Agile Cat — in the cloud

Instagram のロゴ変更と、それを批判するメディアの姿勢に思うこと

Posted in .Chronicle, Advertising, Instagram, Weekend by agilecat.cloud on June 25, 2016
Media criticizing Instagram’s new look is a travesty. Can they shut up? Please?
Terence Lee – May 12, 2016
https://www.techinasia.com/instagram-logo-change-adweek
 
_ tech in asia
 
Instagram unveiled a new logo Wednesday, and a member of the media is calling it “one of the biggest design fails of the year.” The brand’s famous skeuomorphic icon, a virtual representation of a physical camera, was beloved almost universally, and is one of the most instantly recognizable logos in tech.
 
この水曜日 (5/11) に、Instagram が新しいロゴを発表したが、数多くのメディアたちが「デザインにおける今年の最大の失敗」と酷評している。このブランドの、物理的なカメラの模倣した有名なアイコンは、不偏的に愛されていたと言っても過言ではないだろう。そして、ハイテク業界の中でも、一目で認識できるロゴでもあったはずだ。
 
instagram-logo-old-newFor some inexplicable reason, the media went hysterical over this, as if the sky was falling, or Trump had won the presidency.
 
なんらかの不可解な理由により、メディアがヒステリックに批判しているが、それは、あたかも空が落ちてきたとか、トランプが大統領になったとかの、類のものである。
 
“It’s a very forgettable image that will get lost on people’s phones amid the thousands of other similarly uninspired designs of most tech apps,” writes Adweek’s Tim Nudd. The word “will” is telling. It seems to indicate arrogance, as if the writer has a crystal ball into the minds of phone users, which he clearly doesn’t. In fact, Instagram likely knows more about its users than Tim does.
 
たとえば、Adweek の Tim Nuddは、「無数のハイテク・アプリが、このような平凡なデザインなデザインを用いており、スマフォ・ユーザーの印象に残らないイメージになってしまうだろう」と述べている。この「印象に残らない」という言葉が、すべてを物語っている。彼は明記こそしていないが、あたかもスマフォ・ユーザーの心の動きを占っているかのようで、いささか傲慢に感じてしまう。実際のところ、Instagram は Tim Nudd よりも、ユーザーたちについて知っているはずだ。
 
If only he had paused to consider that Instagram can damn well do whatever it wants with its logo. If only he had considered that this is inconsequential in the larger scheme of things. Uber’s logo “travesty”? Long forgotten.
 
Instagram が、そのロゴを上手く使いこなしてきたことを、彼は考慮していないだけなのかもしれない。また、もっと大きなビジネス・スキームがあるのに、ロゴなど些細なものだと、彼は考えているのかもしれない。Uber のロゴは、まがい物なのだろうか? そんなことは、時間が経てば忘れられてしまう
 
As often happens with logo redesigns by big brands, the media stands ready to criticize it. Throwing tomatoes at the door of a big corporation garners plenty of attention.
 
大手ブランドがロゴをデザインし直すとき、メディアたちが批判のために立ち上がるというのが常である。そして、注目を集めるために、そのドアにトマトを投げつけるのだ。
 
Granted, the media survives on clicks. It needs to take advantage of controversy. It’s fundamental to our business model. The question then becomes, how far do we go? Shout too much, we lose readers and credibility. Play it too safe, we bore our readers.
 
確かに、メディアというものは、クリックを得て生き長らえる。したがって、論争を活用する必要がある。それが、私たちのビジネス・モデルの基本である。しかし、どこまでやるのかという疑問が生じてくる。あまりにも叫びすぎると、私たちは読者との信頼を失う。あまりにも安全に進めれば、読者を退屈させてしまう。
 
In the end, it’s about making sure that our content adds value in some way and that we stop chasing the obvious beats and go after the novel.
 
結局のところ、何らかの方法で、コンテントに対して価値を加えることを、着実に進めなければならない。したがって、私たちは、明らかな批判で追い回すことを止めて、さらに新しいことを考えていく必要がある。
 
Unfortunately, the media’s beat downs of every major logo change have proven to be largely forgettable. Attempts to breathe significance into them come across as desperate.
 
残念なことに、大手のロゴ変更に対するメディアの批判は、忘れられ去られがちだということが判明している。つまり、絶望的な印象を与えることで、大きく息を吸おうとしているだけなのだ。
 
It’s not exactly baffling when you think about it: the media itself is in a desperate situation, in which digital ad rates have been plummeting, forcing publications to seek out other lifelines to replace lost print revenue.
 
なにも、あなたを困惑させようとして、こんなことを書いているのではない。デジタル広告のクリック率が急落し、メディア自体が絶望的な状況にあるのだ。その圧力が、失われた印刷物からの収益を置き換える、他のライフラインを模索させているのだ。
 
Lower cost-per-click means writers have to work harder to drive more clicks, which leads to throwaway content. There’s no going back to the good ol’ days. And until the industry finds an answer to its business model dilemma, we just have to get used to more clickbait and less credibility.
 
CPC (cost-per-click) の低下が、ライターたちにハード・ワークを強要し、より多くのクリックを得るように働きかける。その結果として、三文記事が量産される。古き良き日に戻ることはできない。そして、この産業が、ビジネス・モデルのジレンマに対する答えを見つけるまで、信ぴょう性の薄い釣り記事を受け入れなければならない。
 
ーーーーー
weekend先月ですが、Instagram のロゴが、いつの間にか変わりました。たしかに、以前のデザインには、誰しも馴染みがあるため、最初は違和感が漂いますが、企業が生き残っていくためには、ロゴのデザインはとても重要な要素なのでしょう。そして、この記事は、さらに一歩踏み込んで、こうした題材を取り扱うメディアの姿勢に言及しています。この4月のことですが、香港のメディアである South China Morning Post (SCMP) を Alibaba が買収しました。その結果として、これまでの有料コンテンツが無償になるとかで、ユーザーにとっては有り難い話なのですが、このような老舗までが、ビジネス・モデルを変え無ければならないという現実に、寂しさを感じてしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ソーシャル と パブリッシャー: 米国編:新しい情報発信モデルの凄まじい実態!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向をチャートで!
Apple が Twitter を始めた! みんなで、@AppleSupport を使ってあげよう!
 

Comments Off on Instagram のロゴ変更と、それを批判するメディアの姿勢に思うこと

%d bloggers like this: