Agile Cat — in the cloud

IoT の調査: 賢いメーターとグリッドで、米国は電力ビジネスを再構築していくのか?

Posted in Energy, IoT, On Monday by agilecat.cloud on September 26, 2016
Internet of Things (IoT): Rapid Deployment of New and Existing Replacement Sensors Drive Smart Meter Market
By Dick Weisinger
September 23rd, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-rapid-deployment-of-new-and-existing-replacement-sensors-drive-smart-meter-market/
_ formtek
Deployment of smart meters is growing quickly.  Hundreds of millions of them have been deployed globally.  In the US there are more than 60 million smart metersEstimates are that more than one billion smart meter data points are logged every day.  The meter data management and analytics market is expected to total  from 2015 to 2024, according to a study by Navigant Research.  IDC estimates that by 2025 that 152,000 devices will connect to the network every minute.
 
グローバルにおけるスマート・メーターの展開が、億単位で急速に進んでいる。そして US では、現時点で 6000万個以上のスマート・メーターが展開されている。さらに言うなら、スマート・メーターから得られる、一日あたりの詳細なデータは、10億に達したと予測されている。Navigant Research の調査によると、2024年に2015年にかけて、全体的なメーター・データの管理/分析マーケットは、$10.3 billion に届いていると推測されている。また IDC は、2025年の時点において、毎分ごとに 152,000 個のデバイスがネットワークに接続されると推定している。
 
chagall_1Stuart Ravens, principal analyst, energy and sustainability technology with Ovum, said that “at the moment we could have a meter reading every year. With smart meters, if they read every half hour, that’s 17,500 meter readings a year. When we talk about ‘exponential’ growth of data, that is really exponential. And that is just considering the billing side.”
 
電力の継続的な供給について研究する、Ovum の主席アナリストである Stuart Ravens は、電力を継続的に供給していくテクノロジーとして、私たちは、この数年でスマート・メーターを手にすることになった。それらのメーターから、さまざまなデータを30分ずつ抽出すると、年間で 17,500個のメーターにしか対応できないことになる。この種のデータは、まさに指数関数的に成長に成長している。したがって、いまは課金という面だけを検討していることになる」と述べている
 
The increase in smart meter spending is being driven from two factors:
 
スマート・メーターを促進する要素として、以下の 2つの項目があげられる。
 
  • Sensor replacement of sensors deployed a decade previous with more advanced and capable technology.
  • The use of distributed energy resources (DER) on the edge of the utility grid.
 
  • この 10年におけるセンサーの置き換えにより、以前と比べて先進的なテクノロジーが利用できるようになった。
  • 送電網のエッジにおいて、Distributed Energy Resources (DER) が利用できるようになった。
 
Lauren Callaway, research analyst with Navigant Research , said that “there is a growing emphasis on converging data from external sources for the purpose of more advanced, predictive analytics. This has supported developments in MDA (Model Driven Architecture) technologies that have the capability of dealing with differently structured forms of data, generating prescriptive and predictive insights.”
 
Navigate Research で調査と分析に携わる Lauren Callaway は、「より高度な予測分析のために、外部のデータ・ソースを集約するという手法が、大きく成長している。そこで用いられるのは、MDA (Model Driven Architecture) というテクノロジーである。それにより、規範的な予測と洞察のためのデータを、複数のデータ・フォーマットから集約することが可能となっている」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondayいまの日本は、もんじゅの廃炉で大騒ぎですが、米国ではスマート・メーターを活用する、スマート・グリッドの議論が進んでいるようですね。少数の大規模発電施設で、大量の電力を生成するという発想から、多種多様な発電敷設を、消費に応じて効率よく接続していく方向へと、すでに論点がシフトしているようにも思えます。たとえば、Bloom Energy のようなオンサイト発電を用いて、交通網や医療機関などのクリティカルな分野をカバーしながら、送電網を賢くしていくという流れのほうが、未来があると思えるのですが、日本はどうするのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
File Sharing の調査: クラウド・ファイル共有は、エンタープライズの安全性を満たさない
Mobile and IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル追い越す
IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる
SaaS の調査: このマーケットの売上は、$12 B から、2024年の $50 B に成長していく
SaaS の調査:スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している
 

Comments Off on IoT の調査: 賢いメーターとグリッドで、米国は電力ビジネスを再構築していくのか?

イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

Posted in .Chronicle, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on September 14, 2016
70% of IoT adopters in APAC realize significant ROI on IoT investments
By Networks Asia staff – September 12, 2016 – 22:14
http://www.networksasia.net/article/70-iot-adopters-apac-realize-significant-roi-iot-investments.1473689668
 
_Network Asia
 
A majority (70%) of IoT adopters in Asia-Pacific have seen significant return on their IoT investment, compared to 63% globally, and 61% of Asia-Pacific companies are using IoT to support large-scale business transformation, according to Vodafone’s fourth annual ‘Internet of Things (IoT) Barometer Report.
 
Vodafone が提供する、4年目の Internet of Things (IoT) Barometer Report によると、Asia-Pacific で IoT を採用している企業は、投資額の 70% にも達する利益を得ており、グローバルでの 63% を上回っている。また、Asia-Pacific で IoT に取り組む企業が、大規模なビジネスの変革をサポートしているケースは、61% に達している。
 
iot-asiaKeiichi Matsuda
Vimeo
 
For businesses in Asia-Pacific – Australia, China, India, South Korea and Japan – IoT remains a top business focus, as 84% of companies view IoT as critical for the future success of their organization. As a result, companies are focusing on how they invest in IoT, rather than whether they should. In fact, 96% of survey respondents in the region have increased their IoT spend in the past 12 months with 52% planning to launch new connected solutions in the next 12 months.
 
Australia/China/India/South Korea/Japan といった Asia-Pcific 諸国では、企業にとって IoT がトップ・クラスのビジネス・フォーカスとなっている。そして、企業の 84% が、組織の将来において、IoT が成功を導くとしている。結果として、それらの企業は必然性に迫られてというより、どのように IoT に投資していくのかという点に注力している。実際のところ、この地域における回答者の 96% は、これまでの 12ヶ月で IoT への投資を増額し、また 52% は、これからの 12ヶ月で新しいコネクション・ソリューションを立ち上げると述べている。
 
Additionally, 68% of companies have consistently given employees access to IoT data on their mobile devices, a factor in the 51% of adopters in Asia-Pacific who have seen increased staff productivity as a result of implementing IoT.
 
さらに、それらの企業の 68% において、従業員たちは自身のモバイル・デバイス上から IoT データへのアクセスを増やしている。そして、Asia-Pacific で IoT を採用した企業の 51% が、スタッフの生産性向上を確認していると述べている。
 
The Vodafone IoT Barometer also found that companies in Asia-Pacific are creating new ecosystems through IoT – almost a third of IoT adopters are using the technology to connect multiple organizations and/or industries.
 
この Vodafone IoT Barometer では、Asia-Pacific の企業が IoT を介して、新しいエコシステムを構築することが分かった。つまり、IoT を採用した企業の 1/3 ほどが、複数の組織や業種との接続を果たしているのだ。
 
Vodafone’s Head of IoT for Asia-Pacific, Justin Nelson stated, “This year’s report shows that we’ve moved from simply adopting Internet of Things technologies towards realizing the true business value that IoT can bring to organizations. Whether it’s connected supply chains for manufacturers, remote monitoring and control of industrial machines, or a connected health proposition, businesses are seeing significant results from their IoT deployments, changing the way they do business, and even facilitating new partnerships to serve customers in new ways.”
 
Vodafone の Head of IoT for Asia-Pacific である Justin Nelson は、「今年のレポートで示されたのは、単に IoT を採用するというレベルから、組織にビジネスをもたらすレベルへと、移行が進んでいることである。産業におけるサプライ・チェーンの接続や、産業機械のリモートからの監視・制御、そしてヘルスケアという分野においても、IoT を展開している企業は、大きな成果を確認している。その結果として、ビジネスの方式が変化し、新たな顧客サービスを提供するための、新しいパートナーシップが促進されている」と述べている。
 
Important component
 
On a global level, it is clear organizations treat IoT as an important component of their IT commitment. IoT is now attracting a greater share of overall IT spending as it accounts for 24% of the average IT budget – equivalent to IT spending around cloud computing or data analytics.
 
グローバル・レベルで明らかなのは、IT を促進する企業が、IoT を重要な構成要素として捉えていることだ。IoT に費やされる予算は、大きな比率に達しており、平均的な IT 予算の 24% を占めるに至っている。この比率は、クラウド・コンピューティングやデータ分析と、同等のレベンに達している。
 
A little more than half (56%) of organizations have integrated IoT data into their existing core business systems such as ERP, cloud hosting platforms, analytics tools, and mobile applications.
 
また、それらの組織の半分以上(56%)が、ERP/クラウド・プラットフォーム/分析ツール/モバイル・アプリといった、既存のコア・ビジネス・システムに IoT データを統合している。
 
This year’s research also revealed that IoT is playing a major role in helping companies redefine their business in order to meet the rapidly changing demands of today’s customers. For example, IoT data is informing business strategy in new ways, as 64% of businesses consistently use big data and analytics platforms to support decision-making.
 
今年の調査では明らかになったのは、急速に変化する顧客の要求を満たすために、ビジネスを再定義していく企業にとって、IoT が大きな役割を果たしていることだ。たとえば、意思決定をサポートするために、64% の企業がビッグデータと分析のプラットフォームを用いるように、IoT データは新しい方式でビジネス戦略を告げるものである。
 
Additionally, 48% of companies globally are using IoT to support large scale business transformations such as helping to change a manufacturing business into a service company.
 
さらに、グローバルで IoT を活用している企業の 48% が、製造業からサービス業への転身のような、大規模なビジネス・トランスフォーメーションを推進している。
 
ーーーーー
IoTとても嬉しくなるトピックですね。IoT への取り組みではなく、相対的な収益性で、アジアが世界をリードしているわけですが、どのような理由があるのでしょう。いろいろな意味で、伸びしろが大きいアジア市場ですが、その将来性が IoT ビジネスにも現れているのでしょうか? この Vodafone レポートをダウンロードましたので、時間のあるときに、ゆっくりと読んでみたいと思います。なんらかの背景が見えてくることを期待しています! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル・デバイスを追い越す
IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる
IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
 

Comments Off on イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

Mobile and IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル・デバイスを追い越す

Posted in .Chronicle, IoT, On Monday, Research by agilecat.cloud on September 12, 2016
Mobile and IoT: Number of Connected Sensors and Devices to Surpass Number of Mobile Devices in 2018
Dick Weisinger – September 1st, 2016
http://formtek.com/blog/mobile-and-iot-number-of-connected-sensors-and-devices-to-surpass-number-of-mobile-devices-in-2018/
_ formtek
The number of Internet of Things (IoT) sensors and devices is expected to exceed the number of mobile devices by 2018, according to a report on mobile devices from Ericsson.  IoT connected devices include cars, machines, utility meters, remote metering and consumer electronics and wearable devices.  The number of deployed sensors and devices is growing at an annual rate of 23 percent and that there will globally be 16 billion by 2021.
 
Ericsson がまとめたモバイル・デバイスに関するレポートによると、IoT に用いられるセンサーおよびデバイスの数が、2018年までにはモバイル・デバイスの数を超えるようだ。ここで言う、IoT 接続デバイスには、自動車や機械類に加えて、電気や水道などの公共メーターや、各種のリモート計測器、そして、家電やウェアラブル・デバイスなどが含まれる。そのようなフィールドに配備されるセンサーとデバイスの数は、年率で 23% の勢いで成長しており、グローバルにおいて、2021年までには 160億個に到達するとされる。
 
ericsson-mobility-report-2016 Click to Large
 
Part of the reason for the rapid growth is because prices for device and sensor costs is rapidly dropping.  An acceleration is expected to happen in 2020 with the introduction of 5G networks that will include additional capabilities like network slicing that will help increase network capacity beyond what is capable today.
 
デバイスやセンサーのコストが急速に低下していることも、この急速な成長の背景にある。そして、2020年に始まるとされる、5G ネットワークの導入により、さらなる加速が期待されている。つまり、いまの常識となっているネットワークのキャパシティを超えて、サービス網を拡張していく、ネットワーク・スライシングなどが追加されることになる。
 
Ulf Ewaldsson, chief technology officer at Ericsson, said that “IoT is now accelerating as device costs fall and innovative applications emerge.  5G is the next big step in mobile communication technologies. It will help realise the vision of essentially unlimited access to information and sharing of data anywhere and anytime for anyone and anything. 5G will enable new applications and use cases in areas such as cloud-enabled robotics and intelligent transportation that can benefit people, business and society—and it will therefore help realise the full potential of the Networked Society.”
 
Ericsson の CTO である Ulf Ewaldsson は、「デバイスのコストが落下し、革新的なアプリケーションが出現したことで、いまは IoT が加速している時期である。また、モバイル通信テクノロジーにおいて、次の大きなステップは 5G である。それは、本質的に無制限な情報へのアクセスと、時と場所と人を選ばないデータ共有のビジョンを、大きく推進していく役割を担う。5G により、個人と企業を社会に利益をもたらす、クラウド対応ロボットや、インテリジェントな移動体といった分野で、新しいアプリケーションとユースケースが育っていくだろう。つまり、ネットワーク社会の可能性を、最大限に引き出す方式が、さまざまな局面で推進されていくのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Monday単なる IoT センサー/デバイスではなく、インターネット網に接続される IoT センサー/デバイスの数というと、この程度の数量なのでしょうか? まぁ、Ericsson の調査がベースなので、信ぴょう性はあると思いますが、気になったので、参照元のレポートから、根拠となるチャートを引っ張りだしてみました。その一方で、2015年6月に BI Intelligence がマトメた、6社による予測値のチャートでは、最も慎重であった Gartner が、2018年の IoT デバイス数を 150億前後と予測しています。そのチャートでは、最も強気の Cisco が 350億と予測しており、かなりのバラツキが認められます。IoT において、とても重要なセンサー/デバイス数に関する情報ですが、誰もが納得できるスタンダードな統計値が欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
 

Comments Off on Mobile and IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル・デバイスを追い越す

IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on September 6, 2016
Internet of Things (IoT): Technology Entering the Mainstream
Dick Weisinger – August 26th, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-technology-entering-the-mainstream/
_ formtek
The concept of the Internet of Things (IoT) was first introduced in 1999.  It’s taken seventeen years, but analysts are now beginning to declare that the vision has been realized and that IoT has now become a mainstream technology.
 
Internet of Things (IoT) の概念は、1999年に初めて紹介された。それから 17年の歳月が流れたが、いまではアナリストたちも、そのビジョンが実現され始め、主流のテクノロジーになったと宣言するようになった。
 
Renoir_3How are businesses using IoT?  Use cases include fleet management and remote vehicle monitoring, building automation, security, automating supply chains, and creating new connected home and usage based-insurance (UBI) products.
 
産業界では、どのように IoT を使用しているのだろうか? そのユースケースには、テレマティクスと遠隔車両監視や、自動化を構築、セキュリティ、サプライチェーンの自動化、スマート・ホーム、使用ベースの保険(UBI:usage based-insurance)などが含まれるはずだ。
 
A report that summarizes the state of IoT technology from Vodafone found that businesses that have invested in IoT are being rewarded.
 
Vodafone がまとめた IoT テクノロジーに関するレポートによると、産業界による IoT への投資が、すでに回収のフェーズに入っていることが分かる。
 
  • 63 percent of businesses with IoT report seeing “significant” returns
  • IoT adopters say that they can measure a 20 percent improvement in metrics like revenue, cost, downtime and utilization
  • 89 percent of businesses using IoT say they are increasing their IoT budgets this year
  • IoT makes up nearly one-quarter of IT budgets for businesses using IoT
  • 76 percent of businesses say that the use of IoT is critical for their business success
 
  • IoT を用いる企業の 63% が、大きな利益を得ていると報告されている。
  • IoT を採用している企業の測定によると、収益/コスト/ダウンタイム/活用などの指標において、20% の改善が達成されている。
  • IoT を活用する企業の 89%が、今年の IT 予算を増加していると発言している。
  • IoT を利用する企業においては、その IT 予算の 1/4 ほどが、IoT により占められている。
  • IoT を用いる企業の 76% が、ビジネスの成功において IoT が重要であると述べている。
 
Matt Hatton, CEO of Machina Research, said that “enterprises rolling out IoT initiatives within their organisations must set tight parameters around what they want to achieve and what success looks like.  Deploying IoT is complex and enterprises would benefit from having a third party not only to pull together the various elements of the proposition but also to act on their behalf in areas such as security, privacy and data management.”
 
Machina Research の CEO である Matt Hatton は、「組織内において、IoT への取り組みを展開する企業は、達成したいと考える成功の周辺に、とても厳格なパラメータを設定しなくてはならない。IoT の展開は複雑であるため、エンタープライズはサードパーティの協力を得ていくことになるだろう。それらのエンタープライズは、課題を達成するための要素を引き出すだけではなく、セキュリティ/プライバシー/データ管理などの領域を改善していく」と述べている
 
Erik Brenneis, Vodafone’s Director of IoT, said that “three-quarters of the companies we interviewed now recognise that the Internet of Things is a new industrial revolution that will change how people work and live forever, and almost half the companies surveyed across multiple countries and sectors told us they’re already planning to bring connected network intelligence to millions of devices and processes over the next two years. 2016 is the year the Internet of Things entered the mainstream.”
 
Vodafone の Director of IoT である Erik Brenneis は、「私たちがインタビューした企業の 3/4 が、将来における人々の仕事と生活を変えていく IoT を、新しい産業革命だと認識している。そして、複数の国々や部門において、調査の対象対象となった企業の約半数が、これからの 2年間において、大量のデバイスとプロセスを接続するための、インテリジェントなネットワークを計画している。つまり 2016年は、IoT が主流になった年なのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayこの文脈からは、「IoT に取り組むことで、ネットワークがインテリジェントなものになり、さまざまな切り口で、効率というものが改善されていく」、というニュアンスが感じられます。この Agile Cat の IoT カテゴリを見ると、どちらかと言うと、IoT の時代のネットワークに関連するトピックが集められています。すべてのトラフィックをクラウドに集めるよりも、何らかの分散を考えるほうが、明らかに効果的であり、また、安全であると思えてきます。集約から分散へ向けた、静かな揺り戻しが始まっているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: このマーケットの売上は、$12 B から、2024年の $50 B に成長していく
SaaS の調査:スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している
Cloud の調査:データセンターの電力消費量は、どのように推移していくのか?
Cloud の調査: 2016年 Q1 のパブリック・クラウドは、記録破りの成長を達成したようだ!
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
 

Comments Off on IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる

IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!

Posted in .Chronicle, IoT by agilecat.cloud on September 1, 2016
Internet Of Things To Use Fog Computing For More Efficiency Than Cloud Computing
Wednesday, August 3, 2016 7:54 AM UTC
http://www.econotimes.com/Internet-Of-Things-To-Use-Fog-Computing-For-More-Efficiency-Than-Cloud-Computing-243795
 
econotimes
 
The Internet of Things will start relying more on Fog computing in order to meet the demands of efficiency that is becoming more difficult to fill with current, conventional means. Cloud computing simply cannot offer the same level of computing speed and response time that the IoT will require, but Fog computing can.
 
IoT は、これまでの発想では満たすことのできない、効率への要求を追求するために、フォグ・コンピューティングへの依存度を高め始めている。クラウド・コンピューティングでは、IoT で必要となるスピードとレスポンスを提供できないが、フォグであれば、それも可能になる。
 
Morning FogMorning Fog.Nature
Landscapes/YouTube
 
Tech Crunch notes how IoT is quickly becoming more like the Internet of Everything or IoE, and how the future is starting to look like a futuristic sci-fi movie where the lives of people revolve around a centralized digital interface. In any case, getting to this point will require processing and computing speeds that Fog computing is perfect for, and this is thanks to its decentralized processing architecture.
 
テック・クランチは、IoT から IoE 的なものへと向けた、急速な変化が起こっていると指摘している。そして、未来の人々の生活が、センタライズされたデジタル・インターフェースを中心に展開するという、SF 映画のような光景を示唆している。いずれの場合においても、そのような状況に到達するには、フォグ・コンピューティングにとって最適な、処理と計算のスピードを要求し、また、そのための分散処理アーキテクチャが必要になるだろう。
 
In terms of how processing works with Cloud computing, it offers a huge pocket of processing capability, which makes it perfect for providing IoT with the kinds of storage presence that it needs in order to draw terabytes of information from. However, Cloud computing also suffers from a slower response time because it is essentially a huge mass, which makes it sluggish.
 
クラウド・コンピューティングにおいて、どのようにプロセスが機能するのかと考えるなら、処理能力の巨大なポケットが提供されるという表現になるだろう。それは、テラバイト・レベルの情報を取り出すために必要な、最適のストレージとしての存在感を、IoT に提供するものになる。しかし、クラウド・コンピューティングは、その巨大な質量が本質的に緩慢さをもたらすため、レスポンスの遅延という問題に苦しんでいる。
 
In comparison, Fog computing is a far more fractured system, which can determine which processes require the most attention. This allows for a faster response time, which is critical in areas like medicine or engineering.
 
クラウドとの比較において、フォグ・コンピューティングが遥かに厄介なシステムとなるのは、は、最も注意を必要とするプロセスを取り扱うためである。つまり、医療や工学などの分野において重要な、素早いレスポンスに対応するものとなる。
 
In the IoT Agenda website, Fog computing is described as a feature where “computing resources and application services are distributed in the most logical, efficient place at any point along the continuum from the data source to the cloud.” It basically takes specific information from the bulk that is Cloud storage in order to reduce the amount of time to find said information and then transport it to its destination. It might only be a few seconds or milliseconds of difference, but the impact can be huge, particularly in life and death situations.
 
IoT Agenda という Web サイトはフォグ・コンピューティングについて、「データ・ソースからクラウドへと向けて連続する、あらゆる効果的なポイントにおいて、最も論理的に分散されたコンピューティング・リソースを提供し、また、アプリケーション・サービスを提供するものである」と定義している。フォグは、ここで説明する情報というものを、検索するための時間を短縮しなだら、ディスティネーションへと転送するために、クラウド・ストレージというデータの固まりから、特定の情報を取得するものでもある。それにより短縮される時間は、ほんの数秒、もしくは、ミリ秒かもしれないが、人の生死に関わる状況では、その差が大きなものになる。
 
ーーーーー
IoTこのところ、だんだんと、フォグ・コンピューティングに関する記事が増えてきました。IoT におけるフォグの解説なので、クラウドとの差異が強調されていますが、だからといって、クラウドが不要だという話ではありません。もう少し、具体的なユースケースが紹介されるようになれば、フォグ・コンピューティングのイメージが掴みやすくなると思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
 

Comments Off on IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!

IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on August 1, 2016
Internet of Things (IoT) and Manufacturing: Sensor Technology will be the Enabler of IoT in Manufacturing
By Dick Weisinger – July 27th, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-and-manufacturing-sensor-technology-will-be-the-enabler-of-iot-in-manufacturing/
_ formtek
The IoT market is big and growing rapidly.  A report from Credence Research estimates that the global IoT market was worth $690 billion in 2015 and that it will grow each of the next seven years by an average of nearly 16 percent.  Gartner estimates that this year we will have 6.4 billion ‘things’ already connected, up 30 percent from last year.
 
IoT のマーケットが、急速かつ大幅に成長している。Credence Research のレポートによると、グローバルにおける IoT マーケットは、2015年に $690 billion に達し、今後の 7年間を平均すると、約 16% の勢いで成長すると推定されている。また、Gartner は、2016年に接続されるモノは 64億個に達し、前年比で 30% の増加にいたると推定している。
 
Escher_1One area that is ripe for the deployment of IoT technology is manufacturing.  To date, adoption in the manufacturing sector has been relatively low.  The potential is that equipment on the factory floor can be equipped with sensors, and the collected sensor data can then be fed back into both control and business decision systems.  GE, for example, focuses on the term IoT relative to a manufacturing and industrial setting and calls it the Industrial Internet of Things (IIoT).
 
IoT テクノロジーの展開において、機が熟している領域としては製造業が挙げられるが、この業界での IoT 採用率は、今日に至るまで相対的に低かったとされる。工場の中にセンサーを装備していくことに関しては、きわめて大きなポテンシャルがあり、そこで収集されたセンサー・データは、工場のコントロールとビジネスの意思決定ために、フィードバックされていくことになる。GE の場合は、製造業および工業を前提にして IoT にフォーカスしており、Industrial Internet of Things (IIoT) と呼ばれる概念を提示している。
 
A survey by BI Intelligence found that 96 percent of executives from companies of greater than $1 billion in size thought that industrial IoT will be critical for their business success.  60 percent of executives thought that IIoT is having a big impact on their operations.
 
年商が $1 billion 以上の企業に対して、survey by BI Intelligence が実施した調査によると、
ビジネスを成功させるためには、製造表のための IoT が重要になると、96% の経営者たちが答えている。また、IIoT が製造業に対して、大きな影響を与えていると捉えている経営者たちは、60% に至ることも明らかになった。
 
Iain Gillott, president and founder of iGR, said that “several key drivers, such as decreased costs and increased throughput and yields, may prompt more manufacturers to deploy IoT solutions.  Therefore, over the next five years, expect a growing number of wireless IoT sensors to be used by the manufacturing industry.”
 
iGR の President and Founder である Iain Gillott は、「たとえば、生産能力や歩留まりを高め、コストを削減するという観点で、いくつかの重要な要素がある。それにより、製造業者たちに IoT ソリューションを展開させるという力が働いていく。おそらく、これからの 5年間において、製造業で利用されるワイヤレス IoT センサーが、増大していくと予測される」と述べている
 
ーーーーー
On MondayIoT というと、フィールドでのセンサー・データの利用に目が行ってしまい、製造業での活用に関しては、あまり触れられないという状況だったと思われます。また、従来からの FA もあり、新たに IoT を採用するというよりは、リプレイスになるというケースが多いのかもしれません。その意味で、やや出遅れているのでしょうが、GE の言う IIoT などが具体化されるにつれて、そのマーケットも着実に伸びていくはずです。それにしても、2015年に $690 billion に達したという、IoT のマーケットは大きいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Shadow IT の調査: シャドウ IT アプリが、この2年間で 30倍にも増大している
Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?
Data Security の調査: 政府が要求する情報開示と、暗号化の関係とは?
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
nternet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
 

Comments Off on IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について

Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on July 18, 2016
SoftBank’s $32 bln ARM bet gives investors a shock
Katrina Hamlin July 18, 2016
http://blogs.reuters.com/breakingviews/2016/07/18/softbanks-31-bln-arm-bet-gives-investors-a-shock/

_ reuters

The author is a Reuters Breakingviews columnist. The opinions expressed are her own.
 
Masayoshi Son’s “crazy ideas” are alive and well. The conglomerate led by the Japanese tech tycoon is buying UK chip designer ARM Holdings in an all-cash deal worth $32.2 billion, according to multiple reports. It is an expensive bet on Son’s vision of a future where everything is connected and computerized – the so-called “Internet of Things”. For investors who thought the Japanese conglomerate was focusing on paying down debt, it is a painful jolt.
 
Masayoshi Son の、クレージーなアイデアは健在だ。いくつかの報道によると、この Japan のテック・タイクーンが率いるコングロマリットは、$32.2 billion のキャッシュを揃えて、UK のチップ・デザイナーである ARM Holdings の買収を進めている。Son の未来のビジョンにおける大きな賭けは、すべてがコネクトされコンピュータライズされる、いわゆる Internet of Things の世界で展開される。この、Japan のコングロマリットが、借入金の返済を進めると思った投資家にとって、それは痛みを伴う衝撃である。
 
SoftbankImage Flickr
MIKI Yoshihito
 
In recent months SoftBank has sold $10 billion of stock in Chinese e-commerce giant Alibaba and raised $7.3 billion by selling “Clash of Clans” maker Supercell. Buying the British tech group that supplies almost all the blueprints for chips used in smartphones will suck up all of those proceeds, and more. The deal dashes any hope that SoftBank might reduce net debt which reached $54 billion at the end of March – almost four times the company’s EBITDA – not including its struggling U.S. telecoms subsidiary Sprint.
 
この数カ月の間に Softbank は、China の大手コマース・サイト Allibaba の株式を $10 billion で売却し、また、Clash of Clans の メーカー Supercell 株を $7.3 billion で売却している。そして、この売却益以上のものが、ほぼすべてのスマートフォン・チップのデザインを提供する、UK のテック・ループの買収に吸い上げられていく。今回の契約により、3月末に $54 billion に達した有利子負債を、Softbank は軽減したいとが考えているはずだ。ただし、その金額は、同社の EBITDA (税引前利益に、特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値) の 4倍であり、なおかつ、US で苦労している Sprint の財務を含むものではない。
 
Son is adding chips to the Japanese group’s already sprawling portfolio at a time when the semiconductor industry is changing quickly. Though smartphones account for the bulk of ARM’s royalty revenues, growth of handset sales has peaked. The British company is now investing in new business lines which embed communications technology in everything from fridges to watches to tractors. ARM reckons these connected devices could generate as much revenue as mobile phones by 2020.
 
半導体業界が急速に変化したときから、この Japan のグループにおける広大なポートフォリオの中で、すでに Son は掛け金を積み上げていた。ARM のロイヤルティ収益においては、いまはスマートフォン・チップが大部分を占めているが、その売上高における成長は、すでにピークに達している。そして、この UK 企業は、冷蔵庫や、腕時計や、そしてトラクターに至るまでの全てに、コミュニケーション・テクノロジーを埋め込むための、新たな基幹事業に投資しているところだ。ARM の目論見によると、それらのコネクテッド・接続されたデバイスは、2020年までにスマフォと同程度の収益を生み出すとされる。
 
ARM’s diversification remains a work in progress, however. The company has also warned that macroeconomic uncertainty could hurt consumer and enterprise spending this year. That makes the offer price of 17 pounds per share – a 43 percent premium on Friday’s closing price and a multiple of 48 times next’s year earnings – look a bit rich.
 
ARM における多様化は、いま進化している状態である。しかし、同社は、マクロ経済の不確実性により、消費者と企業の支出が、今年は損なわれる可能性があると警告している。マーケットで提供される同社の株価は、一株当たり 17 pound であり、金曜日の終値に 43% のプレミアムが乗せられている。そして、マルチプル・レシオは、来年の収益の 48倍という、リッチな状況である。
 
An unpredictable chairman is another reason to insist on a big discount for the Japanese group, which only last month abruptly parted ways with heir apparent Nikesh Arora, the former Google executive. At the time Son said he wanted to stick around for at least another five years and “work on a few more crazy ideas”. Investors were warned.
 
予測不可能な行動をとる会長の存在は、この Japan グループの評価に影響をおよぼす、もう一つの理由である。つい先月のことだが、Google から迎え入れ、後継者とされていた、Nikesh Arora との決別が表面化している。そのとき Son は、少なくとも 5年間は経営の指揮を取り、いくつかのクレージーなアイデアを実現したいと、投資家たちに警告を発していた。
 
This piece has been refiled to update the value of the deal and details of the offer in the headline and throughout the piece.
 
ーーーーー
IoTSB-ARM驚きました! 正直なところ、「ARM って買えちゃうのですね」という感じの話ですが、それだけ、$32.2 billion のキャッシュが強烈なのでしょう。世界も大注目のトピックであり、Google で [ Softbank ARM ] を検索すると、こんな感じでニュースが続々という状況です。それにしても、孫さんの考えることは、とてもダイナミックです。Sprint では苦労しているようですが、これでは終わらないぞという、メッセージが伝わってきます。この先の展開に、興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
ARM と サーバー市場:2020年には シェア 20% を獲得すると豪語している!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?
ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る
 

Comments Off on Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?

Posted in Asia, Data Center Trends, IoT, Network by agilecat.cloud on June 30, 2016
Are Asia’s data center networks ready for the IoT avalanche?
Karl Horne, CTO Asia Pacific, Ciena – May 4, 2016
http://www.mis-asia.com/blogs/blogs/are-asias-data-center-networks-ready-for-the-iot-avalanche/
 
_ MIS
 
Asia Pacific is set to become the frontline for the Internet of Things (IoT). The number of things connected is expected to grow from 3.1 billion to 8.6 billion by 2020, according to IDC.
 
Asia Pacific は、Internet of Things (IoT) の最前線に立つはずである。IDC によると、接続されるモノの数は、現在の 31億から、2020年には 86億に増大すると予想される。
 
AsiaImage – Wikipedia
 
Momentum is building fast, thanks to a combination of both enterprise and government investment. For example, a few months ago, Singapore became one of the world’s first cities to join a two-year standardization project by the ITU. The project will scope the diverse needs of smart sustainable cities in areas such as the management of electromagnetic fields, smart water management, climate change mitigation and adaptation, intelligent buildings, open data, cybersecurity and data protection. Private enterprise will be the other major IoT driver in Asia, with the manufacturing, healthcare and logistics sectors expected to be early adopters.
 
企業と政府による投資が順調に進んでいることで、この地域で IoT を構築していく動きは素早い。Singapore を例にすると、ITU による 2年間の標準化プロジェクトに、数カ月前に参加することを決めているが、それは世界をリードする展開でもある。このプロジェクトは、スマートな都市を持続していくためのニーズを、いくつかの領域において明確にしていくものだ。それらは、電磁場や水質の管理から、気候変動の緩和や適応に始まり、インテリジェント・ビル/オープン・データ/サイバー・セキュリティ/データの保護・管理にまで至る。その一方で、Asia の IoT を推進するのは民間企業であり、製造/医療/物流などの分野が、アーリー・アダプターになると期待されている。
 
The data center network can make or break an IoT deployment
 
It is recognized that IoT will generate huge amounts of data, whose storage, analysis and transport will have a significant impact on its success. On the surface, it appears that steps are already being taken with numerous new data centers being built across Asia. However, the power of a data center is dependent on the network that interconnects it with other data centers as well as end devices. Sufficient levels of bandwidth must be made available to send data from the “thing” to the data center, as well as between distributed data centers due to distributed computing and storage architectures, to accomplish meaningful analysis.
 
IoT は大量のデータを生成するため、その保存/分析/転送の実現方式に、大きな影響を与えると認識されている。表面上は、Asia に構築されている新しいデータセンター群を用いて、その運用が始まっているかのように見える。しかし、データセンターのパワーが依存するのは、他のデータセンターおよびエンド・デバイスと相互接続するネットワークである。モノからデータセンターへ向けて、データを送信するためは、十分な帯域幅が必要となる。それと同様に、分散されたコンピューティング/ストレージのアーキテクチャで構成される、分散されたデータセンター間で、意味のある分析を達成しなければならない。
 
Asia’s data centers need the right interconnectivity to cope with these growing workloads but they are far from ready. In fact, a recent Ciena-IDC survey revealed that in Singapore and Korea, which have the fastest data centers in the region, only 40% of data centers had network connections faster than the minimum IoT requirements of 1Gbps, while in Thailand and China the figure is one in three.
 
Asia のデータセンター群は、成長していくワークロードに対応するために、適切な相互接続性を必要とするが、その準備が整っているとは言えない。最近の Ciena-IDC の調査では、Asia において最速のデータセンターを持っているのは、Singapore と Korea であることが明らかになった。しかし、IoT の最低要件となる 1Gbps のネットワーク接続を持っている Asia のデータセンターは 40% に過ぎず、Thailand と China にいたっては、1/3 程度となっている。
 
Life or death applications need high-speed, low-latency data center interconnect
 
For IoT applications like automated driving and logistics, huge amounts of sensor data are constantly being sent, received and analyzed by systems in the vehicle and data center. Once driverless cars become practical – which could be as soon as 2020 -data center networks will need to transmit in near real-time to manage traffic flow and prevent collisions. Advances in coherent optics have paved the way to successfully transmit data at rates of 100G and much higher, over almost any distance, dramatically improving data center network performance.
 
自動運転や物流などの IoT アプリケーションでは、膨大な量のセンサデーターが送信され、それを受信するデータセンターからは、分析済のデータが返信されていく。2020年と予測される自律走行車が実用化されると、交通の流れを管理し、衝突を防止するために、データセンター・ネットワークの送受信は、ほぼリアルタイムというレベルが要求される。コヒレント光学系の進歩は、ほぼすべての伝送路で 100G 以上のデータ転送レートを確立し、データセンター・ネットワークの性能を、劇的に向上させることに成功している。
 
Healthcare, another important driver for IoT in Asia, has similarly mission-critical network needs. A patient whose vital signs are being constantly monitored by remote hospital staff could end up in a life-threatening situation if information cannot travel across the network in a reliable and timely manner. Situations like this show why highly reliable and low-latency networks optimized for IoT traffic will be necessary to interconnect Asia’s data centers.
 
Asia の IoT において、もう一つの重要な推進力はヘルスケアであるが、こちらの場合も、ネットワークに対する、ミッション・クリティカルなニーズがある。もし、ネットワーク上の情報が信頼性に乏しく、また、定められた時間内に移動できないようなら、遠隔地の病院スタッフがモニタリングするバイタル・サインにより、患者は生命が脅かされる状況にもなり得る。Asia のデータセンターを相互接続する、IoTトラフィックに最適化された、高信頼性で低遅延のネットワークが必要なことを、このような事例が示している。
 
Critical infrastructure systems need carrier class service assurance
 
A high degree of network and service assurance is needed to connect data centers running critical government infrastructure systems, like smart grids and emergency alert systems. A carrier-class network will help eliminate the network connectivity concerns of data center operators and ensure mission-critical traffic can be successfully transported in alignment with application requirements.
 
政府機関にとって重要なインフラ・システムである、スマート・グリッドや緊急警報システムなどを運用するためには、ネットワークとサービスに対する保証のレベルが、データセンター接続において必要とされる。キャリア・クラスのネットワークであれば、データセンター事業者が持つネットワーク接続の問題を排除できるだろう。そして、アプリケーション要件に適したミッション・クリティカルなトラフィックが、正常に流れることになる。
 
IoT data security must protect data at rest as well as in flight
 
One of the most significant concerns that enterprises have about IoT is assurance of data security. With a tremendous amount of highly sensitive and personal data being interchanged every day, IoT can present a number of security risks that could be exploited to harm both businesses and consumers. This information might include financial transactions, personal records, and corporate data that is often business critical and confidential, creating a requirement to ensure network connections are trusted, reliable, and secure – often requiring an added level of encryption.
 
エンタープライズがIoTについて持っている、最も重要な問題にデータ・セキュリティの確保がある。IoT では、きわめてセンシティブで膨大なデータが、毎日のようにやり取りされる。したがって、それらが悪用されると、企業と消費者の双方に両方に損害をもたらす、セキュリティ・リスクのが増大することになる。それらの情報には、重要性と機密性の高い、金融取引/個人情報/企業データなどが含まれる場合があるため、信頼性/安全性が約束されたネットワーク接続が必須であり、また、 多くのケースで暗号化も追加されるだろう。
 
While encryption and stringent rules for access to stored data are widely employed to protect against intrusions, advances in networking equipment can also deliver low latency, in-flight data encryption. This provides increased protection for data from the moment it leaves one data center to the moment it reaches its destination.
 
保存されたデータにアクセスするには、データの転送路における暗号化と、低レイテンシを実現するネットワーク機器上で、厳格な暗号化とルールが用いられ、不正な侵入と戦うことになる。それにより、ただちにデータ保護のレベルが高まり、データセンター間でのデータ移行も瞬時に行われる。
 
In short, existing data center networks could become a bottleneck to IoT and face a number of interconnect challenges, such as latency, service assurance and security. Fortunately, the latest data center interconnect (DCI) solutions can effectively address these issues. With IoT presenting a tremendous growth opportunity for industry in Asia in the near term, enterprises and data center operators should ensure that their DCI systems are robust enough to handle the data avalanche that will follow.
 
要するに、既存のデータセンター・ネットワークは、レイテンシの問題やサービス/セキュリティの保証などにおいて、IoT のボトルネックとなる可能性がある。幸いなことに、最新の DCI (Data Center Interconnect) ソリューションは、これらの問題に対して効果的に対処することができる。IoT は短期間のうちに、Asia の産業に対して驚異的な成長の機会を提示する。そして、エンタープライズやデータセンター事業者は、雪崩のように押し寄せるデータの流れを制御するための、十分に強固な DCI システムを確かなものにしなければならない。
 
ーーーーー
asia-pacific 2訳してみて気になったのが、日本が入っているのかどうかという点でした。いくつかの調査では、Asia Exept-Japan という地理的範囲が用いられる場合もあるので、文中のリンク先も調べましたが、そのような記述はありませんでした。それぞれの国における相対的な比較なので、主要なデータセンターが 1Gbps 以上をサポートしても、データセンターの数が多ければ、その比率が下がるということもあり得るはずです。また、少し視点が異なりますが、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」における、Broadband Quality の項目も興味深いです。この月曜日にポストした、「Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!」という抄訳は、ISP が提供するネットワークを高速化していくテクノロジーが紹介されていましたが、ネットワーク全体のグレードが、IoT をキッカケにして底上げされていきそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
2015 Infrastructures: アジアのインフラ投資が、グローバルな潮流を生み出す
激変のインターネット人口動態: インドが4億人に達し、二位のアメリカを追い抜く!
NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに! 北米/東南アジアとの距離が削られていく!
 

Comments Off on アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?

%d bloggers like this: