Agile Cat — in the cloud

IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on September 6, 2016
Internet of Things (IoT): Technology Entering the Mainstream
Dick Weisinger – August 26th, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-technology-entering-the-mainstream/
_ formtek
The concept of the Internet of Things (IoT) was first introduced in 1999.  It’s taken seventeen years, but analysts are now beginning to declare that the vision has been realized and that IoT has now become a mainstream technology.
 
Internet of Things (IoT) の概念は、1999年に初めて紹介された。それから 17年の歳月が流れたが、いまではアナリストたちも、そのビジョンが実現され始め、主流のテクノロジーになったと宣言するようになった。
 
Renoir_3How are businesses using IoT?  Use cases include fleet management and remote vehicle monitoring, building automation, security, automating supply chains, and creating new connected home and usage based-insurance (UBI) products.
 
産業界では、どのように IoT を使用しているのだろうか? そのユースケースには、テレマティクスと遠隔車両監視や、自動化を構築、セキュリティ、サプライチェーンの自動化、スマート・ホーム、使用ベースの保険(UBI:usage based-insurance)などが含まれるはずだ。
 
A report that summarizes the state of IoT technology from Vodafone found that businesses that have invested in IoT are being rewarded.
 
Vodafone がまとめた IoT テクノロジーに関するレポートによると、産業界による IoT への投資が、すでに回収のフェーズに入っていることが分かる。
 
  • 63 percent of businesses with IoT report seeing “significant” returns
  • IoT adopters say that they can measure a 20 percent improvement in metrics like revenue, cost, downtime and utilization
  • 89 percent of businesses using IoT say they are increasing their IoT budgets this year
  • IoT makes up nearly one-quarter of IT budgets for businesses using IoT
  • 76 percent of businesses say that the use of IoT is critical for their business success
 
  • IoT を用いる企業の 63% が、大きな利益を得ていると報告されている。
  • IoT を採用している企業の測定によると、収益/コスト/ダウンタイム/活用などの指標において、20% の改善が達成されている。
  • IoT を活用する企業の 89%が、今年の IT 予算を増加していると発言している。
  • IoT を利用する企業においては、その IT 予算の 1/4 ほどが、IoT により占められている。
  • IoT を用いる企業の 76% が、ビジネスの成功において IoT が重要であると述べている。
 
Matt Hatton, CEO of Machina Research, said that “enterprises rolling out IoT initiatives within their organisations must set tight parameters around what they want to achieve and what success looks like.  Deploying IoT is complex and enterprises would benefit from having a third party not only to pull together the various elements of the proposition but also to act on their behalf in areas such as security, privacy and data management.”
 
Machina Research の CEO である Matt Hatton は、「組織内において、IoT への取り組みを展開する企業は、達成したいと考える成功の周辺に、とても厳格なパラメータを設定しなくてはならない。IoT の展開は複雑であるため、エンタープライズはサードパーティの協力を得ていくことになるだろう。それらのエンタープライズは、課題を達成するための要素を引き出すだけではなく、セキュリティ/プライバシー/データ管理などの領域を改善していく」と述べている
 
Erik Brenneis, Vodafone’s Director of IoT, said that “three-quarters of the companies we interviewed now recognise that the Internet of Things is a new industrial revolution that will change how people work and live forever, and almost half the companies surveyed across multiple countries and sectors told us they’re already planning to bring connected network intelligence to millions of devices and processes over the next two years. 2016 is the year the Internet of Things entered the mainstream.”
 
Vodafone の Director of IoT である Erik Brenneis は、「私たちがインタビューした企業の 3/4 が、将来における人々の仕事と生活を変えていく IoT を、新しい産業革命だと認識している。そして、複数の国々や部門において、調査の対象対象となった企業の約半数が、これからの 2年間において、大量のデバイスとプロセスを接続するための、インテリジェントなネットワークを計画している。つまり 2016年は、IoT が主流になった年なのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayこの文脈からは、「IoT に取り組むことで、ネットワークがインテリジェントなものになり、さまざまな切り口で、効率というものが改善されていく」、というニュアンスが感じられます。この Agile Cat の IoT カテゴリを見ると、どちらかと言うと、IoT の時代のネットワークに関連するトピックが集められています。すべてのトラフィックをクラウドに集めるよりも、何らかの分散を考えるほうが、明らかに効果的であり、また、安全であると思えてきます。集約から分散へ向けた、静かな揺り戻しが始まっているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: このマーケットの売上は、$12 B から、2024年の $50 B に成長していく
SaaS の調査:スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している
Cloud の調査:データセンターの電力消費量は、どのように推移していくのか?
Cloud の調査: 2016年 Q1 のパブリック・クラウドは、記録破りの成長を達成したようだ!
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
 

Comments Off on IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる

%d bloggers like this: