Agile Cat — in the cloud

イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

Posted in .Chronicle, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on September 14, 2016
70% of IoT adopters in APAC realize significant ROI on IoT investments
By Networks Asia staff – September 12, 2016 – 22:14
http://www.networksasia.net/article/70-iot-adopters-apac-realize-significant-roi-iot-investments.1473689668
 
_Network Asia
 
A majority (70%) of IoT adopters in Asia-Pacific have seen significant return on their IoT investment, compared to 63% globally, and 61% of Asia-Pacific companies are using IoT to support large-scale business transformation, according to Vodafone’s fourth annual ‘Internet of Things (IoT) Barometer Report.
 
Vodafone が提供する、4年目の Internet of Things (IoT) Barometer Report によると、Asia-Pacific で IoT を採用している企業は、投資額の 70% にも達する利益を得ており、グローバルでの 63% を上回っている。また、Asia-Pacific で IoT に取り組む企業が、大規模なビジネスの変革をサポートしているケースは、61% に達している。
 
iot-asiaKeiichi Matsuda
Vimeo
 
For businesses in Asia-Pacific – Australia, China, India, South Korea and Japan – IoT remains a top business focus, as 84% of companies view IoT as critical for the future success of their organization. As a result, companies are focusing on how they invest in IoT, rather than whether they should. In fact, 96% of survey respondents in the region have increased their IoT spend in the past 12 months with 52% planning to launch new connected solutions in the next 12 months.
 
Australia/China/India/South Korea/Japan といった Asia-Pcific 諸国では、企業にとって IoT がトップ・クラスのビジネス・フォーカスとなっている。そして、企業の 84% が、組織の将来において、IoT が成功を導くとしている。結果として、それらの企業は必然性に迫られてというより、どのように IoT に投資していくのかという点に注力している。実際のところ、この地域における回答者の 96% は、これまでの 12ヶ月で IoT への投資を増額し、また 52% は、これからの 12ヶ月で新しいコネクション・ソリューションを立ち上げると述べている。
 
Additionally, 68% of companies have consistently given employees access to IoT data on their mobile devices, a factor in the 51% of adopters in Asia-Pacific who have seen increased staff productivity as a result of implementing IoT.
 
さらに、それらの企業の 68% において、従業員たちは自身のモバイル・デバイス上から IoT データへのアクセスを増やしている。そして、Asia-Pacific で IoT を採用した企業の 51% が、スタッフの生産性向上を確認していると述べている。
 
The Vodafone IoT Barometer also found that companies in Asia-Pacific are creating new ecosystems through IoT – almost a third of IoT adopters are using the technology to connect multiple organizations and/or industries.
 
この Vodafone IoT Barometer では、Asia-Pacific の企業が IoT を介して、新しいエコシステムを構築することが分かった。つまり、IoT を採用した企業の 1/3 ほどが、複数の組織や業種との接続を果たしているのだ。
 
Vodafone’s Head of IoT for Asia-Pacific, Justin Nelson stated, “This year’s report shows that we’ve moved from simply adopting Internet of Things technologies towards realizing the true business value that IoT can bring to organizations. Whether it’s connected supply chains for manufacturers, remote monitoring and control of industrial machines, or a connected health proposition, businesses are seeing significant results from their IoT deployments, changing the way they do business, and even facilitating new partnerships to serve customers in new ways.”
 
Vodafone の Head of IoT for Asia-Pacific である Justin Nelson は、「今年のレポートで示されたのは、単に IoT を採用するというレベルから、組織にビジネスをもたらすレベルへと、移行が進んでいることである。産業におけるサプライ・チェーンの接続や、産業機械のリモートからの監視・制御、そしてヘルスケアという分野においても、IoT を展開している企業は、大きな成果を確認している。その結果として、ビジネスの方式が変化し、新たな顧客サービスを提供するための、新しいパートナーシップが促進されている」と述べている。
 
Important component
 
On a global level, it is clear organizations treat IoT as an important component of their IT commitment. IoT is now attracting a greater share of overall IT spending as it accounts for 24% of the average IT budget – equivalent to IT spending around cloud computing or data analytics.
 
グローバル・レベルで明らかなのは、IT を促進する企業が、IoT を重要な構成要素として捉えていることだ。IoT に費やされる予算は、大きな比率に達しており、平均的な IT 予算の 24% を占めるに至っている。この比率は、クラウド・コンピューティングやデータ分析と、同等のレベンに達している。
 
A little more than half (56%) of organizations have integrated IoT data into their existing core business systems such as ERP, cloud hosting platforms, analytics tools, and mobile applications.
 
また、それらの組織の半分以上(56%)が、ERP/クラウド・プラットフォーム/分析ツール/モバイル・アプリといった、既存のコア・ビジネス・システムに IoT データを統合している。
 
This year’s research also revealed that IoT is playing a major role in helping companies redefine their business in order to meet the rapidly changing demands of today’s customers. For example, IoT data is informing business strategy in new ways, as 64% of businesses consistently use big data and analytics platforms to support decision-making.
 
今年の調査では明らかになったのは、急速に変化する顧客の要求を満たすために、ビジネスを再定義していく企業にとって、IoT が大きな役割を果たしていることだ。たとえば、意思決定をサポートするために、64% の企業がビッグデータと分析のプラットフォームを用いるように、IoT データは新しい方式でビジネス戦略を告げるものである。
 
Additionally, 48% of companies globally are using IoT to support large scale business transformations such as helping to change a manufacturing business into a service company.
 
さらに、グローバルで IoT を活用している企業の 48% が、製造業からサービス業への転身のような、大規模なビジネス・トランスフォーメーションを推進している。
 
ーーーーー
IoTとても嬉しくなるトピックですね。IoT への取り組みではなく、相対的な収益性で、アジアが世界をリードしているわけですが、どのような理由があるのでしょう。いろいろな意味で、伸びしろが大きいアジア市場ですが、その将来性が IoT ビジネスにも現れているのでしょうか? この Vodafone レポートをダウンロードましたので、時間のあるときに、ゆっくりと読んでみたいと思います。なんらかの背景が見えてくることを期待しています! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル・デバイスを追い越す
IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる
IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
 

Comments Off on イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

iOS の App Store はゴミだらけ? ついに Apple が大掃除を決断!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on September 13, 2016
Apple’s App Store purge is long overdue — here’s why
Jeff Dunn – Sep. 2, 2016
http://www.businessinsider.com/apple-app-store-new-policy-remove-old-apps-2016-9
 
_ Statista
 
Apple’s ready to cleanse the App Store. The iPhone maker on Thursday announced that it will soon start to remove apps that “no longer function as intended, don’t follow current review guidelines, or outdated.” In other words, it’s taking out the trash.
 
Apple は、App Store の大掃除の準備を整えている。9月1日のことだが、この iPhone のメーカーは、「もはや意図したとおりに機能していない」、「現在のレビューガイドライン従っていない」、「すでに時代遅れになっている」アプリを、削除し始めることになると発表した。言い換えるなら、ゴミを捨てる作業である。
 
zombie_apps_biClick to Large >>> 
 
Statista
 
This chart from Statista should show why Apple feels compelled to make such a move. Citing data from app analytics firm Adjust, it shows that the number of “zombie” apps — i.e., ones that can only be found by directly searching for them — in the App Store has risen astronomically over the past three years. This year, those invisible apps make up about 90% of the Store as a whole. Getting rid of those should please users and developers alike.
 
この Statista によるチャートは、Apple の行動が必然だと感じられる理由が示されている。アプリ分析会社である Adjust のデータが引用すると、ダイレクトな検索だけにより見つかる、膨大な数のゾンビ・アプリが見えてくる。App Store では、そのようなアプリが、この 3年間で天文学的に増大しているのだ。そして、2016年の時点では、それらの、ユーザーに相手にされないアプリが、全体の 90% ほどを占めている。今回の Apple の表明は、ユーザーとデベロッパーにとって、好ましいものとなるだろう。
 
ーーーーー
appleiPhone と Android が競い合っていたころは、それぞれのプラットフォーム上に提供されるアプリの数も、人気を計る指標となっていましたが、もはや、そのような時期も過ぎたのでしょう。この、Apple の大掃除は、理にかなった行動だと思います。Google Play も、同じように整理して欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on iOS の App Store はゴミだらけ? ついに Apple が大掃除を決断!

Mobile and IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル・デバイスを追い越す

Posted in .Chronicle, IoT, On Monday, Research by agilecat.cloud on September 12, 2016
Mobile and IoT: Number of Connected Sensors and Devices to Surpass Number of Mobile Devices in 2018
Dick Weisinger – September 1st, 2016
http://formtek.com/blog/mobile-and-iot-number-of-connected-sensors-and-devices-to-surpass-number-of-mobile-devices-in-2018/
_ formtek
The number of Internet of Things (IoT) sensors and devices is expected to exceed the number of mobile devices by 2018, according to a report on mobile devices from Ericsson.  IoT connected devices include cars, machines, utility meters, remote metering and consumer electronics and wearable devices.  The number of deployed sensors and devices is growing at an annual rate of 23 percent and that there will globally be 16 billion by 2021.
 
Ericsson がまとめたモバイル・デバイスに関するレポートによると、IoT に用いられるセンサーおよびデバイスの数が、2018年までにはモバイル・デバイスの数を超えるようだ。ここで言う、IoT 接続デバイスには、自動車や機械類に加えて、電気や水道などの公共メーターや、各種のリモート計測器、そして、家電やウェアラブル・デバイスなどが含まれる。そのようなフィールドに配備されるセンサーとデバイスの数は、年率で 23% の勢いで成長しており、グローバルにおいて、2021年までには 160億個に到達するとされる。
 
ericsson-mobility-report-2016 Click to Large
 
Part of the reason for the rapid growth is because prices for device and sensor costs is rapidly dropping.  An acceleration is expected to happen in 2020 with the introduction of 5G networks that will include additional capabilities like network slicing that will help increase network capacity beyond what is capable today.
 
デバイスやセンサーのコストが急速に低下していることも、この急速な成長の背景にある。そして、2020年に始まるとされる、5G ネットワークの導入により、さらなる加速が期待されている。つまり、いまの常識となっているネットワークのキャパシティを超えて、サービス網を拡張していく、ネットワーク・スライシングなどが追加されることになる。
 
Ulf Ewaldsson, chief technology officer at Ericsson, said that “IoT is now accelerating as device costs fall and innovative applications emerge.  5G is the next big step in mobile communication technologies. It will help realise the vision of essentially unlimited access to information and sharing of data anywhere and anytime for anyone and anything. 5G will enable new applications and use cases in areas such as cloud-enabled robotics and intelligent transportation that can benefit people, business and society—and it will therefore help realise the full potential of the Networked Society.”
 
Ericsson の CTO である Ulf Ewaldsson は、「デバイスのコストが落下し、革新的なアプリケーションが出現したことで、いまは IoT が加速している時期である。また、モバイル通信テクノロジーにおいて、次の大きなステップは 5G である。それは、本質的に無制限な情報へのアクセスと、時と場所と人を選ばないデータ共有のビジョンを、大きく推進していく役割を担う。5G により、個人と企業を社会に利益をもたらす、クラウド対応ロボットや、インテリジェントな移動体といった分野で、新しいアプリケーションとユースケースが育っていくだろう。つまり、ネットワーク社会の可能性を、最大限に引き出す方式が、さまざまな局面で推進されていくのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Monday単なる IoT センサー/デバイスではなく、インターネット網に接続される IoT センサー/デバイスの数というと、この程度の数量なのでしょうか? まぁ、Ericsson の調査がベースなので、信ぴょう性はあると思いますが、気になったので、参照元のレポートから、根拠となるチャートを引っ張りだしてみました。その一方で、2015年6月に BI Intelligence がマトメた、6社による予測値のチャートでは、最も慎重であった Gartner が、2018年の IoT デバイス数を 150億前後と予測しています。そのチャートでは、最も強気の Cisco が 350億と予測しており、かなりのバラツキが認められます。IoT において、とても重要なセンサー/デバイス数に関する情報ですが、誰もが納得できるスタンダードな統計値が欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
 

Comments Off on Mobile and IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル・デバイスを追い越す

IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!

Posted in .Chronicle, IoT by agilecat.cloud on September 1, 2016
Internet Of Things To Use Fog Computing For More Efficiency Than Cloud Computing
Wednesday, August 3, 2016 7:54 AM UTC
http://www.econotimes.com/Internet-Of-Things-To-Use-Fog-Computing-For-More-Efficiency-Than-Cloud-Computing-243795
 
econotimes
 
The Internet of Things will start relying more on Fog computing in order to meet the demands of efficiency that is becoming more difficult to fill with current, conventional means. Cloud computing simply cannot offer the same level of computing speed and response time that the IoT will require, but Fog computing can.
 
IoT は、これまでの発想では満たすことのできない、効率への要求を追求するために、フォグ・コンピューティングへの依存度を高め始めている。クラウド・コンピューティングでは、IoT で必要となるスピードとレスポンスを提供できないが、フォグであれば、それも可能になる。
 
Morning FogMorning Fog.Nature
Landscapes/YouTube
 
Tech Crunch notes how IoT is quickly becoming more like the Internet of Everything or IoE, and how the future is starting to look like a futuristic sci-fi movie where the lives of people revolve around a centralized digital interface. In any case, getting to this point will require processing and computing speeds that Fog computing is perfect for, and this is thanks to its decentralized processing architecture.
 
テック・クランチは、IoT から IoE 的なものへと向けた、急速な変化が起こっていると指摘している。そして、未来の人々の生活が、センタライズされたデジタル・インターフェースを中心に展開するという、SF 映画のような光景を示唆している。いずれの場合においても、そのような状況に到達するには、フォグ・コンピューティングにとって最適な、処理と計算のスピードを要求し、また、そのための分散処理アーキテクチャが必要になるだろう。
 
In terms of how processing works with Cloud computing, it offers a huge pocket of processing capability, which makes it perfect for providing IoT with the kinds of storage presence that it needs in order to draw terabytes of information from. However, Cloud computing also suffers from a slower response time because it is essentially a huge mass, which makes it sluggish.
 
クラウド・コンピューティングにおいて、どのようにプロセスが機能するのかと考えるなら、処理能力の巨大なポケットが提供されるという表現になるだろう。それは、テラバイト・レベルの情報を取り出すために必要な、最適のストレージとしての存在感を、IoT に提供するものになる。しかし、クラウド・コンピューティングは、その巨大な質量が本質的に緩慢さをもたらすため、レスポンスの遅延という問題に苦しんでいる。
 
In comparison, Fog computing is a far more fractured system, which can determine which processes require the most attention. This allows for a faster response time, which is critical in areas like medicine or engineering.
 
クラウドとの比較において、フォグ・コンピューティングが遥かに厄介なシステムとなるのは、は、最も注意を必要とするプロセスを取り扱うためである。つまり、医療や工学などの分野において重要な、素早いレスポンスに対応するものとなる。
 
In the IoT Agenda website, Fog computing is described as a feature where “computing resources and application services are distributed in the most logical, efficient place at any point along the continuum from the data source to the cloud.” It basically takes specific information from the bulk that is Cloud storage in order to reduce the amount of time to find said information and then transport it to its destination. It might only be a few seconds or milliseconds of difference, but the impact can be huge, particularly in life and death situations.
 
IoT Agenda という Web サイトはフォグ・コンピューティングについて、「データ・ソースからクラウドへと向けて連続する、あらゆる効果的なポイントにおいて、最も論理的に分散されたコンピューティング・リソースを提供し、また、アプリケーション・サービスを提供するものである」と定義している。フォグは、ここで説明する情報というものを、検索するための時間を短縮しなだら、ディスティネーションへと転送するために、クラウド・ストレージというデータの固まりから、特定の情報を取得するものでもある。それにより短縮される時間は、ほんの数秒、もしくは、ミリ秒かもしれないが、人の生死に関わる状況では、その差が大きなものになる。
 
ーーーーー
IoTこのところ、だんだんと、フォグ・コンピューティングに関する記事が増えてきました。IoT におけるフォグの解説なので、クラウドとの差異が強調されていますが、だからといって、クラウドが不要だという話ではありません。もう少し、具体的なユースケースが紹介されるようになれば、フォグ・コンピューティングのイメージが掴みやすくなると思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
 

Comments Off on IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!

パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!

Posted in .Chronicle, AI ML, Amazon, Apple, Facebook, Google, IBM, Microsoft, Research by agilecat.cloud on August 31, 2016
Digital Assistants – Always at Your Service
Felix Richter – Aug 26, 2016
https://www.statista.com/chart/5621/users-of-virtual-digital-assistants/
 
_ Statista
 
When people in the 1980s dreamed of the year 2016, I’m sure many imagined robotic butlers catering to our wishes while speaking in electronically distorted voices. Now that 2016 has actually arrived, we can say that we’re at least halfway there. While Alexa, Siri et al. cannot serve us cold beverages on a warm summer day, they can be quite helpful at times and they do sound slightly robotic.
 
1980年代の人々が 2016年の日常を夢みるなら、ロボット執事が電子的な声で要求に応える姿を思い浮かべるだろう。そして、実際に 2016年に到着してみると、その道の半ばまで進んできたと思えてくる。Alexa や Siri などは、暑い夏の日に冷たい飲み物を用意することができないが、きわめて役に立つときもあり、また、少しはロボットのように感じられる。
 
users_of_vdaClick to Large >>>
 
This chart shows the estimated number of users of virtual digital assistants worldwide.
 
 
According to market research firm Tractica, the use of virtual digital assistants (VDAs) is going to increase sharply over the next few years. As our chart illustrates, the number of people using digital assistants is projected to increase from 504 million this year to 1.8 billion by 2021.
 
市場調査会社ある Tractica によると、VDA (Virtual Digital Assistant) の活用が、これからの数年のうちに急増するとされる。このチャートが示すように、デジタル・アシスタントを利用するユーザー数は、今年の 5億人から、2021年の 18億に人に増えていくようだ。
 
While intelligent voice-recognition technology is currently most commonly known from smartphone-based assistants such as Siri and Google Now, Tractica expects similar solutions to be used in many more devices going forward. Amazon’s Echo, an intelligent speaker capable of performing several tasks, is just one example of how such devices could shape our homes in the near future.
 
インテリジェントな音声認識テクノロジーとして、Siri や Google Now などのスマートフォン・ベースのアシスタントが知れ渡っているが、同様のソリューションが多様なデバイスで使用されることになると、Tractica は予測している。Amazon の Echo は、いくつかのタスクを処理してくれるインテリジェントなスピーカーであるが、近未来の日常を構成するデバイスの、ほんの一例に過ぎない。
 
ーーーーー
research_55このチャートにおいて、現時点の VDA (Virtual Digital Assistant) 数は、その大半がスマフォ上の Siri/Cortana/Google Now などで占められるのでしょう。そして、Amazon の Alexa が Echo で活用されているように、デバイスの垣根を超えて、各種の VDA が活躍の場を広げていくのだと思えます。ここで予測されている 2021年の 18億人ですが、ざっくりとしたところで、世界人口の 1/4 程度になります。当然、パーソナライズされるはずですが、その対象は個人や家族だけでなく、ビジネスにおけるチームなどにも広がっていくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
 

Comments Off on パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!

World Wide Web が 25歳になった:世界への浸透率を1枚のチャートで確認する!

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 26, 2016
The Not So World Wide Web
Felix Richter – Aug 23, 2016
https://www.statista.com/chart/3512/internet-adoption-in-2015/
 
_ Statista
 
25 years ago, on August 23, 1991, a British computer scientist made the World Wide Web available to the public. Tim Berners-Lee, who was then working at CERN, could not have imagined the impact his actions would have on the world over the next two and a half decades. Honoring this milestone in the history of the internet, August 23 has become known as Internaut Day.
 
25年前の 1991年 8月 23日に、イギリスのコンピュータ科学者が、World Wide Web なるものを利用できるようにした。彼が、CERN で働くことになった Tim Berners-Lee であるが、その行動が、四半世紀にわたって世界に与えた影響を、想像することも無かっただろう。インターネットの歴史における、このマイルストーンを称えるために、8月23日は Internaut Day として認識されるようになった。
 
internet_adoption_in_2015Click to Large >>>
 
This chart shows how many people around the world use the internet.
 
However, even 25 years after what some call its inception, the World Wide Web is not nearly as universally available as its name suggests. According to the latest estimates by the International Telecommunication Union, a UN agency specializing in information and communication technologies, only 47 in 1oo world citizens use the internet these days.
 
しかし、World Wide Web の立ち上げから 25年も経過しているのだが、その名の通り、世界に広まったとは言えない。情報通信テクノロジーに特化した、国連の機関である International Telecommunication Union の最新調査によると、世界の人々の 100人に 47人だけが、インターネットを使用しているに過ぎない。
 
While internet access in regions such as North America and Europe has become a commodity not unlike electricity and running water, people in less developed regions often still lack access to what has arguably become the most important source of information of our times.
 
North America や Europe でのインターネット・アクセスは一般化しているが、電気や水道ほどではない。また、発展途上国の人々に関して言うなら、この時代における最も重要な情報源である、インターネットへのアクセスが欠落していることになる。
 
The chart below shows how widely internet penetration still varies across different world regions.
 
上記のチャートは、それぞれの地域における、インターネット普及率の格差を示している。
 
ーーーーー
research_55すでに 25年なのか、もう 25年 なのかは別にして、世界への浸透率は、まだまだの World Wide Web ですね。しかし、アジア/中東/アフリカ/南米には、大きな成長の余地が残されていると、捉えることも可能です。そして、このチャートでは、インターネット・アクセスに占める、モバイルの比率が分かりませんが、途上国では大半に相当するはずだと思えます。次の 25年で、どこまで広まるのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!
SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへ!
Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!
スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!
ニュース・メディアへの導線で Facebook が Google を上回る!
 

Comments Off on World Wide Web が 25歳になった:世界への浸透率を1枚のチャートで確認する!

Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Huawei, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 19, 2016
The Apple of China has hit a wall
Jeff Dunn – Aug 16, 2016
http://www.businessinsider.com/xiaomi-smartphone-sales-china-market-share-2016-8
 
_ Business Insider
 
The so-called “Apple of China” is having a rough go of it.
 
いわゆる China の Apple が、困難に直面している
 
As this chart from Statista shows, Chinese manufacturer Xiaomi saw a 38.8% year-over-year decline in smartphone sales for its home country this past quarter. According to research firm IDC, shipments dipped from 17.1 million to 10.5 million, while its market share fell from 16% to 9.5%. Meanwhile, rivals Huawei, Oppo, and Vivo all saw big gains, which IDC attributes to stronger marketing campaigns and offline channel support.
 
Statista のチャートが示すように、China のメーカーである Xiaomi が、2016年 Q2 において、スマートフォンの売上を前年比で 38.8% も下落させている。調査会社である IDC によると、その出荷台数は 1,710万台から 1,050万台に減り、マーケット・シェアは 16% から 9.5% に下げている。その一方で、パワフルなマーケティング・キャンペーンと、オフラインでのサポートにより、ライバルである Huawei/Oppo/Vivo がシェアを伸ばしていると、IDC は伝えている。
 
smartphone_china
 
Statista
 
In any case, when it comes to its bread and butter, Xiaomi is a ways off from its former position as the world’s most valuable tech startup. One firm it is leading, however, is the Apple of, well, everywhere, as lagging iPhone SE sales gave Apple a 32% year-over-year drop.
 
Xiaomi の屋台骨である収益性の話だが、世界で最も価値のあるハイテク・スタートアップとしての路線から、大きく逸れているようである。しかし、その傾向にあるメーカーとして、世界でシェアを下げているのは Apple だ。iPhone SE の不調により、この China でも 32% もシェアを落としている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2以前から、Huawei と Xiaomi の位置が逆転すると言われていましたが、Oppo と Vivo も伸びているのですね。また、今年の1月には、「iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけ!」という抄訳をポストしています。それは、2015年 Q4 のシェアを分析するものですが、その中国でも、Apple は不振のようです。Agile Cat の周囲にも、Android を MVNO で使う人が増えてきていますが、それで良いと言われれば、それで良いツールなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した
iPhone の売行きに暗雲:8年間も続いた栄光の歴史が終わるのか?
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか?
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
Microsoft と Xiaomi の思惑が一致した:Windows 10 を走らせる最新タブレットとは?
 

Comments Off on Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

まだまだ伸びるデジタル広告の世界:2021までの成長予測を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on August 18, 2016
The Digital Ad Market Still Has Room to Grow
Felix Richter, Aug 4, 2016
https://www.statista.com/chart/5421/digital-ad-market-growth/
 
_ Statista
 
Over the past decade, digital advertising has grown to become a huge business. Companies such as Google and Facebook rake in $10+ billion a year selling ad space on their various platforms and, just as the market as a whole, they show no signs of slowing down.
 
この10年間において、デジタル広告は巨大なビジネスに成長した。Google や Facebook といった企業は、さまざまなプラットフォームの広告スペースおいて、年間で $10 billion + という売上をかき集めている。そして、このマーケット全体としては、依然として減速の兆候は見られない。
 
digital_ad_market_growthClick to Large >>>
 
This chart shows estimated worldwide digital advertising revenue in 2016 and 2021.
 
このチャートは、2016年と 2021年における、グローバルでのデジタル広告売上を推測するものである。
 
According to data from Statista’s Digital Market Outlook, search advertising is the largest piece of the digital advertising pie with global revenues amounting to $91 billion this year. Banner advertising ranks second with $43.5 billion in estimated revenue.
 
Statista の Digital Market Outlook によると、このデジタル広告における最大のマーケットは、検索に関連する広告である。今年のグローバルで売上高は $91 billion であり、その後に続くのが、バナー広告の $43.5 billion となる。
 
Statista’s analysts expect the digital ad market to grow at an average rate of 10.9 percent over the next five years, with social media and video advertising outpacing the overall market’s growth. For more insights and digital advertising trends, download our free market report “Digital Advertising: Banner”.
 
Statista のアナリストたちは、これから 5年間でのデジタル広告のマーケットは、10.9% という速度で成長すると予測している。そして、ソーシャル・メディアとビデオの成長が、このマーケットの平均を上回るスピードで伸びるとも述べている。デジタル広告に関する動向と、より詳細な洞察に興味があるなら、Stasista の Digital Advertising: Banner をダウンロードして欲しい。
 
ーーーーー
Adこの 6月にポストした、「Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?」という抄訳には、「これまでの 10年の間に、広告メディアとしてのインターネットは印刷媒体を追い抜き、テレビに続く二番目のポジションへと昇ってきた」という解説がありました。以前から、このデジタル広告の世界では、ソーシャルとビデオが伸びると予測されていましたが、検索とバナーに関しても、まだまだ成長の余地があるのですね。いずれは、このデジタル広告の世界が、テレビをも追い抜いいていくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: その脅威の成長エンジンをチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績をチャートで!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向をチャートで!
Instagram の広告がスゴイ! Facebook レベルの 収益性が見えてきた!
Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! 
 

Comments Off on まだまだ伸びるデジタル広告の世界:2021までの成長予測を1枚のチャートで!

%d bloggers like this: