Agile Cat — in the cloud

Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?

Posted in API, On Monday, PaaS by agilecat.cloud on July 18, 2016
Serverless Architecture: The Cloud is Killing Open Source
Dick Weisinger – July 13th, 2016
http://formtek.com/blog/serverless-architecture-the-cloud-is-killing-open-source/
_ formtek
Serverless architecture. It’s the promise of products like Amazon AWS Lambda.  The idea is that it’s not that there it doesn’t require servers and hardware, it’s a higher abstraction that thinks about computing resources as services rather than hardware, virtual machines or containers.
 
サーバレス・アーキテクチャとは、Amazon AWS Lambda などのプロダクトが約束するものだ。ただし、この発想は、サーバーとハードウェアが不要になると、言っているわけではない。コンピューティング・リソースを、ハードウェア/仮想マシン/コンテナというより、サービスとして捉えることで、抽象レベルを引き上げるものとなる。
 
Seurat_10Amazon AWS explains it as follows:  “Serverless architectures allow you to build and run applications and services without having to manage infrastructure. There’s a lot of undifferentiated heavy lifting to be building and running applications, such as installing software, managing servers, coordinating patch schedules, and scaling to meet demand.  Your application still runs on servers, but all the server management is done for you… Serverless architectures can make it easier to build, manage, and scale applications in the cloud by eliminating much of the heavy lifting involved with server management.”
 
Amazon AWS は、「サーバレス・アーキテクチャでは、インフラ管理を必要とすることなく、アプリケーションやサービスの構築/実行が可能になる。アプリケーションの構築と実行においては、区分されていないハードワークが沢山ある。ざっと見渡すだけでも、ソフトウェアのインストール/サーバーの管理、パッチ・スケジュールの調整/需要に応じたスケーリングなどが、すぐに浮かび上がってくる。あなたのアプリケーションは、いまもサーバー上で走っているだろうが、そのために、すべてのサーバー管理が必要とされている。サーバレス・アーキテクチャは、サーバー管理に関するヘビーなものを大胆に排除することで、クラウド・アプリケーションの構築/管理/スケーリングが容易になる」と説明している
 
Matt Assay, open source evangelist, recently wrote: “Open source is dead. The cloud has killed it. Maybe “dead” is too strong… all signs point to the convenience of cloud supplanting the convenience of open source in the hearts of developers. Why? Because cloud is just that much more convenient, and new services like Amazon Web Services’ Lambda take that convenience to extreme—and welcome—levels.
 
オープンソース・エバンジェリストである Matt Assay は、「オープン・ソースは死ぬ。クラウドが、それを殺す。おそらく、それは大量死というレベルのものだ。すべての兆候が示すのは、開発者が抱くオープンソースの利便性に、クラウドの利便性が取って代わるという展開である。なぜだろう?その理由は、クラウドの方が、かなり便利であるからだ。そして、Amazon Web Services の Lambda のような、新しいサービスは極端に便利なものであり、また、歓迎されるレベルに達していると思われる」と、つい先日に述べている
 
ーーーーー
On Monday原文では、Kill という表現が用いられていますが、ちょっと穏やかなものに変えてしまいました。たしかに、サーバレスの時代になると、かなり抽象度が上がることになり、開発者に求められるものも変わってくるのでしょう。そして、クラウドへの移行というフェーズが終了し、クラウド・ネイティブの時代が始まると、サーバレスという考え方が広まっていくのでしょう。先日にポストした、「AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!」という抄訳で、No Public IaaS が激減していくという、Morgan Stanley の調査結果を紹介しましたが、なんらかの関連性があるのかもしれません。このサーバレスのトレンドには、これから注目していきたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
サービス・プロバイダーが暗号化に走る:政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
nternet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
 

Comments Off on Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?

Data Security の調査: サービス・プロバイダーが暗号化に走るのは、政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?

Posted in Government, On Monday, Privacy, Security by agilecat.cloud on July 11, 2016
Data Security: Tech Businesses Adopt Encryption to Avoid Government Requests
Dick Weisinger – July 6th, 2016
http://formtek.com/blog/data-security-tech-businesses-adopt-encryption-to-avoid-government-requests/
_ formtek
Free email.  Free chat.  Free online storage.  Consumers have had a lot of free online services available.  But the tradeoff is that the information was also available to the vendor hosting or enabling the free use of that data.  Business like Google, Facebook and Microsoft have learned who you are and what you do, and most of all, how best to present advertising to you.  It’s the revenues that these companies generate from advertising after all that enable them to offer up free services.
 
無料のメールに、チャットに、オンライン・ストレージ。 コンシューマたちが利用できる、たくさんのフリー・オンライン・サービスが提供されている。しかし、ユーザーをホスティングするプロバイダーも、トレードオフとして、それらのデータを利用している。Google や、Facebook や、Microsoft などは、あなたが誰であり、何をしたいのかを学習し、あなたにとってベストな広告を提供しようとする。つまり、それらのプロバイダーは、無料のサービスを提供した後に、広告から発生する収益を得ていくのである。
 
Klimt_4But increasingly government agencies are trying to get access to the troves of data collected or managed by these companies.  There has been increasing publicity of cases where businesses have been asked to provide the government information.  Whether they have cooperate or resist, there are often legal fees and unwanted publicity.
 
そして政府機関も、それらのプロバイダーが収集/管理するデータに対して、アクセスを取得しようとしている。実際のところ、それらの情報を提供するよう、政府が企業に要求するという事例が増加している。企業として、協力するにしても、抵抗するにしても、大半のケースで必要となるのは、不要なはずの情報公開であり、また、弁護士に対する費用である。
 
On the defense, many businesses are deciding that the best option for them is to keep access to as little as possible of the information which pass through their services.  They see encryption as a way for them to extract themselves from legal problems.  If data is encrypted by the customer using keys not available to the service provider, the service provider would then no longer control access to sensitive information and be the target of government demands.  This would include securing services like storage, email and chat with encryption.
 
企業にとって、防衛するための最良の選択肢は、それらのサービスを通過する情報へのアクセスを、可能な限り少なくすることだとされる。つまり、法的な問題から、プロバイダーとしての立場を回避する方法として、暗号化が有益だとみなされているのだ。もし、ユーザーによりデータが暗号化され、サービス・プロバイダーに鍵がなければ、もはやセンシティブな情報に対して、サービス・プロバイダーはアクセスを失い、また、政府からの要求も生じなくなる。その対象には、暗号化を用いるメール/チャット/オンライン・ストレージといった、セキュアなサービスも含まれるだろう。
 
Larry Gadea, founder and chief executive of Envoy, said that “we have to keep as little [information] as possible so that even if the government or some other entity wanted access to it, we’d be able to say that we don’t have it… For a small startup trying to iterate quickly, it definitely slows things down.  But in the long run, it’s a competitive advantage and it reduces risk on our company. I can sleep better at night.”
 
Envoy の CEO である Larry Gadea は、「私たちは、保持する情報を、可能な限り少なくする必要がある。そうすれば、政府の機関などがアクセスを望む場合であっても、あなた方が必要とする情報は無いと言い返せるだろう。サービスの更新サイクルを高めたい、小規模なスタートアップにとって、そのような措置はスピードを奪うものとなる。しかし、長期的に考えてみると、それにより競争上の優位性が確立され、また、リスクの低減にもつながるはずだ。間違いなく、夜もぐっすり眠れるようになる」と述べている
 
Facebook’s WhatsApp, the Viper messaging app in Europe, Cloudera and Box have all added end-to-end encryption options that enable customers alone to be able to access data that is stored and transmitted with these services.
 
Facebook の WhatsApp や、Europe の Viper、そして Cloudera や Box などは、End-to-End の暗号化オプションを追加している。つまり、それらのサービスに保存されるデータや、そこから送信されるデータにアクセスできるのは、ユーザーだけに限定されるようになるのだ。
 
Marc Andreessen in a recent interview with the Washington Post, said that “engineers are not inherently anti-government, but they are becoming radicalized, because they believe that the FBI, in particular, and the U.S. government, more broadly, wants to outlaw encryption.”
 
Marc Andreessen は Washington Post のインタビューで、「エンジニアたちは、政府に対して本質的に対抗するものではないが、その考え方を改めつつある。なぜなら、政府や FBI などが暗号化の禁止について、より広い範囲で求めていると、エンジニアたちが確信しているからだ」と、以前に述べていた。
 
ーーーーー
On Monday6月30日の Wired に、「渡米するのに SNS アカウントの提出が必要になるかもしれない」という記事がポストされていましたが、テロや犯罪の防止/調査のために、それぞれの政府が一番に必要とするのは、個人の履歴が残されているオンライン上のデータとなるのでしょう。そして、さまざまなプロバイダーたちが、暗号化へと進んでいくのは、セキュアなサービスを提供するだけではなく、政府機関からの要請に対して、自身の負荷を軽減するという意味もあるのですね。インターネットにおける個人と政府の関係は、なかなか落とし所が得られない、永遠のテーマなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
nternet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
 

Comments Off on Data Security の調査: サービス・プロバイダーが暗号化に走るのは、政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?

Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!

Posted in Mobile, Network, On Monday, Security by agilecat.cloud on July 5, 2016
Automation: Bots Now Account for Half of All Internet Traffic and many are Malicious
Dick Weisinger – June 30th, 2016
http://formtek.com/blog/automation-bots-now-account-for-half-of-all-internet-traffic-and-many-are-malicious/
_ formtek
Bots are software applications that can automate tasks, like setting alarms and notifications, booking travel or searching out shopping and weather information.  Bots have the potential to bring great time-saving benefits.  Somewhat amazing, by one estimate, bots already take up nearly half of all internet traffic.  In fact, traffic at small and medium-sized websites are often dominated by bot traffic.  But as with many things, bots come in two varieties: good and bad.
 
Bot とは、タスクを自動化するソフトウェア・アプリケーションのことであり、その利用範囲はアラームやノーティフィケーションの設定から、旅行や買物の手配、そして、気象情報の検索にまでいたる。Bot を活用すれば、時間を節約し、利益をもたらすことになるだろう。いささか驚きだが、すでに Bot は、すべてのインターネット・トラフィックの半分近くを占有するという推測値もあるほどだ。実際のところ、中小の Web のトラフィックは、多くのケースにおいて Bot トラフィックにより配されている。そして、多くのアプリと同様に、Bot にも Good と Bad の 2種類がある。
 
Seurat_7Limor Kessem, cyber intelligence expert at IBM Security, said that  “the mobile malware marketplace has been bustling with activity in the past few months. Mobile malware is becoming a central part of underground dealings and an important fraud frontier that’s growing in size and sophistication. Mobile malware nowadays is picked up and operated by different ranks of cybercriminals — from professional, organised gangs to the least experienced forum readers who buy malware and rely on technical setup and support services from underground vendors.”
 
IBM Security の Cyber Intelligence Expert である Limor Kessem は、「この数ヶ月において、モバイル・マルウェア市場が賑わいを見せている。モバイル・マルウェアは、地下組織による取引の中心に居座り、詐欺行為を蔓延させる牽引車となり、その規模と狡猾さを増大させている。いまでは、モバイル・マルウェアの選択肢が提供され、異なる種類のサイバー犯罪者たちである、プロの集団や組織だったギャングから、経験豊富なフォーラムの読者などが、それらを悪用するという状況にいたっている。そして、マルウェアを購入する犯罪者たちは、地下に潜ったベンダーから、サービスのセットアップやサポートを提供されている」と述べている
 
Unfortunately, bad or malicious bots now make up nearly 40 percent of all bots, according to a study by Distil NetworksRami Essaid, CEO and cofounder of Distil, said that “Bots are the centerpiece of a hacker’s toolkit. Bad guys are buying lists of usernames and passwords and then brute-forcing their way into banking, ecommerce and healthcare, as well as the Postal Service and the IRS.  As the appeal of bots for consumers widens, so do the risks. More bots mean more potential access points for bad bots.”
 
Distil Networks の調査によると、すべての Bot 40% 近くを、悪意の Bot が占めているようだ。Distil の CEO and Co-Founder である Rami Essaid は、「Bot は、悪意のハッカーたちにとって、ツール・キットの中心的な存在である。悪意を持った者たちが、ユーザ名とパスワードのリストを購入し、ブルート・フォースを仕掛けていく。その対象は、Eeコマースやヘルスケアだけではなく、郵政や税務といった国家のサービスにまで至る。消費者のための Bot が、その魅力を広めるにるつれて、潜在的なリスクも大きくなっていく。つまり、悪意の Bot のためのアクセス・ポイントになり得る、善意の Bot が増えていくことになるのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Monday先月に、「スマフォのデータ・プリロード:大量のトラフィックとバッテリが消費されていますよ!」という抄訳をポストしましたが、こうしたトラフィックも、ボットによるリクエストに数えられるのでしょう。そうだとすると、インターネット・トラフィックの半分が、ボットによるという数字も納得できます。そして、頭が痛くなるのが、悪意のボットが 40% を占めるという調査の結果です。これからの世の中は、モバイル・ペイメントの社会になっていきます。それを狙って、地下マーケットが賑わっているのでしょう。困ったものです。。。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
 

Comments Off on Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!

Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!

Posted in Network, On Monday by agilecat.cloud on June 27, 2016
Internet Speeds: A Race For Faster Access
By Dick Weisinger – June 22nd, 2016
http://formtek.com/blog/internet-speeds-a-race-for-faster-access/
_ formtek
Internet speeds are growing by leaps and bounds.  AT&T is in the middle of implementing their ultra-fast fiber-based GigaPower Network in San Francisco and San Jose areas.  Select communities within those metro areas will see speeds of up to 1 gigabyte per second.  Other service providers like Verizon have similar fiber plans in the works.  Google Fiber is also slowly bringing fast speeds to select communities across the United States.
 
インターネットの速度が、飛躍的に成長している。AT&T は San Francisco と San Jose で、超高速光ファイバ・ベースである GigaPower ネットワークを実装している最中だ。それらの、メトロ・エリア内の選ばれたコミュニティは、1G Byte/秒という速度を目の当たりにするはずだ。その他のサービス・プロバイダである Verizon も、ファイバに関する同様の計画を持っている。また、Google Fiber も、ゆっくりとした展開ではあるが、米国各地の選ばれたコミュニティに対して、高速の回線を提供している。
 
Renoir_1But rollout of the infrastructure needed for ultrafast fiber networking will take some time.  Other options that may be cheaper and quicker to implement are also showing up.
 
超高速光ファイバ・ネットワークで必要とされる、インフラの展開には時間がかかる。だが、それを乗りこえ、より安価で、より迅速に調達するための、他の選択肢も提示されている。
 
For example, a startup called Starry is introducing a device called a Starry Point that can receive and transmit internet communications to a nearby central rooftop unit.  The rooftop unit is able to communicate to devices within a one kilometer range and one rooftop unit can support 600 to 900 customers.  The cost of the Starry station installed in each home is about $25 compared to a cost of nearly $2500 to wire a single home with fiber.  The Starry technology is expected to be able to transmit at speeds from 300 megabytes per second to as high as one gigabyte.
 
たとえば、スタートアップである Starry が提供する、Starry Point というデバイスは、屋上に設置された手軽なユニットを用いて、インターネット通信を送信することができる。この Starry Point は、1つの屋上ユニットで、1km の範囲内にいる 600〜900人の顧客をサポートできる。それぞれの家庭にインストールするときのコストだが、Starry ステーションは $25 であり、戸建ての家にファイバを引き込む時の $2500 と比べると、きわめて安価であることがわかる。また、Starry のテクノロジーが達成する通信速度だが、300 M Byte 〜 1G Byte の範囲になるという。
 
Yet another small company, Sckipio Technologies, based in Israel, announced their solution called G.fast that uses new technology called Dynamic Bandwidth Allocation (DBA).  DBA can turn existing coax phone lines into broadband transmitters that can reach as high as 1.5 gigabits per second in each direction.  The technology is exciting because it would allow fast connections without requiring the expensive rewiring of buildings.  AT&T and Canadian operator Telus both are interested in the technology.
 
この分野には、他にもスタートアップがいる。Israel ベースの Sckipio Technologies は、Dynamic Bandwidth Allocation (DBA) という新しいテクノロジーを用いた、G.fast という名のソリューションを発表している。DBA とは、既存の同軸電話回線をブロードバンド送信機に変換し、双方向で 1.5 G Byte の通信速度を達成するものだ。このテクノロジーは、高価である物理的な再配線を必要とせずに、高速の接続を実現する点が素晴らしい。AT&T と Canada の Telus が、このテクノロジーに興味を持っている。
 
ーーーーー
On MondayStarry Point も G.fast も、すぐにでも使ってみたいテクノロジーですね。Agile Cat の環境は Flets を使う Usen で、常に 70M くらいが出ているので、それなりに満足しているのですが、300M とか 1G とか聞いてしまうと、早く使えるようになりたいと思ってしまいます。そして、このようなテクノロジーは、IoT の普及にも欠かせないものとなります。現時点において、地球上では 1820 Tera Byte のデータが、1分ごとに生成されているそうですが、あと数年で Zetta レベルへと上昇するのでしょう。そのようなデータ量を、エッジでハンドリングするためには、文中で紹介されているようなテクノロジーが必要になるはずです。速くて、安くて、面倒のないインターネット接続の時代になっていきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
 

Comments Off on Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!

Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近なものに変えていく

Posted in AI ML, Google, On Monday by agilecat.cloud on June 20, 2016
Machine Learning: Google’s Open-Source TensorFlow Platform Targets Deep Learning
By Dick Weisinger – June 14th, 2016
http://formtek.com/blog/machine-learning-googles-open-source-tensorflow-platform-targets-deep-learning/
_ formtek
In November 2015, a group within Google called ‘Google Brain’ introduced an open-source API called TensorFlow for numerical computing and managing deep learning and artificial intelligence tasks like speech and image recognition.  TensorFlow can be deployed on anywhere from one to a distributed set of CPUs or GPUs.
 
2015年11月のことだが、Google 内のグループが、 TensorFlow と呼ばれるオープンソースの API を、Google Brain に導入している。それは、音声や画像の認識といった、ディープ・ラーニングと人工知能のタスクを、処理/管理するためのものである。TensorFlow は、あらゆる場所にディプロイできるものであり、また、CPU や GPU の分散型セットを次々に接続していくものでもある。
 
Klimt_7Matthew Zeiler, founder of AI service Clarifai, said that “Neural nets are getting used everywhere these days… Deep learning is a huge opportunity right now because it enables developers to create applications in a way that was never possible before. Neural networks are a new way of programming computers … It’s a new way of handling data.”
 
AI サービサー Clarifai の Founder である Matthew Zeiler は、「最近では、各種のニューラル・ネットが、あらゆる所に展開されている。そして、ディープ・ラーニングがデベロッパーに大きなチャンスを提供するのは、以前には不可能であった方法で、アプリケーションの開発が可能になるからだ。ニューラル・ネットワークは、コンピュータ・プログラミングの新しい方法であり、また、データ・ハンドリングの新しい方法でもある」と述べている
 
With TensorFlow, tasks are broken down into a dataflow-graph representation.  The nodes of the graph represent CPUs or GPUs that perform the computations.  The edges of the graph represent the flow of the data between the nodes.  The data is organized as large multidimensional arrays or tensors that flow into and out of the processing nodes, which is the reason for the name ‘TensorFlow’.  TensorFlow itself is written in C++, but processing at the nodes is performed in Python.
 
TensorFlow では、それぞれのタスクが、データフロー・グラフの表現に分解される。このグラフのノードは、計算を行う CPU や GPU 表す。そしてグラフのエッジは、ノード間のデータの流れを表す。巨大で多次元な配列またはテンソル (Tensor) として編成されるデータは、それらの処理ノードの入出力を介して流れていく。したがって、TensorFlow という名前がつけられている。TensorFlow 自体は C++ で記述されているが、それぞれのノードにおける処理は Python で処理される。
 
Greg Corrado, a senior search scientist at Google, said that “machine learning is the secret sauce for the products of tomorrow.  It no longer makes sense to have separate tools for researchers to use machine learning and people who are developing real product. There should be one set of tools that researchers can use to try out their crazy ideas. And if those ideas work they can move them directly into products without having to rewrite them.”
 
Google の Senior Search Scientist である Greg Corrado は、「機械学習は、明日のプロダクトのための秘密の調味料である。もはや、実際のプロダクトを開発する人々が使用するツールと、研究者が使用するツールを別けて考えることは、機械学習の世界では意味が無くなっている。もちろん、クレージーなアイデアを試すために、研究者が使用するツール・セットがあるべきだ。しかし、そのアイデアが証明されたなら、もはやコードを書き換えることなく、実際のプロダクトに反映できるようになっている」と述べている
 
Michael A. Cusumano, a professor at MIT, told the New York Times that “the software itself is open source, but if this is successful, it will feed Google’s money-making machine.  There are so many applications of machine learning to the bread and butter of what Google does.”
 
MIT の Professor である Michael A. Cusumano は、「このソフトウェア自身はオープンソースだが、もし Google が成功するなら、キャッシュを生み出すマシンにもなっていく。つまり、数多くの機械学習アプリケーションが生まれることが、Google の考える収益源が実現されていくのだ」と、New York Times に語っている。
 
ーーーーー
On Mondayクラウドが進化/成熟していくと、こんなことも可能になるのだと思わせてくれる、とてもステキな話ですね。この Tensor ですが、文中には音声や画像の認識が目的と書かれているので、バイオメトリック認証などにも利用されるのでしょうかね? Citibank Singapore では、m-wallet にボイス・プリントというものを導入し、ユーサーが利用する度に、つまり、新たな音声が入力される度に、データを更新していくようです。この場合は、膨大なデータが相手では有りませんが、不正なアクセスなどを検知した場合には、蓄積されている膨大なデータとの照合が、これからは瞬時に実現されるのでしょう。クラウド新時代という感じですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
 

Comments Off on Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近なものに変えていく

AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!

Posted in AI ML, On Monday by agilecat.cloud on June 13, 2016
Machine Learning: Major Push by All Major Tech Companies to Advance Artificial Intelligence
By Dick Weisinger – June 10th, 2016
http://formtek.com/blog/machine-learning-major-push-by-all-major-tech-companies-to-advance-artificial-intelligence/
_ formtek
Machine Learning algorithms are becoming widely used.  Microsoft, Google, IBM and Amazon, for example, have all added machine learning options to their cloud offerings.  Facebook has open-sourced its hardware design. Yahoo has also released an open-source AI tool called CaffeOnSpark. Chinese giant Baidu has also released open-source AI software.
 
機械学習のアルゴリズムが、広く利用されるようになってきた。たとえば、 Microsoft,/Google/IBMAmazonなどは、クラウドとして提供しているサービスに、機械学習のオプションを追加している。Facebook は、AI に関連するハードウェア・デザインをオープンソース化している。Yahoo は、CaffeOnSpark という AI ツールを、オープンソースとしてリリースした。そして、China の Baidu も、オープンソースのAIソフトウェアをリリースしている。
 
Gauguin_1Mark Zuckerburg, Facebook CEO, said that “the biggest thing that we’re focused on with artificial intelligence is building computer services that have better perception than people.  I think it’s possible to get to that point in the next five to 10 years.”   Both Google’s Sundar Pichai’s and Alphabet Chairman Eric Schmidt say that AI will have a major impact of future work with Alphabet/Google.  At the recent Microsoft Build 2016 event, Microsoft’s Satya Nadella said that Microsoft is targeting AI as a major focus for their business.
 
Facebook の CEO である Mark Zuckerburg は、「人工知能において、私たちが最も注目しているのは、人間寄りも優れた知覚能力を持つコンピュータ・サービスを構築していくことである。私は、これから 5年〜10年のうちに、それが達成できると考えている」と述べている。Google の Sundar Pichai と Alphabet の Eric Schmidt は、両社の機能にとって、人工知能が大きな影響を与えることになると述べている。Microsoft の Padella は Build 2016 で、同社のビジネスにおける人工知能が、主要なターゲットになってきたと述べている。
 
In December, 2015, Elon Musk became co-chair of OpenAI, a $1 billion organization that focuses on advancing artificial intelligence that will benefit humanity.
 
2015年12月に Elon Musk は、$1 billion の資金を有する OpenAI の co-chair に就任し、人類に利益をもたらす人工知能を推進していくと述べている。
 
Vinod Iyengar, Director at H2O.ai, said that “in the last five years the cost of storage has come down dramatically, as has the cost of memory. Additionally, anyone can leverage an advanced computing cluster on, say, Amazon Web services, for a few hundred dollars. All of this means that organizations or individuals can take a whole lot of data and produce powerful predictions and insights from the large data sets without facing huge costs.”
 
H2O.ai の Director である Vinod Iyengar は、「この 5年間におけるストレージのコストは、メモリのコストと同じレベルにまで、劇的に低下していきた。Amazon Web Services が提供するサービスを利用する人々は、数百ドルで先進的なコンピューティング・クラスタも活用している。つまり、すべての組織や個人が、膨大なデータの取得/パワフルな予測/洞察の生成を、巨大なコストを費やすことなく、達成できることを意味している」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondayクラウドへの集約が進めば、これまでは高価とされてきたテクノロジーも、コモディティ価格で利用できるのですね。 人工知能や機械学習というと、なんらかの先進的なサービスを思い浮かべてしまいますが、これからはセキュリティにおいてもボットが活躍する時代になるのでしょう。 また、IoT を構成するデバイスの、精度や整合性を判断するためにも、機械学習は欠かせないものになるでしょう。そして、それらが、新たなクラウド・ネイティブを構成していく時代になるのだと思えてきます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
 

Comments Off on AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!

IoT and Security の調査: ウェアラブル と BYOD のポリシーが、企業の IT セキュリティに挑戦している

Posted in IoT, On Monday, Security, Wearable by agilecat.cloud on June 6, 2016
IoT and Security: Mobile, Wearable and BYOD Policies Challenge Business IT Security
Dick Weisinger – June 3rd, 2016
http://formtek.com/blog/iot-and-security-mobile-wearable-and-byod-policies-challenge-business-it-security/
_ formtek
IT departments are worried, worried that they can’t keep up with the dynamics of the IT environments that they support.  For example, 90 percent of IT professionals are worried about the security and privacy issues that the flood of new mobile and wearable devices are creating for their organizations.  84 percent said that the ever increasing number of entry points into IT infrastructure is a major concern.  70 percent surveyed pointed to IoT manufacturers as a major culprit, with manufacturers often creating devices where security was considered late in the design or not at all.  These are numbers based on a new study by  Spiceworks and sponsored Cox Business.
 
IT 部門の人々は、彼らがサポートする IT 環境の、ダイナミクな変化に追い付いていけるのだろうかと、とても心配している。たとえば、IT プロフェッショナルの 90% は、組織内に溢れかえる新たなモバイル/ウェアラブル・デバイスによる、セキュリティとプライバシーの問題を心配している。また 84% は、ITインフラストラクチャへのエントリ・ポイントが、さらに増え続けることが、大きな心配事だと述べている。そして、調査対象の 70% の人々が、IoT デバイスのメーカーたちに困っていると指摘している。つまり、それらのメーカーたちは、セキュリティを後回しにしたり、まったく考慮しないという、デザインが優先のデバイス開発を進めているのだ。これらの数値は、Cox Business がスポンサードする、Spiceworks による最新調査の結果である。
 
Gauguin_8Matt Olan, IT professional at Pharmacare Specialty Pharmacy, said that “the Internet of Things includes everything from smart appliances and wearables to industry-specific devices such as connected medical technologies and sensors in server rooms.  The problem is that many of these devices have little to no security, and, in many cases, they’re even more vulnerable to attacks and misuse than your typical PC.  We allow certain IoT devices on our network, but security is always taken into account when planning an IoT deployment.”
 
Pharmacare Specialty Pharmacy の IT professional である Matt Olanは、「Internet of Things には、ウェアラブルやスマート家電などが含まれるが、サーバールームに接続される医療技術用のセンサーなどの、それぞれの業界専用のデバイスも含まれる。ここでの問題は、それらのデバイスの大半が、セキュリティに対応していないことである。そして、多くのケースにおいて、一般的な PC などと比較すると、攻撃や誤用における脆弱性が高いことになる。私たちは、自身のネットワーク上で、特定の IoT デバイスの運用を許可するが、IoT のデプロイメントを計画する際には、必ずセキュリティについて検討することになる」と述べている
 
Roota Almeida, head of information security for Delta Dental in New Jersey, said that “consumerization of IT has significantly changed the direction of technology absorption. Consumers are adopting the latest technologies and devices and are demanding the same at work. We have seen businesses struggling to adapt to this reality as we move beyond mobile devices and into the ‘Internet of Everything.’ While the addition of sensors and connectivity to physical things is driving massive gains in efficiency, it is also posing a significant security risk for organizations.”
 
New Jersey の Delta Dental で、情報セキュリティと担当する Roota Almeidaは、「 IT のコンシューマ化により、吸収すべきテクノロジーの方向性が、著しく変化している。コンシューマたちは、最新のテクノロジーとデバイスを採用し、また、それらを同じように利用することを要求している。そして、私たちがモバイル・デバイスを超えて IoT に移行するにつれて、この現実に適応することに、数多くの企業が苦労している状況が顕在化している。物理的なモノにセンサーを接続することが、大幅な効率の向上を促進している一方で、組織にとって重大なセキュリティ・リスクを生じることも忘れてはならない」と述べている
 
ーーーーー
On Monday先月のことですが、富士通が関電工に提供するウエアラブル型の IoT センサーに関して、実証実験を行うと発表しています。このセンサーは、腕に巻くリストバンド型のものであり、温湿度や脈拍を計測し、夏場の電力設備の作業現場で発生しやすい、熱中症を防止するとのことです。その一方で、2014年に $745.4 million を売り上げた Fitbit も、富士通と同様に企業向けのウェアラブル市場で強さを発揮しているようです。この二社におけるリストバンドの、セキュリティ対策のレベルは分かりませんが、この種のデバイスを活用するシステムでは、システムを構築する側が、ゼロ・ベースでセキュリティを考えるべきだと指摘しているのでしょう。IoT はモノのインターネットなのですが、このようなケースではヒトのインターネットと捉えるべきであり、考慮すべきセキュリティ要件の幅広さが問題になりそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
Cloud の調査: AWS から離脱する Dropbox の未来は、ほんとうに大丈夫なのか?
 

Comments Off on IoT and Security の調査: ウェアラブル と BYOD のポリシーが、企業の IT セキュリティに挑戦している

AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう

Posted in AI ML, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, On Monday by agilecat.cloud on May 30, 2016
Artificial Intelligence: 2016 Shaping up to be the “Year of the Bot”
Dick Weisinger – May 25th, 2016
http://formtek.com/blog/artificial-intelligence-2016-shaping-up-to-be-the-year-of-the-bot/
_ formtek
Software robots, also known simply as ‘bots’ are suddenly coming at us from everywhere.  And it may just be the beginning.  Bots are software agents that are able to automate and speed the completion of tasks.  Wikipedia describes bots as software components designed to “perform tasks that are both simple and structurally repetitive, at a much higher rate than would be possible for a human alone.”
 
「ボット」と呼ばれるソフトウェア・ロボットは、どこからとなく、突然のように、私たちの側にやってくる。しかし、それは、単なる始まりに過ぎない。ボットはソフトウェア・エージェントでもあり、あらゆるタスクを自動化することで、その効率を高めていく。Wikipedia には、「単純なタスクだけではなく、構造化された反復タスクのためにデザインされ、人間の能力よりも遥かに高速に目的を達成していく」と、このソフトウェア・コンポーネントとしてのボットが説明されている。
 
Chagall_2Web bots that scour the internet for building updates to the search index of search engines like for Google and Bing have been around for some time.  But as computing hardware capabilities continually advance and as voice-assistant technologies like Siri, Cortana, Google Now and Amazon Echo improve, bots are becoming more sophisticated in what they can do and how they can help us.
 
Web ボットは、時間をかけてインターネットを調べまわり、検索エンジンから取り出したインデックスを更新していくが、それらの元になるのは、Google や Bing といったそれを検索エンジンである。そして、ハードウェアの能力が高まり、Siri/Cortana/Google Now/Amazon Echo といったボイス・アシスタント・テクノロジーが進化するにつれて、ボットによるユーザーへの支援は、さらに洗練されたものとなってきた。
 
David Parry, Manager at HP Innovation, told CNNMoney that “[Eventually, bots will be] able to handle very administrative tasks in a very easy way — reservations, hotels, banking — as AI is able to anticipate needs and proactively talk to you, it’ll get more exciting.”
 
HP Innovation の David Parry は、「これから先、AI がニーズを先取りし、積極的に会話するようになれば、ホテルの予約や銀行からの振り込みといったタスクを、ボットは簡単に実現していくだろう。それは、とても興味深いことである」と、CNNMoney に語っている
 
Steven Milunovich, UBS analyst, said that “In China, WeChat provides high functionality, such as paying bills, hailing a cab and checking into flights through apps within apps. ”
 
UBS のアナリストである Steven Milunovich は、「China においては、WeChat が高度な機能を提供している。このメッセージ・アプリに、他のアプリを追加することで、現金の支払/タクシーの予約/航空券の予約などを実現している」と述べている
 
Both Microsoft and Facebook have recently launched bot initiatives.  Both companies have introduced developer tools to help build bots that will run on their platforms.  Facebook has a bot platform available for its Messenger product.
 
最近のことだが、Microsoft と Facebook が、ボットに対する取り組みを開始している。この両社は、自身のプラットフォーム上で動作するボットの構築を促進するために、開発者たちにツールを提供しているのだ。ちなみに、Facebook のボット・プラットフォームとは、同社の Messenger プロダクトのことである。
 
Satya Nadella, Microsoft CEO, said that “Bots are the new apps.  An AI assistant will be a personal digital assistant that knows you, knows your world and is always with you across all your devices”.
 
Microsoft CEO の Satya Nadella は、「ボットは、新しいアプリである。あなたを知り、あなたの世界を知る、AI を活用するパーソナル・デジタル・アシスタントが台頭してきた。それは、あなたのデバイスに住みつき、常に行動をともにする」と述べている
 
Mark Zuckerberg, Facebook CEO, said that “No one wants to have to install a new app for every business or service they want to interact with.  We think you should be able to just message a business in the same way you message a friend.”
 
Facebook CEO の Mark Zuckerberg は、「ユーザーたちは、サービスを受けるために、新しいアプリをインストールすることなど考えてはいない。私たちが考えているボットでは、トモダチにメッセージを送るのと同じ操作で、さまざまなサービスを使えるようになる。もちろん、それはビジネスでも有効となる」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayまずは、言葉の理解から始まるのだと思いますが、いまのスマフォに搭載されるパーソナル・アシスタントは、みなさん優秀なのですね。先週の Microsofr de:code キーノートでも、Cortana が大活躍していました。言い換えるなら、スマフォの役割として際立つのが、パーソナル・アシスタントとしての能力であり、すでにデバイス自体を超える存在になってきているのです。そして、このパーソナル・アシスタントには、スマフォからアクセスするときもあれば、何らかのヘッドセットからアクセスするときもある、、、というふうに変化していくのでしょう。ディジタル空有に住む、私たちのボットの未来に期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
 

Comments Off on AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう

%d bloggers like this: