Agile Cat — in the cloud

Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!

Posted in Network, On Monday by agilecat.cloud on June 27, 2016
Internet Speeds: A Race For Faster Access
By Dick Weisinger – June 22nd, 2016
http://formtek.com/blog/internet-speeds-a-race-for-faster-access/
_ formtek
Internet speeds are growing by leaps and bounds.  AT&T is in the middle of implementing their ultra-fast fiber-based GigaPower Network in San Francisco and San Jose areas.  Select communities within those metro areas will see speeds of up to 1 gigabyte per second.  Other service providers like Verizon have similar fiber plans in the works.  Google Fiber is also slowly bringing fast speeds to select communities across the United States.
 
インターネットの速度が、飛躍的に成長している。AT&T は San Francisco と San Jose で、超高速光ファイバ・ベースである GigaPower ネットワークを実装している最中だ。それらの、メトロ・エリア内の選ばれたコミュニティは、1G Byte/秒という速度を目の当たりにするはずだ。その他のサービス・プロバイダである Verizon も、ファイバに関する同様の計画を持っている。また、Google Fiber も、ゆっくりとした展開ではあるが、米国各地の選ばれたコミュニティに対して、高速の回線を提供している。
 
Renoir_1But rollout of the infrastructure needed for ultrafast fiber networking will take some time.  Other options that may be cheaper and quicker to implement are also showing up.
 
超高速光ファイバ・ネットワークで必要とされる、インフラの展開には時間がかかる。だが、それを乗りこえ、より安価で、より迅速に調達するための、他の選択肢も提示されている。
 
For example, a startup called Starry is introducing a device called a Starry Point that can receive and transmit internet communications to a nearby central rooftop unit.  The rooftop unit is able to communicate to devices within a one kilometer range and one rooftop unit can support 600 to 900 customers.  The cost of the Starry station installed in each home is about $25 compared to a cost of nearly $2500 to wire a single home with fiber.  The Starry technology is expected to be able to transmit at speeds from 300 megabytes per second to as high as one gigabyte.
 
たとえば、スタートアップである Starry が提供する、Starry Point というデバイスは、屋上に設置された手軽なユニットを用いて、インターネット通信を送信することができる。この Starry Point は、1つの屋上ユニットで、1km の範囲内にいる 600〜900人の顧客をサポートできる。それぞれの家庭にインストールするときのコストだが、Starry ステーションは $25 であり、戸建ての家にファイバを引き込む時の $2500 と比べると、きわめて安価であることがわかる。また、Starry のテクノロジーが達成する通信速度だが、300 M Byte 〜 1G Byte の範囲になるという。
 
Yet another small company, Sckipio Technologies, based in Israel, announced their solution called G.fast that uses new technology called Dynamic Bandwidth Allocation (DBA).  DBA can turn existing coax phone lines into broadband transmitters that can reach as high as 1.5 gigabits per second in each direction.  The technology is exciting because it would allow fast connections without requiring the expensive rewiring of buildings.  AT&T and Canadian operator Telus both are interested in the technology.
 
この分野には、他にもスタートアップがいる。Israel ベースの Sckipio Technologies は、Dynamic Bandwidth Allocation (DBA) という新しいテクノロジーを用いた、G.fast という名のソリューションを発表している。DBA とは、既存の同軸電話回線をブロードバンド送信機に変換し、双方向で 1.5 G Byte の通信速度を達成するものだ。このテクノロジーは、高価である物理的な再配線を必要とせずに、高速の接続を実現する点が素晴らしい。AT&T と Canada の Telus が、このテクノロジーに興味を持っている。
 
ーーーーー
On MondayStarry Point も G.fast も、すぐにでも使ってみたいテクノロジーですね。Agile Cat の環境は Flets を使う Usen で、常に 70M くらいが出ているので、それなりに満足しているのですが、300M とか 1G とか聞いてしまうと、早く使えるようになりたいと思ってしまいます。そして、このようなテクノロジーは、IoT の普及にも欠かせないものとなります。現時点において、地球上では 1820 Tera Byte のデータが、1分ごとに生成されているそうですが、あと数年で Zetta レベルへと上昇するのでしょう。そのようなデータ量を、エッジでハンドリングするためには、文中で紹介されているようなテクノロジーが必要になるはずです。速くて、安くて、面倒のないインターネット接続の時代になっていきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
 

Comments Off on Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!

%d bloggers like this: