Agile Cat — in the cloud

IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!

Posted in .Selected, Amazon, Cisco, Dell, Google, IBM, IoT, Microsoft, Oracle, Strategy by agilecat.cloud on May 10, 2016
Is Fog Computing The Next Big Thing In Internet of Things?
Janakiram MSV, Contributor – Apr 18, 2016
http://www.forbes.com/sites/janakirammsv/2016/04/18/is-fog-computing-the-next-big-thing-in-internet-of-things/#6e63e3d71be2
 
_ Forbes
 
One of the reasons why IoT has gained momentum in the recent past is the rise of cloud services. Though the concept of M2M existed for over a decade, organizations never tapped into the rich insights derived from the datasets generated by sensors and devices. Existing infrastructure was just not ready to deal with the massive scale demanded by the connected devices architecture. That’s where cloud becomes an invaluable resource for enterprises.
 
この数年において IoT はが勢いを得ているが、その要因としては、クラウド・サービスの台頭も挙げられる。M2M の概念は 10年以上も前から存在しているが、センサーやデバイスで生成されたデータセットから、リッチな洞察を取り出そうとする企業は存在しなかった。つまり、既存のインフラストラクチャは、コネクテッド・デバイス・アーキテクチャが要求するスケールに、対応するだけの準備を整えていなかったことになる。その一方で、クラウドが、エンタープライズのための貴重なリソースになり始めている。
 
Golden Gate BridgeFlickr
David Yu
 
With abundant storage and ample computing power, cloud became an affordable extension to the enterprise data center. The adoption of cloud resulted in increased usage of Big Data platforms and analytics. Organizations are channelizing every bit of data generated from a variety of sources and devices to the cloud where it is stored, processed, and analyzed for deriving valuable insights. The combination of cloud and Big Data is the key enabler of Internet of Things. IoT is all set to become the killer use case for distributed computing and analytics.
 
潤沢なストレージと充実したコンピューティング・パワーを提供することで、クラウドはエンタープライズのデータセンターを、手頃な価格で置き換える存在となった。そしてクラウドの採用により、Big Data のプラットフォームと分析システムが、とても使いやすいものになった。その結果、エンタープライズは貴重な洞察を導き出すために、さまざまなデバイスから生成された全データをクラウドへ向けて送り出し、そこで保存/処理/分析を行おうとしている。クラウドと Big Data の組み合わせは、IoT を実現するための重要な存在である。つまり IoT は、分散と分析のためのコンピューティングの、キラー・ユースケースになる準備を整えているのだ。
 
Cloud service providers such as Amazon, Google, IBM, Microsoft, Salesforce, and Oracle are offering managed IoT platforms that deliver the entire IoT stack as a service. Customers can on-board devices, ingest data, define data processing pipelines that analyze streams in real-time, and derive insights from the sensor data. Cloud-based IoT platforms are examples of verticalized PaaS offerings, which are designed for a specific use case.
 
Amazon, Google, IBM, Microsoft, Salesforce, and Oracle などのクラウド・サービス・プロバイダーたちは、IoT Stack as a Service を提供するための、マネージド IoT プラットフォームを提供している。顧客たちは、それらのサービスにデバイスを組入れ、データの取得と処理のためのパイプラインを定義し、センサー・データから洞察を得るための、リアルタイムなストリーム分析を実現していく。つまり、クラウド・ベースの IoT プラットフォームは、特定のユースケースのためにデザインされた、垂直型 PaaS の一例となる。
 
While cloud is a perfect match for the Internet of Things, not every IoT scenario can take advantage of it. Industrial IoT solutions demand low-latency ingestion and immediate processing of data. Organizations cannot afford the delay caused by the roundtrip between the devices layer and cloud-based IoT platforms. The solution demands instant processing of data streams with quick turnaround.
 
クラウドは IoT と完璧にマッチするが、すべての IoT シナリオが、必ずしも活用できるものではない。産業用の IoT ソリューションが要求するのは、低レイテンシによるデータの取得と、データの即時的な処理となる。そして、この種のソリューションでは、デバイスのレイヤと、クラウド・ベース IoT プラットフォームの間で生じる、ラウンドトリップによる遅延が許されない。つまり、迅速に機能するデータストリームの、即時的なプロセスが要求されるのだ。
 
For example, it may be too late before the IoT cloud shuts down an LPG refilling machine after detecting an unusual combination of pressure and temperature thresholds. Instead, the anomaly should be detected locally within milliseconds followed by an immediate action trigged by a rule. The other scenario that demands local processing is healthcare. Given the sensitivity of data, healthcare companies don’t want to stream critical data points generated by life-saving systems. That data needs to be processed locally not only for faster turnaround but also for anonymizing personally identifiable patient data.
 
たとえば、LP ガスのシステムにおいて、圧力と温度のしきい値に異変を検知した後に、IoT クラウドが再充填マシンをシャットダウンするのでは、遅いのだ。その代わりに、ローカルにおいてミリ秒内で異変が検出され、何らかのルールが迅速にアクションを起こす仕組みが必要になる。こうしたローカル処理が要求される、もう一方のシナリオはヘルスケアである。ヘルスケア企業におけるデータの機密性を考えると、救命システムから生成された重要なデータを、ストリーミングするという選択はあり得ない。それらのデータは、ローカルで処理される必要があるが、その理由としては、ラウンドトリップの排除だけではなく、患者を特定できるデータの匿名化というニーズもあるだろう。
 
Fog_Cloud
Source: Cisco
 
The demand for distributing the IoT workloads between the local data center and cloud has resulted in an architectural pattern called Fog computing. Large enterprises dealing with industrial automation will have to deploy infrastructure within the data center that’s specifically designed for IoT. This infrastructure is a cluster of compute, storage, and networking resources delivering sufficient horsepower to deal with the IoT data locally. The cluster that lives on the edge is called the Fog layer. Fog computing mimics cloud capabilities within the edge location, while still taking advantage of the cloud for heavy lifting. Fog computing is to IoT what hybrid cloud is to enterprise IT. Both the architectures deliver best of both worlds.
 
ローカル・データセンターとクラウドの間に IoT ワークロードを分配するという要求から、Fog コンピューティングと呼ばれるアーキテクチャ・パターンが生まれた。産業用のオートメーションを取り扱う大企業は、IoT のために特化されたデータセンター内に、自身のインフラストラクチャを展開する必要がある。このようなインフラストラクチャは、コンピューティング/ストレージ/ネットワークで構成されるリソースのクラスタであり、IoT データをローカルで処理するだけの、充分なパワーを必要とする。このような、エッジに展開されるクラスタを、Fog レイヤと呼ぶ。このエッジ・ロケーションにおいて、クラウドの機能を模倣する Fog コンピューティングが、重労働にも耐えうるクラウドという、新しいメリットを生み出す。つまり、Fog コンピューティングと IoT の関係は、Hybrid クラウドとエンタープライズ IT の関係に近いものとなる。いずれのアーキテクチャも、それぞれの世界に長所をもたらす。
 
Fog_Computing_Layers
Source: Cisco
 
Cisco is one of the early movers in the Fog computing market. The company is credited with coining the term even before IoT became a buzzword. Cisco positioned Fog as the layer to reduce the latency in hybrid cloud scenarios. With enterprises embracing converged infrastructure in data centers and cloud for distributed computing, Cisco had vested interest in pushing Fog to stay relevant in the data center. Almost after five years of evangelizing Fog computing with little success, Cisco finally found a legitimate use case in the form of IoT.
 
Cisco は、Fog コンピューティング市場へと向けて、最も早く動き出した一社である。同社は、IoT がバズ・ワードになる前から、この用語を広めてきた企業でもある。Cisco は、ハイブリッド・クラウド・シナリオのレイテンシを削るレイヤとして、Fog コンピューティングを位置付けている。Cisco は、コンバージド・データセンターのインフラおよび、分散コンピューティングのためのクラウドを採用する企業と協調しようとしている。そして、それらのデータセンターを構成するために、Fog をプッシュする存在だと認識されている。これから 5年の間に、Fog コンピューティングを広め、いくつかの成功を収めれば、Cisco は IoT を形作るための、理にかなったユースケースを見出していくだろう。
 
Fog_Architecture
Source: Cisco
 
In November 2015, leading vendors in the space of infrastructure and cloud formed an industry body called the OpenFog Consortium. According to the official website, the mission of the consortium is to drive industry and academic leadership in fog computing architecture, testbed development, and a variety of interoperability and composability deliverables that seamlessly leverage cloud and edge architectures to enable end-to-end IoT scenarios.
 
2015年11月のことだが、インフラストラクチャとクラウドを促進する大手ベンダーたちが、OpenFog Consortium という業界団体を結成した。そのオフィシャル・サイトによると、Fog コンピューティングにおけるアーキテクチャの作成や、テストベッドの開発、多様な相互運用と構成能力などについて、産業界と研究者たちをリードしていくことが、このコンソーシアムの使命となる。それにより、クラウドとエッジのアーキテクチャをシームレスに活用し、エンド-to-エンドの IoT シナリオを実現していくという。
 
ARM, Cisco, Dell , Intel, Microsoft, and Princeton University are the founding members of the OpenFog Consortium. Except Princeton University, which is chartered with the academic outreach, all other members of the consortium have a solid business interest in making Fog computing mainstream. ARM is making inroads into the data center and edge computing by offering affordable processing power. It is aiming to power IoT Gateways that are designed to manage local sensor networks. After acquiring WindRiver and McAfee, Intel has become a key contender in the IoT Gateway market. Dell is building purpose-built IoT Gateways powered by Intel processors. Of course, Cisco is trying to be in the forefront of the new paradigm. With the recent acquisition of Jasper, the company is hoping to capture significant market share.
 
ARM/Cisco/Dell/Intel/Microsoft/Princeton University が、OpenFog Consortium の創設メンバーである。アカデミックな世界へとリーチしていく Princeton University を除いたメンバーたちは、Fog コンピューティングを主流とするビジネスに、強い関心を持つ企業である。ARM は、手頃な処理能力を提供することで、データセンターとエッジ・コンピューティングへの進出を図っている。そして、IoT Gatewey にパワーを供給することで、ローカル・センサー・ネットワークを管理しようとしている。WindRiver と McAfee を買収した Intel は、IoT Gateway マーケットにおける本命である。Dell が構築した独自の IoT Gateway は、Intel のプロセッサを搭載している。もちろん Cisco も、この新しいパラダイムの最前線に立とうとしている。そして、先日に Jasper を買収したことで、大きなマーケット・シェアの獲得を目論んでいる。
 
Microsoft has more than one reason to be a part of the OpenFog Consortium. Windows 10 IoT Core is evolving fast to become the choice of embedded OS for IoT Gateways and high-end devices. With its support for ARM and Intel, Microsoft is aggressively pushing Windows 10 as the OS of IoT. Azure IoT is one of the leading enterprise IoT cloud platforms, which has all the essential building blocks for delivering a robust solution. With Windows 10 IoT Core in the Fog layer and Azure IoT in the cloud, Microsoft is hoping to dominate the market.
 
Microsoft が OpenFog Consortium に参加した背景には、複数の理由がある。Windows 10 IoT Core は、IoT Gateway と ハイエンド・デバイスのための、組み込み OS の候補になるべく、素早く進化している。Microsoft は ARM と Intel をサポートすることで、IoT 用の OS としての Windows 10 を積極的にプッシュしている。Azure IoT は、エンタープライズ IoT クラウド・プラットフォームの代表格でもあり、堅牢なソリューションを提供するために必要な、すべての基本的なビルディング・ブロックを有している。Microsoft は、Windows 10 IoT Core を Fog レイヤに、そして、Azure IoT クラウドに置くことで、このマーケットの支配を狙っている。
 
OpenFog Consortium has pledged to work with existing industry bodies such as IIC, OCF, OpenFV, and MEC. On April 12, 2016, GE Digital, Schneider Electric, and IEEE joined the consortium’s board of directors. OpenFog also found its first member in Asia, SAKURA Internet, which is chartered to drive the momentum in Asia Pacific as Japan.
 
OpenFog Consortiumは、IIC/OCF/OpenFV/MEC といった、既存の業界団体との協調を約束している。そして、2016年4月12日には、GE Digital/Schneider Electric/IEEE が、このコンソーシアムのボード・メンバーとして参加した。また、Asia からの最初のメンバーとして SAKURA Internet が参加し、Japan から Asia Pacific での活動を推進する役割を担っている。
 
To meet its goal, the OpenFog Consortium has to invest in reference architectures, developer guides, samples, and SDKs to articulate the value of Fog computing to developers and IT teams. They are critical for the success of this new initiative. Fog computing, along with the cloud, will accelerate the adoption of IoT in the enterprise.
 
OpenFog Consortium は、その目標を達成するために、リファレンス・アーキテクチャや、デベトッパー・ガイド、サンプル、SDK に投資していく。それにより、デベロッパーや IT チームに対して、Fog コンピューティングの価値を明確に示していくという。この新しい試みを成功させるには、上記の活動が欠かせないはずだ。Fog コンピューティングは、クラウドと連携することで、エンタープライズにおける IoT の採用を加速していく。
 
ーーーーー
IoT最近になって、IoT におけるエッジやフォグを、丁寧に解説してくれる記事が目に付くようになりました。これまでは、必要なのだろうとは思えても、具体的なイメージが掴めなかったフォグ・コンピューティングですが、この記事を訳してみて、多少なりとも理解が進んだように感じています。まだまだ、分からないことだらけなので、この種の記事を、これからも追いかけていきたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
 

Comments Off on IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!

Dell の CTO が、EMC の買収と シナジー効果 について語った ー from 台北

Posted in .Selected, Businesses, Dell, Strategy, VMware by agilecat.cloud on October 15, 2015
Synergy to be generated from acquisition of EMC, says Dell executive
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES  [14 October 2015]
http://www.digitimes.com/news/a20151014PD208.html
 
_ Digi Times
 
In response to the question whether it is worth US$67 billion for Dell to acquire EMC, Dell’s CTO of Enterprise Solutions Group Paul Perez on October 13 indicated in Taipei that the acquisition will generate synergy because EMC focuses on large enterprises and Dell on medium-size ones. In addition both sides have complementary product lines.
 
Dell による EMC の買収が、US$67 billion に値するのかという疑問に対して、10月13日に Taipei を訪れていた、Dell の CTO of Enterprise Solutions Group である Paul Perez が語った。その内容はというと、EMC は 大企業にフォーカスし、Dell は中小企業にフォーカスしてきたので、この買収は相乗効果を生むというものであった。さらに言えば、この両社のプロダクト・ラインは、相互に補完するものとなるという。
 
Screen Shot 2015-10-15 at 12.52.05 AMPerez pointed out that EMC and Dell also have overlapping businesses and will need further integration to become more effective. The acquisition may take several quarters to be fully completed.
 
また、Perez は、EMC と Dell の事業に重複している部分があるため、この買収の結果から、効率のよい展開を引き出すためには、さらなる統合が必要になると指摘していた。この買収が完全に終結するまでには、いくつかの四半期をまたぐことになるだろう。
 
Dell has also been expanding its business in the public cloud industry and has shipped one million public cloud devices to clients so far. At the end of August, Dell also established an R&D team to serve its telecom clients. The team is already providing services to the worldwide top-10 public cloud providers and offering customized infrastructure solutions.
 
現時点における Dell は、パブリック・クラウド業界で事業を拡大しており、これまでに 100万ユニットにもおよぶパブリック・クラウド関連デバイスを、クライアントへ向けて出荷してきた。また、この 8月の終わりに Dell は、テレコム業界のクライアントにサービスを提供するための、R&D チームを立ち上げている。そして、このチームは、世界の Top-10 パブリック・クラウド・プロバイダーに対して、すでにサービスを提供しており、カスタマイズされたインフラ・ソリューションを提供しているという。
 
Perez noted that many telecom carriers are currently replacing their equipment and installing new technology such as virtualization and public cloud systems to provide management services to clients. Dell expects related business to bring in US$1 billion in revenues in the first half of 2016.
 
Perez の指摘によると、数多くのテレコム事業者が、自社の機器を入れ替え、新技術を導入している最中にあるという。具体的に言うと、クライアントにマネージメント・サービスを提供するための、仮想化テクノロジーとパブリック・クラウド・システムなどが、その対象になるという。それに関連する事業から、2016年の前半に US$1 billion 相当の売上を得ることを、Dell は目論んでいるという。
 
ーーーーー
datacenter_55この買収劇を最初に知ったのは、米時間で 10月7日の夕方にポストされた、BI の「Dell in talks to merge with $50 billion IT titan EMC」という記事でした。そのときは、まだ交渉中であり、買収価格も US$50 billion とのことでしたが、そこにプレミアムが積まれて、あっという間に合意に至ったようです。 この買収劇に関する記事が、メディアを賑わしていますが、この Digi Times のポストは、たまたま(?)台湾を訪れた Dell の Paul Perez に、凸撃取材したものだと思われます。 面白いコメントを引き出していますね! さてさて、Dell と EMC の筋書きどおりに、事態は進んでいくのでしょうか?  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014:VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート
2014: EMC が HP による VMware の売却を否定という説も、WS には流れている
Dell が Quest を $2.4 Billion で買収 : 狙いは DC マネージメント
Dell は enStratus と提携し、独自の OpenStack ビジネスを推進する
DELL による Wyse の買収は、Post-PC へ向けた新たなシフトなのか?
 

Comments Off on Dell の CTO が、EMC の買収と シナジー効果 について語った ー from 台北

中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!

Posted in Asia, Data Center Trends, Dell, Research by agilecat.cloud on June 24, 2015
China’s X86 Server Market Grew 23% In Q1 2015
June 2, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/06/02/21730-chinas-x86-server-market-grew-23-in-q1-2015
 
_ China Tech News
 
China’s X86 server market scale reached USD1.6 billion, a year-on-year increase of 23%, according to a report from market research firm Gartner. Inspur, Dell, and Lenovo ranked the top three in this market.
 
市場調査会社である Gartner のレポートによると、China における X86 サーバーの市場規模は USD1.6 billion にいたり、その成長率は前年比で 23% 増とのことだ。そして、このマーケットでは、Inspur/Dell/Lenovo が Top-3 を形成しているという。
 
China Server MarketStatistics from Gartner show that during the first quarter of 2015, the global server market saw obvious growth with shipments of 2.67 million units, representing a year-on-year increase of 13%. This was reportedly the first time for the global server market to reach double-digit growth since the global economic crisis in 2008.
 
Gartner の統計は、2015年 Q1 のグローバル・サーバー市場が、出荷台数ベースで 267万台にいたり、前年比で 13% 増という、めざましい成長を遂げたと示している。伝えられるところによると、グローバル・サーバー市場が二桁成長を達成したのは、2008年の世界的な経済危機以降で初めてのことのようだ。
 
Global server market growth was mainly contributed by America and Asia Pacific. Though the Middle East and Africa gained 21% growth, the net unit increase was not large.
 
グローバル・サーバー市場の成長は、主として America と Asia Pacific のマーケットからもたらされている。Middle East と Africa も 21% の成長率であるが、まだ絶対量が少ない。
 
In the Chinese market, Inspur servers led the marketplace with 21% market share, followed by Dell and Lenovo. The market shares of those top three manufacturers did not have large gaps.
 
China マーケットでは、Inspur のサーバーが 21% のシェアであり、それを Dell と Lenovo が追う展開となっている。ただし、この Top-3 のマーケット・シェアには、大きな開きはない。
 
In addition, Gartner reported that market shares of non-branded server providers further shrank, marking a year-on-year sales decrease of 68%.
 
それに加えて Gartner は、ノン・ブランド・サーバーのプロバイダーのマーケット・シェアが、前年比で 68% 減を示し、大幅に縮小していることをレポートしている。
 
ーーーーー
Asia Pacific昨年から、その存在がちらついていた、中国のサーバー・メーカー Inspur が、ついに Gartner のレポートでデビューしました。 しかも、Dell と Lenovo を抑えて、中国国内のトップを勝ち取るという、鮮烈なデビューです。 先日の、「Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増」では、グローバルの状況がレポートされていましたが、そこではノン・ブランド・サーバー(Other)が伸びています。 しかし、中国では、大幅に縮小しているようです。 とても不思議ですが、Alibaba/Tencent/Baidu といった無印サーバーの大口ユーザーたちの調達時期を、たまたま外したというだけなのでしょうか? それとも、この、無印サーバー市場に Inspur が入り込んでいるのでしょうか? その辺りが、次の調査レポートで明らかになると期待したいです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Alibaba も Equinix とプライベート接続:香港 DC を介して中国と世界はつながる?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!
 

Comments Off on 中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!

Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増

Posted in Asia, Cisco, Data Center Trends, Dell, HP, Huawei, IBM, Research by agilecat.cloud on June 5, 2015
Worldwide server shipments grow 13% in 1Q15, while revenues increase 17.9%, says Gartner
Press release, June 1 – Joseph Tsai
DIGITIMES – June 1, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150601PR219.html
 
_ Digi Times
 
In the first quarter of 2015, worldwide server shipments grew 13% on year, while revenues increased 17.9% from the first quarter of 2014, according to Gartner.
 
Gartner によると、グローバルにおける 2015年 Q1 サーバー販売は、台数で 13% 増と、売上で 17.9% 増を、前年比で達成している。
 
serversWikipedia
 
“The first quarter of 2015 was a particularly strong start to the year, with the strongest shipment growth since the third quarter of 2010, when the market was recovering from the downturn. It was also the second-largest-volume quarter ever,” said Adrian O’Connell, research director at Gartner. “The market was driven by particularly strong demand from the hyperscale area, which benefited North America, in particular. This comes at a time when other regions are struggling, due to price pressure driven by the appreciation of the US dollar. The strength in North America was strong enough to offset declines in Latin America and Japan. EMEA was barely positive, with 1% volume growth.”
 
Gartner の Research Director である Adrian O’Connell は、「 2015年 Q1 は、きわめて好調にスタートしたが、このように力強い成長は、マーケットが低迷から回復した直後の、2010年 Q3 以来のことである。そして、四半期としての全体的なボリュームは、これまでの歴史の中で、二番目に相当するものである。いまのマーケットは、North Amarica のハイパース・ケール・エリアからの、きわめて大きな需要により促進されている。ただし、米ドルが強くなっていることが、他の地域に対するプレッシャーとなり、苦労している国々もあるようだ。言い換えると、North Amarica 市場の強さが、Latin America と Japan の弱さを、充分に補っていることになる。EMEA は 1% の増加であり、かろうじてプラスとなった」と述べている。
 
Server Gartner_1“x86 server shipments increased 13.2% from the first quarter of 2014, and revenues increased 14.5%. RISC/Itanium Unix server shipments declined 2.9%, while revenues declined 3.1% compared with the same quarter last year. The other CPU category, which is primarily mainframes, showed an increase of 95.1% in terms of revenues,” said Oonnell.
 
Oonnell は、「 2014年 Q1 と 2015年 Q1 の比較において、x86 サーバーの出荷台数は 13.2% 増であり、売上は 14.5% 増であった。また、同じ期間で、RISC/Itanium の Unix サーバーは、出荷台数で 3.1% 減で、売上は 2.9% 減であった。主としてメインフレームで使われる、その他の CPU カテゴリーは、収益の面で95.1 増と達成した」と発言している。
 
HP maintained its number one ranking in the worldwide server market based on revenues with 23.8% market share in the first quarter of 2015. Lenovo experienced the largest increase in the first quarter of 2015 with 658.2% growth. All of the top five global vendors had revenue increases for the first quarter of 2015 except IBM.
 
2015年 Q1 の売上ランキングにおいては、HP が 1位の座を維持しており、そのマーケット・シェアは 23.8% であった。また、Lenovo は 658.2% の成長という、2015年 Q1 で最大の増加を見せている。IBM を除くグローバル・ベンダーの Top-5 は、2015年 Q1 において、すべてが売上を増やしている。
 
Server Gartner_2In server shipments, HP remained the worldwide leader in the first quarter of 2015, but growth was flat. HP’s worldwide server shipment share was 20%, representing a drop of 2.6pp in share from the same quarter in 2014. All of the top five vendors experienced shipment increases in the first quarter of 2015, with Lenovo producing the largest growth rate of 239.2%.
 
サーバーの出荷台数でも、HP が 2015年 Q1 のリーダーであり続けたが、成長率はというと横ばいであった。グローバルにおける、HP のサーバー出荷台数シェアは 20% であったが、前年同期との比較では 0.26% のマイナスであった。すべての Top-5 ベンダーが、前年比で出荷台数を伸ばしているが、最大の成長率はというと、Lenovo が達成した 239.2% となる。
 
In the first quarter of 2015, the regions with the highest growth rates in terms of shipments were North America (22.9%), the Middle East and Africa (20.8%), and Asia Pacific (13.6%).
 
なお、2015年 Q1 における、地域ごとの出荷台数を分析すると、22.9% の North America が最大であり、それに Middle East and Africa (20.8%) とAsia Pacific (13.6%) が続く結果になった。
 
ーーーーー
datacenter_55Lenovo が IBM から、x86 サーバー事業を買い取ると発表したのは、昨年 10月のことでした。 そして、その後の IBM x86 サーバーは、Lenovo からの OEM 供給になると言われています。 そのような背景からか、売上と台数の両面において、Lenovo の存在感が急激に高まっています。 それだけではなく、Huawei と Inspur の中国勢が、出荷台数ベースで大躍進です。 中国市場の内訳についても、近々に対訳をポストしたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<対訳>
Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
 

Comments Off on Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増

Dell が Bitcoin で、PC を販売すると発表した!

Posted in .Chronicle, Businesses, Dell by Agile Cat on July 22, 2014

Dude, you’re getting a Dell, with Bitcoin
http://wp.me/pwo1E-7GL

Brad Chacos – Jul 18, 2014
http://www.pcworld.com/article/2455557/dude-youre-getting-a-dell-with-bitcoin.html

_ PC World

In case the headline didn’t tip you off: Yep, you can buy Dell products with Bitcoin now, as Michael Dell himself proudly trumpeted on Twitter earlier today.

こんなヘッドラインは、 あなたにとって、初めてでは? そう! Michael Dell が自身の Twitter で誇らしげに伝えたように、Dell のプロダクトを Bitcoins で購入できるようになる。

クリックで Dell サイトへ ⇒

A post in the Dell blog revealed some of the finer details. Just like Expedia, Overstock.com, Dish TV, and the boutique PC builders at Xidax (who also accept Dogecoin), Dell is partnering with Coinbase to provide a Bitcoin payment option on Dell.com. Electronic retailers Tiger Direct and Newegg use Bitpay’s processing services, though the end result is the same: You give them your virtual Bitcoins, and they’ll give you their physical tech goodies. Details such as how returns will be handled haven’t been revealed yet.

Dell のブログ・ポストでも、詳細の一部が明らかにされている。Expedia や、Overstock.comDish TV、Xidax の PC Builderたち (Dogecoin も受け付ける) と同様に、Dell.com で Bitcoins 支払いオプションを提供するために、Dell は Coinbase と提携した。電子機器リテーラーである Tiger DirectNewegg が、Bitpay のプロセシング・サービスを使用しているが、最終的な結果は同じである。つまり、あなたが仮想通貨である Bitcoin を差し出せば、彼らは物理的なハイテク・グッズを手渡してくれるのだ。その結果として、実施される詳細な処理については、まだ明らかにされていない。

Dell says Bitcoin payment options will start appearing on the site within 14 days. Once they do, Dell plans to kickstart sales by offering a 10 percent discount (with a $150 cap) on Alienware rigs purchased using the e-currency that the IRS doesn’t consider to be a currency.

Dell が言うには、Bitcoin で支払うというオプションは、そのサイト内で 14日以内に表示される予定だ。 その後に Dell は、この電子通貨(IRS は通貨として認めていない)で購入した Alienware 一式に対して、10% のキックスタート・ディスカウント(上限は $150)を提供するという。

If you plan to drop your dough on one of those high-end gaming systems, don’t forget to budget for it–did I mention Mint.com keeps tabs on your Bitcoin now, too?

もし、これらのハイエンド・ゲーム・システムを購入する予定があるなら、そのための予算を忘れてはならない。 そこまで言うと、あまりにも Mint.com を推薦しすぎだろうか?

Geez, these Bitcoins might just become a thing before long.

そうだね。 Bitcoins は、長続きするかもしれないね。

If you’re wondering what all the hubbub is about, be sure to check out PCWorld’s Bitcoin explainer and our guide to mining virtual currencies with your very own rig, because there’s nothing like using your current PC to pay for new PCs.

一連の騒動について、何らかの疑問があるなら、 PCWorld の Bitcoin explainer をチェックしてほしい。 また、自身の道具を用いて、この仮想通貨を採掘するという、私たちのガイドもお勧めだ。つまり、新しい PC を入手するために、いまの PC を占有することなど、ありえないのだ。

ーーーーー

あぁ〜〜〜 驚いた・・・ 

Comments Off on Dell が Bitcoin で、PC を販売すると発表した!

Intel が強気に発言 : $99 タブレットと、$299 Haswell ラップトップ、$349 ハイブリッドが登場する!

Posted in .Selected, Dell, Google, Mobile, Post-PC by Agile Cat on October 24, 2013

Intel says hardware bargains to multiply this fall: $99 tablets, $299 Haswell laptops, $349 2-in-1 hybrids
http://wp.me/pwo1E-6OH

Dean Takahashi - October 15, 2013
http://venturebeat.com/2013/10/15/intel-says-hardware-bargains-to-multiply-this-fall-99-tablets-299-haswell-laptops-349-2-in-1-hybrids/

_ VB Gadget

Intel chief executive Brian Krzanich said he expects bargains galore this holiday season as computermakers take advantage of the latest Intel Haswell and Bay Trail microprocessors. Krzanich said he expects $99 tablets, $299 Haswell laptops, and $349 2-in-1 hybrid tablets and laptops.

Intel の Chief Executive である Brian Krzanich は、同社の提供する最新の Haswell および Bay Trail マイクロプロセッサをコンピューター・メーカーが活用するにつれて、この年末商戦に大量の掘り出し物が登場することになると発言している。そして、Krzanich は、$99 のタブレットや、$299 の Haswell ラップトップ、そして、$349 タブレット/ノートのハイブリッドなどを見込んでいると続けた。

Speaking in a conference call today with analysts, Krzanich said that touchscreen-based laptops based on Haswell processors, which have twice the graphics capability and 50 percent better battery life than previous versions, will be the mainstay of holiday PC offerings. For devices with Bay Trail chips, there will be eight to 10 models available in clamshell devices at around $299.

今日に行われたアナリストたちとのカンファレンス・コールで、タッチ・スクリーンのラップトップは Haswell プロセッサ・ベースになると、Krzanich は述べている。そして、これまでのバージョンと比べて、2倍のグラフィックス機能と、50% も優れたバッテリ性能を持つため、クリスマス・シーズンにおける主力になると説明している。さらに、Bay Trail チップを搭載したデバイスについて、8 inch〜10 inch のクラムシェル・モデルであれば、$299 前後の価格付けが可能になると発言している。「 私たちは、一斉にタッチが採用されることを、ずっと確認し続けている」と、Krzanich は言う。

Earlier, today Intel reported that it beat earnings expectations for revenues and profits as overall revenues grew 5 percent in the third quarter, thanks to both healthy data center revenue and the launch of Haswell-based laptops and portables.

これに先立ち、今日の Intel は、20123年 Q3 の収益が 5% の成長を示し、売上と利益に関する業績の予想値を上回ったことをレポートしている。そして、その要因として、データセンター・ビジネスにおける収益が順調であり、また、Haswell ベースのラップトップやポータブルのデバイスが立ち上がってきたことを挙げている。

Intel’s earnings are a bellwether for the computing industry. That industry has been mixed as PC sales drop in the face of competition from smartphones and tablets.

Intel の利益により、コンピューティング業界の景気が見えてくる。 この業界は、スマートフォンやタブレットとの競争に直面する、PC の売上の低下により混乱しているところだ。

Intel said that revenue was $13.48 billion in the third quarter, up 5 percent from the previous quarter and roughly flat compared to $13.46 billion a year earlier. Net income was 58 cents a share, up 49 percent from the previous quarter and flat with a year ago. Analysts were expecting earnings per share of 53 cents and revenue of $13.47 billion.

Intel は売上高について、前四半期と比べて 5% 増の $13.48 billion であるとし、年初の $13.46 billion レベルにまで回復したと発言している。また、当期の純利は、1株あたり 58 Cents であり、全四半期との比較で 49% 上昇し、昨年同期のレベルに戻ったとしている。なお、アナリストたちの予測は、1株あたり 53 Cents であり、売上は $13.47 billion であった。

ーーーーー

TAG index昨年の今ごろから、PC の低迷に引きづられるように、Intel の不調が取り沙汰されていましたが、このポストを見ると、見事に復調したという感じがしますね。 そして、$99 タブレットと、$299 Haswell ラップトップ、$349 ハイブリッドという、とても魅力的な発言が目を引きます。 Android というか Google というか、新しいプラットフォームとの連携が、その背景にあるのは間違いなく、また、その勢力が、Intel の新しいビジネスを軌道に乗せていくのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

WINTEL による独占は終わった:それを示すチャートを二枚
Intel が減速、そして TABLET と PC の明暗: JP Morgan が分析する
Intel の時代が1つ終わる : PC マザーボード・ビジネスから撤退
Intel の 1.6 TB/秒 転送 : その秘密を解く
Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない

 

Comments Off on Intel が強気に発言 : $99 タブレットと、$299 Haswell ラップトップ、$349 ハイブリッドが登場する!

2013 – Q2 の PC 出荷量は、前年比で 15.4% も落ち込んでいる

Posted in Apple, Dell, HP, Microsoft, Post-PC, Research by Agile Cat on July 16, 2013

PC market’s Q2 decline might be even worse than we thought
http://wp.me/pwo1E-6ne

By
Zach Epstein on Jul 16, 2013
http://bgr.com/2013/07/16/pc-sales-q2-2013-decline/

_ BGR

Industry watchers collectively cringed last week when market research firms Gartner and IDC each published second-quarter shipment estimates that showed a huge decline of about 11% on-year. That massive slide is representative of Windows 8′s continued failure to prompt consumers and businesses to upgrade, though a new wave of Haswell-powered laptops with huge battery life improvements may finally sway some users in the coming months. In the meantime though, it looks like Q2′s shipment decline might have been even worse than Gartner and IDC estimated.

マーケット調査会社である Gartner と IDC が、2013 Q2 の出荷数について、前年比の 11% ダウンと推定しとたき、この業界のウォッチャーたちは身を縮めていた。 コンシューマおよびエンタープライズに対して、Windows 8 へのアップグレードが訴求できていないことが、この地滑り的な後退を言い表している。 そして期待されるのは、Haswell 搭載 Note PC がもたらす、ロング・バッテリー・ライフの新しい波が、今後の数ヶ月の間に、一定のユーザーに買い替えを促すことである。しかし、その一方では、2013 Q2 の出荷量が、Gartner と IDC は推定よりも、さらに悪化しているという見立てもある。

According to Dignities Research, which bases its numbers on data from its numerous supply chain and manufacturer sources, global notebook PC shipments declined 15.4% on-year in the second quarter, which is even worse than the 13.7% drop in the first quarter. Laptop sales outnumber desktop sales by a huge margin, so this is a very troubling trend to say the least.

DigiTimes Research が提供する、サプライチェーンやメーカーを情報源とする出荷数データによると、ワールドワイドにおける Note PC の出荷台数は、2013年 Q2 において、前年比で 15.4% の減少となっている。 つまり、2012年 Q1 における 前年比 13.7% 減という数字よりも、悪化していることになる。 Desktop と比べてマージンが大きとされる Note PC が、このように販売量を低下させることは、控えめに言っても、きわめて厄介なトレンドを示すことになる。

Digitimes Research noted that Lenovo and Dell were the only two notebook vendors to see sequential shipment growth last quarter, as Samsung, Apple, Toshiba and other vendors all saw global shipments decline quarter-over-quarter.

DigiTimes Research が指摘するように、2013年 Q1 よりも出荷量を増やしているのは、Lenovo と Dell だけであり、 Samsung および  Apple、Toshiba を含む、その他すべてベンダーが、グローバルにおける出荷台数を減らしている。

ーーーーー

image7月12日付の Business Insider が、この 11% 減という数字をベースに、PC 市場の低迷ぶりをチャートで表現していました。しかし、Digitimes Research の数字をベースにすると、この急落の角度が、さらに厳しくなります。そして、こうなってくると、年末の時点における PC と Tablet の逆転という説にも、それなりの信憑性を感じてしまいます。 ほんと、マーケットの動きが急加速し始めましたね。 image

ーーーーー

<関連>

iPad を止められない Windows 8 : それを示す1枚のチャート
モバイル・アプリのダウンロード数:2017年には 1600億!
Amazon のモバイル・ビジネス : その潜在能力を分析する
モバイル・マーケティング 支出は 2015年 に $20B:米調査結果をチャートで!
iOS と Android : バージョンによる分裂をチャートで比較する

 

Comments Off on 2013 – Q2 の PC 出荷量は、前年比で 15.4% も落ち込んでいる

どうなる? Microsoft 改革 : Steve Ballmer の手紙を分析してみる

Posted in Dell, HP, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on July 16, 2013

This Is The Only Paragraph You Need To Read To Understand Why Steve Ballmer Changed Microsoft
http://wp.me/pwo1E-6n8

Jay Yarow – Jul. 11, 2013
http://www.businessinsider.com/why-steve-ballmer-changed-microsoft-2013-7

_ Business Insider

Steve Ballmer officially announced a sweeping change to Microsoft’s corporate structure.

Steve Ballmer は、Microsoft の企業体質を抜本的に改革していくと、オフィシャルに発表した

Getty Images/Justin Sullivan

If you want all the particulars on who is doing what at the company now, and how Microsoft is reorganized into new business groups, we have those details here.

同社において、いま進められていることを、そして、どのような事業グループに、Microsoft が再編されいくのかを、詳細まで把握したいなら、ココを参照して欲しい

Ballmer is changing Microsoft’s structure, shifting away from a number of individual business units working on projects that don’t connect to a more integrated model where overlapping groups are working together.

Ballmer が刷新する Microsoft の構造とは、プロジェクトに取り組んでいる個別のビジネス・ユニットを、より統合されたモデルにシフトしていくものであり、重複するグループがあれば、それらを取りまとめるというものでもある。

If you want to know why Ballmer is doing this, you only have to read this paragraph Ballmer wrote last year in a letter to shareholders:

なぜ Ballmer は、そうするのかという理由を知りたなら、昨年に Ballmer からステークホルダーたちに送られた手紙の、以下の段落を読むべきである

We will continue to work with a vast ecosystem of partners to deliver a broad spectrum of Windows PCs, tablets and phones. We do this because our customers want great choices and we believe there is no way one size suits over 1.3 billion Windows users around the world. There will be times when we build specific devices for specific purposes, as we have chosen to do with Xbox and the recently announced Microsoft Surface. In all our work with partners and on our own devices, we will focus relentlessly on delivering delightful, seamless experiences across hardware, software and services.

私たちは、Windows を用いた PC、Tablet、Phone という、幅広い領域をカバーするために、パートナーたちと大規模なエコシステムを構築していく。私たちが、このような戦略をとるのは、カスタマーの偉大な選択に応えるためであり、世界中の13億人の Windows ユーザーに対して、1つの方式を適用することに無理があると、確信しているからである。すでに Xbox において選択し、また、最近に発表した Microsoft Surface で実践していくように、特定の目的のための、特定のデバイスを構築する時が、私たちに訪れている。すべてパートナーとの協業において、そして、私たち自身のデバイスにおいて、ハードウェア/ソフトウェア/サービスを横断するかたちで、人々の心に響くシームレスなエクスペリエンスを提供することに、執拗なまでにフォーカスしていく。

This means as we, with our partners, develop new Windows devices we’ll build in services people want. Further, as we develop and update our consumer services, we’ll do so in ways that take full advantage of hardware advances, that complement one another and that unify all the devices people use daily. So right out of the box, a customer will get a stunning device that is connected to unique communications, productivity and entertainment services from Microsoft as well as access to great services and applications from our partners and developers around the world.

それは、新しいWindowsデバイスを開発する、私たちのパートナーと共に、人々が望むサービスを、私たちが構築していくことを意味するす。さらに言えば、私たちがコンシューマ向けのサービスを開発/更新するとき、ハードウェアのアドバンテージを最大限に活用することになる。 それらが相互に補完し合うことで、人々の日々の中で使用される、すべてのデバイスが統一されていく。したがって、素晴らしく魅力的なデバイスが、箱から取り出したばかりであっても、コミュニケーション/プロダクティビティ/エンターテイメントの領域において、Microsoft から提供されるユニークなサービスに、顧客たちは直ちに接続できるようになる。 それに加えて、世界中のパートナーデベロッパーから提供される、素晴らしいサービスやアプリケーションへのアクセスも、もちろん可能になる。

It’s a bit dense, which is Ballmer’s writing style.

こうした言葉が、びっしりと詰まっているのが Ballmer の文体である。

But, in short, what he’s trying to say is this: Microsoft has a lot of great products: Office,  Windows, Xbox, Bing, etc. We work with great hardware companies, like Lenovo, Samsung, HP, and Dell. We want Microsoft’s fantastic products to work flawlessly on our partner’s great hardware right out of the box to deliver a consumer experience that is 100X better than what Apple, or Google offer.

しかし、彼が言おうとしていることを簡潔にまとめると、以下のようになる。ーーー Microsoft は、Office/Windows/Xbox/Bing などの、素晴らしいプロダクトをたくさん持っている。私たちは、Lenovo/Samsung/HP/Dell といった、素晴らしいハードウェア・メーカーと連携している。私たちが望むのは、Microsoft の素晴らしいプロダクトが、パートナーの提供する素晴らしいハードウェアの上で、梱包を解いた途端に完ぺきに動き出すことであり、それにより、Apple や Google よりも 100倍も優れたエクスペリエンスを、コンシューマに提供することである。

ーーーーー

TAG indexう~ん、たしかに Ballmer の文体ですね。 彼の、こういうクセというか、コンサルタントのような口調は、やはり、期待している人々をガッカリさせるようです。 Agile_Cat が、最初に違和感を覚えたのは、Ray Ozzie が離脱するときのステートメントなのですが、美辞麗句を並べるだけで、サヨナラまでを言い切っています。 ちなみに、今回の Microsoft の改革については、各メディアも力を入れて解説していますが、その、どれもが、Ballmer に対して厳しい評価を下しているように思えます。以下は、ReadWrite Web および、Business Insider、GiaOM の論評からの抜粋です。

ReadWrite Web:Microsoft Tries Again To Aim All Its Guns Outside The Company
David Hamilton July 11, 2013
The new structure also clearly concentrates power with the CEO. That can be a great thing in the right hands—i.e., those of a CEO who can balance the need to keep the wheels turning while also being ready to cannibalize existing business in order to jump on a major new technology trend. Plenty of folks doubt that Ballmer is that guy. And if he’s not, his corner office could well become the next big bottleneck to innovation at Microsoft.

Business Insider:Microsoft Has An Identity Crisis
JAY YAROW JUL. 14, 2013
At the start of the letter, he says, "This company has always had a big vision — to help people realize their full potential." And later he says, "Going forward, our strategy will focus on creating a family of devices and services for individuals and businesses that empower people around the globe at home, at work and on the go, for the activities they value most." I suppose those are mission statements, but, "empower people around the globe" just feels flat and corporate. It doesn’t have the same galvanizing force of "build the world’s best products." And for a customer, it’s not exactly easy to understand.

GiaOM:Why Microsoft’s reorganization closes the books on an era of computing
by Tom Krazit July 14, 2013
There are now 12 separate groups at Microsoft, and the descriptions of each group were populated with words only a management consultant could love, like “dotted-line report” and “cross-company looks.” But the vision was understandable: in order to become a modern technology company, Microsoft has to become a company that “… will focus on creating a family of devices and services for individuals and businesses that empower people around the globe at home, at work and on the go, for the activities they value most,” Ballmer wrote.

また、GigaOM は、Steve Jobs が言い出した Post-PC 時代という言葉を、Microsoft が認めないことは分かるが、Ballmer の長い手紙の中に PC というキーワドが 4回しか出てこず、しかも、そのうちの 3回は歴史を説明するためだと指摘しています。その一方で、Devices という言葉は 18回も出ているとし、PC パートナーたちへの配慮の欠如を匂わしています。 意図どおりの文章なのか、意図と反する結果になってしまったのか、その辺りは不明ですが。。。image

ーーーーー

<関連>

Microsoft の Steve Ballmer という、悩ましき存在
詩人になってしまった Steve Ballmer さん
Steve Ballmer さん、いまでも Apple を、小物あつかいしたいのね?
PC と Tablet を チャートで比較 : わずか 2年で、シェアが 40% も変化!
崩壊が止まらない PC 市場: 年末には Tablet が追い抜きそう

 

Comments Off on どうなる? Microsoft 改革 : Steve Ballmer の手紙を分析してみる

%d bloggers like this: