of 2017, Google plans to build 12 new data centers around the world to increase the global footprint of its Cloud Platform services, the company announced on Tuesday. After the expansion, Google’s Cloud Platform will be available in 15 regions across the globe – market leader Amazon Web Services covers 12 regions with plans for 5 more.
 
Synergy Research Group の Analyst である John Hinsdale は、以下のように述べている。クラウド・ビジネスにおける Google の弱点には、データセンターのネットワークが不十分だという問題点が、少なくともあるだろう。ただし、この問題への取り組みは、現時点で推進されているとのことだ。Google は 2017年の終わりまでに、新しいデータセンターを世界の 12ヶ所に構築する。それにより、Cloud Platform サービスの足場を固めていくと、同社は火曜日(3/22)に発表している。この拡張が行われると、Google Cloud Platform の利用が、世界の 15リージョンに広がるという。ちなみに、マーケット・リーダーである Amazon Web Services は、世界で 12リージョンをカバーし、さらに 5リージョンを追加するという。
 
Diane Greene, the recently appointed leader of Google’s cloud business, went on record at a press conference yesterday saying that her company is “dead serious” about the cloud business and willing to back up those ambitions with huge investments. According to Greene, Google invested nearly $10 billion of capital expenditures to build its cloud business in the past year alone.
 
つい先日に、Google におけるクラウド・ビジネスのリーダーに任命された Diane Greene は、3月23日のプレス・カンファレンスで、Google はクラウド・ビジネスに対して渾身の力で取り組み、その野望をバックアップするために、莫大な投資を実施していくと、公言している。Google はクラウド・ビジネスを強化するために、昨年だけで $10 billion もの資本を投下したと、Green は述べているのだ。
 
It’ll be interesting to see how the below chart will look a few years from now. A lot of heavyweights have thrown their hat in the ring and no one shows signs of backing away from the billion-dollar feeding frenzy that is the cloud market.
 
いまから数年後には、それにより達成される成果が、上記のようなチャートに反映されるはずだ。これまで、数多くの Google 幹部が参戦を表明しており、この広大な市場から離脱するという兆しを見せていない。それが、莫大な資金を必要とする、クラウドのマーケットなのだ。
 
ーーーーー
google-55aこのところ、Google がクラウド・サービスで攻勢に出ているようです。冒頭に、勝ち慣れている Google と指摘されていますが、たとえばソーシャルでは、そのような結果を出しているとは思えません。もちろん、サービスの方向性が大きく異なりますが、Google+ などの二の舞いにならずに、同社のクラウド・サービスには成長して欲しいと思います。つい先日に、Apple と Spotify が AWS から移行してきましたが、そのような成功事例が増えてくると、勢いもついてくるでしょう。この分野でも頑張って欲しいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ヨーロッパにおける Google の占有率: Search/Android/Chrome のシェア!
Android N の N は、Nutella の N : Chrome OS との統合は どうなる?
Alphabet と Google の傘下に収まる、すべての企業を、1枚の相関図にまとめてみた!
Google が OCP に参加した! ハードウェア産業におけるゲーム・チェンジが加速していく!
Google Docs の音声による操作/編集が可能になった! 日本語にも対応しているようだ!
 

Comments Off on Google が抱く、クラウドへの大いなる野望とは?

Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?

Posted in .Chronicle, Amazon, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce by agilecat.cloud on March 3, 2016
Salesforce is facing competition from an unexpected place: Amazon
Eugene Kim – Feb. 9, 2016
http://www.businessinsider.com/amazon-catching-up-to-salesforce-2016-2
 
_ Business Insider
 
Salesforce could face competition from a surprising new place: Amazon.
 
Salesforce にとって、予想外の競合相手が登場したのかもしれない。その相手は、Amazon である。
 
According to new investment research from Jefferies, Salesforce partners picked Amazon as the 3rd biggest threat to Salesforce, trailing only Oracle and Microsoft.
 
Jefferies が発行した最新の投資調査によると、Salesforce のパートナーたちは、その競合相手として Microsoft と Oracle を選んでいるが、第三の脅威として Amazon を意識し始めているのだ。
 
CRM Share ChartJefferies
 
Amazon doesn’t sell any customer relationship management products itself. But it has a bunch of partners who sell CRM solutions through its AWS Marketplace. Apparently, some customers are choosing these apps to piggyback along with AWS services such as data storage and compute power, rather than buying a CRM system separately.
 
周知のとおり、Amazon 自身は、Customer Relationship Management プロダクトを販売していない。しかし、AWS Marketplace を介して、数多くのパートナーたちが CRM ソリューションを提供している。その結果として、どうやら一部の顧客たちは、個別に CRM システムを購入するというより、コンピューティング・パワーやデータ・ストレージといった、AWS サービスと抱き合わせで、それらのアプリを選んでいるようである。
 
The survey should be taken with a grain of salt — it only asked 85 Salesforce partners that mostly target medium-sized businesses. Salesforce and Microsoft play in this space, but most customers of the bigger CRM players like Oracle and SAP are large enterprises.
 
この調査は、中規模企業をターゲットとしている、85社の Salesforce のパートナーだけを対象としたものであり、その点を割り引いて見ていく必要がある。つまり、Salesforce と Microsoft は、このターゲット層で強さを示しているが、大手エンタープライズの領域では、Oracle や SAP などの CRM が、大半の顧客を取り込んでいるはずだ。
 
Still, it’s another sign of how powerful AWS is becoming in the enterprise.
 
それは、さておき、パワフルな AWS が、エンタープライズの領域に進出しようとする、あらたな兆候として認識すべきなのだろう。
 
ーーーーー
Salesforce昨年の12月に、「SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている」という抄訳をポストしましたが、それを反映するようなところで、AWS 上の CRM が注目されているのでしょう。 この、Salesforce パートナーに対する意識調査のチャートですが、最初は前年との比較だと勘違いしていましたが、よく見ると四半期の比較でした。 つまり、四半期ごとに、4% ⇒ 7% ⇒ 10% と、AWS 脅威論が高まっていることになります。まさに、クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきたのですね。 これからは、SaaS における、あらゆるカテゴリで、こうした光景を目にするようになるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
米 IoT 業界は、すでに走り始めている:他を圧倒する Smart Home の普及率をチャートで!
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
 

Comments Off on Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?

2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Posted in .Selected, Advertising, Amazon, Businesses, Enterprise Social, Facebook, Google, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2016
Public cloud services mart on pace to $204b
Enterprise Innovation editors -2016-01-28
http://www.enterpriseinnovation.net/article/public-cloud-services-mart-pace-204b-259502496
 
_Enterprise Innovation
 
The worldwide public cloud services market is projected to grow 16.5% in 2016 to total $204 billion, up from $175 billion in 2015, according to Gartner. The highest growth will come from cloud system infrastructure services (infrastructure as a service or IaaS), which is projected to grow 38.4% in 2016.
 
グローバルにおけるパブリック・クラウド・サービス市場だが、Gertner の 2016年売上予測によると、2015年の $175 billion から 16.5% の成長を達成し、トータルで $204 billion に至るようだ。最も成長率が高いのは IaaS であり、2016年は前年比で、38.4% の伸びを示すとしている。
 
Cloud ComputingFlickr
Atos
 
Cloud advertising, the largest segment of the global cloud services market, is expected to grow 13.6% in 2016 to reach $90.3 billion.
 
その一方で、グローバルにおけるクラウド・サービス市場で、最大のセグメントとなるのはクラウド・アドであり、2016年は 13.6% の成長を達成し、$90.3 billion に至るという。
 
“The market for public cloud services is continuing to demonstrate high rates of growth across all markets and Gartner expects this to continue through 2017,” said Sid Nag, research director at Gartner. “This strong growth continues reflect a shift away from legacy IT services to cloud-based services, due to increased trend of organizations pursuing a digital business strategy.”
 
Gartner の Research Director である Sid Nag は、「パブリック・クラウド・サービスの市場は、すべてのマーケットにおいて、大幅な成長を示し続ける。そして、この傾向は 2017年も継続すると、Gartner は予測している。つまり、デジタル・ビジネス戦略を推進する組織が増加するという、いまのトレンドが要因となり、レガシー IT サービスからクラウド・ベースのサービスへのシフトが進み、この力強い成長が達成されていく」と述べている。
 
The IaaS segment will remain the fastest-growing segment in 2016, forecast to reach 22.4 billion.
 
IaaS のセグメントは、これからも最速で成長していくセグメントであり、2016年は 22.4 billion に至ると予測される。
 
“IaaS continues to be the strongest-growing segment as enterprises move away from data center build-outs and move their infrastructure needs to the public cloud,” said Nag. “Certain market leaders have built a significant lead in this segment, so providers should focus on creating differentiation for success.”
 
Nag は、「 成長率という観点で、IaaS セグメントがリードし続けるのは、データセンターの構築からパブリック・クラウド利用へと、企業のニーズが移行するからである。そして、マーケットにおける限られたリーダーたちが、このセグメントで大幅なリードを築いていくため、その他のプロバイダーたちは、成功のための差別化にフォーカスしていくべきだ」と述べている。
 
Cloud application services (SaaS) is forecast to grow 20.3% in 2016, to $37.7 billion. As software vendors shift their business models from on-premises licensed software to public cloud-based offerings, this trend will continue.
 
2016年の SaaS は 20.3% の成長率を達成し、その売上は $37.7 billion に至るとされる。ソフトウェア・ベンダーのビジネス・モデルが、オンプレミス・ライセンスの販売から、パブリック・クラウドでのサブスクライブへと移行していくため、この傾向が続いていくだろう。
 
In addition, the entry of some major software vendors into the public cloud last year will fuel growth of the SaaS market moving forward.
 
そして、昨年あたりから、主要なソフトウェア・ベンダーたちが、パブリック・クラウドへと参入し始めたことで、SaaS マーケットの成長が促進されている。
 
ーーーーー
google-ad-revenueresearch_55クラウドの定義というと、言うまでもなく IaaS/PaaS/SaaS となるのですが、このレポートでは Cloud Advertising を特別枠として取り扱っているようです。そして、いまの Google や Facebook の勢いを見ていると、そういう分類のほうが実態に即していると思えてきます。このチャートは、2015年1月にポストした、「Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?」という抄訳からのものですが、2016年の $90.3 billion という売上予測と、整合性がとれていますよね。さらに言うなら、昨日にポストした「Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!」とも、つじつまが合っているように思います。2015年が、クラウドの勝利宣言の年だとすると、2016年は、どんな年になるのでしょう?  ワクワクしてきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?
Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! 他にも 300社が テスト中だ!
 

Comments Off on 2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

Posted in .Selected, Amazon, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce, Strategy by agilecat.cloud on January 14, 2016
Microsoft Charts Highest Cloud Platform Revenue Among Enterprise Rivals: Forrester
WSJ – Oct 13, 2015
http://blogs.wsj.com/cio/2015/10/13/microsoft-charts-highest-cloud-platform-revenue-among-enterprise-rivals-forrester/
 
_ WSJ
 
Enterprise software giants vying for a piece of the cloud platform market still have a ways to go to catch Microsoft Corp.in terms of cloud revenue, according to a new report by Forrester Research Inc.
 
Forrester Research Inc によると、Cloud Platform の一点で競い合おうとするエンタープライズ・ソフトウェア・ジャイアントたちは、クラウドからの収益という視点において、依然として Microsoft を追いかける術を有していることになる。
 
That’s largely thanks to a head start Microsoft got by investing early in cloud technology and a partner ecosystem – unveiling its first public cloud back in 2008, the report said.
 
2008年のことだが、Microsoft はパブリック・クラウドを発表し、クラウド・テクノロジーとパートナー・エコシステムに投資する方向へ大きく舵を切ったことで、そこからの成果を得ていると、このレポートは述べている。
 
Cloud Revenue of 7 ProvidersClick to Large >>> 
 
The report compares cloud market penetration by Microsoft, to that of International Business Machines Corp., SAP SE and Oracle Corp.
 
このレポートは、Microsoft のクラウド市場への浸透の仕方を、IBMSAPOracle などと比較するものである。
 
But with the cloud market heating up, these relative newcomers are using licensing deals, renewal-agreement discounts and other incentives to lure their enterprise customers to the cloud. CIOs need to be vigilant, market analysts say.
 
これらの遅れて登場してきたジャイアントたちは、クラウド市場のヒートアップに便乗するわけでもなく、ライセンス/契約更新/契約割引といったインセンティブを用いて、企業顧客をクラウドへと誘おうとしている。したがって、CIO たちはは警戒すべきだと、マーケット・アナリストたちは発言している。
 
Through Azure, Microsoft’s main cloud-computing platform, the company is expected to take in roughly $1.5 billion in cloud-platform revenue, according to Forrester’s estimates for 2015 revenues among enterprise-software firms, based on earnings releases and briefings from vendors.
 
Microsoft は Azure (同社におけるメインのクラウド・コンピューティング・プラットフォーム) を介して、Cloud Platform での収益を $1.5 billion ほどに引き上げたとされる。この予測は、Forrester の 2015 Revenues Among Enterprise-Software という、ベンダーからのリリースや説明会での発言などをベースにしたものである。
 
Oracle – Microsoft’s nearest competitor among big enterprise-software firms – is expected to reap $757 million, followed by IBM at $600 million, the report said. That figure does not include the $700 million cloud deal, announced Tuesday, between IBM and Abu Dhabi’s Etihad Airways.
 
そして、Oracle (エンタープライズにおける Microsoft の最大のライバル) は $757 million を手にし、そこに $600 million の IBM が続くと、このレポートは述べている。ただし、この数字には、最近になって Abu Dhabi の Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million のクラウド契約が含まれていない。
 
Increased adoption of cloud products helped boost SAP’s third-quarter operating income by 5%, the company reported this week.
 
SAP においては、クラウド・プロダクツの採用が、2015年 Q3 の営業利益を 5% ほど高めたと、この 10月に同社は公表している。
 
All companies lag cloud market leader Amazon Web Services, with cloud platform revenue expected to hit $6 billion in 2015.
 
ただし、それら、すべての企業は、2015年には Cloud Platform の収益が $6 billion に達すると予想される、クラウド・リーダー Amazon Web Services に遅れをとっている。
 
Software vendors’ strategies vary, the report says, depending on whether their clouds are designed to handle existing apps or apps built for a given platform. Microsoft and IBM, through its Bluemix platform, are focused on providing firms with brand new apps, such as Office 2016. By contrast, Oracle and SAP are focused on re-hosting and extending existing apps, in a bid to help customers transition their current systems to the cloud, the report says.
 
各ソフトウェア・ベンダーの戦略は、既存のアプリケーションや、特定プラットフォームを前提に構築されたアプリケーションに対して、それらのクラウドが、どのようにデザインされているかにより、大きく異なってくると、このレポートは述べている。Microsoft と IBM は、後者の Bluemix プラットフォームを介して、Office 2016 といった新しいブランドのアプリを、ユーザー企業に提供しようとしている。それとは対照的に Oracle と SAP は、現状のシステムからクラウドへと移行しようとする、ユーザー企業への入札において、既存アプリケーションの拡張もしくは再ホスティングを提案することにフォーカスしていると、このレポートは述べている。
 
Recent cloud spending reports show what’s at play as more companies dedicate IT spending to the cloud. Research firm IDC expects total cloud IT infrastructure spending – including servers, storage and Ethernet switch – to grow by 26.4% in 2015, reaching $33.4 billion, while spending on non-cloud IT infrastructure remains flat at $67 billion. Similarly, a Goldman Sachs study earlier this year forecast spending on cloud computing infrastructure and platforms to grow at a compound annual rate of 30% from 2013 through 2018, compared to 5% growth in spending on overall enterprise IT.
 
最近のクラウド支出に関するレポートは、より多くの企業における IT 支出が、クラウドに振り向けられているという状況を示している。調査会社 IDC は、サーバ/ストレージ/スイッチなどを含む、トータルでのクラウド IT インフラ支出が、2015年は 26.4% の成長を示し、$33.4 billion に至ると予測している。そして、非クラウドの IT インフラは、$67 billion の横ばいであるとしている。それと同様に、今年の初めに Goldman Sachs が実施した調査では、クラウド・コンピューティングのインフラとプラットフォームに費やされる対価は、2013年〜2018年で 30% の年率成長が見込まれるとしている。それは、5% と言われる、企業全体の IT 支出成長率と比べて、きわめて速いスピードを示している。
 
As the market heats up cloud provides like Oracle and SAP are offering attractive terms to entice businesses to migrate from on-premise systems, says Gartner analyst Lori Samolsky.
 
このマーケットがヒートアップするにつれて、Oracle や SAP のようなクラウド・プロバイダーたちは、オンプレミス・システムからの移行を検討する企業に対して、魅力的な条件を提供し始めているように思えると、Gartner のアナリストである Lori Samolsky は述べている。
 
“There is much more emphasis on cloud deals right now,” Ms. Samolsky says. She says CIOs need to careful about signing on for discounts and price protections for cloud services that may not carry over for renewals down the road.
 
Forrester の Ms. Samolsky は、「いまは、クラウド対応が、強調されすぎている」と述べている。将来の更新において継続されない可能性のある、クラウド・サービスの価格保護やディスカウントを促す契約書について、CIO たちは注意してサインすべきだと、彼女は述べている。
 
ーーーーー
research_55昨年末に、2015年のクラウド収益について調べていたときに、見つけ出したポストです。文中のチャートでは、Apps Revenues/Cloud Business Service Revenues/Cloud Platform Revenues/Cloud Related Services というふうに、クラウドに収益が分類されていますが、この記事で注目しているのは、AWS が突出している Cloud Platform Revenues であり、それは IssS/PaaS のことを指しているのでしょう。さらに、Salesforce と Microsoft のチャートを見れば明らかですが、薄い水色の Apps Revenues は SaaS のことを指していると推測できます。
 
全体の論旨ですが、Microsoft に関しては、クラウドに適合したビジネス・モデルへの転換が完了したが、Oracle/IBM/SAP は転換の途上にあり、それを急げと言っているように聞こえます。また、ユーザー企業へ向けては、そのような状況を考慮して契約せよと、ちょっと辛口のサゼッションを与えています。文中で例としてあげている、Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million というクラウド契約自体が、かなりの比率で Cloud Related Services を含んでいるのだと推測できます。
 
2014-cloud-market-chartなお、この Top-7 のクラウド総売上ですが、ざっと計算したところで $35 billion ほどになります。1月12日に NTT Com の林雅之さんが、Synergy Research のデータを引用して、2015年のクラウド業界総売上を $110 billion と解説していましたが、こちらの記事で引用している Forrester のデータと、矛盾は無いように思えます。なお、この後書きのチャートは、2015年2月にポストした「2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場」というコンテントに含まれるものです。それにしても、大きな市場へと成長したものです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
クラウド と 経費:ワン・ストップとマルチ・プロバイダーでは、こんなにもコストが違う!
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
ディジタルに育てられた世代が、この地球を 引き継ぐ 2015年を振り返る
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
 

Comments Off on Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

米 IoT 業界は、すでに走り始めている:他を圧倒する Smart Home の普及率を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Energy, Google, IoT, Research, Salesforce by agilecat.cloud on November 3, 2015
U.S. Leads the Way in Smart Home Adoption
Felix Richter – October 27th, 2015
http://www.statista.com/chart/3919/smart-home-adoption/
 
_ Statista
 
Over the past few years, smart home technology has made huge strides. There is hardly any part of the home that cannot be automated or controlled via smartphone / tablet app. Automated lighting, smart heaters and wireless audio systems are just some aspects of what is already a multi-billion dollar market.
 
この数年において、いわゆる Smart Home テクノロジーが、大幅な進歩を遂げている。住宅内に配置される、あらゆる機器において、スマートフォン/タブレットのアプリを介したコントロールが不可能というものは、ほとんど無いと言って差し支えないだろう。たとえば、照明の自動化や、スマート・ヒーター、ワイヤレス・オーディオなどが思い浮かぶだろうが、このような一部のマーケットだけでも、すでに数十億ドル規模に育っているのだ。
 
chart_of_smart_home_adoption_2015Click to Large >>>
 
This chart shows the estimated number of smart homes in the five largest markets for smart home technology.
 
このチャートが示すのは、Smart Home テクノロジーを利用する、現状と5年後の世帯数である。
 
According to Statista’s Digital Market Outlook, the five largest markets for smart home technology are currently the United States, Japan, Germany, China and the United Kingdom, with the U.S. leading the pack both in terms of revenue and household adoption. There are currently 4.6 million smart homes in the United States, a number that is expected to increase fivefold by 2020.
 
Statista の Digital Market Outlook によると、この Smart Home テクノロジーに関するマーケットは、現時点で United States/Japan/Germany/China/United Kingdom がリードする展開になっている。その中で、先頭を走るのは US マーケットであり、収益と利用者数の両面で、他を圧倒している。いまの US には、460万戸の Smart Home 世帯があるが、2020年までに5倍の規模に成長すると予測されている。
 
ーーーーー
IoT実生活において、スマート・ホームなどと言うものには、とんとご縁のない Agile_Cat ですので、あまり実感が湧かないというのが正直なところです。とは言え、Nest のポスターが、サンフランシスコの地下鉄には、たくさん貼ってあるとか、、、Honeywell と Salesforce のチームが、このマーケットに積極的に取り組んでいるとか、、、という話を人づてに聞いたりはしています。そこで、Youtube を調べてみたら、Nest と Honeywell に関するコンテントがみつかりました。それぞれの長さは、1分と4分です。
Meet Nest Learning Thermostat
Honeywell Salesforce の IoT 導入事例
率直なところで、便利さと同時に、不安も感じます。 つまり、こうしたビジネスが、浸透/成長していく過程において、いわゆるセキュリティとプライバシーの問題が生じるわけですが、それはスマホにも言えることです。 そして、私たちの日常が、スマホにより大きく変わったことを肯定するなら、スマート・ホームは否定されるべきものではありません。 さらに言うなら、貴重なエネルギー資源を、効率よく使っていくための手段でもあるのです。おそらく、このセグメントが突破口となり、IoT が広く認知されていくのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on 米 IoT 業界は、すでに走り始めている:他を圧倒する Smart Home の普及率を1枚のチャートで!

Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう – Salesforce Blog

Posted in .Selected, Advertising, Apple, Facebook, Google, Salesforce, Strategy by agilecat.cloud on September 17, 2015
Advertising Insights: Ad Blocking, Display Ads, Global Mobile App Install Trends
Hilary Givens – Jul 22, 2015
https://www.salesforce.com/blog/2015/07/advertising-insights-ad-blocking-display.html
 
_SF Blog
 
This week, we’re bringing you the latest information regarding ad blocking activities and how they affect your advertising. In addition, we’ll spend time talking about new data on Google versus Facebook display ads. Finally, check out some of the newest trends in Mobile App Install ads from our recent Salesforce Advertising Benchmark Report.
 
今週は、アド・ブロックのアクティビティと、それらが広告におよぼす影響について、最新の情報を提供していく。そして、ディスプレイ広告における Google と Facebook 比較する、新しいデータについても説明していく。さらに、Salesforce Advertising Benchmark Report から得られる、Mobile App Install Ads に関する最新のトレンドをチェックしていく。
 
SF weekly insightsPeople today care more about data security and privacy than ever before, and new behaviors have arisen that affect advertisers. GlobalWebIndex surveyed online adults to see how prevalent these behaviors are. In order to protect their online footprints, users have been acquiring the help of ad blocking methods. 46% of online adults are using a private browsing window, which prevents cookies from saving any online activity.
 
いまの時代を生きる人々は、データのセキュリティとプライバシーについて、これまで以上に気にしているが、それにより広告主にまで影響がおよぶような状況が生じている。GlobalWebIndex は、こうした影響が、どの程度までに広まっているのかを確認するために、オンラインに接続されている成人を調査した。つまり、オンラインにおけるフットプリントを保護するために、アド・ブロックという手法を用いているユーザー数を、洗い出そうと試みたわけだ。その結果、あらゆるオンライン・アクティビティを保護するために、プライベートなブラウジング・ウィンドウでクッキーを停止するという人が、46% に達しているという状況が浮かび上がってきた。
 
Anti tracking software is another ad blocking option that stop cookies form even being installed on your computer. You can also delete cookies off of your computer manually, done by 40% of online adults already. All three of these actions are meant to stop cookies from working, which explains why first party data is more valuable than third party data. First party data does not rely on cookies to proxy information about a user, but instead focuses on who a user actually is.
 
アンチ・トラッキングソフトウェアも、コンピュータにインストールされているクッキーを停止するという意味で、アド・ブロックの選択肢となる。また、コンピュータ上のクッキーをマニュアルで削除するという方式もあり、オンラインに接続している成人の 40% が、すでに対処しているという。これらの3種類のアクションは、いずれもクッキーを止めるものであり、ファースト・パーティのデータが、サードパーティのデータよりも、貴重だという理由も説明している。ファースト・パーティのデータは、クッキーに依存して、ユーザーに関するプロキシ情報を得るものではないが、実際のユーザーが誰であるかという点にフォーカスするものでもない。
 
An additional method, ad blocking software, allows consumers to never see web ads created by independent ad serving networks. Globally, 27% of online adults say they routinely use ad blockers on their computers, and Europe ranks the highest in ad blocking activity at 29%. This is why native advertising is far more advantageous than non-native formats. Native ads placed within a user’s newsfeed (such as Facebook, Twitter, or LinkedIn) and ads within mobile apps are still displayed to users who are using web ad blocking software in their browser.
 
そこに加わってきた方式がアド・ブロック・ソフトウェアの利用である。 つまり、第三者であるアド・ネットワークが作成した Web 広告を、ユーザー・サイドで表示を止めるというものだ。世界的にみて、オンライン接続する成人の 27% は、自身のコンピュータ上において、日常的にアド・ブロッカーを使用しているようだ。 地域別でみると、ヨーロッパ の 29% がトップとなる。そして、ネイティブ広告がノン・ネイティブ広告よりも圧倒的に有利になるのも、ここに理由がある。つまり、Facebook/Twitter/LinkedIn などにおけるネイティブ広告は、ユーザーのニュース・フィード内に配置されているのだ。また、モバイル環境においては、Web ブラウザでアド・ブロックを設定しても、モバイル・アプリ内の広告を止めることはできない。
 
social ad 1A recent study by Adobe has found that the global Facebook CTR continues to grow. Since 2014, Facebook CTR has created a 75 point gap in growth rate of the CTRs on Display, over Google. Facebook CTR is up 99% between Q2 2014 and Q2 2015, while Google’s CTR only increased by 24% in the same period. Some of Facebook’s increase is due to new, more engaging, Right Hand Side Ads, but the overall trend aligns with advantages of advertising on Facebook.
 
Adobe の最新レポートが指摘するのは、Facebook の CTR (click through rate) が、グローバルで成長し続けるという状況である。2014年以来、Facebook の CTR は、Google のディスプレイ広告 CTR に対して、75% を超える成長率を達成している。2014年 Q2〜2015年 Q2 という期間において、Facebook の CTR が 99% の成長を見せているのに対して、Google の成長率は 24% に過ぎないのだ。Facebook における増大の要因としては、新たな広告の展開(モバイル?)や、ユーザー数の増大、そして、右ペインに表示される広告などが挙げられるが、Facebook アドの先進性が、全体的なトレンドを支えていると思われる。
 
Unlike Google display ads, Facebook ads are native, and part of users newsfeed. Additionally, Facebook ads are effectively 100% of ads viewable. The same cannot be said for Google display ads, where Google itself has reported that only 44% of Google ads are viewable, reported by google. Additionally Facebook ads can be targeted based on a consumer’s real identity.
 
Google のディスプレイ広告とは異なり、Facebook の広告はネイティブであり、また、それぞれのユーザーの、ニュース・フィードの一部として表示される。そして、Facebook 広告が表示される確立は 100% である。同じ視点で Google のディスプレイ広告を見てみると、Google 自身がレポートしているように、それらが表示される可能性は 44% に留まっている。さらに、Facebook の広告は、利用者の ID をベースにした、ターゲティング広告の機能も有する。
 
Social ad 2
 
Salesforce Social.com recently released the Q1 2015 Advertising Benchmark Report, encompassing all of the latest trends in social advertising. One of the most interesting trends we examined is the growth in the usage of mobile apps and mobile app install ads. Mobile apps are where so many consumers are spending their time; According to Yahoo, 88% of the time that consumers spend on mobile devices is spent in apps, totaling 37:28 hours per month, according to Neilsen.
 
最近のことだが、Salesforce Social.com は、ソーシャル広告の最新トレンドを網羅する、Q1 2015 Advertising Benchmark Report をリリースしている。私たちが調査した中で、最も興味深いトレンドには、モバイル・アプリの利用時間と、モバイル・アプリにインストールされた広告が、大きく成長しているという状況も含まれている。具体的に言うと、きわめて多くのコンシューマが、モバイル・アプリに大量の時間を費やしているのだ。Yahoo によると、コンシューマがモバイル・デバイスで費やす時間の 88% が、モバイル・アプリに注ぎ込まれるという。また、Neilsen によると、その時間は、1ヶ月あたり、37時間 28分に至るという。
 
We examined the Cost Per Install (CPI) for mobile app install campaigns, and found that it varies widely by country. New Zealand and Sweden were the most expensive countries to run mobile app install campaigns in Q1, at $6.16 and $5.28 respectively. Conversely, Brazil and Malaysia have the least expensive CPIs of the examined countries.
 
さらに、私たちは、モバイル・アプリのインストール・キャンペーンについても調べてみたが、それぞれの国々により、Cost Per Install (CPI) に大きな違いが生じていることが分かった。今年の Q1 において、モバイル・アプリのインストール・キャンペーンを実施する際に、最もコストが大きかったのは New Zealand と Sweden であり、それぞれが  $6.16 と $5.28 という状況であった。その反対に、CPI が最も低かったのは Brazil と Malaysia になる。
 
Social ad 3eWord より
CPMとは、ネット広告の配信単価の種類の一つで、表示1000回あたりの料金。これに表示回数の1000分の1を乗じたものが掲載料金として課金される。
 
In addition, the CTR (Click Through Rate) for mobile app install ads also vary widely by country, from a low of 0.64% in Australia, or 0.65% in United Kingdom, to a high of 1.26% in Japan. Today, advertisers can examine what countries to target with app install campaigns, within a given region or as a part of a larger global rollout. Also, advertisers can test if adding different geographies can produce better results.
 
また、モバイル・アプリにインストールされた広告の CTR (Click Through Rate) に関しても、それぞれの国々により、大きく異なることが分かった。最も安価な Australia の 0.64% および、United Kingdom の i0.65% から、最も高価な Japan の 1.26% まで、大きなギャップが生じている。つまり、いまの広告主は、特定リージョンおよびグローバルでの展開の一環として、アプリ・インストールのキャンペーンを、どの国で実施するのかを調査できる。そして、他の地域を追加することで、より良い結果を得られるのかどうかを、テストすることさえ可能なのだ。
 
To get the most up-to-date trends in Advertising, download our full Q1 2015 Advertising Benchmark Report.
 
ーーーーー
Adなんとなく、こういう事なのだろうと、多くの人々が想像していたはずですが、ほんとうに知りたいことを端的にまとめてもらい、とても感謝しています。Salesforce Blog はスゴイです:) この会社は、ずっと Facebook の行動を注視しているのだと思います。その意味で、とても印象に残っているのが、2010年12月にポストした「Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る」という抄訳です。そのころ、すでに Facebook は大きな存在ではありましたが、いまと比較すると、上場前のスタートアップ・ソーシャルという、イメージが強かったと記憶しています。 そして、いまでは、この広告ブロックに関しても、まったく影響を受けない、強固なプラットフォームへと成長してきたわけです。いま、SF で開催されている Dreamforce には、10万人とか 15万人とかの人々が集まっているようですが、あらゆる動向に注視し、そこから新しい発想を取り入れていくという、Salesforce の視点が高く評価された結果なのだと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iOS 9 広告ブロックのベータ版を試してみたら、こんなに簡単に動かせた!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:またも全面戦争か?
グローバルでは2億人が AD-Block を使っている! それを示す1枚のチャート
Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!
オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!
 

Comments Off on Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう – Salesforce Blog

%d bloggers like this: