Agile Cat — in the cloud

SaaS の調査: データ損失の原因を比較すると、ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る

Posted in On Monday, Security by agilecat.cloud on May 16, 2016
SaaS and Cloud Computing: Data Loss by User Mistakes Far Outnumber Loss By Hacking
By Dick Weisinger – May 5th, 2016
http://formtek.com/blog/saas-and-cloud-computing-data-loss-by-user-mistakes-far-outnumber-loss-by-hacking/
_ formtek
80 percent of businesses report that they’ve experienced some level of data loss at some point.  It may not be a surprise, but the leading cause of data loss from SaaS applications is user error.  A survey by Spanning, an EMC subsidiary, found a little more than 40 percent of businesses in both the US and the UK surveyed cite user error as the major cause of data loss.  Threats of hacking with malicious intent ranked very low in comparison.
 
企業の 80% が報告したところによると、いくつかの状況におけるデータ損失が、いくつかのレベルで発生しているようだ。それが、驚きということではないが、SaaS アプリケーションにおけるデータ損失に関して、主な原因として挙げられたのはユーザー・エラーであった。EMC の子会社である Spanningレポートによると、調査の対象となった米英企業の 40% 以上が、データ損失の主な原因はユーザー・エラーにあると述べている。そして、悪意によるハッキングの脅威は、ユーザー・エラーと比較すると、きわめて低い位置にランクインしている。
 
Monet_5The report recommends that the use of cloud-to-cloud backup can prevent or mitigate many of the data loss scenarios that are typically encountered.
 
この報告書が推奨するのは、クラウド-to-クラウドのバックアップであり、それにより遭遇する可能性の高いデータ損失のシナリオが、大半のケースで防止あるいは軽減されるとしている。
 
Jeff Erramouspe, Spanning’s vice president and general manager, said that “unfortunately, many organizations are still under the false impression that their business-critical data is safe from loss when they move to SaaS applications.  As a trusted advisor to your customers, you can share with them that data loss is still a possibility due to user error, accidental deletions, hackers and application sync errors that the SaaS providers simply cannot prevent or recover from. Adding a third-party backup and recovery solution to the SaaS applications you represent will give your customers the confidence to move to the cloud and will make you their hero — not if data loss occurs, but when it does.”
 
Spanning の VP and GM である Jeff Erramouspe は、「残念ながら、多くの組織が、依然として誤った認識を持っている。つまり、SaaS アプリケーションへと移行したときから、ビジネス・クリティカルなデータの損失から、解放されたという勘違いが蔓延しているのだ。あなたの顧客に信頼されるアドバイザーとして、データ損失の主たる原因がユーザー・エラーに起因するという現実を、彼らと共有できるはずだ。そして、間違いとしての削除や、ハッカーからの脅威、そしてアプリケーションの同期エラーなどを、SaaS プロバイダーは簡単に防止できず、また、それによるデータ損失は回復できないと、伝えるべきである。サードパーティによるバックアップとリカバリのソリューションを、あなたが提供する SaaS アプリケーションへ追加すれば、クラウドに移行する顧客に自信を与え、また、彼らの信頼を得ることになる。データ損失が発生しないことがベストではあるが、こうしたアドバイスや対応が重要だ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayほんと、ユーザー・エラーは怖いですよね。Agile Cat は Dropbox を使っているのですが、いわゆる Dropbox フォルダをダイレクトに触ることはせず、Document フォルダとの間を手動の同期アプリでつなぐという方式をとっています。こうしておけば、間違ったファイル操作をしても、Dropbox ⇒ Document でコピーを行い、削除してしまったファイルを復元できます。なお、日常の作業で利用するのは二台の Mac なのですが、それぞれに別の同期アプリを入れています。その理由は、同期のログ・ファイルも Dropbox 経由で送受信され、同期ソフトが混乱する可能性があるからなのです(以前に困った事がありました)。ちなみに、メインの Mac mini には SyncPro という有償ソフトを、サブの Macbook には Syncron というフリー・ソフトを入れています。これで、とりあえずは、無事故で過ごしています 🙂 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
Cloud の調査: AWS から離脱する Dropbox の未来は、ほんとうに大丈夫なのか?
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
Cloud の調査: 80% の プライベート PaaS が、失敗にいたるという理由を説明しよう
Security の調査: FBI と Apple の争いに、根本からの解決はあり得るのか?
 

Comments Off on SaaS の調査: データ損失の原因を比較すると、ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る

%d bloggers like this: