Agile Cat — in the cloud

Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on July 18, 2016
SoftBank’s $32 bln ARM bet gives investors a shock
Katrina Hamlin July 18, 2016
http://blogs.reuters.com/breakingviews/2016/07/18/softbanks-31-bln-arm-bet-gives-investors-a-shock/

_ reuters

The author is a Reuters Breakingviews columnist. The opinions expressed are her own.
 
Masayoshi Son’s “crazy ideas” are alive and well. The conglomerate led by the Japanese tech tycoon is buying UK chip designer ARM Holdings in an all-cash deal worth $32.2 billion, according to multiple reports. It is an expensive bet on Son’s vision of a future where everything is connected and computerized – the so-called “Internet of Things”. For investors who thought the Japanese conglomerate was focusing on paying down debt, it is a painful jolt.
 
Masayoshi Son の、クレージーなアイデアは健在だ。いくつかの報道によると、この Japan のテック・タイクーンが率いるコングロマリットは、$32.2 billion のキャッシュを揃えて、UK のチップ・デザイナーである ARM Holdings の買収を進めている。Son の未来のビジョンにおける大きな賭けは、すべてがコネクトされコンピュータライズされる、いわゆる Internet of Things の世界で展開される。この、Japan のコングロマリットが、借入金の返済を進めると思った投資家にとって、それは痛みを伴う衝撃である。
 
SoftbankImage Flickr
MIKI Yoshihito
 
In recent months SoftBank has sold $10 billion of stock in Chinese e-commerce giant Alibaba and raised $7.3 billion by selling “Clash of Clans” maker Supercell. Buying the British tech group that supplies almost all the blueprints for chips used in smartphones will suck up all of those proceeds, and more. The deal dashes any hope that SoftBank might reduce net debt which reached $54 billion at the end of March – almost four times the company’s EBITDA – not including its struggling U.S. telecoms subsidiary Sprint.
 
この数カ月の間に Softbank は、China の大手コマース・サイト Allibaba の株式を $10 billion で売却し、また、Clash of Clans の メーカー Supercell 株を $7.3 billion で売却している。そして、この売却益以上のものが、ほぼすべてのスマートフォン・チップのデザインを提供する、UK のテック・ループの買収に吸い上げられていく。今回の契約により、3月末に $54 billion に達した有利子負債を、Softbank は軽減したいとが考えているはずだ。ただし、その金額は、同社の EBITDA (税引前利益に、特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値) の 4倍であり、なおかつ、US で苦労している Sprint の財務を含むものではない。
 
Son is adding chips to the Japanese group’s already sprawling portfolio at a time when the semiconductor industry is changing quickly. Though smartphones account for the bulk of ARM’s royalty revenues, growth of handset sales has peaked. The British company is now investing in new business lines which embed communications technology in everything from fridges to watches to tractors. ARM reckons these connected devices could generate as much revenue as mobile phones by 2020.
 
半導体業界が急速に変化したときから、この Japan のグループにおける広大なポートフォリオの中で、すでに Son は掛け金を積み上げていた。ARM のロイヤルティ収益においては、いまはスマートフォン・チップが大部分を占めているが、その売上高における成長は、すでにピークに達している。そして、この UK 企業は、冷蔵庫や、腕時計や、そしてトラクターに至るまでの全てに、コミュニケーション・テクノロジーを埋め込むための、新たな基幹事業に投資しているところだ。ARM の目論見によると、それらのコネクテッド・接続されたデバイスは、2020年までにスマフォと同程度の収益を生み出すとされる。
 
ARM’s diversification remains a work in progress, however. The company has also warned that macroeconomic uncertainty could hurt consumer and enterprise spending this year. That makes the offer price of 17 pounds per share – a 43 percent premium on Friday’s closing price and a multiple of 48 times next’s year earnings – look a bit rich.
 
ARM における多様化は、いま進化している状態である。しかし、同社は、マクロ経済の不確実性により、消費者と企業の支出が、今年は損なわれる可能性があると警告している。マーケットで提供される同社の株価は、一株当たり 17 pound であり、金曜日の終値に 43% のプレミアムが乗せられている。そして、マルチプル・レシオは、来年の収益の 48倍という、リッチな状況である。
 
An unpredictable chairman is another reason to insist on a big discount for the Japanese group, which only last month abruptly parted ways with heir apparent Nikesh Arora, the former Google executive. At the time Son said he wanted to stick around for at least another five years and “work on a few more crazy ideas”. Investors were warned.
 
予測不可能な行動をとる会長の存在は、この Japan グループの評価に影響をおよぼす、もう一つの理由である。つい先月のことだが、Google から迎え入れ、後継者とされていた、Nikesh Arora との決別が表面化している。そのとき Son は、少なくとも 5年間は経営の指揮を取り、いくつかのクレージーなアイデアを実現したいと、投資家たちに警告を発していた。
 
This piece has been refiled to update the value of the deal and details of the offer in the headline and throughout the piece.
 
ーーーーー
IoTSB-ARM驚きました! 正直なところ、「ARM って買えちゃうのですね」という感じの話ですが、それだけ、$32.2 billion のキャッシュが強烈なのでしょう。世界も大注目のトピックであり、Google で [ Softbank ARM ] を検索すると、こんな感じでニュースが続々という状況です。それにしても、孫さんの考えることは、とてもダイナミックです。Sprint では苦労しているようですが、これでは終わらないぞという、メッセージが伝わってきます。この先の展開に、興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
ARM と サーバー市場:2020年には シェア 20% を獲得すると豪語している!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?
ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る
 

Comments Off on Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?

Posted in API, On Monday, PaaS by agilecat.cloud on July 18, 2016
Serverless Architecture: The Cloud is Killing Open Source
Dick Weisinger – July 13th, 2016
http://formtek.com/blog/serverless-architecture-the-cloud-is-killing-open-source/
_ formtek
Serverless architecture. It’s the promise of products like Amazon AWS Lambda.  The idea is that it’s not that there it doesn’t require servers and hardware, it’s a higher abstraction that thinks about computing resources as services rather than hardware, virtual machines or containers.
 
サーバレス・アーキテクチャとは、Amazon AWS Lambda などのプロダクトが約束するものだ。ただし、この発想は、サーバーとハードウェアが不要になると、言っているわけではない。コンピューティング・リソースを、ハードウェア/仮想マシン/コンテナというより、サービスとして捉えることで、抽象レベルを引き上げるものとなる。
 
Seurat_10Amazon AWS explains it as follows:  “Serverless architectures allow you to build and run applications and services without having to manage infrastructure. There’s a lot of undifferentiated heavy lifting to be building and running applications, such as installing software, managing servers, coordinating patch schedules, and scaling to meet demand.  Your application still runs on servers, but all the server management is done for you… Serverless architectures can make it easier to build, manage, and scale applications in the cloud by eliminating much of the heavy lifting involved with server management.”
 
Amazon AWS は、「サーバレス・アーキテクチャでは、インフラ管理を必要とすることなく、アプリケーションやサービスの構築/実行が可能になる。アプリケーションの構築と実行においては、区分されていないハードワークが沢山ある。ざっと見渡すだけでも、ソフトウェアのインストール/サーバーの管理、パッチ・スケジュールの調整/需要に応じたスケーリングなどが、すぐに浮かび上がってくる。あなたのアプリケーションは、いまもサーバー上で走っているだろうが、そのために、すべてのサーバー管理が必要とされている。サーバレス・アーキテクチャは、サーバー管理に関するヘビーなものを大胆に排除することで、クラウド・アプリケーションの構築/管理/スケーリングが容易になる」と説明している
 
Matt Assay, open source evangelist, recently wrote: “Open source is dead. The cloud has killed it. Maybe “dead” is too strong… all signs point to the convenience of cloud supplanting the convenience of open source in the hearts of developers. Why? Because cloud is just that much more convenient, and new services like Amazon Web Services’ Lambda take that convenience to extreme—and welcome—levels.
 
オープンソース・エバンジェリストである Matt Assay は、「オープン・ソースは死ぬ。クラウドが、それを殺す。おそらく、それは大量死というレベルのものだ。すべての兆候が示すのは、開発者が抱くオープンソースの利便性に、クラウドの利便性が取って代わるという展開である。なぜだろう?その理由は、クラウドの方が、かなり便利であるからだ。そして、Amazon Web Services の Lambda のような、新しいサービスは極端に便利なものであり、また、歓迎されるレベルに達していると思われる」と、つい先日に述べている
 
ーーーーー
On Monday原文では、Kill という表現が用いられていますが、ちょっと穏やかなものに変えてしまいました。たしかに、サーバレスの時代になると、かなり抽象度が上がることになり、開発者に求められるものも変わってくるのでしょう。そして、クラウドへの移行というフェーズが終了し、クラウド・ネイティブの時代が始まると、サーバレスという考え方が広まっていくのでしょう。先日にポストした、「AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!」という抄訳で、No Public IaaS が激減していくという、Morgan Stanley の調査結果を紹介しましたが、なんらかの関連性があるのかもしれません。このサーバレスのトレンドには、これから注目していきたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
サービス・プロバイダーが暗号化に走る:政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
nternet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
 

Comments Off on Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?

%d bloggers like this: