Agile Cat — in the cloud

欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

Posted in Advertising, Asia, Baidu, Google, Research by agilecat.cloud on August 24, 2016
Google Rules The West, Baidu Top In China
Martin Armstrong – Aug 11, 2016
https://www.statista.com/chart/5472/google-rules-the-west-baidu-top-in-china/
 
_ Statista
 
In the USA and Europe, Google absolutely dominates the search engine market with the likes of Yahoo and Bing left to play mere bit parts. From its Mountain View headquarters in California, Google can also lay claim to predominantly being the search market leader in the rest of the world.
 
USA や Europe では、Google が検索エンジンのマーケットを圧倒的に支配している。そして、Yahoo や Bing などは、このマーケットの一部を構成するに過ぎない。この、Mountain View, California に本拠を構える Google は、USA 以外のマーケットにおいても、絶対的なリーダーとして君臨している。
 
google_baiduClick to Large >>> 
 
This infographic shows search engine market shares based on traffic in July 2016
 
There are, however, some exceptions. In China, Baidu is the undisputed number one. In 2010, Google withdrew from the country due to censorship issues and has since then had no access to one of the largest advertising markets in the world. According to a forecast from the Statista Digital Market Outlook, 26.5 percent of all search engine advertising revenue is generated in China. That adds up to more than 24 billion US dollars.
 
しかし、いくつかの例外も存在する。China においては、Baidu が誰もが認めるナンバーワンである。検閲が問題となり、2010年に撤退してからというもの、この世界で最大の広告市場に Google はアクセスしていない。Statista の Digital Market Outlook によると、すべての検索エンジンにおける広告収入の 26.5% が、Chinaで発生していようだ。そして、この検索エンジン・マーケットに、$24 billion 以上の売上を上乗せしているのである。
 
More data on the development of the search engine market can be found in the free Statista market report ‘Digital Advertising: Search‘.
 
検索エンジン・マーケットの成長に関しては、Statista が提供する Digital Advertising: Search を参照して欲しい。
 
ーーーーー
AdBaidu のシェアと売上が、だんだんと明らかになってきました。そして、クラウド・アドの世界の住み分けが見えてきました。主として Google と Facebook で構成される、欧米のクラウド・アドの売上は $80 billion 〜 $90 billion 前後と言われていますので、Baidu の $24 が 26.5% に相当するという分析も、大まかなところで辻褄があっています。それにしても、中国市場の成長ぶりがスゴイですね。全体としての経済成長が鈍化している中国ですが、この Baidu と、Alibaba や Tencent などが、新しい経済を生み出しているのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google と Facebook と Baidu が Top-10:世界のディジタル広告売上ランキングとは?
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on 欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?

Posted in Advertising, Baidu, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on June 10, 2016
The World’s Largest Media Companies
Felix Richter – Jun 1, 2016
https://www.statista.com/chart/4943/top-10-media-companies/
 
_ Statista
 
Over the past decade, the internet has replaced print media to become the second most important advertising medium behind television. The rise of digital advertising is reflected in Zenith Optimedia’s annual ranking of the world’s largest media companies.
 
これまでの 10年の間に、広告メディアとしてのインターネットは印刷媒体を追い抜き、テレビに続く二番目のポジションへと昇ってきた。世界で最大のメディア企業をランキングする、今年の Zenith Optimedia レポートにも、その結果が反映されている。
 
top_10_media_companiesClick to Large >>> 
 
 
The five digital companies ranked in the Top 30, namely Google, Facebook, Baidu, Yahoo and Microsoft who represent 65 percent of the global internet advertising market, now account for more than one third of all revenues generated by the Top 30 media owners in the world. The ranking includes all revenues from businesses that support advertising including non-ad-revenues such as circulation revenues.
 
Top-30 中の Top-5 である、Google/Facebook/Baidu/Yahoo/Microsoft は、世界のインターネット広告市場の 65% を占有している。つまり、世界の Top-30 メディアが生み出す収益の、1/3 以上を占めているのだ。このランキングは、すべての広告収益から構成されているが、その中には、サブスクリプションなどによる非広告収益も含まれている。
 
As the below chart illustrates, Google far outranks any other company in the world in terms of media revenue. The company generates tens of billions of dollars every year selling advertising across its popular online services, most importantly Google Search.
 
このチャートが示すように、メディアの収益という面では、Google が図抜けた存在となっている。同社は、人気のオンライン・サービスで $60 billions 前後の広告売上を計上しているが、
その中で最も大きな割合を占めるのは Google Search である。
 
This chart ranks the Top 10 media companies in the world based on their media revenue in financial year 2014.
 
このチャートは、世界の Top-10 メディア企業を、それぞれの会計年度 2014 の収益でランク付けしている。
 
ーーーーー
Ad2014年の末に、同じような調査を BI Intelligence が実施していましたが、その時には Google $70B、Time Warner $30B、Facebook $18B、、、というランキングになっていました。大まかなところで一致しているのでしょうが、この Zenith Optimedia の調査で目新しいのは、Baidu が 8位に示されている点です。コマースの Alibaba や、ペイメントの Tencent が躍進している状況を見れば、広告産業も伸びているはずと予測できますが、その担い手は、やはり Baidu の検索なのでしょう。グローバルの Google を比較することで、中国市場の規模を推測する指標になりそうですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?

Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?

Posted in .Selected, Alibaba, Amazon, Asia, Baidu by agilecat.cloud on February 5, 2016
Baidu builds empire with music, Amazon deals
AFP | Dec 5, 2015, 01.40 PM IST
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Baidu-builds-empire-with-music-Amazon-deals/articleshow/50053568.cms
 
_ Times of India
 
SHANGHAI: Chinese internet giant has announced two deals linked to the entertainment industry, including a tie up with online retailer Amazon to provide it with search services.
 
SHANGHAI: China のインターネット・ジャイアントである Baidu が、エンターテインメント産業に関連する、2つの耳寄りな情報を発表した。そして、そこには、オンライン・リテーラーである Amazon に、検索サービスを提供するための提携も含まれているのだ。
 
Baidu, often described as the Chinese equivalent of Google, has been seeking to leverage its online dominance in a country where most of the US search giant’s websites are banned.
 
いつも Chinese Google と評される Baidu であるが、US 企業が提供する大半の Web サイト検索が禁止されている China で、オンラインを独占している優位性を、さらに活用しようとしてる。
 
Amazon BaiduBaidu has agreed with Amazon China to become the default search engine in the country for its e-book readers and also cooperate in app distribution and video content, according to a Baidu statement.
 
Baidu のステートメントによると、同社は Amazon China と合意し、China 国内における eブック・リーダー/アプリ配信/ビデオ・コンテンツなどで用いられる、デフォルトの検索エンジンを提供することになる。
 
Amazon will “integrate” with Baidu’s app store and online video platform iQIYI, it said, which is a rival of an Internet television company newly acquired by e-commerce behemoth Alibaba.
 
言い換えるなら、Baidu のアップ・ストアおよび、オンライン・ビデオ・プラットフォームである iQIYI と、Amazon は統合されることになる。そして、この iQIYI であるが、eコマース・ジャイアントである Alibaba が買収した、インターネット TV である YouKu の、ライバルになると伝えられている。
 
On the same day, Baidu said it would merge its music business with one of China’s biggest music rights holders, Taihe Entertainment Group, which covers mainland China, Taiwan, Hong Kong, Macau and Singapore. Taihe holds original rights to over 10,000 compositions and 700,000 recordings, the statement showed.
 
上記のアナウンスメントと日を合わせて Baidu は、China 最大の音楽著作権ホルダーである Taihe Entertainment Group と、自社の音楽ビジネスをマージし、China/Taiwan/Hong Kong/Macau/Singapore をカバーすることになったと発表している。この Taihe は、1万人以上の作家を組織化し、また、700,000件以上の録音データを有すると、Baidu のステートメントには示されている。
 
The deal marked the latest in a string of mergers and acquisitions by China’s top three Internet firms.
 
今回の取引により、China Top-3 インターネット企業による合併/買収のシナリオが、新たに記されることになった。
 
At the end of October, Baidu took the lead in the online travel sector after two of China’s largest online travel firms — Baidu-controlled Qunar and Ctrip — agreed a share swap and partnership deal to create the country’s biggest Internet travel service.
 
2015年10月の終わりに Baidu は、China オンライン・トラベル業界において、Qunar と Ctrip を買収することで、リードを奪っている。具体的に言うと、China で最大のインターネット・トラベル・サービスを構築するために、株式の交換とパートナーシップが締結されたのだ。
 
Two weeks prior to the deal, China’s e-commerce giant Alibaba announced plans to buy outstanding shares of Youku Tudou, the Asian country’s equivalent of YouTube, in a deal estimated to be worth $4.8 billion.
 
その二週間前のことであるが、China のコマース・ジャイアントである Alibaba が、Youku Tudou の発行済株式を購入すると発表している。同社は、Asia の YouTube と評されるベンダーであり、その対価は $4.8 billion に至ると推定されている。
 
RELATED
ーーーーー
Baidu先日にポストした、「Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!」という抄訳は、Oracle と Tencent の狙いを浮き彫りにする、とても興味深い洞察を提供していましたが、その Oracle と同じようなタイミングで、今度は Amazin の中国進出が明らかにされました。 パートナーは Baidu であり、このタッグにより Alibaba に対抗していくことになるのでしょう。そして、Microsoft と 21Vianet/Oracle と Tencent/Amazon と Baidu というチームが構成され、それぞれの中国展開が活性化することにもなります。 こうして、クラウドは分化の時代に、突入していくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?

CloudFlare は ”Cisco as a Service” :ついに、Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm からの出資を取りつけた!

Posted in .Selected, Baidu, Cisco, CloudFlare, Network, Security by agilecat.cloud on September 23, 2015
What started as a class project at Harvard just raised $110 million from Fidelity, Google, and Microsoft
Eugene Kim – September 22, 2015
http://www.businessinsider.com/cloudflare-raises-110-million-2015-9
 
_ Business Insider
 
It didn’t take too long for CloudFlare cofounders Matthew Prince and Michelle Zatlyn to realize they were on to something big when they launched their startup as a class project at Harvard Business School.
 
CloudFlare の C-Founders である Matthew Prince と Michelle Zatlyn は、Harvard Business School のクラス・プロジェクトとして立ち上げたスタートアップを、それほど時間をかけること無く、大きな存在へと変容させていった。
 
CloudFlare, a web-performance and security startup, was seeing quick traction after winning a contest at Harvard Business School in 2009. What started out as a class project to get course credit was turning into a real business that venture capitalists were lining up to invest in.
 
Web のパフォーマンスとセキュリティをソユーションとする、この CloudFlare というスタートアップは、2009年の Harvard Business School コンテストで優勝してからも、素晴らしいスピードで走り続けた。つまり、単位を取得するためにスタートしたクラス・プロジェクトが、投資を望むベンチャー・キャピタリストたちを従える、リアルなビジネスに変身したのだ。
 
20100929_techcrunch_mw_058Flickr
TechCrunch
 
CloudFlare
CEO
Matthew Prince
 
“I remember sending an email to Michelle that said, ‘I ran the numbers and here’s my prediction of what’s going to happen: I predict that Google will buy CloudFlare for $500 million within 2 1/2 years,'” Prince told Business Insider.
 
Prince は Business Insider に対して、「 Michelle に送った電子メールを覚えている。そして、これから起こることに、私は賭けたいと説明した。 具体的に言うと、2年半以内に Google が、$500 million で CloudFlare を買いに来る、と予言したのだ」と述べている。
 
Zatlyn, usually the more conservative one, was even more bold with her response: “If my numbers are right, I think CloudFlare will go public in seven years at a valuation of around $4 billion.”
 
いつもは控えめな Zatlyn だが、そのときの反応は、さらに大胆であった。「私の勘が当たっているなら、CloudFlareは 7年間以内に上場し、$4 billion の評価額を得ると思う」と、彼女は答えたのだ。
 
Fast forward six years, and Zatlyn is turning out to be closer to right. CloudFlare is now one of the fastest-growing startups in the world, with a valuation well north of a billion dollars.
 
そこから、あっという間に 6年の歳月が流れたが、Zatlyn の考え方が正しかったと、証明されようとしている。いまの CloudFlare は、この世界で最速で成長しているスタートアップであり、$1 billion 以上の評価を得ているのだ。
 
An early unicorn
 
On Tuesday, CloudFlare announced another huge round of funding that shows its rapid growth: It is raising $110 million in a round led by Fidelity and joined by Google Capital, Microsoft, Baidu, and Qualcomm Ventures.
 
この火曜日(9/22)に、CloudFlare は急速に成長している状況を、新たなラウンドの結果としてアナウンスした。この、$110 million と付けたラウンドは Fidelity がリードするものであり、そこに Google Capital/Microsoft/Baidu/Qualcomm Ventures といったメンバーが続いている。
 
CloudFlare was already reported to be a billion-dollar startup when it raised its $50 million Series C round in December 2013. Prince declined to mention the exact value of his company for that round, jokingly saying only that it was worth “multibillion dollars.”
 
伝えられるところによると、すでに CloudFlare は、2013年12月の $50 million Series C ラウンドにおいて、A Billion Dollar スタートアップになっているようだ。Prince の冗談めかした説明は、そのラウンドにおいて CloudFlare は、Multi Billion Dollars の企業になったというものであり、正確な評価額については言及していない。
 
So what exactly is making investors go crazy over CloudFlare?
 
なせ、それ程までに、投資家たちは CloudFlare に夢中になるのか?
 
CloudFlare basically works as a “digital bouncer” in that it filters all the internet traffic before it reaches its customers’ websites. It can clean that traffic, identifying the good and the bad, and accelerate traffic to the most efficient route.
 
CloudFlare は基本的に、デジタルの世界における警備員として機能する。つまり、すべてのインターネット・トラフィックに対して、それらが顧客の Web サイトに到達する前に、フィルタリングしていくのだ。その結果として、トラフィックの掃除が行われ、適切/不適切が識別され、さらには、最も効率の良いルートへと向けてトラフィックは加速していく。
 
Its service is as varied as the routing and switching that helps computers connect to the web, to load balancing and performance acceleration that helps ensure servers don’t get overloaded and makes websites run faster. And it doesn’t cost as much as some of the services from established companies, making its technology available to a lot of small and medium-size businesses as well.
 
このサービスは、Web/ロード・バランサー/パフォーマンス・アクセラレータなどに接続するコンピュータを、ルーティングとスイッチングのように変化しながら、支援していくものとなる。また、従来型の企業とは異なり、そのサービスはきわめて安価である。したがって、中小企業であっても、CloudFlare のテクノロジーを利用できるのだ。
 
Cisco as a service
 
“It’s happening at a fraction of a second and can decrease the load in the back-end infrastructure by over 80%,” Prince said. “On top of all that, we protect you from attacks. We’re almost like Cisco as a service.”
 
Prince が言うには、「 それは、秒単位で起動され、バックエンド・インフラにおける負荷を、80% も低減できるのだ。そして、すべてにおいて、アタックからの保護を実現していく。つまり、Cisco as a service という言い方が、もっとも当てはまるものだ」となる。
 
Prince says 5% of all internet requests go through CloudFlare’s network, with more than 4 million people across 30 countries using the company’s service. CloudFlare initially started out as a service focused mostly on small and medium-size businesses, but now nearly half of its customers are big enterprises, including Goldman Sachs, Salesforce, and the US State Department, Prince said.
 
そして Prince は、すべてのインターネット・リクエストの 5% が、CloudFlare のネットワークを通過し、また、30カ国にまたがる400万人以上の人々が、同社のサービスを利用していると言う。当初の CloudFlare は、中小企業にフォーカスするサービスとして立ち上がったが、しかし、いまでは半分近くが大企業ユーザーであり、そこには、Goldman Sachs/Salesforce/US State Department(米国国務省)などが含まれると、Prince は述べている。
 
CloudFlare turned profitable in 2014 and is expected hit a $100 million revenue run rate by the end of this year, Prince added. All signs point to a possible initial public offering, but Prince would not commit to anything yet — except to acknowledge that he thought Zatlyn’s early IPO prediction was a bit delusional.
 
CloudFlare は、2014年に黒字に転化しており、また、2015年末までに $100 million の売上に達すると、Prince は付け加えている。
 
すべてが、IPO へと向けた兆しとなっているが、Prince は何もコミットしたくないようだ。とは言え、以前に Zatlyn が言っていた、IPO という予測について、少し妄想的だと思ったことが、誤りだったとは認めているようだ。
 
“I think all founders have early confidence,” he told Business Insider. “It’s what allows you to walk away from much more sure paths. It’s typically delusional. We were delusional too. But we’ve been very fortunate to have built a great team, executed, and, in doing so, turn what originally was delusional into a real business.”
 
彼は Business Insider に対して、「すべての Founder たちは、そのスタートにおいて、自信に満ちあふれている。だが、その自信により、適切な道筋から外れやすくなる。つまり、得てして妄想に陥るのだが、私たちも同じであった。しかし、とても幸運なことに、素晴らしいチームを得ることができた。 それにより、妄想に過ぎなかったものが、実際のビオジネスへと、着実に転換されていく」と述べている。
 
SEE ALSO: This $1 billion startup handles 5% of all web traffic and is ready to take on Cisco
 
ーーーーー
Networkウワサの CloudFlare ですが、ついに軌道に乗ったようですね。出資者の顔ぶれも豪華ですし、顧客にも恵まれているようです。 2014年2月に、「この月曜日に、記録破りの DDoS 攻撃が仕掛けられた!」という抄訳をポストしましたが、そこに Prince のコメントが載っていました。 その後も、CloudFlare を追いかけてきましたが、あるインタビューで、「今後のサービスは?」と聞かれたときに、「Cisco のカタリストを見てほしい」と答えていたのが印象に残っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!
BitTorrent と DDoS 攻撃の関連性: 放置すると、その UDP が悪用されるかもしれない
 

Comments Off on CloudFlare は ”Cisco as a Service” :ついに、Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm からの出資を取りつけた!

だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する

Posted in Advertising, Baidu, Facebook, Google, Research, Social, Yandex by Agile Cat on May 30, 2014

It’s Good To Be A Search Engine
http://wp.me/pwo1E-7wX

Jay Yarow – May 14, 2014
http://www.businessinsider.com/its-good-to-be-a-search-engine-2014-5

_ Business Insider

Here’s a look at net revenue per user for a basket of big internet sites from digital media analyst Ian Maude.

以下に示すのは、デジタル·メディア·アナリストである Ian Maude から提供された、大手インターネット・サイトにおける、1人のユーザーあたりの純収益である。

_  space

Business Insider/Statista

As you can see, it’s good to be Google! It has a magic money machine called search that drums up more money per user than anyone else. That’s why the next two biggest sites on the chart, Yandex and Baidu, are also search engines.

ここから見て取れるように、Google にとって、素晴しい状況である! このサーチという錬金マシンは、他の誰よりも、1人あたりのユーザーから、多額の売上をかき集めてくる。それに続く Yandex と Baidu も、検索エンジンであるが故に、このポジションを確保している。

This is why Microsoft tried so hard to make Bing a dominant search engine. It’s also part of the reason Facebook keeps flirting with search.

また、Microsoft が Bing により、検索エンジンのマーケットを、懸命になって支配しようとした理由も見えてくる。さらに言えば、Facebook が検索に惹かれている、理由の一部にもなっている。

ーーーーー

どこかで、同じようなデータを見たことがあると思ったら、昨年の12月に 「 Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン : それを示す1枚のチャート 」という抄訳をポストしていました。 ただし、その時は、Google とソーシャル・メディアたちの比較でしたが、今回は Yandex と Baidu が入ったことで、別の視点からの分析が可能になっているように思えます。 そして Facebook ですが、最近は検索結果に紐付いた広告が掲載されるようになってきましたね。 いま、Agile_Cat の Facebook には、Intel の SSD の広告(Amazon)が出ていますが、これは昨夜の検索結果を反映したものです。 やはり、検索は強いのですね。

ーーーーー

<関連>

Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
オンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート
Web マーケティングはトラフィックが基本:その理由を再確認しよう!

 

Comments Off on だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する

Baidu が展開する 中国版 Google Street View : 日本からもアクセス可能

Posted in Asia, Baidu, Google, Mobile by Agile Cat on August 25, 2013

Baidu rolls out a Google Street View clone for China
http://wp.me/pwo1E-6×2

August 23, 2013 – by
Steven Millward
http://www.techinasia.com/baidu-launches-google-stree-view-clone-for-china/

_ tech in asia

Baidu (NASDAQ:BIDU), China’s top search engine, mentioned yesterday that it has 200 million daily active users this month on its Baidu Maps service. Now all those people have a new feature to look at in the form of Baidu’s version of Google Street View.

昨日、China のトップの検索エンジンである Baidu が明らかにしたところによると、今月の Baidu Maps サービスは、1日あたり 2億人のアクティブ・ユーザーに達したらしい。 そして、いま、すべてのユーザーが、Google Street View の Baiduのバージョンを参照できるようになったという。

Called Baidu Total View, it now covers parts of three cities in China – Shenyang, Wuxi, and Fenghuang (pictured above; click here to view) – and it’s now also available to developers via an API.

この Baidu Total View は、Shenyang(瀋陽)および、Wuxi(無錫)、Fenghuang(鳳凰:上記の写真)などの 3都市をカバーし、さらには、API を介してデベロッパーも利用できるようになっている。

It’s a lot like what you’d see in Google StreetView in the US, except there are no gun-carrying loons and there’s a lot more jay-walking. Here’s downtown Wuxi:

全体的な構成は、US で Google Street View を見るのと、きわめて似ている。 ただし、Gun-Carrying Loons(銃を持つ人?)が映ることはないが、また、たくさんの Jay-Walking(View の進入禁止?)も存在するようだ、以下は、無錫のダウンタウンである。

注記: Gun-Carrying Loons と Jay-Walking の正確な意味、ご存知の方、教えてくださ~い。

Google Street View first rolled out its iconic camera cars in 2007, so Baidu is quite behind the ball on this. But perhaps the Chinese web giant has realised that useful stuff like online maps are vital to its mobile strategy going forward.

Google Street View は 2007年に、その象徴ともいえるカメラ・カーと伴に登場したが、その点において、Baidu は大きな遅れ取っていた。 しかし、この China Web ジャイアントが提供する、オンライン・マップなどの有用なサービスは、今後のモバイル戦略において不可欠なものになるだろう。

Google Street View is not available in mainland China (and likely never will be), where authorities keep a close hold on offline and online maps as a national security concern.

なお、Google Street View は、中国政府による安全保障上の規制により(将来的にも無理だろう)、オフラインおよびオンラインのマップの利用が、中国本土で禁止されている。

(Via TheNextWeb)

(Editing by Anh-Minh Do)

ーーーーー

TAG indexこの 4月に、『 Google だけに優秀な頭脳を独占させない :Baidu が Cupertino オフィスをオープン 』という抄訳をポストしています。 それによると、「Silicon Valley には、とても優秀なエンジニアが沢山いが、トップクラスのエンジニアとサイエンティストをGoogle が独占している。 つまり、それらの頭脳を横取りするのだ」と、Baidu は発言していました。 この Baidu Total View が、その成果なのかどうかは分かりませんが、ものすごいペースで、しかも本気で、Google を追いかけているのは確かなようです。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ
キッシンジャー米元国務長官が、北京で Baidu トップと話したことは?
膨大な人口を抱える Asia のサークルにこそ、スタートアップの未来がある
途上国の 10億人の モバイルとは ? iPhone や Galaxy ではないのだ!
インド市場におけるモバイル・シェア : ここでも Samsung が強い!

驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ

Posted in Asia, Baidu, Businesses, Google, Research by Agile Cat on July 12, 2013

These Two Graphs Show Painful Drops for Google and Baidu in China Search Engine Market
http://wp.me/pwo1E-6mq

July 4, 2013 – by
Steven Millward
http://www.techinasia.com/china-baidu-qihoo-google-search-market-share-war/

_ tech in asia

Now that it’s July we have market share data for China’s hard-fought search engine sector. The industry was reinvigorated last August by the entrance of Qihoo (NYSE:QIHU) (previously a web portal and software company) into the battle against Baidu (NASDAQ:BIDU) and Google (NASDAQ:GOOG). So how’s it panning out for Qihoo? Actually very well.

今年も半分が終わり、7月に入ったが、China における激戦区である、検索エンジン業界のマーケット・シェア・データを提供しようと思う。この業界では、昨年の 8月に Qihoo(QIHU NYSE:以前は Web ポータルやソフトウェアを提供)が参入したことで、Baidu(BIDU NASDAQ)と Google(NASDAQ:GOOG)に挑む戦いが繰り広げられ、再活性化が始まろうとしている。

New data (from CNZZ) for June shows that Baidu has hit an all-time low in the face of its new competitor, dropping below a psychologically important 70 percent market share in terms of search page-views. Baidu now stands at 69.37 percent share, down from 81.6 percent at the same point last year before Qihoo burst onto the scene. We’ve reached out to Baidu to comment on the latest numbers. Here’s the seething rivalry in one graph:

6月の動きを示す最新データ(from CNZZから)によると、この新しいコンペティタと直面する Baidu が、史上最低記録を更新し続けていることが分かる。そして、検索ページ・ビューの観点において心理的に重要とされる、70% のマーケット・シェアを下回ってしまった。Qihoo が登場する前の Baidu は、昨年同期に 81.6% のシェアを誇っていたが、それが 69.37% まで下がっている。私たちは、この最新の数値について、Baidu にコメントを求めているところだ。以下のグラフを見れば、新たなライバル関係が、熱を帯びていることが分かるだろう:

クリックで拡大 ⇒

Qihoo has grown from nothing to command, in less than a year, 15.26 percent of all China’s search engine page-views. That’s how it stands right now. It proves wrong those who said Qihoo would never get past the 10 percent share it quickly assailed after launch thanks to traffic driven to the new search engine by its popular PC browser that many in China use instead of Internet Explorer.

Qihoo は、わずか1年の間に、つまりゼロからのスタートにおいて、China の検索エンジン・ページ・ビューにおける 15.26% まで成長してきた。それが、まさに、今の状況である。Qihoo は、その立ち上げ後に 10% のシェアも取れないと言っていた人々が、間違っていたことを証明した。 そして、その背景にあるのは、独自に開発した PC ブラウザが、Internet Explorer の代替えとして人気を博しており、さらには、検索トラフィックを発生させるためである。

Note that those curves of Qihoo and Baidu look remarkably symmetrical.

Qihoo と Baidu の曲線が、きわめて対称的に見えることに注意して欲しい。

Google: Going, going, gone

The other battle is for third place in China. That’s one Google has lost spectacularly. (Indeed, Google was second before Qihoo came along). Google has lost a lot of share in the past year (5.54 percent down to 2.13 percent from June 2012 to June 2013) in China and is now mired in fifth place.

もう1つの戦いは、China における 3位のポジションを巡るものだ。それは、Google が見事に失ってしまったものでもある( Qihoo が登場する以前には、たしかに Google 2位だったのだ)。  China における Google は、昨年に大きくシェアを失っており(2012年6月~2013年6月で 5.54% から 2.13% へ)、いまでは 5位に陥っている。

Meanwhile, Tencent’s (HKG:0700) Soso has kind of struggled and Sohu’s (NASDAQ:SOHU) Sogou has grown slightly. Little wonder that everyone’s talking about the Sogou search division being acquired – possibly by Qihoo. Here’s the battle for third place, which seems to be unable to grow past 10 percent share:

その一方で、Tencent(HKG:0700)の Soso は苦戦し、また、Sohu(NASDAQ:SOHU)の Sogou は、わずかに成長しいるだけだ。おそらく、Qihoo により Sogou の検索部門が買収さると、人々はウワサしているはずだ。これまでにおいて、10% のシェアを達成できないと考えられてきた、3位のポジションを巡る戦いは以下のとおりである。

クリックで拡大 ⇒

Of course, as with all stats, we must keep in mind margins of error on a number of possible fronts. Perhaps Baidu is seeing a lot more searches via its native mobile search or voice assistant apps, which might not count as page-views by CNZZ. There are several other possibilities. As for Google, we know exactly how it’s losing out: it’s being unfairly partially blocked by China’s Great Firewall, making it appear to Chinese netizens that the service is slow or broken.

もちろん、すべての統計情報と同様に、これらの数値については誤りがあるかもしれないと、心に留めておく必要がある。おそらく Baidu は、独自のモバイル検索および、音声アシスタント・アプリを介して、より多くの検索を得ているが、CNZZ ではページビューとしてカウントされない可能性がある。また、その他にも、いくつかの間違いの可能性がある。 Google に関しては、負け続けている正しい理由を知っている。つまり、Google は China Great Firewal により、部分的ではあっても、不当にブロックされている。そして、China のネチズンには、サービスの応答が鈍く、また、壊れているように見えてしまうのだ。

Check out more data on CNZZ.
(Editing by Willis Wee and Enricko Lukman)

ーーーーー

TAG index中国マーケットにおける、検索サービスの詳細なシェアというものを、初めて見たように思います。 北京政府との対立の後に、Google が置かれた状況を知りたい方は、『 Google と 中国政府の予定調和を分析する - WIRED 』という抄訳を参照してください。Baidu とは異なり、Google に対しては、強大な政治的圧力が存在していることが分かりますが、それの無いロシア市場においても、Google は Yandex の後塵を拝しているようです。 新しいマーケットの、独自の発展形態を予測させる、なかなか興味深い現象ですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google だけに優秀な頭脳を独占させない :Baidu が Cupertino オフィスをオープン
キッシンジャー米元国務長官が、北京で Baidu トップと話したことは?
中国の UC Browser が、1億人の海外ユーザーを獲得!
iOS と Android のトータル: 中国 が 米国 を追い抜く!
中国の モバイル eコマース : 前年比で 600% の成長を達成
膨大な人口を抱える Asia のサークルにこそ、スタートアップの未来がある

 

Comments Off on 驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ

キッシンジャー米元国務長官が、北京で Baidu トップと話したことは?

Posted in Asia, Baidu, Wearable, Weekend by Agile Cat on June 30, 2013

Forget Nixon in China, Here’s Kissinger in Baidu
http://wp.me/pwo1E-6iJ

June 28, 2013 – by
Steven Millward
http://www.techinasia.com/kissinger-visits-baidu-china/

_ tech in asia

Kissinger not pictured in Beijing today.

This definitely isn’t Henry Kissinger’s first trip to China. The former US Secretary of State is back in the capital and has just paid a visit to Baidu (NASDAQ:BIDU), China’s top search engine company.

Henry Kissinger の中国への旅行が、初めてのことではないのは間違いない。この、元米国務長官(US Secretary of State)は、再び同国の首都へと舞い戻り、また、検索エンジンのトップ企業である Baidu(NASDAQ:BIDU)に訪問することになった。

Kissinger first came to China in 1971 in secret – and met with Zhou Enlai and Mao Zedong (pictured) – ahead of the ground-breaking 1972 summit with President Nixon between the two nations. It’s immortalized superbly by the John Adams opera Nixon in China.

Kissinger が 1971年に、初めて中国に訪れたときは、そのすべてが秘密裏に処理された。そして、周恩来および毛沢東(写真)と会ったが、それは、1972年に Nixon 大統領が訪中して、画期的なサミットを開催するための橋渡しであった。John Adams のオペラである Nixon in China が、いまでも、それを伝えている。

This time, Kissinger – author of On China – met with the founder and CEO of Baidu, Robin Li (pictured below). During an hour-long discussion, we’re told, Kissinger and Li touched on “how Chinese Internet users consume online books” and even broached the broader subject of Sino-US relations. No word on whether the biggest bone of contention right now between the two nations – NSA whistleblower and very brief Hong Kong resident Edward Snowden – cropped up.

今回、中国での立役者である Kissinger は、Baidu の Founder and CEO である Robin Li とと会談した。1時間にもおよぶ議論の中で Kissinger と Li は、「 中国のインターネット・ユーザーが、オンライン・ブックを消費する方法 」について言及し、さらには中米関係における広範なテーマについて話し合ったと、伝えられている。 ただし、両国間にいきなり浮上してきた、現在での最大の課題については、何の話もなかったようだ。つまり、NSA における内部告発者であり、短時間でも香港に在住していた、Edward Snowden のことである。

Kissinger was also given a demonstration of some Baidu products, such as Baidu image search and Baidu Maps.

なお、Kissinger は、Baidu Image Search や Baidu Maps などの、一連のプロダクトのデモを楽しんだとされている。

(Editing by Willis Wee)

ーーーーー

imageあのころの、アメリカの外交が大きな動きを見せるときは、いつもキッシンジャーが大舞台を演出してきたように記憶しています。この記事を訳していて、ベトナム戦争の終結との関係が思い出せなかったので、Wikipedia を調べてみたところ、「1973年のパリ協定を経てリチャード・ニクソン大統領は派遣したアメリカ軍を撤退させた。その後も北ベトナム+南ベトナム解放民族戦線と南ベトナムとの戦闘は続き、1975年4月30日のサイゴン陥落によってベトナム戦争は終戦した」と記載されていました。そして、今回、もう、かなり高齢のはずのキッシンジャーですが、なぜ、Baidu なのでしょうかね?  先日の、エリック・シュミットの北朝鮮訪問ともつながるのでしょうかね image

ーーーーー

<関連>

Google だけに優秀な頭脳を独占させない :Baidu が Cupertino オフィスをオープン
PRISM 特需? Google から DuckDuckGo へ、大量のユーザーが流失
中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる
Opera と Yandex の タッグ・チームが、Android エコシステムの再編を狙う!
Agile_Cat アジア 特集 : クリックすると元気が出てくるリンク集です!

Comments Off on キッシンジャー米元国務長官が、北京で Baidu トップと話したことは?

%d bloggers like this: