Agile Cat — in the cloud

IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!

Posted in .Chronicle, IoT by agilecat.cloud on September 1, 2016
Internet Of Things To Use Fog Computing For More Efficiency Than Cloud Computing
Wednesday, August 3, 2016 7:54 AM UTC
http://www.econotimes.com/Internet-Of-Things-To-Use-Fog-Computing-For-More-Efficiency-Than-Cloud-Computing-243795
 
econotimes
 
The Internet of Things will start relying more on Fog computing in order to meet the demands of efficiency that is becoming more difficult to fill with current, conventional means. Cloud computing simply cannot offer the same level of computing speed and response time that the IoT will require, but Fog computing can.
 
IoT は、これまでの発想では満たすことのできない、効率への要求を追求するために、フォグ・コンピューティングへの依存度を高め始めている。クラウド・コンピューティングでは、IoT で必要となるスピードとレスポンスを提供できないが、フォグであれば、それも可能になる。
 
Morning FogMorning Fog.Nature
Landscapes/YouTube
 
Tech Crunch notes how IoT is quickly becoming more like the Internet of Everything or IoE, and how the future is starting to look like a futuristic sci-fi movie where the lives of people revolve around a centralized digital interface. In any case, getting to this point will require processing and computing speeds that Fog computing is perfect for, and this is thanks to its decentralized processing architecture.
 
テック・クランチは、IoT から IoE 的なものへと向けた、急速な変化が起こっていると指摘している。そして、未来の人々の生活が、センタライズされたデジタル・インターフェースを中心に展開するという、SF 映画のような光景を示唆している。いずれの場合においても、そのような状況に到達するには、フォグ・コンピューティングにとって最適な、処理と計算のスピードを要求し、また、そのための分散処理アーキテクチャが必要になるだろう。
 
In terms of how processing works with Cloud computing, it offers a huge pocket of processing capability, which makes it perfect for providing IoT with the kinds of storage presence that it needs in order to draw terabytes of information from. However, Cloud computing also suffers from a slower response time because it is essentially a huge mass, which makes it sluggish.
 
クラウド・コンピューティングにおいて、どのようにプロセスが機能するのかと考えるなら、処理能力の巨大なポケットが提供されるという表現になるだろう。それは、テラバイト・レベルの情報を取り出すために必要な、最適のストレージとしての存在感を、IoT に提供するものになる。しかし、クラウド・コンピューティングは、その巨大な質量が本質的に緩慢さをもたらすため、レスポンスの遅延という問題に苦しんでいる。
 
In comparison, Fog computing is a far more fractured system, which can determine which processes require the most attention. This allows for a faster response time, which is critical in areas like medicine or engineering.
 
クラウドとの比較において、フォグ・コンピューティングが遥かに厄介なシステムとなるのは、は、最も注意を必要とするプロセスを取り扱うためである。つまり、医療や工学などの分野において重要な、素早いレスポンスに対応するものとなる。
 
In the IoT Agenda website, Fog computing is described as a feature where “computing resources and application services are distributed in the most logical, efficient place at any point along the continuum from the data source to the cloud.” It basically takes specific information from the bulk that is Cloud storage in order to reduce the amount of time to find said information and then transport it to its destination. It might only be a few seconds or milliseconds of difference, but the impact can be huge, particularly in life and death situations.
 
IoT Agenda という Web サイトはフォグ・コンピューティングについて、「データ・ソースからクラウドへと向けて連続する、あらゆる効果的なポイントにおいて、最も論理的に分散されたコンピューティング・リソースを提供し、また、アプリケーション・サービスを提供するものである」と定義している。フォグは、ここで説明する情報というものを、検索するための時間を短縮しなだら、ディスティネーションへと転送するために、クラウド・ストレージというデータの固まりから、特定の情報を取得するものでもある。それにより短縮される時間は、ほんの数秒、もしくは、ミリ秒かもしれないが、人の生死に関わる状況では、その差が大きなものになる。
 
ーーーーー
IoTこのところ、だんだんと、フォグ・コンピューティングに関する記事が増えてきました。IoT におけるフォグの解説なので、クラウドとの差異が強調されていますが、だからといって、クラウドが不要だという話ではありません。もう少し、具体的なユースケースが紹介されるようになれば、フォグ・コンピューティングのイメージが掴みやすくなると思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
 

Comments Off on IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!

%d bloggers like this: