Agile Cat — in the cloud

World Wide Web が 25歳になった:世界への浸透率を1枚のチャートで確認する!

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 26, 2016
The Not So World Wide Web
Felix Richter – Aug 23, 2016
https://www.statista.com/chart/3512/internet-adoption-in-2015/
 
_ Statista
 
25 years ago, on August 23, 1991, a British computer scientist made the World Wide Web available to the public. Tim Berners-Lee, who was then working at CERN, could not have imagined the impact his actions would have on the world over the next two and a half decades. Honoring this milestone in the history of the internet, August 23 has become known as Internaut Day.
 
25年前の 1991年 8月 23日に、イギリスのコンピュータ科学者が、World Wide Web なるものを利用できるようにした。彼が、CERN で働くことになった Tim Berners-Lee であるが、その行動が、四半世紀にわたって世界に与えた影響を、想像することも無かっただろう。インターネットの歴史における、このマイルストーンを称えるために、8月23日は Internaut Day として認識されるようになった。
 
internet_adoption_in_2015Click to Large >>>
 
This chart shows how many people around the world use the internet.
 
However, even 25 years after what some call its inception, the World Wide Web is not nearly as universally available as its name suggests. According to the latest estimates by the International Telecommunication Union, a UN agency specializing in information and communication technologies, only 47 in 1oo world citizens use the internet these days.
 
しかし、World Wide Web の立ち上げから 25年も経過しているのだが、その名の通り、世界に広まったとは言えない。情報通信テクノロジーに特化した、国連の機関である International Telecommunication Union の最新調査によると、世界の人々の 100人に 47人だけが、インターネットを使用しているに過ぎない。
 
While internet access in regions such as North America and Europe has become a commodity not unlike electricity and running water, people in less developed regions often still lack access to what has arguably become the most important source of information of our times.
 
North America や Europe でのインターネット・アクセスは一般化しているが、電気や水道ほどではない。また、発展途上国の人々に関して言うなら、この時代における最も重要な情報源である、インターネットへのアクセスが欠落していることになる。
 
The chart below shows how widely internet penetration still varies across different world regions.
 
上記のチャートは、それぞれの地域における、インターネット普及率の格差を示している。
 
ーーーーー
research_55すでに 25年なのか、もう 25年 なのかは別にして、世界への浸透率は、まだまだの World Wide Web ですね。しかし、アジア/中東/アフリカ/南米には、大きな成長の余地が残されていると、捉えることも可能です。そして、このチャートでは、インターネット・アクセスに占める、モバイルの比率が分かりませんが、途上国では大半に相当するはずだと思えます。次の 25年で、どこまで広まるのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!
SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへ!
Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!
スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!
ニュース・メディアへの導線で Facebook が Google を上回る!
 

Comments Off on World Wide Web が 25歳になった:世界への浸透率を1枚のチャートで確認する!

欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

Posted in Advertising, Asia, Baidu, Google, Research by agilecat.cloud on August 24, 2016
Google Rules The West, Baidu Top In China
Martin Armstrong – Aug 11, 2016
https://www.statista.com/chart/5472/google-rules-the-west-baidu-top-in-china/
 
_ Statista
 
In the USA and Europe, Google absolutely dominates the search engine market with the likes of Yahoo and Bing left to play mere bit parts. From its Mountain View headquarters in California, Google can also lay claim to predominantly being the search market leader in the rest of the world.
 
USA や Europe では、Google が検索エンジンのマーケットを圧倒的に支配している。そして、Yahoo や Bing などは、このマーケットの一部を構成するに過ぎない。この、Mountain View, California に本拠を構える Google は、USA 以外のマーケットにおいても、絶対的なリーダーとして君臨している。
 
google_baiduClick to Large >>> 
 
This infographic shows search engine market shares based on traffic in July 2016
 
There are, however, some exceptions. In China, Baidu is the undisputed number one. In 2010, Google withdrew from the country due to censorship issues and has since then had no access to one of the largest advertising markets in the world. According to a forecast from the Statista Digital Market Outlook, 26.5 percent of all search engine advertising revenue is generated in China. That adds up to more than 24 billion US dollars.
 
しかし、いくつかの例外も存在する。China においては、Baidu が誰もが認めるナンバーワンである。検閲が問題となり、2010年に撤退してからというもの、この世界で最大の広告市場に Google はアクセスしていない。Statista の Digital Market Outlook によると、すべての検索エンジンにおける広告収入の 26.5% が、Chinaで発生していようだ。そして、この検索エンジン・マーケットに、$24 billion 以上の売上を上乗せしているのである。
 
More data on the development of the search engine market can be found in the free Statista market report ‘Digital Advertising: Search‘.
 
検索エンジン・マーケットの成長に関しては、Statista が提供する Digital Advertising: Search を参照して欲しい。
 
ーーーーー
AdBaidu のシェアと売上が、だんだんと明らかになってきました。そして、クラウド・アドの世界の住み分けが見えてきました。主として Google と Facebook で構成される、欧米のクラウド・アドの売上は $80 billion 〜 $90 billion 前後と言われていますので、Baidu の $24 が 26.5% に相当するという分析も、大まかなところで辻褄があっています。それにしても、中国市場の成長ぶりがスゴイですね。全体としての経済成長が鈍化している中国ですが、この Baidu と、Alibaba や Tencent などが、新しい経済を生み出しているのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google と Facebook と Baidu が Top-10:世界のディジタル広告売上ランキングとは?
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on 欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Huawei, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 19, 2016
The Apple of China has hit a wall
Jeff Dunn – Aug 16, 2016
http://www.businessinsider.com/xiaomi-smartphone-sales-china-market-share-2016-8
 
_ Business Insider
 
The so-called “Apple of China” is having a rough go of it.
 
いわゆる China の Apple が、困難に直面している
 
As this chart from Statista shows, Chinese manufacturer Xiaomi saw a 38.8% year-over-year decline in smartphone sales for its home country this past quarter. According to research firm IDC, shipments dipped from 17.1 million to 10.5 million, while its market share fell from 16% to 9.5%. Meanwhile, rivals Huawei, Oppo, and Vivo all saw big gains, which IDC attributes to stronger marketing campaigns and offline channel support.
 
Statista のチャートが示すように、China のメーカーである Xiaomi が、2016年 Q2 において、スマートフォンの売上を前年比で 38.8% も下落させている。調査会社である IDC によると、その出荷台数は 1,710万台から 1,050万台に減り、マーケット・シェアは 16% から 9.5% に下げている。その一方で、パワフルなマーケティング・キャンペーンと、オフラインでのサポートにより、ライバルである Huawei/Oppo/Vivo がシェアを伸ばしていると、IDC は伝えている。
 
smartphone_china
 
Statista
 
In any case, when it comes to its bread and butter, Xiaomi is a ways off from its former position as the world’s most valuable tech startup. One firm it is leading, however, is the Apple of, well, everywhere, as lagging iPhone SE sales gave Apple a 32% year-over-year drop.
 
Xiaomi の屋台骨である収益性の話だが、世界で最も価値のあるハイテク・スタートアップとしての路線から、大きく逸れているようである。しかし、その傾向にあるメーカーとして、世界でシェアを下げているのは Apple だ。iPhone SE の不調により、この China でも 32% もシェアを落としている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2以前から、Huawei と Xiaomi の位置が逆転すると言われていましたが、Oppo と Vivo も伸びているのですね。また、今年の1月には、「iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけ!」という抄訳をポストしています。それは、2015年 Q4 のシェアを分析するものですが、その中国でも、Apple は不振のようです。Agile Cat の周囲にも、Android を MVNO で使う人が増えてきていますが、それで良いと言われれば、それで良いツールなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した
iPhone の売行きに暗雲:8年間も続いた栄光の歴史が終わるのか?
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか?
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
Microsoft と Xiaomi の思惑が一致した:Windows 10 を走らせる最新タブレットとは?
 

Comments Off on Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

NEC と 機械学習:未知のサイバー攻撃を検出し、ダメージを最小に抑える

Posted in .Chronicle, Asia, Security by agilecat.cloud on August 9, 2016
NEC technology uses AI to automatically detect unknown cyberattacks
Networks Asia staff – Thursday, June 23, 2016
http://www.networksasia.net/article/nec-technology-uses-ai-automatically-detect-unknown-cyberattacks.1466614006
 
Networks_Asia
 
NEC Corporation has announced the development of a “system operations-visualization and anomaly-analysis technology” that uses artificial intelligence (AI) to automatically detect unknown cyber-attacks against social infrastructure and enterprise systems.
 
NEC Corporation が、システム運用の可視化と、異常分析のテクノロジーの開発について発表した。それは、社会インフラや企業システムに対する、未知のサイバー攻撃を自動的に検出するために、人工知能(AI)を用いるものとなる。
 
SecurityBlue Coat Photos
Flickr
 
The new technology learns (through machine learning) the normal state of OS-level operations (program start-up, file access, communications, etc.) for entire ICT systems, including PCs and servers. It then carries out real-time comparisons and analysis of current operations in the system’s normal state and automatically isolates particular points that deviate from the normal state by using system operation tools and Software-Defined Networking (SDN).
 
この新しいテクノロジーは、PC やサーバーを含む ICT システム全体において、機械学習を通して OS レベルの正常な状態 (プログラムの起動/ファイル・アクセス/通信など) を取得していく。続いて、学習されたシステムの正常状態と、運用中のシステム状態をリアルタイムで比較し、その違いを分析していく。そして、システム・オペレーション・ツールと SDN (Software-Defined Networking) を用いて、正常な状態から逸脱している特定のポイントを、システムから隔離していく。
 
Further, a detailed knowledge of the system behavior makes it possible to identify the extent of damage 90% faster than the time required in conventional manual investigation. Accurate anomaly detection and quick specification of damaged areas by the new technology minimize the damage from cyber-attacks and enable recovery without stopping an entire user-system.
 
さらに、システムの振る舞いに関する詳細なナレッジを用いて、被ったダメージの程度を、従来からの手作業による調査と比較して、90% も短縮した時間で識別する。この新しいテクノロジーが実現する、異常検出の正確さと、ダメージ・エリアの迅速な検出により、サイバー攻撃による被害を最小限に抑えること、そして、システム全体を停止せずに復旧することが可能になる。
 
“It is remarkably difficult for current cyber-attack countermeasures, which are carried out based on known attack methods, to protect systems against unknown attacks. The new technology, which is based only on subtle changes observed in OS-level behavior as a consequence of attacks, rather than on the attack methods, enables an innovative approach to deal with completely new cyber-attacks,” said Motoo Nishihara General Manager, Cloud System Research Laboratories, NEC Corporation.
 
NEC Corporation の GM of Cloud System Research Laboratories である Motoo Nishihara は、「現状において、サイバー攻撃への対策が著しく困難なのは、既知の攻撃手法をベースにして、未知の攻撃からシステムを保護しようとするからだ。この新しいテクノロジーでは、攻撃の手法を分析するのではなく、OS レベルでの振る舞いの、微妙な変化が観察される。それにより、未知のサイバー攻撃が対象であっても、対応が可能になるという、革新的なアプローチが実現される」と述べている。
 
NEC conducted trials of the technology on its in-house ICT system and found that it was able to detect all simulated attacks. Going forward, NEC will carry out trials on systems serving critical infrastructure, such as power plants and factories, aiming to commercialize the technology by the end of FY2016.
 
NEC は、社内の ICT システム上で、このテクノロジーのトライアルを実施し、すべての攻撃シミュレーションの検出が可能であったと述べている。これからのスケジュールであるが、NEC は発電所や工場などで、重要なインフラを提供するシステム上でトライアルと実施し、2016年度の終わりまでに、このテクノロジーの商用化を目指すという。
 
As part of its focus on Solutions for Society, NEC is pursuing the development of this technology and other advanced technologies that contribute to the enhancement of cyber security measures.
 
NEC は、Solutions for Society へのフォーカスの一環として、このテクノロジーや、他の高度なテクノロジーの開発を推進し、サイバー・セキュリティ対策の向上に寄与していくと述べている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2IoT が注目を浴びていますが、その前に解決すべきものとしてセキュリティがあります。そして、膨大な数のデバイスやセンサーのネットワークでは、何らかの自動化されたソリューションが必要になるでしょう。そのためには、ソフトウェアが状況を判断し、自身で操作し、その結果を学んでいくという、機械学習が最適なのは明らかです。これまでの、境界線の防御というソリューションだけでは、サーバー攻撃に耐えられなくなっています。NEC のテクノロジーに期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Shadow IT の調査: シャドウ IT アプリが、この2年間で 30倍にも増大している
サイバー攻撃の 60% にインサイダーが絡んでいる: IBM のデータを1枚のチャートで!
サービス・プロバイダーと暗号化:政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?
ウェアラブル と BYOD のポリシーが、企業の IT セキュリティに挑戦している
クラウドとデータの機密性:これからは、暗号化がトレンドになるのか?
 

Comments Off on NEC と 機械学習:未知のサイバー攻撃を検出し、ダメージを最小に抑える

Uber China と Didi Chuxing が統合される: それはタオルを投げ入れることに等しい?

Posted in Asia, Businesses, Uber by agilecat.cloud on August 2, 2016
Uber to merge with Chinese rival Didi in $35 billion deal
Matt Weinberger – Aug 1, 2016
http://www.businessinsider.com/uber-china-merges-with-didi-chuxing-2016-7
 
_ Business Insider
 
Uber China, the regional subsidiary of the car-hailing app juggernaut, is merging with Didi Chuxing — its biggest and most  formidable rival in the country — in a $35 billion megamerger, as first reported by Bloomberg’s Eric Newcomer.
 
絶対的な力を持つタクシー配車サービス、Uber の子会社である Uber China と、最も手強いライバルである Didi Chuxing が、$35 billion の価値を持つ統合にいたると、Bloomberg の Eric Newcomer が速報を投じた。
 
The details were disclosed in a blog post by Uber CEO Travis Kalanick that has been circulating on Chinese social media — you  can read the full blog post at the end of this article. The official announcement was expected to arrive as early as Monday.
 
Uber CEO である Travis Kalanick が、自身のブログ・ポストで詳細を伝え、その情報が China のソーシャル・メディア上を駆け巡っている。詳細については、文末に紹介する彼のブログ・ポストで確認できる。また、オフィシャルなアナウンスメントに関しては、早ければ月曜日に公表されるはずだ。
 
Kunming_Yunnan_ChinaWikimedia
 
Under the terms of the deal, Didi will make a $1 billion investment in Uber global at a $68 billion valuation, while Uber China’s investors will own 20% of the merged Chinese company,  which will be worth $35 billion.
 
今回の契約により、時価総額が $68 billion とされる Uber 本体に、Didi は $1 billion の投資を行う。その一方で、Uber China の投資家たちは、この統合される China 企業の、20% の株式を所有することになるが、その総額は $35 billion に至るという。
 
Uber China is a joint venture between the main Uber business, which owns the vast majority of it, the China-based internet giant Baidu, and other outside investors.
 
Uber China は、Uber 本体が最大の出資者となるジョイント・ベンチャーであり、その他の出資者としては、インターネット大手の Baidu などが挙げられる。
 
The Uber China business has long been an albatross around Uber’s neck: While Uber CEO Travis Kalanick has said the company is profitable in many markets, it has yet to turn a  profit in China, even as it lags behind the first-place Didi  Chuxing in the region.
 
Uber 本体にとって、Uber China は懸念の材料であると、これまで言われ続けてきた。そして、Uber CEO である Travis Kalanick は、「数多くの国々で、私たちのビジネスは成り立っているが、China 市場では Didi Chuxing に遅れを取り、利益を出すに至っていない」と述べている。
 
This essentially means Uber is throwing in the towel on its China operations.
 
つまり、この統合の本質を見れば、Uber が China での事業に関して、タオルを投げたことになる。
 
The news should come as some kind of relief to private-equity investors, who have   reportedly been pushing for some kind of truce between Uber China  and Didi Chuxing, as both companies pour in billions without  any profit to show for it.
 
このニュースは、未公開株に投資する人々を救済するものになるはずだ。伝えられるところによると、それらの投資家たちは、利益を無視して膨大な投資を続ける Uber と Didi に対して、なんらかの停戦協定が必要だと提言していたようだ。
 
Apple recently invested $1 billion in Didi Chuxing at a valuation that could have been $25 billion or higher. It remains to be seen whether this was the outcome that Apple was pushing  for with this investment.
 
最近になって、Apple は Didi Chuxing に $1 billion を投資しているが、それが $25 billion の価値に化ける可能性もある。ただし、今回の投資に関して、Apple がプッシュした結果でもあるのかどうかを、見守る必要があるだろう。
 
Uber was not immediately available for comment.
 
また、Uber からのコメントも、現時点では得られていない。
 
Here is a copy of Uber CEO Travis Kalanick’s blog post announcing the deal, which is circulating on Chinese social media and which was forwarded to Business Insider:
 
以下は、Uber CEO の Travis Kalanick が、自身のブログ・ポストで伝えた詳細であり、また、Business Insider に転送されたものでもある。この情報が China のソーシャル・メディア上を駆け巡っている。
 
Today we’re announcing our intention to merge Uber China with Didi Chuxing.
 
今日、私たちは、Uber China と Didi Chuxing の統合について、その意思を持っていることを発表する。
 
Three years ago I traveled to China with a small group of people to see if we might be able to launch Uber there. It was an ambitious idea, given that we were a relatively small start-up and no one there had ever heard of the company. Most of the people we asked for advice thought we were naive, crazy, or both.
 
三年前、私は何人かの人々と伴に China を訪れ、そこで Uber を立ち上げるという可能性について検討した。その結果として、小規模なスタートアップを立ち上げることになったが、その種の企業が China には無かったことを考えると、野心的なアイデアだったはずだ。アドバイスを求めた人々の大半が、私たちの楽観性とクレイジーさを感じていたと思う。
 
I came away with a different view. First, China is an amazing country and if you aspire to make “transportation as reliable  as running water, everywhere for everyone,” you can’t ignore a fifth of the world’s population. And second, as an entrepreneur, if you have the opportunity to build both Amazon and Alibaba at the same time, you’d be crazy not to try.
 
しかし、私の目論見は、次第にズレてきた。まず、Chia は素晴らしい国である。そして、「水の流れのように安定した移動のためのビジネスを、場所を選ぶことなく、すべての人に提供する」と熱望するなら、世界人口の 1/5 という規模を無視することはできない。言い換えるなら、Amazon と Alibaba を同時に手にするチャンスがあるにしても、それを選ぶ投資家はクレイジーだということだ。
 
Fast forward to today and Uber China — in just two years — has  exceeded even my wildest dreams. We’ve grown super fast and are now doing more than 150 million trips a month. This is no small feat given that most U.S. technology companies struggle to crack the code there. That’s why I’m so proud of what our amazing China team has accomplished.
 
Uber China は、わずが 2年の歴史であるが、今日までを振り返ると、私の想像を超えるものであった。それは、素晴らしいスピードで成長し、現時点で 1億5,000万回/月の利用という実績を持っている。ほとんどの US テック・カンパニーが、China でのビジネスに苦労しているという現状を考えると、小さな偉業とは決して言えないものである。私たちの素晴らしい China チームが達成したことを、私は誇りに思っている。
 
However, as an entrepreneur, I’ve learned that being successful is about listening to your head as well as following your heart.  Uber and Didi Chuxing are investing billions of dollars in China and both companies have yet to turn a profit there. Getting to profitability is the only way to build a sustainable business that can best serve Chinese riders, drivers and cities over the  long term.
 
しかし、起業家として私が学んできたことは、理屈だけを追いかけるのではなく、人々の心を理解することが、ビジネスの成功には不可欠ということだ。Uber と Didi Chuxing は、China で膨大な投資をしているが、両社とも利益を出すには至っていない。収益を得ることが、持続可能なビジネスを構築するための唯一の道である。それにより、China の顧客と運転手に対して、そして都市に対して、長期的なサービスの提供が可能となる。
 
I have no doubt that Uber China and Didi Chuxing will be stronger together. That’s why I’m so excited about our future, both in  China — a country which has been incredibly open to innovation in  our industry — and the rest of the world, where ridesharing is  increasingly becoming a credible alternative to car ownership.
 
Uber China と Didi Chuxing が統合されるなら、きわめて強固なビジネスが展開できると、私は確信している。この業界が示すイノベーションに対して、きわめてオープンな China という国で、両社が成功していく未来を、私は望んでいる。そして、その他の国々においても、自動車の所有から共有へという流れが、実現性のあるアイデアとして浸透している。
 
Travis Kalanick, CEO, Uber.
 
ーーーーー
Uber Logo先週にポストした、「Uber の中国進出がオフィシャルに認められる:そのための法体系は、世界で初の試みとなる!」という抄訳からも伝わってきますが、中国におけるタクシー配車サービスは、ものすごい勢いで成長しているようですね。あれだけの人口を抱える国ですから、自動車というものを所有から共有に置き換えれば、ものすごい経済効果が生じるはずです。Travis Kalanick がブログで述べているように、Uber が示すイノベーションに対して、きわめてオープンな中国に対して拍手です。そして、中国という市場の特殊性を理解し、Didi と共有していこうとする、Uber の英断にも拍手です。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!

Comments Off on Uber China と Didi Chuxing が統合される: それはタオルを投げ入れることに等しい?

Uber の中国進出がオフィシャルに認められる:そのための法体系は、世界で初の試みとなる!

Posted in .Chronicle, Asia, Uber by agilecat.cloud on July 29, 2016
Uber is officially legal in China
Avery Hartmans – July 28, 2016
http://www.businessinsider.com/uber-didi-legal-china-2016-7
 
_ Business Insider
 
It’s official: Uber and Chinese rival Didi Chuxing have the green light to operate in China.
 
China 政府が公式に認める:Uber および、そのライバルである Didi Chuxing に対して、同国での営業を認める青信号が灯った。
 
Bloomberg reports that the government plans to formally allow both companies to operate starting in November,  and wants to encourage the growth of the sharing economy in  China.
 
Bloomberg のレポートによると、China 政府は 11月から、この両社の運営を正式に許可し、同国におけるタクシー配車サービスを介して、成長を促進していく考えであるという。
 
China_ExpresswayImage -Wikipedia
 
The new laws do come with certain rules, however. Drivers for ride-hailing apps can’t have a criminal record, will have to  have three years of experience as a professional driver, and be  licensed by a local taxi regulator, according to The New York Times. Drivers also may not operate a vehicle with more than 600,000 kilometers (about 370,000 miles) on it.
 
ただし、そのための新しい法律には、一定の条件が加えられている。具体的に言うと、その配車アプリを利用する運転手に関しては、犯罪歴を持つ者は認められず、また、プロとして3年以上の経験が必要であり、地方都市のタクシー管理組織から提供されるライセンスが必要になると、The New York  Times が伝えている。そして、走行距離が60万キロ以上の車両は、利用できないという規定も付加されるようだ。
 
While both companies have been offering their services in China for years, the move by the Chinese government is important for several reasons. First, it creates a legal  framework for both ride-hailing services, something which countries in Europe and many states throughout the U.S. haven’t been able to figure out. The move also legitimizes the battle between Uber and Didi, who are bitter rivals in the fight to become the most popular ride-hailing app in the world’s biggest market.
 
この数年において、両社は China でサービスを提供してきたが、今回の China 政府の動きは、いくつかの点で、きわめて重要となる。まず、US と Europe が明確な指針が出せずにいた、タクシー配車サービスに関する法体系が作成されたことが挙げられる。また、この動きは、世界で最大の市場において、あらためてタクシー配車サービスを合法化するものになる。
 
Just last week, Uber investors called for a “truce” between the two companies. Investors are worried that the costly fight will damage both companies in the end, and reports say that investors between the two companies have talked  about a deal. Uber said in February that it’s losing more than $1 billion each year in China in its efforts to win over customers.
 
つい先週のことであるが、Uber の投資家たちは、両社間での「休戦」を呼びかけていた。つまり、この戦いが両社の負担を増大させ、ダメージを与えることを懸念した動きであり、また、両社の投資家たちが話し合いに入っているとも報告されていた。この 2月のことだが、Uber は China での戦いに勝つためには、年間で $1 billion 以上の支出を余儀なくされると述べていた。
 
ーーーーー
Uber Logo政治は規制しても、経済は開放していくという、中国政府のスタンスは明らかですね。この点だけを切り出して、日本と中国を比較すると、どちらが資本主義の国なのか、分からなくなってしまいます。この 5月に、「Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?」という抄訳をポストしましたが、Uber のグローバル展開はクラウド・プロバイダーにも大きな影響を及ぼすようです。ますます注目の、Uber ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
 

Comments Off on Uber の中国進出がオフィシャルに認められる:そのための法体系は、世界で初の試みとなる!

シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!

Posted in .Selected, AI ML, Asia, Government, Microsoft by agilecat.cloud on July 26, 2016
Singapore chats up Microsoft bots in smart nation initiative
Eileen Yu for By The Way – July 12, 2016
http://www.zdnet.com/article/singapore-chats-up-microsoft-bots-in-smart-nation-initiative/
zdnet-logo
Singapore is looking to tap artificial intelligence technology to enable more natural and simpler interactions with its e-government services.
 
Singapore では、電子政府サービスにおける自然で簡潔なインタラクションを実現するための、人工知能の活用に関心が集まっている。
 
Led by industry regulator Infocomm Development Authority of Singapore (IDA), the new initiative would see the use of Microsoft’s “conversations as a platform” pitch to explore opportunities in developing the country’s next-generation government services based on “conversational computing”.
 
この新たな取り組みは、Infocomm Development Authority of Singapore (IDA) という、産業政策のための組織に率いられ、Microsoft の Conversations as a Platform を用いられると予測されている。それは、会話のためのコンピューティングに基づき、同国における次世代の政府サービスを、発展させるチャンスを探求するものになる。
 
singaporeImage – pixabay
 
According to Singapore’s Minister for Foreign Affairs and Minister-in-Charge of Smart Nation Vivian Balakrishnan, IDA and Microsoft would co-develop “chatbots” to support selected public services. These intelligence software tools would assume the role of digital representatives, simulating human behaviour, and enable interactions that were more user-friendly and consistent, said the minister, who announced the new initiative at this week’s World Cities Summit.
 
Singapore の  Foreign Affairs と Smart Nation を率いる Vivian Balakrishnan によると、IDA と Microsoft が、いくつかの公共サービスをサポートするために、Chat Bot を共同開発するようだ。今週に開催された World Cities Summit で Balakrishnan は、それらのインテリジェントなソフトウェア・ツールは、人間の行動をシミュレートすることで、さらにユーザー・フレンドリーで、一貫性のあるインタラクションを実現する、デジタルによる窓口という役割を担う、と述べている。
 
New proof-of-concepts would be built to integrate conversational intelligence into public services, with efforts focused on making these more “anticipatory” and engaging for the general public.
 
一般市民に未来を提供し、より以上のエンゲージメントを得るために、会話のインテリジェンスを公共サービスに統合するための、新しい PoC (proof-of-concepts) が推進される。
 
“I believe there are more intuitive ways for government services to be delivered to our citizens,” Balakrishnan said. “Everybody expects responsive and personalised interactions in real-time. The recent quantum improvement of natural language processing means that ‘conversations’ will be the new medium.”
 
Balakrishnan は、「市民に提供されるべき行政サービスにおいて、より直感的な方法があると考えている。誰もが望むのが、リアルタイムで応答する、パーソナライズされたインタラクションである。このところの、自然言語処理における量子コンピューティングの進化により、新しいメディアとしての会話が成立するだろう」と述べている。
 
Microsoft CEO Satya Nadella said in a statement: “As everything around us becomes more digitised, conversations as a platform is a new shift that applies the understanding of human language to computers and computing, which can transform every industry.”
 
Microsoft の CEO である Satya Nadella は、「私たちを包み込む、すべてがデジタライズされるにつれて、コンピュータによる自然言語の理解を活用するための、会話のプラットフォームへと向けた新たなシフトが起こる。それにより、すべての業界に変革が起こるだろう」と述べている。
 
The software vendor added that its strategy here centred on the use of human language, artificial intelligence, and machine learning to improve computing interfaces and interactions. Using these technologies to power bots, services could be transacted within a conversation–be it spoken or text–rather than through the navigation of icons, webpages, or applications.
 
このソフトウェア・ベンダーは、コンピューティングにおけるインターフェイスとインタラクションを改善するために、自然言語/人工知能/機械学習の利用を、その戦略の中心に加えている。このテクノロジーがもたらすパワーをボットで用いることで、会話の中でトランザクションを実施するサービスが成り立つ。つまり、アイコンや Web ページやアプリケーションに換えて、音声やテキストによる操作が実現されるのだ。
 
Under the agreement with Microsoft, IDA would implement the proof-of-concept in three stages during which the chatbots would first tap a database to answer simple questions from users of selected e-government services. They then would be used to help users complete simple tasks and transactions on government websites. At the final third phase, the chatbots would have the capabilities to respond to personalised user queries.
 
今回の Microsoft との契約に基づき、IDA は三段階で PoC を実施していく。最初のステップでは、選択された電子政府サービス・データベースと Chat Bot を連携させ、ユーザーによる簡単な質問に答えていく。第二のステップでは、ユーザーのシンプルなタスクと、政府の Web サイト上でのトランザクションを処理することになる。第三のステップでは、パーソナライズされたユーザーのクエリーに対して、Chat Bot が応答していくことになるだろう。
 
The initiative also would assess support for multi-languages and multiple user age groups. The prototype would be developed and tested at Microsoft’s Centre of Excellence for digital transformation for government and industry.
 
今回の取り組みでは、複数の言語をサポートすること、そして、それぞれのユーザーの年齢層をカバーすることが評価される。政府と産業界におけるデジタル・トランスフォーメーションのために、Microsoft の Centre of Excellence で、プロトタイプの開発と試験が推進されるのだろう。
 
IDA had previously rolled out its own artificial assistant initiative, called Ask Jamie, across several government agencies.
 
これまでの IDA では、いくつかの政府機関をカバーするために、Ask Jamie と呼ばれる AI アシスタントの取り組みが進められていた。
 
ーーーーー
asia-pacific 2シンガポール政府が進めている政策として、Smart Nation というものがあります。その名の通り、国民自体がスマートになり、IT をフル活用するようになろうという試みのようです。地理的にコンパクトで、世界の IT 企業が進出しているシンガポールは、最先端のアイデアを実施するには、とても適した都市国家なのでしょう。この5月に、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」という抄訳をポストしましたが、ベースとなる ACCA のレポートによると、シンガポールは2位にランクされています。Microsoft の Cortana が、電子政府で活躍することになれば、とても先進的な事例が確立されます。成功して欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果をチャートで!
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用
 

Comments Off on シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!

アジア・チャンピォンの WeChat Pay が、ついに日本市場に参入してくる

Posted in Asia, Payment, Tencent by agilecat.cloud on July 12, 2016
Tencent partners to expand WeChat Pay in Japan
Joseph Waring – Jun 8, 2016
http://www.mobileworldlive.com/asia/asia-news/tencent-partners-to-expand-wechat-pay-in-japan/
 
mobileworldlive
 
Chinese internet giant Tencent is partnering with Japanese social data provider Hotto Link to roll out its WeChat Pay service to 10,000 stores in Japan by the end of the year.
 
China インターネット・ジャイアントである Tencent が、ソーシャル・データ・プロバイダー Hotto Link と提携し、この年末までに Japan の 10,000 店舗に WeChat Pay サービスを展開することになった。
 
WeChat PayAccording to Nikkei Asia Review, only a few Japanese stores have adopted WeChat Pay, which is targeted at Chinese travellers who account for a quarter of all visitors to Japan and spend a lot more than other groups.
 
Nikkei Asia Review によると、Japan で WeChat Pay を採用している店舗は少ないが、Japan への旅行者の約 1/4 を占める、China からの人々を対象にしたサービスになるという。
 
Tencent plans to expand to 20,000 stores in Japan and match China UnionPay cards, the most popular payment method for Chinese tourists in Japan, Nikkei reported.
 
Tencent は、Japan で提携する店舗を 20,000 まで拡大し、China UnionPay カードに対応させるという。このカードは、同国からの大半の旅行者が利用していると Nikkei は報じている。
 
The mobile payment service allows Japanese businesses to promote their products and service and offer discounts via Hotto Link’s page on WeChat. To get started, stores need to download an app on a tablet, which allows them to scan QR codes from customers’ smartphone screens. China Construction Bank handles clearing the transactions.
 
このモバイル・ペイメント・サービスは、WeChat の Hotto Link ページを介して Japan の企業が、プロダクトやサービスの提供を促進していけるとも述べている。このサービスを利用する店舗は、タブレットにアプリをダウンロードする必要があるが、それだけで顧客のスマフォ画面から、QR コードをスキャンできるようになる。また、そのトランザクションは、China Construction Bank により処理される。
 
WeChat Pay also is available in Thailand, Indonesia and Singapore, popular destinations for Chinese tourists.
 
WeChat Pay は、China の観光客に人気の、Thailand/Indonesia/Singapore でも利用できるという。
 
WeChat Pay, which is linked to China’s most popular WeChat messaging app, is used by more than 300 million users in China to pay for everything from taxi fares to convenience store purchases to utility bills. The payment service also works on China’s second-largest e-commerce platform, JD.com, in which Tencent has a 15 per cent stake. It is accepted at more than 300,000 stores in the mainland.
 
WeChat Pay は、China で最も人気のメッセージング・アプリ WeChat にリンクされ、China の 300万人以上のユーザーに利用されている。そして、電気や水道などの公共料金から、タクシーの料金にいたる、すべての支払いに対応している。また、このペイメント・サービスは、Tencent が 15% の資本を持つ、China で第二位のコマース・サイト JD.com でも利用できる。そして、China 本土では、30万以上の店舗で採用されている。
 
ーーーーー
Tencent中国からの旅行客を対象にした WeChat Pay の展開ですが、ついに日本のマーケットにも参入するようです。また、China UnionPay カードについては、以前に紹介していますが、アジアで最大のクレジット・カードとして君臨している存在です。為替レートに左右される、中国からの爆買いツアーが今後も続くなら、WeChat Pay + UnionPay での決済が、そこでのスタンダードになっていくのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用
アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化:年末までに 20TB のキャパシティを追加
 

Comments Off on アジア・チャンピォンの WeChat Pay が、ついに日本市場に参入してくる

%d bloggers like this: