Agile Cat — in the cloud

アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?

Posted in .Selected, Asia, Businesses, Research by agilecat.cloud on June 7, 2016
APAC is third most expensive region for public cloud
Networks Asia staff – March 16, 2016
http://www.telecomasia.net/content/apac-third-most-expensive-region-public-cloud
 
_ Telecom-Asia
 
The US is the cheapest market for the public cloud, according to 451 Research’s latest Cloud Price Index report which analyzes the variances in cloud pricing across the world.
 
451 Research が提供する、最新の Cloud Price Index レポートによると、パブリック・クラウドを最も安価に利用できるのは US マーケットとなる。ちなみに、このレポートは、グローバルにおけるクラウド市場の、価格を分析している。
 
The findings show that US pricing is the most competitive globally while users pay, on average, between 7% and 19% more to host the same application in Europe and 14% to 38% more in Asia-Pacific, depending on the complexity of the application.
 
この調査結果は、US におけるクラウドの料金体系が、グローバルで最も競争力を持っていると示している。その一方で、Europe は、同じアプリケーションをホストする場合で、平均的なユーザー支出額が 7%〜19% ほど上積みされ、Asia-Pacific の場合は 14%〜38% ほど高額になる。なお、パーセンテージに幅が生じるのは、アプリケーションの複雑さに応じてとなる。
 
Sultan_MosqueWikipedia
 
Latin America is the most expensive region – 38% higher on average than the US with a far greater variation in prices, in part because it has the most limited selection of providers.
 
最も高価になる地域は Latin America であり、そのパーセンテージは US に対して 38% 増しとなる。 このように大きな差がつくのは、プロバイダーの選択という意味で、大きな制約があるからだと思われる。
 
Reflecting global pricing cuts from AWS and Microsoft in early 2016, 451 Research also announced that the Cloud Price Index has dropped by 6% since October 2015. While this is good news for users, 451 Research analysts note that it is nowhere near the double-digit drop that many users might expect given recent headlines.
 
2016年の初めに、AWS と Microsoft がグローバルで価格を引き下げたことを反映して、2015年と比較して Cloud Price Index が 6% ほど低下したと、451 Research は表明している。それはユーザーにとって朗報であるが、最近の報道から期待されていた、二桁の価格引き下げとは程遠いだろうと、451 Research のアナリストたちは指摘している。
 
451 Research’s index measures the price change across a range of cloud services, and encourages buyers to consider the costs of all their cloud services, not just virtual machines. For example, the Cloud Price Index object storage price has remained at the same level for 18 months, and, because of data gravity, 451 Research believes this will become an increasing expense for users.
 
451 Research のインデックスは、クラウド・サービス全般に関する価格の変動を測定し、仮想マシンだけを対象にするのではなく、クラウド・サービスの全体的なコストを検討するよう、ユーザーに奨励している。たとえば、この Cloud Price Index におけるオブジェクト・ストレージの価格は、18ヶ月間も同じレベルで推移しているが、その理由としてデータの重要性が挙げられている。つまり、将来においてユーザーの負担増が生じてくると、451 Research は確信しているのだ。
 
Despite the average premium pricing outside the US, 451 Research’s study unearthed one cloud provider that bucked the trend by offering services in Europe and Latin America that are cheaper than average US prices.
 
また、US 国外では平均価格が高騰しているにかかわらず、Europe や Latin America におけるサービスを、US の平均よりも安価に提供することでトレンドを掴んだ、クラウド・プロバイダーがいることも、451 Research は明らかにしている。
 
The range of costs reflects a higher premium for large applications, composed of compute, storage, platforms and support, compared to simpler virtual machines. Analysts believe these discrepancies are due to skills shortages, compounded by an SME market willing to pay more for support when implementing complex applications.
 
なお、このインデックにおけるコストの範囲は、コンピューティング/ストレージ/プラットフォーム/サポートで構成される、大規模でプレミアムなアプリケーションのケースと、シンプルな仮想マシンのケースを比較したものとなっている。また、アナリストたちは、スキルの不足に起因する矛盾が生じているとも述べている。つまり、SME マーケットで複雑なアプリケーションを実装するとき、より多くのサポートが望まれ、その結果として支払額が大きくなるという妥協が生じるのだ。
 
CIOs pay a ‘protection premium’ to use in-country or in-region services – rather than the cheaper option of US services – to ensure compliance with local regulations; to improve performance by bringing applications closer to users; and to take advantage of local customer service.
 
そして CIO たちは、それぞれの国々や地域での運用を円滑にするため、US における安価なオプション・サービスよりも高額な、保険としてのプレミアム料金を支払うことになる。具体的に言うと、ローカル法規のコンプライアンスを遵守や、パフォーマンス改善のためにユーザーとアプリケーションを近づけること、そして、ローカル・サービスを利用した顧客サービスなどが挙げられる。
 
Legislation including Safe Harbor, the Patriot Act and the new US-EU Privacy Shield agreement.
 
一連の法的な対策として、Safe Harbor/Patriot Act/US-EU Privacy Shield なども考慮しなければならない。
 
Dr. Owen Rogers, Research Director of 451 Research’s Digital Economics Unit and the report’s author commented, “When evaluating cloud providers, enterprises should consider how they will take advantage of variances in prices in the short and long-term to cut costs.”
 
451 Research Digital Economics Unit の Research Director であり、このレポートの作者でもある Dr. Owen Rogers は、「クラウド・プロバイダーを評価する際に、エンタープライズが検討すべきことは、短期的/長期的な視点でコストを削減しながら、それぞれの価格の差異を、うまく利用するための方法となる」と述べている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2451 Research の Cloud Price Index ですが、アプリケーションの規模によるコスト比較という記事を、今年の初めに訳していたことを思い出しました。その時には、北米だけを対象にしていましたが、調査範囲をアジアなどにも広げていくと記されていました。有料のレポートなので、詳細を把握することが出来ませんが、とても興味深い調査を実施しているようです。パブリック・クラウドというカテゴリーでも、地域によって随分と差が出るものなのですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
 

Comments Off on アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?

Microsoft のクラウド売上を分析:Azure + Office 365 を、Amazon AWS と比較してみた!

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Microsoft by agilecat.cloud on May 22, 2016
Microsoft is struggling to close a $2 billion gap with Amazon
Matt Weinberger – May 4, 2016
http://www.businessinsider.com/microsoft-azure-cant-catch-up-to-amazon-web-services-2016-5
 
_ Business Insider
 
Microsoft’s cloud business may be growing faster than Amazon’s gargantuan $7 billion Amazon Web Services, but it’s still not enough to close a $2 billion gap between them, says Barron’s.
 
Microsoft のクラウド事業(Azure 単体)は、7 billion の売上と言われる Amazon Web Services よりも素早く成長しているが、両者のギャップである 2 billion(四半期あたり)を埋めるのは容易なことではないと、Barron’s は述べている。
 
To back up its argument, Barron’s took a deep dive into Microsoft’s financials from its last quarterly earnings statement.
 
この論点を補足するために、Barron’s が取り上げているのは、Microsoft の直近(2015年Q4 ?)の四半期収支レポートの詳細である。
 
Satya NadellaMicrosoft
 
Microsoft CEO Satya Nadella
 
For its cloud businesses, including Azure and Office 365, Microsoft only discloses year-over-year growth rates, not total revenue (to former CEO Steve Ballmer’s chagrin), but Barron’s made some educated guesses.
 
Microsoft のクラウド・ビジネスに関して、同社が公表しているデータは、Azure と Office 365 などを含むものであるが、その内容は対前年成長率であり、総売上ではない(前 CEO である Steve Ballmer を残念がらせた)。しかし、Barron’s は、その経験に基づき、いくつかの推察を提供している。
 
Just as bad, if not worse than the Amazon competition, Barron’s estimates that the Microsoft Azure cloud — which lets customers rent fundamentally unlimited supercomputing resources from Microsoft’s data centers on a subscription basis — isn’t growing fast enough to offset sinking sales of Microsoft’s lucrative Windows Server and other legacy server products.
 
Amazon との競合において、不利かも言えるし、不利ではないとも言える。たしかに、Microsoft Azure により、サブスクリプション・ベースのユーザーたちは、無限ともいえるコンピューティング・リソースを、同社のデータセンターから引き出せるようになった。しかし、その成長スピードとなると、Windows Server などのドル箱レガシー・サーバー・プロダクトの落ち込みを、相殺するには至っていない、と Barron’s は推定している。
 
But there’s some good news: Despite a period of cannibalization, revenue from sales of the Office 365 cloud productivity suite to businesses is finally catching up with the boxed Office software.
 
しかし、その一方では、いくつかの良いニュースもある。 いわゆる、共食いの期間にあるのだが、ついに企業向けの Office365 クラウド・プロダクティブ・スイートが、ボックスで販売される Office ソフトウェアに追いついてきたのだ。
 
Here are the takeaways from the Barron’s report:
 
以下は、その Barron’s レポートの要点である:
 
  • Despite Azure’s reported 120% growth over the same period in 2015, it’s the second quarter in a row where there was a projected $2 billion-ish gap between Microsoft Azure and Amazon Web Services.
  • Again despite Azure’s growth, it only accounts for an estimated 12% of Microsoft’s Server Products & Cloud Services revenue, which booked a 6% decline last quarter. With Server Products sinking an estimated $600 million from the last quarter, the $300 million growth in Azure couldn’t offset it.
  • Office 365 commercial revenue was $2.1 billion in the quarter, estimates Barron’s, versus $3 billion for boxed Office commercial sales.
  • As computer manufacturers shift to the newer Windows 10 operating system, Microsoft has seen less turbulence from the shrinking PC market than expected. But as we approach the one-year anniversary of Windows 10, Barron’s says, that buffer will dissipate.
  • Finally, Barron’s estimates that revenue in Microsoft’s Surface tablet and laptop division grew an estimated $400 million from the last quarter, versus a decline of $292 million in the Windows business. But that may not last forever, as consumers buy fewer PCs overall.
 
  • 2015年 Q4 において、Microsoft Azure は $560 million の売上を達成しているが、Amazon Web Services は $2.466 billion に伸びている。
  • 2015年の同期に、Azure が 120% の成長を達成したにもかかわらず、この、同社における 2015年 Q2 では、Microsoft Azure と Amazon Web Services のギャップは、$2 billion ほどだと思われる。
  • 再びであるが、その成長にもかかわらず、Microsoft の Server Products & Cloud Services 部門において、Azure の売上は 12% を占めるに留まっている。ちなみに、同部門の売上は、2015年 Q4 で 6% のマイナス成長となっている。Server Products の売上は、2015年 Q4 の時点で、前年から $600 million の売上減であるが、Azure の成長は $300 million であるため、それを相殺することができなかった。
  • この四半期において、Office 365 の売上は $2.1 billion であり、ボックスで販売される Office は $3 billion であると、Barron’s は推定している。
  • コンピュータ・メーカーたちは、新しい Windows 10 オペレーティング・システムに移行しているが、予想していたほどには、PC 市場は縮小していないと、Microsoft は見ている。しかし、Windows 10 のデビューから 1年目に近づくにつれて、そのバッファが減っていくと、Barron’s は予測している。
  • Microsoft の Surface Table/Laptop 部門は、前四半期との比較で $400 million の成長を達成したが、Windows 部門は $292 million のマイナス成長であると、Barron’s は推定している。グローバルで見て、PC を購入する消費者が減っている以上、永遠に続くビジネスではないのかもしれない。
 
Overall, it doesn’t paint an especially rosy picture for Microsoft: Those Microsoft Office stats are encouraging, and Microsoft Azure is growing fast. But Amazon Web Services is the one for Microsoft to beat in the cloud market, and this all indicates that it’s not gaining ground quickly enough to offset the diminishing demand for its traditional cash-cows.
 
全体的に見て、Microsoft のバラ色の未来は、まだ描ききれていない。しかし、Microsoft Office は有望な状況にあり、また、Microsoft Azure も急速に成長している。クラウドの世界において、Microsoft は Amazon Web Services を叩く必要があるが、これまで膨大なキャッシュを生み出し、いまは利益を減少させている、従来からのプロダクト・ラインを、すみやかに置き換えるだけの勢いには、まだ達していないことになる。
 
ーーーーー
MSまず、お断りしておきますが、Barron’s のレポートが示す直近の四半期というのは、2015年 Q4 のことだと思われます。文中における AWS の売上額などと照らし合わせると、そのように解釈したほうが矛盾が生じません。おそらく、Barron’s の 2015年を分析するレポートが、この1月〜3月期に公表され、そこでの記述を、Business Insider が、そのまま引用していると推定しています。 ーーー 先月にポストした、「いかに AWS が強力であっても、その成長率は減速していく」という抄訳を見ると、その中のチャートから、2012年 Q4 の AWS が、約 600 million の売り上げで、91% の対前年成長率であったことが読み取れます。そして、3年後の Azure はというと、 $560 million の売上で、120% の対前年成長率と記されています。今後の Azure が、どのような成長曲線を描くのでしょうかね。 そして、やはり SaaS の売上は大きいと、誰もが納得してしまう、Office 365 の存在です。端的に言って、Azure + Office 365 対 AWS で比較すると、両者のクラウド・ビジネスは、ほぼ同列に並んでいることになります。さらに言うなら、ボックスで売られている Office が、まだ、3 billion/四半期のマージンを残しているとも言えるのです。これからが楽しみな、Microsoft と Amazon のクラウド対決ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する
AWS が、安定して利益を生み出すエンジンになってきた: それを示す1枚のチャート!
Google が抱く、クラウドへの大いなる野望とは?
PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
 

Comments Off on Microsoft のクラウド売上を分析:Azure + Office 365 を、Amazon AWS と比較してみた!

IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Cisco, Facebook, Google, IBM, IoT, Research, Salesforce by agilecat.cloud on May 19, 2016
There’s a new thing called ‘fog computing’ and no, we’re not joking
Julie Bort – Mar 3. 2016
http://www.businessinsider.com/cisco-other-enterprises-promote-fog-computing-2016-5
 
_ Business Insider
 
By now, you’ve probably heard of cloud computing.
 
いまでは、もう、クラウド・コンピューティングを知らない人はいないだろう。
 
That’s where companies rent shared software, computers, and storage instead of buying and installing it all themselves. They pay for their usage via subscriptions, accessing it over the internet.
 
その世界では、ユーザー企業がハードウェア/ソフトウェアを購入し、すべてを自分でインストールする必要がなくなり、共有のソフトウェア/コンピュータ/ストレージを借りうけるだけで、すべてが済んでしまう。必要なことは、インターネット経由でのアクセスだけであり、サブスクリプション契約に基づき、使用量に応じて対価を支払うことになる。
 
networkpixabay
 
Cloud computing is all the rage right now, on track to be a $10 billion business for Amazon in 2016; Microsoft hopes it will become a $20 billion business by 2018, and Google thinks it will become bigger than its internet ad business by 2020.
 
クラウド・コンピューティングは、いまのトレンドであり、2016年の Amazon は、$10 billion ビジネスの起動にのせている。また、Microsoft は 2018年までに、$20 billion ビジネスへの進展を期待し、Google は 2020年までに同社のアド事業とクラウド事業が逆転すると考えている。
 
So what comes after the cloud? If you ask Cisco, it’s something called “fog computing.”
 
それでは、クラウドの後には、何が来るのだろう? そんな質問を Cisco に投げれば、フォグ・コンピューティングという答えが返ってくるはずだ。
 
Last month, Cisco was joined by other industry leaders including Intel, Microsoft, ARM, Dell, and Microsoft to back a new “fog computing” consortium, the OpenFog initiative. It sounds like something straight from a Saturday Night Live parody skit, but it’s not.
 
この 4月のことだが、Cisco は Intel/ARM/Dell/Microsoft といった業界のリーダーたちと共に、フォグ・コンピューティングを支援するコンソーシアムである、OpenFog イニシアチブを立ち上げた。まるで、Saturday Night Live パロディス寸劇のように聞こえるが、決してそのようなものでは無い。
 
Later this month, the consortium is holding a conference at Princeton University. Princeton is leading the research into fog computing.
 
また、同月の後半に、このコンソーシアムは Princeton University でカンファレンスを開催している。ちなみに、Princeton はフォグ・コンピューティングの研究における第一人者なのである。
 
Why Cisco wants this
 
So what exactly is it? To understand fog computing, you first have to understand cloud computing. In cloud computing, everyone shares the same massive data centers. You run an app on your phone in your home town, but the back-end computers may be in Virginia, or California, or Ireland, etc.
 
それを正確に表現するには、どのようにしたら良いのだろう? フォグ・コンピューティングを理解するには、先にクラウド・コンピューティングを理解する必要がある。クラウド・コンピューティングにおいては、誰もが大規模データセンターを共有している。あなたが自宅で、自分のスマフォからアプリを走らせるにしても、そのためのバック・エンド・コンピュータは、Virginia や California にあっても良く、さらに言うなら Ireland にあっても構わないのだ。
 
Cisco_Way_VTA_2165_09Wikimedia
 
But with fog computing, computers and storage are scattered all over, perhaps placed closer to the app’s users. The network is smart enough to know where the data is stored.
 
しかし、フォグ・コンピューティングにおいては、コンピュータやストレージが随所に散在し、アプリを利用するユーザーの近くに配置されるだろう。したがって、そのためのネットワークは、データの格納場所を知るという点で、きわめて洗練されたものになる必要がある。
 
With the network as the star, you can see why Cisco is championing this idea. It means selling a lot more high-end, very profitable network equipment to connect a lot more computers and data centers.
 
この星図のようなネットワークを想像すれば、このアイデアを Cisco が支持する理由が見えてくる。つまり、大量のコンピュータとデータセンターを接続するための、きわめて有益なハイエンド・ネットワーク機器を、大量に販売できるのである。
 
Cisco has been largely left out of the cloud computing revolution.
 
正直なところ、いまの Cisco は、クラウド・コンピューティングの革命から、かなり取り残されている。
 
As its customers move to the cloud, they need to buy less networking equipment. Meanwhile, some of the biggest cloud operators, like Facebook and Microsoft, have invented their own, new low-cost network equipment.
 
同社の顧客がクラウドへと移行するにつれて、ネットワーク機器を販売する機会が減っている。その一方で、Facebook や Microsoft といった大手クラウド事業者は、低コストのネットワーク装置を、自ら考案/開発している。
 
As for the rest of the traditional IT players (Intel, Dell, Microsoft, ARM), if “fog computing” takes off they stand to gain, too. Lots of computers scattered everywhere means selling lots of computer servers and operating systems and chips.
 
また、従来からのITプレイヤー (Intel/Dell/Microsoft/ARM) たちも、フォグ・コンピューティングが離陸するなら、この試みに賛同するだろう。つまり、大量のコンピュータが随所に散在するなら、大量のサーバー/OS/チップを販売できるのだ。
 
Will it take hold?
 
Just because it’s in Cisco’s self-interest to promote fog computing, doesn’t mean it won’t be a real thing someday.
 
ただし、それはフォグ・コンピューティングを推進する際の、Cisco 自身の利益を説明する話であり、いつまで待っても本物にならないという意味ではない。
 
Screen Shot 2016-05-19 at 5.49.07 AMWikipedia
 
The name “fog” is new, but the general concept isn’t. It used to be called “distributed computing.”
 
「フォグ」という名前は新しいものだが、まだ、一般的には広まっていない。むしろ、以前から「分散コンピューティング」と呼ばれていたものだと、言ったほうが分かりやすいだろう。
 
Years ago, the now defunct company called Sun Microsystems even had a slogan “the network is the computer.” (Oracle bought Sun in 2010.)
 
今はなき Sun Microsystems (Oracle が 2010年に買収) が、いわゆる「ネットワークがコンピュータである」を、昔からスローガンにしていたことを思い出して欲しい。
 
When you talk to anyone in the cloud computing industry today, they’ll tell you that cloud is young and here to stay (and it is). Some believe it will stretch out in a linear line, growing endlessly bigger and more glorious over time.
 
もし、クラウド・コンピューティング業界の誰かと話すときがあれば、彼らは必ず、クラウドは若者であるが、ここに存在していると諭すであろう。そしてクラウドは、直線的に際限なく成長し、いずれは輝けるものになると、信じている人もいるのだ。
 
But that’s not how the computer industry typically works. It’s more like a spiral.
 
しかし、どのようにして、コンピュータ産業が機能するかという話は、そのシナリオに含まれていない。むしろクラウドは、この産業を急降下させているのだ。
 
The computing industry breathes in and out between centralized and distributed computing models: centralized (mainframes) turned into distributed (PCs and local computer servers, known as “client/server”), and have now become centralized again (cloud computing). So, next up would be distributed.
 
コンピューティングの業界は、集中と分散という、2つのコンピューティング・モデルの間で息継ぎをしてきた。まず、集中型 (メインフレーム) から、分散型 (PC とローカル・サーバーによる Client/Server) への移行があり、いまは集中型 (クラウド・コンピューティング) と戻っている。したがって、次は分散型へ揺り戻されるはずだ。
 
It does this because each model solves the problem created by the last model. Centralized computing allows you to maintain control and efficiently share computers, which lowers cost. But it can create bottlenecks as all apps rush to share the same computers. And it’s expensive to keep building more and bigger data centers.
 
このような現象が起こるのは、一方のモデルがもたらした問題を、もう一方のモデルが解決するからである。集中型のコンピューティングにより、共有コンピュータによる効率の向上が、低コストにより維持されていく。しかし、すべてのアプリケーションが、同じコンピュータを共有する状況が生じると、そこにボトルネックが生まれる。さらに言うなら、巨大なデータセンターを構築し、維持していくことは、膨大な費用を必要とする。
 
Iot_appsWikimedia
 
Decentralized allows you to run apps closer to the people using the apps so the apps perform better.
 
分散型は、デバイスを使用するユーザーの側で、対象となるアプリケーションを走らせるため、そのパフォーマンスが良くなる。
 
This could becomes very important as billions of devices join the internet as part of the “Internet of Things.” It can also be cheaper to shove a few computer servers in a room instead of building a big data center. But distributed computing can also create sprawl, get messy, and ultimately cost more.
 
Internet of Things の一部として、無数のデバイスがインターネットに参加するとき、このような考え方がきわめて重要になる。また、大規模データセンターを構築するのではなく、適切な場所に少数のコンピュータ・サーバーを配置することになるため、コストも安価になっていく。しかし、分散コンピューティングは、不規則で乱雑なものになるため、最終的にはコストを押し上げていく。
 
So fog computing could very well be the next thing.
 
したがって、次に来るものとして、フォグ・コンピューティングは相応しいのかもしれない。
 
Then again, there’s a rise of new technologies, like quantum computing, that could change everything and squash any tech based on the old ways to do things, including fog computing.
 
別の観点から見ると、たとえば量子コンピューティングのような、新しいテクノロジーの台頭がある。それらは、旧来からの手法によるテクノロジーを破壊し、すべてを刷新していく。その意味では、フォグ・コンピューティングの在り方にも、影響をおよぼすはずだ。
 
A horrible name
 
Whether fog thrives or dies, we can’t help point out the karmic implications in the name. “Fog computing” might be a cute play on the term “cloud computing”, but it also means: unclear, confusing, and fuzzy.
 
フォグの未来を占う上で、名前に含まれる因果関係は、なんの助けにもならないだろう。「フォグ・コンピューティング」は、「クラウド・コンピューティング」に引っ掛けた言葉遊びにも聞こえるが、不明確/混乱/曖昧といった意味も含んでいるのだ。
 
SEE ALSO: Microsoft just joined Facebook and fired a huge shot at Cisco
SEE ALSO: Cisco cofounder explains why CEO pay today is nuts
 
ーーーーー
IoTIoT を Fog を、集中と分散の観点から、そして業界内における経済の観点から分析していく、とても興味深い記事です。たしか、司馬遼太郎か陳舜臣だったと思いますが、中国は分散国家と中央集権国家の間を行き来してきたと、作品で説明していた記憶があります。その理由は、まさに、「一方のモデルがもたらした問題を、もう一方のモデルが解決する」からなのでしょう。そして、私たちの業界における経済ですが、IoT が注目を集め始めてからというもの、IT のリーチが格段に広がっていますよね。PC からスマフォの時代へとシフトしたことで、IT の裾野が大きく広がりましたが、今度は、コンシューマではなく産業へと広がっていくのでしょう。そんなことを、あれこれ考えていると、IoT と Fog は、ほんとうに面白いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
 

Comments Off on IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?

Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する

Posted in Alibaba, Asia, Businesses by agilecat.cloud on May 16, 2016
Alibaba claims AliCloud is “one of the largest cloud providers in the world”
Mike Wheatley – May 6, 2016
http://siliconangle.com/blog/2016/05/06/alibaba-claims-its-alicloud-is-one-of-the-largest-cloud-providers-in-the-world/
 
silicon_angle
 
Alibaba Group Holding Ltd.’s cloud computing arm AliCloud is doing very nicely in its bid to become the AWS of Asia, reporting stunning growth of 138 percent in 2016 that saw it pull in $468 million in revenues.
 
Alibaba Group Holding Ltd. のクラウド・コンピューティング部門を担う AliCloud が、Asia の AWS を目指して勝負に出ているが、その業績は好調だとレポートしている。そして、2016年の成長率を 138% と予測し、売上を $468 million まで引き上げるとしている。
 
Alibaab_AliCloudAliCloud said that it had more than 2.3 million customers as of March 31, 2016. Of those, it said that more than 500,000 were paying customers.
 
AliCloud は、2016年3月31日の時点で 230万の顧客を有し、そのうちの 50万が有償であると述べている。
 
The amount of business AliCloud did last year doesn’t even compare to the likes of Amazon Web Services or Microsoft Azure, but the Chinese firm remains extremely ambitious. The company has been pursuing a policy of international cloud expansion over the last year, opening up new data center facilities in the U.S. and elsewhere, though for now it’s mostly targeting China-based companies that are looking to expand internationally. Indeed, last year Alibaba said it would invest $1 billion into AliCloud to further those expansion plans.
 
AliCloud における昨年のビジネスの実績は、Amazon Web Services や Microsoft Azure と比較できるレベルに至っていないが、この China 企業は US などにデータセンターを構築し、インターナショナルなクラウドの展開を目論んでいる。しかし、現時点における大半の顧客は、そのビジネスのインターナショナル化を目指す、China 系の企業となっている。実際のところ、昨年には Alibaba 本体が、AliCloud の拡張計画を促進するために、$1 billion を投資すると述べていた。
 
Alibaba appears to have made good on that promise, for not only has it opened new facilities but also announced key partnerships with U.S. firms like Intel and data center firm Equinix Inc. More recently, in January of this year, AliCloud forged a $1 billion partnership with chip and graphics purveyor NVIDIA Corp. aimed at bolstering its Big Data and deep learning systems.
 
Alibaba は、約束を着実に果たしているように見える。その結果として、新しいデータセンターをオープンするだけではなく、Intel や Equinix といった、データセンター事業に関連する US$ 企業とのパートナーシップが発表されている。そして、今年の 1月のことだが、AliCloud は NVIDIA との間で $1 billion 規模のパートナーシップを締結し、Big Data および Deep Learning のシステムを強化している。
 
In one of the boldest statements we’ve see in a while, Alibaba executive Joe Tsai proclaimed that AliCloud had now emerged as “one of the largest cloud computing businesses in the world”, even though its revenues amount to just three percent of Alibaba’s total revenues, and pale in comparison to those reported by AWS.
 
その後、私たちが耳にした最も大胆なステートメントは、Alibaba の幹部 Joe Tsai による、「いまの AliCloud は、世界で有数のクラウド・コンピューティング・ビジネスとして浮上してきた」という宣言であろう。それにもかかわらず、AliCloud の売上は Alibaba 全体の 3% に過ぎず、AWS の収支レポートと比較すると、その存在感は希薄である。
 
As for Alibaba itself, it did rather well too, posting a 33 percent year-on-year increase in revenues to $15.6 billion. The company, which makes the bulk of its revenues from retail, said it has 423 million annual active buyers as of March 31, 2016.
 
Alibaba 本体としては、前年比で 33% の成長を達成し、その売上総額は $15.6 billion に引き上げるという、好調な収支を発表している。なお、同社における売上の大部分は、そのオンライン・リテール事業から得られており、また、2016年3月31日時点でのアクティブ・バイヤー数は、4.23億人に達しているという。
 
ーーーーー
Alibaba 2先日に、Softbank との提携を発表した、Alibaba の AliCloud です。文中には、230万の顧客と、50万の有償ユーザーという記載がありますが、何らかのフリーミアムを展開しているのでしょうかね? これまでの、Alibaba 関するポストの中で、最も印象に残っているのは、昨年12月の「1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!」ですが、その凄まじいトラフィックをさばいていたのが、AliCloud ということなのでしょう。なお、AliCloud は Aliyun(阿里云)のブランドのはずであり、英語圏を意識した名前なのだと推測しています。_AC Stamp
 ーーーーー
<関連>
中国のオンライン・リテールは 2020年までに $1.6 trillion にいたる: 11/11 の Singles Day
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港を介して中国と世界はつながる?
インドの Flipkart がクラウド構築に着手:そして Amazon と Alibaba を追いかける!
 

Comments Off on Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する

Cloud の調査:ユーザー企業が感じる、クラウドのメリットは何処に? すでにコストは番外に?

Posted in .Chronicle, Businesses, On Monday, Research by agilecat.cloud on March 14, 2016
Cloud Computing: Cloud Cost Benefits Now Trail Others Like Efficiency, Security, Flexibility, Scalability and Speed
By Dick Weisinger – March 11th, 2016
http://formtek.com/blog/cloud-computing-cloud-cost-benefits-now-trail-others-like-efficiency-security-flexibility-scalability-and-speed/
_ formtek
There once was a time when the major benefit of using the cloud was cost. The cloud introduced the idea of being able to buy services just like a utility, paying only for what you use.  The new cost structure was a welcome change for many businesses and led to early successes for the cloud.
 
かつて、クラウドの最大のメリットは、コストだとされる時代があった。クラウドが提示したのは、使用量に応じて対価を支払うという、まさに公共サービスのような発想であった。この新しいコスト構造は、数多くの企業にとって歓迎されるものであり、そのことがクラウドの黎明期を支え、また、成功へと導いていった。
 
Cloud Cost Benefits Now Trail OthersClick to Large >>>
 
But the cost of cloud services is increasingly becoming less important.  A recent survey by the analyst firm Clutch found that cost trailed behind seven other cloud benefits that companies say that they value even more.  Benefits like efficiency, security and flexibility all ranked high in the survey.  Nearly half of the organizations surveyed ranked efficiency as the top benefit that they get from the cloud.
 
しかし、クラウド・サービスにおける Cost という要因は、その重要性を失い始めている。調査会社 Clutch の最新レポートによると、その他のクラウド・メリットが前面に立ち、Cost は 7番手に沈み込んでいる。 この調査で高得点を得ているのは、Efficiency/Security/Flexibility などである。回答者となった、ほぼ半数の組織が、クラウドから得られるメリットとして、Efficiency を最重視していることが分かる。
 
David Linthicum, Senior Vice President at Cloud Technology Partners, said that “centralization provides agility and ultimately reduces costs. With the Cloud a company can add and delete workloads from as needed and allocate resources nearly instantaneously. The Cloud removes the latency inherent in many business processes.”
 
Cloud Technology Partners の Senior VP である David Linthicum は、「 クラウドが提供する集中化により、Agility が実現され、究極の Cost 削減が達成される。クラウドを利用するユーザー企業は、必要に応じてワークロードを追加/削除し、また、ほぼ瞬時にリソースの割り当てを変更できる。つまり、クラウドは、大半のビジネス・プロセスが抱えている、待ち時間という問題を解消しているのだ」と述べている。
 
The Clutch survey also found that services from the following four cloud vendors are used by 83 percent of businesses:
 
また、この、Clutch の調査では、以下の 4つのクラウド・ベンダーによるサービスが、企業の 83% で使用されていることが判明している:
 
  • Microsoft Azure (23%)
  • Amazon Web Services  (22%)
  • Google Cloud (21%)
  • IBM Cloud (17%)
 
ーーーーー
On Mondayクラウドの進化が、ひと目でわかるチャートですね。 そして、コストという要因が、7番目に下がっていることに驚かされます。 しかし、その背景には、上記の4社を含むクラウド業界全体が、熾烈な価格競争を繰り返してきたという、経緯があるのだと思います。今回の調査における回答者で、Microsoft/AWS/Google/IBM を使っていない 17% の企業は、どのようなクラウドを使っているのでしょうかね? ついつい、コストが7番目に下がった理由を考えてしまいますが、クラウドが当たり前になるにつれて、この要因は、いま以上に希薄になっていくのだろうと思っています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
IT Spending の調査:グローバル IT 総支出が 6% も低下! 2014年のレベルに戻るのは 2019年!
Shadow IT の調査: 膨大な数の未承認クラウド・サービスが、大手企業で利用されている
Software-Defined X の調査:ソフトウェアが世界を飲み込んでいく 2016年
Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する
 

Comments Off on Cloud の調査:ユーザー企業が感じる、クラウドのメリットは何処に? すでにコストは番外に?

China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Businesses, Payment, Strategy, Tencent by agilecat.cloud on March 1, 2016
UnionPay continues regional expansion: Myanmar partnership is latest win
Fintech Innovation editors – Feb 11, 2016
http://www.enterpriseinnovation.net/article/unionpay-continues-regional-expansion-myanmar-partnership-latest-win-2096932167
 
_Enterprise Innovation
 
ChinaDailyNews cites market research firm Packaged Facts as estimating the global payment card market to have reached at US$17.26 trillion in purchase value in 2014.  The same article claims China UnionPay (CUP) accounted for 24.3% or US$5.92 trillion in the same period.
 
ChinaDailyNews は、2014年のグローバル・ペイメント・カード市場の売上金額が、US$17.26 trillion に達したとする、市場調査会社 Packaged Facts 推測を取り上げている。また、同じ記事において、China UnionPay (CUP)が、全体の 24.3% に相当する、US$5.92 billion を売り上げたとも述べている。
 
China UnionPay is supported widely in GermanyFlickr
Richard Bao
 
First impression of UnionPay is that its international ambitions are tourism-related. Afterall, Chinese mainland tourists now rank number one in terms of the number of outbound tourists and outbound tourism spending. But a closer look at the 2015 activities by the company’s international arm reveals a broader and more ambitious desire: to become a major card payment network potentially rivaling global brands like Visa and MasterCard.
 
UnionPay に対する印象としては、観光に関連したところから、インターナショナルを目指すという野望を感じていた。結局のところ、いまの China 本土からの観光客は、アウトバウンド・ツーリスト数と、アウトバウンド・ツーリスト支出の面で、No 1 にランク付けされている。しかし、同社の国際部門の 2015年 アクティビティを細部まで眺めてみると、Visa や MasterCardといった、メジャーなペイメント・ネットワークに対抗するという、より広い範囲まで野心が広がっていることが分かる。
 
According to the Nilson Report (see Figure 1), UnionPay topped the region in terms of purchase payments volume in 2014 beating out Visa and MasterCard by a wide margin.
 
Nilson Report (Figure 1) によると、2014年の UnionPay は、このリージョンにおける支払ペイメント量で、Visa と MasterCard を大差で打ち負かしているのだ。
 
Union Pay Chart-1Click to Large >>>
Figure 1: Card Payment Purchase
Volume in 2014 by Brand
The Nilson Report
 
UnionPay International (UPI), a subsidiary of China’s largest card association and charged with the brand’s global expansion, has partnered with Myanmar’s Asian Green Development (AGD) Bank and local payment switch, Myanmar Payment Network (MPU) to launch the first co-branded debit card for local customers and further the development of the country’s cashless payment ecosystem.
 
その China 最大のカード組織の子会社であり、ブランドをグローバル展開させようとしているのが、UnionPay International (UPI) である。同社は、Myanmar の Asian Green Development (AGD) Bank および、ローカルのペイメント・ネットワークである Myanmar Payment Network (MPU) と、すでにパートナーシップを交わしている。その提携により、ローカルの顧客にとって初めてとなる、デビット・カードを共同で立ち上げ、また、同国におけるキャッシュレス・ペイメントの、エコシステムの開発を促進している。
 
The International Monetary Fund and World Bank reinforced strong growth momentum for Myanmar, with economic growth forecasts at above 8% annually till at least 2017. This represents great potential for businesses to tap on and innovate. The launch of the co-branded card comes as ecommerce and mobile payments start to take root in what is traditionally a cash only market.
 
International Monetary Fund(IMF)と World Bank は、Myanmar の経済について、少なくとも 2017年までは、年率で 8% 以上で成長していくと予測し、また、それを支援している。つまり、その勢いに企業が乗り、また、革新していく状況が見えているのだ。そして、eコマースおよびモバイル・ペイメントと同時に、共同ブランドのカードを立ち上げることで、従来からのキャッシュの世界にあった、ビジネスの系統を確立しようとしているのだ。
 
First created by the Central Bank of Myanmar (CBM) in cooperation with 17 domestic banks in 2012, the MPU allowed consumers to withdraw cash from any ATM nationwide and make payments at shops and restaurants.
 
Central Bank of Myanmar (CBM) が、同国内における 12の銀行により設立されたのは、2012年のことである。それにより MPU の顧客にとって、全国の ATMから現金を引き出すことや、ショップおよびレストランでの支払いが可能になった。
 
With more than 900,000 MPU-branded debit cards circulating in the market, the cards can only be used for payments in kyat, the local currency. Co-branded cards with the UnionPay label will enable the country’s consumers to use in 150 countries globally to settle transactions in foreign currencies at the current exchange rates.
 
マーケットに出回っている 900,000 枚以上の MPU ブランドのデビット・カードは、ローカル通貨である Kyat での支払いに対応している。そして、UnionPay ラベルが付いた共同ブランドのカードは、その時々の為替レートで外貨で決済するために、グローバルにおける 150カ国で、それぞれのローカル通貨に対応している。
 
UPI established its business in Myanmar in 2012 and early on partnered with the MPU to enable UnionPay cardholders to access ATMs and Point of Sale terminals linked to MPU network for cash withdrawals and secured transactions.
 
2012年に Myanmar でビジネスを立ち上げた UPI は、その当初から MPU とパートナーシップを交わし、UnionPay カード・ホルダーとしてのポジションを確立した。それにより、キャッシュの引き出しやトランザクションの安全性を保証する、MPU ネットワークにリンクされた、ATM や POS 端末にアクセスすることが可能になった。
 
Union Pay Chart-2Figure 2: Purchase Volume
2014 vs 2024
The Nilson Report
 
Across Asia Pacific, CUP continues to market its payment products and services targeting cross-border applications. The company claims that 10 million online merchants in over 100 countries outside China now accept online payments with UnionPay cards.
 
Asia Pacific 全域において、China UnionPay CUP は、そのペイメント・プロダクツや、国境をまたいだ適用をターゲットにしながら、サービス・ラインナップのためのマーケットを開拓し続けている。同社の主張によると、いまでは China 以外の 100カ国以上に、1000万以上のオンライン決済店舗が存在し、UnionPay によるオンライン・ペイメントを受け入れていることになる。
 
Taking a queue from Hong Kong’s Octopus Card, CUP cardholders can book railway tickets online, pay for taxies in Australia, Singapore, South Korea and Taiwan, and rent cars in Taiwan and Thailand. The company continues to extend its reach in emerging Asia building bankcard facilities and infrastructure to promote the electronic development of the countries’ local currencies.
 
Hong Kong の Octopus Card からキューを取得することで、CUP カードホルダーたちは、Australia/Singapore/South Korea/Taiwan での、鉄道チケット予約およびタクシー決済と、Taiwan/Thailand でのレンタカー決済を可能にしている。つまり、同社は Asia の途上国への接触を継続して拡大し、それぞれ国々にの通貨に合わせた、電子的な展開を促進するために、銀行カードに関する設備やインフラを構築している。
 
Several pilot projects in the areas of mobile payment and big data in the Asian market are underway. The company also claims it is expanding the scope for tax refund service and emergency cash assistance.
 
また、Asia マーケットにおけるモバイル決済やビッグデータといった、いくつかの分野でのパイロット・プロジェクトも進行している。そして同社は、税金の還付サービスと、緊急時におけるキャッシュ提供の範囲を、拡大したいと述べている。
 
The Nilson Report is projecting that spending at merchants via payment cards will reach US$48.67 trillion by 2024  with Asia Pacific accounting for 57% of the global market in the same period. So the race continues (see Figure 2).
 
この Nilson Report は、商用におけるカード決済の総額が、2024年には US $ 48.67 billion に達すると予測している。そして、グローバルに対する Asia Pacific の比率は、57% を占めるとしている。 したがって、まだまだ、このレースは続くのである(Figure 2)。
 
ーーーーー
asia-pacific 2正直なところ、信金 VISA と、ヨーカドー JCB しか持っていない Agie Cat は、この UnionPay というカードのことを、ほとんど知っていませんでした。そして、アジアのマーケットでは、JCB が孤軍奮闘で、VISA や Masters などの米国勢と戦っているのだろうと推測していました。 しかし、文中のチャートを見ると、その頭上の遥か上を、UnionPay が独走しているではありませんか。 ほんと、これには驚きました。 同様に、最近になって知った、WeChat における多様なペイメント機能にも驚かされましたが、中国が押さえているビジネスの勘所に脱帽です! 今年のモバイル・ペイメントは、とてもホットだと思うのですが、この UnionPay を後ろ盾にして、Tencent や Alipay が大暴れしそうに思えてきました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合だ!
WeChat は中国の Facebook: この7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?
Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?
 

Comments Off on China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!

IT Spending の調査:2015年の グローバル IT 総支出が 6% も低下! 2014年のレベルに戻るのは 2019年!

Posted in Businesses, On Monday, Research by agilecat.cloud on February 29, 2016
IT Spending: Gartner: Spending on IT was Down in 2015, Flat in 2016
Dick Weisinger – February 23rd, 2016
http://formtek.com/blog/it-spending-gartner-spending-on-it-was-down-in-2015-flat-in-2016/
_ formtek
Despite the forecasts from early last year, global IT spending in 2015 took a battering.  It was down nearly 6 percent or $216 billion to $3.52 trillion, according to Gartner.  Much of the decline is attributed to a very strong dollar and weak economies, especially in Europe.  Total global IT spending in 2016 is forecast to be a relatively flat .6 percent with the market size not reaching back to 2014 levels until 2019.
 
昨年の初めにおける予想とは裏腹に、2015年のグローバル IT 支出は、マイナス成長となった。 Gartner によると、その下げ幅は 約 6% の $216 billion であり、結果として $3.52 trillion の総額を計上することになった。そして、この後退における主な要因は、強すぎる米ドルと、ヨーロッパでの景気の減速だとしている。2016年のグローバル IT 支出は、比較的にフラットな 0.6% の成長になり、また、この市場の収益が 2014年のレベルに戻るには、2019年まで待つ必要があると述べている。
 
Dali_7John-David Lovelock, research vice president at Gartner, said that “the rising US dollar is the villain behind 2015 results.  The US multinationals’ revenue faced currency headwinds in 2015. However, in 2016 those headwinds go away and they can expect an additional 5 percent growth.”
 
Gartner の Research VP である John-David Lovelock は、2015年の結果について、米ドルの高値が悪役になったと述べている。そして、「米国の多国籍企業は、2015年において、為替の逆風に直面した。しかし、その逆風が 2016年に消えるなら、さらに 5%の成長を上乗せできる」と続けている。
 
Areas like the cloud, enterprise software, and services are all expected to grow in 2016, but one segment of the IT market that will be hit again in 2016 is the devices market (PCs, ultramobiles, mobile phones, tablets and printers) which is forecast to decline 1.9 percent in 2016.
 
クラウド・コンピューティング/エンタープライズ・ソフトウェア/サービスなどの分野は、そのすべてが、2016年に成長すると予想されるが、再びカベに突き当たる IT セグメントもある。具体的に言うと、デバイスの市場(PC/UltraMobiles/MobilePhone/Tablet/Printer)であり、2016年には 1.9% の減少が見込まれているという。
 
ーーーーー
On Monday最近ですが、最も気になっている指標の一つに、このグローバル IT 総支出があります。この数値は、常に GDP と連動するとも言われ、また、IT ビジネスの上限を定めているようです。 したがって、如何にクラウドが伸びていくにしても、このパイの中の一部を切り取るに過ぎないのです。 そして、文中では、為替と経済の動きが、グローバル IT 支出を下げた要因だとしていますが、AWS/Azure/GCP などのパブリック・クラウドが、それを促進する動きを見せたとしても、なんの不思議もありません。さらに言うなら、この圧倒的なスケールを持つ Big-3 を、他のパブリック・クラウドが、価格面で追いかけたことで、2015年のマーケット縮小が促進されたのかもしれません。そして今年は、Facebook までもが、エンタープライス市場に参入してきます。好況であろうが、不況であろうが、間違いなくクラウドは伸びますが、その内側では、熾烈なシェア争いが続いていくのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Shadow IT の調査: 膨大な数の未承認クラウド・サービスが、大手企業で利用されている
Software-Defined X の調査:ソフトウェアが世界を飲み込んでいく 2016年
Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する
Container の調査: エンタープライズ DevOps のためにも、コンテナが不可欠だ!
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
 

Comments Off on IT Spending の調査:2015年の グローバル IT 総支出が 6% も低下! 2014年のレベルに戻るのは 2019年!

考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

Posted in .Chronicle, Apple, Businesses, Mobile, Post-PC by agilecat.cloud on February 13, 2016
APPLE: THE WORST-CASE SCENARIO — 2016
Jim Edwards – Feb 7, 2016
http://uk.businessinsider.com/apple-the-worst-case-scenario-2016-2
 
_ Business Insider
 
Apple just booked its biggest ever quarter, with revenues of $76 billion (£52.4 billion). Profits were $18.4 billion — the most of any company, ever.
 
Apple は、その歴史において、最大の売上である $76 billion (£52.4 billion) を計上して、直近の四半期決算をクローズした。その、 $18.4 billion  という利益も、あらゆる企業の中で最高のものである。
 
apple deathMike Nudelman
Business Insider
 
It also sold 74.7 million iPhones — another record. The company could not be in better shape.
 
また、7,470万台の iPhone を販売したことも、もう一つの記録となる。同社にとって、これ以上の成果はあり得ないだろう。
 
And yet Apple is a troubled beast:
 
それなのに Apple は、猛獣のような問題を抱えている:
 
 
  • APPL の投資家たちは、この12ヶ月の間に、株価が $133 から $96へ下降するという、28% の損失を味わっている。
  • CEO である Tim Cook は、直近の収支報告において、iPhone の販売量が減少傾向にあることを認めている。
  • その四半期の iPhone は、ある国を除いて、すべてのグローバル市場でシェアを失っている
  • その他の主力プロダクツである、iPad や Mac なども、すでに衰退傾向にある
  • そして、Wall Street のアナリストたちは、これから登場する iPhone 7 が、このトゲを抜けるのかどうかと、不安げに見守っている。Raymond James の  Tavis C. McCourt と Mike Koban は、「2017年も成長すると予測しているが、重要な iPhone 7 が大成功を収めるとは思っていない」と、最近のステートメントで述べている。
 
 The fear is that Apple is at its peak, and the only way from here is down.
 
いまの Apple が、ピークに達しており、あとは下るのみという、恐怖が存在する。
 
Of course, only idiots bet against Apple. The company has a history of confounding its critics by emerging from brief troughs with renewed growth and exciting products. (Just look what didn’t happen the last time we examined the worst-case scenario for Apple!)
 
Apple にのめり込むことは、もちろん避けるべきである。同社は、新たな成長分野と、興奮を伴う製品により、谷底から這い上がることで、批判を逃れていくという歴史を有している。(前回の危機において、Apple に最悪のシナリオが生じなかったことを、思い出すべきなのだろう!)
 
Nonetheless, it’s worth asking: What would happen to Apple if everything that can go wrong does go wrong? Here’s the worst-case scenario.
 
それにもかかわらず、すべてが上手くいかない場合に、何が Apple に起こるのかと、問いかけることは、意味のあることだ。それが、ここで言う、最悪のシナリオである。
 
ーーーーー
appleこの記事は、おそらく、投資家を対象としたものなのでしょう。 とは言え、懸念される不安材料は、いずれも事実であり、たとえばアプリ・デベロッパーにとっては、とても心配な材料になるはずです。 そして、デバイスと平行して機能する、パワフルなクラウド・サービスを、Apple が作れていないことが、最大の論点になるという見方もあります。 先週に、GoPro の問題を指摘する抄訳をポストしましたが、Apple が大きな GoPro なのか、GoPro が小さな Apple なのかという、かなり飛躍した対比が頭をよぎってしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on 考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

%d bloggers like this: