Agile Cat — in the cloud

Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Huawei, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 19, 2016
The Apple of China has hit a wall
Jeff Dunn – Aug 16, 2016
http://www.businessinsider.com/xiaomi-smartphone-sales-china-market-share-2016-8
 
_ Business Insider
 
The so-called “Apple of China” is having a rough go of it.
 
いわゆる China の Apple が、困難に直面している
 
As this chart from Statista shows, Chinese manufacturer Xiaomi saw a 38.8% year-over-year decline in smartphone sales for its home country this past quarter. According to research firm IDC, shipments dipped from 17.1 million to 10.5 million, while its market share fell from 16% to 9.5%. Meanwhile, rivals Huawei, Oppo, and Vivo all saw big gains, which IDC attributes to stronger marketing campaigns and offline channel support.
 
Statista のチャートが示すように、China のメーカーである Xiaomi が、2016年 Q2 において、スマートフォンの売上を前年比で 38.8% も下落させている。調査会社である IDC によると、その出荷台数は 1,710万台から 1,050万台に減り、マーケット・シェアは 16% から 9.5% に下げている。その一方で、パワフルなマーケティング・キャンペーンと、オフラインでのサポートにより、ライバルである Huawei/Oppo/Vivo がシェアを伸ばしていると、IDC は伝えている。
 
smartphone_china
 
Statista
 
In any case, when it comes to its bread and butter, Xiaomi is a ways off from its former position as the world’s most valuable tech startup. One firm it is leading, however, is the Apple of, well, everywhere, as lagging iPhone SE sales gave Apple a 32% year-over-year drop.
 
Xiaomi の屋台骨である収益性の話だが、世界で最も価値のあるハイテク・スタートアップとしての路線から、大きく逸れているようである。しかし、その傾向にあるメーカーとして、世界でシェアを下げているのは Apple だ。iPhone SE の不調により、この China でも 32% もシェアを落としている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2以前から、Huawei と Xiaomi の位置が逆転すると言われていましたが、Oppo と Vivo も伸びているのですね。また、今年の1月には、「iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけ!」という抄訳をポストしています。それは、2015年 Q4 のシェアを分析するものですが、その中国でも、Apple は不振のようです。Agile Cat の周囲にも、Android を MVNO で使う人が増えてきていますが、それで良いと言われれば、それで良いツールなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した
iPhone の売行きに暗雲:8年間も続いた栄光の歴史が終わるのか?
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか?
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
Microsoft と Xiaomi の思惑が一致した:Windows 10 を走らせる最新タブレットとは?
 

Comments Off on Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on July 18, 2016
SoftBank’s $32 bln ARM bet gives investors a shock
Katrina Hamlin July 18, 2016
http://blogs.reuters.com/breakingviews/2016/07/18/softbanks-31-bln-arm-bet-gives-investors-a-shock/

_ reuters

The author is a Reuters Breakingviews columnist. The opinions expressed are her own.
 
Masayoshi Son’s “crazy ideas” are alive and well. The conglomerate led by the Japanese tech tycoon is buying UK chip designer ARM Holdings in an all-cash deal worth $32.2 billion, according to multiple reports. It is an expensive bet on Son’s vision of a future where everything is connected and computerized – the so-called “Internet of Things”. For investors who thought the Japanese conglomerate was focusing on paying down debt, it is a painful jolt.
 
Masayoshi Son の、クレージーなアイデアは健在だ。いくつかの報道によると、この Japan のテック・タイクーンが率いるコングロマリットは、$32.2 billion のキャッシュを揃えて、UK のチップ・デザイナーである ARM Holdings の買収を進めている。Son の未来のビジョンにおける大きな賭けは、すべてがコネクトされコンピュータライズされる、いわゆる Internet of Things の世界で展開される。この、Japan のコングロマリットが、借入金の返済を進めると思った投資家にとって、それは痛みを伴う衝撃である。
 
SoftbankImage Flickr
MIKI Yoshihito
 
In recent months SoftBank has sold $10 billion of stock in Chinese e-commerce giant Alibaba and raised $7.3 billion by selling “Clash of Clans” maker Supercell. Buying the British tech group that supplies almost all the blueprints for chips used in smartphones will suck up all of those proceeds, and more. The deal dashes any hope that SoftBank might reduce net debt which reached $54 billion at the end of March – almost four times the company’s EBITDA – not including its struggling U.S. telecoms subsidiary Sprint.
 
この数カ月の間に Softbank は、China の大手コマース・サイト Allibaba の株式を $10 billion で売却し、また、Clash of Clans の メーカー Supercell 株を $7.3 billion で売却している。そして、この売却益以上のものが、ほぼすべてのスマートフォン・チップのデザインを提供する、UK のテック・ループの買収に吸い上げられていく。今回の契約により、3月末に $54 billion に達した有利子負債を、Softbank は軽減したいとが考えているはずだ。ただし、その金額は、同社の EBITDA (税引前利益に、特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値) の 4倍であり、なおかつ、US で苦労している Sprint の財務を含むものではない。
 
Son is adding chips to the Japanese group’s already sprawling portfolio at a time when the semiconductor industry is changing quickly. Though smartphones account for the bulk of ARM’s royalty revenues, growth of handset sales has peaked. The British company is now investing in new business lines which embed communications technology in everything from fridges to watches to tractors. ARM reckons these connected devices could generate as much revenue as mobile phones by 2020.
 
半導体業界が急速に変化したときから、この Japan のグループにおける広大なポートフォリオの中で、すでに Son は掛け金を積み上げていた。ARM のロイヤルティ収益においては、いまはスマートフォン・チップが大部分を占めているが、その売上高における成長は、すでにピークに達している。そして、この UK 企業は、冷蔵庫や、腕時計や、そしてトラクターに至るまでの全てに、コミュニケーション・テクノロジーを埋め込むための、新たな基幹事業に投資しているところだ。ARM の目論見によると、それらのコネクテッド・接続されたデバイスは、2020年までにスマフォと同程度の収益を生み出すとされる。
 
ARM’s diversification remains a work in progress, however. The company has also warned that macroeconomic uncertainty could hurt consumer and enterprise spending this year. That makes the offer price of 17 pounds per share – a 43 percent premium on Friday’s closing price and a multiple of 48 times next’s year earnings – look a bit rich.
 
ARM における多様化は、いま進化している状態である。しかし、同社は、マクロ経済の不確実性により、消費者と企業の支出が、今年は損なわれる可能性があると警告している。マーケットで提供される同社の株価は、一株当たり 17 pound であり、金曜日の終値に 43% のプレミアムが乗せられている。そして、マルチプル・レシオは、来年の収益の 48倍という、リッチな状況である。
 
An unpredictable chairman is another reason to insist on a big discount for the Japanese group, which only last month abruptly parted ways with heir apparent Nikesh Arora, the former Google executive. At the time Son said he wanted to stick around for at least another five years and “work on a few more crazy ideas”. Investors were warned.
 
予測不可能な行動をとる会長の存在は、この Japan グループの評価に影響をおよぼす、もう一つの理由である。つい先月のことだが、Google から迎え入れ、後継者とされていた、Nikesh Arora との決別が表面化している。そのとき Son は、少なくとも 5年間は経営の指揮を取り、いくつかのクレージーなアイデアを実現したいと、投資家たちに警告を発していた。
 
This piece has been refiled to update the value of the deal and details of the offer in the headline and throughout the piece.
 
ーーーーー
IoTSB-ARM驚きました! 正直なところ、「ARM って買えちゃうのですね」という感じの話ですが、それだけ、$32.2 billion のキャッシュが強烈なのでしょう。世界も大注目のトピックであり、Google で [ Softbank ARM ] を検索すると、こんな感じでニュースが続々という状況です。それにしても、孫さんの考えることは、とてもダイナミックです。Sprint では苦労しているようですが、これでは終わらないぞという、メッセージが伝わってきます。この先の展開に、興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
ARM と サーバー市場:2020年には シェア 20% を獲得すると豪語している!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?
ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る
 

Comments Off on Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

Pokémon GO の勢いがスゴイ! WhatsApp も Instagram もブッチギリの滞空時間を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Mobile, Research, Weekend by agilecat.cloud on July 16, 2016
People are already spending more time with ‘Pokemon GO’ than they are with Snapchat
Matt Rosoff – Ju 11, 2016
http://www.businessinsider.com/pokemon-go-popularity-shown-by-app-usage-time-2016-7
 
_ Business Insider
 
We haven’t seen a tech phenomenon like “Pokémon GO” in a long time. Released last Wednesday, the smartphone game from Niantic and Nintendo almost immediately topped the app charts, sent Nintendo’s stock skyrocketing, and sent armies of gamers into the streets, parks, and graveyards to hunt mythical Pokémon creatures.
 
私たちは、 “Pokémon GO” が生み出したようなハイテク現象を久しく見ていない。先週の水曜日 (7/6) に、Niantic と Nintendo からリリースされた、このスマートフォン・ゲームは、あっと言う間にアプリ・チャートのトップへと駆け上がり、Nintendo の株価をロケットのようなスピードで押し上げた。そして、Pokémon 神話に住むモンスターたちを狩らせるべく、戦士であるゲーマーたちを、街路や公園や墓地へと送り出すことになった。
 
 
pokemon
Statista
 
This chart from Statista shows how obsessed people are with the game. On Friday — two days after its release — Android users who had downloaded the game spent an average of over 43 minutes with it, well ahead of other popular apps like WhatsApp, Instagram, and Snapchat.
 
この、Statista によるチャートは、Pokemon GO に夢中になっている、人々の様子を示している。このゲームがリリースされてから、2日後となる金曜日の時点で、それをダウンロードした Android ユーザーたちは、平均で 43分以上を Pokémon GO に費やしている。それは、人気アプリである WhatsApp/Instagram/Snapchat などの、はるか上空を駆け抜ける勢いなのである。
 
ーーーーー
weekend文中にもあるように、久々の爆発的な現象を見たように思えます。これも、モバイルとクラウドの成せる技なのですが、これまでは踏み込むことのなかった領域へと、Pokémon GO は進化していったのでしょう。Wired では、「本当の拡張現実とは、スマートフォンのスクリーンに表示されるものというよりは、ポケットの中に感じる「感覚」だ。Pokémon Go は GPS に接続されているので、ポケモンやジム、ポケストップの近くを通り過ぎたとき、スマートフォンが振動してそのことを知らせてくれる」と、このゲームの魅力が分析されています。Pokémon GO で証明された何かが、次の何かを生み出したら、とても面白くなりそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Instagram のロゴ変更と、それを批判するメディアの姿勢に思うこと
Netflix の Fast.com は、かなりイケてる インターネット速度測定サイトだ!
インドの最安 Android スマフォは、ほんとうに 14ドルで販売されるのか?
iPhone に 無理やり押し込まれた、不要な Apple アプリを見えなくする秘策とは?
Qualcomm の 次期チップ・セット Snapdragon は、8GB RAM をサポートするって?
 

Comments Off on Pokémon GO の勢いがスゴイ! WhatsApp も Instagram もブッチギリの滞空時間を1枚のチャートで!

中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on July 8, 2016
China has made an incredibly quick switch from 3G to 4G
Steven Millward – Jun 21, 2016
https://www.techinasia.com/china-quick-switch-to-4g
 
_ tech in asia
 
Two-and-a-half years after China’s 4G mobile networks first switched on, the nation now has 562 million 4G subscribers across its three main telcos.
 
China においては、4G モバイル・ネットワークへの移行が二年半前から始まっているが、同国の Top-3 テレコムの 4G サブスクライバーを合算すると、すでに 5.62億人に達しているという。
 
For-Chinas-low-wage-workers-this-startup-provides-loans-for-iPhonesPhoto by Leniners.
 
That’s out of a total of 1.3 billion mobile SIM subscribers, according to the latest data from the three carriers – China Mobile, China Telecom, and China Unicom. The number is so high as some individuals have more than one number.
 
China Mobile/China Telecom/China Unicom の最新のデータによると、モバイル SIM のサブスクライバーは、全体で 13億人になるという。複数のカウントを持つ人がいるにしても、その数値はきわめて高い。
 
The whole of North America had 219 million 4G subs at the last count.
 
ちなみに、NorthAmerica の 4G サブスクライバーは 2.19億人であると、最新データが伝えている。
 
China’s switch from 3G to 4G was relatively swift as most adults already owned a smartphone. All the telcos had to do was offer some incentive for people to change to the faster phone service. Monthly 4G plans being a bit cheaper than 3G ones seems to have done the trick.
 
ほとんどの成人が、すでにスマートフォンを所有していたとしても、China における 3G から 4G へのシフトは、とても素早いと思える。前述のテレコムたちが行ってきたことは、よリ高速なサービスへと、人々が乗り換えさせるための、インセンティブの提供であった。月額の料金において、4G が 3G よりも少し安くなるなど、いくつかのトリックがあったようだ。
 
China Mobile is the only telco to report how many 3G subscribers it has separate from its 4G signups. Those numbers give us a clear picture of the rapid flip:
 
China Mobile だけが、4G と 3G のサブスクライバーに関して、それぞれの推移をレポートしている。同社が提供する一連を数字を見比べると、きわめて短期間のうちに、4G と 3G が逆転しているようだ。
 
China-switches-from-3G-to-4GClick to Large >>>
Data of China Mobile
 
 For that particular telco, the changeover happened between July and August last year. You’ll also notice that China Mobile is having much more luck with 4G than it did with its 3G. That’s because China’s government forced the nation’s top telco to use the peculiar TD-SCDMA 3G system, which no other place in the world used, resulting in a poor choice of phones available to consumers.
 
China Mobile だけに限ってみると、昨年の 7月〜8月 で逆転現象が起こっていることが分かる。そして、同社にとっては、3G から 4G への切り替えが、とても幸運な出来事であったと気づくだろう。その理由は、China 政府が取ってきた政策にある。このトップ・テレコムの 3G 時代においては、独特の TD-SCDMA3G システムという、世界では通用しない方式の利用が強制されていたのだ。その結果として、一般消費者に提供されるデバイスも、お粗末なものとなっていた。
 
Xiaomi was China’s top selling phone brand in 2014 and 2015, but Huawei looks set to grab the top spot this year.
 
ちなみに、China のスマートフォン市場において、2014年と 2015年のトップ・ブランドは Xiaomi であったが、その座を Huawei が奪おうとしている
 
More China data:
 
 
ーーーーー
asia-pacific 2一ヶ月ほど前に、すでに 5億人を突破したらしいというニュースを、チラッと見たような気がしていましたが、5.6 億人に達していたのですね。 そのうち、文中のチャートに示されている China Moble が 4.1 億人ほどなので、China Telecom と China Unicom で、残りの 1.5 億を分けあっていることになります。中国のフラッグシップ・スマフォは、何と言っても Huawei 製の Nexus 6 でしょう。また、Xiaomi の Redmi 3 も、素晴らしい機能を低価格で提供しています。中国のデバイスと、テレコムと、ユーザーが、自身のマーケットだけではなく、世界のバランスを大きく変化させているように思えます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した9年間
アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?
 

Comments Off on 中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!

Google が排除した Android マルウェアは、14本ものアプリを不正にダウンロードする悪質なものだった!

Posted in .Chronicle, Google, Mobile, Security by agilecat.cloud on July 6, 2016
Google removes malware that installed an app every 2 minutes
Robin Sinha – Jun 29, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Google-removes-malware-that-installed-an-app-every-2-minutes/articleshow/52973795.cms
 
_ Times of India
 
Google together with Lookout, a mobile security company, has successfully taken down the auto-rooting malware app that was said to be silently rooting Android device and install other apps without user permission.
 
モバイル・セキュリティ会社である Lookout と Google が協調し、秘密裏に Android デバイスのルートを取り、ユーザーの許可なしに他のアプリをインストールしたとされる、オート・ルート・マルウェア・アプリを引きずり下ろした。
 
Android MalwareThe app called LevelDropper on Google Store was discovered by the security firm Lookout last week. The app is basically virtual version of a flat level calibration tool that users can keep on table or any other surface to check if they are really flat.
 
この、Google Store に置かれていた LevelDropper と呼ばれるアプリは、セキュリティ会社 Lookout により、その本性を明らかにされた。そのアプリは、テーブルなどの面がフラットであるかどうかをキャリブレーションする、仮想的なツールであったという。
 
At first glance, LevelDropper looks like a simple app to use. However, as Lookout says in its blog, on running a deeper analysis “it turned out to conceal its malicious behaviour.”
 
一見したところ、LevelDropper はシンプルなアプリに思える。しかし、Lookout のディープな分析によると、悪意のある動作が隠されていることが判明した。
 
The app was found to be silently rooting the device and installed 14 apps within 30 minutes of its installation, which means almost 1 app in every 2 minutes.
 
このアプリは、デバイスを無断で取得し、自身がインストールされてから 30分のうちに、14種類のアプリをインストールしていることが分かった。そのペースは、2分に1本というスピードであったという。
 
ーーーーー
mobile_55昨日の、「Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!」というポストには、「モバイル・マルウェアの選択肢が提供され、異なる種類のサイバー犯罪者たちである、プロの集団や組織だったギャングから、経験豊富なフォーラムの読者などが、それらを悪用する」という状況にいたっていると書かれていました。Android でルートを取られてしまっては、ひとたまりも有りませんのが、そのような悪質なツールが、アンダーグラウンドに出回っていないこととを願うのみです。アプリのマーケットが賑わうことは、とても重要なことだと思いますが、事前審査のハードルを上げるなどの処置が必要になってくるのでしょうか? そんなことを考えてしまうほど、衝撃的な出来事です。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
サーバー・セキュリティにおいて、自動化が必須となる理由を説明しよう
ウェアラブル と BYOD のポリシーが、企業の IT セキュリティに挑戦している
データ損失の原因を比較すると、ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
DDoS 攻撃の頻度が、2014年から2015年にかけて、急速に高まってきている!
クラウドとデータの機密性:これからは、暗号化がトレンドになるのか?
 

Comments Off on Google が排除した Android マルウェアは、14本ものアプリを不正にダウンロードする悪質なものだった!

Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!

Posted in Mobile, Network, On Monday, Security by agilecat.cloud on July 5, 2016
Automation: Bots Now Account for Half of All Internet Traffic and many are Malicious
Dick Weisinger – June 30th, 2016
http://formtek.com/blog/automation-bots-now-account-for-half-of-all-internet-traffic-and-many-are-malicious/
_ formtek
Bots are software applications that can automate tasks, like setting alarms and notifications, booking travel or searching out shopping and weather information.  Bots have the potential to bring great time-saving benefits.  Somewhat amazing, by one estimate, bots already take up nearly half of all internet traffic.  In fact, traffic at small and medium-sized websites are often dominated by bot traffic.  But as with many things, bots come in two varieties: good and bad.
 
Bot とは、タスクを自動化するソフトウェア・アプリケーションのことであり、その利用範囲はアラームやノーティフィケーションの設定から、旅行や買物の手配、そして、気象情報の検索にまでいたる。Bot を活用すれば、時間を節約し、利益をもたらすことになるだろう。いささか驚きだが、すでに Bot は、すべてのインターネット・トラフィックの半分近くを占有するという推測値もあるほどだ。実際のところ、中小の Web のトラフィックは、多くのケースにおいて Bot トラフィックにより配されている。そして、多くのアプリと同様に、Bot にも Good と Bad の 2種類がある。
 
Seurat_7Limor Kessem, cyber intelligence expert at IBM Security, said that  “the mobile malware marketplace has been bustling with activity in the past few months. Mobile malware is becoming a central part of underground dealings and an important fraud frontier that’s growing in size and sophistication. Mobile malware nowadays is picked up and operated by different ranks of cybercriminals — from professional, organised gangs to the least experienced forum readers who buy malware and rely on technical setup and support services from underground vendors.”
 
IBM Security の Cyber Intelligence Expert である Limor Kessem は、「この数ヶ月において、モバイル・マルウェア市場が賑わいを見せている。モバイル・マルウェアは、地下組織による取引の中心に居座り、詐欺行為を蔓延させる牽引車となり、その規模と狡猾さを増大させている。いまでは、モバイル・マルウェアの選択肢が提供され、異なる種類のサイバー犯罪者たちである、プロの集団や組織だったギャングから、経験豊富なフォーラムの読者などが、それらを悪用するという状況にいたっている。そして、マルウェアを購入する犯罪者たちは、地下に潜ったベンダーから、サービスのセットアップやサポートを提供されている」と述べている
 
Unfortunately, bad or malicious bots now make up nearly 40 percent of all bots, according to a study by Distil NetworksRami Essaid, CEO and cofounder of Distil, said that “Bots are the centerpiece of a hacker’s toolkit. Bad guys are buying lists of usernames and passwords and then brute-forcing their way into banking, ecommerce and healthcare, as well as the Postal Service and the IRS.  As the appeal of bots for consumers widens, so do the risks. More bots mean more potential access points for bad bots.”
 
Distil Networks の調査によると、すべての Bot 40% 近くを、悪意の Bot が占めているようだ。Distil の CEO and Co-Founder である Rami Essaid は、「Bot は、悪意のハッカーたちにとって、ツール・キットの中心的な存在である。悪意を持った者たちが、ユーザ名とパスワードのリストを購入し、ブルート・フォースを仕掛けていく。その対象は、Eeコマースやヘルスケアだけではなく、郵政や税務といった国家のサービスにまで至る。消費者のための Bot が、その魅力を広めるにるつれて、潜在的なリスクも大きくなっていく。つまり、悪意の Bot のためのアクセス・ポイントになり得る、善意の Bot が増えていくことになるのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Monday先月に、「スマフォのデータ・プリロード:大量のトラフィックとバッテリが消費されていますよ!」という抄訳をポストしましたが、こうしたトラフィックも、ボットによるリクエストに数えられるのでしょう。そうだとすると、インターネット・トラフィックの半分が、ボットによるという数字も納得できます。そして、頭が痛くなるのが、悪意のボットが 40% を占めるという調査の結果です。これからの世の中は、モバイル・ペイメントの社会になっていきます。それを狙って、地下マーケットが賑わっているのでしょう。困ったものです。。。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
 

Comments Off on Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!

iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した、9年間を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Huawei, Mobile, Research, Xiaomi by agilecat.cloud on June 9, 2016
The Smartphone Price Gap
Felix Richter – Jun 2, 2016
https://www.statista.com/chart/4954/smartphone-average-selling-prices/
 
_ Statista
 
When Apple’s iPhone sales started showing signs of stagnation recently, one of the most cited reasons for the slowdown was the iPhone’s steep price tag compared to the competition.
 
最近になって、Apple の iPhone が低迷の兆しを見せ始めたとき、減速の理由として最も引き合いに出されたのは、競争相手と比べて高額な価格帯であった。
 
smartphone_average_selling_pricesClick to Large >>>
This chart compares the average selling price of iOS and Android smartphones since 2008.
 
And while it’s probably right to assume that a lower price would boost iPhone sales, the question is: why should the iPhone’s price suddenly be more of a problem than it used to be? After all, it has always been more expensive than most Android phones, but that didn’t stop Apple from outperforming the market many times over the past few years.
 
その価格の引き下げが、iPhone の売り上げを伸ばすと考えることは、おそらく正しいのだろう。しかし、疑問もある。iPhone の全盛期には言われなかった価格のことが、なぜ急に、問題視されるようになったのだろう? たしかに、Android フォンと比べると常に高価ではあったが、これまでの数年間において iPhone はマーケットで優位に立ち、Apple の勢いが削がれることはなかった。
 
First of all, the smartphone market has changed. In highly developed regions such as North America and Europe, the market is pretty much saturated – most people who want a smartphone, already have one. Much of today’s smartphone growth comes from emerging markets, where price is much more of an issue.
 
まず、スマフォ・マーケットの変化を指摘したい。North America や Europe などの高度に発展した地域では、そのマーケットが飽和に近い状態であり、ほとんどの人が既にスマフォを所有している。今日のおけるスマフォの成長は、その大半が途上国マーケットで生じており、そこでは価格が大きな問題となっているのだ。
 
At the same time, the price gap between iPhones and Android phones has widened considerably over the years. As our chart, based on data from KPCB, illustrates, the difference in average selling prices grew from $218 in 2008 to $443 in 2016. While high-end Android phones, such as Samsung’s top-of-the-line devices still cost about as much as an iPhone, there is a large number of manufacturers (mostly from China) who sell Android smartphones for a fraction of the iPhone’s price these days.
 
それと同時に、iPhone と Android フォンの価格差が、この数年において大きくなってきている。KPCB のデータを基にしたチャートが示すように、平均的な販売価格の差は、2008年 の $218 から 2016年の $443 へと拡大している。周知のとおり、Samsung などのハイエンド Android フォンは、依然として iPhone と肩を並べる価格帯で販売されている。その一方では、主として China で製造される大量の Android スマフォが、いまでは iPhone の何分の一という価格で販売されているのだ。
 
ーーーーー
mobile_55これは、それぞれの OS やデバイスの優劣という話より、それぞれの性格の違いだと捉えるべきものなのでしょう。企業であるからには、その売上を伸ばして株価を高めていくべき Apple と、途上国マーケットを前提に、競合していく Android フォン・メーカーたちでは、価格という要件に対する姿勢が、おのずと異なってしまいます。それが、このような価格差を作り出してきたわけです。Agile Cat が、いまスマフォを買い換えるとしたら、断然 Xiaomi の Remi 3 になるでしょう。eBay などで探してみると、2万円を切る価格帯で、この 8-Core のデバイスが買えることが分かります。「Google Play は入っていますか?」と、ディーラーに確認したこともあるのですが、「もちろん」という答えが返ってきました。3G/4G の周波数帯域もバッチリなので、日本でも充分に利用できるスマフォになるはずです。 ついに、中国製のデバイスが、インターナショナル・マーケットに進出してきたわけであり、Apple が価格を維持するなら、この差は、さらに開いていくと思えるのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
スマフォのデータ・プリロード:大量のトラフィックとバッテリが消費されていますよ!
ココまで来たぁ! インドの最安 Android スマフォは、14ドルで販売されるのか?
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
iPhone の売行きに暗雲:8年間も続いた栄光の歴史が終わるのか?
 

Comments Off on iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した、9年間を1枚のチャートで!

中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on May 25, 2016
China market: 780 million smartphone-based active surfers in 2015, say report
Adam Hwang – 19 May, 2016
http://www.digitimes.com/news/a20160518PD207.html
 
_ Digi Times
 There were 780 million smartphone-based active users of mobile Internet services in the China market in 2015, accounting for 56.9% of the population, according to a joint report by Internet Society of China (ISC) and National Computer Network Emergency Response Technical Team/Coordination Center of China (CNCERT/CC).
 
China マーケットにおけるモバイル・インターネット・サービスには、2015年滅の時点で 7.8億人のスマフォ・ベースのアクティブ・ユーザーがいて、同国の総人口に対して 56.9% を占めると、Internet Society of China (ISC) と National Computer Network Emergency Response Technical Team/Coordination Center of China (CNCERT/CC) が、共同でレポートしている。
 
China MobileFlickr
The Tenth Dragon
 
There were 1.13 billion smartphones in active use for mobile access to the Internet in 2015 and 16.76% of active surfers used Apple’s iPhones, followed by Samsung’s smartphones (15.78%), Huawei’s (15.56%), Xiaomi’s (14.24%),Vivo’s (8.66%), Oppo’s (8.66%), Lenovo’s (6.93%), Coolpad’s (4.29%), HTC’s (2.95%) and LG’s (1.05%).
 
また、2015年のインターネット・アクセスにおいては、11.3億台のスマフォがアクティブに利用され、そのうちの 16.76% は Apple の iPhone を使用している。そして、それに続くのは、Samsung (15.78%)/Huawei (15.56%)/Xiaomi (14.24%)/Vivo/ (8.66%)/Oppo (8.66%)/Lenovo (6.93%)/Coolpad (4.29%)/HTC (2.95%)/LG (1.05%) という顔ぶれである。
 
The most frequently visited websites were of three categories: social networking, search and e-commerce.
 
最も頻繁に、ユーザーたちが訪問した Web サイトは、ソーシャル/サーチ/Eコマースという、3つのカテゴリであった。
 
There were 1.4775 million malicious software applications found in 2015 and 99.6% of them were based on Android, 0.1974% on Symbian, 0.0005% on iOS and 0.0003% on J2me. Android models accounted for 71.24% of smartphones affected with malicious applications, Symbian 17.82% and iOS 10.94%.
 
また、2015年における悪意のアプリは全体で 1,477,500 種類であり、そのうちの 99.6% が Android/0.1974% が Symban/0.0005% が iOS/0.0003% が J2me 上で発見されている。そして、悪質なアプリにより被害が生じたのは、 71.24% が Android/17.82% が Symbian/10.94% が iOS となっている。
 
Among the three mobile telecom carriers, China Mobile subscribers accounted 68.40% of mobile Internet surfers affected with malicious applications, China Unicom 27.11% and China Telecom 4.49%.
 
同様に、悪意のアプリで被害にあったインターネット・ユーザーの比率を、モバイル・キャリア別に見ていくと、68.40% が China Mobile/27.11% が China Unicom/ 4.49% が China Telecom の順となる。
 
ーーーーー
research_55以前に、China Mobile のユーザー数が8億人という記事をポストしましたが、それは、日本で言うガラケーも含んだものなのだろうと捉えていました。同様に、中国でのスマフォの販売台数に関する情報も、いろいろな所で紹介されていましたが、その累計は見えてこないという状況でもありました。そして、文中の「7.8億人のスマフォ・ベースのアクティブ・ユーザー」と記述で、全体像が掴めた感じがしますし、「11.3億台のスマフォがアクティブに利用」により二台持ちのユーザー数との関係も、なんとなく見えてきたところです。それにしても、スゴイ規模ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: 成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
China Mobile の 4G-LTE ユーザー数が、3億人を超えたらしい
4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! 中国マーケットの爆発的な成長が!
 

Comments Off on 中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!

%d bloggers like this: