Agile Cat — in the cloud

Data Security の調査: サービス・プロバイダーが暗号化に走るのは、政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?

Posted in Government, On Monday, Privacy, Security by agilecat.cloud on July 11, 2016
Data Security: Tech Businesses Adopt Encryption to Avoid Government Requests
Dick Weisinger – July 6th, 2016
http://formtek.com/blog/data-security-tech-businesses-adopt-encryption-to-avoid-government-requests/
_ formtek
Free email.  Free chat.  Free online storage.  Consumers have had a lot of free online services available.  But the tradeoff is that the information was also available to the vendor hosting or enabling the free use of that data.  Business like Google, Facebook and Microsoft have learned who you are and what you do, and most of all, how best to present advertising to you.  It’s the revenues that these companies generate from advertising after all that enable them to offer up free services.
 
無料のメールに、チャットに、オンライン・ストレージ。 コンシューマたちが利用できる、たくさんのフリー・オンライン・サービスが提供されている。しかし、ユーザーをホスティングするプロバイダーも、トレードオフとして、それらのデータを利用している。Google や、Facebook や、Microsoft などは、あなたが誰であり、何をしたいのかを学習し、あなたにとってベストな広告を提供しようとする。つまり、それらのプロバイダーは、無料のサービスを提供した後に、広告から発生する収益を得ていくのである。
 
Klimt_4But increasingly government agencies are trying to get access to the troves of data collected or managed by these companies.  There has been increasing publicity of cases where businesses have been asked to provide the government information.  Whether they have cooperate or resist, there are often legal fees and unwanted publicity.
 
そして政府機関も、それらのプロバイダーが収集/管理するデータに対して、アクセスを取得しようとしている。実際のところ、それらの情報を提供するよう、政府が企業に要求するという事例が増加している。企業として、協力するにしても、抵抗するにしても、大半のケースで必要となるのは、不要なはずの情報公開であり、また、弁護士に対する費用である。
 
On the defense, many businesses are deciding that the best option for them is to keep access to as little as possible of the information which pass through their services.  They see encryption as a way for them to extract themselves from legal problems.  If data is encrypted by the customer using keys not available to the service provider, the service provider would then no longer control access to sensitive information and be the target of government demands.  This would include securing services like storage, email and chat with encryption.
 
企業にとって、防衛するための最良の選択肢は、それらのサービスを通過する情報へのアクセスを、可能な限り少なくすることだとされる。つまり、法的な問題から、プロバイダーとしての立場を回避する方法として、暗号化が有益だとみなされているのだ。もし、ユーザーによりデータが暗号化され、サービス・プロバイダーに鍵がなければ、もはやセンシティブな情報に対して、サービス・プロバイダーはアクセスを失い、また、政府からの要求も生じなくなる。その対象には、暗号化を用いるメール/チャット/オンライン・ストレージといった、セキュアなサービスも含まれるだろう。
 
Larry Gadea, founder and chief executive of Envoy, said that “we have to keep as little [information] as possible so that even if the government or some other entity wanted access to it, we’d be able to say that we don’t have it… For a small startup trying to iterate quickly, it definitely slows things down.  But in the long run, it’s a competitive advantage and it reduces risk on our company. I can sleep better at night.”
 
Envoy の CEO である Larry Gadea は、「私たちは、保持する情報を、可能な限り少なくする必要がある。そうすれば、政府の機関などがアクセスを望む場合であっても、あなた方が必要とする情報は無いと言い返せるだろう。サービスの更新サイクルを高めたい、小規模なスタートアップにとって、そのような措置はスピードを奪うものとなる。しかし、長期的に考えてみると、それにより競争上の優位性が確立され、また、リスクの低減にもつながるはずだ。間違いなく、夜もぐっすり眠れるようになる」と述べている
 
Facebook’s WhatsApp, the Viper messaging app in Europe, Cloudera and Box have all added end-to-end encryption options that enable customers alone to be able to access data that is stored and transmitted with these services.
 
Facebook の WhatsApp や、Europe の Viper、そして Cloudera や Box などは、End-to-End の暗号化オプションを追加している。つまり、それらのサービスに保存されるデータや、そこから送信されるデータにアクセスできるのは、ユーザーだけに限定されるようになるのだ。
 
Marc Andreessen in a recent interview with the Washington Post, said that “engineers are not inherently anti-government, but they are becoming radicalized, because they believe that the FBI, in particular, and the U.S. government, more broadly, wants to outlaw encryption.”
 
Marc Andreessen は Washington Post のインタビューで、「エンジニアたちは、政府に対して本質的に対抗するものではないが、その考え方を改めつつある。なぜなら、政府や FBI などが暗号化の禁止について、より広い範囲で求めていると、エンジニアたちが確信しているからだ」と、以前に述べていた。
 
ーーーーー
On Monday6月30日の Wired に、「渡米するのに SNS アカウントの提出が必要になるかもしれない」という記事がポストされていましたが、テロや犯罪の防止/調査のために、それぞれの政府が一番に必要とするのは、個人の履歴が残されているオンライン上のデータとなるのでしょう。そして、さまざまなプロバイダーたちが、暗号化へと進んでいくのは、セキュアなサービスを提供するだけではなく、政府機関からの要請に対して、自身の負荷を軽減するという意味もあるのですね。インターネットにおける個人と政府の関係は、なかなか落とし所が得られない、永遠のテーマなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
nternet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
 

Comments Off on Data Security の調査: サービス・プロバイダーが暗号化に走るのは、政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?

クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Posted in .Selected, Asia, Government, Research, Strategy by agilecat.cloud on May 24, 2016
Hong Kong overtakes Japan as most mature Asia Pacific cloud nation
James Bourne – 28 April 2016
http://www.cloudcomputing-news.net/news/2016/apr/28/hong-kong-overtakes-japan-most-mature-asia-pacific-cloud-nation/
 
_Cloud_Tech
 
Hong Kong is the most ‘cloud-ready’ Asia Pacific nation with an overall ranking higher than that of the US and UK, according to the latest analysis from the Asia Cloud Computing Association (ACCA).
 
Asia Cloud Computing Association (ACCA) の最新調査によると、Asia Pacific で最もクラウドに対応している国は Hong Kong であり、グローバル・ランキングでも US と UK を上回る結果となった。
 
hong-kongImage – Pixabay
 
Japan, previously the leader, moved down four places to #5 in the chart with an overall score of 73.0 compared to Hong Kong’s 78.1, with the latter scoring top markets in broadband quality, privacy, and data centre risk. Singapore (76.7), New Zealand (74.4) and Australia (73.2) comprised the top five, with the other categories focusing on sustainability, cybersecurity, government and regulation, intellectual property, business sophistication and freedom of information.
 
前回はリーダーだった Japan は、4つもポジションを落とし 5位となったが、そのスコアは 73.0 であり、Top である Hong Kong の 78.1 に差をつけられている。Hong Kong がスコアを稼いだのは、Broadband Quality/Privacy/Data Centre Risk の各項目となっている。Top-5 を構成しているのは、Singapore (76.7)/New Zealand (74.4)/Australia (73.2) となっている。なお、その他の項目としては、Sustainability/Cybersecurity/Government and Regulation/Intellectual Property/Business Sophistication/Freedom of Information などが採点の対象となっている。
 
Looking at the other countries, there was minimal change, with the likes of Malaysia, the Philippines and Thailand only moving one place up or down over the past year. South Korea, a certainly developed market and the second most cloud ready Asia Pacific nation in 2012, has dropped into mid-table obscurity with an overall position of #7 in 2016. The researchers argue the scoring “reflects the fact that South Korea has been moving slowly in the development of its infrastructure for cloud service[s] in the past few years.” However, ACCA did praise the “strong showing” in South Korea’s government initiatives.
 
その他の国々を眺めてみると、Malaysia/Philippines/Thailand などのランキングが動いているが、その変化の幅は最小である。South Korea は、2012年の調査で 2位となったように、クラウド先進国として認識されているが、この 2016年の調査では 7位という中断に沈み込んでいる。研究者たちは、「この数年における South Korea が、クラウド・サービスのためのインフラ開発で、遅れを取ったことを反映している」と主張する。ところが、ACCA は、South Korea 政府の取り組みに賛意を示すという、認識の違いが現れている。
 
ACCA ChartClick to Large >>> 
At the bottom of the table, Vietnam finished last on 44.0 points overall, with China surprisingly slipping into the relegation zone on 45.4 points. China achieved the lowest score on a single metric, a measly 1.6 out of 10 on internet connectivity, with India (1.7 and #12 overall) and Indonesia (1.8, #11) faring similarly poorly.
 
ランキングの下位においては、Vietnam が 44.0 ポイントで最下位だが、驚くべきことに 45.4 ポイントの China が降格している。China の場合は、Internet Connectivity の項目が 1.6 ポイントと最下位であるが、この項目では、全体で 12位の India も 1.7 ポイント、11位の Indonesia も 1.8 ポイントと振るわない。
 
This publication has in the past explored the cloud computing acumen of both China and India, with the former, back in 2013, noting evident weaknesses but expecting them to be overcome in time. Despite the report focusing more on natural resources – arguing China will naturally struggle in terms of sustainability and data centre due to vunerability for natural disasters – the result is particularly surprising given the amount of investment that has been made by major vendors in the country. According to a report from China Daily earlier this week, Microsoft announced it now has more than 65,000 corporate clients in China, raging the fuels of fire against Amazon Web Services (AWS), which has data centres in the country, and local vendor Alibaba Tencent.
 
この公開文献の以前のバージョンでは、China と India のクラウド・コンピューティングについて洞察がなされている。2013年バージョンでは、China の明白な弱点が指摘されていたが、時間の経過とともに克服されると予測していた。このレポートでは、豊富な天然資源が注目されていたのだが、自然災害への脆弱性に起因する、データセンターなどの持続性という面で苦労すると指摘されていた。その結果として、国内の主要ベンダーたちが、驚くべき規模の投資を行ってきたという経緯がある。また、今週の China Daily がレポートしたところによると、すでに Microsoft は、65,000以上のユーザー企業を、China 国内で獲得したと述べている。そして、China 国内にデータセンターを所有する Amazon Web Services(AWS)や、ローカル・ベンダーである Alibaba および Tencent に対して、凄まじい勢いで戦いをしけかけている。
 
Overall however, the prognosis is more than adequate for the Asia Pacific region. “The results put Asia in a very strong position to lead the next wave of global innovation and technology,” said ACCA chairman Bernie Trudel. “The next phase for markets is to put in place strong forward-looking policies which enable international data transfers, and address cybersecurity and privacy concerns from consumers and business.”
 
そして、全体的に見れば、この調査結果は、Asia Pacific 市場を占う上で、充分なものとなっている。ACCA の Chairman である Bernie Trudel は、「この結果は、グローバルにおけるイノベーションとテクノロジーをリードするという意味で、Asia の力強いポジションを示している。このマーケットは、次の段階においても、前向きなポリシーを力強く実践していくだろう。具体的に言うと、インターナショナルなデータ転送および、企業と消費者のためのサーバー・セキュリティとプライバシーへの取り組みが課題となる」と述べている。
 
The report, which has been produced annually for the past several years, reflects the maturation of cloud globally in terms of its content, and for the first time compared its Asia Pacific metrics with other cloud markets, developed or otherwise. The association sees the UK as having an overall score of 75.7, which would put it in third place overall, and surprisingly the US with 71.6, putting it in fifth place.
 
この年間ポートは、数年間前から継続して提供されており、グローバルにおけるクラウドの成熟度を反映するコンテントを目指している。そして、先進国と途上国で構成される他のクラウド市場と、Asia Pacific 市場を比較するための指標を提供している。ACCA は、UK のポイントを 75.7 とし、グローバルにおける 3位のポジションを与えている。そして、驚くべきことに、US のポイントは 71.6 であり、5位のポジション(7位の間違い?)に甘んじている。
 
You can download the full report (no registration required) here.
 
ーーーーー
asia-pacific 2日本がアジアの 5位というのは、ちょっと悲しい気がしますが、グローバルで見ると、日本より上位に来るのはドイツとイギリスだけとなります。つまり、グローバルにおける日本のポジションは 7位であり、アメリカは 8位です。それだけ、アジアのレベルが高いということであり、悲観するほどのものではないとも思えてきます。各項目別に見ると、日本のポイントが低いのは、Intenational Connectivity の 3.9p であることが分かります。ちなみに、その項目のトップは香港の 8.1p であり、中国本土とのゲートウェイとして機能している、同国の強みが現れています。末尾に、このレポートの DL 先が記されていますので、ご興味のある方は、ぜひ ご参照ください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B へ成長:成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: グレート・ファイヤーウォールの弱点が見えてきた!

Posted in .Chronicle, Asia, Google, Government by agilecat.cloud on May 17, 2016
Google scales the Great Firewall, falls off 105 minutes later
Erik Crouch – Mar 28, 2016
https://www.techinasia.com/google-china-censorship-firewall-march-2016
 
_ tech in asia
 
Citizens of mainland China unexpectedly found themselves with unfettered access to Google search late last night, commencing a golden age of censorship-free searching that lasted all of 105 minutes.
 
3月27日の深夜に、China 本土の人々が、Google 検索を自ら探し出し、フィルタのかかってないエンジンに、自由なアクセスするという事件が起こった。突然のことだが、検閲されないゴールデン・タイムが始まり、それは 105分間ほど続いた。
 
Google-in-ChinaWelcome to the land where Google no longer exists.
 
For the duration of the film Edward Scissorhands, lasting from 11:30pm on Sunday to 1:15am on Monday morning, Google’s search – but not other services like Gmail or Youtube – was unblocked, according to the South China Morning Post.
 
South China Morning Post によると、Edward Scissorhands という映画を彷彿させる時間帯は、日曜日の夜の 11時30分から、月曜日の朝の 1時15分まで及んだようだ。ただし、アクセスできたのは Google 検索のみであり、Gmail や YouTube などのサービスはロックされたままだったという。
 
This isn’t the first time that holes have appeared in China’s Great Firewall – or the first time they’ve been hastily filled in.
 
ただし、China Great Firewall に穴が開き、慌てて修復されたのは、初めてのことではない。
 
A welcome accident
 
When a blocked website unexpectedly slips China’s internet filter, it can usually be explained in two ways: either the Great Firewall changed, or the website did.
 
この、China インターネット・フィルタを、ブロックされていた Web サイトが、突然くぐり抜ける場合には、Great Firewall もしくは対象となる Web サイトに、変更が生じたと説明できる。
 
In July of 2014, for example, Facebook made a short-lived return to the People’s Republic – but it was only accessible in some cities, and just for a few hours. China’s censorship authorities don’t exactly post PR releases about the Great Firewall’s glitches, so it has never been clear what exactly happened.
 
2014年の7月のことだが、この人民の共和国に Facebook が一瞬だけ戻ってきた。しかし、いくつかの都市に限られ、また、数時間のことであった。China の検閲当局が、Great Firewall の不具合について、リリースをポストすることはないので、何が起こったのかを正確に把握することは不可能だった。
 
There is more evidence surrounding this most recent Google unblocking. The SCMP reports that access to Google search coincided with the company’s launch of a series of new IP servers in Asia to assist users of Google’s Vietnamese, Japanese, Indian, and other domains. The addition of these new IP servers seems to have confused China’s censorship apparatus, which did not recognize those new connections as linked to blocked services.
 
しかし、今回の Google に関するブロック解除には、それを示す多数の状況証拠がある。SCMP のレポートによると、Google 検索へのアクセスは、同社が Asia で新しい IP サーバ群を立ち上げ、Vietnamese/Japanese/Indian へのサービスを強化した、タイミングと一致していることになる。そして、それらの新しい IP サーバが追加されたことで、China の検閲システムに混乱が生じたようだ。つまり、それらの新しいコネクションが、すでにブロックされているサービスにリンクしていること、認識できずにいたことになる。
 
See: How the Great Firewall of China Works [INFOGRAPHIC]
 
It only took a bit more than an hour and a half for China to bring the ban hammer down on Google’s new servers, however. In the time when the website was accessible, there was a flurry of commentary on Chinese social media, namely Weibo and WeChat.
 
China 当局が、Google の新しいサーバ群をブロックするまでに要した時間は、わずか 1時間から 1時間半ほどである。しかし、その時間内では、この Web サイトへのアクセスが自由であり、China のソーシャル・メディアである Weibo と WeChat にコメントの嵐が吹き荒れた。
 
In posts circulating on WeChat, users shared screenshots of searches via Google’s .jp domain, accompanied with messages ranging from the utilitarian “Welcome back, Google!” to the more poetic: “It came back! A great feeling, like spring flowers in full bloom.” As of writing, those posts are still on WeChat’s Moments service (akin to the Facebook timeline).
 
WeChat では、Google.JP ドメインを介した検索の結果が、スクリーンショットとして繰り返して共有される事態となった。そして、「Welcome back, Google!」 といった一般的なものから、「お帰り! 満開の春の花のような、すばらしい出来事だ」といった詩的なものまで、さまざまなメッセージが添付されていた。この記事を書いている時点で、それらのポストは WeChat の Moments(Facebook のタイムラインのようなもの)に残されていた。
 
It doesn’t look as though Google intentionally evaded censorship here. Launching new IP servers late on a Sunday night doesn’t exactly reek of subversive activity – it seems much more like planned server maintenance that had a pretty big accidental side effect.
 
Google が、意図的に検閲を回避したとは思えない。日曜日の深夜に、新しい IP サーバを立ち上げることから、破壊的な活動を感じることはない。それは、計画されたサーバ・メンテナンスと判断すべきことであるが、きわめて偶発的で甚大な、副作用を有していたことになる。
 
But it does show that China’s Great Firewall is primarily a reactive – not a proactive – tool. All it takes is one routine IP update to poke holes in the system, and presumably force some Beijing bureaucrats and engineers to scramble into their offices on a Sunday night.
 
そして、この事件により、China のグレート・ファイアウォールが、能動的ではなく受動的なツールであることが明らかになった。このシステムの穴を突くために必要なのは、1つのルーチン IP アップデートだけである。日曜日の夜に、Beijing の官僚やエンジニアが、オフィスに駆けつけるという事態が、これからも起こり得るのだろう。
 
ーーーーー
asia-pacific 2こんなことが、あったのですね。2010年に Google が撤退してから、すでに 6年が経過しようとしていますが、多くの中国人が Google を歓迎している様子が、いくつかのコメントににじみ出ています。そして、興味深いのが、中国のグレート・ファイアウォールが、能動的ではなく受動的なツールだという指摘です。そうならば、今後も同じようなことが繰り返して発生する可能性があります。何年先になるのか、何十年先になるのかは分かりませんが、早く、このファイアウォールが消えてくれると良いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: その間の成長率は 23% に!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
中国で Facebbook が解禁される ? ただし 上海の経済特区のみ ?
Alphabet と Google の傘下に収まる、すべての企業を、1枚の相関図にまとめてみた!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
 

Comments Off on Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: グレート・ファイヤーウォールの弱点が見えてきた!

Security の調査: FBI と Apple の争いに、根本からの解決はあり得るのか?

Posted in Government, On Monday, Privacy, Security by agilecat.cloud on April 11, 2016
Security and Encryption: The Government Versus Technology?
Dick Weisinger – April 7th, 2016
http://formtek.com/blog/security-and-encryption-the-government-versus-technology/
_ formtek
The battle between the government/FBI/Department of Justice (DoJ) and tech firms like Apple over being able to secure access to encrypted data stored on personal devices continues to simmer.  The government is requesting “back door” access stored data from tech products, even to data which has been stored as encrypted.
 
政府/FBI/DoJ (Department of Justice) と、Apple に代表されるハイテク企業との戦いは、つまり、パーソナル・デバイスに保存された、暗号化データへの安全なアクセスをめぐる戦いは、依然として加熱し続けている。政府の要求は、ハイテク・プロダクト上のデータにアクセスするための Back Door であり、さらに言うなら、暗号化を伴うデータへのアクセスである。
 
Seurat_7Tim Cook, CEO at Apple, argued that “the same engineers who built strong encryption into the iPhone to protect our users would, ironically, be ordered to weaken those protections and make our users less safe.”
 
Apple の CEO である Tim Cook は、「皮肉なことに、私たちの iPhone ユーザーを保護するために、強力な暗号をを構築したエンジニアが、一連のプロテクションを弱体化させ、ユーザーの安全性を低下させろという、要求を受けている」と主張している
 
Craig Federighi, Apple’s vice president of software, weighed in with the opinion that “security is an endless race that you can lead but never decisively win… We cannot afford to fall behind those who would exploit technology in order to cause chaos. To slow our pace, or reverse our progress, puts everyone at risk.”
 
Apple VP of Software である Craig Federighi は、「セキュリティとは、リードする者が、完全な勝利を得ることができない、エンドレスのレースである・・・テクノロジーを用いて混乱を引き起こそうとする者の、後塵を拝するような展開は、私たちにとって、有り得ないことである。つまり、私たちのペースを遅らせ、私たちの進化を逆転させるようなことは、すべての人々にリスクをもたらすことになる」と、以前に述べている
 
But the battle isn’t as clear-cut as it seems.  Even within the Obama administration, members are split as to which side they are taking.
 
しかし、この戦いは、そうのように割り切れるものではない。そして、オバマ政権においても、それぞれのメンバーが、それぞれの見解を有している。
 
Internationally, people are taking the side of the government.  A poll taken by Business Insider found that in the US, 60 percent of people felt that what the government is requesting is reasonable and that law enforcement should be able to have access to data stored on personal computer devices.  In China 74 percent side with the government.  The numbers are high elsewhere too, in Great Britain, it is 69 percent, in France it is 63 percent, and in Germany it is 56 percent.
 
国ごとに見ると、政府側に立つ人が多いようだ。Business Insider が実施した世論調査によると、米国における 60% の人々が、政府の要求は妥当だと感じているようだ。そして、パーソナル・コンピュータ・デバイスに格納されているデータへのアクセスが、法的な根拠により実施されるべきだとしている。中国では、74% の人々が、政府側に立っている。その他の、国々でも、同じような傾向が見られる。英国では 69% が、フランスでは 63% が、そして、ドイツでは 56% が、政府側を支持していることになる。
 
Luke Dembosky, member of the law firm Debevoise & Plimpton, told Fortune magazine that “it’s a very big government, and everyone is trying to do the right thing.  There are countries where they don’t have these debates.”
 
法律事務所 Debevoise & Plimpton のメンバー Luke Dembosky は、「それは、政府にとって、とても寛容なことであり、誰もが正しいことを試みている。ただし、充分な議論を行わずに、結論に達している国々もある」と、Fortune に語っている
 
ーーーーー
On Mondayカリフォルニアで起こった銃撃事件では、犯人の iPhone の解析が、FBI サイドで完了したのとのことですが、それですべてが解決したわけではありません。残念ながら、その後もテロが続いていますし、これからも続くでしょう。 そして、その度に、モバイル・デバイスとインターネットが利用され、セキュリティをめぐるイタチごっこが繰り返されるわけです。その一方では、先週にリークされたパナマ文書のように、インターネットがあるから成り立ってしまう、合法的だけどもアンチ・モラルな租税回避行為が、インターネットにより暴露されるという出来事も起こるわけです。 こうなると、どこにインターネット上の正義があるのか、その辺りの境界線が霞んでしまいますが、仕方のないことなのでしょう。ひとつひとつが、時間をかけながら、解決されれていくと信じたいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Security の調査: クラウドとデータの機密性:これからは、暗号化がトレンドになるのか?
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
Security の調査: 2016年は最悪の年になるという、いくつかの予測を整理する
Cloud の調査:ユーザー企業が感じる、クラウドのメリットは何処に? すでにコストは番外に?
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
 

Comments Off on Security の調査: FBI と Apple の争いに、根本からの解決はあり得るのか?

モバイル・キャリアにとって、2016年は 多難の年になるだろう

Posted in .Selected, Asia, Government, Mobile, Telecom by agilecat.cloud on April 5, 2016
Core mobile revenues to see no growth in 2016
Dylan Bushell-Embling – Feb 04, 2016
http://www.telecomasia.net/content/core-mobile-revenues-see-no-growth-2016
 
_ Telecom-Asia
 
Strategy Analytics is projecting that there will be no growth in core mobile connectivity revenue this year, meaning mobile operators will need to diversify to find new revenue streams.
 
Strategy Analytics の予測によると、今年のモバイル・キャリアは、そのコア・ビジネスで増益を期待できないため、多様化の道を選ぶことで、新たな収益源を見つけることになるようだ。
 
Continuing mobile data traffic growth will meanwhile require operators to find even smarter and more efficient ways to add capacity to their network, the research firm said in a new report.
 
その一方で、モバイル・データ・トラフィックの成長が、より洗練された効率的な方法でネットワークキャパシティを増大せよと、モバイル・キャリアたちに要求を突きつけていくと、この調査会社の最新レポートは述べている。
 
Brasil_Telecom_Panoramic_Tower_Curitiba_BrasilWikimedia
 
To achieve success in what is shaping up to be a challenging year for the industry, the company is recommending operators seek to evolve today’s services with initiatives such as content bundling and fixed-mobile converged services.
 
この業界にとって厳しい年になりそうな状況において成功を達成するためには、コンテントと組み合わせたサービスや、固定と携帯を融合させるような方向へ向けて、現状のサービスを進化させた方が良いだろうと、Strategy Analytics はモバイル・キャリアたちに推奨している。
 
Operators should also seek to leverage their mobile connectivity expertise by diversifying into new offerings such as connected cars, smart homes and smart cities, mobile payment and mobile advertising.
 
もちろん、モバイル・キャリアたちは、connected cars, smart homes and smart cities, mobile payment and mobile advertising といった多様な領域へ、モバイル接続における専門的な知識を展開することで、これまでのエクスペリエンスを活用していく道を探すべきでもある。
 
The report also recommends operators accelerate the introduction of new business models that will be enabled by flexible 5G architectures if they can be adapted to current 4.5G networks.
 
さらに、このレポートは、現状の 4.5G ネットワークから 5G アーキテクチャへと、柔軟な移行が可能になるような、新たなビジネス・モデルの導入を、モバイル・キャリアたちは加速すべきだと推奨している。
 
“Innovation in services and bundling to add value while fending off customer losses in price competitive markets will be essential in 2016,” Strategy Analytics director of wireless operator strategies Susan Welsh de Grimaldo said.
 
「サービスを革新しながら、そして、付加価値を取り込みながら、価格で競争するマーケットで顧客を失わないようにすることが、2016年の戦略では不可欠なことになる」と、Strategy Analytics の Director of Wireless Operator Strategies である Susan Welsh de Grimaldo は述べている。
 
“New growth opportunities exist, although some are not yet mature enough to drive large revenue streams, and operators should be preparing partnerships, strategies and network transformation to assure continued relevance in the larger ecosystem.”
 
そして Grimaldo は、「新しい成長のチャンスは存在しているが、その中には、大きな収益を実現するだけ、成熟していないものが含まれる。そして、モバイル・キャリアたちは、この巨大なエコシステムの中で、適切なポジションを継続して確保するために、パートナーシップ/ストラテジー/ネットワークの変化に対応できるよう、準備していく必要がある」と続けている。
 
ーーーーー
Telecomこの記事は、香港の telecomasia.net に掲載されたものであり、各国のテレコム事情に差異はあれど、大まかな方向として、2016年のテレコム事業は厳しいだろうと述べています。おそらく、日本も同じだと思うのですが、それを論じる前に、電波利用料の負担という、日本独自の問題を考えなければなりません。このところ、アジアのニュースを追いかける時間の長い Agile Cat ですが、すべての国々で当たり前の電波オークションが、日本には無いという不思議さを感じてしまいます。オークションなど行ったら、モバイル・キャリアは余計に大変になる、、、という意見もあるでしょうが、現在でも 200円の利用料が、ユーザーに転嫁されているはずなので、その心配は無いでしょう。むしろ、私たちの支払う電波利用料でテレビ局を保護する施策とも言える、テレビとケータイの待遇の違いに問題があるのだと思えてきます。これといって、テレビに恨みは無いのですが、NHK の 10倍ほどの電波使用料を、大手モバイル・キャリアが支払っている状況は、なんか変です! これからの産業の在り方や、経済の成長という観点でも、テレビよりはモバイルを応援する政治でなければ、日本の未来は暗いと思うのですが。。。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国マーケットの爆発的な成長が!
OCP と テレコム: AT&T や Verizon を含むプレイヤーが、新しいモデルに続々と参加してきた!
AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!
China Mobile の 4G-LTE ユーザー数が、3億人を超えたらしい
 

Comments Off on モバイル・キャリアにとって、2016年は 多難の年になるだろう

Apple 対 FBI : この闘いに、Google/Facebook/Twitter などが参戦! もちろん Apple 全面支援だ!

Posted in .Selected, Apple, Facebook, Google, Government, Privacy, Security, Twitter by agilecat.cloud on February 21, 2016
Google, Facebook, Twitter support Apple on encryption dispute with FBI
Reuters – 19 February 2016
http://www.thestar.com.my/tech/tech-news/2016/02/19/facebook-twitter-support-apple-on-encryption-dispute-with-fbi/
 
_Star Online
 
 SAN FRANCISCO: Facebook and Twitter, two of Silicon Valley’s most powerful companies, backed Apple’s refusal to help the FBI break into an iPhone used by a shooter in the San Bernardino attack, saying that complying would set a dangerous precedent for privacy.
 
SAN FRANCISCO: Silicon Valley を代表する企業である Facebook と Twitter などが、FBI が要求する情報開示に対して、つまり San Bernardino 銃撃事件で犯人が使っていた iPhone の解析に対して、拒否の姿勢を貫く Apple を支援するという立場を明確にした。その要求に従うと、プライバシーに危害を加える前例を残すことになるからだ。
 
It took two days, but the companies’ entry solidifies a small but powerful band of tech giants supporting Apple in its quest to buck government demands that it says would irreparably damage security and erode consumer trust.
 
ここまでに二日を費やし、また、結束を提唱する企業は少数であるが、Apple の抵抗を支持する企業は、いずれもパワフルである。そして、政府の要求は、修復不可能なまでにセキュリティを破壊し、一般民衆の信頼を損なうものになると発言している。
 
Sundar PichaiYoutube
 
Similar stance: Pichai has tweeted in support of Google’s rival, Apple.
 
Among the first to come to Apple’s defense was its chief rival. Chief executive officer Sundar Pichai of Alphabet Inc’s Google tweeted in support of Apple on Wednesday.
 
抵抗を続ける Apple に対して、最初の支援を申し出たのは、そのライバル企業のトップである。
 
Alphabet 傘下の Google において、CEO を務める Sundar Pichai が、この水曜日に、Apple を支持するツイートを発したのだ。
 
But other companies are staying mum. Yahoo Inc and Microsoft Corp have yet to weigh in on the case.
 
しかし、他の企業は口を閉ざしている。Yahoo Inc と Microsoft Corp は、この問題について、深刻さを計りかねている。
 
In characteristic fashion, Twitter CEO Jack Dorsey used the service itself to lend support to Apple CEO Tim Cook, tweeting “We stand with @tim_cook and Apple (and thank him for his leadership).”
 
Twitter の CEO である Jack Dorsey は、彼らしい言葉を用いて、Apple CEO の Tim Cook をサポートしている。そのツイートでは、「私たちは、@tim_cook および Apple の側に立ち、闘うべきだ(彼のリーダーシップに感謝)」と述べている。
 
In a statement, Facebook said, “We will continue to fight aggressively against requirements for companies to weaken the security of their systems.”
 
Facebook は、「 企業のセキュリティ・システムを弱体化させるような要求に対しては、断固として戦い続ける」という、ステートメントを発している。
 
The case has intensified the rift between tech companies and law enforcement over the limits of encryption. And law enforcement groups have been vocal about their support for the Justice Department.
 
この事象が示すのは、暗号化という側面を超えたところで、ハイテク企業と法執行機関の間に生じている、亀裂の深さである。そして、国家権力は、Justice Department(司法省)の支持を得ようと、その声を大にしているところだ。
 
 
Apple vs FBIAlthough some firms have remained silent, the industry is firmly on Apple’s side, said Aaron Levie, CEO of cloud-based storage provider Box Inc.
 
いくつかの企業は沈黙を続けているが、この業界は Apple の側にあると、クラウド・ベース・ストレージ・プロバイダー Box の CEO である、Aaron Levie は述べている。
 
“Companies choose to use their political capital when it is really important or relevant to them,” Levie said. “If individually pressed you would see the same message from essentially any Internet or hardware or enterprise software CEO or company, and that’s because the fundamental security model of our technology would break if you were to comply with this kind of order.”
 
Levie は、「あらゆる企業は、こうした重要かつ深刻な問題に直面するとき、自身のポリシーと資本の保護を選択する。もし、特定の企業に圧力が掛かるなら、対象がインターネット企業であろうが、ハードウェア企業であろうが、エンタープライズ・ソフトウェア企業であろうが、その CEO たちは同じメッセージを発することになる。この種の要求に従うことは、それぞれの企業におけるセキュリティの、基本的なモデルやテクノロジーを破壊することになるのだ」と発言している。
 
Levie said he unequivocally supports Cook’s stance. “The whole grounds on which Apple is standing on are just super important,” he said.
 
Levie は、明確に Cook をサポートするスタンスに立っており、また、「Apple が直面している状況は、その全てにおいて、きわめて重要な事象なのだ」と述べている。
 
At the center of the case is an iPhone used by Rizwan Farook, who along with his wife, Tashfeen Malik, killed 14 people and wounded 22 in a shooting rampage in San Bernardino, California.
 
この事件の中心にあるのは、Rizwan Farook が使用していた iPhone である。彼は、その妻である Tashfeen Malik と伴に、San Bernardino, California で銃を乱射し、14人を死亡させ、22人 を負傷させている。
 
The young married couple sympathised with Islamic State militants, and government investigators want the data on the phone to learn more about their activities the day of the shooting and their contacts with either accomplices or Islamic State.
 
この若い夫婦は、イスラム国の過激派に共感を示していた。そして、政府の調査期間は、犯行に及んだ経緯の詳細や共犯者を、そしてイスラム国との接点を解明するために、その iPhone 上のデータを必要としている。
 
Apple’s Cook had said the court’s demand threatened the security of Apple’s customers and had “implications far beyond the legal case at hand.” —  Reuters
 
Apple の Cook は、この法廷からの要求は、Apple カスタマーのセキュリティを脅かすものであり、また、これまでの法解釈からの逸脱を示唆すると述べている。—  Reuters
 
ーーーーー
government-55aFBI から見れば、単なる捜査の一環なのでしょうが、地球全体から見れば、これは公と個の闘いでもあるのです。先日に、「セーフ・ハーバーの 終了から、EU Cloud 28+ の 船出へ:ついにクラウドの分化が始まるのか?」という抄訳をポストしましたが、この発端となったのも、9.11 事件から発生した米愛国者法なのです。 アメリカに限らず、デジタルの世界を管理/掌握したがる国家権力と、あらゆる権力から遊離したところで、グローバル・コミュニケーションを実現したインターネットは、これからも、せめぎあいを続けていくのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
米諜報機関 NSA は、どのようにして暗号を解析したのか? その手法が明らかになってきた!
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ
さぁ開戦だ! ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力!
 

Comments Off on Apple 対 FBI : この闘いに、Google/Facebook/Twitter などが参戦! もちろん Apple 全面支援だ!

セーフ・ハーバーの 終了から、EU Cloud 28+ の 船出へ:ついにクラウドの分化が始まるのか?

Posted in .Selected, Government, Strategy by agilecat.cloud on February 16, 2016
Safe Harbor’s ending makes for a good start for Cloud28+
Peter Sayer – Dec. 11, 2015
http://www.mis-asia.com/tech/cloud-computing/safe-harbors-ending-makes-for-a-good-start-for-cloud28/
 
_ MIS
 
After two months of beta testing, European enterprise app and service store Cloud28+ is open for business, making it easier for companies wanting to host their applications or data in Europe to find a home for them.
 
2ヶ月におよぶベータテストの後、Europe エンタープライズのアプリやサービスをストアする Cloud28 + が、一般の企業へ向けてオープンされた。それにより、Europe 内にアプリやデータをホストしたいと考える企業は、自身の Home を容易に探し出せるようになった。
 
A beta test is usually a shakedown, intended to remove any lingering bugs, but for Cloud28+ it was more of a shake-up.
 
通常のベータテストは、残ってしまったバグを取り除くという意図を持つシェイクダウンであるが、この Cloud28 + においては、シェイクアップの性格を持つものとなった。
 
EU FlagFlags in front of the European Commission headquarters in Brussels on June 17, 2015 Credit: Loek Essers
 
The Cloud28+ catalog offers European businesses around 700 infrastructure-, platform- and software-as-a-service offerings from almost 150 partners. It allows them to choose services based on price, performance, and the location where the data is hosted, among other criteria.
 
この Cloud28+ というカタログは、150社にもおよぶパートナーから集められた、700タイトル以上の Iaas PaaS SaaS を、Europe の企業を提供するものである。それにより、パートナーたちは、価格や性能だけではなく、データがホストされているロケーションや、その他の基準に基づいて、サービスを選択できるようになる。
 
Barely a week after the beta test began, the first shock came, as data sovereignty and hosting location unexpectedly took on new importance for many European cloud services businesses. The European Union’s top court, asked to clarify a point of law in a case concerning Facebook in Ireland, struck down the Safe Harbor Agreement that had previously allowed businesses to export EU citizens’ personal data — that of their customers or employees, for instance — to the U.S. for processing.
 
このベータ・テストが始まってから、やっと一週間が経過したとき、最初のショックが襲ってきた。それは、データの主権とホスティング・ロケーションという観点で、数多くの Europe クラウド・サービス事業者に対して、新たな重要性が浮上するという、予想外の展開として訪れた。EU 最高裁判が、Ireland における Facebook の問題について、法的根拠を明確にするよう求めたのだ。そして、これまで、なんらかのプロセスにおいて、EU 市民の個人データを US に転送することを許可していた(たとえば顧客や従業員のデータ)、Safe Harbor Agreement の無効化が言い渡された。
 
Those that weren’t scrambling to make new arrangements were left wondering whether they complied with EU data protection law, which requires that personal data be afforded the same level of privacy protection wherever it is processed.
 
ただし、このことがキッカケとなり、EU のデータ保護法の取り扱いを未決にしたまま、新たな取り決めを急いで作るという動きには至っていない。ちなみに、EU のデータ保護法では、個人データを処理する国々が、EU と同レベルでプライバシーを保護していれば良いという、逃げ道が残されているのだ。
 
The second shock for Cloud28+ came two weeks later, when its main backer, Hewlett-Packard, said it will pull out of the public cloud business come January 31, although the company pledged ongoing support for its Helion OpenStack distribution and to continue managing hybrid cloud services for its customers.
 
Cloud28+ にとって、第二のショックは、二週間後に訪れている。つまり、主たる支援者である Hewlett-Packard が、2016年1月31日をもって、パブリック・クラウド事業から撤退すると発表したのだ。ただし、同社は Helion OpenStack のディストリビューションに関して、継続的なサポートを約束しており、また、ハイブリッド・クラウド・サービスの継続的な管理を、その顧客に対して提供していく。
 
Hewlett-Packard was in the process of splitting itself into the new HP, focusing on printers and PCs, and Hewlett Packard Enterprise (HPE). Their separation became official on Nov. 1, but it was another month before HPE anointed its new preferred cloud provider, Microsoft Azure.
 
そのときの Hewlett-Packard は、プリンタと PC にフォーカスする新しい HP と、エンタープライズにフォーカスする HP(Hewlett Packard Enterprise)へと、分割していくプロセスにあった。この分割は、2015年11月1日に公表されたが、その後の HPE はというと、優先的なクラウド・プロバイダーとして、Microsoft Azure に熱い視線を注いでいるという状況にある。
 
Now the Cloud28+ team are putting all that behind them: The catalog is now open for business, HPE’s senior marketing manager for Cloud28+, Guillaume Runser, wrote on Thursday.
 
現時点において、Cloud28+ チームは、そのような背景を抱え込みながら、このカタログを企業に提供していると、HPE の Senior Marketing Manager であり、また、Cloud28+ 担当する Guillaume Runser が、12月11日に述べている。
 
The catalog, at cloudofclouds.eu, lets users search for and compare cloud services, although if they want to buy, they’ll be redirected to service providers’ own sites to sign up. There are other sites cataloging services hosted in Europe, such as endofsafeharbor.eu, but it doesn’t offer the same search tools.
 
たとえば、cloudofclouds.eu における、このカタログは、クラウド・サービスの検索と比較をユーザーに促すが、もし、そのユーザーが購入を希望するなら、そのサービスにサイン・アップできるよう、目的のプロバイダ・サイトへとリダイレクトしてくれる。また、endofsafeharbor.eu のような、Europe でホスティングされるサービスのカタログ・サイトもあるが、そこでは、このような検索ツールが提供されない。
 
While the main backer of Cloud28+, HPE, is throwing in its lot with Microsoft for hosting, that hasn’t stopped other hosting providers from joining.
 
HPE は Cloud28+ の主たる支援者である一方で、ホスティングに関する大量の情報を、Microsoft と共同で投げ込んでくるが、それにより、他のホスティング・プロバイダの参加が阻害されるわけではない。
 
A last-minute arrival before the launch was ZettaBox, which itself only opened for business in June, aiming to profit from restrictions in some European countries on where data can be hosted. The tearing up of the Safe Harbor Agreement came as a bonus.
 
今回の立ち上げの直前に、参加してきたのは ZettaBox である。同社は、2015年6月に、企業向けのサービスのみを提供し始めたが、データをホストできる場所に関して、Europe 諸国に制約が課せられているという状況から、利益を上げようと目論んでいる。つまり、Safe Harbor Agreement の混乱が、思わぬ収益をもたらそうとしているのだ。
 
“Cloud28+ was a logical community for Zettabox to join as their mission is to build a cohesive and collaborative cloud environment, for Europeans by Europeans,” said James Kinsella, founder and CEO of Zettabox.
 
Zettabox の Founder and CEO である James Kinsella は、「Zettabox が Cloud28+ に参加するのは、このコミュニティが理に適っているからだ。Eruropean による Europe のためのクラウド環境を、凝集と協調を前提に構築していくことが、このコミュニティの使命なのだ」と述べている。
 
Concern about data sovereignty is unlikely to be just a passing fad: The European Commission hopes to have a new Safe Harbor Agreement in place early in the new year, but there are concerns that the court that struck down the previous one may not have said its last word in the matter.
 
データの主権に関する懸念が、過ぎ去ってしまったというわけではない。The European Commission は、2016年の早い時期に、新たな Safe Harbor Agreement を準備したがっているが、前回に EU 最高裁が無効という判断に至ったことが、最終的な結論ではないという懸念が、依然として残っているのかもしれない。
 
ーーーーー
government-55aなにやら、とても厄介な話のようですが、そもそも、アメリカの個人保護法が、事業分野ごとに法制されており、欧州や日本のように体系化されていないところに問題が有るようです。でも、まぁ、ビジネス優先という判断で、ヨーロッパの個人データをアメリカに送っても、同じレベルの保護措置が取られていると解釈する、セーフハーバー協定が運用されていたのですが、NSA による盗聴騒ぎなどもあり、欧州司法裁判所が無効という判決を出してしまった、、、という背景があるようです。
 
そして、この Cloud28+ というカタログも、前述の矛盾を是正するためのものとして、準備を進めてきたという経緯があるようですが、そこに「セーフハーバー無効」の判決が重なってしまったというのが、いまのステータスのようです。くわしくは、情報通信研究所の藤井秀之さんが書いた、「欧州司法裁判所によるセーフハーバー協定無効判決について」というポストを参照してください。
 
この、アメリカとヨーロッパのギャップですが、それをアジアに当てはめてみると、中国のグレート・ファイアウォールという問題が目に止まります。そして、Microsoft は 21Vianet と、Oracle は Tencent と、そして Amazon は Baidu とタッグを組んで、この巨大マーケットに取り組み始めているようです。 こうして眺めてみると、クラウドは三つの世界に分化していくのかと思えてきてしまいます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アメリカのクラウドと、ヨーロッパのクラウドは、何が違うのだろうか?
Google と 中国政府の予定調和を分析する - WIRED が深い洞察を提供
米国/欧州/中国の GDP をチャートで比較すると、いまの IT を支える 三極構造が見えてくる!
米諜報機関 NSA は、どのようにして暗号を解析したのか? その手法が明らかになってきた!
NSA の Prism は、プロバイダーの手を借りなくても、こんなふうに個人データを盗み出せる
 

Comments Off on セーフ・ハーバーの 終了から、EU Cloud 28+ の 船出へ:ついにクラウドの分化が始まるのか?

Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?

Posted in Asia, Government, Microsoft, Post-PC by agilecat.cloud on January 6, 2016
Microsoft Cozies Up to China With a Custom Version of Windows
Kif Leswing – December 17, 2015
http://fortune.com/2015/12/17/china-microsoft-windows-10/
 
_Fortune
 
The Chinese government is getting a version of Windows just for its workers.
 
China 政府だが、その職員のためだけの、専用 Windows バージョンを手にすることになった。
 
Microsoft will provide a customized version of Windows 10 to the Chinese government, the company announced on Thursday, as it continues to strengthen its relationship with Chinese regulators.
 
12月16日の Microsoft のアナウンスメントによると、China 政府のためにカスタマイズされた Windows 10 バージョンが提供されるが、それは、China 規制当局との関係が強化され続けていることの証でもある。
 
The partnership is a major turnaround for Microsoft’s ambitions in China. In 2014, regulators conducted an anti-monopoly investigation into the company over Windows’ dominance in the market, and even banned government purchases of computers running the operating system.
 
このパートナーシップは、China マーケットに野心を抱く Microsoft にとって、きわめて重要な転機となる。2014年、同国の規制当局は、マーケットにおける Windows の支配力に関して、同社にアンチ・トラストの疑いがあるとし、調査を実施している。さらに言えば、このオペレーティング・システムを走らせるコンピュータの、政府調達を禁止してもいた。
 
Microsoft AsiaThe custom Chinese version of Windows 10 will be “government-approved,” and will include Chinese-selected antivirus software. It will be distributed to Chinese government agencies and certain state-owned companies by C&M Information Technologies, a new Beijing-based venture created specifically for the partnership.
 
この、Windows 10 China カスタム・バージョンは、同政府が承認するものとなり、また、アンチ・ウイルス・ソフトウェアも China セレクションとなる。そして、China の政府機関や、特定の国有企業に配布されるが、その窓口となる C&M Information Technologies は、このパートナーシップのために設立された、Beijing ベースのベンチャーである。
 
From Microsoft’s blog post:
 
“We’re announcing a new joint venture that will license, deploy, manage and optimize Windows 10 for China’s government agencies and certain state owned enterprises and provide ongoing support and services for these customers.
 
「私たちがアナウンスした新たなジョイント・ベンチャーは、中国の政府機関および特定の国有企業に対して、Windows 10 のライセンスを提供/管理/最適化するという役割を担う。そして、それらの顧客に対して、継続的なサポートとサービスを提供していく」
 
The joint venture is not final, however. Microsoft says it is still subject to regulatory approval. The Chinese body participating in the joint venture is the China Electronics Technology Group. In September, Microsoft worked with CETG to make China’s top search engine, Baidu, the default homepage and search engine in its Edge browser in the region.
 
しかし、このジョイント・ベンチャーにより、すべてが解決したわけではない。Microsoft の発言によると、依然として規制当局が承認する対象になるという。そして、このジョイント・ベンチャーに参加する China の団体は、China Electronics Technology Group となる。2015年9月に、Microsoft は CETG と協力することで、この地域での Edge ブラウザーの、デフォルトのホームページと検索エンジンを、China のトップ・ブランド Baidu に切り替えている。
 
For Microsoft, the partnership not only secures the company a huge customer likely to spend hundreds of millions of dollars going forward, but also gives the company firm ground in a vast market where many of Microsoft’s most important vendors—such as Lenovo and Xiaomi ーare based.
 
Microsoft にとって、今回のパートナーシップは、これから数億ドルを費やすかもしれない、大手の顧客を確保するだけのものではない。つまり、同社にとって最も重要なベンダーである、Lenovo や Xiaomi などに対して、広大な基盤と市場を提供することにもなるのだ。
 
Microsoft says that “hundreds of millions” of PCs in China run Windows. However, one concern is that many of those copies are pirated. It’s very possible that Microsoft will look to work with Chinese regulators to try to crack down on software piracy.
 
Microsot が言うには、China には数億台の、Windows PC が存在していることになる。しかし、大量の無断複製と海賊版があることが、一つの懸念となっている。したがって、Microsoft と China の規制当局が協調して、ソフトウェアの海賊版を厳しく取り締まるという、大きな可能性も生じてくる。
 
In September, Microsoft CEO Satya Nadella met with Chinese president Xi Jinping to discuss concerns about intellectual property rights as well as how American tech firms can crack the huge market. Microsoft’s cloud server service, Azure, set up shop in China last year, partnering with Chinese company 21Vianet.
 
2015年9月に、Microsoft の CEO である Satya Nadella が、China の主席である Xi Jinping と会談し、知的財産権に関する懸念だけでなく、どのようにしてアメリカ企業が、この巨大市場を理解すべきかについて議論している。たとえば、Microsoft のクラウド・サービスである Azure は、China の 21Vianet と提携することで、昨年に China 対応を完了している。
 
The Chinese government can also chalk up its partnership with Microsoft as a win. Recently, Chinese officials have been publicly concerned about big U.S. tech firms including secret backdoors in its software in light of Edward Snowden’s revelations about the National Security Agency’s spying programs.
 
その一方で China 政府は、この Microsoft との提携を、成功事例として位置づけることができる。最近のことだが、China で当局は、大手 US テック・ベンダーに関して、公式に懸念を表明している。そこには、National Security Agency のスパイ・プログラムに関する、Edward Snowden の暴露を考慮した、ソフトウェアのバックドア問題も含まれていたのだ。
 
China removed several U.S. tech firms from government-approved purchase lists earlier this year, and even started to develop its own alternative to Windows, called NeoKylin. The deal with Microsoft presumably will allow China to inspect its version of Windows 10 to ensure there are no hidden surprises that might compromise state security.
 
2015年の初めに、China 政府が承認した調達リストから、いくつかの US テック・ベンダーが排除された。さらに言えば、Windows に対する独自の代替案として、NeoKylin と呼ばれる OS が開発されようとしていた。今回の Microsoft との契約を推定すると、おそらく China 政府は、国家の安全保障を守るために、対象となる Windows 10 のバージョンに関して、情報の開示を求め、また、検査を実施するのだろう。
 
Recently, it was revealed that China supports state-owned companies seeking to develop a homegrown secure smartphone operating system.
 
最近のことだが、その一方で China は、セキュアな国産スマートフォン OS を開発しようとしている、国有企業をサポートしていることを明らかにしている。
 
ーーーーー
MS2012年のことですが、21Vianet という ローカル DC事業者と Microsoft が提携し、中国国内に Azure を提供し始めるという、ニュースが流れていました。そして、昨年の 4月には、その提携が 2018年まで延長されるとも、報じられていました。また、中国の Nerflix という位置づけの、LeTV も Azure を活用しているようです。そして、最近は、中国政府による Windows 10 の調達という話まで、登場してきたわけです。昨年の 9月に、習近平 主席が訪米し、シアトルで 米テック・リーダーたちとミーティングを行いましたが、その後は Bill Gates とプライベート・ディナーをともにしたようです。おそらく、Microsoft は、持てる力を総動員して、中国に取り組んでいるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と Xiaomi :Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?
Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた!
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack および VMware と Microsoft に対応!
中国には 約2億台の Windows XP マシンが取り残されている!
 

Comments Off on Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?

%d bloggers like this: