Agile Cat — in the cloud

サイバー攻撃の 60% にインサイダーが絡んでいる: IBM のデータを1枚のチャートで!

Posted in IBM, Research, Security by agilecat.cloud on July 15, 2016
Most Cyber Attacks Are An Inside Job
Martin Armstrong – Jun 9, 2016
https://www.statista.com/chart/4994/most-cyber-attacks-are-an-inside-job/
 
_ Statista
 
Cyber attacks are a constant threat to businesses around the world with vast sums of money being spent to protect against them. The image of some nefarious character plotting in his or her bedroom is one most of us have when thinking about hackers and cyber criminals. While in 2015, 40 percent of attacks stemmed from ‘outsiders’, a surprising 60 percent were actually perpetrated by company insiders.
 
サイバー攻撃は、世界中の企業に対して継続的な脅威をもたらし、また、防御においては巨額の対価を費やさせている。また、ハッカーやサイバー犯罪者について考えるなら、人々の寝室に忍びこむような極悪非道な存在に、すべての人々が付きまとわれていることになる。そして、2015年においては、攻撃の 40% が部外者により引き起こされているが、残りの 60% はインサイダーにより引き起こされているという、驚くべき調査結果が明らかになった。
 
most_cyber_attacks_are_an_inside_jobClick to Large >>>
 
This chart shows the type of people that committed cyber attacks in 2015.
 
IBM, who produced the figures based on information from over 8,000 of their clients devices, revealed that although 15.5 percent of such ‘attacks’ were caused inadvertently, 44.5 percent were deemed to have been malicious.
 
IBM が、同社における 8,000 台以上のクライアント・デバイスを調査し、そこから統計値を算出した。そこで明らかになったのは、インサーダー攻撃と疑われる中の、15.5% は不注意に起因するものであり、44.5% は悪意を伴うものであったという事実だ。
 
An insider is defined as anyone who has physical or remote access to a company’s assets. IBM note that although this would often be an employee, it can also mean business partners or maintenance contractors – people you trust enough to grant system access to. Insiders not only have this access, they may also be aware of your weaknesses and thus exploit them more effectively than an outside agent might be able to.
 
ここで言うインサイダーの定義とは、同社のアセットに対して、物理的なアクセスもしくは、リモートによるアクセスが可能な人々となる。そして IBM は、その多くが従業員であるが、ビジネス・パートナーやメンテナンス契約者も含まれる点に、注意して欲しいと述べている。つまり、システムへのアクセス権を付与するほどの、十分に信頼されている社外のインサイダーが、このデータには含まれていることなる。こうした、社外のインサイダーたちは、アクセス権を有しているだけではなく、セキュリティ上の弱点も把握していると捉えるべきだ。したがって、社外の悪質な組織よりも、狡猾に振る舞うことが可能だと理解すべきなのだろう。
 
ーーーーー
research_552014年の末にハッカーたちが Sony Pictures に侵入し、大きな騒ぎに発展したことがありましたが、このときは同社内に物資的に忍び込んだことが事件の発端でした。しかし、最初のセキュリティが突破されても、セキュリティの階層を用いていれば、大量の情報流出は防げたと指摘されていたように、その後の対応策にも不備があっようです。本文で紹介されているデータですが、このような貴重なものを公開してくれた IBM に感謝です。そして、社外のインサイダーに注意すべきという、とても有益な情報を提示してくれたことにも感謝ですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
サービス・プロバイダーが暗号化に走るのは、政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?
Google が排除したマルウェア:14本ものアプリを不正にダウンロードする悪質なものだった!
サーバー・セキュリティにおいて、自動化が必須となる理由を説明しよう
ウェアラブル と BYOD のポリシーが、企業の IT セキュリティに挑戦している
データ損失の原因を比較すると、ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
 

Comments Off on サイバー攻撃の 60% にインサイダーが絡んでいる: IBM のデータを1枚のチャートで!

IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?

Posted in .Selected, Cisco, IBM, IoT by agilecat.cloud on June 15, 2016
IBM and Cisco continue their love affair with big partnerships by partnering with each other
Julie Bort – Jun. 2, 2016
http://www.businessinsider.com/ibm-cisco-launch-fog-computing-partnership-2016-6
 
_ Business Insider
 
IBM and Cisco announced a new partnership that will combine IBM Watson’s Internet of Things analysis cloud software with Cisco’s new “fog computing.” The Internet of Things (IoT) is when sensors are installed in all kinds of objects to collect data on them.
 
IBM と Cisco が公表した新しいパートナーシップとは、クラウド上に展開される Watson の IoT 分析と、Fog Computing を連携させるというものだ。言うまでもなく、IoT とはセンサーがインストールされた各種のオブジェクトから、データを集めるものである。
 
IBM WatsonIBM CEO Ginni Rometty
 
Large companies are installing such sensors on equipment which helps them see how much the equipment is working and when it is about to fail. The problem is, in remote areas, all that data being generated by sensors isn’t being collected and analyzed.
 
エンタープライズたちは、センサーなどを機器にインストールし、どれだけの正常に機能しているのか、もしくは、異常を引き起こしているのかを参照しようとする。この種のリモート・アクセスにおける問題点は、センサーにから生成された全データが、収集されない場合もあり、また、分析されない場合もあることだ。
 
That’s what Cisco’s fog computing is all about. It uses the network to grab and analyze data from remote locations.
 
そこが、Cisco の Fog Computing が活躍する場である。そこでは、リモートのデータを収集/分析するための、ネットワークが活用されることになる。
 
Put them together: IBM’s super smart Watson analytics service and Cisco’s ability to grab and analyze sensor data even in far-flung locations, and you get the gist of this partnership.
 
IBM Watson のスマートな分析サービスと、遠隔地のセンサー・データを取得/分析する Cisco の能力を、組み合わせるというパートナーシップであれば、誰もがその意味を理解するだろう。
 
IBM-CiscoClick to Large >>>
 
Here’s a graphic that explains what this new IoT partnership is all about.
 
このインフォグラフィクスは、両社の IoT パートナーシップの全容を示すものである。
 
Their first customer is Bell Canada, who is is partnering with this team to offer IoT services over its 4G network. In other words, a Canadian company that has lots of remote locations in the middle of nowhere can use Bell Canada’s 4G network and IoT services to collect and analyze that data. And the service is powered by the IBM/Cisco partnership.
 
両社の最初の顧客は Bell Canada であり、このチームが提供する IoT サービスを、その 4Gネットワーク上で運用する。言い換えるなら、この Canada 企業は、たくさんのリモート・ロケーションを抱えているだけであり、自身の 4Gネットワークと IoT サービスを活用すれば、データの収集/分析を達成できるのだ。もちろん、それらのサービスは、IBM/Cisco のパートナーシップが提供する。
 
The CEOs of both of these companies have been going full-steam ahead with big, powerful joint product/sales partnerships in recently. Under IBM CEO Ginni Rometty, IBM has launched groundbreaking partnerships with Apple, as well as with Twitter, Tencent, amd others. Cisco also announced a huge partnership with Apple, as well as one one of its old big rivals Ericsson.
 
最近の両社の CEO は、製品と販売に関するパワフルで大掛かりな提携を、全力で推し進めている。IBM は CEO である Ginni Rometty の下で、Apple だけではなく Twitter と Tencent とも大掛かりな提携を開始している。Cisco も Apple との提携をアナウンスしているが、昔からのライバルである Ericsson ともパートーナシップを結んでいる。
 
ーーーーー
IoTIBM の IoT ですが、その他のベンダーと比べると、情報が少ないように思えます。というわけで、同社の Web を参照してみたところ、Watson IoT 事業部を、この 3月1日から新設と説明されていました。Watson の API およびサービスを IBM のクラウド上で提供し、コグニティブ IoT のソリューションとサービスの開発を加速させると述べています。数十億にのぼるデバイス、センサー、システムなどが相互に接続し、連携する IoT の世界では、複雑で膨大なデータの理解を実現する、コグニティブ・コンピューティングが不可欠とも発言していますが、なんとなく言いたいことが分かります。その一方では、Cisco のフォグと連携することで、データの収集に関しては、そちらに任せてしまおうという戦略なのでしょう。これからが、楽しみですね。_AC Stamp
ーーーーー
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
IoT の調査: ウェアラブルのポリシーが、企業の IT セキュリティに挑戦している
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!

Comments Off on IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?

SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!

Posted in .Selected, Amazon, Equinix, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce by agilecat.cloud on June 1, 2016
IHS: IBM leads global SaaS cloud service market
Staff writer – May 04, 2016
http://www.telecomasia.net/content/ihs-ibm-leads-global-saas-cloud-service-market
 
_ Telecom-Asia
 
IBM currently leads the SaaS cloud service market, while Amazon leads the global cloud infrastructure market (IaaS, CaaS, PaaS) in 2015, according to a new report by research firm IHS.
 
調査会社である IHS の最新レポートによると、現時点の SaaS クラウド・サービスに関しては、IBM が 19% のシェアでマーケットをリードし、また、クラウド・インフラ・サービス (IaaS/CaaS/PaaS) では、Amazon がリードしている。
 
According to the report, Salesforce ranked the second in the SaaS cloud service market with 8% of market share, while Microsoft and Oracle had 6% and 3%. SAP had just 2% share in the global SaaS cloud service market.
 
このレポートによると、SaaS マーケットにおける二番手は Saleforce であり、そのシェアは 8% となり、その後には Microsoft (6%) と Oracle (3%) が続く。また、SAP に関しては、グローバル SaaS マーケットでみると、わずか 2% のシェアとなる。
 
AWS is the undisputed leader in the cloud infrastructure market with 17% share. Microsoft has 9% and Google has 5% share in the cloud infrastructure market last year, said IHS. Equinix and China Telecom had 4% each.
 
クラウド・インフラ・マーケットで 17% のシェアをほこる AWS は、誰もが認めるリーダーである。そして、二番手と三番手は Microsoft (9%) と Google (5%) であり、そこにEquinox (4%) と China Telecom (4%) が続くと、IHS は述べている。
 
SaaS_IaaSClick to Large >>> 
 
IHS says the infrastructure-as-a-service (IaaS) segment for on-demand servers and storage is maturing, with the big three players – Amazon, Microsoft and Google – possessing the scale and specialized knowledge to make it difficult for smaller players with undifferentiated services to compete.
 
IHS が言うには、オンデマンドでサーバーとストレージを提供する IaaS セグメントは成熟しており、Top-3 を形成する Amazon/Microsoft/Google がスケールと専門知識の面でリードしている。そのため、差別化に苦しむ中小のサービス・プロバイダーは、厳しい戦いを強いられる。
 
However, there is room for innovation in IaaS. Rackspace has expanded its professional services to third-party clouds such as Amazon and Azure.
 
ただし、この IaaS においても、イノベーションの余地はある。たとえば Rackspace は、Amazon や Azure のサードパーティ・クラウドへむけて、そのプロフェッショナル・サービスの展開を拡大している。
 
NTT announced a self-serve OpenStack orchestrated bare metal server service. Internap is expanding its bare metal server service. And CenturyLink announced the availability of its government cloud, which meets specialized compliance requirements.
 
その一方で NTT は、OpenStack ベアメタル・サーバーのための、オーケストレーション・セルフ・サービスを発表した。また、Interap は、ベアメタル・サーバーのサービスを拡大している。さらに Century Link は、特殊なコンプライアンス要件を満たる、政府機関向けのクラウドを提供すると発表している。
 
Colocation or hosting, the earliest form of IaaS, is also growing. Equinix and Level 3 expanded their data center footprints.
 
IaaS の走りとも言える コロケーションとホスティングも、依然として成長している。そして Equinix と Level 3  は、自社のデータセンターのフットプリントを拡大している。
 
Also set to bring more innovation are machine learning and analytics capabilities integrated with enterprise and mobile applications.
 
また、機械学習および分析機能を、エンタープライズやモバイル・アプリと統合するかたちの、さらなるイノベーションへの取り組みも始まっている。
 
Google released a machine learning service for developers, and IBM released three new Watson application programming interfaces (APIs) that provide developers with access to technology for sensing emotional and visual cues that deliver insights on the tone, emotional context and sentiments of voice, text and images.
 
Google は開発者のために機械学習サービスをリリースし、また、IBM は 3種類の Wataon API をリリースしている。後者に関しては、感情的および視覚的な手がかりを検知するテクノロジーへの、開発者からのアクセスを提供し、Voice/Text/Image における、感情的な文脈や言葉遣い、そして色調などに関する洞察を実現していく。
 
CSPs are making steps towards the “meta-cloud.” Google announced new dashboard and orchestration tools that can manage and migrate workloads in its own data centers as well as in Amazon’s and on-premises data centers. In addition, NTT enhanced its enterprise cloud services with the ability to connect to third-party CSP data centers.
 
CSP (Cloud Service Provider) が、メタ・クラウドへと向けた道筋を切り開いていく。Google がアナウンスした、新しいダッシュボードとオーケストレーションのツールにより、ワークロードの管理と移行が容易になる。その移行先としては、同社のデータセンターだけではなく、Amazon や オンプレミスのデータセンターも含まれる。また NTT は、そのエンタープライズ・クラウド・サービスを、サードパーティである CSP のデータセンターと接続する機能で強化している。
 
The off-premises cloud services market – including infrastructure as a service (IaaS), cloud as a service (CaaS), platform as a service (PaaS) and software as a service (SaaS) – reached $93 billion in 2015, growing 54% from 2014.
 
IaaS/CaaS/PssS/SaaS で構成される、オフプレミス・クラウド・サービス・マーケットは、2015年で $93 billion の規模にいたり、前年比での成長率は 54% となっている。
 
SaaS was the number-one off-premises cloud service in 2015, representing nearly half of all off-premises cloud revenue. IaaS was second with 39% of revenue.
 
SaaS は、2015年の No.1 オフプレミス・クラウド・サービスは SasS であり、すべてのオフプレミス・クラウド売上の約 50% を稼ぎ出している。そして、二番手は IaaS の 39% となっている。
 
The off-premises cloud service market is forecast to reach $278 billion worldwide in 2020, with a five-year compound annual growth rate (CAGR) of 25%.
 
オフプレミス・クラウド・サービス市場は、2020年のグローバル売上が $278 billion にいたり、また、5年間の複合年間成長率 (CAGR) は 25% に達すると予測されている。
 
ーーーーー
research_55SaaS のシェアに関する調査というのは、初めて見たような気がします。そして、Salesforce と Office 365 の相対的なポジションは、予想どおりという感じですが、その遥か先を走る IBM の強さには驚きです。以前にポストした、「Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?」抄訳では、Jefferies の調査をベースにした、Salesforce のライバルたちのシェアが示されていました。徐々にではあっても、こうして SaaS の世界が可視化されてくるのは、とても興味深いことです。なお、右側のチャートは、IaaS/CaaS/PaaS の総合となっており、いつもとは異なる顔ぶれになっていますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、この市場を急成長させている
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する
SaaS の調査:コラボレーションとモバイルが、その成長を加速させている
 

Comments Off on SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!

IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Cisco, Facebook, Google, IBM, IoT, Research, Salesforce by agilecat.cloud on May 19, 2016
There’s a new thing called ‘fog computing’ and no, we’re not joking
Julie Bort – Mar 3. 2016
http://www.businessinsider.com/cisco-other-enterprises-promote-fog-computing-2016-5
 
_ Business Insider
 
By now, you’ve probably heard of cloud computing.
 
いまでは、もう、クラウド・コンピューティングを知らない人はいないだろう。
 
That’s where companies rent shared software, computers, and storage instead of buying and installing it all themselves. They pay for their usage via subscriptions, accessing it over the internet.
 
その世界では、ユーザー企業がハードウェア/ソフトウェアを購入し、すべてを自分でインストールする必要がなくなり、共有のソフトウェア/コンピュータ/ストレージを借りうけるだけで、すべてが済んでしまう。必要なことは、インターネット経由でのアクセスだけであり、サブスクリプション契約に基づき、使用量に応じて対価を支払うことになる。
 
networkpixabay
 
Cloud computing is all the rage right now, on track to be a $10 billion business for Amazon in 2016; Microsoft hopes it will become a $20 billion business by 2018, and Google thinks it will become bigger than its internet ad business by 2020.
 
クラウド・コンピューティングは、いまのトレンドであり、2016年の Amazon は、$10 billion ビジネスの起動にのせている。また、Microsoft は 2018年までに、$20 billion ビジネスへの進展を期待し、Google は 2020年までに同社のアド事業とクラウド事業が逆転すると考えている。
 
So what comes after the cloud? If you ask Cisco, it’s something called “fog computing.”
 
それでは、クラウドの後には、何が来るのだろう? そんな質問を Cisco に投げれば、フォグ・コンピューティングという答えが返ってくるはずだ。
 
Last month, Cisco was joined by other industry leaders including Intel, Microsoft, ARM, Dell, and Microsoft to back a new “fog computing” consortium, the OpenFog initiative. It sounds like something straight from a Saturday Night Live parody skit, but it’s not.
 
この 4月のことだが、Cisco は Intel/ARM/Dell/Microsoft といった業界のリーダーたちと共に、フォグ・コンピューティングを支援するコンソーシアムである、OpenFog イニシアチブを立ち上げた。まるで、Saturday Night Live パロディス寸劇のように聞こえるが、決してそのようなものでは無い。
 
Later this month, the consortium is holding a conference at Princeton University. Princeton is leading the research into fog computing.
 
また、同月の後半に、このコンソーシアムは Princeton University でカンファレンスを開催している。ちなみに、Princeton はフォグ・コンピューティングの研究における第一人者なのである。
 
Why Cisco wants this
 
So what exactly is it? To understand fog computing, you first have to understand cloud computing. In cloud computing, everyone shares the same massive data centers. You run an app on your phone in your home town, but the back-end computers may be in Virginia, or California, or Ireland, etc.
 
それを正確に表現するには、どのようにしたら良いのだろう? フォグ・コンピューティングを理解するには、先にクラウド・コンピューティングを理解する必要がある。クラウド・コンピューティングにおいては、誰もが大規模データセンターを共有している。あなたが自宅で、自分のスマフォからアプリを走らせるにしても、そのためのバック・エンド・コンピュータは、Virginia や California にあっても良く、さらに言うなら Ireland にあっても構わないのだ。
 
Cisco_Way_VTA_2165_09Wikimedia
 
But with fog computing, computers and storage are scattered all over, perhaps placed closer to the app’s users. The network is smart enough to know where the data is stored.
 
しかし、フォグ・コンピューティングにおいては、コンピュータやストレージが随所に散在し、アプリを利用するユーザーの近くに配置されるだろう。したがって、そのためのネットワークは、データの格納場所を知るという点で、きわめて洗練されたものになる必要がある。
 
With the network as the star, you can see why Cisco is championing this idea. It means selling a lot more high-end, very profitable network equipment to connect a lot more computers and data centers.
 
この星図のようなネットワークを想像すれば、このアイデアを Cisco が支持する理由が見えてくる。つまり、大量のコンピュータとデータセンターを接続するための、きわめて有益なハイエンド・ネットワーク機器を、大量に販売できるのである。
 
Cisco has been largely left out of the cloud computing revolution.
 
正直なところ、いまの Cisco は、クラウド・コンピューティングの革命から、かなり取り残されている。
 
As its customers move to the cloud, they need to buy less networking equipment. Meanwhile, some of the biggest cloud operators, like Facebook and Microsoft, have invented their own, new low-cost network equipment.
 
同社の顧客がクラウドへと移行するにつれて、ネットワーク機器を販売する機会が減っている。その一方で、Facebook や Microsoft といった大手クラウド事業者は、低コストのネットワーク装置を、自ら考案/開発している。
 
As for the rest of the traditional IT players (Intel, Dell, Microsoft, ARM), if “fog computing” takes off they stand to gain, too. Lots of computers scattered everywhere means selling lots of computer servers and operating systems and chips.
 
また、従来からのITプレイヤー (Intel/Dell/Microsoft/ARM) たちも、フォグ・コンピューティングが離陸するなら、この試みに賛同するだろう。つまり、大量のコンピュータが随所に散在するなら、大量のサーバー/OS/チップを販売できるのだ。
 
Will it take hold?
 
Just because it’s in Cisco’s self-interest to promote fog computing, doesn’t mean it won’t be a real thing someday.
 
ただし、それはフォグ・コンピューティングを推進する際の、Cisco 自身の利益を説明する話であり、いつまで待っても本物にならないという意味ではない。
 
Screen Shot 2016-05-19 at 5.49.07 AMWikipedia
 
The name “fog” is new, but the general concept isn’t. It used to be called “distributed computing.”
 
「フォグ」という名前は新しいものだが、まだ、一般的には広まっていない。むしろ、以前から「分散コンピューティング」と呼ばれていたものだと、言ったほうが分かりやすいだろう。
 
Years ago, the now defunct company called Sun Microsystems even had a slogan “the network is the computer.” (Oracle bought Sun in 2010.)
 
今はなき Sun Microsystems (Oracle が 2010年に買収) が、いわゆる「ネットワークがコンピュータである」を、昔からスローガンにしていたことを思い出して欲しい。
 
When you talk to anyone in the cloud computing industry today, they’ll tell you that cloud is young and here to stay (and it is). Some believe it will stretch out in a linear line, growing endlessly bigger and more glorious over time.
 
もし、クラウド・コンピューティング業界の誰かと話すときがあれば、彼らは必ず、クラウドは若者であるが、ここに存在していると諭すであろう。そしてクラウドは、直線的に際限なく成長し、いずれは輝けるものになると、信じている人もいるのだ。
 
But that’s not how the computer industry typically works. It’s more like a spiral.
 
しかし、どのようにして、コンピュータ産業が機能するかという話は、そのシナリオに含まれていない。むしろクラウドは、この産業を急降下させているのだ。
 
The computing industry breathes in and out between centralized and distributed computing models: centralized (mainframes) turned into distributed (PCs and local computer servers, known as “client/server”), and have now become centralized again (cloud computing). So, next up would be distributed.
 
コンピューティングの業界は、集中と分散という、2つのコンピューティング・モデルの間で息継ぎをしてきた。まず、集中型 (メインフレーム) から、分散型 (PC とローカル・サーバーによる Client/Server) への移行があり、いまは集中型 (クラウド・コンピューティング) と戻っている。したがって、次は分散型へ揺り戻されるはずだ。
 
It does this because each model solves the problem created by the last model. Centralized computing allows you to maintain control and efficiently share computers, which lowers cost. But it can create bottlenecks as all apps rush to share the same computers. And it’s expensive to keep building more and bigger data centers.
 
このような現象が起こるのは、一方のモデルがもたらした問題を、もう一方のモデルが解決するからである。集中型のコンピューティングにより、共有コンピュータによる効率の向上が、低コストにより維持されていく。しかし、すべてのアプリケーションが、同じコンピュータを共有する状況が生じると、そこにボトルネックが生まれる。さらに言うなら、巨大なデータセンターを構築し、維持していくことは、膨大な費用を必要とする。
 
Iot_appsWikimedia
 
Decentralized allows you to run apps closer to the people using the apps so the apps perform better.
 
分散型は、デバイスを使用するユーザーの側で、対象となるアプリケーションを走らせるため、そのパフォーマンスが良くなる。
 
This could becomes very important as billions of devices join the internet as part of the “Internet of Things.” It can also be cheaper to shove a few computer servers in a room instead of building a big data center. But distributed computing can also create sprawl, get messy, and ultimately cost more.
 
Internet of Things の一部として、無数のデバイスがインターネットに参加するとき、このような考え方がきわめて重要になる。また、大規模データセンターを構築するのではなく、適切な場所に少数のコンピュータ・サーバーを配置することになるため、コストも安価になっていく。しかし、分散コンピューティングは、不規則で乱雑なものになるため、最終的にはコストを押し上げていく。
 
So fog computing could very well be the next thing.
 
したがって、次に来るものとして、フォグ・コンピューティングは相応しいのかもしれない。
 
Then again, there’s a rise of new technologies, like quantum computing, that could change everything and squash any tech based on the old ways to do things, including fog computing.
 
別の観点から見ると、たとえば量子コンピューティングのような、新しいテクノロジーの台頭がある。それらは、旧来からの手法によるテクノロジーを破壊し、すべてを刷新していく。その意味では、フォグ・コンピューティングの在り方にも、影響をおよぼすはずだ。
 
A horrible name
 
Whether fog thrives or dies, we can’t help point out the karmic implications in the name. “Fog computing” might be a cute play on the term “cloud computing”, but it also means: unclear, confusing, and fuzzy.
 
フォグの未来を占う上で、名前に含まれる因果関係は、なんの助けにもならないだろう。「フォグ・コンピューティング」は、「クラウド・コンピューティング」に引っ掛けた言葉遊びにも聞こえるが、不明確/混乱/曖昧といった意味も含んでいるのだ。
 
SEE ALSO: Microsoft just joined Facebook and fired a huge shot at Cisco
SEE ALSO: Cisco cofounder explains why CEO pay today is nuts
 
ーーーーー
IoTIoT を Fog を、集中と分散の観点から、そして業界内における経済の観点から分析していく、とても興味深い記事です。たしか、司馬遼太郎か陳舜臣だったと思いますが、中国は分散国家と中央集権国家の間を行き来してきたと、作品で説明していた記憶があります。その理由は、まさに、「一方のモデルがもたらした問題を、もう一方のモデルが解決する」からなのでしょう。そして、私たちの業界における経済ですが、IoT が注目を集め始めてからというもの、IT のリーチが格段に広がっていますよね。PC からスマフォの時代へとシフトしたことで、IT の裾野が大きく広がりましたが、今度は、コンシューマではなく産業へと広がっていくのでしょう。そんなことを、あれこれ考えていると、IoT と Fog は、ほんとうに面白いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
 

Comments Off on IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?

Google が抱く、クラウドへの大いなる野望とは?

Posted in Amazon, Google, IBM, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on May 11, 2016
Google’s Cloud Ambitions
by Felix Richter, Mar 24, 2016
https://www.statista.com/chart/4546/cloud-infrastructure-market-share-2015/
 
_ Statista
 
Google is a company that is used to winning. So many of the company’s products and services are industry-leading (think Search, Android, Maps or Gmail), that you have to think twice to find an industry in which Google is running behind. The cloud industry is one of these exemptions. In the past year, Google’s cloud infrastructure market share amounted to just 4 percent, trailing industry leader Amazon Web Services by a long shot, as our chart, based on Synergy Research data, illustrates.
 
Google は、勝ち慣れている企業である。同社における数多くのプロダクトとサービス(Search/Android/Maps/Gmail など)が、この業界をリードしている。しかし、Google が遅れを取っているセグメントについても、再考する必要があるだろう。つまり、クラウド・ビジネスは、そこから除外される事例なのだ。昨年のクラウド・インフラ市場おいて、Google のシェアはわずか 4% であるが、リーダーである Amazon Web Services を追いかけるという賭けに出ている。そのような状況を、Synergy Research のデータからチャートにしてみた。
 
chart_cloud_infrastructure_market_share_2015_n Click to Large >>> 
This chart shows worldwide cloud infrastructure market share for the Top 5 providers in 2015.
 
John Dinsdale, an analyst at Synergy Research Group, attributed Google’s weak position in the cloud industry at least partly to the company’s insufficient network of data centers. An issue that will now be addressed: By the end of 2017, Google plans to build 12 new data centers around the world to increase the global footprint of its Cloud Platform services, the company announced on Tuesday. After the expansion, Google’s Cloud Platform will be available in 15 regions across the globe – market leader Amazon Web Services covers 12 regions with plans for 5 more.
 
Synergy Research Group の Analyst である John Hinsdale は、以下のように述べている。クラウド・ビジネスにおける Google の弱点には、データセンターのネットワークが不十分だという問題点が、少なくともあるだろう。ただし、この問題への取り組みは、現時点で推進されているとのことだ。Google は 2017年の終わりまでに、新しいデータセンターを世界の 12ヶ所に構築する。それにより、Cloud Platform サービスの足場を固めていくと、同社は火曜日(3/22)に発表している。この拡張が行われると、Google Cloud Platform の利用が、世界の 15リージョンに広がるという。ちなみに、マーケット・リーダーである Amazon Web Services は、世界で 12リージョンをカバーし、さらに 5リージョンを追加するという。
 
Diane Greene, the recently appointed leader of Google’s cloud business, went on record at a press conference yesterday saying that her company is “dead serious” about the cloud business and willing to back up those ambitions with huge investments. According to Greene, Google invested nearly $10 billion of capital expenditures to build its cloud business in the past year alone.
 
つい先日に、Google におけるクラウド・ビジネスのリーダーに任命された Diane Greene は、3月23日のプレス・カンファレンスで、Google はクラウド・ビジネスに対して渾身の力で取り組み、その野望をバックアップするために、莫大な投資を実施していくと、公言している。Google はクラウド・ビジネスを強化するために、昨年だけで $10 billion もの資本を投下したと、Green は述べているのだ。
 
It’ll be interesting to see how the below chart will look a few years from now. A lot of heavyweights have thrown their hat in the ring and no one shows signs of backing away from the billion-dollar feeding frenzy that is the cloud market.
 
いまから数年後には、それにより達成される成果が、上記のようなチャートに反映されるはずだ。これまで、数多くの Google 幹部が参戦を表明しており、この広大な市場から離脱するという兆しを見せていない。それが、莫大な資金を必要とする、クラウドのマーケットなのだ。
 
ーーーーー
google-55aこのところ、Google がクラウド・サービスで攻勢に出ているようです。冒頭に、勝ち慣れている Google と指摘されていますが、たとえばソーシャルでは、そのような結果を出しているとは思えません。もちろん、サービスの方向性が大きく異なりますが、Google+ などの二の舞いにならずに、同社のクラウド・サービスには成長して欲しいと思います。つい先日に、Apple と Spotify が AWS から移行してきましたが、そのような成功事例が増えてくると、勢いもついてくるでしょう。この分野でも頑張って欲しいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ヨーロッパにおける Google の占有率: Search/Android/Chrome のシェア!
Android N の N は、Nutella の N : Chrome OS との統合は どうなる?
Alphabet と Google の傘下に収まる、すべての企業を、1枚の相関図にまとめてみた!
Google が OCP に参加した! ハードウェア産業におけるゲーム・チェンジが加速していく!
Google Docs の音声による操作/編集が可能になった! 日本語にも対応しているようだ!
 

Comments Off on Google が抱く、クラウドへの大いなる野望とは?

IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!

Posted in .Selected, Amazon, Cisco, Dell, Google, IBM, IoT, Microsoft, Oracle, Strategy by agilecat.cloud on May 10, 2016
Is Fog Computing The Next Big Thing In Internet of Things?
Janakiram MSV, Contributor – Apr 18, 2016
http://www.forbes.com/sites/janakirammsv/2016/04/18/is-fog-computing-the-next-big-thing-in-internet-of-things/#6e63e3d71be2
 
_ Forbes
 
One of the reasons why IoT has gained momentum in the recent past is the rise of cloud services. Though the concept of M2M existed for over a decade, organizations never tapped into the rich insights derived from the datasets generated by sensors and devices. Existing infrastructure was just not ready to deal with the massive scale demanded by the connected devices architecture. That’s where cloud becomes an invaluable resource for enterprises.
 
この数年において IoT はが勢いを得ているが、その要因としては、クラウド・サービスの台頭も挙げられる。M2M の概念は 10年以上も前から存在しているが、センサーやデバイスで生成されたデータセットから、リッチな洞察を取り出そうとする企業は存在しなかった。つまり、既存のインフラストラクチャは、コネクテッド・デバイス・アーキテクチャが要求するスケールに、対応するだけの準備を整えていなかったことになる。その一方で、クラウドが、エンタープライズのための貴重なリソースになり始めている。
 
Golden Gate BridgeFlickr
David Yu
 
With abundant storage and ample computing power, cloud became an affordable extension to the enterprise data center. The adoption of cloud resulted in increased usage of Big Data platforms and analytics. Organizations are channelizing every bit of data generated from a variety of sources and devices to the cloud where it is stored, processed, and analyzed for deriving valuable insights. The combination of cloud and Big Data is the key enabler of Internet of Things. IoT is all set to become the killer use case for distributed computing and analytics.
 
潤沢なストレージと充実したコンピューティング・パワーを提供することで、クラウドはエンタープライズのデータセンターを、手頃な価格で置き換える存在となった。そしてクラウドの採用により、Big Data のプラットフォームと分析システムが、とても使いやすいものになった。その結果、エンタープライズは貴重な洞察を導き出すために、さまざまなデバイスから生成された全データをクラウドへ向けて送り出し、そこで保存/処理/分析を行おうとしている。クラウドと Big Data の組み合わせは、IoT を実現するための重要な存在である。つまり IoT は、分散と分析のためのコンピューティングの、キラー・ユースケースになる準備を整えているのだ。
 
Cloud service providers such as Amazon, Google, IBM, Microsoft, Salesforce, and Oracle are offering managed IoT platforms that deliver the entire IoT stack as a service. Customers can on-board devices, ingest data, define data processing pipelines that analyze streams in real-time, and derive insights from the sensor data. Cloud-based IoT platforms are examples of verticalized PaaS offerings, which are designed for a specific use case.
 
Amazon, Google, IBM, Microsoft, Salesforce, and Oracle などのクラウド・サービス・プロバイダーたちは、IoT Stack as a Service を提供するための、マネージド IoT プラットフォームを提供している。顧客たちは、それらのサービスにデバイスを組入れ、データの取得と処理のためのパイプラインを定義し、センサー・データから洞察を得るための、リアルタイムなストリーム分析を実現していく。つまり、クラウド・ベースの IoT プラットフォームは、特定のユースケースのためにデザインされた、垂直型 PaaS の一例となる。
 
While cloud is a perfect match for the Internet of Things, not every IoT scenario can take advantage of it. Industrial IoT solutions demand low-latency ingestion and immediate processing of data. Organizations cannot afford the delay caused by the roundtrip between the devices layer and cloud-based IoT platforms. The solution demands instant processing of data streams with quick turnaround.
 
クラウドは IoT と完璧にマッチするが、すべての IoT シナリオが、必ずしも活用できるものではない。産業用の IoT ソリューションが要求するのは、低レイテンシによるデータの取得と、データの即時的な処理となる。そして、この種のソリューションでは、デバイスのレイヤと、クラウド・ベース IoT プラットフォームの間で生じる、ラウンドトリップによる遅延が許されない。つまり、迅速に機能するデータストリームの、即時的なプロセスが要求されるのだ。
 
For example, it may be too late before the IoT cloud shuts down an LPG refilling machine after detecting an unusual combination of pressure and temperature thresholds. Instead, the anomaly should be detected locally within milliseconds followed by an immediate action trigged by a rule. The other scenario that demands local processing is healthcare. Given the sensitivity of data, healthcare companies don’t want to stream critical data points generated by life-saving systems. That data needs to be processed locally not only for faster turnaround but also for anonymizing personally identifiable patient data.
 
たとえば、LP ガスのシステムにおいて、圧力と温度のしきい値に異変を検知した後に、IoT クラウドが再充填マシンをシャットダウンするのでは、遅いのだ。その代わりに、ローカルにおいてミリ秒内で異変が検出され、何らかのルールが迅速にアクションを起こす仕組みが必要になる。こうしたローカル処理が要求される、もう一方のシナリオはヘルスケアである。ヘルスケア企業におけるデータの機密性を考えると、救命システムから生成された重要なデータを、ストリーミングするという選択はあり得ない。それらのデータは、ローカルで処理される必要があるが、その理由としては、ラウンドトリップの排除だけではなく、患者を特定できるデータの匿名化というニーズもあるだろう。
 
Fog_Cloud
Source: Cisco
 
The demand for distributing the IoT workloads between the local data center and cloud has resulted in an architectural pattern called Fog computing. Large enterprises dealing with industrial automation will have to deploy infrastructure within the data center that’s specifically designed for IoT. This infrastructure is a cluster of compute, storage, and networking resources delivering sufficient horsepower to deal with the IoT data locally. The cluster that lives on the edge is called the Fog layer. Fog computing mimics cloud capabilities within the edge location, while still taking advantage of the cloud for heavy lifting. Fog computing is to IoT what hybrid cloud is to enterprise IT. Both the architectures deliver best of both worlds.
 
ローカル・データセンターとクラウドの間に IoT ワークロードを分配するという要求から、Fog コンピューティングと呼ばれるアーキテクチャ・パターンが生まれた。産業用のオートメーションを取り扱う大企業は、IoT のために特化されたデータセンター内に、自身のインフラストラクチャを展開する必要がある。このようなインフラストラクチャは、コンピューティング/ストレージ/ネットワークで構成されるリソースのクラスタであり、IoT データをローカルで処理するだけの、充分なパワーを必要とする。このような、エッジに展開されるクラスタを、Fog レイヤと呼ぶ。このエッジ・ロケーションにおいて、クラウドの機能を模倣する Fog コンピューティングが、重労働にも耐えうるクラウドという、新しいメリットを生み出す。つまり、Fog コンピューティングと IoT の関係は、Hybrid クラウドとエンタープライズ IT の関係に近いものとなる。いずれのアーキテクチャも、それぞれの世界に長所をもたらす。
 
Fog_Computing_Layers
Source: Cisco
 
Cisco is one of the early movers in the Fog computing market. The company is credited with coining the term even before IoT became a buzzword. Cisco positioned Fog as the layer to reduce the latency in hybrid cloud scenarios. With enterprises embracing converged infrastructure in data centers and cloud for distributed computing, Cisco had vested interest in pushing Fog to stay relevant in the data center. Almost after five years of evangelizing Fog computing with little success, Cisco finally found a legitimate use case in the form of IoT.
 
Cisco は、Fog コンピューティング市場へと向けて、最も早く動き出した一社である。同社は、IoT がバズ・ワードになる前から、この用語を広めてきた企業でもある。Cisco は、ハイブリッド・クラウド・シナリオのレイテンシを削るレイヤとして、Fog コンピューティングを位置付けている。Cisco は、コンバージド・データセンターのインフラおよび、分散コンピューティングのためのクラウドを採用する企業と協調しようとしている。そして、それらのデータセンターを構成するために、Fog をプッシュする存在だと認識されている。これから 5年の間に、Fog コンピューティングを広め、いくつかの成功を収めれば、Cisco は IoT を形作るための、理にかなったユースケースを見出していくだろう。
 
Fog_Architecture
Source: Cisco
 
In November 2015, leading vendors in the space of infrastructure and cloud formed an industry body called the OpenFog Consortium. According to the official website, the mission of the consortium is to drive industry and academic leadership in fog computing architecture, testbed development, and a variety of interoperability and composability deliverables that seamlessly leverage cloud and edge architectures to enable end-to-end IoT scenarios.
 
2015年11月のことだが、インフラストラクチャとクラウドを促進する大手ベンダーたちが、OpenFog Consortium という業界団体を結成した。そのオフィシャル・サイトによると、Fog コンピューティングにおけるアーキテクチャの作成や、テストベッドの開発、多様な相互運用と構成能力などについて、産業界と研究者たちをリードしていくことが、このコンソーシアムの使命となる。それにより、クラウドとエッジのアーキテクチャをシームレスに活用し、エンド-to-エンドの IoT シナリオを実現していくという。
 
ARM, Cisco, Dell , Intel, Microsoft, and Princeton University are the founding members of the OpenFog Consortium. Except Princeton University, which is chartered with the academic outreach, all other members of the consortium have a solid business interest in making Fog computing mainstream. ARM is making inroads into the data center and edge computing by offering affordable processing power. It is aiming to power IoT Gateways that are designed to manage local sensor networks. After acquiring WindRiver and McAfee, Intel has become a key contender in the IoT Gateway market. Dell is building purpose-built IoT Gateways powered by Intel processors. Of course, Cisco is trying to be in the forefront of the new paradigm. With the recent acquisition of Jasper, the company is hoping to capture significant market share.
 
ARM/Cisco/Dell/Intel/Microsoft/Princeton University が、OpenFog Consortium の創設メンバーである。アカデミックな世界へとリーチしていく Princeton University を除いたメンバーたちは、Fog コンピューティングを主流とするビジネスに、強い関心を持つ企業である。ARM は、手頃な処理能力を提供することで、データセンターとエッジ・コンピューティングへの進出を図っている。そして、IoT Gatewey にパワーを供給することで、ローカル・センサー・ネットワークを管理しようとしている。WindRiver と McAfee を買収した Intel は、IoT Gateway マーケットにおける本命である。Dell が構築した独自の IoT Gateway は、Intel のプロセッサを搭載している。もちろん Cisco も、この新しいパラダイムの最前線に立とうとしている。そして、先日に Jasper を買収したことで、大きなマーケット・シェアの獲得を目論んでいる。
 
Microsoft has more than one reason to be a part of the OpenFog Consortium. Windows 10 IoT Core is evolving fast to become the choice of embedded OS for IoT Gateways and high-end devices. With its support for ARM and Intel, Microsoft is aggressively pushing Windows 10 as the OS of IoT. Azure IoT is one of the leading enterprise IoT cloud platforms, which has all the essential building blocks for delivering a robust solution. With Windows 10 IoT Core in the Fog layer and Azure IoT in the cloud, Microsoft is hoping to dominate the market.
 
Microsoft が OpenFog Consortium に参加した背景には、複数の理由がある。Windows 10 IoT Core は、IoT Gateway と ハイエンド・デバイスのための、組み込み OS の候補になるべく、素早く進化している。Microsoft は ARM と Intel をサポートすることで、IoT 用の OS としての Windows 10 を積極的にプッシュしている。Azure IoT は、エンタープライズ IoT クラウド・プラットフォームの代表格でもあり、堅牢なソリューションを提供するために必要な、すべての基本的なビルディング・ブロックを有している。Microsoft は、Windows 10 IoT Core を Fog レイヤに、そして、Azure IoT クラウドに置くことで、このマーケットの支配を狙っている。
 
OpenFog Consortium has pledged to work with existing industry bodies such as IIC, OCF, OpenFV, and MEC. On April 12, 2016, GE Digital, Schneider Electric, and IEEE joined the consortium’s board of directors. OpenFog also found its first member in Asia, SAKURA Internet, which is chartered to drive the momentum in Asia Pacific as Japan.
 
OpenFog Consortiumは、IIC/OCF/OpenFV/MEC といった、既存の業界団体との協調を約束している。そして、2016年4月12日には、GE Digital/Schneider Electric/IEEE が、このコンソーシアムのボード・メンバーとして参加した。また、Asia からの最初のメンバーとして SAKURA Internet が参加し、Japan から Asia Pacific での活動を推進する役割を担っている。
 
To meet its goal, the OpenFog Consortium has to invest in reference architectures, developer guides, samples, and SDKs to articulate the value of Fog computing to developers and IT teams. They are critical for the success of this new initiative. Fog computing, along with the cloud, will accelerate the adoption of IoT in the enterprise.
 
OpenFog Consortium は、その目標を達成するために、リファレンス・アーキテクチャや、デベトッパー・ガイド、サンプル、SDK に投資していく。それにより、デベロッパーや IT チームに対して、Fog コンピューティングの価値を明確に示していくという。この新しい試みを成功させるには、上記の活動が欠かせないはずだ。Fog コンピューティングは、クラウドと連携することで、エンタープライズにおける IoT の採用を加速していく。
 
ーーーーー
IoT最近になって、IoT におけるエッジやフォグを、丁寧に解説してくれる記事が目に付くようになりました。これまでは、必要なのだろうとは思えても、具体的なイメージが掴めなかったフォグ・コンピューティングですが、この記事を訳してみて、多少なりとも理解が進んだように感じています。まだまだ、分からないことだらけなので、この種の記事を、これからも追いかけていきたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
 

Comments Off on IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!

Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

Posted in .Selected, Amazon, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce, Strategy by agilecat.cloud on January 14, 2016
Microsoft Charts Highest Cloud Platform Revenue Among Enterprise Rivals: Forrester
WSJ – Oct 13, 2015
http://blogs.wsj.com/cio/2015/10/13/microsoft-charts-highest-cloud-platform-revenue-among-enterprise-rivals-forrester/
 
_ WSJ
 
Enterprise software giants vying for a piece of the cloud platform market still have a ways to go to catch Microsoft Corp.in terms of cloud revenue, according to a new report by Forrester Research Inc.
 
Forrester Research Inc によると、Cloud Platform の一点で競い合おうとするエンタープライズ・ソフトウェア・ジャイアントたちは、クラウドからの収益という視点において、依然として Microsoft を追いかける術を有していることになる。
 
That’s largely thanks to a head start Microsoft got by investing early in cloud technology and a partner ecosystem – unveiling its first public cloud back in 2008, the report said.
 
2008年のことだが、Microsoft はパブリック・クラウドを発表し、クラウド・テクノロジーとパートナー・エコシステムに投資する方向へ大きく舵を切ったことで、そこからの成果を得ていると、このレポートは述べている。
 
Cloud Revenue of 7 ProvidersClick to Large >>> 
 
The report compares cloud market penetration by Microsoft, to that of International Business Machines Corp., SAP SE and Oracle Corp.
 
このレポートは、Microsoft のクラウド市場への浸透の仕方を、IBMSAPOracle などと比較するものである。
 
But with the cloud market heating up, these relative newcomers are using licensing deals, renewal-agreement discounts and other incentives to lure their enterprise customers to the cloud. CIOs need to be vigilant, market analysts say.
 
これらの遅れて登場してきたジャイアントたちは、クラウド市場のヒートアップに便乗するわけでもなく、ライセンス/契約更新/契約割引といったインセンティブを用いて、企業顧客をクラウドへと誘おうとしている。したがって、CIO たちはは警戒すべきだと、マーケット・アナリストたちは発言している。
 
Through Azure, Microsoft’s main cloud-computing platform, the company is expected to take in roughly $1.5 billion in cloud-platform revenue, according to Forrester’s estimates for 2015 revenues among enterprise-software firms, based on earnings releases and briefings from vendors.
 
Microsoft は Azure (同社におけるメインのクラウド・コンピューティング・プラットフォーム) を介して、Cloud Platform での収益を $1.5 billion ほどに引き上げたとされる。この予測は、Forrester の 2015 Revenues Among Enterprise-Software という、ベンダーからのリリースや説明会での発言などをベースにしたものである。
 
Oracle – Microsoft’s nearest competitor among big enterprise-software firms – is expected to reap $757 million, followed by IBM at $600 million, the report said. That figure does not include the $700 million cloud deal, announced Tuesday, between IBM and Abu Dhabi’s Etihad Airways.
 
そして、Oracle (エンタープライズにおける Microsoft の最大のライバル) は $757 million を手にし、そこに $600 million の IBM が続くと、このレポートは述べている。ただし、この数字には、最近になって Abu Dhabi の Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million のクラウド契約が含まれていない。
 
Increased adoption of cloud products helped boost SAP’s third-quarter operating income by 5%, the company reported this week.
 
SAP においては、クラウド・プロダクツの採用が、2015年 Q3 の営業利益を 5% ほど高めたと、この 10月に同社は公表している。
 
All companies lag cloud market leader Amazon Web Services, with cloud platform revenue expected to hit $6 billion in 2015.
 
ただし、それら、すべての企業は、2015年には Cloud Platform の収益が $6 billion に達すると予想される、クラウド・リーダー Amazon Web Services に遅れをとっている。
 
Software vendors’ strategies vary, the report says, depending on whether their clouds are designed to handle existing apps or apps built for a given platform. Microsoft and IBM, through its Bluemix platform, are focused on providing firms with brand new apps, such as Office 2016. By contrast, Oracle and SAP are focused on re-hosting and extending existing apps, in a bid to help customers transition their current systems to the cloud, the report says.
 
各ソフトウェア・ベンダーの戦略は、既存のアプリケーションや、特定プラットフォームを前提に構築されたアプリケーションに対して、それらのクラウドが、どのようにデザインされているかにより、大きく異なってくると、このレポートは述べている。Microsoft と IBM は、後者の Bluemix プラットフォームを介して、Office 2016 といった新しいブランドのアプリを、ユーザー企業に提供しようとしている。それとは対照的に Oracle と SAP は、現状のシステムからクラウドへと移行しようとする、ユーザー企業への入札において、既存アプリケーションの拡張もしくは再ホスティングを提案することにフォーカスしていると、このレポートは述べている。
 
Recent cloud spending reports show what’s at play as more companies dedicate IT spending to the cloud. Research firm IDC expects total cloud IT infrastructure spending – including servers, storage and Ethernet switch – to grow by 26.4% in 2015, reaching $33.4 billion, while spending on non-cloud IT infrastructure remains flat at $67 billion. Similarly, a Goldman Sachs study earlier this year forecast spending on cloud computing infrastructure and platforms to grow at a compound annual rate of 30% from 2013 through 2018, compared to 5% growth in spending on overall enterprise IT.
 
最近のクラウド支出に関するレポートは、より多くの企業における IT 支出が、クラウドに振り向けられているという状況を示している。調査会社 IDC は、サーバ/ストレージ/スイッチなどを含む、トータルでのクラウド IT インフラ支出が、2015年は 26.4% の成長を示し、$33.4 billion に至ると予測している。そして、非クラウドの IT インフラは、$67 billion の横ばいであるとしている。それと同様に、今年の初めに Goldman Sachs が実施した調査では、クラウド・コンピューティングのインフラとプラットフォームに費やされる対価は、2013年〜2018年で 30% の年率成長が見込まれるとしている。それは、5% と言われる、企業全体の IT 支出成長率と比べて、きわめて速いスピードを示している。
 
As the market heats up cloud provides like Oracle and SAP are offering attractive terms to entice businesses to migrate from on-premise systems, says Gartner analyst Lori Samolsky.
 
このマーケットがヒートアップするにつれて、Oracle や SAP のようなクラウド・プロバイダーたちは、オンプレミス・システムからの移行を検討する企業に対して、魅力的な条件を提供し始めているように思えると、Gartner のアナリストである Lori Samolsky は述べている。
 
“There is much more emphasis on cloud deals right now,” Ms. Samolsky says. She says CIOs need to careful about signing on for discounts and price protections for cloud services that may not carry over for renewals down the road.
 
Forrester の Ms. Samolsky は、「いまは、クラウド対応が、強調されすぎている」と述べている。将来の更新において継続されない可能性のある、クラウド・サービスの価格保護やディスカウントを促す契約書について、CIO たちは注意してサインすべきだと、彼女は述べている。
 
ーーーーー
research_55昨年末に、2015年のクラウド収益について調べていたときに、見つけ出したポストです。文中のチャートでは、Apps Revenues/Cloud Business Service Revenues/Cloud Platform Revenues/Cloud Related Services というふうに、クラウドに収益が分類されていますが、この記事で注目しているのは、AWS が突出している Cloud Platform Revenues であり、それは IssS/PaaS のことを指しているのでしょう。さらに、Salesforce と Microsoft のチャートを見れば明らかですが、薄い水色の Apps Revenues は SaaS のことを指していると推測できます。
 
全体の論旨ですが、Microsoft に関しては、クラウドに適合したビジネス・モデルへの転換が完了したが、Oracle/IBM/SAP は転換の途上にあり、それを急げと言っているように聞こえます。また、ユーザー企業へ向けては、そのような状況を考慮して契約せよと、ちょっと辛口のサゼッションを与えています。文中で例としてあげている、Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million というクラウド契約自体が、かなりの比率で Cloud Related Services を含んでいるのだと推測できます。
 
2014-cloud-market-chartなお、この Top-7 のクラウド総売上ですが、ざっと計算したところで $35 billion ほどになります。1月12日に NTT Com の林雅之さんが、Synergy Research のデータを引用して、2015年のクラウド業界総売上を $110 billion と解説していましたが、こちらの記事で引用している Forrester のデータと、矛盾は無いように思えます。なお、この後書きのチャートは、2015年2月にポストした「2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場」というコンテントに含まれるものです。それにしても、大きな市場へと成長したものです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
クラウド と 経費:ワン・ストップとマルチ・プロバイダーでは、こんなにもコストが違う!
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
ディジタルに育てられた世代が、この地球を 引き継ぐ 2015年を振り返る
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
 

Comments Off on Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実

Posted in IBM, IoT, On Monday by agilecat.cloud on July 13, 2015
Internet of Things (IoT): Less Than 10 percent of Mobile and IoT data is ever Analyzed or Acted on
By Formtek
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-less-than-10-percent-of-mobile-and-iot-data-is-ever-analyzed-or-acted-on/
_ formtek
The IoT market is expected to grow rapidly.  IDC estimates that it currently is growing at a rate of 13 percent annually, growing from a value greater than $1.3 trillion this year to more than $3.04 trillion in 2020.  Today there are roughly 9 billion IoT devices installed, and by 2020 that number is expected to rise to 28 billion.
 
IoT マーケットは、急速に成長すると予想されている。IDC の推定によると、その年間成長率は 13% となり、また、市場規模で言うと 2015年の $1.3 trillion が、2020年には $3.04 trillion に至るとされる。そして、現時点で約 90億の IoT デバイスが存在するが、2020年には 280億に達するらしい。
 
Seurat_10But a challenge has to do with how IoT and mobile device data can be effectively used.  IBM estimates that 90 percent of the data generated by IoT/mobile devices is never analyzed or acted on.  Much of the data is realtime and estimates are that 60 percent of this kind of data begins to lose data within just milliseconds after being created.
 
しかし、課題として取り組むべきものに、IoT/Mobile デバイスからのデータの、有効利用という視点がある。IBM の推定によると、IoT/Mobile デバイスが生成したデータの約 90% が、分析されることもなく、活用されることもなく、廃棄されていくという。この種のデータは、その大半がリアルタイムなものであり、さらに言えば、その 60% のデータが、生成された数ミリ秒以内に失われていくという。
 
Bob Picciano, senior vice president of IBM Analytics, said that “our knowledge of the world grows with every connected sensor and device, but too often we are not acting on it, even when we know we can ensure a better result…  [IoT] is a rich and broad-based opportunity where innovation matters.”
 
IBM Analytics の Senior VP である Bob Picciano は、「この世界において、私たちが手にする知識とは、すべての接続されたセンサーやデバイスにより成長していく。しかし、それらを活用しないケースが、あまりにも多すぎるのだ。それが出来るなら、より良い成果が約束されているのだ・・・ つまり、イノベーションが起きるところでは、広範囲におよぶリッチなチャンスを、IoT がもたらすことになる」と述べている
 
A statement from IBM said that up until now the IoT market has been relatively small because it has been too expensive for businesses to tap into.  Developments in cloud, mobile and APIs are expected to lower the cost of entry and enable growth in the market to explode.
 
IBM のステートメントは、企業が IoT を活用しようとしても、あまりにも大きなコストが生じるため、相対的に小規模なものになっていると伝えている。そして、Cloud/Mobile/API を用いた開発が、その参入障壁を引き下げ、また、マーケットの爆発的な成長を実現すると期待されている。
 
ーーーーー
On Mondayそのデータは大量であり、かつ、リアルタイム性を帯びたものになる、というのが IoT なのでしょうね。したがって、Big Data といっても、すべてを Hadoop 系のもので処理できるわけではなく、なんらかの、新しい方式が必要になるのでしょう。 先週にポストした、Snoeflake という Data Warehousing サービスが、Hadoop の排除を特徴としてプッシュしているのが、とても気になっています。そして、ネットワークとデータ処理を、シームレスに接続するという観点では、おそらく、お手本となるものを、Google が提示するのでしょう。 Google Now が提供する音声認識の精度と速度が、その可能性を示しているように思えるのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!
Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?

Comments Off on IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実

%d bloggers like this: