Agile Cat — in the cloud

アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?

Posted in .Selected, Asia, Businesses, Research by agilecat.cloud on June 7, 2016
APAC is third most expensive region for public cloud
Networks Asia staff – March 16, 2016
http://www.telecomasia.net/content/apac-third-most-expensive-region-public-cloud
 
_ Telecom-Asia
 
The US is the cheapest market for the public cloud, according to 451 Research’s latest Cloud Price Index report which analyzes the variances in cloud pricing across the world.
 
451 Research が提供する、最新の Cloud Price Index レポートによると、パブリック・クラウドを最も安価に利用できるのは US マーケットとなる。ちなみに、このレポートは、グローバルにおけるクラウド市場の、価格を分析している。
 
The findings show that US pricing is the most competitive globally while users pay, on average, between 7% and 19% more to host the same application in Europe and 14% to 38% more in Asia-Pacific, depending on the complexity of the application.
 
この調査結果は、US におけるクラウドの料金体系が、グローバルで最も競争力を持っていると示している。その一方で、Europe は、同じアプリケーションをホストする場合で、平均的なユーザー支出額が 7%〜19% ほど上積みされ、Asia-Pacific の場合は 14%〜38% ほど高額になる。なお、パーセンテージに幅が生じるのは、アプリケーションの複雑さに応じてとなる。
 
Sultan_MosqueWikipedia
 
Latin America is the most expensive region – 38% higher on average than the US with a far greater variation in prices, in part because it has the most limited selection of providers.
 
最も高価になる地域は Latin America であり、そのパーセンテージは US に対して 38% 増しとなる。 このように大きな差がつくのは、プロバイダーの選択という意味で、大きな制約があるからだと思われる。
 
Reflecting global pricing cuts from AWS and Microsoft in early 2016, 451 Research also announced that the Cloud Price Index has dropped by 6% since October 2015. While this is good news for users, 451 Research analysts note that it is nowhere near the double-digit drop that many users might expect given recent headlines.
 
2016年の初めに、AWS と Microsoft がグローバルで価格を引き下げたことを反映して、2015年と比較して Cloud Price Index が 6% ほど低下したと、451 Research は表明している。それはユーザーにとって朗報であるが、最近の報道から期待されていた、二桁の価格引き下げとは程遠いだろうと、451 Research のアナリストたちは指摘している。
 
451 Research’s index measures the price change across a range of cloud services, and encourages buyers to consider the costs of all their cloud services, not just virtual machines. For example, the Cloud Price Index object storage price has remained at the same level for 18 months, and, because of data gravity, 451 Research believes this will become an increasing expense for users.
 
451 Research のインデックスは、クラウド・サービス全般に関する価格の変動を測定し、仮想マシンだけを対象にするのではなく、クラウド・サービスの全体的なコストを検討するよう、ユーザーに奨励している。たとえば、この Cloud Price Index におけるオブジェクト・ストレージの価格は、18ヶ月間も同じレベルで推移しているが、その理由としてデータの重要性が挙げられている。つまり、将来においてユーザーの負担増が生じてくると、451 Research は確信しているのだ。
 
Despite the average premium pricing outside the US, 451 Research’s study unearthed one cloud provider that bucked the trend by offering services in Europe and Latin America that are cheaper than average US prices.
 
また、US 国外では平均価格が高騰しているにかかわらず、Europe や Latin America におけるサービスを、US の平均よりも安価に提供することでトレンドを掴んだ、クラウド・プロバイダーがいることも、451 Research は明らかにしている。
 
The range of costs reflects a higher premium for large applications, composed of compute, storage, platforms and support, compared to simpler virtual machines. Analysts believe these discrepancies are due to skills shortages, compounded by an SME market willing to pay more for support when implementing complex applications.
 
なお、このインデックにおけるコストの範囲は、コンピューティング/ストレージ/プラットフォーム/サポートで構成される、大規模でプレミアムなアプリケーションのケースと、シンプルな仮想マシンのケースを比較したものとなっている。また、アナリストたちは、スキルの不足に起因する矛盾が生じているとも述べている。つまり、SME マーケットで複雑なアプリケーションを実装するとき、より多くのサポートが望まれ、その結果として支払額が大きくなるという妥協が生じるのだ。
 
CIOs pay a ‘protection premium’ to use in-country or in-region services – rather than the cheaper option of US services – to ensure compliance with local regulations; to improve performance by bringing applications closer to users; and to take advantage of local customer service.
 
そして CIO たちは、それぞれの国々や地域での運用を円滑にするため、US における安価なオプション・サービスよりも高額な、保険としてのプレミアム料金を支払うことになる。具体的に言うと、ローカル法規のコンプライアンスを遵守や、パフォーマンス改善のためにユーザーとアプリケーションを近づけること、そして、ローカル・サービスを利用した顧客サービスなどが挙げられる。
 
Legislation including Safe Harbor, the Patriot Act and the new US-EU Privacy Shield agreement.
 
一連の法的な対策として、Safe Harbor/Patriot Act/US-EU Privacy Shield なども考慮しなければならない。
 
Dr. Owen Rogers, Research Director of 451 Research’s Digital Economics Unit and the report’s author commented, “When evaluating cloud providers, enterprises should consider how they will take advantage of variances in prices in the short and long-term to cut costs.”
 
451 Research Digital Economics Unit の Research Director であり、このレポートの作者でもある Dr. Owen Rogers は、「クラウド・プロバイダーを評価する際に、エンタープライズが検討すべきことは、短期的/長期的な視点でコストを削減しながら、それぞれの価格の差異を、うまく利用するための方法となる」と述べている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2451 Research の Cloud Price Index ですが、アプリケーションの規模によるコスト比較という記事を、今年の初めに訳していたことを思い出しました。その時には、北米だけを対象にしていましたが、調査範囲をアジアなどにも広げていくと記されていました。有料のレポートなので、詳細を把握することが出来ませんが、とても興味深い調査を実施しているようです。パブリック・クラウドというカテゴリーでも、地域によって随分と差が出るものなのですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
 

Comments Off on アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?

%d bloggers like this: