Agile Cat — in the cloud

World Wide Web が 25歳になった:世界への浸透率を1枚のチャートで確認する!

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 26, 2016
The Not So World Wide Web
Felix Richter – Aug 23, 2016
https://www.statista.com/chart/3512/internet-adoption-in-2015/
 
_ Statista
 
25 years ago, on August 23, 1991, a British computer scientist made the World Wide Web available to the public. Tim Berners-Lee, who was then working at CERN, could not have imagined the impact his actions would have on the world over the next two and a half decades. Honoring this milestone in the history of the internet, August 23 has become known as Internaut Day.
 
25年前の 1991年 8月 23日に、イギリスのコンピュータ科学者が、World Wide Web なるものを利用できるようにした。彼が、CERN で働くことになった Tim Berners-Lee であるが、その行動が、四半世紀にわたって世界に与えた影響を、想像することも無かっただろう。インターネットの歴史における、このマイルストーンを称えるために、8月23日は Internaut Day として認識されるようになった。
 
internet_adoption_in_2015Click to Large >>>
 
This chart shows how many people around the world use the internet.
 
However, even 25 years after what some call its inception, the World Wide Web is not nearly as universally available as its name suggests. According to the latest estimates by the International Telecommunication Union, a UN agency specializing in information and communication technologies, only 47 in 1oo world citizens use the internet these days.
 
しかし、World Wide Web の立ち上げから 25年も経過しているのだが、その名の通り、世界に広まったとは言えない。情報通信テクノロジーに特化した、国連の機関である International Telecommunication Union の最新調査によると、世界の人々の 100人に 47人だけが、インターネットを使用しているに過ぎない。
 
While internet access in regions such as North America and Europe has become a commodity not unlike electricity and running water, people in less developed regions often still lack access to what has arguably become the most important source of information of our times.
 
North America や Europe でのインターネット・アクセスは一般化しているが、電気や水道ほどではない。また、発展途上国の人々に関して言うなら、この時代における最も重要な情報源である、インターネットへのアクセスが欠落していることになる。
 
The chart below shows how widely internet penetration still varies across different world regions.
 
上記のチャートは、それぞれの地域における、インターネット普及率の格差を示している。
 
ーーーーー
research_55すでに 25年なのか、もう 25年 なのかは別にして、世界への浸透率は、まだまだの World Wide Web ですね。しかし、アジア/中東/アフリカ/南米には、大きな成長の余地が残されていると、捉えることも可能です。そして、このチャートでは、インターネット・アクセスに占める、モバイルの比率が分かりませんが、途上国では大半に相当するはずだと思えます。次の 25年で、どこまで広まるのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!
SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへ!
Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!
スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!
ニュース・メディアへの導線で Facebook が Google を上回る!
 

Comments Off on World Wide Web が 25歳になった:世界への浸透率を1枚のチャートで確認する!

欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

Posted in Advertising, Asia, Baidu, Google, Research by agilecat.cloud on August 24, 2016
Google Rules The West, Baidu Top In China
Martin Armstrong – Aug 11, 2016
https://www.statista.com/chart/5472/google-rules-the-west-baidu-top-in-china/
 
_ Statista
 
In the USA and Europe, Google absolutely dominates the search engine market with the likes of Yahoo and Bing left to play mere bit parts. From its Mountain View headquarters in California, Google can also lay claim to predominantly being the search market leader in the rest of the world.
 
USA や Europe では、Google が検索エンジンのマーケットを圧倒的に支配している。そして、Yahoo や Bing などは、このマーケットの一部を構成するに過ぎない。この、Mountain View, California に本拠を構える Google は、USA 以外のマーケットにおいても、絶対的なリーダーとして君臨している。
 
google_baiduClick to Large >>> 
 
This infographic shows search engine market shares based on traffic in July 2016
 
There are, however, some exceptions. In China, Baidu is the undisputed number one. In 2010, Google withdrew from the country due to censorship issues and has since then had no access to one of the largest advertising markets in the world. According to a forecast from the Statista Digital Market Outlook, 26.5 percent of all search engine advertising revenue is generated in China. That adds up to more than 24 billion US dollars.
 
しかし、いくつかの例外も存在する。China においては、Baidu が誰もが認めるナンバーワンである。検閲が問題となり、2010年に撤退してからというもの、この世界で最大の広告市場に Google はアクセスしていない。Statista の Digital Market Outlook によると、すべての検索エンジンにおける広告収入の 26.5% が、Chinaで発生していようだ。そして、この検索エンジン・マーケットに、$24 billion 以上の売上を上乗せしているのである。
 
More data on the development of the search engine market can be found in the free Statista market report ‘Digital Advertising: Search‘.
 
検索エンジン・マーケットの成長に関しては、Statista が提供する Digital Advertising: Search を参照して欲しい。
 
ーーーーー
AdBaidu のシェアと売上が、だんだんと明らかになってきました。そして、クラウド・アドの世界の住み分けが見えてきました。主として Google と Facebook で構成される、欧米のクラウド・アドの売上は $80 billion 〜 $90 billion 前後と言われていますので、Baidu の $24 が 26.5% に相当するという分析も、大まかなところで辻褄があっています。それにしても、中国市場の成長ぶりがスゴイですね。全体としての経済成長が鈍化している中国ですが、この Baidu と、Alibaba や Tencent などが、新しい経済を生み出しているのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google と Facebook と Baidu が Top-10:世界のディジタル広告売上ランキングとは?
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on 欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している

Posted in .Selected, IBM, Microsoft, On Monday, Research, SaaS, Salesforce by agilecat.cloud on August 22, 2016
SaaS: Vertical-Specific Software is Largest SaaS Segment
By Dick Weisinger – August 15th, 2016
http://formtek.com/blog/saas-vertical-specific-software-is-largest-saas-segment/
_ formtek
Global Software as a Service market is expected to reach $55 billion by 2026 from $12 billion in 2016, according to a report by Better Buys. Currently about two-thirds of small and medium businesses have started to use SaaS services and that is expected to grow to 78 percent over the next three years.
 
グローバルにおける SaaS マーケットは、2016年の $12 billion から、2026年の $55 billion へ成長すると、Better Buys が予想している。また、現時点において、中小企業の約 2/3 が SaaSサービスを利用し始めているが、この領域は今後の 3年間で 78% で成長していくと予想される。
 
SaaS MarketFrom SaaS report
by Better Buys.
 
Small companies are particularly attracted to SaaS options that are very specific to their industry, rather than broader ‘platform’ offerings from vendors like Salesforce.  Vertical-specific software is now the largest segment of the SaaS market.
 
それらの中小企業は、たとえば Salesforce などのベンダーが提供する、広範におよぶプラットフォーム・プロダクツよりも、自身の業界に特化した SaaS の選択肢に惹かれている。つまり、SaaS マーッケトにおける最大のセグメントは、それらの業務用ソフトウェアに、つまり、バーチカル市場になっている。
 
Stacia Mullaney of Better Buys, said that “SaaS solutions offer significant benefits over on-premise products including cost, accessibility and scalability. SaaS contracts are frequently month-to-month so customers aren’t locked into long-term deals. This means vendors must continually deliver value to minimise flight risk.  The surge in startups has taken a large volume of market share from major competitors like Adobe, Cisco, IBM, and even Salesforce.
 
Better Buys の Stacia Mullaney は、「特定分野向け SaaS ソリューションは、コスト/アクセシビリティ/スケーラビリティの面で、オンプレミス製品を超えていく大きなメリットを提供している。また、SaaS に関する契約は月ごとに更新されるので、長期間の契約にロックインされることもない。つまり、ベンダーたちは、リスクを最小限に抑えた運用上の価値を、ベンダーたちは継続して提供していく必要がある。そして、Adobe/Cisco/IBM/Salesforce といった大手のプレイヤーたちから、急増するスタートアップたちが大きなシェアを奪い取っているのだ」と述べている
 
New SaaS offerings and startups are rising at a rate of more than 1,400 over the last five years among various sectors. Larger organisations like Salesforce will need to learn to pivot and execute faster to keep up. Companies are beginning to look for software that answers needs more specific to an industry rather than utilizing enterprise level SaaS that offer a more ‘platform’ approach, like Salesforce. With this shift, SaaS companies are seeing interesting changes in the marketplace.”
 
そして、彼は、「SaaS スタートアップが特定分野に提供するソリューションでは、この 5年間で 1,400 社以上も増えている。Salesforce のような大手は、この動きを学習し、素早く追いついてくために、学習する必要があるだろう。ユーザー企業が必要とするのは、自身の業界に特化したソフトウェアであり、Salesforce などが提供する、エンタープライズ向けのプラットフォームというアプローチではないのだ。このような移行に伴い、SaaS マーケットでは、とても興味深い変化が生じている」と説明している。
 
ーーーーー
On Mondayこの 6月にポストした、「SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!」という抄訳との対比が興味深いです。ただ、そちらの記事でも、Others の占める割合が 60% となっているので、やはり、特定の業務分野における SaaS スタートアップの勢いはスゴイのでしょう。IaaS と PaaS に代表される、クラウド・プラットフォームにおけるシェア争いが一段落し、これからは SaaS マーケットの動向に注目が集まりそうです。でも、こうした SaaS スタートアップが頼りにするのは、それらのプラットフォームであり、その意味でもクラウドの時代が本格化しているのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
 

Comments Off on SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している

Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Huawei, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 19, 2016
The Apple of China has hit a wall
Jeff Dunn – Aug 16, 2016
http://www.businessinsider.com/xiaomi-smartphone-sales-china-market-share-2016-8
 
_ Business Insider
 
The so-called “Apple of China” is having a rough go of it.
 
いわゆる China の Apple が、困難に直面している
 
As this chart from Statista shows, Chinese manufacturer Xiaomi saw a 38.8% year-over-year decline in smartphone sales for its home country this past quarter. According to research firm IDC, shipments dipped from 17.1 million to 10.5 million, while its market share fell from 16% to 9.5%. Meanwhile, rivals Huawei, Oppo, and Vivo all saw big gains, which IDC attributes to stronger marketing campaigns and offline channel support.
 
Statista のチャートが示すように、China のメーカーである Xiaomi が、2016年 Q2 において、スマートフォンの売上を前年比で 38.8% も下落させている。調査会社である IDC によると、その出荷台数は 1,710万台から 1,050万台に減り、マーケット・シェアは 16% から 9.5% に下げている。その一方で、パワフルなマーケティング・キャンペーンと、オフラインでのサポートにより、ライバルである Huawei/Oppo/Vivo がシェアを伸ばしていると、IDC は伝えている。
 
smartphone_china
 
Statista
 
In any case, when it comes to its bread and butter, Xiaomi is a ways off from its former position as the world’s most valuable tech startup. One firm it is leading, however, is the Apple of, well, everywhere, as lagging iPhone SE sales gave Apple a 32% year-over-year drop.
 
Xiaomi の屋台骨である収益性の話だが、世界で最も価値のあるハイテク・スタートアップとしての路線から、大きく逸れているようである。しかし、その傾向にあるメーカーとして、世界でシェアを下げているのは Apple だ。iPhone SE の不調により、この China でも 32% もシェアを落としている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2以前から、Huawei と Xiaomi の位置が逆転すると言われていましたが、Oppo と Vivo も伸びているのですね。また、今年の1月には、「iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけ!」という抄訳をポストしています。それは、2015年 Q4 のシェアを分析するものですが、その中国でも、Apple は不振のようです。Agile Cat の周囲にも、Android を MVNO で使う人が増えてきていますが、それで良いと言われれば、それで良いツールなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した
iPhone の売行きに暗雲:8年間も続いた栄光の歴史が終わるのか?
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか?
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
Microsoft と Xiaomi の思惑が一致した:Windows 10 を走らせる最新タブレットとは?
 

Comments Off on Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

まだまだ伸びるデジタル広告の世界:2021までの成長予測を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on August 18, 2016
The Digital Ad Market Still Has Room to Grow
Felix Richter, Aug 4, 2016
https://www.statista.com/chart/5421/digital-ad-market-growth/
 
_ Statista
 
Over the past decade, digital advertising has grown to become a huge business. Companies such as Google and Facebook rake in $10+ billion a year selling ad space on their various platforms and, just as the market as a whole, they show no signs of slowing down.
 
この10年間において、デジタル広告は巨大なビジネスに成長した。Google や Facebook といった企業は、さまざまなプラットフォームの広告スペースおいて、年間で $10 billion + という売上をかき集めている。そして、このマーケット全体としては、依然として減速の兆候は見られない。
 
digital_ad_market_growthClick to Large >>>
 
This chart shows estimated worldwide digital advertising revenue in 2016 and 2021.
 
このチャートは、2016年と 2021年における、グローバルでのデジタル広告売上を推測するものである。
 
According to data from Statista’s Digital Market Outlook, search advertising is the largest piece of the digital advertising pie with global revenues amounting to $91 billion this year. Banner advertising ranks second with $43.5 billion in estimated revenue.
 
Statista の Digital Market Outlook によると、このデジタル広告における最大のマーケットは、検索に関連する広告である。今年のグローバルで売上高は $91 billion であり、その後に続くのが、バナー広告の $43.5 billion となる。
 
Statista’s analysts expect the digital ad market to grow at an average rate of 10.9 percent over the next five years, with social media and video advertising outpacing the overall market’s growth. For more insights and digital advertising trends, download our free market report “Digital Advertising: Banner”.
 
Statista のアナリストたちは、これから 5年間でのデジタル広告のマーケットは、10.9% という速度で成長すると予測している。そして、ソーシャル・メディアとビデオの成長が、このマーケットの平均を上回るスピードで伸びるとも述べている。デジタル広告に関する動向と、より詳細な洞察に興味があるなら、Stasista の Digital Advertising: Banner をダウンロードして欲しい。
 
ーーーーー
Adこの 6月にポストした、「Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?」という抄訳には、「これまでの 10年の間に、広告メディアとしてのインターネットは印刷媒体を追い抜き、テレビに続く二番目のポジションへと昇ってきた」という解説がありました。以前から、このデジタル広告の世界では、ソーシャルとビデオが伸びると予測されていましたが、検索とバナーに関しても、まだまだ成長の余地があるのですね。いずれは、このデジタル広告の世界が、テレビをも追い抜いいていくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: その脅威の成長エンジンをチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績をチャートで!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向をチャートで!
Instagram の広告がスゴイ! Facebook レベルの 収益性が見えてきた!
Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! 
 

Comments Off on まだまだ伸びるデジタル広告の世界:2021までの成長予測を1枚のチャートで!

Twitter の成長が完全に止まった:それを示す1枚のチャート! 

Posted in .Chronicle, Facebook, Instagram, Research, Social, Tencent, Twitter, WhatsApp by agilecat.cloud on August 10, 2016
Competition Leaves Twitter in the Dust
Felix Richter – Jul 27, 2016
https://www.statista.com/chart/5358/twitters-user-growth-in-perspective/
 
_ Statista
 
When Twitter reported its results for the second quarter of 2016 on Tuesday, the company once again disappointed its investors with lackluster user growth. Instead of reaccelerating its user growth, Twitter basically flatlined. Now at 313 million monthly active users, Twitter added just 3 million users in the past three months and no more than 11 million since the first quarter of 2015.
 
この火曜日 (7/26) に、Twitter が 2016年 Q2 の収支を報告したが、ユーザー数の伸びに精彩を欠き、投資家たちを失望させた。Twitter のユーザー数は、成長を再加速させるというより、死につつあるという状況なのだ。この3ヶ月間で、Twitter は 300万のユーザーを積み上げ、MAU (Monthly Active Users) を 3.13億人に伸ばした。しかし、2015年 Q1 と比較すると、わずか 1100万人を追加したに過ぎない。
 
twitters_user_growthClick to Large >>>
 
This chart compares Twitter’s long-term user growth to that of the company’s competitors.
 
このチャートは、Twitter と競合他社の、長年にわたるユーザー数の成長を比較している。
 
 
As our chart illustrates, Twitter’s competitors have overtaken the company left and right in the past years. Instagram recently passed the 500 million user mark while WhatsApp, WeChat and of course Facebook are long out of Twitter’s sight.
 
当社のチャートが示すように、数年の間にライバルたちが、一斉に Twitter を追い抜いていった。最近では、Instagram が5億ユーザーに達したが、WhatsApp や WeChat 、そしてFacebook は、Twitter の視野から消え去っている。
 
ーーーーー
twitter-55aこうして比較してみると、WhatsApp と WeChat という、メッセンジャー系の伸びが顕著ですね。この機能は、Twitter にもあるのですが、なぜ、活かすことができなかったのでしょうか? とても簡単にアカウントを作れて、また、廃棄できることが、Twitter の特徴でもあるのですが、これではアカウントが大切にされません。反対に、Facebook は実名主義であるため、メッセンジャーとの整合性も取れていますし、ページとの連携もスマートに処理されています。インターネット自体が匿名から実名へと、ゆるやかにシフトしているように思えますが、Facebook と Twitter の明暗が、それを印象付けているのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
FB も IG も歯が立たない、Pinterest とショッピングの関係を1枚のチャートで!
Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
 

Comments Off on Twitter の成長が完全に止まった:それを示す1枚のチャート! 

スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Research, Wearable by agilecat.cloud on July 28, 2016
Smartwatches – The Next Big Thing That Wasn’t
Felix Richter, Jul 22, 2016
https://www.statista.com/chart/5328/smartwatch-shipments/
 
_ Statista
 
When Apple introduced the Apple Watch in April 2015, many pundits expected smartwatches to become the next big thing and emulate the success of smartphones and tablets. And while the Apple Watch definitely made its mark and quickly became the most popular smartwatch out there, the market as a whole never really took off.
 
Apple Watch が市場に投入された 2015年4月の時点では、スマートウォッチは次のマーケットを構築し、スマートフォンやタブレットの成功を再現するものになると、数多くの評論家たちが期待していた。そして Apple Watch は、間違いなく一定の成功を収め、最も人気のあるスマートウォッチになっていったが、このマーケット全体が離陸したとは言えないだろう。
 
smartwatch_shipments_nClick to Large >>>
This chart shows estimated global smartphone shipments since Q2 2014.
 
Doubts about the added benefit of smartwatches in between smartphones and considerably cheaper fitness armbands always lingered, and the lack of obvious killer features didn’t help broader adoption either.
 
スマートフォンと安価なフィットネス・バンドが、それぞれのマーケットを維持する中で、スマートウォッチは何らかのメリットを加えようとした。しかし、独自の機能が欠如しており、広い範囲で受け入れられる状況にはならなかった。
 
In the past quarter, the global smartwatch market saw its first contraction, with worldwide shipments declining by more than 30 percent year-over-year. According to IDC’s estimates, shipments amounted to 3.5 million units between April and June this year, down from more than 5 million in the past year. While it needs to be noted that last year’s June quarter marked the launch quarter of the Apple Watch, it took both the smartphone and tablet markets years to see their first year-over-year declines after Apple had entered and thus made them the next big thing.
 
最近の四半期ごとのデータを眺めてみると、グローバルでのスマートウォッチ市場は、前年比で出荷台数が 30% 以上も下落するという、初めての後退を見せている。IDC の推計によると、今年の 4月〜6月の出荷台数は 350万台となるが、前年同期は 500万台というレベルにあったのだ。ただし、昨年の 4月〜6月期は、Apple Watch の立ち上げ時期と重なっていることを、指摘しておく必要がある。それは、Apple のスマートフォンやタブレットが、前年比で初めてマイナスを記録した直後であり、同社として新たなマーケットを模索していた時期でもあった。
 
ーーーーー
Wearableそういえば、このところ、スマートウォッチが話題になりませんね。その一方で、Pokemon GO のような、人々を物理的に移動させるアプリが登場しましたが、それを動かすのもスマフォです。Apple Watch について言うなら、あくまでも iPhone のアクセサリーという位置づけであり、それでは、大ヒットは望めないと思えます。とは言え、いまのスマフォのパワーが、腕時計の容積に収まるまで、それほどの時間が必要とも思えません。いまから数年度には、再びスマートウォッチが注目されると、期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?
一般の消費者たちは、ガジェットに飽きてしまったのか? それを示す1枚のチャート!
Apple Watch 2 の、3月発売という見込みは無くなったようだ
 

Comments Off on スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!

Yahoo と AOL: この Verizon 傘下の二社を合わせると、Web トラフィックにおける米チャンピオンとなる!

Posted in .Chronicle, Facebook, Google, Research, Yahoo by agilecat.cloud on July 27, 2016
With the Yahoo deal, Verizon will pass Google and Facebook to become the biggest web network
Matt Rosoff – July 25, 2016
http://www.businessinsider.com/yahoo-and-aol-combined-get-more-viewers-than-google-or-facebook-2016-7?
 
_ Business Insider
 
You might not think of Verizon as a web powerhouse, but with the purchase of Yahoo, it has the potential to own the biggest audience of online users in the United States.
 
Verizon は Web の大国と捉えられていないだろうが、Yahoo を買収することで、US で最大のオンライン・ユーザーを抱える、大きな存在になるのかもしれない。
 
Yahoo_AOL
Statista
 
This chart from Statista shows ComScore’s June 2016 measurements of visitors to the most popular networks of web properties in the United States. Yahoo has long been number three behind Google and Facebook, and now has about 206 million unique visitors. Verizon also owns AOL’s network of sites, including properties like the Huffington Post, Engadget, and TechCrunch, which account for another 153.6 million.
 
この Statista のチャートは、6月に実施された comScore の調査結果をマトメたものであり、US で最も人気のあるネットワークへの、2016年におけるビジターの測定値を示すものである。Yahoo は、約2.06億人のユニーク・ビジターを持ち、Google と Facebook を追いかける三番手のポジションを、長期間にわたり維持している。また、Verizon は AOL のネットワークも所有しており、その傘下にある Huffington Post/Engadget/TechCrunch などを合算すると、1.536億人というユニーク・ビジターが加算される。
 
There’s almost certainly overlap between the two audiences, so the total will be somewhat less than the 359.4 million you’d get if you simply add the two audiences together. But the total could certainly be bigger than Google’s monthly US traffic of 241.9 million.
 
Yahoo と AOL にアカウントを持つという、重複するユーザーもいるはずなので、両者を合算しても 3.594億人を下回るオーディエンスになるだろう。とは言え、US における月間のトラフィックとしては、Google の持つ 2.419億人を、確実に上回ると推定される。
 
ーーーーー
yahooついに 米Yahoo が、Verizon に買収されてしまいます。寂しいというか、時代の流れというか、そんな感傷に浸ってしまう出来事です。いくつかのメディアが報道しているように、おそらく Verizon は、Yahoo と AOL を連携させることで、なんらかの相乗効果を生み出そうとするはずです。二年ほど前に、「広告ビジネス: Yahoo と AOL を統合しろという声があるが、Google と Facebook は止められない」という抄訳をポストしましたが、その中に含まれるチャートを見ると、広告に関しては、それほど容易な道筋ではないようです。これからの二社の動きに注目ですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
Yahoo が Snapchat に出資か? $10 billion になるというウワサも流れている
Yahoo の ロゴが新しくなる : その候補を Youtube で!
Yahoo と Marissa Mayer の新体制: Pinterest からスター・エンジニアを GET!
 

Comments Off on Yahoo と AOL: この Verizon 傘下の二社を合わせると、Web トラフィックにおける米チャンピオンとなる!

%d bloggers like this: