Agile Cat — in the cloud

アジア・チャンピォンの WeChat Pay が、ついに日本市場に参入してくる

Posted in Asia, Payment, Tencent by agilecat.cloud on July 12, 2016
Tencent partners to expand WeChat Pay in Japan
Joseph Waring – Jun 8, 2016
http://www.mobileworldlive.com/asia/asia-news/tencent-partners-to-expand-wechat-pay-in-japan/
 
mobileworldlive
 
Chinese internet giant Tencent is partnering with Japanese social data provider Hotto Link to roll out its WeChat Pay service to 10,000 stores in Japan by the end of the year.
 
China インターネット・ジャイアントである Tencent が、ソーシャル・データ・プロバイダー Hotto Link と提携し、この年末までに Japan の 10,000 店舗に WeChat Pay サービスを展開することになった。
 
WeChat PayAccording to Nikkei Asia Review, only a few Japanese stores have adopted WeChat Pay, which is targeted at Chinese travellers who account for a quarter of all visitors to Japan and spend a lot more than other groups.
 
Nikkei Asia Review によると、Japan で WeChat Pay を採用している店舗は少ないが、Japan への旅行者の約 1/4 を占める、China からの人々を対象にしたサービスになるという。
 
Tencent plans to expand to 20,000 stores in Japan and match China UnionPay cards, the most popular payment method for Chinese tourists in Japan, Nikkei reported.
 
Tencent は、Japan で提携する店舗を 20,000 まで拡大し、China UnionPay カードに対応させるという。このカードは、同国からの大半の旅行者が利用していると Nikkei は報じている。
 
The mobile payment service allows Japanese businesses to promote their products and service and offer discounts via Hotto Link’s page on WeChat. To get started, stores need to download an app on a tablet, which allows them to scan QR codes from customers’ smartphone screens. China Construction Bank handles clearing the transactions.
 
このモバイル・ペイメント・サービスは、WeChat の Hotto Link ページを介して Japan の企業が、プロダクトやサービスの提供を促進していけるとも述べている。このサービスを利用する店舗は、タブレットにアプリをダウンロードする必要があるが、それだけで顧客のスマフォ画面から、QR コードをスキャンできるようになる。また、そのトランザクションは、China Construction Bank により処理される。
 
WeChat Pay also is available in Thailand, Indonesia and Singapore, popular destinations for Chinese tourists.
 
WeChat Pay は、China の観光客に人気の、Thailand/Indonesia/Singapore でも利用できるという。
 
WeChat Pay, which is linked to China’s most popular WeChat messaging app, is used by more than 300 million users in China to pay for everything from taxi fares to convenience store purchases to utility bills. The payment service also works on China’s second-largest e-commerce platform, JD.com, in which Tencent has a 15 per cent stake. It is accepted at more than 300,000 stores in the mainland.
 
WeChat Pay は、China で最も人気のメッセージング・アプリ WeChat にリンクされ、China の 300万人以上のユーザーに利用されている。そして、電気や水道などの公共料金から、タクシーの料金にいたる、すべての支払いに対応している。また、このペイメント・サービスは、Tencent が 15% の資本を持つ、China で第二位のコマース・サイト JD.com でも利用できる。そして、China 本土では、30万以上の店舗で採用されている。
 
ーーーーー
Tencent中国からの旅行客を対象にした WeChat Pay の展開ですが、ついに日本のマーケットにも参入するようです。また、China UnionPay カードについては、以前に紹介していますが、アジアで最大のクレジット・カードとして君臨している存在です。為替レートに左右される、中国からの爆買いツアーが今後も続くなら、WeChat Pay + UnionPay での決済が、そこでのスタンダードになっていくのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用
アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化:年末までに 20TB のキャパシティを追加
 

Comments Off on アジア・チャンピォンの WeChat Pay が、ついに日本市場に参入してくる

China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Businesses, Payment, Strategy, Tencent by agilecat.cloud on March 1, 2016
UnionPay continues regional expansion: Myanmar partnership is latest win
Fintech Innovation editors – Feb 11, 2016
http://www.enterpriseinnovation.net/article/unionpay-continues-regional-expansion-myanmar-partnership-latest-win-2096932167
 
_Enterprise Innovation
 
ChinaDailyNews cites market research firm Packaged Facts as estimating the global payment card market to have reached at US$17.26 trillion in purchase value in 2014.  The same article claims China UnionPay (CUP) accounted for 24.3% or US$5.92 trillion in the same period.
 
ChinaDailyNews は、2014年のグローバル・ペイメント・カード市場の売上金額が、US$17.26 trillion に達したとする、市場調査会社 Packaged Facts 推測を取り上げている。また、同じ記事において、China UnionPay (CUP)が、全体の 24.3% に相当する、US$5.92 billion を売り上げたとも述べている。
 
China UnionPay is supported widely in GermanyFlickr
Richard Bao
 
First impression of UnionPay is that its international ambitions are tourism-related. Afterall, Chinese mainland tourists now rank number one in terms of the number of outbound tourists and outbound tourism spending. But a closer look at the 2015 activities by the company’s international arm reveals a broader and more ambitious desire: to become a major card payment network potentially rivaling global brands like Visa and MasterCard.
 
UnionPay に対する印象としては、観光に関連したところから、インターナショナルを目指すという野望を感じていた。結局のところ、いまの China 本土からの観光客は、アウトバウンド・ツーリスト数と、アウトバウンド・ツーリスト支出の面で、No 1 にランク付けされている。しかし、同社の国際部門の 2015年 アクティビティを細部まで眺めてみると、Visa や MasterCardといった、メジャーなペイメント・ネットワークに対抗するという、より広い範囲まで野心が広がっていることが分かる。
 
According to the Nilson Report (see Figure 1), UnionPay topped the region in terms of purchase payments volume in 2014 beating out Visa and MasterCard by a wide margin.
 
Nilson Report (Figure 1) によると、2014年の UnionPay は、このリージョンにおける支払ペイメント量で、Visa と MasterCard を大差で打ち負かしているのだ。
 
Union Pay Chart-1Click to Large >>>
Figure 1: Card Payment Purchase
Volume in 2014 by Brand
The Nilson Report
 
UnionPay International (UPI), a subsidiary of China’s largest card association and charged with the brand’s global expansion, has partnered with Myanmar’s Asian Green Development (AGD) Bank and local payment switch, Myanmar Payment Network (MPU) to launch the first co-branded debit card for local customers and further the development of the country’s cashless payment ecosystem.
 
その China 最大のカード組織の子会社であり、ブランドをグローバル展開させようとしているのが、UnionPay International (UPI) である。同社は、Myanmar の Asian Green Development (AGD) Bank および、ローカルのペイメント・ネットワークである Myanmar Payment Network (MPU) と、すでにパートナーシップを交わしている。その提携により、ローカルの顧客にとって初めてとなる、デビット・カードを共同で立ち上げ、また、同国におけるキャッシュレス・ペイメントの、エコシステムの開発を促進している。
 
The International Monetary Fund and World Bank reinforced strong growth momentum for Myanmar, with economic growth forecasts at above 8% annually till at least 2017. This represents great potential for businesses to tap on and innovate. The launch of the co-branded card comes as ecommerce and mobile payments start to take root in what is traditionally a cash only market.
 
International Monetary Fund(IMF)と World Bank は、Myanmar の経済について、少なくとも 2017年までは、年率で 8% 以上で成長していくと予測し、また、それを支援している。つまり、その勢いに企業が乗り、また、革新していく状況が見えているのだ。そして、eコマースおよびモバイル・ペイメントと同時に、共同ブランドのカードを立ち上げることで、従来からのキャッシュの世界にあった、ビジネスの系統を確立しようとしているのだ。
 
First created by the Central Bank of Myanmar (CBM) in cooperation with 17 domestic banks in 2012, the MPU allowed consumers to withdraw cash from any ATM nationwide and make payments at shops and restaurants.
 
Central Bank of Myanmar (CBM) が、同国内における 12の銀行により設立されたのは、2012年のことである。それにより MPU の顧客にとって、全国の ATMから現金を引き出すことや、ショップおよびレストランでの支払いが可能になった。
 
With more than 900,000 MPU-branded debit cards circulating in the market, the cards can only be used for payments in kyat, the local currency. Co-branded cards with the UnionPay label will enable the country’s consumers to use in 150 countries globally to settle transactions in foreign currencies at the current exchange rates.
 
マーケットに出回っている 900,000 枚以上の MPU ブランドのデビット・カードは、ローカル通貨である Kyat での支払いに対応している。そして、UnionPay ラベルが付いた共同ブランドのカードは、その時々の為替レートで外貨で決済するために、グローバルにおける 150カ国で、それぞれのローカル通貨に対応している。
 
UPI established its business in Myanmar in 2012 and early on partnered with the MPU to enable UnionPay cardholders to access ATMs and Point of Sale terminals linked to MPU network for cash withdrawals and secured transactions.
 
2012年に Myanmar でビジネスを立ち上げた UPI は、その当初から MPU とパートナーシップを交わし、UnionPay カード・ホルダーとしてのポジションを確立した。それにより、キャッシュの引き出しやトランザクションの安全性を保証する、MPU ネットワークにリンクされた、ATM や POS 端末にアクセスすることが可能になった。
 
Union Pay Chart-2Figure 2: Purchase Volume
2014 vs 2024
The Nilson Report
 
Across Asia Pacific, CUP continues to market its payment products and services targeting cross-border applications. The company claims that 10 million online merchants in over 100 countries outside China now accept online payments with UnionPay cards.
 
Asia Pacific 全域において、China UnionPay CUP は、そのペイメント・プロダクツや、国境をまたいだ適用をターゲットにしながら、サービス・ラインナップのためのマーケットを開拓し続けている。同社の主張によると、いまでは China 以外の 100カ国以上に、1000万以上のオンライン決済店舗が存在し、UnionPay によるオンライン・ペイメントを受け入れていることになる。
 
Taking a queue from Hong Kong’s Octopus Card, CUP cardholders can book railway tickets online, pay for taxies in Australia, Singapore, South Korea and Taiwan, and rent cars in Taiwan and Thailand. The company continues to extend its reach in emerging Asia building bankcard facilities and infrastructure to promote the electronic development of the countries’ local currencies.
 
Hong Kong の Octopus Card からキューを取得することで、CUP カードホルダーたちは、Australia/Singapore/South Korea/Taiwan での、鉄道チケット予約およびタクシー決済と、Taiwan/Thailand でのレンタカー決済を可能にしている。つまり、同社は Asia の途上国への接触を継続して拡大し、それぞれ国々にの通貨に合わせた、電子的な展開を促進するために、銀行カードに関する設備やインフラを構築している。
 
Several pilot projects in the areas of mobile payment and big data in the Asian market are underway. The company also claims it is expanding the scope for tax refund service and emergency cash assistance.
 
また、Asia マーケットにおけるモバイル決済やビッグデータといった、いくつかの分野でのパイロット・プロジェクトも進行している。そして同社は、税金の還付サービスと、緊急時におけるキャッシュ提供の範囲を、拡大したいと述べている。
 
The Nilson Report is projecting that spending at merchants via payment cards will reach US$48.67 trillion by 2024  with Asia Pacific accounting for 57% of the global market in the same period. So the race continues (see Figure 2).
 
この Nilson Report は、商用におけるカード決済の総額が、2024年には US $ 48.67 billion に達すると予測している。そして、グローバルに対する Asia Pacific の比率は、57% を占めるとしている。 したがって、まだまだ、このレースは続くのである(Figure 2)。
 
ーーーーー
asia-pacific 2正直なところ、信金 VISA と、ヨーカドー JCB しか持っていない Agie Cat は、この UnionPay というカードのことを、ほとんど知っていませんでした。そして、アジアのマーケットでは、JCB が孤軍奮闘で、VISA や Masters などの米国勢と戦っているのだろうと推測していました。 しかし、文中のチャートを見ると、その頭上の遥か上を、UnionPay が独走しているではありませんか。 ほんと、これには驚きました。 同様に、最近になって知った、WeChat における多様なペイメント機能にも驚かされましたが、中国が押さえているビジネスの勘所に脱帽です! 今年のモバイル・ペイメントは、とてもホットだと思うのですが、この UnionPay を後ろ盾にして、Tencent や Alipay が大暴れしそうに思えてきました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合だ!
WeChat は中国の Facebook: この7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?
Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?
 

Comments Off on China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!

Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Payment, Tencent, Uber by agilecat.cloud on February 18, 2016
Uber makes it easier for Chinese people to pay for rides overseas
Steven Millward – Feb 1, 2016
https://www.techinasia.com/uber-china-global-alipay
 
_ tech in asia
 
Uber’s recent focus on China continued today as the company revealed it’s making life easier for Chinese people going overseas.
 
China での Uber は、同国における展開を継続して強化しているが、その一例として、China の人々が容易に海外に出かけられるような、仕組みに取り組んでいることを明らかにした。
 
Uber is doing this by allowing its Chinese customers to pay for rides using Alipay, China’s top epayment service, wherever they are in the world. Previously, a Chinese tourist would have to pay with a credit card that permitted foreign currencies.
 
Uber が China の顧客に提供するのは、このサービスを世界の何処で使うにしても、China のトップ・ペイメント・サービスである Alipay を用いて、支払いを可能にするという機能だ。つまり、これまでの China からの旅行者たちは、外貨の利用を許可されたクレジット・カードで、支払を処理する必要があったのだ。
 
Uber-transportationAlipay – a partially owned subsidiary of Alibaba – first joined forces with Uber in 2014, shortly after the US startup launched in the country. However, payment was previously restricted to rides within mainland China.
 
Alibaba の子会社である Alipay が、Uber と協力関係を築いたのは、このスタート・アップが US で立ち上がった直後の、2014年のことである。しかし、これまでの Uber に関する Alipay 決済は、China 国内での利用に限定されていた。
 
The Uber-Alipay global rollout starts with Hong Kong, Macau, and Taiwan ahead of Chinese New Year, which begins February 8. It will be extended to other countries at a later date.
 
Uber−Alipay のグローバル展開は、China に春節に合わせた 2月8日から、Hong Kong/Macau/Taiwan で開始され、その後も、他の国々に展開されていくという。
 
The move comes after Uber made its two biggest expansions in China. The car-hailing service will soon cover 55 Chinese cities as it ramps up the battle against homegrown Didi Kuaidi.
 
この Uber の動きは、China 国内での大規模な拡張を、二度にわたって実施したのちに訪れている。それらの拡張により、あっという間に 55都市に、サービスを広げた Uber は、China 国内の競合相手である Didi Kuaidi との戦いの、準備段階に入ったことになる。
 
Uber’s global push with Alipay allows the service to steal a march on its arch-rivals Didi, Grab, Ola, and Lyft who recently formed a global alliance. The mega partnership makes their apps interchangeable for global travellers, so a Chinese businessperson in India could use Ola through the Didi app, or a Chinese holidaymaker in Thailand can similarly use Grab via the Didi app.
 
Uber と Alipay のチームは、先日にグローバル・アライアンスを締結した、Didi/Grab/Ola/Lyft などの主要なライバルから、顧客を奪い取る可能性を秘めている。Didi などのよるメガ・パートナーシップは、世界を旅行する人々に対して、アプリの互換性を保証するものとなっている。したがって、India を旅する China のビジネスマンは、Didi アプリを介して Ola を利用できる。また、Thailand で休日を楽しむ China の旅行者も、Didi で Grab を利用できるのだ。
 
However, the so-called anti-Uber alliance hasn’t yet come up with a solution for epayments when someone is in a foreign country. That’s a huge barrier to usage.
 
とは言え、この Anti–Uber と呼ばれるグループは、その他の国々におけるペイメント・ソリューションを考え出すにはいたっていない。つまり、そのためには、大きな障壁を取り除く必要があるのだ。
 
A Didi representative told Tech in Asia this afternoon that it and Lyft “will start rolling out their cross-border products from Q1 and throughout this year.” That will allow a Chinese person to use their familiar payment methods, such as WeChat Wallet, even when they’re in the US. “More cross-border products with Didi’s other partners will follow, and eventually get linked up to cover more geographies and population,” added the rep.
 
今日の午後のことだが、Didi の担当者が Tech in Asia に説明してくれたのは、「同社と Lyft が今年を通じて、国境をまたいだサービスの展開に取り組んでいく」という内容のものだった。それは、China に人々が慣れ親しんでいる、たとえば WeChat Wallet のような支払い方式を、US からであっても利用できるようにするものだ。そして、 その担当者は、「 Didi における他のパートナーたちも、より多くのクロス・ボーダー・プロダクツに対応するようになる。そして、最終的には、あらゆる地域と、あらゆる人々が、リンクされていく」と付け加えていた。
 
ーーーーー
Uber Logoこういうことが起こるのだと、とても驚かされるトピックですよね。 ローカル・サービスと呼んで差し支えない (?) Alipay が、グローバル・サービスである Uber に引っ張られるかたちで、いきなり世界に、しかも中国から、飛び出していくという仰天の展開です。 これが、OTT (Ober The Top) の凄まじさなのでしょう。 Anti-Uber グループも、API の共通化を進めているようですが、この陣取りゲームでは、Uber−Alipay チームのほうが足が速そうです。 おそらく、何処の国で使っても、単一のビジネス・プロセスとアーキテクチャでカバーできるような、最適化されたペイメント・ソリューションが実装されているのでしょう。 この 2016年は、こんな驚きが続いていく一年になりそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
WeChat は 宇宙だ! Tencent の ペイメント・モンスターぶりを Infographics で!
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
 

Comments Off on Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?

Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!

Posted in .Chronicle, Facebook, Mobile, Payment by agilecat.cloud on January 23, 2016
What Are Facebook Messenger Users Doing, Besides Sending Messages? (Infographic)
David Cohen – Jan 14, 2016
http://www.adweek.com/socialtimes/gwi-facebook-messenger-actions-infographic/632819
 
_Social_Time
 
person-woman-hand-smartphonePEXELS
 
It’s no surprise that the most popular action taken by users of Facebook’s Messenger application is sending messages, but what else are they doing with the app?
 
Facebook Messenger アプリ・ユーザーの、最も一般的なアクションが、メッセージの送受信であっても何の不思議もないが、その他のケースでは、どのように使われているのだろうか?
 
According to GlobalWebIndex, the most popular actions by Messenger users are:
 
GlobalWebIndexによると、以下のような頻度で、Messenger アプリは使われることになる:
 
  1. Sent a message, 90 %
  2. Sent a photo, 48 %
  3. Sent a sticker, 35 %
  4. Used Messenger.com on a PC or laptop, 22 %
  5. Sent a video, 21 %
  6. Made a video call, 18 %
  7. Sent a voice recording, 15 %
  8. Received a message from a brand or company, 15 %
 
GWI Infographic Messenger ActionsClick to Large >>>
 
GWI said in an email to SocialTimes:
 
GWI から SocialTimes へのメールには、以下が記されていた:
 
While receiving a message from a brand or company features at the bottom of our list (15 percent), it underlines the future direction of Messenger.
 
このリストの Brand および Company からのメッセージ受信は、8番手の 15% に過ぎないが、Mssenger における未来の方向性を明確に示している。
 
Having recently integrated Uber into its app, the service is following in the footsteps of WeChat in moving beyond a simple peer-to-peer messaging app to become a service-facilitating platform.
 
最近になって、このアプリに Uber が統合されたが、それは WeChat を追いかけた結果だと捉えられる。つまり、シンプルな P2P メッセージング・アプリから、特定のサービスを促進するプラットフォームへと、その機能が移行したことになるのだ。
 
It’s easy to see how, in the future, everyday activities such as shopping online, ordering food, making restaurant reservations and ordering taxis could all be done without leaving Facebook’s chat app.
 
そこから容易に推測できるのは、将来的におけるアクティビティが、つまり、
オンライン・ショッピング/食品の注文/レストランの予約/タクシーの予約といった日常の行動が、Facebook のチャット・アプリから離れることなく、すべて完了するという状況である。
 
Readers: What do you use Messenger for, besides the obvious?
 
Readers: 明確にされた用途に加えて、あなたは Messenger を、どのように使うのだろうか?
 
ーーーーー
facebook昨日にポストした、「WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る」という記事と、言わんとしていることが一致していますね。 つまり、企業ユーザーによる負担との引き換えで、エンド・ユーザー同士の会話は無償になるというロジックです。事例としてあげられている、Messenger と Uber のインタラクションですが、なかなかスムーズな流れになっているようです。 そして、こうしたトランザクションが発生するごとに、Uner から Facebook へと、何らかの対価が支払われるのでしょう。なお、文中でも指摘されている WeChat は、メッセンジャー・ペイメントのパイオニアと言っても過言ではない、という実績を積み上げているようです。この領域は、2016年の大きな目玉となりそうですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の Photo Magic  : 撮りたて写真を Messenger で 速攻シェアだ!
Facebook の AI アシスタントは[M]:Messenger と組み合わせるテストが始まったようだ
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!
 

Comments Off on Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!

%d bloggers like this: