Agile Cat — in the cloud

アジア・チャンピォンの WeChat Pay が、ついに日本市場に参入してくる

Posted in Asia, Payment, Tencent by agilecat.cloud on July 12, 2016
Tencent partners to expand WeChat Pay in Japan
Joseph Waring – Jun 8, 2016
http://www.mobileworldlive.com/asia/asia-news/tencent-partners-to-expand-wechat-pay-in-japan/
 
mobileworldlive
 
Chinese internet giant Tencent is partnering with Japanese social data provider Hotto Link to roll out its WeChat Pay service to 10,000 stores in Japan by the end of the year.
 
China インターネット・ジャイアントである Tencent が、ソーシャル・データ・プロバイダー Hotto Link と提携し、この年末までに Japan の 10,000 店舗に WeChat Pay サービスを展開することになった。
 
WeChat PayAccording to Nikkei Asia Review, only a few Japanese stores have adopted WeChat Pay, which is targeted at Chinese travellers who account for a quarter of all visitors to Japan and spend a lot more than other groups.
 
Nikkei Asia Review によると、Japan で WeChat Pay を採用している店舗は少ないが、Japan への旅行者の約 1/4 を占める、China からの人々を対象にしたサービスになるという。
 
Tencent plans to expand to 20,000 stores in Japan and match China UnionPay cards, the most popular payment method for Chinese tourists in Japan, Nikkei reported.
 
Tencent は、Japan で提携する店舗を 20,000 まで拡大し、China UnionPay カードに対応させるという。このカードは、同国からの大半の旅行者が利用していると Nikkei は報じている。
 
The mobile payment service allows Japanese businesses to promote their products and service and offer discounts via Hotto Link’s page on WeChat. To get started, stores need to download an app on a tablet, which allows them to scan QR codes from customers’ smartphone screens. China Construction Bank handles clearing the transactions.
 
このモバイル・ペイメント・サービスは、WeChat の Hotto Link ページを介して Japan の企業が、プロダクトやサービスの提供を促進していけるとも述べている。このサービスを利用する店舗は、タブレットにアプリをダウンロードする必要があるが、それだけで顧客のスマフォ画面から、QR コードをスキャンできるようになる。また、そのトランザクションは、China Construction Bank により処理される。
 
WeChat Pay also is available in Thailand, Indonesia and Singapore, popular destinations for Chinese tourists.
 
WeChat Pay は、China の観光客に人気の、Thailand/Indonesia/Singapore でも利用できるという。
 
WeChat Pay, which is linked to China’s most popular WeChat messaging app, is used by more than 300 million users in China to pay for everything from taxi fares to convenience store purchases to utility bills. The payment service also works on China’s second-largest e-commerce platform, JD.com, in which Tencent has a 15 per cent stake. It is accepted at more than 300,000 stores in the mainland.
 
WeChat Pay は、China で最も人気のメッセージング・アプリ WeChat にリンクされ、China の 300万人以上のユーザーに利用されている。そして、電気や水道などの公共料金から、タクシーの料金にいたる、すべての支払いに対応している。また、このペイメント・サービスは、Tencent が 15% の資本を持つ、China で第二位のコマース・サイト JD.com でも利用できる。そして、China 本土では、30万以上の店舗で採用されている。
 
ーーーーー
Tencent中国からの旅行客を対象にした WeChat Pay の展開ですが、ついに日本のマーケットにも参入するようです。また、China UnionPay カードについては、以前に紹介していますが、アジアで最大のクレジット・カードとして君臨している存在です。為替レートに左右される、中国からの爆買いツアーが今後も続くなら、WeChat Pay + UnionPay での決済が、そこでのスタンダードになっていくのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用
アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化:年末までに 20TB のキャパシティを追加
 

Comments Off on アジア・チャンピォンの WeChat Pay が、ついに日本市場に参入してくる

%d bloggers like this: