Agile Cat — in the cloud

Chromebook の出荷台数が、ついに MacBook を上回った: 米市場からのレポート

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Post-PC by agilecat.cloud on June 2, 2016
 Chromebooks outsell Apple Mac devices in the US for the first time
TOI Tech – May 19, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/computing/Chromebooks-outsell-Apple-Mac-devices-in-the-US-for-the-first-time/articleshow/52349174.cms
 
_ Times of India
 
For the first time, the shipments of Google’s Chromebook devices surpassed that of rival Apple’s Mac laptops and PCs in the US in the first quarter of 2016, said IDC analyst Linn Huang while talking to The Verge.
 
2016年 Q1 の US 市場において、ついに Google Chromebook デバイスの出荷台数が、ライバルである Apple の Mac Laptop と PC を上回ったと、IDC のアナリストである Linn Huang が The Verge に語った。
 
ChromebookImage
Youtube
 
The analyst did not reveal any specific numbers on the shipments of Chromebooks. However, it was said that Apple shipped 1.76 million Mac devices in the US in the first quarter of 2016. This means that the shipments of Chromebooks exceeded 1.76 million.
 
このアナリストは、Chromebook の出荷台数について、具体的な数値は明らかにしていない。しかし、2016年 Q1 の US で、Apple は 176万台の Mac デバイスを出荷したと言われている。つまり、この 2つの情報を照らし合わせれば、Chromebooks の出荷台数が、176万台を超えたことになる。
 
The analyst further added that K-12 education market was the primary sector accounting for majority of Chromebook shipments. This has been the case since the last few years. It is worth mentioning that total Chromebook shipment numbers come from combined shipments from all the Chrome OS OEMs like Dell, HP and Lenovo. Shipment numbers outside the US still remain a secret, for now.
 
さらに、このアナリストは、K-12 教育マーケットが、Chromebook の出荷台数の大半を占める、最大の要因であると付け加えている。この数年は、この傾向が顕著である。そして、Chromebook の総出荷台数が、すべての Chrome OS OEM メーカーである、Dell/HP/Lenovo などで構成されていることに、言及しておくべきであろう。なお、US 国外での出荷台数は、依然として不明のままである。
 
Chromebooks are likely to see a boost in the coming future as Google is planning to bring all Android apps (including Google Play Store) to its Chrome OS . The search giant is supposed make an official announcement later today in the ongoing Google I/O 2016 conference.
 
また、Google が Chrome OS に対して、すべての Android アプリ(Google Play を含む)を持ち込もうと計画していることも、これからの Chromebook を、さらに加速させる可能性を生み出している。この、サーチ・ジャイアントは、開催中の Google I/O 2016 カンファレンスで、一連の計画について正式にアナウンスしたものと思われる。
 
The confirmation came from a session description on the Google I/O website. The description has since been pulled from the website.
 
Google I/O Web サイトの、セッションに関する記述を確認して欲しい。上記の説明は、この Web サイトから引用したものである。
 
“Today we announced that we’re adding the best mobile app experiences in the world, Android apps and the Google Play store, to the best browser in the world, Chrome! Come to this session and test your Android apps for Chrome OS. You will get hands on help from our friendly engineers on how to optimize your Android app for Chromebooks. Oh, and we will also be giving the first 50 developers to show up a free Chromebook so they can get a head start bringing their apps to Chrome!,” read the event description.
 
そのイベントの詳細として、「今日、私たちは、世界で最高のブラウザに、世界で最高のモバイル・エクスペリエンスを組み込むことを発表した。つまり Chrome 上に、Android アプリや、Google Play ストアが加わることになるのだ!このセッションのビデオで、あなたの Android アプリを、Chrome OS で動かせることを確認して欲しい。私たちのフレンドリーなエンジニアのサポートを得て、あなたの Android アプリを Chromebook で走らせ、最適化していくことが可能だ。それと、このプログラムを盛り上げるために、最初に Chrome 化を達成した 50人のデベロッパーに、Chromebook を無償で提供することにした。だから、あなたのアプリの Chrome 化を急いで欲しい!」と説明されている。
 
ーーーーー
google-55aなかなか好調な、Chromebook という感じですね。最近は、ARM A17 相当の 4-Core チップが載ったデバイスが 3万円台で販売されるなど、日本のマーケットにもジワジワと浸透しているようです。60日間隔でアップデートされる  Chrome OS も、この二年ほどで随分と洗練され、エクステンションも充実してきました。そして、Android アプリが動くようになれば、これがあれば充分というユーザーも増えてくるはずです。とにかく、手軽に買える価格帯というのが、嬉しいですよね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
米 教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
 

Comments Off on Chromebook の出荷台数が、ついに MacBook を上回った: 米市場からのレポート

インド の Micromax から ノートPC がデビュー:Intel Atom 4-Core と Windows 10 が搭載され、なんと US$157 という価格だ!

Posted in .Chronicle, Asia, Microsoft, Post-PC, Weekend by agilecat.cloud on May 14, 2016
Micromax launches Canvas Lapbook L1160 laptop at Rs 10,499
TOI Tech – May 4, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/more-gadgets/Micromax-launches-Canvas-Lapbook-L1160-laptop-at-Rs-10499/articleshow/52110483.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: Indian consumer electronics company Micromax has added yet another entry-level laptop to its Lapbook series with the launch of the Canvas Lapbook L1160. Made in association with Microsoft and Intel, the L1160 is priced at Rs 10,499. The laptop will be available exclusively on Amazon India starting May 4.
 
India の家電メーカーである Micromax が、Canvas Lapbook L1160 というラップトップ PC を立ち上げ、このマーケットにも参入してきた。Microsoft および Intel との提携により、この L1160 には Rs 10,499 (US$157) という価格が設定され、5月4日から Amazon India で独占的に販売される。
 
micromax_canvas_lapbook_l1160Micromax Canvas LapBook L1160 has an 11.6-inch non-detachable display with 1366×768 pixels resolution, The device runs on Windows 10 operating system and is powered by an Intel Atom Quad-core processor clocked at 1.83GHz.
 
Micromax Canvas LapBook L1160 には、脱着型のディスプレイとして、1366×768 Pixel の 11.6-inch のスクリーンが提供される。また、このデバイスでは、Windows 10 オペレーティング・システムおよび、1.83GHz の Intel Atom Quad-Core プロセッサが搭載される。
 
The laptop comes with 2GB of RAM and 32GB eMMC flash storage which can be further expanded up to 64GB using a microSD card. On connectivity front, there are two USB 2.0 ports, one HDMI port, one Ethernet port, along with Wi-Fi and Bluetooth radios. The L1160 weighs 1.13kg and is backed by a 4,100 mAh battery.
 
また、このラップトップには、2GB の RAM と 32 GB の EMMC フラッシュ・ストレージが実装されるが、microSD カードにより 64 GB まので拡張が可能となっている。
 
接続性に関しては、2つの USB 2.0 ポート、HDMI ポート、Ethernet ポートが提供され、また、Wi-Fi と Bluetooth にも対応している。そして L1160 の重量は 1.13kg であり、バッテリー容量は 4100 mAh となる。
 
Recently, the company also announced a complete overhaul of its market strategy, in order to combat slowed growth in the smartphone sector. Although originally a smartphone brand, the company has slowly expanded its focus to products as diverse as tablets, PCs, LED TVs and laptops.
 
最近の同社は、スマフォ分野の成長が緩やかであることから、そのマーケット戦略の刷新を発表したところだ。元々はスマフォのブランドとして設立された Micromax であるが、最近は Tablet/PC/LED TV/Laptop などにもフォーカスし、多様なプロダクト・ラインへ向けて、ゆっくりとビジネスを拡大している。
 
Micromax is also looking forward to increasing domestic production in order to lessen its reliance on imports, part of its ‘Make in India’ strategy.
 
また、Micromax は、輸入への依存を軽減する、Make in India という国家戦略の一環として、国内生産の増大を目指していくという。
 
ーーーーー
weekendAcer PCなかなか頑張る Micromax ですね。いまの PC が、どのくらいの価格で売られているのかを調べてみたら、最新の Acer Aspire 11.6′ Flagship Cloudbook が、Amazon で $148 とのことでした。ただし、こちらは 2-Core であり、RAM は 2GB で、フラッシュ・ストレージは 16GB です。そう考えると、Micromax の L1160 の方が、わずかながらコストパフォーマンスが良いことになります。おそらく、インド市場をターゲットにしたものであり、グローバル狙いの Acer とは比較にならないのでしょうが、インドのデバイス産業が、あっという間に、ここまで来たことに驚いてしまいます。スマフォは 5,000円で、ノート/タブレットは 10,000円という世界が、この日本でも、そこまで来ている感じがします。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
インドの Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで、なんと $140 なのだ!
ココまで来たぁ! インドの最安 Android スマフォは、ほんとうに 14ドルで販売されるのか?
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長:成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
 

Comments Off on インド の Micromax から ノートPC がデビュー:Intel Atom 4-Core と Windows 10 が搭載され、なんと US$157 という価格だ!

ヨーロッパにおける Google の占有率: Search/Android/Chrome のシェアを1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on April 24, 2016
Here’s exactly how dominant Google is in Europe in search, smartphones, and browsers
Matt Rosoff – Apr. 20, 2016
http://www.businessinsider.com/google-europe-market-share-search-smartphones-browsers-2016-4
 
_ Business Insider
 
Europe’s competition regulators launched their second formal investigation into Google on Wednesday. This one is about whether Google used Android’s dominant position in smartphone operating systems to promote its other mobile products and services, squeezing out competing mobile operating systems. This joins a previous investigation, still underway, into whether Google used its dominant position in search to promote its own products and suppress competitors.
 
この水曜日(4/20)に、ヨーロッパにおける不正競争を規制する機関が、Google に関する正式な調査結果を開始した。それは、モバイル OS における Android の支配的なポジションを利用して、Google が優位になるような、意図的な行為が見られるかどうかを調べるものである。具体的にいうと、モバイル市場における自社のプロダクトやサービスを、不正にプロモートしてるかどうか、そして、モバイル OS における競合を不正に排除しているかどうかが、この調査の内容となる。
 
google_eu
Statista
 
So how dominant is Google in Europe, anyway? This chart from Statista shows Google’s market share in the five biggest EU countries in three markets: search (Google Search), mobile platforms (Android), and Web browsers (Chrome).
 
いずれにせよ、誰もが気になるのが、ヨーロッパにおける Google の支配力である。この Statista によるチャートは、ヨーロッパ市場の3つのセグメントで、5カ国における Google シェアを示すものである。 左から順に、Search (Google Search)/Mobile Platforms (Android)/Web Browsers (Chrome) となっている。
 
In search, there’s nobody close. In smartphones and browsers, Google still faces tough competition from other tech giants like Apple and Microsoft.
 
Search に関しては、競合が存在しない状況である。Mobile Platforms と Web Browsers では、Apple や Microsoft などのテック・ジャイアントと、Google は激しく競合している。
 
ーーーーー
mobile_55それにしても、Android の勢いがスゴイですね。いわゆる、ヨーロッパのモバイル先進国で、圧倒的なシェアに達しており、最も浸透率の低いイギリスでも 56% となっています。 検索に関しては、独占という状況ですが、Crome は思ったほどのシェアに達していません。 そして、スマフォだけのことを考えると、大半のサービスがアプリを介して利用され、ブラウザの出番が減ってきているというデータがあります。 おそらく、このようなアプリに独占される傾向に関しては、Google にも誤算があったのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iOS と Android の 占有率は動かないのか? 7年間のモバイル OS の攻防を1枚のチャートで!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
モバイル・アプリ・デベロッパー: 設計や開発よりもマーケティングが難しいという調査結果
iPhone 神話: マーケットの右肩下がりと、iPhone の右肩下がりを、1枚のチャートで比較する!
Android N の N は、Nutella の N : プレビューが始まったようだが?
 

Comments Off on ヨーロッパにおける Google の占有率: Search/Android/Chrome のシェアを1枚のチャートで!

Mac の ポジションは PC 市場の四番手:iPad との統合を拒否する Apple に転機は訪れるのか?

Posted in .Chronicle, Apple, Post-PC by agilecat.cloud on April 21, 2016
The MacBook is becoming more and more popular
Evan Niu, The Motley Fool – Apr. 14, 2016
http://www.businessinsider.com/macbook-becoming-more-and-more-popular-2016-4
 
_ Business Insider
 
Slowly but surely, Apple has been growing its global PC market share every quarter for nearly a decade. Meanwhile, the mature PC market continues to stagnate, although global unit volumes have stabilized for the most part. Even though Mac unit shipments declined by 4% in the fourth quarter, that still outperformed the broader market’s 11% drop, according to IDC. So Apple gained share.
 
Macこの 10年において、グローバル市場での Apple の PC シェアは、それぞれの四半期ごとに、ゆっくりではあっても着実に成長している。その一方で、成熟しきった PC 市場は、量的な面では安定してきたが、ビジネスとしては停滞し続けている。IDC によると、2015年 Q4 での Mac の出荷台数は 4% 減であるが、全体としての PC 市場は 11% 減であるため、Apple はシェアを伸ばしていることになる。
 
IDC has now released its estimates for the first quarter, and the numbers show that this trend is continuing.
 
最近になって IDC が公表した予測によると、今年の Q1 も、その傾向が継続していくことになる。
 
The MacBook rises
 
IDC estimates that Apple has now become the No. 4 global PC vendor, thanks in part to strong demand within North America. Apple’s performance was strong enough to narrowly overtake ASUS in the rankings.
 
IDC は Apple に関して、現時点で世界で4番手の PC ベンダーであると推定している。その背景にあるのは、北米で高まっている需要であり、グローバル・ランキングで ASUS を追い越す原動力となっている。
 
It was a slim victory over ASUS, and it’s also worth noting that Gartner‘s figures differ in that it still ranks ASUS at No. 4 with 5.4 million units shipped. But regardless, Apple continues to hold its own in the PC market, slowly chipping away at the Windows world.
 
ただし、それは、ASUS に対する僅差での勝利であり、また、Gartner の数字によると、5.4 million 台を出荷した ASUS が、ランキングの 4番を維持しているのである。 こうした、注目すべてデータも在るのだが、いずれにせよ Apple は、その独自性を維持しつつ、ゆっくりと Windows の世界を侵食し続けている。
 
Click to Large >>> Mac PC
 
Mac updates these days are largely incremental, since it’s such a mature product category. Additionally, the timing of future Mac cycles is sort of up in the air right now as Intel is moving away from its long-standing tick-tock model. But in the absence of CPU performance improvements, Apple can still drive demand with new industrial designs and continued operating system updates.
 
このところ、Mac のアップデート・サイクルが短くなってきているが、その理由としては、この製品カテゴリの成熟が挙げられるだろう。また、将来における Mac のアップデート・サイクルは、長年にわたり Intel が維持してきた、Tick-Tock Model から離れるにつれて、さらに自由なものになっていくだろう。つまり、CPU のパフォーマンス向上が不在となった状況の下で、これからも Apple は、新しいインダストリアル・デザインの需要を促進し、オペレーティング・システムのアップデートを継続していけるのだ。
 
The rise of detachables
 
Categorically, the PC market is also being partially cannibalized by rising sales of detachables and convertibles. The Mac will decidedly not be Apple’s attempt to capture this demand; that’s what iPad Pro is for. For what it’s worth, IDC technically considers the iPad Pro to be a detachable due to the Smart Keyboard, even though the accessory is sold separately.
 
はっきりしているのは、いまの PC 市場が、コンバーチブルなどの台頭により、世代交代の最中にある点である。しかし、Apple は Mac のために、この種の需要を取り込もうとはしないだろう。 それが、iPad Pro の立ち位置からも伺える。つまり、どこに価値を求めるのかという話なのである。ただし IDC は、iPad Pro に関して、Smart Keyboard が別売りにされるにしても、脱着型の PC になるだろうと見なしている。
 
Still, part of me thinks that Apple could have hedged its bets on convertibles and detachables when it comes to the operating system interface. The Mac maker has made a concerted bet that mobile and desktop platforms would remain distinct, but that could turn into a disadvantage if the market signals that it truly wants a convergence — which could be happening as we speak, given that detachables sales are on the rise.
 
そして、私は、オペレーティング・システムのインターフェースを観るに際し、Apple はコンバーチブルとという可能性に、リスク・ヘッジしていると捉えている。いま、この Mac メーカーは、モバイルとデスクトップのプラットフォームが、別々のままで協調していくという路線に賭けているが、マーケットの需要を見ながら、それが不利になると判断すれば、それらの統合へと進路を変更するだろう。つまり、ここで私たちが説明してきたように、コンバーチブルの売上高が増加していくなら、そのような変化が生じる可能性もあるのだろう。
 
ーーーーー
appleMac が 4番手になったというよりは、PC に求められるものが変化していく中で、どのように Apple は対応していくのかという点が興味深いですね。Agile Cat も Mac mini を使っていますが、その Intel i7 のパワーと、16GB のメモリーを最大に消費しているのは、4つのウィンドウで 30個くらいのタブを開けっ放しにしている Chrome であり、 それに続くのが Evenote や Onenote といったクラウド・ドキュメント・サービスなのです。Mac アプリとしては、Microsoft Office と Mars Editor を使いますが、その頻度は決して高く有りません。次に Office をアップデートするときには 365 になるでしょうし、アプリからクラウドへとワークロードが移行していると、実感するこの頃です。 そうなると、だいたいのことはタブレットで済んでしまいますし、これからの ARM プロセッサであれば、その際にストレスも感じなくなるでしょう。 さらに言うなら、iPad や Android タブにキーボドがあれば PC なんて不要という、Post-PC の時代になっていくのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iOS と Android の 占有率は動かないのか? 7年間のモバイル OS の攻防を1枚のチャートで!
iPhone 神話: マーケットの右肩下がりと、iPhone の右肩下がりを、1枚のチャートで比較する!
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編
 

Comments Off on Mac の ポジションは PC 市場の四番手:iPad との統合を拒否する Apple に転機は訪れるのか?

PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!

Posted in .Chronicle, Microsoft, Post-PC, Research by agilecat.cloud on March 25, 2016
The PC market may finally have found its bottom
Matt Rosoff – March 14, 2016
http://www.businessinsider.com/idc-pc-market-predictions-through-2020-2016-3
 
_ Business Insider
 
The last few years have been rough for the PC market, as annual shipments have fallen almost 25% from their peak of 364 million units in 2011.
 
この数年の PC 市場は、年間における出荷台数が、2011年 364万台のピークから 25% ほど下落するという、荒波に翻弄され続けてきた。
 
World PC shipping 2009-2020
Statista
 
But as you can see in this chart from Statista, based on estimates from market research firm IDC, the plunge may finally be over. IDC predicts annual shipments to drop only another 8% between 2015 and 2020, for a compound annual “growth” rate of -0.5%. The stabilization is a result of faster-than-expected Windows 10 adoption among companies and the rise of larger tablets, IDC says.
 
しかし、市場調査会社 IDC の推定値をベースにした、Statista のチャートを見ると、その急落現象は収まっているようだ。IDC は、2015年から 2020年にかけて、さらに 8% ほど下落すると予測しているが、複合年間率で見れば、わずか 0.5 % の低下に止まる。この安定化の要因は、予想以上に速い Windows 10 の浸透と、大型タブレットの普及だと、IDC は述べている。
 
Of course, like any prediction, this should be taken with a grain of salt — after all, IDC is also the firm that predicted in 2011 that Microsoft’s Windows Phone would pass the iPhone by 2015, which most definitely did not happen.
 
もちろん、その他の予測と同様に、控え目な数字であると捉えるべきであろう。結局のところ IDC は、2015年までに Microsoft Windows Phone が iPhone を追い越すこと、2011年の時点で予測していた調査会社なのである。
 
ーーーーー
research_55どうなってしまうのかと、誰もが心配していた PC 市場ですが、年間で 2.5億台の出荷ペースというレベルで落ち着きそうな感じです。 そして、Windows 10 が伸びているようで、とても嬉しいですね。 たとえば、喫茶店などで iPad ノマドしているときに周りを見渡すと、新品の Windows 10 タブレット/ラップトップに囲まれていることも、多々ありという感じです。それにしても、IDC が酷評されていますね。 IDC に限らず、あらゆる調査会社が、さまざまな予測を提供しているのですが、ほとんどが予測しっぱなしで、なんの検証も行われないというのが、この世界の常識なのでしょうか? 自らの予測結果を検証するコンテントなどが提供されると、なかなか人気を得ると思うのですが、如何なものなんでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Windows 10 が絶好調:すでに2億台のデバイスで走っている・・・
Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?
Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?
Microsoft と Xiaomi の思惑:Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?
Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた状況を、1枚のチャートで!
 

Comments Off on PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!

Google Docs の音声による操作/編集が可能になった! 日本語にも対応しているようだ!

Posted in .Chronicle, AI ML, Google, Post-PC by agilecat.cloud on February 26, 2016
Google Docs now lets you edit and format your documents with your voice
Matt Weinberger – Feb. 24, 2016
http://www.businessinsider.com/google-docs-voice-editing-feature-2016-2
 
_ Business Insider
 
Google today announced a new feature for its mega-popular Google Docs tool that lets you format and edit documents with your voice.
 
今日 (2/24)、Google は、大人気の Google Docs ツール上で、あなたの声で操作/編集するという、新しい機能を発表した。
 
Google Docs with VoiceIt’s an extension to the voice transcription feature Google launched back in September of 2015. But the feature previously only let you dictate basic text — you still needed a keyboard if you want to do things like make a bullet-point list or copy-and-paste.
 
それは、2015年9月に Google が発売した、音声記述機能の拡張版とも言える。 ただし、以前の機能では、基本的にテキストだけを認識するため、たとえば、バレット・リストの挿入や、コピー&ペーストを実行するときには、依然としてキーボードを必要としていた。
 
No longer: Google Docs on the Google Chrome browser on a Mac or PC now lets you do everything hands-free, with only a microphone, per an official blog entry.
 
もはや、それも昔のことだ。Google のオフィシャル・ブログによると、Mac と PC の Google Chrome ブラウザを使うなら、マイクを用意するだけで、すべての操作をハンド・フリーで実行できるようだ。
 
Google Docs with Voice YoutubeClick to Youtube >>>
 
Here’s a video of the new feature:
 
Google has a full list of voice commands here.
 
その、ボイス・コマンドのフル・リストは、ココにある。
 
As an added bonus, Google is also announcing today that the voice typing feature also supports new “dialects” of English, “including English with an Indian accent, Spanish with a Mexican accent, and more so you can talk in the most natural way for you.”
 
なお、Google は、今日の追加プレゼントとして、この音声入力における、英語の「方言」サポートも発表している。具体的にいうと、Indian/Spanish/Mexican アクセントの英語がサポートされている。 その他にも、あなたにとって、最も自然な方法で、話しかけることが可能になっている。
 
The search giant is increasingly investing in voice technology as a more natural way for people to interact with computers — even if they’re not what you’d call “computer people” — across all of its services. Ultimately, Google seems to want you to control everything you do with its apps and sites without needing to lay a finger on anything.
 
この、サーチ・ジャイアントは、コンピュータと対話するための自然な方法として、そのサービス全体を網羅するボイス・テクノロジーに投資している(その対象が、あなたの言う、”computer people” でなくても)。最終的に、Google は、あなたが接するアプリやサイトで行う、すべてのコントロールを、その指先から解放したいと考えているようだ。
 
ーーーーー
google-55aこれは、素晴らしいですね! でも、英語だけでしょう・・・ と思って、文中のコマンド・リストを開いてみたら、なんとビックリ、日本語のドキュメントが出てくるではないですか! まだ、マイクをつないで試していませんが、これは、まさに、日本コマンド・リストです! 90カ国語 (?) を同時にサポートしていくという、Google 先生の宣言は、ホンモノなんですね! いまは、月末で忙しく、とても、試している時間がありませんが、一段落したら、どっぷりと浸かってみたいと思っています。コンピュータの制御は、音声に依存することになると、以前から思っていましたが、その理想へ向けた一歩だと評価したいです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Android Marshmallow では、アプリ内でのダイレクト翻訳が実現される! 90カ国語に対応だ!
Google Keep の iPhone 版が 登場! クロス・デバイスの メモ環境が、さらに便利に!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
Google Play を中国マーケットで展開したいが、それは 自分の役割ではない ー Larry Page
 

Comments Off on Google Docs の音声による操作/編集が可能になった! 日本語にも対応しているようだ!

MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?

Posted in .Chronicle, IoT, Mobile, Post-PC, Research, Wearable by agilecat.cloud on February 22, 2016
MWC: Phones lose grip on mobile
Richard Wilson – 22 February, 2016
http://www.electronicsweekly.com/news/mwc-phones-lose-grip-on-mobile-2016-02/
 
E Weekly
 
What is interesting about Mobile World Congress (MWC) 2016 is that the most exciting developments won’t be in mobile phones.
 
Mobile World Congress (MWC) 2016 で興味深いことは、最もエキサイティングな展開が、スマフォの世界の外側に存在しているという点だ。
 
As the mobile industry shows its technology in Barcelona this week (22-25 February) it will be health monitors smart watches, connected cars and smart cities which will grab the headlines and the interest, maybe.
 
今週 (2/22-2/25) の Barcelona で、モバイル業界が示したテクノロジーはというと、ヘルス・モニタ/スマート・ウォッチ/コネクテッド・カー/スマート・シティなどであり、それらが、ヘッドラインを賑わし、関心を煽っていくものと思われる。
 
WMC 2015Flickr
Kārlis Dambrāns
 
The mobile industry no longer only focuses on the handset but on the connected device, and in this world of IoT that device could be a car just as it could be a watch, health monitor or building.
 
もはやモバイル業界は、スマフォにフォーカスすることはなく、その対象はコネクテッド・デバイスへと移行している。そして、ウォッチやヘルス・モニタが注目されるように、IoT の世界では、車載のデバイスが関心を集めている。
 
So what’s going wrong with the smartphone? Nothing, it’s just user perceptions and market expectations which are changing.
 
そうなると、スマフォの世界では、なにか悪いことが起こっているのかと心配になるが、そんなことはない。唯一の変化は、ユーザーの認識と、マーケットの期待である。
 
The global mobile phone market is still the big market for semiconductor and network suppliers. It is still big and it is still growing. But the rate of growth is slowing down.
 
グローバルにおけるスマフォ市場は、半導体やネットワークのサプライヤにとって、依然として巨大な市場である。そして、巨大なだけではなく、いまだに成長している。しかし、その成長率はというと、鈍化の傾向にあるのだ。
 
The world’s biggest smartphone supplier, Apple saw iPhone sales growth pegged back dramatically in the last three months of last year.
 
世界最大のスマフォ・サプライヤである Apple も、昨年の 10月〜12月期という書き入れ時に、iPhone の売上が低下するという、これまでにはない状況を目の当たりにしている。
 
According to market watcher, Strategy Analytics, shipments of handsets increased by 2% in 2015. But rate of growth is slowing down, significantly in the emerging markets in Latin America and Eastern Europe.
 
マーケット・ウォッチャーである Strategy Analytics によると、2015年のスマフォ出荷台数は、わずか 2% の増加で止まっている。それに加えて、Latin America や Eastern Europe などの途上国マーケットでは、成長率が大幅に減速している。
 
The big markets of Asia, Western Europe and North America are starting to saturate. The handset market is waiting for something new and it doesn’t seem to be happening anytime soon.
 
さらに言うなら、Asia/Western Europe/North America といった巨大マーケットも、飽和点に近づき始めている。そして、スマフォ市場は、新しい何かの到来を待っているが、それが直ぐに起こるようには思えない。
 
Samsung, Huawei and HTC will all announce new smartphones in Barcelona but will these grab more headlines than the latest LG smart watch, or a cloud-based mobile data platform for delivering groceries?
 
この Barcelona では、Samsung/Huawei/HTC などが、新しいスマフォを発表するが、最新の LG スマート・ウォッチや、食料品を提供するクラウド・ベースのモバイル・データ・プラットフォームよりも、数多くのヘッドラインを掴めるのだろうか?
 
The painful reality is that 4G mobile phone technologies no longer excite the consumer. We want something new and this may not happen until 5G comes along. But 5G is five years away.
 
4G スマフォのテクノロジーでは、もはや消費者が夢中にならないという、痛みを伴う現実がある。新しい何かの到来が期待されるが、それは 5G の登場まで起こりえないだろう。そして、5G は、まだ 5年も先なのだ。
 
There will be much talk of 5G at MWC 2016. But this will be about massive MIMO research and spectrum allocations. Or it will be about how mush processor power is need to operate 1GHz data channels. It is way too soon to talk sensibly about 5G handsets and applications.
 
MWC 2016 では、5G に関するトピックが、数多く提供されるだろう。しかし、その大部分は、大規模な MIMO 研究と、スペクトル配分の話になるだろう。さもなければ、1GHz のデータ・チャネルを駆動するために、どれだけのマッシュ・プロセッサのパワーが必要になるかといった話である。つまり、5G のスマフォやアプリまでの、つなぎの話に過ぎないのだ。
 
5G involves such a fundamental change in technology direction that it is unlikely to be ready for the market before 2020. In fact, the network developers are already hinting that it could be 2022 or even 2024 before 54G can deliver on its promise to transform the mobile communications landscape.
 
5G がもたらす根本からの変革は、2020年までのマーケットに対して、現時点で準備されているテクノロジーの方向性とは、まったく異なるものになる。実際のところ、ネットワークの開発者たちは、モバイル通信の世界を 5G が変えていくと約束する、2020年〜2024年よりも前倒しで、準備を整えると仄めかしている。
 
So unless the semiconductor suppliers and handset firms get together and come up with something new like 4.5G, the great and the good of the mobile industry in Barcelona will have to feast on smart watches and smart cities and connected cars. That’s not too bad is it?
 
したがって、半導体のサプライヤやスマフォ・メーカーたちは連携して、4.5G のような新しい何かを取り上げていく。Barcelona におけるモバイル業界の素晴らしいところは、スマート・ウォッチや、スマート・シティやスマート・カーといったものを、プッシュせざるを得ないと認識している点だ。それが、あまりにも見当違いのことだとは思えないのだが?
 
ーーーーー
mobile_55たしかに、いまのスマフォは、マーケットだけではなくテクノロジーも、カベに突き当たっているという感じがしますね。 そして、5G の到来を待っているのですが、それが5年後となると、おそらくスマート・ウォッチくらいの容積に、スーパー・パワーの Mobile AP (Application Processor) が収まる時代になっていると思います。 昨年の 12月に、「いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?」という抄訳をポストしましたが、Ericsson も同じようなことを考えているのでしょうかね? それにしても、MWC の主役がスマフォではないというのは、大きな曲がり角への到達を、示唆しているように思えてきます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
香港で 4.5G 1Gbps ネットワーク: HKT と Huawei のチームが実験に成功した!
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国市場の爆発的な成長が!
 

Comments Off on MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?

考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

Posted in .Chronicle, Apple, Businesses, Mobile, Post-PC by agilecat.cloud on February 13, 2016
APPLE: THE WORST-CASE SCENARIO — 2016
Jim Edwards – Feb 7, 2016
http://uk.businessinsider.com/apple-the-worst-case-scenario-2016-2
 
_ Business Insider
 
Apple just booked its biggest ever quarter, with revenues of $76 billion (£52.4 billion). Profits were $18.4 billion — the most of any company, ever.
 
Apple は、その歴史において、最大の売上である $76 billion (£52.4 billion) を計上して、直近の四半期決算をクローズした。その、 $18.4 billion  という利益も、あらゆる企業の中で最高のものである。
 
apple deathMike Nudelman
Business Insider
 
It also sold 74.7 million iPhones — another record. The company could not be in better shape.
 
また、7,470万台の iPhone を販売したことも、もう一つの記録となる。同社にとって、これ以上の成果はあり得ないだろう。
 
And yet Apple is a troubled beast:
 
それなのに Apple は、猛獣のような問題を抱えている:
 
 
  • APPL の投資家たちは、この12ヶ月の間に、株価が $133 から $96へ下降するという、28% の損失を味わっている。
  • CEO である Tim Cook は、直近の収支報告において、iPhone の販売量が減少傾向にあることを認めている。
  • その四半期の iPhone は、ある国を除いて、すべてのグローバル市場でシェアを失っている
  • その他の主力プロダクツである、iPad や Mac なども、すでに衰退傾向にある
  • そして、Wall Street のアナリストたちは、これから登場する iPhone 7 が、このトゲを抜けるのかどうかと、不安げに見守っている。Raymond James の  Tavis C. McCourt と Mike Koban は、「2017年も成長すると予測しているが、重要な iPhone 7 が大成功を収めるとは思っていない」と、最近のステートメントで述べている。
 
 The fear is that Apple is at its peak, and the only way from here is down.
 
いまの Apple が、ピークに達しており、あとは下るのみという、恐怖が存在する。
 
Of course, only idiots bet against Apple. The company has a history of confounding its critics by emerging from brief troughs with renewed growth and exciting products. (Just look what didn’t happen the last time we examined the worst-case scenario for Apple!)
 
Apple にのめり込むことは、もちろん避けるべきである。同社は、新たな成長分野と、興奮を伴う製品により、谷底から這い上がることで、批判を逃れていくという歴史を有している。(前回の危機において、Apple に最悪のシナリオが生じなかったことを、思い出すべきなのだろう!)
 
Nonetheless, it’s worth asking: What would happen to Apple if everything that can go wrong does go wrong? Here’s the worst-case scenario.
 
それにもかかわらず、すべてが上手くいかない場合に、何が Apple に起こるのかと、問いかけることは、意味のあることだ。それが、ここで言う、最悪のシナリオである。
 
ーーーーー
appleこの記事は、おそらく、投資家を対象としたものなのでしょう。 とは言え、懸念される不安材料は、いずれも事実であり、たとえばアプリ・デベロッパーにとっては、とても心配な材料になるはずです。 そして、デバイスと平行して機能する、パワフルなクラウド・サービスを、Apple が作れていないことが、最大の論点になるという見方もあります。 先週に、GoPro の問題を指摘する抄訳をポストしましたが、Apple が大きな GoPro なのか、GoPro が小さな Apple なのかという、かなり飛躍した対比が頭をよぎってしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on 考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

%d bloggers like this: