Agile Cat — in the cloud

Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on July 18, 2016
SoftBank’s $32 bln ARM bet gives investors a shock
Katrina Hamlin July 18, 2016
http://blogs.reuters.com/breakingviews/2016/07/18/softbanks-31-bln-arm-bet-gives-investors-a-shock/

_ reuters

The author is a Reuters Breakingviews columnist. The opinions expressed are her own.
 
Masayoshi Son’s “crazy ideas” are alive and well. The conglomerate led by the Japanese tech tycoon is buying UK chip designer ARM Holdings in an all-cash deal worth $32.2 billion, according to multiple reports. It is an expensive bet on Son’s vision of a future where everything is connected and computerized – the so-called “Internet of Things”. For investors who thought the Japanese conglomerate was focusing on paying down debt, it is a painful jolt.
 
Masayoshi Son の、クレージーなアイデアは健在だ。いくつかの報道によると、この Japan のテック・タイクーンが率いるコングロマリットは、$32.2 billion のキャッシュを揃えて、UK のチップ・デザイナーである ARM Holdings の買収を進めている。Son の未来のビジョンにおける大きな賭けは、すべてがコネクトされコンピュータライズされる、いわゆる Internet of Things の世界で展開される。この、Japan のコングロマリットが、借入金の返済を進めると思った投資家にとって、それは痛みを伴う衝撃である。
 
SoftbankImage Flickr
MIKI Yoshihito
 
In recent months SoftBank has sold $10 billion of stock in Chinese e-commerce giant Alibaba and raised $7.3 billion by selling “Clash of Clans” maker Supercell. Buying the British tech group that supplies almost all the blueprints for chips used in smartphones will suck up all of those proceeds, and more. The deal dashes any hope that SoftBank might reduce net debt which reached $54 billion at the end of March – almost four times the company’s EBITDA – not including its struggling U.S. telecoms subsidiary Sprint.
 
この数カ月の間に Softbank は、China の大手コマース・サイト Allibaba の株式を $10 billion で売却し、また、Clash of Clans の メーカー Supercell 株を $7.3 billion で売却している。そして、この売却益以上のものが、ほぼすべてのスマートフォン・チップのデザインを提供する、UK のテック・ループの買収に吸い上げられていく。今回の契約により、3月末に $54 billion に達した有利子負債を、Softbank は軽減したいとが考えているはずだ。ただし、その金額は、同社の EBITDA (税引前利益に、特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値) の 4倍であり、なおかつ、US で苦労している Sprint の財務を含むものではない。
 
Son is adding chips to the Japanese group’s already sprawling portfolio at a time when the semiconductor industry is changing quickly. Though smartphones account for the bulk of ARM’s royalty revenues, growth of handset sales has peaked. The British company is now investing in new business lines which embed communications technology in everything from fridges to watches to tractors. ARM reckons these connected devices could generate as much revenue as mobile phones by 2020.
 
半導体業界が急速に変化したときから、この Japan のグループにおける広大なポートフォリオの中で、すでに Son は掛け金を積み上げていた。ARM のロイヤルティ収益においては、いまはスマートフォン・チップが大部分を占めているが、その売上高における成長は、すでにピークに達している。そして、この UK 企業は、冷蔵庫や、腕時計や、そしてトラクターに至るまでの全てに、コミュニケーション・テクノロジーを埋め込むための、新たな基幹事業に投資しているところだ。ARM の目論見によると、それらのコネクテッド・接続されたデバイスは、2020年までにスマフォと同程度の収益を生み出すとされる。
 
ARM’s diversification remains a work in progress, however. The company has also warned that macroeconomic uncertainty could hurt consumer and enterprise spending this year. That makes the offer price of 17 pounds per share – a 43 percent premium on Friday’s closing price and a multiple of 48 times next’s year earnings – look a bit rich.
 
ARM における多様化は、いま進化している状態である。しかし、同社は、マクロ経済の不確実性により、消費者と企業の支出が、今年は損なわれる可能性があると警告している。マーケットで提供される同社の株価は、一株当たり 17 pound であり、金曜日の終値に 43% のプレミアムが乗せられている。そして、マルチプル・レシオは、来年の収益の 48倍という、リッチな状況である。
 
An unpredictable chairman is another reason to insist on a big discount for the Japanese group, which only last month abruptly parted ways with heir apparent Nikesh Arora, the former Google executive. At the time Son said he wanted to stick around for at least another five years and “work on a few more crazy ideas”. Investors were warned.
 
予測不可能な行動をとる会長の存在は、この Japan グループの評価に影響をおよぼす、もう一つの理由である。つい先月のことだが、Google から迎え入れ、後継者とされていた、Nikesh Arora との決別が表面化している。そのとき Son は、少なくとも 5年間は経営の指揮を取り、いくつかのクレージーなアイデアを実現したいと、投資家たちに警告を発していた。
 
This piece has been refiled to update the value of the deal and details of the offer in the headline and throughout the piece.
 
ーーーーー
IoTSB-ARM驚きました! 正直なところ、「ARM って買えちゃうのですね」という感じの話ですが、それだけ、$32.2 billion のキャッシュが強烈なのでしょう。世界も大注目のトピックであり、Google で [ Softbank ARM ] を検索すると、こんな感じでニュースが続々という状況です。それにしても、孫さんの考えることは、とてもダイナミックです。Sprint では苦労しているようですが、これでは終わらないぞという、メッセージが伝わってきます。この先の展開に、興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
ARM と サーバー市場:2020年には シェア 20% を獲得すると豪語している!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?
ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る
 

Comments Off on Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?

Posted in Asia, Data Center Trends, IoT, Network by agilecat.cloud on June 30, 2016
Are Asia’s data center networks ready for the IoT avalanche?
Karl Horne, CTO Asia Pacific, Ciena – May 4, 2016
http://www.mis-asia.com/blogs/blogs/are-asias-data-center-networks-ready-for-the-iot-avalanche/
 
_ MIS
 
Asia Pacific is set to become the frontline for the Internet of Things (IoT). The number of things connected is expected to grow from 3.1 billion to 8.6 billion by 2020, according to IDC.
 
Asia Pacific は、Internet of Things (IoT) の最前線に立つはずである。IDC によると、接続されるモノの数は、現在の 31億から、2020年には 86億に増大すると予想される。
 
AsiaImage – Wikipedia
 
Momentum is building fast, thanks to a combination of both enterprise and government investment. For example, a few months ago, Singapore became one of the world’s first cities to join a two-year standardization project by the ITU. The project will scope the diverse needs of smart sustainable cities in areas such as the management of electromagnetic fields, smart water management, climate change mitigation and adaptation, intelligent buildings, open data, cybersecurity and data protection. Private enterprise will be the other major IoT driver in Asia, with the manufacturing, healthcare and logistics sectors expected to be early adopters.
 
企業と政府による投資が順調に進んでいることで、この地域で IoT を構築していく動きは素早い。Singapore を例にすると、ITU による 2年間の標準化プロジェクトに、数カ月前に参加することを決めているが、それは世界をリードする展開でもある。このプロジェクトは、スマートな都市を持続していくためのニーズを、いくつかの領域において明確にしていくものだ。それらは、電磁場や水質の管理から、気候変動の緩和や適応に始まり、インテリジェント・ビル/オープン・データ/サイバー・セキュリティ/データの保護・管理にまで至る。その一方で、Asia の IoT を推進するのは民間企業であり、製造/医療/物流などの分野が、アーリー・アダプターになると期待されている。
 
The data center network can make or break an IoT deployment
 
It is recognized that IoT will generate huge amounts of data, whose storage, analysis and transport will have a significant impact on its success. On the surface, it appears that steps are already being taken with numerous new data centers being built across Asia. However, the power of a data center is dependent on the network that interconnects it with other data centers as well as end devices. Sufficient levels of bandwidth must be made available to send data from the “thing” to the data center, as well as between distributed data centers due to distributed computing and storage architectures, to accomplish meaningful analysis.
 
IoT は大量のデータを生成するため、その保存/分析/転送の実現方式に、大きな影響を与えると認識されている。表面上は、Asia に構築されている新しいデータセンター群を用いて、その運用が始まっているかのように見える。しかし、データセンターのパワーが依存するのは、他のデータセンターおよびエンド・デバイスと相互接続するネットワークである。モノからデータセンターへ向けて、データを送信するためは、十分な帯域幅が必要となる。それと同様に、分散されたコンピューティング/ストレージのアーキテクチャで構成される、分散されたデータセンター間で、意味のある分析を達成しなければならない。
 
Asia’s data centers need the right interconnectivity to cope with these growing workloads but they are far from ready. In fact, a recent Ciena-IDC survey revealed that in Singapore and Korea, which have the fastest data centers in the region, only 40% of data centers had network connections faster than the minimum IoT requirements of 1Gbps, while in Thailand and China the figure is one in three.
 
Asia のデータセンター群は、成長していくワークロードに対応するために、適切な相互接続性を必要とするが、その準備が整っているとは言えない。最近の Ciena-IDC の調査では、Asia において最速のデータセンターを持っているのは、Singapore と Korea であることが明らかになった。しかし、IoT の最低要件となる 1Gbps のネットワーク接続を持っている Asia のデータセンターは 40% に過ぎず、Thailand と China にいたっては、1/3 程度となっている。
 
Life or death applications need high-speed, low-latency data center interconnect
 
For IoT applications like automated driving and logistics, huge amounts of sensor data are constantly being sent, received and analyzed by systems in the vehicle and data center. Once driverless cars become practical – which could be as soon as 2020 -data center networks will need to transmit in near real-time to manage traffic flow and prevent collisions. Advances in coherent optics have paved the way to successfully transmit data at rates of 100G and much higher, over almost any distance, dramatically improving data center network performance.
 
自動運転や物流などの IoT アプリケーションでは、膨大な量のセンサデーターが送信され、それを受信するデータセンターからは、分析済のデータが返信されていく。2020年と予測される自律走行車が実用化されると、交通の流れを管理し、衝突を防止するために、データセンター・ネットワークの送受信は、ほぼリアルタイムというレベルが要求される。コヒレント光学系の進歩は、ほぼすべての伝送路で 100G 以上のデータ転送レートを確立し、データセンター・ネットワークの性能を、劇的に向上させることに成功している。
 
Healthcare, another important driver for IoT in Asia, has similarly mission-critical network needs. A patient whose vital signs are being constantly monitored by remote hospital staff could end up in a life-threatening situation if information cannot travel across the network in a reliable and timely manner. Situations like this show why highly reliable and low-latency networks optimized for IoT traffic will be necessary to interconnect Asia’s data centers.
 
Asia の IoT において、もう一つの重要な推進力はヘルスケアであるが、こちらの場合も、ネットワークに対する、ミッション・クリティカルなニーズがある。もし、ネットワーク上の情報が信頼性に乏しく、また、定められた時間内に移動できないようなら、遠隔地の病院スタッフがモニタリングするバイタル・サインにより、患者は生命が脅かされる状況にもなり得る。Asia のデータセンターを相互接続する、IoTトラフィックに最適化された、高信頼性で低遅延のネットワークが必要なことを、このような事例が示している。
 
Critical infrastructure systems need carrier class service assurance
 
A high degree of network and service assurance is needed to connect data centers running critical government infrastructure systems, like smart grids and emergency alert systems. A carrier-class network will help eliminate the network connectivity concerns of data center operators and ensure mission-critical traffic can be successfully transported in alignment with application requirements.
 
政府機関にとって重要なインフラ・システムである、スマート・グリッドや緊急警報システムなどを運用するためには、ネットワークとサービスに対する保証のレベルが、データセンター接続において必要とされる。キャリア・クラスのネットワークであれば、データセンター事業者が持つネットワーク接続の問題を排除できるだろう。そして、アプリケーション要件に適したミッション・クリティカルなトラフィックが、正常に流れることになる。
 
IoT data security must protect data at rest as well as in flight
 
One of the most significant concerns that enterprises have about IoT is assurance of data security. With a tremendous amount of highly sensitive and personal data being interchanged every day, IoT can present a number of security risks that could be exploited to harm both businesses and consumers. This information might include financial transactions, personal records, and corporate data that is often business critical and confidential, creating a requirement to ensure network connections are trusted, reliable, and secure – often requiring an added level of encryption.
 
エンタープライズがIoTについて持っている、最も重要な問題にデータ・セキュリティの確保がある。IoT では、きわめてセンシティブで膨大なデータが、毎日のようにやり取りされる。したがって、それらが悪用されると、企業と消費者の双方に両方に損害をもたらす、セキュリティ・リスクのが増大することになる。それらの情報には、重要性と機密性の高い、金融取引/個人情報/企業データなどが含まれる場合があるため、信頼性/安全性が約束されたネットワーク接続が必須であり、また、 多くのケースで暗号化も追加されるだろう。
 
While encryption and stringent rules for access to stored data are widely employed to protect against intrusions, advances in networking equipment can also deliver low latency, in-flight data encryption. This provides increased protection for data from the moment it leaves one data center to the moment it reaches its destination.
 
保存されたデータにアクセスするには、データの転送路における暗号化と、低レイテンシを実現するネットワーク機器上で、厳格な暗号化とルールが用いられ、不正な侵入と戦うことになる。それにより、ただちにデータ保護のレベルが高まり、データセンター間でのデータ移行も瞬時に行われる。
 
In short, existing data center networks could become a bottleneck to IoT and face a number of interconnect challenges, such as latency, service assurance and security. Fortunately, the latest data center interconnect (DCI) solutions can effectively address these issues. With IoT presenting a tremendous growth opportunity for industry in Asia in the near term, enterprises and data center operators should ensure that their DCI systems are robust enough to handle the data avalanche that will follow.
 
要するに、既存のデータセンター・ネットワークは、レイテンシの問題やサービス/セキュリティの保証などにおいて、IoT のボトルネックとなる可能性がある。幸いなことに、最新の DCI (Data Center Interconnect) ソリューションは、これらの問題に対して効果的に対処することができる。IoT は短期間のうちに、Asia の産業に対して驚異的な成長の機会を提示する。そして、エンタープライズやデータセンター事業者は、雪崩のように押し寄せるデータの流れを制御するための、十分に強固な DCI システムを確かなものにしなければならない。
 
ーーーーー
asia-pacific 2訳してみて気になったのが、日本が入っているのかどうかという点でした。いくつかの調査では、Asia Exept-Japan という地理的範囲が用いられる場合もあるので、文中のリンク先も調べましたが、そのような記述はありませんでした。それぞれの国における相対的な比較なので、主要なデータセンターが 1Gbps 以上をサポートしても、データセンターの数が多ければ、その比率が下がるということもあり得るはずです。また、少し視点が異なりますが、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」における、Broadband Quality の項目も興味深いです。この月曜日にポストした、「Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!」という抄訳は、ISP が提供するネットワークを高速化していくテクノロジーが紹介されていましたが、ネットワーク全体のグレードが、IoT をキッカケにして底上げされていきそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
2015 Infrastructures: アジアのインフラ投資が、グローバルな潮流を生み出す
激変のインターネット人口動態: インドが4億人に達し、二位のアメリカを追い抜く!
NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに! 北米/東南アジアとの距離が削られていく!
 

Comments Off on アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?

IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?

Posted in .Selected, Cisco, IBM, IoT by agilecat.cloud on June 15, 2016
IBM and Cisco continue their love affair with big partnerships by partnering with each other
Julie Bort – Jun. 2, 2016
http://www.businessinsider.com/ibm-cisco-launch-fog-computing-partnership-2016-6
 
_ Business Insider
 
IBM and Cisco announced a new partnership that will combine IBM Watson’s Internet of Things analysis cloud software with Cisco’s new “fog computing.” The Internet of Things (IoT) is when sensors are installed in all kinds of objects to collect data on them.
 
IBM と Cisco が公表した新しいパートナーシップとは、クラウド上に展開される Watson の IoT 分析と、Fog Computing を連携させるというものだ。言うまでもなく、IoT とはセンサーがインストールされた各種のオブジェクトから、データを集めるものである。
 
IBM WatsonIBM CEO Ginni Rometty
 
Large companies are installing such sensors on equipment which helps them see how much the equipment is working and when it is about to fail. The problem is, in remote areas, all that data being generated by sensors isn’t being collected and analyzed.
 
エンタープライズたちは、センサーなどを機器にインストールし、どれだけの正常に機能しているのか、もしくは、異常を引き起こしているのかを参照しようとする。この種のリモート・アクセスにおける問題点は、センサーにから生成された全データが、収集されない場合もあり、また、分析されない場合もあることだ。
 
That’s what Cisco’s fog computing is all about. It uses the network to grab and analyze data from remote locations.
 
そこが、Cisco の Fog Computing が活躍する場である。そこでは、リモートのデータを収集/分析するための、ネットワークが活用されることになる。
 
Put them together: IBM’s super smart Watson analytics service and Cisco’s ability to grab and analyze sensor data even in far-flung locations, and you get the gist of this partnership.
 
IBM Watson のスマートな分析サービスと、遠隔地のセンサー・データを取得/分析する Cisco の能力を、組み合わせるというパートナーシップであれば、誰もがその意味を理解するだろう。
 
IBM-CiscoClick to Large >>>
 
Here’s a graphic that explains what this new IoT partnership is all about.
 
このインフォグラフィクスは、両社の IoT パートナーシップの全容を示すものである。
 
Their first customer is Bell Canada, who is is partnering with this team to offer IoT services over its 4G network. In other words, a Canadian company that has lots of remote locations in the middle of nowhere can use Bell Canada’s 4G network and IoT services to collect and analyze that data. And the service is powered by the IBM/Cisco partnership.
 
両社の最初の顧客は Bell Canada であり、このチームが提供する IoT サービスを、その 4Gネットワーク上で運用する。言い換えるなら、この Canada 企業は、たくさんのリモート・ロケーションを抱えているだけであり、自身の 4Gネットワークと IoT サービスを活用すれば、データの収集/分析を達成できるのだ。もちろん、それらのサービスは、IBM/Cisco のパートナーシップが提供する。
 
The CEOs of both of these companies have been going full-steam ahead with big, powerful joint product/sales partnerships in recently. Under IBM CEO Ginni Rometty, IBM has launched groundbreaking partnerships with Apple, as well as with Twitter, Tencent, amd others. Cisco also announced a huge partnership with Apple, as well as one one of its old big rivals Ericsson.
 
最近の両社の CEO は、製品と販売に関するパワフルで大掛かりな提携を、全力で推し進めている。IBM は CEO である Ginni Rometty の下で、Apple だけではなく Twitter と Tencent とも大掛かりな提携を開始している。Cisco も Apple との提携をアナウンスしているが、昔からのライバルである Ericsson ともパートーナシップを結んでいる。
 
ーーーーー
IoTIBM の IoT ですが、その他のベンダーと比べると、情報が少ないように思えます。というわけで、同社の Web を参照してみたところ、Watson IoT 事業部を、この 3月1日から新設と説明されていました。Watson の API およびサービスを IBM のクラウド上で提供し、コグニティブ IoT のソリューションとサービスの開発を加速させると述べています。数十億にのぼるデバイス、センサー、システムなどが相互に接続し、連携する IoT の世界では、複雑で膨大なデータの理解を実現する、コグニティブ・コンピューティングが不可欠とも発言していますが、なんとなく言いたいことが分かります。その一方では、Cisco のフォグと連携することで、データの収集に関しては、そちらに任せてしまおうという戦略なのでしょう。これからが、楽しみですね。_AC Stamp
ーーーーー
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
IoT の調査: ウェアラブルのポリシーが、企業の IT セキュリティに挑戦している
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!

Comments Off on IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?

IoT and Security の調査: ウェアラブル と BYOD のポリシーが、企業の IT セキュリティに挑戦している

Posted in IoT, On Monday, Security, Wearable by agilecat.cloud on June 6, 2016
IoT and Security: Mobile, Wearable and BYOD Policies Challenge Business IT Security
Dick Weisinger – June 3rd, 2016
http://formtek.com/blog/iot-and-security-mobile-wearable-and-byod-policies-challenge-business-it-security/
_ formtek
IT departments are worried, worried that they can’t keep up with the dynamics of the IT environments that they support.  For example, 90 percent of IT professionals are worried about the security and privacy issues that the flood of new mobile and wearable devices are creating for their organizations.  84 percent said that the ever increasing number of entry points into IT infrastructure is a major concern.  70 percent surveyed pointed to IoT manufacturers as a major culprit, with manufacturers often creating devices where security was considered late in the design or not at all.  These are numbers based on a new study by  Spiceworks and sponsored Cox Business.
 
IT 部門の人々は、彼らがサポートする IT 環境の、ダイナミクな変化に追い付いていけるのだろうかと、とても心配している。たとえば、IT プロフェッショナルの 90% は、組織内に溢れかえる新たなモバイル/ウェアラブル・デバイスによる、セキュリティとプライバシーの問題を心配している。また 84% は、ITインフラストラクチャへのエントリ・ポイントが、さらに増え続けることが、大きな心配事だと述べている。そして、調査対象の 70% の人々が、IoT デバイスのメーカーたちに困っていると指摘している。つまり、それらのメーカーたちは、セキュリティを後回しにしたり、まったく考慮しないという、デザインが優先のデバイス開発を進めているのだ。これらの数値は、Cox Business がスポンサードする、Spiceworks による最新調査の結果である。
 
Gauguin_8Matt Olan, IT professional at Pharmacare Specialty Pharmacy, said that “the Internet of Things includes everything from smart appliances and wearables to industry-specific devices such as connected medical technologies and sensors in server rooms.  The problem is that many of these devices have little to no security, and, in many cases, they’re even more vulnerable to attacks and misuse than your typical PC.  We allow certain IoT devices on our network, but security is always taken into account when planning an IoT deployment.”
 
Pharmacare Specialty Pharmacy の IT professional である Matt Olanは、「Internet of Things には、ウェアラブルやスマート家電などが含まれるが、サーバールームに接続される医療技術用のセンサーなどの、それぞれの業界専用のデバイスも含まれる。ここでの問題は、それらのデバイスの大半が、セキュリティに対応していないことである。そして、多くのケースにおいて、一般的な PC などと比較すると、攻撃や誤用における脆弱性が高いことになる。私たちは、自身のネットワーク上で、特定の IoT デバイスの運用を許可するが、IoT のデプロイメントを計画する際には、必ずセキュリティについて検討することになる」と述べている
 
Roota Almeida, head of information security for Delta Dental in New Jersey, said that “consumerization of IT has significantly changed the direction of technology absorption. Consumers are adopting the latest technologies and devices and are demanding the same at work. We have seen businesses struggling to adapt to this reality as we move beyond mobile devices and into the ‘Internet of Everything.’ While the addition of sensors and connectivity to physical things is driving massive gains in efficiency, it is also posing a significant security risk for organizations.”
 
New Jersey の Delta Dental で、情報セキュリティと担当する Roota Almeidaは、「 IT のコンシューマ化により、吸収すべきテクノロジーの方向性が、著しく変化している。コンシューマたちは、最新のテクノロジーとデバイスを採用し、また、それらを同じように利用することを要求している。そして、私たちがモバイル・デバイスを超えて IoT に移行するにつれて、この現実に適応することに、数多くの企業が苦労している状況が顕在化している。物理的なモノにセンサーを接続することが、大幅な効率の向上を促進している一方で、組織にとって重大なセキュリティ・リスクを生じることも忘れてはならない」と述べている
 
ーーーーー
On Monday先月のことですが、富士通が関電工に提供するウエアラブル型の IoT センサーに関して、実証実験を行うと発表しています。このセンサーは、腕に巻くリストバンド型のものであり、温湿度や脈拍を計測し、夏場の電力設備の作業現場で発生しやすい、熱中症を防止するとのことです。その一方で、2014年に $745.4 million を売り上げた Fitbit も、富士通と同様に企業向けのウェアラブル市場で強さを発揮しているようです。この二社におけるリストバンドの、セキュリティ対策のレベルは分かりませんが、この種のデバイスを活用するシステムでは、システムを構築する側が、ゼロ・ベースでセキュリティを考えるべきだと指摘しているのでしょう。IoT はモノのインターネットなのですが、このようなケースではヒトのインターネットと捉えるべきであり、考慮すべきセキュリティ要件の幅広さが問題になりそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
Cloud の調査: AWS から離脱する Dropbox の未来は、ほんとうに大丈夫なのか?
 

Comments Off on IoT and Security の調査: ウェアラブル と BYOD のポリシーが、企業の IT セキュリティに挑戦している

IoT の調査: たしかに、素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on May 23, 2016
Internet of Things: How Can Businesses Monetize IoT Technologies?
Dick Weisinger – May 20th, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-how-can-businesses-monetize-iot-technologies/
_ formtek
IoT is expected to revolutionize the way many industries work, but it’s also expected to be a blockbuster in terms of the dollars of revenue it will generate for those businesses that use it.  Cisco estimates that IoT will generate $8 trillion in new revenues and value over the next decade.  But a CapGemini report found that over 70 percent of companies that use it do not generate service revenues from IoT.
 
IoT は、数多くの産業に革命をもたらすと期待されるだけではなく、それを用いる企業に対して、莫大な収益をもたらすドル箱になるとも期待されている。Cisco の推定によると、これからの 10年間において、IoT は $8 trillion という新たな収益源に成長するとされる。しかし、CapGemini のレポートは厳しい見方を示している。数多くの企業が IoT 市場に参入するが、なんと 70% もの企業が、IoT サービスから収益を上げられないと主張しているのだ。
 
Seurat_12Chris Dedicoat, president, EMEAR for Cisco, said that “digital disruption is all around us and it’s having massive implications for business. Digitization and the expansion of the Internet of Things is a catalyst for growth, which is driving new economic models and enabling organizations to remain competitive and embrace the pace of change happening globally. This report clearly demonstrates that digitization and the IoT will deliver long term efficiencies and growth opportunities across a wide range of industries.”
 
Cisco の EMEAR President である Chris Dedicate は、「私たちを取り囲むデジタルによる破壊と再生は、ビジネスにも密接に関わりあってくる。デジタライゼーションと IoT の拡大が成長のための触媒となり、新しい経済のモデルをドライブしていく。それにより、企業は競争力を維持し、グローバルで生じている変革のスピードに対応していく。この CapGemini のレポートが、明らかに示しているのは、デジタライゼーションと IoT がもたらす効果は長期間にわたるものであり、また、その成長のチャンスは産業界の広範囲におよぶという点である」と述べている
 
Brendan O’Brien, Co-founder of Aria Systems, said that for IoT  “the huge upside has yet to materialize.  While many companies are driving customer service, operational, and supply chain improvements using IoT, most companies are still working in the margins when it comes to monetizing IoT. When companies upgrade their systems only then can the hype be actualized.”
 
Aria Systems の Co-founder である Brendan O’Brien は、「IoT が急上昇しているが、マネタイズに関しては、まだ具体化していない。数多くの企業が IoT を使用しており、また、顧客サービス/運営形態/サプライチェーンなどを改善している。ただし、IoT によるマネタイズのことになると、大半の企業が直視していない状況にある。つまり、それらの企業は、自社のシステムを IoT に対応させることで、誇大なマーケティングを実施しているに過ぎないのだ」と述べている。
 
An article on Wired by CapGemini’s Jerome Buvat explored possible ways in which IoT can be monetized.  These include:
 
CapGemini の Jerome Buvat が Wired にポストした記事では、IoT でマネタイズを実現するための方式が深掘りされている。
 
  • Connectivity.  Businesses can sell IoT-capable devices.  For an additional fee the device can enabled so that it can be monitored remotely by App or API.
  • Subscription.  For a subscription additional capabilities and upgrades for a device are available.  Similar to software subscriptions.
  • Ecosystem Platform. Vendors can offer a platform that their devices can operate in.  The platform provides services and support.  Users can in turn create applications that work in the platform and resell those capabilities within the platform.
 
  • Connectivity. 企業は、IoT 対応のデバイスを販売できる。そして、App や API により、それらのデバイスをリモートで監視するようにしておけば、付加的な対価を得られるだろう。
  • Subscription. 対象となるデバイスに対して、付加的な機能のサブスクリプションとアップグレードを提供すれば、ソフトウェア・サブスクリプションのようなマネタイズが達成される。
  • Ecosystem Platform. ベンダーたちは、自社のデバイスを運用するための、プラットフォームを提供できる。そして、このプラットフォームにより、サービスとサポートが提供される。そのユーザーたちは、このプラットフォームで動作するアプリケーションを次々と開発し、また、プラットフォーム内で再販することができる。
 
ーーーーー
On MondayIoT では、膨大な数の商取引が発生するはずですが、そのためには、自動化の仕組みが前提になるのでしょう。つまり、エッジ・デバイスが数十億という規模に成長しても、自動的な契約と課金の仕組みがない限り、それらのデバイスからの収益性は、依然として安定しないという状況が発生するはずです。つまり、いまのIoTにおいては、それらのエッジ・デバイスを商用化する際の、一貫した方式というものは存在していないのです。そして、おそらく、ここがブロックチェーンの活躍する場となるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
Cloud の調査: AWS から離脱する Dropbox の未来は、ほんとうに大丈夫なのか?
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
Cloud の調査: 80% の プライベート PaaS が、失敗にいたるという理由を説明しよう
 

Comments Off on IoT の調査: たしかに、素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?

IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Cisco, Facebook, Google, IBM, IoT, Research, Salesforce by agilecat.cloud on May 19, 2016
There’s a new thing called ‘fog computing’ and no, we’re not joking
Julie Bort – Mar 3. 2016
http://www.businessinsider.com/cisco-other-enterprises-promote-fog-computing-2016-5
 
_ Business Insider
 
By now, you’ve probably heard of cloud computing.
 
いまでは、もう、クラウド・コンピューティングを知らない人はいないだろう。
 
That’s where companies rent shared software, computers, and storage instead of buying and installing it all themselves. They pay for their usage via subscriptions, accessing it over the internet.
 
その世界では、ユーザー企業がハードウェア/ソフトウェアを購入し、すべてを自分でインストールする必要がなくなり、共有のソフトウェア/コンピュータ/ストレージを借りうけるだけで、すべてが済んでしまう。必要なことは、インターネット経由でのアクセスだけであり、サブスクリプション契約に基づき、使用量に応じて対価を支払うことになる。
 
networkpixabay
 
Cloud computing is all the rage right now, on track to be a $10 billion business for Amazon in 2016; Microsoft hopes it will become a $20 billion business by 2018, and Google thinks it will become bigger than its internet ad business by 2020.
 
クラウド・コンピューティングは、いまのトレンドであり、2016年の Amazon は、$10 billion ビジネスの起動にのせている。また、Microsoft は 2018年までに、$20 billion ビジネスへの進展を期待し、Google は 2020年までに同社のアド事業とクラウド事業が逆転すると考えている。
 
So what comes after the cloud? If you ask Cisco, it’s something called “fog computing.”
 
それでは、クラウドの後には、何が来るのだろう? そんな質問を Cisco に投げれば、フォグ・コンピューティングという答えが返ってくるはずだ。
 
Last month, Cisco was joined by other industry leaders including Intel, Microsoft, ARM, Dell, and Microsoft to back a new “fog computing” consortium, the OpenFog initiative. It sounds like something straight from a Saturday Night Live parody skit, but it’s not.
 
この 4月のことだが、Cisco は Intel/ARM/Dell/Microsoft といった業界のリーダーたちと共に、フォグ・コンピューティングを支援するコンソーシアムである、OpenFog イニシアチブを立ち上げた。まるで、Saturday Night Live パロディス寸劇のように聞こえるが、決してそのようなものでは無い。
 
Later this month, the consortium is holding a conference at Princeton University. Princeton is leading the research into fog computing.
 
また、同月の後半に、このコンソーシアムは Princeton University でカンファレンスを開催している。ちなみに、Princeton はフォグ・コンピューティングの研究における第一人者なのである。
 
Why Cisco wants this
 
So what exactly is it? To understand fog computing, you first have to understand cloud computing. In cloud computing, everyone shares the same massive data centers. You run an app on your phone in your home town, but the back-end computers may be in Virginia, or California, or Ireland, etc.
 
それを正確に表現するには、どのようにしたら良いのだろう? フォグ・コンピューティングを理解するには、先にクラウド・コンピューティングを理解する必要がある。クラウド・コンピューティングにおいては、誰もが大規模データセンターを共有している。あなたが自宅で、自分のスマフォからアプリを走らせるにしても、そのためのバック・エンド・コンピュータは、Virginia や California にあっても良く、さらに言うなら Ireland にあっても構わないのだ。
 
Cisco_Way_VTA_2165_09Wikimedia
 
But with fog computing, computers and storage are scattered all over, perhaps placed closer to the app’s users. The network is smart enough to know where the data is stored.
 
しかし、フォグ・コンピューティングにおいては、コンピュータやストレージが随所に散在し、アプリを利用するユーザーの近くに配置されるだろう。したがって、そのためのネットワークは、データの格納場所を知るという点で、きわめて洗練されたものになる必要がある。
 
With the network as the star, you can see why Cisco is championing this idea. It means selling a lot more high-end, very profitable network equipment to connect a lot more computers and data centers.
 
この星図のようなネットワークを想像すれば、このアイデアを Cisco が支持する理由が見えてくる。つまり、大量のコンピュータとデータセンターを接続するための、きわめて有益なハイエンド・ネットワーク機器を、大量に販売できるのである。
 
Cisco has been largely left out of the cloud computing revolution.
 
正直なところ、いまの Cisco は、クラウド・コンピューティングの革命から、かなり取り残されている。
 
As its customers move to the cloud, they need to buy less networking equipment. Meanwhile, some of the biggest cloud operators, like Facebook and Microsoft, have invented their own, new low-cost network equipment.
 
同社の顧客がクラウドへと移行するにつれて、ネットワーク機器を販売する機会が減っている。その一方で、Facebook や Microsoft といった大手クラウド事業者は、低コストのネットワーク装置を、自ら考案/開発している。
 
As for the rest of the traditional IT players (Intel, Dell, Microsoft, ARM), if “fog computing” takes off they stand to gain, too. Lots of computers scattered everywhere means selling lots of computer servers and operating systems and chips.
 
また、従来からのITプレイヤー (Intel/Dell/Microsoft/ARM) たちも、フォグ・コンピューティングが離陸するなら、この試みに賛同するだろう。つまり、大量のコンピュータが随所に散在するなら、大量のサーバー/OS/チップを販売できるのだ。
 
Will it take hold?
 
Just because it’s in Cisco’s self-interest to promote fog computing, doesn’t mean it won’t be a real thing someday.
 
ただし、それはフォグ・コンピューティングを推進する際の、Cisco 自身の利益を説明する話であり、いつまで待っても本物にならないという意味ではない。
 
Screen Shot 2016-05-19 at 5.49.07 AMWikipedia
 
The name “fog” is new, but the general concept isn’t. It used to be called “distributed computing.”
 
「フォグ」という名前は新しいものだが、まだ、一般的には広まっていない。むしろ、以前から「分散コンピューティング」と呼ばれていたものだと、言ったほうが分かりやすいだろう。
 
Years ago, the now defunct company called Sun Microsystems even had a slogan “the network is the computer.” (Oracle bought Sun in 2010.)
 
今はなき Sun Microsystems (Oracle が 2010年に買収) が、いわゆる「ネットワークがコンピュータである」を、昔からスローガンにしていたことを思い出して欲しい。
 
When you talk to anyone in the cloud computing industry today, they’ll tell you that cloud is young and here to stay (and it is). Some believe it will stretch out in a linear line, growing endlessly bigger and more glorious over time.
 
もし、クラウド・コンピューティング業界の誰かと話すときがあれば、彼らは必ず、クラウドは若者であるが、ここに存在していると諭すであろう。そしてクラウドは、直線的に際限なく成長し、いずれは輝けるものになると、信じている人もいるのだ。
 
But that’s not how the computer industry typically works. It’s more like a spiral.
 
しかし、どのようにして、コンピュータ産業が機能するかという話は、そのシナリオに含まれていない。むしろクラウドは、この産業を急降下させているのだ。
 
The computing industry breathes in and out between centralized and distributed computing models: centralized (mainframes) turned into distributed (PCs and local computer servers, known as “client/server”), and have now become centralized again (cloud computing). So, next up would be distributed.
 
コンピューティングの業界は、集中と分散という、2つのコンピューティング・モデルの間で息継ぎをしてきた。まず、集中型 (メインフレーム) から、分散型 (PC とローカル・サーバーによる Client/Server) への移行があり、いまは集中型 (クラウド・コンピューティング) と戻っている。したがって、次は分散型へ揺り戻されるはずだ。
 
It does this because each model solves the problem created by the last model. Centralized computing allows you to maintain control and efficiently share computers, which lowers cost. But it can create bottlenecks as all apps rush to share the same computers. And it’s expensive to keep building more and bigger data centers.
 
このような現象が起こるのは、一方のモデルがもたらした問題を、もう一方のモデルが解決するからである。集中型のコンピューティングにより、共有コンピュータによる効率の向上が、低コストにより維持されていく。しかし、すべてのアプリケーションが、同じコンピュータを共有する状況が生じると、そこにボトルネックが生まれる。さらに言うなら、巨大なデータセンターを構築し、維持していくことは、膨大な費用を必要とする。
 
Iot_appsWikimedia
 
Decentralized allows you to run apps closer to the people using the apps so the apps perform better.
 
分散型は、デバイスを使用するユーザーの側で、対象となるアプリケーションを走らせるため、そのパフォーマンスが良くなる。
 
This could becomes very important as billions of devices join the internet as part of the “Internet of Things.” It can also be cheaper to shove a few computer servers in a room instead of building a big data center. But distributed computing can also create sprawl, get messy, and ultimately cost more.
 
Internet of Things の一部として、無数のデバイスがインターネットに参加するとき、このような考え方がきわめて重要になる。また、大規模データセンターを構築するのではなく、適切な場所に少数のコンピュータ・サーバーを配置することになるため、コストも安価になっていく。しかし、分散コンピューティングは、不規則で乱雑なものになるため、最終的にはコストを押し上げていく。
 
So fog computing could very well be the next thing.
 
したがって、次に来るものとして、フォグ・コンピューティングは相応しいのかもしれない。
 
Then again, there’s a rise of new technologies, like quantum computing, that could change everything and squash any tech based on the old ways to do things, including fog computing.
 
別の観点から見ると、たとえば量子コンピューティングのような、新しいテクノロジーの台頭がある。それらは、旧来からの手法によるテクノロジーを破壊し、すべてを刷新していく。その意味では、フォグ・コンピューティングの在り方にも、影響をおよぼすはずだ。
 
A horrible name
 
Whether fog thrives or dies, we can’t help point out the karmic implications in the name. “Fog computing” might be a cute play on the term “cloud computing”, but it also means: unclear, confusing, and fuzzy.
 
フォグの未来を占う上で、名前に含まれる因果関係は、なんの助けにもならないだろう。「フォグ・コンピューティング」は、「クラウド・コンピューティング」に引っ掛けた言葉遊びにも聞こえるが、不明確/混乱/曖昧といった意味も含んでいるのだ。
 
SEE ALSO: Microsoft just joined Facebook and fired a huge shot at Cisco
SEE ALSO: Cisco cofounder explains why CEO pay today is nuts
 
ーーーーー
IoTIoT を Fog を、集中と分散の観点から、そして業界内における経済の観点から分析していく、とても興味深い記事です。たしか、司馬遼太郎か陳舜臣だったと思いますが、中国は分散国家と中央集権国家の間を行き来してきたと、作品で説明していた記憶があります。その理由は、まさに、「一方のモデルがもたらした問題を、もう一方のモデルが解決する」からなのでしょう。そして、私たちの業界における経済ですが、IoT が注目を集め始めてからというもの、IT のリーチが格段に広がっていますよね。PC からスマフォの時代へとシフトしたことで、IT の裾野が大きく広がりましたが、今度は、コンシューマではなく産業へと広がっていくのでしょう。そんなことを、あれこれ考えていると、IoT と Fog は、ほんとうに面白いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
 

Comments Off on IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?

IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!

Posted in .Selected, Amazon, Cisco, Dell, Google, IBM, IoT, Microsoft, Oracle, Strategy by agilecat.cloud on May 10, 2016
Is Fog Computing The Next Big Thing In Internet of Things?
Janakiram MSV, Contributor – Apr 18, 2016
http://www.forbes.com/sites/janakirammsv/2016/04/18/is-fog-computing-the-next-big-thing-in-internet-of-things/#6e63e3d71be2
 
_ Forbes
 
One of the reasons why IoT has gained momentum in the recent past is the rise of cloud services. Though the concept of M2M existed for over a decade, organizations never tapped into the rich insights derived from the datasets generated by sensors and devices. Existing infrastructure was just not ready to deal with the massive scale demanded by the connected devices architecture. That’s where cloud becomes an invaluable resource for enterprises.
 
この数年において IoT はが勢いを得ているが、その要因としては、クラウド・サービスの台頭も挙げられる。M2M の概念は 10年以上も前から存在しているが、センサーやデバイスで生成されたデータセットから、リッチな洞察を取り出そうとする企業は存在しなかった。つまり、既存のインフラストラクチャは、コネクテッド・デバイス・アーキテクチャが要求するスケールに、対応するだけの準備を整えていなかったことになる。その一方で、クラウドが、エンタープライズのための貴重なリソースになり始めている。
 
Golden Gate BridgeFlickr
David Yu
 
With abundant storage and ample computing power, cloud became an affordable extension to the enterprise data center. The adoption of cloud resulted in increased usage of Big Data platforms and analytics. Organizations are channelizing every bit of data generated from a variety of sources and devices to the cloud where it is stored, processed, and analyzed for deriving valuable insights. The combination of cloud and Big Data is the key enabler of Internet of Things. IoT is all set to become the killer use case for distributed computing and analytics.
 
潤沢なストレージと充実したコンピューティング・パワーを提供することで、クラウドはエンタープライズのデータセンターを、手頃な価格で置き換える存在となった。そしてクラウドの採用により、Big Data のプラットフォームと分析システムが、とても使いやすいものになった。その結果、エンタープライズは貴重な洞察を導き出すために、さまざまなデバイスから生成された全データをクラウドへ向けて送り出し、そこで保存/処理/分析を行おうとしている。クラウドと Big Data の組み合わせは、IoT を実現するための重要な存在である。つまり IoT は、分散と分析のためのコンピューティングの、キラー・ユースケースになる準備を整えているのだ。
 
Cloud service providers such as Amazon, Google, IBM, Microsoft, Salesforce, and Oracle are offering managed IoT platforms that deliver the entire IoT stack as a service. Customers can on-board devices, ingest data, define data processing pipelines that analyze streams in real-time, and derive insights from the sensor data. Cloud-based IoT platforms are examples of verticalized PaaS offerings, which are designed for a specific use case.
 
Amazon, Google, IBM, Microsoft, Salesforce, and Oracle などのクラウド・サービス・プロバイダーたちは、IoT Stack as a Service を提供するための、マネージド IoT プラットフォームを提供している。顧客たちは、それらのサービスにデバイスを組入れ、データの取得と処理のためのパイプラインを定義し、センサー・データから洞察を得るための、リアルタイムなストリーム分析を実現していく。つまり、クラウド・ベースの IoT プラットフォームは、特定のユースケースのためにデザインされた、垂直型 PaaS の一例となる。
 
While cloud is a perfect match for the Internet of Things, not every IoT scenario can take advantage of it. Industrial IoT solutions demand low-latency ingestion and immediate processing of data. Organizations cannot afford the delay caused by the roundtrip between the devices layer and cloud-based IoT platforms. The solution demands instant processing of data streams with quick turnaround.
 
クラウドは IoT と完璧にマッチするが、すべての IoT シナリオが、必ずしも活用できるものではない。産業用の IoT ソリューションが要求するのは、低レイテンシによるデータの取得と、データの即時的な処理となる。そして、この種のソリューションでは、デバイスのレイヤと、クラウド・ベース IoT プラットフォームの間で生じる、ラウンドトリップによる遅延が許されない。つまり、迅速に機能するデータストリームの、即時的なプロセスが要求されるのだ。
 
For example, it may be too late before the IoT cloud shuts down an LPG refilling machine after detecting an unusual combination of pressure and temperature thresholds. Instead, the anomaly should be detected locally within milliseconds followed by an immediate action trigged by a rule. The other scenario that demands local processing is healthcare. Given the sensitivity of data, healthcare companies don’t want to stream critical data points generated by life-saving systems. That data needs to be processed locally not only for faster turnaround but also for anonymizing personally identifiable patient data.
 
たとえば、LP ガスのシステムにおいて、圧力と温度のしきい値に異変を検知した後に、IoT クラウドが再充填マシンをシャットダウンするのでは、遅いのだ。その代わりに、ローカルにおいてミリ秒内で異変が検出され、何らかのルールが迅速にアクションを起こす仕組みが必要になる。こうしたローカル処理が要求される、もう一方のシナリオはヘルスケアである。ヘルスケア企業におけるデータの機密性を考えると、救命システムから生成された重要なデータを、ストリーミングするという選択はあり得ない。それらのデータは、ローカルで処理される必要があるが、その理由としては、ラウンドトリップの排除だけではなく、患者を特定できるデータの匿名化というニーズもあるだろう。
 
Fog_Cloud
Source: Cisco
 
The demand for distributing the IoT workloads between the local data center and cloud has resulted in an architectural pattern called Fog computing. Large enterprises dealing with industrial automation will have to deploy infrastructure within the data center that’s specifically designed for IoT. This infrastructure is a cluster of compute, storage, and networking resources delivering sufficient horsepower to deal with the IoT data locally. The cluster that lives on the edge is called the Fog layer. Fog computing mimics cloud capabilities within the edge location, while still taking advantage of the cloud for heavy lifting. Fog computing is to IoT what hybrid cloud is to enterprise IT. Both the architectures deliver best of both worlds.
 
ローカル・データセンターとクラウドの間に IoT ワークロードを分配するという要求から、Fog コンピューティングと呼ばれるアーキテクチャ・パターンが生まれた。産業用のオートメーションを取り扱う大企業は、IoT のために特化されたデータセンター内に、自身のインフラストラクチャを展開する必要がある。このようなインフラストラクチャは、コンピューティング/ストレージ/ネットワークで構成されるリソースのクラスタであり、IoT データをローカルで処理するだけの、充分なパワーを必要とする。このような、エッジに展開されるクラスタを、Fog レイヤと呼ぶ。このエッジ・ロケーションにおいて、クラウドの機能を模倣する Fog コンピューティングが、重労働にも耐えうるクラウドという、新しいメリットを生み出す。つまり、Fog コンピューティングと IoT の関係は、Hybrid クラウドとエンタープライズ IT の関係に近いものとなる。いずれのアーキテクチャも、それぞれの世界に長所をもたらす。
 
Fog_Computing_Layers
Source: Cisco
 
Cisco is one of the early movers in the Fog computing market. The company is credited with coining the term even before IoT became a buzzword. Cisco positioned Fog as the layer to reduce the latency in hybrid cloud scenarios. With enterprises embracing converged infrastructure in data centers and cloud for distributed computing, Cisco had vested interest in pushing Fog to stay relevant in the data center. Almost after five years of evangelizing Fog computing with little success, Cisco finally found a legitimate use case in the form of IoT.
 
Cisco は、Fog コンピューティング市場へと向けて、最も早く動き出した一社である。同社は、IoT がバズ・ワードになる前から、この用語を広めてきた企業でもある。Cisco は、ハイブリッド・クラウド・シナリオのレイテンシを削るレイヤとして、Fog コンピューティングを位置付けている。Cisco は、コンバージド・データセンターのインフラおよび、分散コンピューティングのためのクラウドを採用する企業と協調しようとしている。そして、それらのデータセンターを構成するために、Fog をプッシュする存在だと認識されている。これから 5年の間に、Fog コンピューティングを広め、いくつかの成功を収めれば、Cisco は IoT を形作るための、理にかなったユースケースを見出していくだろう。
 
Fog_Architecture
Source: Cisco
 
In November 2015, leading vendors in the space of infrastructure and cloud formed an industry body called the OpenFog Consortium. According to the official website, the mission of the consortium is to drive industry and academic leadership in fog computing architecture, testbed development, and a variety of interoperability and composability deliverables that seamlessly leverage cloud and edge architectures to enable end-to-end IoT scenarios.
 
2015年11月のことだが、インフラストラクチャとクラウドを促進する大手ベンダーたちが、OpenFog Consortium という業界団体を結成した。そのオフィシャル・サイトによると、Fog コンピューティングにおけるアーキテクチャの作成や、テストベッドの開発、多様な相互運用と構成能力などについて、産業界と研究者たちをリードしていくことが、このコンソーシアムの使命となる。それにより、クラウドとエッジのアーキテクチャをシームレスに活用し、エンド-to-エンドの IoT シナリオを実現していくという。
 
ARM, Cisco, Dell , Intel, Microsoft, and Princeton University are the founding members of the OpenFog Consortium. Except Princeton University, which is chartered with the academic outreach, all other members of the consortium have a solid business interest in making Fog computing mainstream. ARM is making inroads into the data center and edge computing by offering affordable processing power. It is aiming to power IoT Gateways that are designed to manage local sensor networks. After acquiring WindRiver and McAfee, Intel has become a key contender in the IoT Gateway market. Dell is building purpose-built IoT Gateways powered by Intel processors. Of course, Cisco is trying to be in the forefront of the new paradigm. With the recent acquisition of Jasper, the company is hoping to capture significant market share.
 
ARM/Cisco/Dell/Intel/Microsoft/Princeton University が、OpenFog Consortium の創設メンバーである。アカデミックな世界へとリーチしていく Princeton University を除いたメンバーたちは、Fog コンピューティングを主流とするビジネスに、強い関心を持つ企業である。ARM は、手頃な処理能力を提供することで、データセンターとエッジ・コンピューティングへの進出を図っている。そして、IoT Gatewey にパワーを供給することで、ローカル・センサー・ネットワークを管理しようとしている。WindRiver と McAfee を買収した Intel は、IoT Gateway マーケットにおける本命である。Dell が構築した独自の IoT Gateway は、Intel のプロセッサを搭載している。もちろん Cisco も、この新しいパラダイムの最前線に立とうとしている。そして、先日に Jasper を買収したことで、大きなマーケット・シェアの獲得を目論んでいる。
 
Microsoft has more than one reason to be a part of the OpenFog Consortium. Windows 10 IoT Core is evolving fast to become the choice of embedded OS for IoT Gateways and high-end devices. With its support for ARM and Intel, Microsoft is aggressively pushing Windows 10 as the OS of IoT. Azure IoT is one of the leading enterprise IoT cloud platforms, which has all the essential building blocks for delivering a robust solution. With Windows 10 IoT Core in the Fog layer and Azure IoT in the cloud, Microsoft is hoping to dominate the market.
 
Microsoft が OpenFog Consortium に参加した背景には、複数の理由がある。Windows 10 IoT Core は、IoT Gateway と ハイエンド・デバイスのための、組み込み OS の候補になるべく、素早く進化している。Microsoft は ARM と Intel をサポートすることで、IoT 用の OS としての Windows 10 を積極的にプッシュしている。Azure IoT は、エンタープライズ IoT クラウド・プラットフォームの代表格でもあり、堅牢なソリューションを提供するために必要な、すべての基本的なビルディング・ブロックを有している。Microsoft は、Windows 10 IoT Core を Fog レイヤに、そして、Azure IoT クラウドに置くことで、このマーケットの支配を狙っている。
 
OpenFog Consortium has pledged to work with existing industry bodies such as IIC, OCF, OpenFV, and MEC. On April 12, 2016, GE Digital, Schneider Electric, and IEEE joined the consortium’s board of directors. OpenFog also found its first member in Asia, SAKURA Internet, which is chartered to drive the momentum in Asia Pacific as Japan.
 
OpenFog Consortiumは、IIC/OCF/OpenFV/MEC といった、既存の業界団体との協調を約束している。そして、2016年4月12日には、GE Digital/Schneider Electric/IEEE が、このコンソーシアムのボード・メンバーとして参加した。また、Asia からの最初のメンバーとして SAKURA Internet が参加し、Japan から Asia Pacific での活動を推進する役割を担っている。
 
To meet its goal, the OpenFog Consortium has to invest in reference architectures, developer guides, samples, and SDKs to articulate the value of Fog computing to developers and IT teams. They are critical for the success of this new initiative. Fog computing, along with the cloud, will accelerate the adoption of IoT in the enterprise.
 
OpenFog Consortium は、その目標を達成するために、リファレンス・アーキテクチャや、デベトッパー・ガイド、サンプル、SDK に投資していく。それにより、デベロッパーや IT チームに対して、Fog コンピューティングの価値を明確に示していくという。この新しい試みを成功させるには、上記の活動が欠かせないはずだ。Fog コンピューティングは、クラウドと連携することで、エンタープライズにおける IoT の採用を加速していく。
 
ーーーーー
IoT最近になって、IoT におけるエッジやフォグを、丁寧に解説してくれる記事が目に付くようになりました。これまでは、必要なのだろうとは思えても、具体的なイメージが掴めなかったフォグ・コンピューティングですが、この記事を訳してみて、多少なりとも理解が進んだように感じています。まだまだ、分からないことだらけなので、この種の記事を、これからも追いかけていきたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
 

Comments Off on IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!

IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!

Posted in IoT, Management, On Monday by agilecat.cloud on May 9, 2016
Internet of Things: Driving the Convergence of IT and OT
Dick Weisinger – April 27th, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-driving-the-convergence-of-it-and-ot/
_ formtek
Increasingly the two areas of information technology (IT) and operational technology (OT) are converging.  IT refers to the physical devices like computers, storage and networking for managing data.  OT refers to the monitoring of events, processes and devices in manufacturing and industrial environments.  Technologies like the Internet of Things (IoT), or more specifically Industrial IoT (IIoT) are bringing these worlds together.
 
二つの領域である Information Technology (IT) と Operational Technology (OT) が、急速に収束されていく。IT とは、データを管理するためのコンピュータ/ストレージ/ネットワークなどの、物理デバイスを指す。OTは、製造業に代表される産業の環境における、イベント/プロセス/デバイスなどのモニタリングを指す。そして、Internet of Things (IoT) および Industrial IoT (IIoT) といったテクノロジーにより、この二つの世界が結びついていく。
 
Dali_5Keith Nosbusch, Rockwell’s chairman and CEO, said that “central to achieving the Connected Enterprise is the convergence of IT and OT.  Historically, these have been two different worlds with different priorities, and base technologies. True convergence between these two worlds has been a challenge.”
 
Rockwell の Chairman and CEO である Keith Nosbusch は、「Connected Enterprise 達成するための中心的な存在は、IT と OT の収束である。歴史的に見て、この二つの領域は、それぞれの優先順位とベース・テクノロジーを有してきた。したがって、二つの世界を収束することは、ほんとうの意味で大きな課題となる」と、述べている
 
Brian Carpizo, manufacturing and supply chain team lead at Uptake, told Forbes magazine that “we are analyzing converged IT/OT data sets to identify previously hidden correlative factors in the entire product lifecycle. We are tearing down the silos between design engineering, manufacturing engineering, manufacturing operations, and after-market support. We treat it as one process to be tuned and optimized. Instead of just look-behind tools, we predict how changes in inputs and processes can affect output.”
 
Uptake の Manufacturing and Supply Chain Team Lead である Brian Carrizo は、「私たちが、収束される IT/ OT のデータ・セットを分析しているのは、製品のライフサイクル全体の中で、これまでは見えてこなかった相関因子を特定するためだ。デザイン/エンジニアリング/製造エンジニアリング、製造オペレーション/アフター・マーケット・サポートを分断しているサイロを、私たちは解体しようと試みている。つまり、それらを一つのプロセスとして調整し、また、最適化させようとしている。これまでのように、ツールの背景を探る代わりに、入力とプロセスの変化が、出力に与える影響を予測しているのだ」と、Forbes に語っている
 
Chris Eriksen, general manager for IT at CitiPower and Powercor, described the effect of convergence in the power industry, saying that  “IT/OT [operational technology] convergence and the internet of things are creating more opportunities to leverage advanced analytics. As an example, this convergence can provide greater insight into network performance for advanced monitoring purposes which enables improved electricity supply quality and resilience for our customers.”
 
CitiPower and Powercor の GM for IT である Chris Eriksenは、「IT/OT [Operational Technology] と Internet of Things は、高度な分析の活用という観点で、大きなチャンスを作り出していく。たとえば、それらが終息すると、高度なモニタリングを目的としたネットワーク・パフォーマンスに対して、優れた洞察が提供されることになる。それにより、電力供給における品質が改善され、また、顧客の信頼を回復していける」と、電力業界における統合の効果について語っている
 
ーーーーー
On MondayOperational Technology (OT) という概念は、Agile Cat 的にも気になっているものでした。また、IDC の調査によると、2020年までに 40ZB ものデータが地球上に溢れ返り、その時には、世界中のデータの10%ほどが、エッジ・デバイスで生成されると予測されています。このデータを基に考えると、大まかなところで 4ZB のデータが、IoT デバイスにより生成されることになりますが、それらのデバイス・ネットワークを、どのようにして管理すればよいのでしょうか? まだまだ、具体的なイメージが掴めませんが、なんらかの OT が不可欠だと思えてきます。 この OT に期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査: AWS から離脱する Dropbox の未来は、ほんとうに大丈夫なのか?
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
Cloud の調査: 80% の プライベート PaaS が、失敗にいたるという理由を説明しよう
Security の調査: FBI と Apple の争いに、根本からの解決はあり得るのか?
Security の調査: クラウドとデータの機密性:これからは、暗号化がトレンドになるのか?
 

Comments Off on IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!

%d bloggers like this: