Agile Cat — in the cloud

パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!

Posted in .Chronicle, AI ML, Amazon, Apple, Facebook, Google, IBM, Microsoft, Research by agilecat.cloud on August 31, 2016
Digital Assistants – Always at Your Service
Felix Richter – Aug 26, 2016
https://www.statista.com/chart/5621/users-of-virtual-digital-assistants/
 
_ Statista
 
When people in the 1980s dreamed of the year 2016, I’m sure many imagined robotic butlers catering to our wishes while speaking in electronically distorted voices. Now that 2016 has actually arrived, we can say that we’re at least halfway there. While Alexa, Siri et al. cannot serve us cold beverages on a warm summer day, they can be quite helpful at times and they do sound slightly robotic.
 
1980年代の人々が 2016年の日常を夢みるなら、ロボット執事が電子的な声で要求に応える姿を思い浮かべるだろう。そして、実際に 2016年に到着してみると、その道の半ばまで進んできたと思えてくる。Alexa や Siri などは、暑い夏の日に冷たい飲み物を用意することができないが、きわめて役に立つときもあり、また、少しはロボットのように感じられる。
 
users_of_vdaClick to Large >>>
 
This chart shows the estimated number of users of virtual digital assistants worldwide.
 
 
According to market research firm Tractica, the use of virtual digital assistants (VDAs) is going to increase sharply over the next few years. As our chart illustrates, the number of people using digital assistants is projected to increase from 504 million this year to 1.8 billion by 2021.
 
市場調査会社ある Tractica によると、VDA (Virtual Digital Assistant) の活用が、これからの数年のうちに急増するとされる。このチャートが示すように、デジタル・アシスタントを利用するユーザー数は、今年の 5億人から、2021年の 18億に人に増えていくようだ。
 
While intelligent voice-recognition technology is currently most commonly known from smartphone-based assistants such as Siri and Google Now, Tractica expects similar solutions to be used in many more devices going forward. Amazon’s Echo, an intelligent speaker capable of performing several tasks, is just one example of how such devices could shape our homes in the near future.
 
インテリジェントな音声認識テクノロジーとして、Siri や Google Now などのスマートフォン・ベースのアシスタントが知れ渡っているが、同様のソリューションが多様なデバイスで使用されることになると、Tractica は予測している。Amazon の Echo は、いくつかのタスクを処理してくれるインテリジェントなスピーカーであるが、近未来の日常を構成するデバイスの、ほんの一例に過ぎない。
 
ーーーーー
research_55このチャートにおいて、現時点の VDA (Virtual Digital Assistant) 数は、その大半がスマフォ上の Siri/Cortana/Google Now などで占められるのでしょう。そして、Amazon の Alexa が Echo で活用されているように、デバイスの垣根を超えて、各種の VDA が活躍の場を広げていくのだと思えます。ここで予測されている 2021年の 18億人ですが、ざっくりとしたところで、世界人口の 1/4 程度になります。当然、パーソナライズされるはずですが、その対象は個人や家族だけでなく、ビジネスにおけるチームなどにも広がっていくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
 

Comments Off on パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!

World Wide Web が 25歳になった:世界への浸透率を1枚のチャートで確認する!

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 26, 2016
The Not So World Wide Web
Felix Richter – Aug 23, 2016
https://www.statista.com/chart/3512/internet-adoption-in-2015/
 
_ Statista
 
25 years ago, on August 23, 1991, a British computer scientist made the World Wide Web available to the public. Tim Berners-Lee, who was then working at CERN, could not have imagined the impact his actions would have on the world over the next two and a half decades. Honoring this milestone in the history of the internet, August 23 has become known as Internaut Day.
 
25年前の 1991年 8月 23日に、イギリスのコンピュータ科学者が、World Wide Web なるものを利用できるようにした。彼が、CERN で働くことになった Tim Berners-Lee であるが、その行動が、四半世紀にわたって世界に与えた影響を、想像することも無かっただろう。インターネットの歴史における、このマイルストーンを称えるために、8月23日は Internaut Day として認識されるようになった。
 
internet_adoption_in_2015Click to Large >>>
 
This chart shows how many people around the world use the internet.
 
However, even 25 years after what some call its inception, the World Wide Web is not nearly as universally available as its name suggests. According to the latest estimates by the International Telecommunication Union, a UN agency specializing in information and communication technologies, only 47 in 1oo world citizens use the internet these days.
 
しかし、World Wide Web の立ち上げから 25年も経過しているのだが、その名の通り、世界に広まったとは言えない。情報通信テクノロジーに特化した、国連の機関である International Telecommunication Union の最新調査によると、世界の人々の 100人に 47人だけが、インターネットを使用しているに過ぎない。
 
While internet access in regions such as North America and Europe has become a commodity not unlike electricity and running water, people in less developed regions often still lack access to what has arguably become the most important source of information of our times.
 
North America や Europe でのインターネット・アクセスは一般化しているが、電気や水道ほどではない。また、発展途上国の人々に関して言うなら、この時代における最も重要な情報源である、インターネットへのアクセスが欠落していることになる。
 
The chart below shows how widely internet penetration still varies across different world regions.
 
上記のチャートは、それぞれの地域における、インターネット普及率の格差を示している。
 
ーーーーー
research_55すでに 25年なのか、もう 25年 なのかは別にして、世界への浸透率は、まだまだの World Wide Web ですね。しかし、アジア/中東/アフリカ/南米には、大きな成長の余地が残されていると、捉えることも可能です。そして、このチャートでは、インターネット・アクセスに占める、モバイルの比率が分かりませんが、途上国では大半に相当するはずだと思えます。次の 25年で、どこまで広まるのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!
SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへ!
Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!
スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!
ニュース・メディアへの導線で Facebook が Google を上回る!
 

Comments Off on World Wide Web が 25歳になった:世界への浸透率を1枚のチャートで確認する!

Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Huawei, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 19, 2016
The Apple of China has hit a wall
Jeff Dunn – Aug 16, 2016
http://www.businessinsider.com/xiaomi-smartphone-sales-china-market-share-2016-8
 
_ Business Insider
 
The so-called “Apple of China” is having a rough go of it.
 
いわゆる China の Apple が、困難に直面している
 
As this chart from Statista shows, Chinese manufacturer Xiaomi saw a 38.8% year-over-year decline in smartphone sales for its home country this past quarter. According to research firm IDC, shipments dipped from 17.1 million to 10.5 million, while its market share fell from 16% to 9.5%. Meanwhile, rivals Huawei, Oppo, and Vivo all saw big gains, which IDC attributes to stronger marketing campaigns and offline channel support.
 
Statista のチャートが示すように、China のメーカーである Xiaomi が、2016年 Q2 において、スマートフォンの売上を前年比で 38.8% も下落させている。調査会社である IDC によると、その出荷台数は 1,710万台から 1,050万台に減り、マーケット・シェアは 16% から 9.5% に下げている。その一方で、パワフルなマーケティング・キャンペーンと、オフラインでのサポートにより、ライバルである Huawei/Oppo/Vivo がシェアを伸ばしていると、IDC は伝えている。
 
smartphone_china
 
Statista
 
In any case, when it comes to its bread and butter, Xiaomi is a ways off from its former position as the world’s most valuable tech startup. One firm it is leading, however, is the Apple of, well, everywhere, as lagging iPhone SE sales gave Apple a 32% year-over-year drop.
 
Xiaomi の屋台骨である収益性の話だが、世界で最も価値のあるハイテク・スタートアップとしての路線から、大きく逸れているようである。しかし、その傾向にあるメーカーとして、世界でシェアを下げているのは Apple だ。iPhone SE の不調により、この China でも 32% もシェアを落としている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2以前から、Huawei と Xiaomi の位置が逆転すると言われていましたが、Oppo と Vivo も伸びているのですね。また、今年の1月には、「iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけ!」という抄訳をポストしています。それは、2015年 Q4 のシェアを分析するものですが、その中国でも、Apple は不振のようです。Agile Cat の周囲にも、Android を MVNO で使う人が増えてきていますが、それで良いと言われれば、それで良いツールなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した
iPhone の売行きに暗雲:8年間も続いた栄光の歴史が終わるのか?
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか?
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
Microsoft と Xiaomi の思惑が一致した:Windows 10 を走らせる最新タブレットとは?
 

Comments Off on Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

まだまだ伸びるデジタル広告の世界:2021までの成長予測を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on August 18, 2016
The Digital Ad Market Still Has Room to Grow
Felix Richter, Aug 4, 2016
https://www.statista.com/chart/5421/digital-ad-market-growth/
 
_ Statista
 
Over the past decade, digital advertising has grown to become a huge business. Companies such as Google and Facebook rake in $10+ billion a year selling ad space on their various platforms and, just as the market as a whole, they show no signs of slowing down.
 
この10年間において、デジタル広告は巨大なビジネスに成長した。Google や Facebook といった企業は、さまざまなプラットフォームの広告スペースおいて、年間で $10 billion + という売上をかき集めている。そして、このマーケット全体としては、依然として減速の兆候は見られない。
 
digital_ad_market_growthClick to Large >>>
 
This chart shows estimated worldwide digital advertising revenue in 2016 and 2021.
 
このチャートは、2016年と 2021年における、グローバルでのデジタル広告売上を推測するものである。
 
According to data from Statista’s Digital Market Outlook, search advertising is the largest piece of the digital advertising pie with global revenues amounting to $91 billion this year. Banner advertising ranks second with $43.5 billion in estimated revenue.
 
Statista の Digital Market Outlook によると、このデジタル広告における最大のマーケットは、検索に関連する広告である。今年のグローバルで売上高は $91 billion であり、その後に続くのが、バナー広告の $43.5 billion となる。
 
Statista’s analysts expect the digital ad market to grow at an average rate of 10.9 percent over the next five years, with social media and video advertising outpacing the overall market’s growth. For more insights and digital advertising trends, download our free market report “Digital Advertising: Banner”.
 
Statista のアナリストたちは、これから 5年間でのデジタル広告のマーケットは、10.9% という速度で成長すると予測している。そして、ソーシャル・メディアとビデオの成長が、このマーケットの平均を上回るスピードで伸びるとも述べている。デジタル広告に関する動向と、より詳細な洞察に興味があるなら、Stasista の Digital Advertising: Banner をダウンロードして欲しい。
 
ーーーーー
Adこの 6月にポストした、「Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?」という抄訳には、「これまでの 10年の間に、広告メディアとしてのインターネットは印刷媒体を追い抜き、テレビに続く二番目のポジションへと昇ってきた」という解説がありました。以前から、このデジタル広告の世界では、ソーシャルとビデオが伸びると予測されていましたが、検索とバナーに関しても、まだまだ成長の余地があるのですね。いずれは、このデジタル広告の世界が、テレビをも追い抜いいていくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: その脅威の成長エンジンをチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績をチャートで!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向をチャートで!
Instagram の広告がスゴイ! Facebook レベルの 収益性が見えてきた!
Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! 
 

Comments Off on まだまだ伸びるデジタル広告の世界:2021までの成長予測を1枚のチャートで!

Twitter の成長が完全に止まった:それを示す1枚のチャート! 

Posted in .Chronicle, Facebook, Instagram, Research, Social, Tencent, Twitter, WhatsApp by agilecat.cloud on August 10, 2016
Competition Leaves Twitter in the Dust
Felix Richter – Jul 27, 2016
https://www.statista.com/chart/5358/twitters-user-growth-in-perspective/
 
_ Statista
 
When Twitter reported its results for the second quarter of 2016 on Tuesday, the company once again disappointed its investors with lackluster user growth. Instead of reaccelerating its user growth, Twitter basically flatlined. Now at 313 million monthly active users, Twitter added just 3 million users in the past three months and no more than 11 million since the first quarter of 2015.
 
この火曜日 (7/26) に、Twitter が 2016年 Q2 の収支を報告したが、ユーザー数の伸びに精彩を欠き、投資家たちを失望させた。Twitter のユーザー数は、成長を再加速させるというより、死につつあるという状況なのだ。この3ヶ月間で、Twitter は 300万のユーザーを積み上げ、MAU (Monthly Active Users) を 3.13億人に伸ばした。しかし、2015年 Q1 と比較すると、わずか 1100万人を追加したに過ぎない。
 
twitters_user_growthClick to Large >>>
 
This chart compares Twitter’s long-term user growth to that of the company’s competitors.
 
このチャートは、Twitter と競合他社の、長年にわたるユーザー数の成長を比較している。
 
 
As our chart illustrates, Twitter’s competitors have overtaken the company left and right in the past years. Instagram recently passed the 500 million user mark while WhatsApp, WeChat and of course Facebook are long out of Twitter’s sight.
 
当社のチャートが示すように、数年の間にライバルたちが、一斉に Twitter を追い抜いていった。最近では、Instagram が5億ユーザーに達したが、WhatsApp や WeChat 、そしてFacebook は、Twitter の視野から消え去っている。
 
ーーーーー
twitter-55aこうして比較してみると、WhatsApp と WeChat という、メッセンジャー系の伸びが顕著ですね。この機能は、Twitter にもあるのですが、なぜ、活かすことができなかったのでしょうか? とても簡単にアカウントを作れて、また、廃棄できることが、Twitter の特徴でもあるのですが、これではアカウントが大切にされません。反対に、Facebook は実名主義であるため、メッセンジャーとの整合性も取れていますし、ページとの連携もスマートに処理されています。インターネット自体が匿名から実名へと、ゆるやかにシフトしているように思えますが、Facebook と Twitter の明暗が、それを印象付けているのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
FB も IG も歯が立たない、Pinterest とショッピングの関係を1枚のチャートで!
Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
 

Comments Off on Twitter の成長が完全に止まった:それを示す1枚のチャート! 

NEC と 機械学習:未知のサイバー攻撃を検出し、ダメージを最小に抑える

Posted in .Chronicle, Asia, Security by agilecat.cloud on August 9, 2016
NEC technology uses AI to automatically detect unknown cyberattacks
Networks Asia staff – Thursday, June 23, 2016
http://www.networksasia.net/article/nec-technology-uses-ai-automatically-detect-unknown-cyberattacks.1466614006
 
Networks_Asia
 
NEC Corporation has announced the development of a “system operations-visualization and anomaly-analysis technology” that uses artificial intelligence (AI) to automatically detect unknown cyber-attacks against social infrastructure and enterprise systems.
 
NEC Corporation が、システム運用の可視化と、異常分析のテクノロジーの開発について発表した。それは、社会インフラや企業システムに対する、未知のサイバー攻撃を自動的に検出するために、人工知能(AI)を用いるものとなる。
 
SecurityBlue Coat Photos
Flickr
 
The new technology learns (through machine learning) the normal state of OS-level operations (program start-up, file access, communications, etc.) for entire ICT systems, including PCs and servers. It then carries out real-time comparisons and analysis of current operations in the system’s normal state and automatically isolates particular points that deviate from the normal state by using system operation tools and Software-Defined Networking (SDN).
 
この新しいテクノロジーは、PC やサーバーを含む ICT システム全体において、機械学習を通して OS レベルの正常な状態 (プログラムの起動/ファイル・アクセス/通信など) を取得していく。続いて、学習されたシステムの正常状態と、運用中のシステム状態をリアルタイムで比較し、その違いを分析していく。そして、システム・オペレーション・ツールと SDN (Software-Defined Networking) を用いて、正常な状態から逸脱している特定のポイントを、システムから隔離していく。
 
Further, a detailed knowledge of the system behavior makes it possible to identify the extent of damage 90% faster than the time required in conventional manual investigation. Accurate anomaly detection and quick specification of damaged areas by the new technology minimize the damage from cyber-attacks and enable recovery without stopping an entire user-system.
 
さらに、システムの振る舞いに関する詳細なナレッジを用いて、被ったダメージの程度を、従来からの手作業による調査と比較して、90% も短縮した時間で識別する。この新しいテクノロジーが実現する、異常検出の正確さと、ダメージ・エリアの迅速な検出により、サイバー攻撃による被害を最小限に抑えること、そして、システム全体を停止せずに復旧することが可能になる。
 
“It is remarkably difficult for current cyber-attack countermeasures, which are carried out based on known attack methods, to protect systems against unknown attacks. The new technology, which is based only on subtle changes observed in OS-level behavior as a consequence of attacks, rather than on the attack methods, enables an innovative approach to deal with completely new cyber-attacks,” said Motoo Nishihara General Manager, Cloud System Research Laboratories, NEC Corporation.
 
NEC Corporation の GM of Cloud System Research Laboratories である Motoo Nishihara は、「現状において、サイバー攻撃への対策が著しく困難なのは、既知の攻撃手法をベースにして、未知の攻撃からシステムを保護しようとするからだ。この新しいテクノロジーでは、攻撃の手法を分析するのではなく、OS レベルでの振る舞いの、微妙な変化が観察される。それにより、未知のサイバー攻撃が対象であっても、対応が可能になるという、革新的なアプローチが実現される」と述べている。
 
NEC conducted trials of the technology on its in-house ICT system and found that it was able to detect all simulated attacks. Going forward, NEC will carry out trials on systems serving critical infrastructure, such as power plants and factories, aiming to commercialize the technology by the end of FY2016.
 
NEC は、社内の ICT システム上で、このテクノロジーのトライアルを実施し、すべての攻撃シミュレーションの検出が可能であったと述べている。これからのスケジュールであるが、NEC は発電所や工場などで、重要なインフラを提供するシステム上でトライアルと実施し、2016年度の終わりまでに、このテクノロジーの商用化を目指すという。
 
As part of its focus on Solutions for Society, NEC is pursuing the development of this technology and other advanced technologies that contribute to the enhancement of cyber security measures.
 
NEC は、Solutions for Society へのフォーカスの一環として、このテクノロジーや、他の高度なテクノロジーの開発を推進し、サイバー・セキュリティ対策の向上に寄与していくと述べている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2IoT が注目を浴びていますが、その前に解決すべきものとしてセキュリティがあります。そして、膨大な数のデバイスやセンサーのネットワークでは、何らかの自動化されたソリューションが必要になるでしょう。そのためには、ソフトウェアが状況を判断し、自身で操作し、その結果を学んでいくという、機械学習が最適なのは明らかです。これまでの、境界線の防御というソリューションだけでは、サーバー攻撃に耐えられなくなっています。NEC のテクノロジーに期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Shadow IT の調査: シャドウ IT アプリが、この2年間で 30倍にも増大している
サイバー攻撃の 60% にインサイダーが絡んでいる: IBM のデータを1枚のチャートで!
サービス・プロバイダーと暗号化:政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?
ウェアラブル と BYOD のポリシーが、企業の IT セキュリティに挑戦している
クラウドとデータの機密性:これからは、暗号化がトレンドになるのか?
 

Comments Off on NEC と 機械学習:未知のサイバー攻撃を検出し、ダメージを最小に抑える

Cloud の調査: 2016年 Q1 のパブリック・クラウドは、記録破りの成長を達成したようだ!

Posted in .Chronicle, Amazon, Businesses, Google, IBM, Microsoft by agilecat.cloud on August 8, 2016
Cloud Computing: 50 Percent Growth in First Quarter
Dick Weisinger – August 1st, 2016
http://formtek.com/blog/cloud-computing-50-percent-growth-in-first-quarter/
_ formtek
The cloud computing market grew at a breakneck rate of 50 percent during the first quarter of 2016.  In just those three months, $7 billion was spent on cloud services, according to a report by Synergy research.
 
クラウド・コンピューティングの市場は、2016年 Q1 において、50% という猛烈なスピードで成長した。その、わずか3ヶ月の間で、$7 billion がクラウド・サービスに費やされたと、Synergy Research がレポートしている。
 
Seurat_1John Dinsdale, Synergy’s chief analyst, said that “this is a market that is so big and is growing so rapidly that companies can be growing by 10-30% per year and might feel good about themselves and yet they’d still be losing market share.”
 
Synergy の Chief Analyst である John Hinsdale は、「このマーケットは、きわめて巨大であり、また、急速に成長している。いくつかの企業が、年率で 10%〜30% というペースで成長しており、自身の業績を順調だと捉えているのだろうが、そのような成長率でも、マーケット・シェアを失っていることになるのだ」と述べている
 
Results of another report, the HyTrust survey of the state of the cloud, a survey of 500 US and UK IT professionals found that:
 
別のレポートについても紹介しておこう。500人の IT プロフェッショナルを対象として、HyTrust が米国と英国で実施した The State of the Cloud という調査では、以下のような状況が伝えられている。
 
  • Three quarters of organizations plan to move more some of their data and system software to the public cloud this year
  • Disaster recover is the top motivator for being able to move to the cloud
  • Microsoft Azure is the top public cloud choice (32 percent) among organizations [which differs from other survey results like the Synergy report], according to the HyTrust report. 24 percent plan to move to VMWare and 22 percent plan on using Amazon Web Services (AWS).
 
  • 対象となる組織の 3/4 が、自身のデータとシステム・ソフトウェアの一部を、年内にパブリック・クラウドに移行することを計画している。
  • パブリック・クラウドへの移行に際し、最大のモチベーションとなるのは DR (Disaster Recover) である。
  • HyTrust のレポートによると、それらの組織が選んだ、トップ・パブリック・クラウドは Microsoft Azure となる (32% という支持率であるが、Synergy のレポートとは異なる結果である)。また、24% の企業が VMware への移行を計画し、22% の企業が Amazon Web Services を(AWS)を使用している。
 
ーーーーー
On Mondayまず、Synergy Research のレポートですが、依然として AWS がトップを走り、それに Microsoft/IBM/Google が続くという状況が示されています。つまり、文中の HyTrust のレポートとは、かなり結果が異なるものとなっています。調査対象の設定により、このような差異が生じるのでしょうが、いずれにせよ、パブリック・クラウドが伸びていることに違いは有りません。素晴らしい! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
Shadow IT の調査: シャドウ IT アプリが、この2年間で 30倍にも増大している
Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?
Data Security の調査: 政府が要求する情報開示と、暗号化の関係とは?
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
 

Comments Off on Cloud の調査: 2016年 Q1 のパブリック・クラウドは、記録破りの成長を達成したようだ!

Uber の中国進出がオフィシャルに認められる:そのための法体系は、世界で初の試みとなる!

Posted in .Chronicle, Asia, Uber by agilecat.cloud on July 29, 2016
Uber is officially legal in China
Avery Hartmans – July 28, 2016
http://www.businessinsider.com/uber-didi-legal-china-2016-7
 
_ Business Insider
 
It’s official: Uber and Chinese rival Didi Chuxing have the green light to operate in China.
 
China 政府が公式に認める:Uber および、そのライバルである Didi Chuxing に対して、同国での営業を認める青信号が灯った。
 
Bloomberg reports that the government plans to formally allow both companies to operate starting in November,  and wants to encourage the growth of the sharing economy in  China.
 
Bloomberg のレポートによると、China 政府は 11月から、この両社の運営を正式に許可し、同国におけるタクシー配車サービスを介して、成長を促進していく考えであるという。
 
China_ExpresswayImage -Wikipedia
 
The new laws do come with certain rules, however. Drivers for ride-hailing apps can’t have a criminal record, will have to  have three years of experience as a professional driver, and be  licensed by a local taxi regulator, according to The New York Times. Drivers also may not operate a vehicle with more than 600,000 kilometers (about 370,000 miles) on it.
 
ただし、そのための新しい法律には、一定の条件が加えられている。具体的に言うと、その配車アプリを利用する運転手に関しては、犯罪歴を持つ者は認められず、また、プロとして3年以上の経験が必要であり、地方都市のタクシー管理組織から提供されるライセンスが必要になると、The New York  Times が伝えている。そして、走行距離が60万キロ以上の車両は、利用できないという規定も付加されるようだ。
 
While both companies have been offering their services in China for years, the move by the Chinese government is important for several reasons. First, it creates a legal  framework for both ride-hailing services, something which countries in Europe and many states throughout the U.S. haven’t been able to figure out. The move also legitimizes the battle between Uber and Didi, who are bitter rivals in the fight to become the most popular ride-hailing app in the world’s biggest market.
 
この数年において、両社は China でサービスを提供してきたが、今回の China 政府の動きは、いくつかの点で、きわめて重要となる。まず、US と Europe が明確な指針が出せずにいた、タクシー配車サービスに関する法体系が作成されたことが挙げられる。また、この動きは、世界で最大の市場において、あらためてタクシー配車サービスを合法化するものになる。
 
Just last week, Uber investors called for a “truce” between the two companies. Investors are worried that the costly fight will damage both companies in the end, and reports say that investors between the two companies have talked  about a deal. Uber said in February that it’s losing more than $1 billion each year in China in its efforts to win over customers.
 
つい先週のことであるが、Uber の投資家たちは、両社間での「休戦」を呼びかけていた。つまり、この戦いが両社の負担を増大させ、ダメージを与えることを懸念した動きであり、また、両社の投資家たちが話し合いに入っているとも報告されていた。この 2月のことだが、Uber は China での戦いに勝つためには、年間で $1 billion 以上の支出を余儀なくされると述べていた。
 
ーーーーー
Uber Logo政治は規制しても、経済は開放していくという、中国政府のスタンスは明らかですね。この点だけを切り出して、日本と中国を比較すると、どちらが資本主義の国なのか、分からなくなってしまいます。この 5月に、「Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?」という抄訳をポストしましたが、Uber のグローバル展開はクラウド・プロバイダーにも大きな影響を及ぼすようです。ますます注目の、Uber ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
 

Comments Off on Uber の中国進出がオフィシャルに認められる:そのための法体系は、世界で初の試みとなる!

%d bloggers like this: