Agile Cat — in the cloud

アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?

Posted in Asia, Data Center Trends, IoT, Network by agilecat.cloud on June 30, 2016
Are Asia’s data center networks ready for the IoT avalanche?
Karl Horne, CTO Asia Pacific, Ciena – May 4, 2016
http://www.mis-asia.com/blogs/blogs/are-asias-data-center-networks-ready-for-the-iot-avalanche/
 
_ MIS
 
Asia Pacific is set to become the frontline for the Internet of Things (IoT). The number of things connected is expected to grow from 3.1 billion to 8.6 billion by 2020, according to IDC.
 
Asia Pacific は、Internet of Things (IoT) の最前線に立つはずである。IDC によると、接続されるモノの数は、現在の 31億から、2020年には 86億に増大すると予想される。
 
AsiaImage – Wikipedia
 
Momentum is building fast, thanks to a combination of both enterprise and government investment. For example, a few months ago, Singapore became one of the world’s first cities to join a two-year standardization project by the ITU. The project will scope the diverse needs of smart sustainable cities in areas such as the management of electromagnetic fields, smart water management, climate change mitigation and adaptation, intelligent buildings, open data, cybersecurity and data protection. Private enterprise will be the other major IoT driver in Asia, with the manufacturing, healthcare and logistics sectors expected to be early adopters.
 
企業と政府による投資が順調に進んでいることで、この地域で IoT を構築していく動きは素早い。Singapore を例にすると、ITU による 2年間の標準化プロジェクトに、数カ月前に参加することを決めているが、それは世界をリードする展開でもある。このプロジェクトは、スマートな都市を持続していくためのニーズを、いくつかの領域において明確にしていくものだ。それらは、電磁場や水質の管理から、気候変動の緩和や適応に始まり、インテリジェント・ビル/オープン・データ/サイバー・セキュリティ/データの保護・管理にまで至る。その一方で、Asia の IoT を推進するのは民間企業であり、製造/医療/物流などの分野が、アーリー・アダプターになると期待されている。
 
The data center network can make or break an IoT deployment
 
It is recognized that IoT will generate huge amounts of data, whose storage, analysis and transport will have a significant impact on its success. On the surface, it appears that steps are already being taken with numerous new data centers being built across Asia. However, the power of a data center is dependent on the network that interconnects it with other data centers as well as end devices. Sufficient levels of bandwidth must be made available to send data from the “thing” to the data center, as well as between distributed data centers due to distributed computing and storage architectures, to accomplish meaningful analysis.
 
IoT は大量のデータを生成するため、その保存/分析/転送の実現方式に、大きな影響を与えると認識されている。表面上は、Asia に構築されている新しいデータセンター群を用いて、その運用が始まっているかのように見える。しかし、データセンターのパワーが依存するのは、他のデータセンターおよびエンド・デバイスと相互接続するネットワークである。モノからデータセンターへ向けて、データを送信するためは、十分な帯域幅が必要となる。それと同様に、分散されたコンピューティング/ストレージのアーキテクチャで構成される、分散されたデータセンター間で、意味のある分析を達成しなければならない。
 
Asia’s data centers need the right interconnectivity to cope with these growing workloads but they are far from ready. In fact, a recent Ciena-IDC survey revealed that in Singapore and Korea, which have the fastest data centers in the region, only 40% of data centers had network connections faster than the minimum IoT requirements of 1Gbps, while in Thailand and China the figure is one in three.
 
Asia のデータセンター群は、成長していくワークロードに対応するために、適切な相互接続性を必要とするが、その準備が整っているとは言えない。最近の Ciena-IDC の調査では、Asia において最速のデータセンターを持っているのは、Singapore と Korea であることが明らかになった。しかし、IoT の最低要件となる 1Gbps のネットワーク接続を持っている Asia のデータセンターは 40% に過ぎず、Thailand と China にいたっては、1/3 程度となっている。
 
Life or death applications need high-speed, low-latency data center interconnect
 
For IoT applications like automated driving and logistics, huge amounts of sensor data are constantly being sent, received and analyzed by systems in the vehicle and data center. Once driverless cars become practical – which could be as soon as 2020 -data center networks will need to transmit in near real-time to manage traffic flow and prevent collisions. Advances in coherent optics have paved the way to successfully transmit data at rates of 100G and much higher, over almost any distance, dramatically improving data center network performance.
 
自動運転や物流などの IoT アプリケーションでは、膨大な量のセンサデーターが送信され、それを受信するデータセンターからは、分析済のデータが返信されていく。2020年と予測される自律走行車が実用化されると、交通の流れを管理し、衝突を防止するために、データセンター・ネットワークの送受信は、ほぼリアルタイムというレベルが要求される。コヒレント光学系の進歩は、ほぼすべての伝送路で 100G 以上のデータ転送レートを確立し、データセンター・ネットワークの性能を、劇的に向上させることに成功している。
 
Healthcare, another important driver for IoT in Asia, has similarly mission-critical network needs. A patient whose vital signs are being constantly monitored by remote hospital staff could end up in a life-threatening situation if information cannot travel across the network in a reliable and timely manner. Situations like this show why highly reliable and low-latency networks optimized for IoT traffic will be necessary to interconnect Asia’s data centers.
 
Asia の IoT において、もう一つの重要な推進力はヘルスケアであるが、こちらの場合も、ネットワークに対する、ミッション・クリティカルなニーズがある。もし、ネットワーク上の情報が信頼性に乏しく、また、定められた時間内に移動できないようなら、遠隔地の病院スタッフがモニタリングするバイタル・サインにより、患者は生命が脅かされる状況にもなり得る。Asia のデータセンターを相互接続する、IoTトラフィックに最適化された、高信頼性で低遅延のネットワークが必要なことを、このような事例が示している。
 
Critical infrastructure systems need carrier class service assurance
 
A high degree of network and service assurance is needed to connect data centers running critical government infrastructure systems, like smart grids and emergency alert systems. A carrier-class network will help eliminate the network connectivity concerns of data center operators and ensure mission-critical traffic can be successfully transported in alignment with application requirements.
 
政府機関にとって重要なインフラ・システムである、スマート・グリッドや緊急警報システムなどを運用するためには、ネットワークとサービスに対する保証のレベルが、データセンター接続において必要とされる。キャリア・クラスのネットワークであれば、データセンター事業者が持つネットワーク接続の問題を排除できるだろう。そして、アプリケーション要件に適したミッション・クリティカルなトラフィックが、正常に流れることになる。
 
IoT data security must protect data at rest as well as in flight
 
One of the most significant concerns that enterprises have about IoT is assurance of data security. With a tremendous amount of highly sensitive and personal data being interchanged every day, IoT can present a number of security risks that could be exploited to harm both businesses and consumers. This information might include financial transactions, personal records, and corporate data that is often business critical and confidential, creating a requirement to ensure network connections are trusted, reliable, and secure – often requiring an added level of encryption.
 
エンタープライズがIoTについて持っている、最も重要な問題にデータ・セキュリティの確保がある。IoT では、きわめてセンシティブで膨大なデータが、毎日のようにやり取りされる。したがって、それらが悪用されると、企業と消費者の双方に両方に損害をもたらす、セキュリティ・リスクのが増大することになる。それらの情報には、重要性と機密性の高い、金融取引/個人情報/企業データなどが含まれる場合があるため、信頼性/安全性が約束されたネットワーク接続が必須であり、また、 多くのケースで暗号化も追加されるだろう。
 
While encryption and stringent rules for access to stored data are widely employed to protect against intrusions, advances in networking equipment can also deliver low latency, in-flight data encryption. This provides increased protection for data from the moment it leaves one data center to the moment it reaches its destination.
 
保存されたデータにアクセスするには、データの転送路における暗号化と、低レイテンシを実現するネットワーク機器上で、厳格な暗号化とルールが用いられ、不正な侵入と戦うことになる。それにより、ただちにデータ保護のレベルが高まり、データセンター間でのデータ移行も瞬時に行われる。
 
In short, existing data center networks could become a bottleneck to IoT and face a number of interconnect challenges, such as latency, service assurance and security. Fortunately, the latest data center interconnect (DCI) solutions can effectively address these issues. With IoT presenting a tremendous growth opportunity for industry in Asia in the near term, enterprises and data center operators should ensure that their DCI systems are robust enough to handle the data avalanche that will follow.
 
要するに、既存のデータセンター・ネットワークは、レイテンシの問題やサービス/セキュリティの保証などにおいて、IoT のボトルネックとなる可能性がある。幸いなことに、最新の DCI (Data Center Interconnect) ソリューションは、これらの問題に対して効果的に対処することができる。IoT は短期間のうちに、Asia の産業に対して驚異的な成長の機会を提示する。そして、エンタープライズやデータセンター事業者は、雪崩のように押し寄せるデータの流れを制御するための、十分に強固な DCI システムを確かなものにしなければならない。
 
ーーーーー
asia-pacific 2訳してみて気になったのが、日本が入っているのかどうかという点でした。いくつかの調査では、Asia Exept-Japan という地理的範囲が用いられる場合もあるので、文中のリンク先も調べましたが、そのような記述はありませんでした。それぞれの国における相対的な比較なので、主要なデータセンターが 1Gbps 以上をサポートしても、データセンターの数が多ければ、その比率が下がるということもあり得るはずです。また、少し視点が異なりますが、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」における、Broadband Quality の項目も興味深いです。この月曜日にポストした、「Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!」という抄訳は、ISP が提供するネットワークを高速化していくテクノロジーが紹介されていましたが、ネットワーク全体のグレードが、IoT をキッカケにして底上げされていきそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
2015 Infrastructures: アジアのインフラ投資が、グローバルな潮流を生み出す
激変のインターネット人口動態: インドが4億人に達し、二位のアメリカを追い抜く!
NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに! 北米/東南アジアとの距離が削られていく!
 

Comments Off on アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?

サーバー・セキュリティにおいて、自動化が必須となる理由を説明しよう

Posted in AI ML, Research, Security, Strategy by agilecat.cloud on June 28, 2016
Why automation is the key to the future of cyber security
By Gabby Nizri, CEO Ayehu | Thursday, May 5, 2016 – 23:40
http://www.networksasia.net/article/why-automation-key-future-cyber-security.1462462851
  
_Network Asia
 
In 2015 there were 781 publicized cyber security breaches which resulted in more than 169 million personal records being exposed – a number that’s steadily on the rise year over year. And with notable names like BlueCross, Harvard and Target being tossed into the mix, it’s obvious that no company is safe. Yet, only 38% of organizations across the globe can confidently say they are prepared to handle a sophisticated cyber-attack.
 
2015年には、781件のサイバー・セキュリティ侵害があったと公表されている。この、1.69億人以上にもおよぶ、個人の記録が漏洩したという数字は、前年比で着実に増加していることになる。そして、BlueCross/Harvard/Target といった著名な組織が混乱に陥ったことで、安全な企業など存在しないという事実が突きつけられている。さらに言うなら、狡猾なサイバー攻撃に対処するための、準備が整っていると自信を持って宣言できるのは、グローバルな組織の 38% に過ぎないとされる。
 
Security AutomationImage Wikipedia 
 
The numbers don’t lie. Cyber criminals are becoming savvier and their attacks are increasing faster than companies can keep up. Furthermore, it’s becoming increasingly evident that traditional methods, like anti-malware software, are no longer sufficient to keep sensitive data safe. To address this glaring need, many forward-thinking IT executives are fortifying their cyber security strategy using automation as a tool for greater defense.
 
数字は嘘をつかない。サイバー犯罪者たちは抜け目なくなり、また、その攻撃のスピードに企業が追い付くことが困難になってきている。そして、マルウェア対策ソフトウェアのような伝統的な方法では、機密性の高いデータを保持するのに、もはや十分でないことが明らかになってた。この明白なニーズに対処するために、多くの IT 担当役員たちが前向きに取り組んでいるのは、さらなる防衛のためのツールとしてオートメーションを用いる、サイバー・セキュリティ戦略である。
 
Perhaps even as recent as a decade ago, the majority of organizations were adequately prepared for cyber-attacks. Today IT is up against advanced persistent threats (APTs) and, more importantly, these attacks are being spearheaded not by human assailants, but by automated bots – droves and droves of them.
 
おそらく、10年前と同様に、大部分の組織はサイバー攻撃に対して、いまも十分な準備を整えている。しかし、いまの IT は、APT (advanced persistent threats:高度な持続性を持った攻撃) に直面しており、それらの波状的な攻撃が、人間ではなく自動化されたボットにより引き起こされていることが重要な論点となる。
 
Simply put, IT personnel are no match for such intensive, sustained attacks. Not only are humans incapable of keeping up with the sheer volume of incoming threats, but their ability to make quick and highly-impactful decisions to manually address such an attack is equally inefficient. This is why automation is becoming such a powerful and effective component of cyber security incident response. To combat the onslaught of incoming threats, organizations must employ an army of equivalent strength and sophistication.
 
簡単に言うと、このような集中的/持続的な攻撃に対して、IT 担当者は歯が立たない。外部からの膨大な量の攻撃に対して、人間の能力が追い付かないだけではなく、このような攻撃に対処するための、迅速で的確な意思決定を行う能力についても、同じような問題が発生してしまう。そこに、サイバー・セキュリティ・インシデントに対応するための、強力で効果的な要素として、自動化が浮かび上がる理由がある。組織は、侵入してくる脅威の猛攻撃に対抗するために、同等の強度と洗練性を持った戦力を配備しなければならない。
 
Essentially, it’s fighting fire with fire – the battle of the good bots against those that aim to do your business harm.
 
この戦いは、ビジネスに被害を与えるボットに対して、善良なボットで対応するという、毒をもって毒を制すという戦いである。
 
So what’s holding companies back? Well, for starters, there are a number of concerns around incorporating automation into cyber security:
 
したがって、躊躇する企業もあるだろう。とは言え、サイバー・セキュリティへの自動化は必須であるため、それに取り組む際に検討しておくべき、いくつかの懸念についてリストアップしておく。
 
Loss of Control – In many instances, the biggest hurdle to automation is simply a perceived loss of control. In reality, the right automation tool can actually provide a greater level of visibility and enhanced oversight into the entire cyber security process.
 
多くのケースにおいて、自動化における最大のハードルは、制御が見えなくなるというシンプルなものである。しかし、適切な自動化ツールは、全体的なサイバー・セキュリティ・プロセスにおいて、高度なレベルの可視性を達成し、監視能力を強化していく。
 
Lack of Trust  It’s easy for a highly-skilled human worker to feel as though they are more capable of managing incident response than a machine could. Distrust of technology can be an incredibly big hurdle to overcome, but ultimately – given the shift in type, frequency and complexity of attacks – it’s a futile argument.
 
セキュリティに精通した人々は、インシデント対応の管理において、マシンより優れていると捉えるのは、とても容易なことである。テクノロジーへの不信感は、この問題を克服するための大きなハードルになり得る。しかし、最終的には攻撃の種類/頻度/複雑さが前提となるため、それも無益な議論だろう。
 
Fear of Change  Perhaps the biggest misconception of automation is the idea that its adoption spells the certain demise of the human workforce. What will happen when technology takes over the IR process? Will the IT department be replaced by robots? The fact is that while automation is certainly changing the way people work, its creating just about as many opportunities as it is eliminating them. To address these perceived disadvantages, there are a number of significant truths about automation’s role in cyber security.
 
おそらく、自動化の採用における最大の誤解は、人間による作業が否定されるという点に集約されるだろう。テクノロジーが IR (incident response ) プロセスを引き継ぐとき、何が起こるのだろうか?IT 部門は、ロボットにより置き換えられるのだろうか?実際のところ、自動化により人々の仕事が変化していくことになる。つまり、消えていく作業の分だけ、新しい作業が発生していくのだ。人間による理解という問題に対処するため、自動化されたサイバー・セキュリティの役割には、いくつかの重要な機能が含まれている。
 
Uniform Strength  No military leader would march onto the battlefield with an army that is significantly smaller in size, strength or skill than its enemy. This same concept can and should be applied to the critical task of cyber security. Automation provides the ability to match incoming attacks stride for stride, affording the greatest level of protection possible.
 
戦場へ向かう際に、規模/戦力/技能という面で、敵よりも劣った軍隊は望まれない。それと同じ概念が、サイバー・セキュリティにおける重要なタスクにも適用されるべきだ。自動化により、侵入していく攻撃に合わせた能力が提供され、また、可能とされる最高レベルの保護が達成される。
 
Increased Efficiency  Adding automation into the IR process helps to streamline workflows and create a much more uniform and efficient environment. So, not only does the organization become stronger in terms of security, but it also becomes more cost-effective across the board.
 
IR (incident response ) プロセスに自動化を加えることで、防御のためのワークフローの合理化が促進され、また、はるかに均一で効率の良い環境が達成される。したがって、自動化に取り組む組織は、セキュリティ面で強くなるだけではなく、全体的な費用対効果の面でも優位に立つことになる。
 
Fewer Errors  Many of the most noteworthy cyber breaches in recent years have come at the hands of well-intentioned yet highly overworked humans. Even the most skilled IT professional is prone to make mistakes from time to time. Unfortunately, some errors can prove to be incredibly costly. Automation eliminates this problem by removing the human element from some or all of the process.
 
この数年において、意志はあっても時間がないという人々のカベを突き破って、数多くの注目すべきサイバー侵害が発生している。最も熟練した IT プロフェッショナルであっても、間違いを犯すことがある。残念ながら、些細な間違えが、膨大なにコストを発生させることも証明されている。自動化プロセスにより、あらゆる属人的な要素を排除することで、この問題は解消される。
 
Better Decision Making  One of the biggest challenges IT leaders face is the monumental task of making critical business decisions on the fly. Another benefit of automation is the ability it provides to gather, analyze and prioritize crucial data at the click of a button, further enhancing the threat detection and incident management process.
 
IT リーダーが直面する最大級の課題として、重要なビジネス上の意思決定を逐次的に処理していくという、重要な役割がある。自動化における別のメリットは、重要なデータの収集/分析/評価を、ボタンをクリックするだけで提供する能力である。それにより、脅威の検出および、インシデントの管理プロセスが強化されていく。
 
With the average annual cost of cyber-attacks ranging anywhere from $38,000 for small businesses to upwards of $400 billion for global enterprises, the topic of cyber security is something that should be on the minds of every business leader today. More importantly, the strategies currently in place must be properly audited and sufficiently fortified if a company is to avoid becoming the next victim.
 
サイバー攻撃による被害額を年間で均してみると、中小企業で $38,000、グローバル企業で $400 billion というレベルに至っている。したがって、サイバー・セキュリティのトピックは、すべてのビジネス・リーダーたちが考えるべきものとなっている。さらに重要なことは、あなたの組織が次の犠牲者とならないために、現時点で運用されている戦略が強固であり、また、適切に機能することを確認していくことである。
 
Despite the many misconceptions, automation is emerging as the ideal tool for streamlining and strengthening the incident response process and creating a better line of defense that will stand the test of time.
 
数多くの誤解があるにもかかわらず、インシデント対応プロセスを合理化し、強化する理想的なツールとして、オートメーションが浮上している。それにより、定期的にテストを実施できる、より優れた防衛ラインが構築されていく。
 
Ayehu provides IT Process Automation solutions for IT and Security professionals to identify and resolve critical incidents and enable rapid containment, eradication and recovery from cyber security breaches.
 
ーーーーー
research_55セキュリティー対策のことを考えると、頭が痛くなるという方が多いと思います。文中にもあるように、ボットを介した波状攻撃が、最近のサイバー・アタックのトレンドになっているようです。それに対抗するには、こちらもボットで、、、となっていくのでしょうが、そのために必要なステップが記されているのが良いですね。おそらく、ここでも機械学習やコグニティブ・コンピューティングが活用されていくのでしょう。この3月に、「セキュリティを再考する:サイバー攻撃が生じたとき、時間は味方であり、また 敵でもある」という抄訳をポストしましたが、時間との戦いの中でオートメーションは、とても有効な手段になると思えます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT and Security の調査: ウェアラブル と BYOD のポリシーと、企業の IT セキュリティ
SaaS の調査: データ損失の原因を比較:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
DDoS 攻撃の頻度が、2014年から2015年にかけて、急速に高まってきている!
Security の調査: クラウドとデータの機密性:これからは、暗号化がトレンドになるのか?
Security の調査: 2016年は最悪の年になるという、いくつかの予測を整理する
 

Comments Off on サーバー・セキュリティにおいて、自動化が必須となる理由を説明しよう

Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!

Posted in Network, On Monday by agilecat.cloud on June 27, 2016
Internet Speeds: A Race For Faster Access
By Dick Weisinger – June 22nd, 2016
http://formtek.com/blog/internet-speeds-a-race-for-faster-access/
_ formtek
Internet speeds are growing by leaps and bounds.  AT&T is in the middle of implementing their ultra-fast fiber-based GigaPower Network in San Francisco and San Jose areas.  Select communities within those metro areas will see speeds of up to 1 gigabyte per second.  Other service providers like Verizon have similar fiber plans in the works.  Google Fiber is also slowly bringing fast speeds to select communities across the United States.
 
インターネットの速度が、飛躍的に成長している。AT&T は San Francisco と San Jose で、超高速光ファイバ・ベースである GigaPower ネットワークを実装している最中だ。それらの、メトロ・エリア内の選ばれたコミュニティは、1G Byte/秒という速度を目の当たりにするはずだ。その他のサービス・プロバイダである Verizon も、ファイバに関する同様の計画を持っている。また、Google Fiber も、ゆっくりとした展開ではあるが、米国各地の選ばれたコミュニティに対して、高速の回線を提供している。
 
Renoir_1But rollout of the infrastructure needed for ultrafast fiber networking will take some time.  Other options that may be cheaper and quicker to implement are also showing up.
 
超高速光ファイバ・ネットワークで必要とされる、インフラの展開には時間がかかる。だが、それを乗りこえ、より安価で、より迅速に調達するための、他の選択肢も提示されている。
 
For example, a startup called Starry is introducing a device called a Starry Point that can receive and transmit internet communications to a nearby central rooftop unit.  The rooftop unit is able to communicate to devices within a one kilometer range and one rooftop unit can support 600 to 900 customers.  The cost of the Starry station installed in each home is about $25 compared to a cost of nearly $2500 to wire a single home with fiber.  The Starry technology is expected to be able to transmit at speeds from 300 megabytes per second to as high as one gigabyte.
 
たとえば、スタートアップである Starry が提供する、Starry Point というデバイスは、屋上に設置された手軽なユニットを用いて、インターネット通信を送信することができる。この Starry Point は、1つの屋上ユニットで、1km の範囲内にいる 600〜900人の顧客をサポートできる。それぞれの家庭にインストールするときのコストだが、Starry ステーションは $25 であり、戸建ての家にファイバを引き込む時の $2500 と比べると、きわめて安価であることがわかる。また、Starry のテクノロジーが達成する通信速度だが、300 M Byte 〜 1G Byte の範囲になるという。
 
Yet another small company, Sckipio Technologies, based in Israel, announced their solution called G.fast that uses new technology called Dynamic Bandwidth Allocation (DBA).  DBA can turn existing coax phone lines into broadband transmitters that can reach as high as 1.5 gigabits per second in each direction.  The technology is exciting because it would allow fast connections without requiring the expensive rewiring of buildings.  AT&T and Canadian operator Telus both are interested in the technology.
 
この分野には、他にもスタートアップがいる。Israel ベースの Sckipio Technologies は、Dynamic Bandwidth Allocation (DBA) という新しいテクノロジーを用いた、G.fast という名のソリューションを発表している。DBA とは、既存の同軸電話回線をブロードバンド送信機に変換し、双方向で 1.5 G Byte の通信速度を達成するものだ。このテクノロジーは、高価である物理的な再配線を必要とせずに、高速の接続を実現する点が素晴らしい。AT&T と Canada の Telus が、このテクノロジーに興味を持っている。
 
ーーーーー
On MondayStarry Point も G.fast も、すぐにでも使ってみたいテクノロジーですね。Agile Cat の環境は Flets を使う Usen で、常に 70M くらいが出ているので、それなりに満足しているのですが、300M とか 1G とか聞いてしまうと、早く使えるようになりたいと思ってしまいます。そして、このようなテクノロジーは、IoT の普及にも欠かせないものとなります。現時点において、地球上では 1820 Tera Byte のデータが、1分ごとに生成されているそうですが、あと数年で Zetta レベルへと上昇するのでしょう。そのようなデータ量を、エッジでハンドリングするためには、文中で紹介されているようなテクノロジーが必要になるはずです。速くて、安くて、面倒のないインターネット接続の時代になっていきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
 

Comments Off on Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!

Instagram のロゴ変更と、それを批判するメディアの姿勢に思うこと

Posted in .Chronicle, Advertising, Instagram, Weekend by agilecat.cloud on June 25, 2016
Media criticizing Instagram’s new look is a travesty. Can they shut up? Please?
Terence Lee – May 12, 2016
https://www.techinasia.com/instagram-logo-change-adweek
 
_ tech in asia
 
Instagram unveiled a new logo Wednesday, and a member of the media is calling it “one of the biggest design fails of the year.” The brand’s famous skeuomorphic icon, a virtual representation of a physical camera, was beloved almost universally, and is one of the most instantly recognizable logos in tech.
 
この水曜日 (5/11) に、Instagram が新しいロゴを発表したが、数多くのメディアたちが「デザインにおける今年の最大の失敗」と酷評している。このブランドの、物理的なカメラの模倣した有名なアイコンは、不偏的に愛されていたと言っても過言ではないだろう。そして、ハイテク業界の中でも、一目で認識できるロゴでもあったはずだ。
 
instagram-logo-old-newFor some inexplicable reason, the media went hysterical over this, as if the sky was falling, or Trump had won the presidency.
 
なんらかの不可解な理由により、メディアがヒステリックに批判しているが、それは、あたかも空が落ちてきたとか、トランプが大統領になったとかの、類のものである。
 
“It’s a very forgettable image that will get lost on people’s phones amid the thousands of other similarly uninspired designs of most tech apps,” writes Adweek’s Tim Nudd. The word “will” is telling. It seems to indicate arrogance, as if the writer has a crystal ball into the minds of phone users, which he clearly doesn’t. In fact, Instagram likely knows more about its users than Tim does.
 
たとえば、Adweek の Tim Nuddは、「無数のハイテク・アプリが、このような平凡なデザインなデザインを用いており、スマフォ・ユーザーの印象に残らないイメージになってしまうだろう」と述べている。この「印象に残らない」という言葉が、すべてを物語っている。彼は明記こそしていないが、あたかもスマフォ・ユーザーの心の動きを占っているかのようで、いささか傲慢に感じてしまう。実際のところ、Instagram は Tim Nudd よりも、ユーザーたちについて知っているはずだ。
 
If only he had paused to consider that Instagram can damn well do whatever it wants with its logo. If only he had considered that this is inconsequential in the larger scheme of things. Uber’s logo “travesty”? Long forgotten.
 
Instagram が、そのロゴを上手く使いこなしてきたことを、彼は考慮していないだけなのかもしれない。また、もっと大きなビジネス・スキームがあるのに、ロゴなど些細なものだと、彼は考えているのかもしれない。Uber のロゴは、まがい物なのだろうか? そんなことは、時間が経てば忘れられてしまう
 
As often happens with logo redesigns by big brands, the media stands ready to criticize it. Throwing tomatoes at the door of a big corporation garners plenty of attention.
 
大手ブランドがロゴをデザインし直すとき、メディアたちが批判のために立ち上がるというのが常である。そして、注目を集めるために、そのドアにトマトを投げつけるのだ。
 
Granted, the media survives on clicks. It needs to take advantage of controversy. It’s fundamental to our business model. The question then becomes, how far do we go? Shout too much, we lose readers and credibility. Play it too safe, we bore our readers.
 
確かに、メディアというものは、クリックを得て生き長らえる。したがって、論争を活用する必要がある。それが、私たちのビジネス・モデルの基本である。しかし、どこまでやるのかという疑問が生じてくる。あまりにも叫びすぎると、私たちは読者との信頼を失う。あまりにも安全に進めれば、読者を退屈させてしまう。
 
In the end, it’s about making sure that our content adds value in some way and that we stop chasing the obvious beats and go after the novel.
 
結局のところ、何らかの方法で、コンテントに対して価値を加えることを、着実に進めなければならない。したがって、私たちは、明らかな批判で追い回すことを止めて、さらに新しいことを考えていく必要がある。
 
Unfortunately, the media’s beat downs of every major logo change have proven to be largely forgettable. Attempts to breathe significance into them come across as desperate.
 
残念なことに、大手のロゴ変更に対するメディアの批判は、忘れられ去られがちだということが判明している。つまり、絶望的な印象を与えることで、大きく息を吸おうとしているだけなのだ。
 
It’s not exactly baffling when you think about it: the media itself is in a desperate situation, in which digital ad rates have been plummeting, forcing publications to seek out other lifelines to replace lost print revenue.
 
なにも、あなたを困惑させようとして、こんなことを書いているのではない。デジタル広告のクリック率が急落し、メディア自体が絶望的な状況にあるのだ。その圧力が、失われた印刷物からの収益を置き換える、他のライフラインを模索させているのだ。
 
Lower cost-per-click means writers have to work harder to drive more clicks, which leads to throwaway content. There’s no going back to the good ol’ days. And until the industry finds an answer to its business model dilemma, we just have to get used to more clickbait and less credibility.
 
CPC (cost-per-click) の低下が、ライターたちにハード・ワークを強要し、より多くのクリックを得るように働きかける。その結果として、三文記事が量産される。古き良き日に戻ることはできない。そして、この産業が、ビジネス・モデルのジレンマに対する答えを見つけるまで、信ぴょう性の薄い釣り記事を受け入れなければならない。
 
ーーーーー
weekend先月ですが、Instagram のロゴが、いつの間にか変わりました。たしかに、以前のデザインには、誰しも馴染みがあるため、最初は違和感が漂いますが、企業が生き残っていくためには、ロゴのデザインはとても重要な要素なのでしょう。そして、この記事は、さらに一歩踏み込んで、こうした題材を取り扱うメディアの姿勢に言及しています。この4月のことですが、香港のメディアである South China Morning Post (SCMP) を Alibaba が買収しました。その結果として、これまでの有料コンテンツが無償になるとかで、ユーザーにとっては有り難い話なのですが、このような老舗までが、ビジネス・モデルを変え無ければならないという現実に、寂しさを感じてしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ソーシャル と パブリッシャー: 米国編:新しい情報発信モデルの凄まじい実態!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向をチャートで!
Apple が Twitter を始めた! みんなで、@AppleSupport を使ってあげよう!
 

Comments Off on Instagram のロゴ変更と、それを批判するメディアの姿勢に思うこと

Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!

Posted in .Selected, Asia, Facebook, Microsoft, Network by agilecat.cloud on June 24, 2016
Microsoft-Facebook laying trans-Atlantic Internet line
May 27, 2016
http://www.straitstimes.com/tech/microsoft-facebook-laying-trans-atlantic-internet-line
 
_straits_times
 
SAN FRANCISCO (AFP) – Microsoft and Facebook on Thursday (May 26) announced they will work together to lay a high-speed Internet cable across the bottom of the Atlantic Ocean.
 
SAN FRANCISCO(AFP) – 5月26日のことだが、Microsoft と Facebook は、大西洋の海底に高速インターネット・ケーブルを敷設するために協力すると発表した。
 
A new, sub-sea “Marea” cable was expected to be completed by late 2017, with the aim of meeting growing demand by the tech companies’ customers for fast, reliable data connections.
 
そして、この新しい海底ケーブル Marea は、2017年の後半には開通する予定であり、テック・カンパニーの顧客たちに高速/高信頼のデータ接続を提供すると期待されている。
 
cables27PHOTO: PRIMETRICA
 
“As the world is increasingly moving toward a future based on cloud computing, Microsoft continues to invest in our cloud infrastructure to meet current and future growing global demand for our more than 200 cloud services,” Microsoft data centre strategy general manager Christian Belady said in a release.
 
Microsoft の Data Centre Strategy GM である Christian Belady は、「この世界が、クラウド・コンピューティングへの依存度を高めるにつれて、Microsoft は現在と将来のクラウド・インフラに対して継続的に投資し、私たちの200種類以上のクラウド・サービスの、グローバルでの成長を達成していく」とリリースで述べている。
 
Marea will be the highest-capacity sub-sea cable ever crossing the Atlantic, with an expected capacity of some 160 terabytes per second of data, according to the companies. The 6,600km cable system will also be the first connecting the United States and southern Europe, running from Northern Virginia to Bilbao, Spain, said Microsoft and Facebook.
 
Marea のキャパシティは 160 Tbps (terabytes per second) であり、大西洋を横断する海底ケーブルとしては、これまでで最大級のものになると、同社はコメントしている。また、Microsoft と Facebook は、この 6,600km のケーブルは、North America (Northern Virginia) と Sourh Europe (Bilbao, Spain) をつなぐ、初めてのものになると述べている。
 
From Spain, the data network will link to hubs in Africa, Asia, the Middle East and other parts of Europe, according to the companies. Microsoft and Facebook said that they are working with global communications company Telxius, owned by Telefonica, on the cable project.
 
この Spain に陸揚げされるデータ・ネットワークは、Africa/Asia/Middle East/Europe の各ハブにリンクされる。そして Microsoft と Facebook は、この海底ケーブル・プロジェクトでは、Telefonica 傘下のグローバル通信企業である、Telxius と協業していると述べている。
 
“We’re always evaluating new technologies and systems in order to provide the best connectivity possible,” said Facebook vice-president of network engineering Najam Ahmad. “We want to do more of these projects in this manner – allowing us to move fast with more collaboration.”
 
Facebook の VP of Network Engineering である Najam Ahmad は、「私たちは、最善のコネクティビティを提供するために、新しいテクノロジーやシステムを常に評価している。さらなるコラボレーションへ向けて加速していくために、こうしたプロジェクトを数多く実現したいと思っている」と述べている。
 
ーーーーー
Networkそれにしても、160 Tbps はスゴイの一言ですね。Google が太平洋に施設した FASTER が 60 Tbps ですから、それと比較してみれば Marea の規模が伺い知れます。アメリカとヨーロッパをつなぐケーブルの話なので、最初はセーフ・ハーバーに関連するものかと思いましたが、それならアイルランドやイギリスに陸揚げされますよね。シンガポールから西へ向かう SEA-WE-ME 5 が、すでにフランスに陸揚げされたようです。この 2つの海底ケーブルが接続されると、アジアと世界が、ますます近くなっていきます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
2015 Infrastructures: アジアのインフラ投資が、グローバルな潮流を生み出す
激変のインターネット人口動態: インドが4億人に達し、二位のアメリカを追い抜く!
NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに! 北米/東南アジアとの距離が削られていく!
100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!
 

Comments Off on Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!

Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近なものに変えていく

Posted in AI ML, Google, On Monday by agilecat.cloud on June 20, 2016
Machine Learning: Google’s Open-Source TensorFlow Platform Targets Deep Learning
By Dick Weisinger – June 14th, 2016
http://formtek.com/blog/machine-learning-googles-open-source-tensorflow-platform-targets-deep-learning/
_ formtek
In November 2015, a group within Google called ‘Google Brain’ introduced an open-source API called TensorFlow for numerical computing and managing deep learning and artificial intelligence tasks like speech and image recognition.  TensorFlow can be deployed on anywhere from one to a distributed set of CPUs or GPUs.
 
2015年11月のことだが、Google 内のグループが、 TensorFlow と呼ばれるオープンソースの API を、Google Brain に導入している。それは、音声や画像の認識といった、ディープ・ラーニングと人工知能のタスクを、処理/管理するためのものである。TensorFlow は、あらゆる場所にディプロイできるものであり、また、CPU や GPU の分散型セットを次々に接続していくものでもある。
 
Klimt_7Matthew Zeiler, founder of AI service Clarifai, said that “Neural nets are getting used everywhere these days… Deep learning is a huge opportunity right now because it enables developers to create applications in a way that was never possible before. Neural networks are a new way of programming computers … It’s a new way of handling data.”
 
AI サービサー Clarifai の Founder である Matthew Zeiler は、「最近では、各種のニューラル・ネットが、あらゆる所に展開されている。そして、ディープ・ラーニングがデベロッパーに大きなチャンスを提供するのは、以前には不可能であった方法で、アプリケーションの開発が可能になるからだ。ニューラル・ネットワークは、コンピュータ・プログラミングの新しい方法であり、また、データ・ハンドリングの新しい方法でもある」と述べている
 
With TensorFlow, tasks are broken down into a dataflow-graph representation.  The nodes of the graph represent CPUs or GPUs that perform the computations.  The edges of the graph represent the flow of the data between the nodes.  The data is organized as large multidimensional arrays or tensors that flow into and out of the processing nodes, which is the reason for the name ‘TensorFlow’.  TensorFlow itself is written in C++, but processing at the nodes is performed in Python.
 
TensorFlow では、それぞれのタスクが、データフロー・グラフの表現に分解される。このグラフのノードは、計算を行う CPU や GPU 表す。そしてグラフのエッジは、ノード間のデータの流れを表す。巨大で多次元な配列またはテンソル (Tensor) として編成されるデータは、それらの処理ノードの入出力を介して流れていく。したがって、TensorFlow という名前がつけられている。TensorFlow 自体は C++ で記述されているが、それぞれのノードにおける処理は Python で処理される。
 
Greg Corrado, a senior search scientist at Google, said that “machine learning is the secret sauce for the products of tomorrow.  It no longer makes sense to have separate tools for researchers to use machine learning and people who are developing real product. There should be one set of tools that researchers can use to try out their crazy ideas. And if those ideas work they can move them directly into products without having to rewrite them.”
 
Google の Senior Search Scientist である Greg Corrado は、「機械学習は、明日のプロダクトのための秘密の調味料である。もはや、実際のプロダクトを開発する人々が使用するツールと、研究者が使用するツールを別けて考えることは、機械学習の世界では意味が無くなっている。もちろん、クレージーなアイデアを試すために、研究者が使用するツール・セットがあるべきだ。しかし、そのアイデアが証明されたなら、もはやコードを書き換えることなく、実際のプロダクトに反映できるようになっている」と述べている
 
Michael A. Cusumano, a professor at MIT, told the New York Times that “the software itself is open source, but if this is successful, it will feed Google’s money-making machine.  There are so many applications of machine learning to the bread and butter of what Google does.”
 
MIT の Professor である Michael A. Cusumano は、「このソフトウェア自身はオープンソースだが、もし Google が成功するなら、キャッシュを生み出すマシンにもなっていく。つまり、数多くの機械学習アプリケーションが生まれることが、Google の考える収益源が実現されていくのだ」と、New York Times に語っている。
 
ーーーーー
On Mondayクラウドが進化/成熟していくと、こんなことも可能になるのだと思わせてくれる、とてもステキな話ですね。この Tensor ですが、文中には音声や画像の認識が目的と書かれているので、バイオメトリック認証などにも利用されるのでしょうかね? Citibank Singapore では、m-wallet にボイス・プリントというものを導入し、ユーサーが利用する度に、つまり、新たな音声が入力される度に、データを更新していくようです。この場合は、膨大なデータが相手では有りませんが、不正なアクセスなどを検知した場合には、蓄積されている膨大なデータとの照合が、これからは瞬時に実現されるのでしょう。クラウド新時代という感じですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
 

Comments Off on Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近なものに変えていく

アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している

Posted in .Chronicle, Asia, Research by agilecat.cloud on June 17, 2016
7 in 10 APAC firms use cloud software
By Enterprise Innovation editors | 2016-06-09
http://www.enterpriseinnovation.net/article/7-10-apac-firms-use-cloud-software-252773345
 
_Enterprise Innovation
 
Seven in every 10 (70%) Asia-Pacific businesses that currently use the cloud are internationalized, compared to only one in five (22%) of non-cloud users, a joint study by Netsuite and Frost & Sullivan shows.
 
Netsuite と Frost & Sullivan の共同調査によると、Asia-Pacific の企業の 70% がクラウドを利用し、グローバル化を達成していることになる。その一方で、クラウドを採用しない企業は 22% に過ぎないと、その調査結果が物語っている。
 
Further, 71% of cloud users have entered new geographic markets in the past five years, compared to only 31% of non-cloud users.
 
さらに言えば、これまでの 5年間において、クラウド・ユーザーである企業の 71% が、アジアという新しいマーケットに参入しており、非クラウド・ユーザー企業の 31% という比率に対して、大きな差をつけていることが判明した。
 
CNAClick to CNA >>> 
 
Additionally, 45% of cloud users believe that use of cloud solutions has enabled them to internationalize more quickly, including 41% of businesses in Singapore and 45% of businesses in Hong Kong.
 
また、それらのクラウド・ユーザーたちの 45% が、クラウド・ソリューションを活用することで、迅速な国際化が可能になったと確信している。この値には、Singapore 企業の 41% と、Hong Kong 企業の 45% が含まれる。
 
The study covered more than 800 senior executives (CEOs, CFOs and finance managers, CIOs and other senior managers) across Australia, Hong Kong, New Zealand, the Philippines and Singapore.
 
この調査は、Australia/Hong Kong/New Zealand/Philippines/Singapore における 800社以上の企業に対して実施され、CEO/CFO/CIO などの上級管理職が回答している。
 
Findings show that overseas expansion is viewed as a major growth engine for businesses in Singapore and Hong Kong, which often face limited growth potential domestically due to the small population size and falling growth rates in their local markets.
 
この調査結果は、Singapore と Hong Kong の企業における海外展開が、主要な成長のエンジンであることを示している。この二国においては、ローカル・マーケットを構成する人口の少なさから、おのずと海外へ目を向けることになる。
 
“Our research has shown how industry change is not just continuing, but accelerating. Two new key factors that are driving this change have emerged from this study — significant increase in business costs and evolving customer needs,” said Mark Dougan, managing director for Australia and New Zealand at Frost & Sullivan.
 
Frost & Sullivan の Managing Director for Australia and New Zealand である Mark Dougan は、「私たちの調査は、産業界の変化が継続的なものではなく、加速していくものだという状況を示している。この調査から浮かび上がってきた変化は、ビジネス・コストの大幅な上昇と顧客ニーズの進化という、二つの新しい要因により促進されている」と述べている。
 
“These trends may create new challenges for organizations, but at the same time they also create significant opportunities for growth, with internationalization topping the list,” said Dougan.
 
Dougan は、「こうしたトレンドは、組織にとって新たな課題を生み出すが、それと同時に、優先リストのトップに国際化を掲げることで、成長のための重要なチャンスをもたらしている」とも述べている。
 
The study shows that in 2016, 38% of senior executives believe their industry is changing “fast” or “very fast”, compared to 28% in 2014 and only 7% in 2010. A critical area that businesses are exploring is to expand their international footprint, in part supported by increasing economic integration in the Asia-Pacific region.
 
この、2016年における調査では、前述の上級管理職の 38% が、それぞれの業界における変革が、きわめて速いペースで起こっていると述べている。この数字は、2014年では 28% であり、また、2010年に僅か 7% に過ぎなかった。それらの企業が模索しているビジネスの領域は、Asia-Pacific で高まっている経済的な統合を促進することで、国際的なフットプリントを拡大することにあるのだ。
 
According to the study, while not all businesses have yet entered overseas markets, globalization is currently seen as an opportunity rather than a threat by 83% of organizations, particularly in Singapore, New Zealand and the Philippines.
 
すべての企業が、すでに海外市場に参入しているわけではないが、グローバル化は脅威ではなくチャンスであると、この調査は示している。とりわけ、Singapore/New Zealand/Philippines では、83% の企業が、そのように回答している。
 
“For Hong Kong in particular, a significant majority of small businesses are already internationalized at 75%, well above Singapore’s figure of 54%,” Dougan said.
 
「Hong Kong の特徴として、中小企業の大半とも言える 75% が、すでに国際化を達成している点が挙げられる。その数字は、Singapore でも 54% になっている」と、Dougan は述べている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2APAC といっても、Australia/Hong Kong/New Zealand/Philippines/Singapore を対象とした調査であり、大きな国内マーケットを抱えている国々はありません。各国の人口を順に並べると、2300万/700万/450万/9800万/540万であり、これからの内需拡大を期待できるのはフィリピンくらいなのかと思われます。また、対象となるのは 800社だけであり、それも Netsuite ユーザーに限られるのでしょう。とは言え、これらの国々では、70% の企業がクラウドを利用し、グローバル化を達成しているというのは、とても新鮮な驚きです。同じ調査を日本で実施すると、どのような結果になるのでしょうかね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している

IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?

Posted in .Selected, Cisco, IBM, IoT by agilecat.cloud on June 15, 2016
IBM and Cisco continue their love affair with big partnerships by partnering with each other
Julie Bort – Jun. 2, 2016
http://www.businessinsider.com/ibm-cisco-launch-fog-computing-partnership-2016-6
 
_ Business Insider
 
IBM and Cisco announced a new partnership that will combine IBM Watson’s Internet of Things analysis cloud software with Cisco’s new “fog computing.” The Internet of Things (IoT) is when sensors are installed in all kinds of objects to collect data on them.
 
IBM と Cisco が公表した新しいパートナーシップとは、クラウド上に展開される Watson の IoT 分析と、Fog Computing を連携させるというものだ。言うまでもなく、IoT とはセンサーがインストールされた各種のオブジェクトから、データを集めるものである。
 
IBM WatsonIBM CEO Ginni Rometty
 
Large companies are installing such sensors on equipment which helps them see how much the equipment is working and when it is about to fail. The problem is, in remote areas, all that data being generated by sensors isn’t being collected and analyzed.
 
エンタープライズたちは、センサーなどを機器にインストールし、どれだけの正常に機能しているのか、もしくは、異常を引き起こしているのかを参照しようとする。この種のリモート・アクセスにおける問題点は、センサーにから生成された全データが、収集されない場合もあり、また、分析されない場合もあることだ。
 
That’s what Cisco’s fog computing is all about. It uses the network to grab and analyze data from remote locations.
 
そこが、Cisco の Fog Computing が活躍する場である。そこでは、リモートのデータを収集/分析するための、ネットワークが活用されることになる。
 
Put them together: IBM’s super smart Watson analytics service and Cisco’s ability to grab and analyze sensor data even in far-flung locations, and you get the gist of this partnership.
 
IBM Watson のスマートな分析サービスと、遠隔地のセンサー・データを取得/分析する Cisco の能力を、組み合わせるというパートナーシップであれば、誰もがその意味を理解するだろう。
 
IBM-CiscoClick to Large >>>
 
Here’s a graphic that explains what this new IoT partnership is all about.
 
このインフォグラフィクスは、両社の IoT パートナーシップの全容を示すものである。
 
Their first customer is Bell Canada, who is is partnering with this team to offer IoT services over its 4G network. In other words, a Canadian company that has lots of remote locations in the middle of nowhere can use Bell Canada’s 4G network and IoT services to collect and analyze that data. And the service is powered by the IBM/Cisco partnership.
 
両社の最初の顧客は Bell Canada であり、このチームが提供する IoT サービスを、その 4Gネットワーク上で運用する。言い換えるなら、この Canada 企業は、たくさんのリモート・ロケーションを抱えているだけであり、自身の 4Gネットワークと IoT サービスを活用すれば、データの収集/分析を達成できるのだ。もちろん、それらのサービスは、IBM/Cisco のパートナーシップが提供する。
 
The CEOs of both of these companies have been going full-steam ahead with big, powerful joint product/sales partnerships in recently. Under IBM CEO Ginni Rometty, IBM has launched groundbreaking partnerships with Apple, as well as with Twitter, Tencent, amd others. Cisco also announced a huge partnership with Apple, as well as one one of its old big rivals Ericsson.
 
最近の両社の CEO は、製品と販売に関するパワフルで大掛かりな提携を、全力で推し進めている。IBM は CEO である Ginni Rometty の下で、Apple だけではなく Twitter と Tencent とも大掛かりな提携を開始している。Cisco も Apple との提携をアナウンスしているが、昔からのライバルである Ericsson ともパートーナシップを結んでいる。
 
ーーーーー
IoTIBM の IoT ですが、その他のベンダーと比べると、情報が少ないように思えます。というわけで、同社の Web を参照してみたところ、Watson IoT 事業部を、この 3月1日から新設と説明されていました。Watson の API およびサービスを IBM のクラウド上で提供し、コグニティブ IoT のソリューションとサービスの開発を加速させると述べています。数十億にのぼるデバイス、センサー、システムなどが相互に接続し、連携する IoT の世界では、複雑で膨大なデータの理解を実現する、コグニティブ・コンピューティングが不可欠とも発言していますが、なんとなく言いたいことが分かります。その一方では、Cisco のフォグと連携することで、データの収集に関しては、そちらに任せてしまおうという戦略なのでしょう。これからが、楽しみですね。_AC Stamp
ーーーーー
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
IoT の調査: ウェアラブルのポリシーが、企業の IT セキュリティに挑戦している
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!

Comments Off on IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?

%d bloggers like this: