Agile Cat — in the cloud

まだまだ伸びるデジタル広告の世界:2021までの成長予測を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on August 18, 2016
The Digital Ad Market Still Has Room to Grow
Felix Richter, Aug 4, 2016
https://www.statista.com/chart/5421/digital-ad-market-growth/
 
_ Statista
 
Over the past decade, digital advertising has grown to become a huge business. Companies such as Google and Facebook rake in $10+ billion a year selling ad space on their various platforms and, just as the market as a whole, they show no signs of slowing down.
 
この10年間において、デジタル広告は巨大なビジネスに成長した。Google や Facebook といった企業は、さまざまなプラットフォームの広告スペースおいて、年間で $10 billion + という売上をかき集めている。そして、このマーケット全体としては、依然として減速の兆候は見られない。
 
digital_ad_market_growthClick to Large >>>
 
This chart shows estimated worldwide digital advertising revenue in 2016 and 2021.
 
このチャートは、2016年と 2021年における、グローバルでのデジタル広告売上を推測するものである。
 
According to data from Statista’s Digital Market Outlook, search advertising is the largest piece of the digital advertising pie with global revenues amounting to $91 billion this year. Banner advertising ranks second with $43.5 billion in estimated revenue.
 
Statista の Digital Market Outlook によると、このデジタル広告における最大のマーケットは、検索に関連する広告である。今年のグローバルで売上高は $91 billion であり、その後に続くのが、バナー広告の $43.5 billion となる。
 
Statista’s analysts expect the digital ad market to grow at an average rate of 10.9 percent over the next five years, with social media and video advertising outpacing the overall market’s growth. For more insights and digital advertising trends, download our free market report “Digital Advertising: Banner”.
 
Statista のアナリストたちは、これから 5年間でのデジタル広告のマーケットは、10.9% という速度で成長すると予測している。そして、ソーシャル・メディアとビデオの成長が、このマーケットの平均を上回るスピードで伸びるとも述べている。デジタル広告に関する動向と、より詳細な洞察に興味があるなら、Stasista の Digital Advertising: Banner をダウンロードして欲しい。
 
ーーーーー
Adこの 6月にポストした、「Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?」という抄訳には、「これまでの 10年の間に、広告メディアとしてのインターネットは印刷媒体を追い抜き、テレビに続く二番目のポジションへと昇ってきた」という解説がありました。以前から、このデジタル広告の世界では、ソーシャルとビデオが伸びると予測されていましたが、検索とバナーに関しても、まだまだ成長の余地があるのですね。いずれは、このデジタル広告の世界が、テレビをも追い抜いいていくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: その脅威の成長エンジンをチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績をチャートで!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向をチャートで!
Instagram の広告がスゴイ! Facebook レベルの 収益性が見えてきた!
Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! 
 

Comments Off on まだまだ伸びるデジタル広告の世界:2021までの成長予測を1枚のチャートで!

Twitter の成長が完全に止まった:それを示す1枚のチャート! 

Posted in .Chronicle, Facebook, Instagram, Research, Social, Tencent, Twitter, WhatsApp by agilecat.cloud on August 10, 2016
Competition Leaves Twitter in the Dust
Felix Richter – Jul 27, 2016
https://www.statista.com/chart/5358/twitters-user-growth-in-perspective/
 
_ Statista
 
When Twitter reported its results for the second quarter of 2016 on Tuesday, the company once again disappointed its investors with lackluster user growth. Instead of reaccelerating its user growth, Twitter basically flatlined. Now at 313 million monthly active users, Twitter added just 3 million users in the past three months and no more than 11 million since the first quarter of 2015.
 
この火曜日 (7/26) に、Twitter が 2016年 Q2 の収支を報告したが、ユーザー数の伸びに精彩を欠き、投資家たちを失望させた。Twitter のユーザー数は、成長を再加速させるというより、死につつあるという状況なのだ。この3ヶ月間で、Twitter は 300万のユーザーを積み上げ、MAU (Monthly Active Users) を 3.13億人に伸ばした。しかし、2015年 Q1 と比較すると、わずか 1100万人を追加したに過ぎない。
 
twitters_user_growthClick to Large >>>
 
This chart compares Twitter’s long-term user growth to that of the company’s competitors.
 
このチャートは、Twitter と競合他社の、長年にわたるユーザー数の成長を比較している。
 
 
As our chart illustrates, Twitter’s competitors have overtaken the company left and right in the past years. Instagram recently passed the 500 million user mark while WhatsApp, WeChat and of course Facebook are long out of Twitter’s sight.
 
当社のチャートが示すように、数年の間にライバルたちが、一斉に Twitter を追い抜いていった。最近では、Instagram が5億ユーザーに達したが、WhatsApp や WeChat 、そしてFacebook は、Twitter の視野から消え去っている。
 
ーーーーー
twitter-55aこうして比較してみると、WhatsApp と WeChat という、メッセンジャー系の伸びが顕著ですね。この機能は、Twitter にもあるのですが、なぜ、活かすことができなかったのでしょうか? とても簡単にアカウントを作れて、また、廃棄できることが、Twitter の特徴でもあるのですが、これではアカウントが大切にされません。反対に、Facebook は実名主義であるため、メッセンジャーとの整合性も取れていますし、ページとの連携もスマートに処理されています。インターネット自体が匿名から実名へと、ゆるやかにシフトしているように思えますが、Facebook と Twitter の明暗が、それを印象付けているのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
FB も IG も歯が立たない、Pinterest とショッピングの関係を1枚のチャートで!
Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
 

Comments Off on Twitter の成長が完全に止まった:それを示す1枚のチャート! 

Yahoo と AOL: この Verizon 傘下の二社を合わせると、Web トラフィックにおける米チャンピオンとなる!

Posted in .Chronicle, Facebook, Google, Research, Yahoo by agilecat.cloud on July 27, 2016
With the Yahoo deal, Verizon will pass Google and Facebook to become the biggest web network
Matt Rosoff – July 25, 2016
http://www.businessinsider.com/yahoo-and-aol-combined-get-more-viewers-than-google-or-facebook-2016-7?
 
_ Business Insider
 
You might not think of Verizon as a web powerhouse, but with the purchase of Yahoo, it has the potential to own the biggest audience of online users in the United States.
 
Verizon は Web の大国と捉えられていないだろうが、Yahoo を買収することで、US で最大のオンライン・ユーザーを抱える、大きな存在になるのかもしれない。
 
Yahoo_AOL
Statista
 
This chart from Statista shows ComScore’s June 2016 measurements of visitors to the most popular networks of web properties in the United States. Yahoo has long been number three behind Google and Facebook, and now has about 206 million unique visitors. Verizon also owns AOL’s network of sites, including properties like the Huffington Post, Engadget, and TechCrunch, which account for another 153.6 million.
 
この Statista のチャートは、6月に実施された comScore の調査結果をマトメたものであり、US で最も人気のあるネットワークへの、2016年におけるビジターの測定値を示すものである。Yahoo は、約2.06億人のユニーク・ビジターを持ち、Google と Facebook を追いかける三番手のポジションを、長期間にわたり維持している。また、Verizon は AOL のネットワークも所有しており、その傘下にある Huffington Post/Engadget/TechCrunch などを合算すると、1.536億人というユニーク・ビジターが加算される。
 
There’s almost certainly overlap between the two audiences, so the total will be somewhat less than the 359.4 million you’d get if you simply add the two audiences together. But the total could certainly be bigger than Google’s monthly US traffic of 241.9 million.
 
Yahoo と AOL にアカウントを持つという、重複するユーザーもいるはずなので、両者を合算しても 3.594億人を下回るオーディエンスになるだろう。とは言え、US における月間のトラフィックとしては、Google の持つ 2.419億人を、確実に上回ると推定される。
 
ーーーーー
yahooついに 米Yahoo が、Verizon に買収されてしまいます。寂しいというか、時代の流れというか、そんな感傷に浸ってしまう出来事です。いくつかのメディアが報道しているように、おそらく Verizon は、Yahoo と AOL を連携させることで、なんらかの相乗効果を生み出そうとするはずです。二年ほど前に、「広告ビジネス: Yahoo と AOL を統合しろという声があるが、Google と Facebook は止められない」という抄訳をポストしましたが、その中に含まれるチャートを見ると、広告に関しては、それほど容易な道筋ではないようです。これからの二社の動きに注目ですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
Yahoo が Snapchat に出資か? $10 billion になるというウワサも流れている
Yahoo の ロゴが新しくなる : その候補を Youtube で!
Yahoo と Marissa Mayer の新体制: Pinterest からスター・エンジニアを GET!
 

Comments Off on Yahoo と AOL: この Verizon 傘下の二社を合わせると、Web トラフィックにおける米チャンピオンとなる!

ニュース・メディアへの導線で Facebook が Google を上回る: 驚きの展開を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on July 23, 2016
Online news sites get 80% of their readers from two sources: Facebook and Google
Matt Rosoff – Jun. 30, 2016
http://www.businessinsider.com/where-online-news-sites-get-their-readers-facebook-and-google-2016-6
 
_ Business Insider
 
 On Wednesday, Facebook caused quite a stir among journalists and news companies when it acknowledged that it was changing the mix of material Facebook users would see in their News Feeds. The company said it was going more back toward its roots, favoring updates from friends and families, and showing less news.
 
6月29日のことだが、ある事実が認められたことで、騒然とした雰囲気がジャーナリストやニュース・メディアを包み込んだ。それは、Facebook ユーザーが News Feed で参照する、コンテントの変化に関するものである。以前の Facebook は、友人や家族からのアップデートが好まれ、ニュースの参照は少ないという、ソーシャルメディアとしての基本に立ち戻ると述べていた。
 
Facebook_Google
Statista
 
This chart from Statista shows why this is such a big deal. Facebook is now the number-one source of referrals to news sites, according to January-February 2016 data from Parse.ly, a digital media analytics provider. Google is right behind it, and the two of them together provide almost 80% of all traffic to news sites. If you broaden the categories beyond specific brands, 86% of traffic comes from social (including sources like Twitter) and search (Google, Bing, Yahoo, and others).
 
しかし、Statista のチャートを見ると、大きな変化が生じていることが分かる。デジタル・メディアを分析する Parse.ly の、2016年 1月〜2月のデータによると、ニュース・メディアへと誘導する No.1 のサイトとして、Facebook が踊り出ているのだ。Google が僅差で続くが、この二社を合わせると、ニュース・サイトへと向かう全トラフィックの、ほぼ 80% を占めていることが分かる。そして、Twitter などを含むソーシャル・メディアおよび、Bing や Yahoo などを含む検索サイトにまで範囲を広げると、その比率は 86% にまで拡大しているのだ。
 
ーーーーー
research_55ついに、この日がやってきたという感じがします。 Agile Cat も、Facebook にページを持ち、ポストへと誘導していますが、 その参照数が Google 検索と同じレベルに伸びてきたと、昨年あたりから感じるようになっていました。依然として、古いポストへの導線は Google 検索がメインですが、新しいポストへの導線としては、Facebook の方が勝るという状況です。つまり、Agiel Cat の Facebook ページにイイネを下さった、みなさんの Facebook News Feed が、このブログへの入口として、素晴らしい役割を担っているわけです。それは、すべてのニュース・メディアにとって言えることであり、また、世界のトレンドなのだと、文中のチャートが示しているのでしょう。数年前には、予想もしなかった展開に、正直なところ、驚いています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告ランキングとは?
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: その脅威の成長エンジンをチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
 

Comments Off on ニュース・メディアへの導線で Facebook が Google を上回る: 驚きの展開を1枚のチャートで!

Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!

Posted in .Selected, Asia, Facebook, Microsoft, Network by agilecat.cloud on June 24, 2016
Microsoft-Facebook laying trans-Atlantic Internet line
May 27, 2016
http://www.straitstimes.com/tech/microsoft-facebook-laying-trans-atlantic-internet-line
 
_straits_times
 
SAN FRANCISCO (AFP) – Microsoft and Facebook on Thursday (May 26) announced they will work together to lay a high-speed Internet cable across the bottom of the Atlantic Ocean.
 
SAN FRANCISCO(AFP) – 5月26日のことだが、Microsoft と Facebook は、大西洋の海底に高速インターネット・ケーブルを敷設するために協力すると発表した。
 
A new, sub-sea “Marea” cable was expected to be completed by late 2017, with the aim of meeting growing demand by the tech companies’ customers for fast, reliable data connections.
 
そして、この新しい海底ケーブル Marea は、2017年の後半には開通する予定であり、テック・カンパニーの顧客たちに高速/高信頼のデータ接続を提供すると期待されている。
 
cables27PHOTO: PRIMETRICA
 
“As the world is increasingly moving toward a future based on cloud computing, Microsoft continues to invest in our cloud infrastructure to meet current and future growing global demand for our more than 200 cloud services,” Microsoft data centre strategy general manager Christian Belady said in a release.
 
Microsoft の Data Centre Strategy GM である Christian Belady は、「この世界が、クラウド・コンピューティングへの依存度を高めるにつれて、Microsoft は現在と将来のクラウド・インフラに対して継続的に投資し、私たちの200種類以上のクラウド・サービスの、グローバルでの成長を達成していく」とリリースで述べている。
 
Marea will be the highest-capacity sub-sea cable ever crossing the Atlantic, with an expected capacity of some 160 terabytes per second of data, according to the companies. The 6,600km cable system will also be the first connecting the United States and southern Europe, running from Northern Virginia to Bilbao, Spain, said Microsoft and Facebook.
 
Marea のキャパシティは 160 Tbps (terabytes per second) であり、大西洋を横断する海底ケーブルとしては、これまでで最大級のものになると、同社はコメントしている。また、Microsoft と Facebook は、この 6,600km のケーブルは、North America (Northern Virginia) と Sourh Europe (Bilbao, Spain) をつなぐ、初めてのものになると述べている。
 
From Spain, the data network will link to hubs in Africa, Asia, the Middle East and other parts of Europe, according to the companies. Microsoft and Facebook said that they are working with global communications company Telxius, owned by Telefonica, on the cable project.
 
この Spain に陸揚げされるデータ・ネットワークは、Africa/Asia/Middle East/Europe の各ハブにリンクされる。そして Microsoft と Facebook は、この海底ケーブル・プロジェクトでは、Telefonica 傘下のグローバル通信企業である、Telxius と協業していると述べている。
 
“We’re always evaluating new technologies and systems in order to provide the best connectivity possible,” said Facebook vice-president of network engineering Najam Ahmad. “We want to do more of these projects in this manner – allowing us to move fast with more collaboration.”
 
Facebook の VP of Network Engineering である Najam Ahmad は、「私たちは、最善のコネクティビティを提供するために、新しいテクノロジーやシステムを常に評価している。さらなるコラボレーションへ向けて加速していくために、こうしたプロジェクトを数多く実現したいと思っている」と述べている。
 
ーーーーー
Networkそれにしても、160 Tbps はスゴイの一言ですね。Google が太平洋に施設した FASTER が 60 Tbps ですから、それと比較してみれば Marea の規模が伺い知れます。アメリカとヨーロッパをつなぐケーブルの話なので、最初はセーフ・ハーバーに関連するものかと思いましたが、それならアイルランドやイギリスに陸揚げされますよね。シンガポールから西へ向かう SEA-WE-ME 5 が、すでにフランスに陸揚げされたようです。この 2つの海底ケーブルが接続されると、アジアと世界が、ますます近くなっていきます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
2015 Infrastructures: アジアのインフラ投資が、グローバルな潮流を生み出す
激変のインターネット人口動態: インドが4億人に達し、二位のアメリカを追い抜く!
NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに! 北米/東南アジアとの距離が削られていく!
100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!
 

Comments Off on Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!

Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?

Posted in Advertising, Baidu, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on June 10, 2016
The World’s Largest Media Companies
Felix Richter – Jun 1, 2016
https://www.statista.com/chart/4943/top-10-media-companies/
 
_ Statista
 
Over the past decade, the internet has replaced print media to become the second most important advertising medium behind television. The rise of digital advertising is reflected in Zenith Optimedia’s annual ranking of the world’s largest media companies.
 
これまでの 10年の間に、広告メディアとしてのインターネットは印刷媒体を追い抜き、テレビに続く二番目のポジションへと昇ってきた。世界で最大のメディア企業をランキングする、今年の Zenith Optimedia レポートにも、その結果が反映されている。
 
top_10_media_companiesClick to Large >>> 
 
 
The five digital companies ranked in the Top 30, namely Google, Facebook, Baidu, Yahoo and Microsoft who represent 65 percent of the global internet advertising market, now account for more than one third of all revenues generated by the Top 30 media owners in the world. The ranking includes all revenues from businesses that support advertising including non-ad-revenues such as circulation revenues.
 
Top-30 中の Top-5 である、Google/Facebook/Baidu/Yahoo/Microsoft は、世界のインターネット広告市場の 65% を占有している。つまり、世界の Top-30 メディアが生み出す収益の、1/3 以上を占めているのだ。このランキングは、すべての広告収益から構成されているが、その中には、サブスクリプションなどによる非広告収益も含まれている。
 
As the below chart illustrates, Google far outranks any other company in the world in terms of media revenue. The company generates tens of billions of dollars every year selling advertising across its popular online services, most importantly Google Search.
 
このチャートが示すように、メディアの収益という面では、Google が図抜けた存在となっている。同社は、人気のオンライン・サービスで $60 billions 前後の広告売上を計上しているが、
その中で最も大きな割合を占めるのは Google Search である。
 
This chart ranks the Top 10 media companies in the world based on their media revenue in financial year 2014.
 
このチャートは、世界の Top-10 メディア企業を、それぞれの会計年度 2014 の収益でランク付けしている。
 
ーーーーー
Ad2014年の末に、同じような調査を BI Intelligence が実施していましたが、その時には Google $70B、Time Warner $30B、Facebook $18B、、、というランキングになっていました。大まかなところで一致しているのでしょうが、この Zenith Optimedia の調査で目新しいのは、Baidu が 8位に示されている点です。コマースの Alibaba や、ペイメントの Tencent が躍進している状況を見れば、広告産業も伸びているはずと予測できますが、その担い手は、やはり Baidu の検索なのでしょう。グローバルの Google を比較することで、中国市場の規模を推測する指標になりそうですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?

AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう

Posted in AI ML, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, On Monday by agilecat.cloud on May 30, 2016
Artificial Intelligence: 2016 Shaping up to be the “Year of the Bot”
Dick Weisinger – May 25th, 2016
http://formtek.com/blog/artificial-intelligence-2016-shaping-up-to-be-the-year-of-the-bot/
_ formtek
Software robots, also known simply as ‘bots’ are suddenly coming at us from everywhere.  And it may just be the beginning.  Bots are software agents that are able to automate and speed the completion of tasks.  Wikipedia describes bots as software components designed to “perform tasks that are both simple and structurally repetitive, at a much higher rate than would be possible for a human alone.”
 
「ボット」と呼ばれるソフトウェア・ロボットは、どこからとなく、突然のように、私たちの側にやってくる。しかし、それは、単なる始まりに過ぎない。ボットはソフトウェア・エージェントでもあり、あらゆるタスクを自動化することで、その効率を高めていく。Wikipedia には、「単純なタスクだけではなく、構造化された反復タスクのためにデザインされ、人間の能力よりも遥かに高速に目的を達成していく」と、このソフトウェア・コンポーネントとしてのボットが説明されている。
 
Chagall_2Web bots that scour the internet for building updates to the search index of search engines like for Google and Bing have been around for some time.  But as computing hardware capabilities continually advance and as voice-assistant technologies like Siri, Cortana, Google Now and Amazon Echo improve, bots are becoming more sophisticated in what they can do and how they can help us.
 
Web ボットは、時間をかけてインターネットを調べまわり、検索エンジンから取り出したインデックスを更新していくが、それらの元になるのは、Google や Bing といったそれを検索エンジンである。そして、ハードウェアの能力が高まり、Siri/Cortana/Google Now/Amazon Echo といったボイス・アシスタント・テクノロジーが進化するにつれて、ボットによるユーザーへの支援は、さらに洗練されたものとなってきた。
 
David Parry, Manager at HP Innovation, told CNNMoney that “[Eventually, bots will be] able to handle very administrative tasks in a very easy way — reservations, hotels, banking — as AI is able to anticipate needs and proactively talk to you, it’ll get more exciting.”
 
HP Innovation の David Parry は、「これから先、AI がニーズを先取りし、積極的に会話するようになれば、ホテルの予約や銀行からの振り込みといったタスクを、ボットは簡単に実現していくだろう。それは、とても興味深いことである」と、CNNMoney に語っている
 
Steven Milunovich, UBS analyst, said that “In China, WeChat provides high functionality, such as paying bills, hailing a cab and checking into flights through apps within apps. ”
 
UBS のアナリストである Steven Milunovich は、「China においては、WeChat が高度な機能を提供している。このメッセージ・アプリに、他のアプリを追加することで、現金の支払/タクシーの予約/航空券の予約などを実現している」と述べている
 
Both Microsoft and Facebook have recently launched bot initiatives.  Both companies have introduced developer tools to help build bots that will run on their platforms.  Facebook has a bot platform available for its Messenger product.
 
最近のことだが、Microsoft と Facebook が、ボットに対する取り組みを開始している。この両社は、自身のプラットフォーム上で動作するボットの構築を促進するために、開発者たちにツールを提供しているのだ。ちなみに、Facebook のボット・プラットフォームとは、同社の Messenger プロダクトのことである。
 
Satya Nadella, Microsoft CEO, said that “Bots are the new apps.  An AI assistant will be a personal digital assistant that knows you, knows your world and is always with you across all your devices”.
 
Microsoft CEO の Satya Nadella は、「ボットは、新しいアプリである。あなたを知り、あなたの世界を知る、AI を活用するパーソナル・デジタル・アシスタントが台頭してきた。それは、あなたのデバイスに住みつき、常に行動をともにする」と述べている
 
Mark Zuckerberg, Facebook CEO, said that “No one wants to have to install a new app for every business or service they want to interact with.  We think you should be able to just message a business in the same way you message a friend.”
 
Facebook CEO の Mark Zuckerberg は、「ユーザーたちは、サービスを受けるために、新しいアプリをインストールすることなど考えてはいない。私たちが考えているボットでは、トモダチにメッセージを送るのと同じ操作で、さまざまなサービスを使えるようになる。もちろん、それはビジネスでも有効となる」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayまずは、言葉の理解から始まるのだと思いますが、いまのスマフォに搭載されるパーソナル・アシスタントは、みなさん優秀なのですね。先週の Microsofr de:code キーノートでも、Cortana が大活躍していました。言い換えるなら、スマフォの役割として際立つのが、パーソナル・アシスタントとしての能力であり、すでにデバイス自体を超える存在になってきているのです。そして、このパーソナル・アシスタントには、スマフォからアクセスするときもあれば、何らかのヘッドセットからアクセスするときもある、、、というふうに変化していくのでしょう。ディジタル空有に住む、私たちのボットの未来に期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
 

Comments Off on AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう

IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Cisco, Facebook, Google, IBM, IoT, Research, Salesforce by agilecat.cloud on May 19, 2016
There’s a new thing called ‘fog computing’ and no, we’re not joking
Julie Bort – Mar 3. 2016
http://www.businessinsider.com/cisco-other-enterprises-promote-fog-computing-2016-5
 
_ Business Insider
 
By now, you’ve probably heard of cloud computing.
 
いまでは、もう、クラウド・コンピューティングを知らない人はいないだろう。
 
That’s where companies rent shared software, computers, and storage instead of buying and installing it all themselves. They pay for their usage via subscriptions, accessing it over the internet.
 
その世界では、ユーザー企業がハードウェア/ソフトウェアを購入し、すべてを自分でインストールする必要がなくなり、共有のソフトウェア/コンピュータ/ストレージを借りうけるだけで、すべてが済んでしまう。必要なことは、インターネット経由でのアクセスだけであり、サブスクリプション契約に基づき、使用量に応じて対価を支払うことになる。
 
networkpixabay
 
Cloud computing is all the rage right now, on track to be a $10 billion business for Amazon in 2016; Microsoft hopes it will become a $20 billion business by 2018, and Google thinks it will become bigger than its internet ad business by 2020.
 
クラウド・コンピューティングは、いまのトレンドであり、2016年の Amazon は、$10 billion ビジネスの起動にのせている。また、Microsoft は 2018年までに、$20 billion ビジネスへの進展を期待し、Google は 2020年までに同社のアド事業とクラウド事業が逆転すると考えている。
 
So what comes after the cloud? If you ask Cisco, it’s something called “fog computing.”
 
それでは、クラウドの後には、何が来るのだろう? そんな質問を Cisco に投げれば、フォグ・コンピューティングという答えが返ってくるはずだ。
 
Last month, Cisco was joined by other industry leaders including Intel, Microsoft, ARM, Dell, and Microsoft to back a new “fog computing” consortium, the OpenFog initiative. It sounds like something straight from a Saturday Night Live parody skit, but it’s not.
 
この 4月のことだが、Cisco は Intel/ARM/Dell/Microsoft といった業界のリーダーたちと共に、フォグ・コンピューティングを支援するコンソーシアムである、OpenFog イニシアチブを立ち上げた。まるで、Saturday Night Live パロディス寸劇のように聞こえるが、決してそのようなものでは無い。
 
Later this month, the consortium is holding a conference at Princeton University. Princeton is leading the research into fog computing.
 
また、同月の後半に、このコンソーシアムは Princeton University でカンファレンスを開催している。ちなみに、Princeton はフォグ・コンピューティングの研究における第一人者なのである。
 
Why Cisco wants this
 
So what exactly is it? To understand fog computing, you first have to understand cloud computing. In cloud computing, everyone shares the same massive data centers. You run an app on your phone in your home town, but the back-end computers may be in Virginia, or California, or Ireland, etc.
 
それを正確に表現するには、どのようにしたら良いのだろう? フォグ・コンピューティングを理解するには、先にクラウド・コンピューティングを理解する必要がある。クラウド・コンピューティングにおいては、誰もが大規模データセンターを共有している。あなたが自宅で、自分のスマフォからアプリを走らせるにしても、そのためのバック・エンド・コンピュータは、Virginia や California にあっても良く、さらに言うなら Ireland にあっても構わないのだ。
 
Cisco_Way_VTA_2165_09Wikimedia
 
But with fog computing, computers and storage are scattered all over, perhaps placed closer to the app’s users. The network is smart enough to know where the data is stored.
 
しかし、フォグ・コンピューティングにおいては、コンピュータやストレージが随所に散在し、アプリを利用するユーザーの近くに配置されるだろう。したがって、そのためのネットワークは、データの格納場所を知るという点で、きわめて洗練されたものになる必要がある。
 
With the network as the star, you can see why Cisco is championing this idea. It means selling a lot more high-end, very profitable network equipment to connect a lot more computers and data centers.
 
この星図のようなネットワークを想像すれば、このアイデアを Cisco が支持する理由が見えてくる。つまり、大量のコンピュータとデータセンターを接続するための、きわめて有益なハイエンド・ネットワーク機器を、大量に販売できるのである。
 
Cisco has been largely left out of the cloud computing revolution.
 
正直なところ、いまの Cisco は、クラウド・コンピューティングの革命から、かなり取り残されている。
 
As its customers move to the cloud, they need to buy less networking equipment. Meanwhile, some of the biggest cloud operators, like Facebook and Microsoft, have invented their own, new low-cost network equipment.
 
同社の顧客がクラウドへと移行するにつれて、ネットワーク機器を販売する機会が減っている。その一方で、Facebook や Microsoft といった大手クラウド事業者は、低コストのネットワーク装置を、自ら考案/開発している。
 
As for the rest of the traditional IT players (Intel, Dell, Microsoft, ARM), if “fog computing” takes off they stand to gain, too. Lots of computers scattered everywhere means selling lots of computer servers and operating systems and chips.
 
また、従来からのITプレイヤー (Intel/Dell/Microsoft/ARM) たちも、フォグ・コンピューティングが離陸するなら、この試みに賛同するだろう。つまり、大量のコンピュータが随所に散在するなら、大量のサーバー/OS/チップを販売できるのだ。
 
Will it take hold?
 
Just because it’s in Cisco’s self-interest to promote fog computing, doesn’t mean it won’t be a real thing someday.
 
ただし、それはフォグ・コンピューティングを推進する際の、Cisco 自身の利益を説明する話であり、いつまで待っても本物にならないという意味ではない。
 
Screen Shot 2016-05-19 at 5.49.07 AMWikipedia
 
The name “fog” is new, but the general concept isn’t. It used to be called “distributed computing.”
 
「フォグ」という名前は新しいものだが、まだ、一般的には広まっていない。むしろ、以前から「分散コンピューティング」と呼ばれていたものだと、言ったほうが分かりやすいだろう。
 
Years ago, the now defunct company called Sun Microsystems even had a slogan “the network is the computer.” (Oracle bought Sun in 2010.)
 
今はなき Sun Microsystems (Oracle が 2010年に買収) が、いわゆる「ネットワークがコンピュータである」を、昔からスローガンにしていたことを思い出して欲しい。
 
When you talk to anyone in the cloud computing industry today, they’ll tell you that cloud is young and here to stay (and it is). Some believe it will stretch out in a linear line, growing endlessly bigger and more glorious over time.
 
もし、クラウド・コンピューティング業界の誰かと話すときがあれば、彼らは必ず、クラウドは若者であるが、ここに存在していると諭すであろう。そしてクラウドは、直線的に際限なく成長し、いずれは輝けるものになると、信じている人もいるのだ。
 
But that’s not how the computer industry typically works. It’s more like a spiral.
 
しかし、どのようにして、コンピュータ産業が機能するかという話は、そのシナリオに含まれていない。むしろクラウドは、この産業を急降下させているのだ。
 
The computing industry breathes in and out between centralized and distributed computing models: centralized (mainframes) turned into distributed (PCs and local computer servers, known as “client/server”), and have now become centralized again (cloud computing). So, next up would be distributed.
 
コンピューティングの業界は、集中と分散という、2つのコンピューティング・モデルの間で息継ぎをしてきた。まず、集中型 (メインフレーム) から、分散型 (PC とローカル・サーバーによる Client/Server) への移行があり、いまは集中型 (クラウド・コンピューティング) と戻っている。したがって、次は分散型へ揺り戻されるはずだ。
 
It does this because each model solves the problem created by the last model. Centralized computing allows you to maintain control and efficiently share computers, which lowers cost. But it can create bottlenecks as all apps rush to share the same computers. And it’s expensive to keep building more and bigger data centers.
 
このような現象が起こるのは、一方のモデルがもたらした問題を、もう一方のモデルが解決するからである。集中型のコンピューティングにより、共有コンピュータによる効率の向上が、低コストにより維持されていく。しかし、すべてのアプリケーションが、同じコンピュータを共有する状況が生じると、そこにボトルネックが生まれる。さらに言うなら、巨大なデータセンターを構築し、維持していくことは、膨大な費用を必要とする。
 
Iot_appsWikimedia
 
Decentralized allows you to run apps closer to the people using the apps so the apps perform better.
 
分散型は、デバイスを使用するユーザーの側で、対象となるアプリケーションを走らせるため、そのパフォーマンスが良くなる。
 
This could becomes very important as billions of devices join the internet as part of the “Internet of Things.” It can also be cheaper to shove a few computer servers in a room instead of building a big data center. But distributed computing can also create sprawl, get messy, and ultimately cost more.
 
Internet of Things の一部として、無数のデバイスがインターネットに参加するとき、このような考え方がきわめて重要になる。また、大規模データセンターを構築するのではなく、適切な場所に少数のコンピュータ・サーバーを配置することになるため、コストも安価になっていく。しかし、分散コンピューティングは、不規則で乱雑なものになるため、最終的にはコストを押し上げていく。
 
So fog computing could very well be the next thing.
 
したがって、次に来るものとして、フォグ・コンピューティングは相応しいのかもしれない。
 
Then again, there’s a rise of new technologies, like quantum computing, that could change everything and squash any tech based on the old ways to do things, including fog computing.
 
別の観点から見ると、たとえば量子コンピューティングのような、新しいテクノロジーの台頭がある。それらは、旧来からの手法によるテクノロジーを破壊し、すべてを刷新していく。その意味では、フォグ・コンピューティングの在り方にも、影響をおよぼすはずだ。
 
A horrible name
 
Whether fog thrives or dies, we can’t help point out the karmic implications in the name. “Fog computing” might be a cute play on the term “cloud computing”, but it also means: unclear, confusing, and fuzzy.
 
フォグの未来を占う上で、名前に含まれる因果関係は、なんの助けにもならないだろう。「フォグ・コンピューティング」は、「クラウド・コンピューティング」に引っ掛けた言葉遊びにも聞こえるが、不明確/混乱/曖昧といった意味も含んでいるのだ。
 
SEE ALSO: Microsoft just joined Facebook and fired a huge shot at Cisco
SEE ALSO: Cisco cofounder explains why CEO pay today is nuts
 
ーーーーー
IoTIoT を Fog を、集中と分散の観点から、そして業界内における経済の観点から分析していく、とても興味深い記事です。たしか、司馬遼太郎か陳舜臣だったと思いますが、中国は分散国家と中央集権国家の間を行き来してきたと、作品で説明していた記憶があります。その理由は、まさに、「一方のモデルがもたらした問題を、もう一方のモデルが解決する」からなのでしょう。そして、私たちの業界における経済ですが、IoT が注目を集め始めてからというもの、IT のリーチが格段に広がっていますよね。PC からスマフォの時代へとシフトしたことで、IT の裾野が大きく広がりましたが、今度は、コンシューマではなく産業へと広がっていくのでしょう。そんなことを、あれこれ考えていると、IoT と Fog は、ほんとうに面白いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
 

Comments Off on IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?

%d bloggers like this: