Agile Cat — in the cloud

Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!

Posted in AI ML, Cisco, Network, Security by agilecat.cloud on August 25, 2016
Cisco amps up network security with new cloud system and machine learning softwa
Teena Maddox – July 11, 2016
http://www.techrepublic.com/article/cisco-amps-up-network-security-with-new-cloud-system-and-machine-learning-software/
 
techrepublic
 
At the 2016 Cisco Live event on Monday, Cisco CEO Chuck Robbins announced a new cloud policy management system and software to provide better network security for enterprise customers.
 
この月曜日 (7/11) に開催された 2016 Cisco Live で、同社の CEO である Chuck Robbins が発表したのは、エンタープライズのために改善されたネットワーク・セキュリティを提供するための、新しいクラウド・ポリシー管理システムとソフトウェアである。
 
The Cisco Defense Orchestrator is a cloud-based portal that connects on-ground infrastructure and pulls it into the cloud. The Defense Orchestrator allows for security policy analysis, policy orchestration and automation, as well as monitoring and reporting to simplify policy management from the cloud.
 
cisco_chuckCisco CEO Chuck Robbins at Cisco Live 2016.
Image: Cisco
 
それが Cisco Defense Orchestrator と呼ばれるクラウド・ベースのポータルであり、現場のインフラを接続し、それらとクラウドに取り込むものである。そして、セキュリティ・ポリシー分析や、ポリシーのオーケストレーションと自動化を達成し、さらには、クラウドからのポリシー管理を簡素化するための、モニタリングとレポートの機能を実現する。
 
“We’ve got this deployed with early customers. We find customers have different policies across their entire network,” Robbins said. The Orchestrator, however, will give them consistent security management from the cloud and allow users to react to emerging threats faster.
 
Robbins は、「すでにアーリー・ステージの顧客に対して、すでにデプロイメントが開始されている。そして、私たちは、ネットワーク全体を、異なるポリシーで管理している顧客を探しているところだ」と述べている。そして、Orchestrator は、クラウドから一貫したセキュリティ管理を提供し、顧客が遭遇する新たな脅威に対して、迅速な対応を可能するものでもある。
 
“When you see a critical threat, you need to be able to move quickly,” Robbins said.
 
Robbins は、「重大な侵害が見つかれば、それを、迅速に切り離す必要があるはずだ」と述べている。
 
In the morning’s second announcement, Robbins said that Cisco is using advanced machine learning to detect threats. The Cisco Stealthwatch Learning Network License is a simple software upgrade that gives organizations the ability to determine where the most advanced threats are within their network, no matter how deep it goes.
 
この日の二つ目の発表において、Cisco はセキュリティ上の脅威を検出するために、高度な機械学習を使用していると述べた。その Cisco Stealthwatch Learning Network License は、シンプルなソフトウェア・アップグレードとして提供され、顧客に対して新たな機能を提供するものとなる。具体的に言うと、顧客のネットワーク内に潜み、破壊力を最も高めている脅威を、あらゆる深度において見つけ出す能力が提供されるという。
 
“Perimeter security isn’t sufficient any more,” Robbins said.
 
Robbins は、「境界線を保護するだけのセキュリティでは、もはや十分な対処が不可能になっている」と発言している。
 
cisco_stealthImage: Teena Maddox TechRepublic
 
The announcements were made to the more than 28,000 attendees at Cisco Live, which is being held at the Mandalay Bay Conference Center and runs through July 14. The company will touch on a variety of topics throughout the week, including IoT, drones, connected cities, and the cloud.
 
一連のアナウンスメントは、Mandalay Bay Conference Center で 7月14日までを回開催された Cisco Live で、28,000名の参加者に対して発信された。同社は、IoT/ドローン/コネクテッド・シティ/クラウドなどを含む、さまざまなトピックに触れていた。
 
“A year ago I joked technology had moved from the basement to the boardroom. But now technology is fundamentally the strategy of every organization,” Robbins said.
 
「テクノロジーは地下室から役員室へと移動すると、一年前に冗談を言った。しかし、いまやテクノロジーは、すべての組織における戦略の基本となった」と、Robbins は発言している。
 
Innovation in technology has to start at the top, whether it’s a CEO of a company, a mayor of a city, or the prime minister of a country, Robbins said.
 
そして彼は、テクノロジーにおけるイノベーションは、企業の CEO や、自治体の市長、または国家の首相といった、トップから始まっていると述べている。
 
“We hit an inflection point in 2015,” Robbins said. “We moved through this time where we were discussing what it was, what is IoT, IoE, digitization, what is it. We’ve moved to a place now where every organization is trying to understand what does it mean to me, what does it mean to us, and what should we be doing in the context of all the technology that is available.”
 
さらに彼は、「私たちは、2015年に、進むべき方向性の変化に遭遇した。その時期をくぐり抜けながら、私たちは、これまでの事につて、そして IoT/IoE/ディジタライゼーションについて、議論を重ねてきた。そして、私たちがたどり着いた場所は、個人にとって、また、社会にとって意味のあるものを、それぞれが理解しようとする世界だった。言い換えるなら、あらゆるテクノロジーの文脈の中で、私たちが進めるべきものが、実現されていく世界である」と述べている。
 
Robbins also talked about Cisco’s push to acquire companies, mentioning that Cisco has already acquired more than 190 companies, and 15 of those have happened since he became CEO in May 2015. Recent acquisitions include Jasper Technologies.
 
Robbins は、Cisco における企業買収についても触れた。同社は、これまでに 190h社以上の企業を買収してきたが、彼が CEO に就任した 2015年5月以来、その数は15社に昇るという。もちろん、直近の買収は、Jasper Technologies である。
 
“Jasper is the largest commercially-available IoT platform in the world. There are currently 31 million devices connected to Jasper. That’s a good start. We’re adding a million a month right now. As an example, there are 8 million connected vehicles on the Jasper platform today. This is a really important acquisition for us,” Robbins said.
 
「Jasper は、世界で最大の 商用 IoT プラットフォームである。現時点で、Jasper は 3100万のコネクテッド・デバイスを有している。それは、私たちにとって素晴らしスタート・ポイントであり、また、いまは 100万/月のペースで、デバイスが追加されている。たとえば、現時点で 800万のコネクテッド・カーが、Jasper にはある。つまり、私たちにとって、きわめて重要な買収なのである」と、Robbins は述べている。
 
After an acquisition, knowing when to integrate it quickly, or keeping it separate is key. With the acquisition of Lancope, they quickly integrated it in order to hone Lancope’s Stealthwatch product into the one that Cisco announced today.
 
なんらかの買収が行われた後には、素早く統合するのか、もしくは、別々の状況を維持するのかというという判断が、とても重要になる。たとえば、Lancope の買収の場合は、今日の Cisco がアナウンスしたように、そのプロダクトの中に Lancope の Stealthwatch を統合するという判断が下された。
 
“Our acquisition strategy is core. It’s core to our overall innovation strategy,” Robbins said.
 
「私たちの買収戦略は、コアに直結するものになる。つまり、その事自体が、全社的なイノベーション戦略の中核なのだ」と、Robbins は述べている。
 
Innovation will likely continue at Cisco, with the company spending $6 billion annually on R&D, and with $2.2 billion invested in startups around the globe, he said.
 
Cisco では、R&D に年間で $6 billion を費やし、また、世界中のスタートアップに $2.2 billion を投資することで、そのイノベーションが継続されるとも、Robbins は発言している。
 
Last August, Apple and Cisco announced a strategic partnership for iOS enterprise users. At the keynote, Robbins said he’s often asked what happened to that deal and for its status. He said, “Well, we went to work. We’re almost ready to launch.”
 
昨年の 8月に、Apple と Cisco は、エンタープライズ iOS ユーザーのために、戦略的パートナーシップを発表した。今回のキーノートで Robbins は、その契約の内容や状況について質問されることが多いと説明していたが、「両社は協調しており、立ち上げの準備がほぼ整ってきた」とも発言している。
 
Apple CEO Tim Cook appeared in a video at the keynote, and mentioned the Cisco partnership, but didn’t give specifics on the partnership, other than mentioning Cisco’s new Spark app and how it will integrate with the iPhone and iOS 10.
 
キーノートには、Apple の CEO である Tim Cook もビデオで出演し、Cisco とのパートナーシップについて述べている。しかし、Cisco の新しい Spark アプリが、iPhone と iOS10 に統合されると言及したのみであり、それ以外のパートナーシップについては、詳細は提供されていない。
 
As reported in ZDNet, Cisco’s third quarter earnings were better than expected, with fiscal third quarter earnings of $2.3 billion, or 46 cents a share, on revenue of $12 billion. Although, that’s down from $12.1 billion during the same period the previous year. Excluding the company’s divested video business, sales were up 3%. Non-GAAP earnings were 57 cents a share, two cents ahead of expectations.
 
ZDNet がレポートしたように、Cisco の業績は予想を上回るものとなっている。同社の会計年度 Q3 (2月〜4月) は、$12 billion の売上と、$2.3 billion の純利 (1株あたり46セント) となるが、前年同期の $12.1 billion と比べると、若干のダウンとなる。同社が売却したビデオ事業を除くと、売上高は 3% ほど増加している。また、Non-GAAPベースの利益は、1株あたり 57 セントであり、予想を  2セント上回っている。
 
ーーーーー
Cisco文中の、「テクノロジーは地下室から役員室へ」という話は、最近のトレンドを表す、とても面白い表現だと思います。先週に、「NEC と 機械学習:未知のサイバー攻撃を検出し、ダメージを最小に抑える」という抄訳をポストしていますが、大まかなところで、同じ方向性を示しているように思えます。未経験のサイバー侵害を、クラウドと機械学習により防ぐという、この Cisco のソリューションに注目ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google や Microsoft などから出資を取りつけた!
 

Comments Off on Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!

%d bloggers like this: