Agile Cat — in the cloud

Google の人工知能は、クラウドを制覇する武器になり得るのか?

Posted in .Selected, AI ML, Amazon, Google, IBM, Microsoft by agilecat.cloud on September 27, 2016
Google Uses AI to Lure New Cloud Customers
By Jack Nicas – July 20, 2016
http://www.wsj.com/articles/google-uses-ai-to-lure-new-cloud-customers-1469030402
 
_ WSJ
 
Google is pitching its artificial-intelligence software to commercial customers in a bid to catch rivals in the increasingly lucrative business of renting its computer servers to other companies.
 
Google は、商用で同社のサービスを利用するユーザーに対して、人工知能ソフトウェアを投入しようとしている。つまり、ビジネスでライバルに勝つためには、他社からコンピュータ・サーバーを借りるよりも、Google を選ぶほうが有利になると示唆しているのだ。
 
The Alphabet Inc. unit has fallen behind competitors Amazon.com Inc. and Microsoft Corp. in so-called cloud computing, a rapidly growing business in which tech firms host other companies’ digital businesses on their servers. Forrester Research estimates roughly $10.8 billion in cloud revenues for Amazon this year, $10.1 billion for Microsoft and $3.9 billion for Google.
 
この Alphabet 傘下の企業は、いわゆるクラウド・コンピューティングの世界では、コンペティタである Amazon と Microsoft の影に隠れている。そして、それらのクラウド・プロバイダーたちがホストするサーバー上で、数多くのハイテク産業が、それぞれのデジタル・ビジネスを急速に成長させている。Forrester Research が概算するクラウド収益によると、今年の Amazon は $10.8 billion であり、また、Microsoft は $10.1 billion であるが、Google は $3.9 billion に過ぎない。
 
deep_dreamscopeWikipedia
 
Google is making a renewed push into the cloud business, where it spent much of its $10 billion in capital expenditures last year to build new data centers and tapped Diane Greene, a high-profile Silicon Valley executive, to run the business.
 
Google は、そのクラウド・ビジネスを再構築するために、昨年は新たなデータセンターに $10 billion 以上を投資し、また、Silicon Valley で名の通っている Diane Greene を採用している。
 
A core part of Google’s cloud strategy is artificial intelligence. Wednesday, Google said it would start letting cloud customers tap into two software programs it has used internally to draw meaning from text and convert speech to text. The programs use so-called machine learning, a rapidly accelerating technology that enables computers to make inferences based on data they previously had analyzed.
 
Google のクラウド戦略のコアには、人工知能が座る。Google は 7月20日に、音声をテキストを変換し、テキストから意味を抽出するという、2つのソフトウェア・プログラムを顧客に提供すると述べている。このプログラムは機械学習と呼ばれるものであり、以前に分析したデータに基づいた推論を行い、コンピュータのテクノロジーを急速に加速させるものである。
 
Google said, for example, that clients could use the programs to analyze customer reviews or social-media posts and to automatically transcribe customer-service calls for large-scale analysis. Google also offers programs that translate text and understand images, including the ability to flag pornography and detect emotions from facial expressions.
 
Google の説明によると、このプログタムを利用するユーザーは、カスタマーレビューやソーシャル・メディア・ポストの分析が可能となり、顧客へのサービス・コールを大規模な解析をベースにして、実施することなどが可能になるという。さらに Google は、テキストを翻訳とイメージの認識に関するプログラムを追加していくという。それらにより、たとえばポルノの排除や、人々の表情から感情を検出する能力などが備わっていくようだ。
 
Many tech executives and computer scientists expect artificial intelligence to help transform businesses over the next several years, unlocking new insights from the reams of data companies collect. Analysts expect artificial-intelligence programs to play a growing role in cloud offerings from Amazon, Microsoft, Google and others.
 
ハイテク産業の経営者たちや、コンピュータを研究する科学者の多くが、人工知能によりユーザー企業に蓄積された膨大なデータを解析することで、これから数年でビジネスの変革が進むと期待している。また、アナリストたちは、Amazon/Microsoft/Google などが提供するクラウドにおいて、人工知能の役割が重要になると予測している。
 
Google says its machine-learning programs that convert speech to text, translate it and interpret it have helped one large customer analyze more than two billion minutes of customer-service calls to understand when customers end calls satisfied and when they don’t.
 
Google の説明によると、音声からテキストに変換し、その意味を引き出すプログラムは、すでに顧客のビジネスに役立っているという。ある大手のユーザー企業は、300万時間にもおよぶサービス・コールの内容を分析し、それぞれの顧客が対応に満足しているか、あるいは、不満を持っているのかを、解析しているという。
 
“That’s been an intractable, unsolvable problem,” said Rob Craft, a Google product manager for machine learning.
 
Google の PM of Machine Learning である Rob Craft は、「そこには、手に負えない問題や、解決策の見つからない問題がある」と述べている。
 
Analysts said Amazon, Microsoft and International Business Machines Corp. all offer machine-learning programs that are similar to Google’s with their cloud services.
 
また、アナリストたちは、Amazon/Microsoft/IBM のクラウド・サービスでも、Google と似たような機械学習のプログラムが提供されていると発言している。
 
Google’s machine-learning offering “is great stuff, and it’s finally packaged in a way that developers really want,” Forrester Research principal analyst John Rymer said. “But they’re not alone.…And (Amazon) and Microsoft are far ahead.”
 
Forrester Research の Principal Analyst である John Rymer は、「Google の機械学習プロダクツは素晴らしいものであり、また、究極のパッケージであり、開発者がのむものである。しかし、それを極めようとするのは Google だけではなく、Amazon や Microsoft は、はるか先を進んでいる」と述べている。
 
Microsoft has promoted machine-learning programs as a selling point of its cloud business since last year, including programs that recognize faces and make predictions, said Joseph Sirosh, vice president of Microsoft’s data group. Mr. Sirosh said Microsoft helped the public-school system in Tacoma, Wash., use its data to predict student dropouts and helped Dartmouth—Hitchcock Medical Center in Lebanon, N.H., predict illnesses for certain patients.
 
昨年から Microsoft は、クラウド・ビジネスのセールス・ポイントとして、機械学習プログラムを推進してきた。そこには、顔の認識や、さまざまな予測のためのプログラムが含まれると、Microsoft の VP of Data Group である Joseph Sirosh は述べている。また、Sirosh は、Tacoma, Wash の公立学校で、学生のドロップ・アウトを予測するために、データを活用しているという。そして、 Lebanon, N.H の Dartmouth—Hitchcock Medical Centre では、特定の病気の予測を支援しているという。
 
The tech companies make money from the services by charging a fraction of a cent for every request of the technology. For Google’s image-recognition function released several months ago, “one or two customers using it trillions of times turns it into a lovely revenue stream,” Mr. Craft said.
 
テック・カンパニーたちは、すべての要求されるテクノロジーに対して、数セントという少額を課金するサービスから、収益をあげている。Google の Craft は、「私たちのイメージ認識の機能は、数ヶ月前にリリースされているが、数社の顧客が膨大な時間を費やしてくれるなら、とても素敵な収入源になると」述べている。
 
Read More
 
ーーーーー
google-55aGoogle Now や Siri や Cortana や Echo に代表される、人間が発する言葉を理解し、それに対する回答やアドバイスを提供するというサービスが、パブリック・クラウドを成功させるための、大きな要因となっていくのでしょうか? そして、AiphaGO で世界を驚かさせた Google は、それを武器にして、Amazon や Microsoft に追いついていけるのでしょうか? 誰もが気になっている、クラウドと人工知能/機械学習の関連性を指摘する記事です。この種のテクノロジーは、ユーザーに対して新しいサービスを提供するだけではなく、ネットワークの管理や、是キュリティの強化という面でも、クラウドを支えていくことになるでしょう。コストの削減から始まり、いまではビジネス・アジリティの推進を担っているクラウドですが、そこに新たな差別化の要因が加わりそうな感じですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft が Genee を買収:その AI が Office 365 を変えていく?
シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!
パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!
Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!
サーバー・セキュリティにおいて、自動化が必須となる理由を説明しよう
 

Comments Off on Google の人工知能は、クラウドを制覇する武器になり得るのか?

iOS の App Store はゴミだらけ? ついに Apple が大掃除を決断!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on September 13, 2016
Apple’s App Store purge is long overdue — here’s why
Jeff Dunn – Sep. 2, 2016
http://www.businessinsider.com/apple-app-store-new-policy-remove-old-apps-2016-9
 
_ Statista
 
Apple’s ready to cleanse the App Store. The iPhone maker on Thursday announced that it will soon start to remove apps that “no longer function as intended, don’t follow current review guidelines, or outdated.” In other words, it’s taking out the trash.
 
Apple は、App Store の大掃除の準備を整えている。9月1日のことだが、この iPhone のメーカーは、「もはや意図したとおりに機能していない」、「現在のレビューガイドライン従っていない」、「すでに時代遅れになっている」アプリを、削除し始めることになると発表した。言い換えるなら、ゴミを捨てる作業である。
 
zombie_apps_biClick to Large >>> 
 
Statista
 
This chart from Statista should show why Apple feels compelled to make such a move. Citing data from app analytics firm Adjust, it shows that the number of “zombie” apps — i.e., ones that can only be found by directly searching for them — in the App Store has risen astronomically over the past three years. This year, those invisible apps make up about 90% of the Store as a whole. Getting rid of those should please users and developers alike.
 
この Statista によるチャートは、Apple の行動が必然だと感じられる理由が示されている。アプリ分析会社である Adjust のデータが引用すると、ダイレクトな検索だけにより見つかる、膨大な数のゾンビ・アプリが見えてくる。App Store では、そのようなアプリが、この 3年間で天文学的に増大しているのだ。そして、2016年の時点では、それらの、ユーザーに相手にされないアプリが、全体の 90% ほどを占めている。今回の Apple の表明は、ユーザーとデベロッパーにとって、好ましいものとなるだろう。
 
ーーーーー
appleiPhone と Android が競い合っていたころは、それぞれのプラットフォーム上に提供されるアプリの数も、人気を計る指標となっていましたが、もはや、そのような時期も過ぎたのでしょう。この、Apple の大掃除は、理にかなった行動だと思います。Google Play も、同じように整理して欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on iOS の App Store はゴミだらけ? ついに Apple が大掃除を決断!

なぜ Google Fiber は期待されるのか? その背景となる、各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!

Posted in Asia, Google, Network, Research by agilecat.cloud on September 9, 2016
Here’s why Google sees a huge opportunity to bring super-fast internet access to you
Matt Rosoff – Aug. 5, 2016
http://www.businessinsider.com/fiber-access-as-percentage-of-total-broadband-by-country-2016-8
 
_ Statista
 
Google’s parent company Alphabet has an audacious plan to bring super-fast fiber-based internet access to a lot more of the United States.
 
Google の親会社である Alphabet は、US の多くの地域において、超高速ファイバ・ベースのインターネット・アクセスを展開するという、大胆な計画を有している。
 
And there’s certainly room for improvement.
 
たしかに、そこには、改善の余地が存在する。
 
fiberClick to Large >>>
 
 
Statista
 
As this chart from Statista shows, the U.S. lags way behind most other developed countries when it comes to fiber broadband. Part of the problem is simply that the U.S. is much geographically larger and more spread out than any of these countries, which creates logistical challenges when it comes to running fiber to every home. But Alphabet’s Access and Energy group also believes that the cable and telco companies who dominate internet access today have no particular incentive to build fiber out any faster, as most Americans have been stuck with one or two local providers.
 
この、Statista によるチャートが示すように、ファイバ・ブロードバンドの視点で見ると、先進国の中で US は遅れを取っている。すべての家庭にファイバで接続するという事業を展開する上で、US 固有の問題として挙げられるのは、はるかに地理的に広く、都市部が拡散しているという現実である。しかし、いまの US でインターネット・アクセスを支配しているケーブル TV やテレコムには、より高速な光ファイバを構築するための、特別なインセンティブが無いと、Alphabet の Access and Energy グループは確信している。つまり、その結果として、1社〜2社のローカル・プロバイダーに、ユーザーは依存せざるを得ないと捉えているのだ。
 
ーーーーー
google_fiberresearch_55このポストは、Google Fiber が期待される背景である、米国におけるファイバ・ネットワークの問題を指摘するものです。たしかに、面積が広くて都市部が拡散している米国よりも、領土が狭くて密度が高いヨーロッパやアジアの方が、ファイバ事業は展開しやすいのでしょう。ただし、その一方では、ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代に成りつつあります。こうしたテクノロジーとファイバの住み分けも、これからは重要になっていくでしょう。とは言え、こんなにもファイバ・サブスクリプション(FTTH/FTTP/FTTB )が浸透している、日本のインターネット・ユーザーは幸せですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Fiber:ピアリングに課金しないのは、それが Win Win Win モデルだからだ
アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた
Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?
 

Comments Off on なぜ Google Fiber は期待されるのか? その背景となる、各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!

パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!

Posted in .Chronicle, AI ML, Amazon, Apple, Facebook, Google, IBM, Microsoft, Research by agilecat.cloud on August 31, 2016
Digital Assistants – Always at Your Service
Felix Richter – Aug 26, 2016
https://www.statista.com/chart/5621/users-of-virtual-digital-assistants/
 
_ Statista
 
When people in the 1980s dreamed of the year 2016, I’m sure many imagined robotic butlers catering to our wishes while speaking in electronically distorted voices. Now that 2016 has actually arrived, we can say that we’re at least halfway there. While Alexa, Siri et al. cannot serve us cold beverages on a warm summer day, they can be quite helpful at times and they do sound slightly robotic.
 
1980年代の人々が 2016年の日常を夢みるなら、ロボット執事が電子的な声で要求に応える姿を思い浮かべるだろう。そして、実際に 2016年に到着してみると、その道の半ばまで進んできたと思えてくる。Alexa や Siri などは、暑い夏の日に冷たい飲み物を用意することができないが、きわめて役に立つときもあり、また、少しはロボットのように感じられる。
 
users_of_vdaClick to Large >>>
 
This chart shows the estimated number of users of virtual digital assistants worldwide.
 
 
According to market research firm Tractica, the use of virtual digital assistants (VDAs) is going to increase sharply over the next few years. As our chart illustrates, the number of people using digital assistants is projected to increase from 504 million this year to 1.8 billion by 2021.
 
市場調査会社ある Tractica によると、VDA (Virtual Digital Assistant) の活用が、これからの数年のうちに急増するとされる。このチャートが示すように、デジタル・アシスタントを利用するユーザー数は、今年の 5億人から、2021年の 18億に人に増えていくようだ。
 
While intelligent voice-recognition technology is currently most commonly known from smartphone-based assistants such as Siri and Google Now, Tractica expects similar solutions to be used in many more devices going forward. Amazon’s Echo, an intelligent speaker capable of performing several tasks, is just one example of how such devices could shape our homes in the near future.
 
インテリジェントな音声認識テクノロジーとして、Siri や Google Now などのスマートフォン・ベースのアシスタントが知れ渡っているが、同様のソリューションが多様なデバイスで使用されることになると、Tractica は予測している。Amazon の Echo は、いくつかのタスクを処理してくれるインテリジェントなスピーカーであるが、近未来の日常を構成するデバイスの、ほんの一例に過ぎない。
 
ーーーーー
research_55このチャートにおいて、現時点の VDA (Virtual Digital Assistant) 数は、その大半がスマフォ上の Siri/Cortana/Google Now などで占められるのでしょう。そして、Amazon の Alexa が Echo で活用されているように、デバイスの垣根を超えて、各種の VDA が活躍の場を広げていくのだと思えます。ここで予測されている 2021年の 18億人ですが、ざっくりとしたところで、世界人口の 1/4 程度になります。当然、パーソナライズされるはずですが、その対象は個人や家族だけでなく、ビジネスにおけるチームなどにも広がっていくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
 

Comments Off on パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!

スマフォ OS 戦争が終結した: それを示す1枚のチャート!

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 30, 2016
The Smartphone Platform War Is Over
Felix Richter – Aug 22, 2016
https://www.statista.com/chart/4112/smartphone-platform-market-share/
 
_ Statista
 
While the global smartphone market is as competitive as ever in terms of manufacturers fighting for the consumers’ love (and money), the long-raging platform war appears to be over. According to a recent report by Gartner, Android and iOS now account for 99 percent of global smartphone sales, rendering every other platform irrelevant.
 
グローバルにおけるスマートフォン市場では、メーカーたちが消費者の愛情と財布を狙うという意味で、これまでと同様に競合が繰り返されていが、その一方では、長年にわたるプラットフォーム戦争が終結しようとしている。Gartner の最新レポートによると、グローバル・スマートフォン売上の 99% を Android と iOS が占め、その他のプラットフォームが無意味なものにされている。
 
smartphone_platform_market_shareClick to Large >>> 
 
This chart shows the changes in smartphone operating system market share since 2009.
 
 
As the chart below illustrates that hasn’t always been the case. Back in 2010, Android and iOS devices accounted for less than 40 percent of global smartphone sales. Back then, devices running Nokia’s Symbian and BlackBerry accounted for a significant portion of smartphone sales and Microsoft’s market share stood at 4.2 percent.
 
このチャートを見れば、Android と iOS による独占が、以前からの現象ではなかったことが分かる。2010年の時点に戻ると、この 2つの OS を搭載するデバイスは、グローバル・スマートフォン販売台数の 40% 以下を占めるに過ぎない。その当時は、Nokia の Symbian と BlackBerry を搭載するデバイスが、スマートフォン販売台数の大部分を占め、また、Microsoft のマーケット・シェアも 4.2% あった。
 
While Symbian is long extinct and BlackBerry has started transitioning to Android devices, Microsoft has not yet given up on Windows 10 Mobile as a platform aimed at professional users. Whether Windows, or any other platform for that matter, stands a chance against the dominance of Android and iOS at this point seems highly doubtful though.
 
Symbian は絶滅し、BlackBerry は Android デバイスへと移行を開始し、諦めていないのは Microsoft だけとなった。同社は、プロフェッショナル・ユーザー向けのプラットフォームとして、Windows 10 Mobile をプッシュしている。Windows や、その他のプラットフォームが、依然として Android と iOS の支配に立ち向かう、チャンスを狙っているのだろうか? ここまでくると、かなり疑わしいと思われる。
 
ーーーーー
mobile_55この、Gartner の調査をベースにしたチャートは、出荷台数をベースにしたものであり、また、2016年の数字は 1月〜6月の累計となっています。今年の 3月には、「iOS と Android の 占有率は、もはや動かないのか? 7年間のモバイル OS の攻防を1枚のチャートで!」という抄訳をポストしましたが、2015年の内訳は、Android が 81.6% で、iOS が 15.9% でした。その時と比べて、さらに Android が伸びています。強いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
スマフォの浸透率が、シルバー世代でも高まっている:米調査結果を1枚のチャートで!
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple にはクラウドでの成功が不可欠なのか?
 

Comments Off on スマフォ OS 戦争が終結した: それを示す1枚のチャート!

欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

Posted in Advertising, Asia, Baidu, Google, Research by agilecat.cloud on August 24, 2016
Google Rules The West, Baidu Top In China
Martin Armstrong – Aug 11, 2016
https://www.statista.com/chart/5472/google-rules-the-west-baidu-top-in-china/
 
_ Statista
 
In the USA and Europe, Google absolutely dominates the search engine market with the likes of Yahoo and Bing left to play mere bit parts. From its Mountain View headquarters in California, Google can also lay claim to predominantly being the search market leader in the rest of the world.
 
USA や Europe では、Google が検索エンジンのマーケットを圧倒的に支配している。そして、Yahoo や Bing などは、このマーケットの一部を構成するに過ぎない。この、Mountain View, California に本拠を構える Google は、USA 以外のマーケットにおいても、絶対的なリーダーとして君臨している。
 
google_baiduClick to Large >>> 
 
This infographic shows search engine market shares based on traffic in July 2016
 
There are, however, some exceptions. In China, Baidu is the undisputed number one. In 2010, Google withdrew from the country due to censorship issues and has since then had no access to one of the largest advertising markets in the world. According to a forecast from the Statista Digital Market Outlook, 26.5 percent of all search engine advertising revenue is generated in China. That adds up to more than 24 billion US dollars.
 
しかし、いくつかの例外も存在する。China においては、Baidu が誰もが認めるナンバーワンである。検閲が問題となり、2010年に撤退してからというもの、この世界で最大の広告市場に Google はアクセスしていない。Statista の Digital Market Outlook によると、すべての検索エンジンにおける広告収入の 26.5% が、Chinaで発生していようだ。そして、この検索エンジン・マーケットに、$24 billion 以上の売上を上乗せしているのである。
 
More data on the development of the search engine market can be found in the free Statista market report ‘Digital Advertising: Search‘.
 
検索エンジン・マーケットの成長に関しては、Statista が提供する Digital Advertising: Search を参照して欲しい。
 
ーーーーー
AdBaidu のシェアと売上が、だんだんと明らかになってきました。そして、クラウド・アドの世界の住み分けが見えてきました。主として Google と Facebook で構成される、欧米のクラウド・アドの売上は $80 billion 〜 $90 billion 前後と言われていますので、Baidu の $24 が 26.5% に相当するという分析も、大まかなところで辻褄があっています。それにしても、中国市場の成長ぶりがスゴイですね。全体としての経済成長が鈍化している中国ですが、この Baidu と、Alibaba や Tencent などが、新しい経済を生み出しているのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google と Facebook と Baidu が Top-10:世界のディジタル広告売上ランキングとは?
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on 欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

まだまだ伸びるデジタル広告の世界:2021までの成長予測を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on August 18, 2016
The Digital Ad Market Still Has Room to Grow
Felix Richter, Aug 4, 2016
https://www.statista.com/chart/5421/digital-ad-market-growth/
 
_ Statista
 
Over the past decade, digital advertising has grown to become a huge business. Companies such as Google and Facebook rake in $10+ billion a year selling ad space on their various platforms and, just as the market as a whole, they show no signs of slowing down.
 
この10年間において、デジタル広告は巨大なビジネスに成長した。Google や Facebook といった企業は、さまざまなプラットフォームの広告スペースおいて、年間で $10 billion + という売上をかき集めている。そして、このマーケット全体としては、依然として減速の兆候は見られない。
 
digital_ad_market_growthClick to Large >>>
 
This chart shows estimated worldwide digital advertising revenue in 2016 and 2021.
 
このチャートは、2016年と 2021年における、グローバルでのデジタル広告売上を推測するものである。
 
According to data from Statista’s Digital Market Outlook, search advertising is the largest piece of the digital advertising pie with global revenues amounting to $91 billion this year. Banner advertising ranks second with $43.5 billion in estimated revenue.
 
Statista の Digital Market Outlook によると、このデジタル広告における最大のマーケットは、検索に関連する広告である。今年のグローバルで売上高は $91 billion であり、その後に続くのが、バナー広告の $43.5 billion となる。
 
Statista’s analysts expect the digital ad market to grow at an average rate of 10.9 percent over the next five years, with social media and video advertising outpacing the overall market’s growth. For more insights and digital advertising trends, download our free market report “Digital Advertising: Banner”.
 
Statista のアナリストたちは、これから 5年間でのデジタル広告のマーケットは、10.9% という速度で成長すると予測している。そして、ソーシャル・メディアとビデオの成長が、このマーケットの平均を上回るスピードで伸びるとも述べている。デジタル広告に関する動向と、より詳細な洞察に興味があるなら、Stasista の Digital Advertising: Banner をダウンロードして欲しい。
 
ーーーーー
Adこの 6月にポストした、「Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?」という抄訳には、「これまでの 10年の間に、広告メディアとしてのインターネットは印刷媒体を追い抜き、テレビに続く二番目のポジションへと昇ってきた」という解説がありました。以前から、このデジタル広告の世界では、ソーシャルとビデオが伸びると予測されていましたが、検索とバナーに関しても、まだまだ成長の余地があるのですね。いずれは、このデジタル広告の世界が、テレビをも追い抜いいていくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: その脅威の成長エンジンをチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績をチャートで!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向をチャートで!
Instagram の広告がスゴイ! Facebook レベルの 収益性が見えてきた!
Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! 
 

Comments Off on まだまだ伸びるデジタル広告の世界:2021までの成長予測を1枚のチャートで!

Cloud の調査: 2016年 Q1 のパブリック・クラウドは、記録破りの成長を達成したようだ!

Posted in .Chronicle, Amazon, Businesses, Google, IBM, Microsoft by agilecat.cloud on August 8, 2016
Cloud Computing: 50 Percent Growth in First Quarter
Dick Weisinger – August 1st, 2016
http://formtek.com/blog/cloud-computing-50-percent-growth-in-first-quarter/
_ formtek
The cloud computing market grew at a breakneck rate of 50 percent during the first quarter of 2016.  In just those three months, $7 billion was spent on cloud services, according to a report by Synergy research.
 
クラウド・コンピューティングの市場は、2016年 Q1 において、50% という猛烈なスピードで成長した。その、わずか3ヶ月の間で、$7 billion がクラウド・サービスに費やされたと、Synergy Research がレポートしている。
 
Seurat_1John Dinsdale, Synergy’s chief analyst, said that “this is a market that is so big and is growing so rapidly that companies can be growing by 10-30% per year and might feel good about themselves and yet they’d still be losing market share.”
 
Synergy の Chief Analyst である John Hinsdale は、「このマーケットは、きわめて巨大であり、また、急速に成長している。いくつかの企業が、年率で 10%〜30% というペースで成長しており、自身の業績を順調だと捉えているのだろうが、そのような成長率でも、マーケット・シェアを失っていることになるのだ」と述べている
 
Results of another report, the HyTrust survey of the state of the cloud, a survey of 500 US and UK IT professionals found that:
 
別のレポートについても紹介しておこう。500人の IT プロフェッショナルを対象として、HyTrust が米国と英国で実施した The State of the Cloud という調査では、以下のような状況が伝えられている。
 
  • Three quarters of organizations plan to move more some of their data and system software to the public cloud this year
  • Disaster recover is the top motivator for being able to move to the cloud
  • Microsoft Azure is the top public cloud choice (32 percent) among organizations [which differs from other survey results like the Synergy report], according to the HyTrust report. 24 percent plan to move to VMWare and 22 percent plan on using Amazon Web Services (AWS).
 
  • 対象となる組織の 3/4 が、自身のデータとシステム・ソフトウェアの一部を、年内にパブリック・クラウドに移行することを計画している。
  • パブリック・クラウドへの移行に際し、最大のモチベーションとなるのは DR (Disaster Recover) である。
  • HyTrust のレポートによると、それらの組織が選んだ、トップ・パブリック・クラウドは Microsoft Azure となる (32% という支持率であるが、Synergy のレポートとは異なる結果である)。また、24% の企業が VMware への移行を計画し、22% の企業が Amazon Web Services を(AWS)を使用している。
 
ーーーーー
On Mondayまず、Synergy Research のレポートですが、依然として AWS がトップを走り、それに Microsoft/IBM/Google が続くという状況が示されています。つまり、文中の HyTrust のレポートとは、かなり結果が異なるものとなっています。調査対象の設定により、このような差異が生じるのでしょうが、いずれにせよ、パブリック・クラウドが伸びていることに違いは有りません。素晴らしい! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
Shadow IT の調査: シャドウ IT アプリが、この2年間で 30倍にも増大している
Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?
Data Security の調査: 政府が要求する情報開示と、暗号化の関係とは?
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
 

Comments Off on Cloud の調査: 2016年 Q1 のパブリック・クラウドは、記録破りの成長を達成したようだ!

%d bloggers like this: