Agile Cat — in the cloud

Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?

Posted in .Selected, Amazon, Google, Microsoft, Uber by agilecat.cloud on May 31, 2016
Amazon, Google, and Microsoft might be going to war to win Uber’s cloud business
Matt Weinberger – May 9, 2016
http://www.businessinsider.com/uber-outsourcing-infrastructure-to-public-cloud-2016-5
 
_ Business Insider
 
For the first time in its seven-year existence, car-hailing app Uber is outsourcing some of its server infrastructure beyond its own four walls, reports The Information.
 
これまでの 年間の実績を経て、タクシー配車アプリである Uber は、そのサーバー・インフラの一部を、初めてアウトソーシングすることになると、The Information がレポートしている。
 
Uber is apparently soliciting bids from the likes of Google, Microsoft, and Amazon — the leading players in cloud computing, where companies can punch in their credit card and get access to fundamentally unlimited supercomputing power.
 
どうやら Uber は、Google/Microosft/Amazon といった、クラウド・コンピューティングの主力ベンダーから、熱烈な勧誘を受けているようだ。なせなら、Uber と提携する企業が、クレジット・カードからの入力を受付けるために、無制限といっても過言ではない膨大なコンピューティング・パワーにアクセスすることになるからだ。

DLD 2015, Munich, Germany, 18 January 2015. Image ©Dan Taylor/Heisenberg Media - http://www.heisenbergmedia.com/ All Rights Reserved

Wikipedia
Travis Kalanick

With a global footprint across 69 countries, Uber needs to make sure that its servers and the software that makes the magic happen are as high-performance and available as possible. That means Uber wants to make sure that its server facilities are as geographically close to customers as possible. In this business, milliseconds count.
 
そして、69カ国にグローバル展開されている Uber は、そのサーバーとソフトウェアを確実に運用していく必要があるが、そこでは魔法のような高性能と高可用性が不可欠になるのだ。しかも、Uber のサーバー・ファシリティは、可能な限りユーザーの近くに配置され、ミリ秒の応答を要求するビジネスに対応していく必要がある。
 
Building close to worldwide customers is tough for any company, though, even one with Uber’s $9 billion in funding. By tapping into vast cloud computing infrastructure like Amazon’s, Microsoft’s, and Google’s, Uber would be able to bolster its global reach.
 
しかし、$9 billion の資金を有する Uber であるにしても、世界中に散在するユーザーの近くに、自前のファシリティを構築していくことは難しい。したがって、Uber はグローバル展開を強化するために、Amazon/Microsoft/Google といった、巨大なクラウド・コンピューティング・インフラを活用することになるのだ。
 
And while Uber is reportedly only looking to move relatively small chunks of its code into the cloud, just getting the company’s business would be an incredible feather in any cloud provider’s cap. A sales war may well be brewing as Amazon, Microsoft, Google, IBM, and other cloud providers trip over themselves to win Uber’s business.
 
伝えられるところによると、Uber がクラウドに移行しようとしているコードは、それほどの規模ではないようだが、同社のアウトソーシングを勝ち取るクラウド・プロバイダーにとっては、天駆ける翼となるだろう。しかし、この販売戦争は、Amazon/Microsoft/Google/IBM といったクラウド・プロバイダーに辛酸をなめさせ、Uber 勝利をもたらすように、計画されているのかもしれない。
 
Race to growth
 
Cloud computing vendors are currently in a heated race to win ever-larger businesses.
 
クラウド・コンピューティング・ベンダーたちは、かつて無い大規模なビジネスを勝ち取るためのレースに、ヒートアップしている。
 
While the Amazon Web Services cloud started off as a niche service for small developers and startups, it’s turned into a major $7 billion industry force. Microsoft and IBM have the edge that they already work with big business. And Google Cloud Platform, under industry vet Diane Greene, has made a redoubled effort to build out their enterprise platform.
 
Amazon Web Services のクラウドは、中小のデベロッパーやスタートアップを相手にした、ニッチなサービスとしてスタートを切ったが、いまでは $7 billion という業界の最大手に成長している。Microsoft と IBM は、これまでに接点を持っていた、大企業とのビジネスを展開している。そして、Google Cloud Platform は、この業界のベテランである Diane Greene を迎え、自身のエンタープライズ・プラットフォームを構築するための、さらなる努力を約束している。
 
If nothing else, with Uber’s massive scale, it would be a huge PR win for Microsoft, Amazon, Google, or whoever wins this deal. Their salespeople could point at Uber and show what’s possible, especially since the startup has become such a household name.
 
もし、仮に、Uber にあるのは巨大なスケールだけだとしても、この契約を勝ち取ることになれば、Microsoft/Amazon/Google などにとって、PR としての大きな勝利がもたらされる。そのため、各社の営業担当は、スタートアップであった Uber の名前が浸透するにつれて、自社の能力をアピールしてきたはずだ。
 
maxresdefaultYoutube
Ghetto Uber Driver
 
Uber CEO Kalanick speaks during the Baidu and Uber strategic cooperation and investment signing ceremony in Beijing
 
Uber の CEO である Kalanick は、Beijing で開催された、Baidu との戦略的な協業と投資に関する式典でコメントを述べている。
 
Complicating matters is the fact that Uber’s technology, according to that report, is “vendor-neutral,” meaning that they’re not predisposed to preferring one vendor over another.
 
前述のレポートによると、Uber のテクノロジーがベンダー・ニュートラルであることが、事態を複雑にしているようだ。つまり、他を排除して、一つのベンダーに依存することが、あり得ない状況にあるのだ。
 
In fact, hypothetically, they could partner with different cloud providers in different regions, depending on who’s got data centers where. For instance, Microsoft was the first cloud player to open its doors in India. The tools do exist to run one bit of infrastructure across multiple clouds. And the report suggests that in China, Uber may be looking at regional superpowers like Alibaba and Baidu.
 
実際のところ Uber は、それぞれの地域において、それぞれのクラウド・プロバイダーとのパートナーになれるのだ。そして、対象となる地域にデータセンターを持っているプロバイダーが有力な候補となる。たとえば、India のマーケットににおいて、最初にドアを開けたクラウド・プレーヤーは Microsoft である。同社のツールは、マルチ・クラウドを横断する、独自のインフラを実行するために存在している。そして、このレポートは、China における Uber は、Alibaba や Baidu のようなローカル・ジャイアントに注目するだろうと示唆している。
 
On a final note, while Apple moved some of its infrastructure to Google Cloud Platform, it seems markedly unlikely that Uber will follow suit. Uber is working on driverless car technology, and it may end up competing with Google in that same market. Google has also been reported to be exploring launching its own ride-sharing service, which would put it in even more direct competition with Uber, and might make Uber hesitant to store valuable business data on Google’s computers.
 
最後に指摘しておくが、Apple のインフラの一部が Google Cloud Platform へ移行したからといって、それに Uber が続くというケースは考えにくい。Uber は、無人の自律走行テクノロジーに取り組んでおり、同じ市場で Google と競合することになるかもしれない。そして、Google も、独自のタクシー配車サービスを立ち上げると、指摘するレポートも存在するのだ。それは、Uber を直接的な競争の中に置くものであり、Uber としては貴重なビジネス・データを、Google のコンピュータに格納することを躊躇する可能性もある。
 
Similarly, Uber’s push into logistics and delivery may conflict with Amazon’s initiatives to do the same. That kind of business logic may trump technical considerations.
 
同様に、Uber が見せている物流と配送への関心は、それを営んでいる Amazon と競合する可能性がある。つまり、この種のビジネス・ロジックは、テクノロジーについて考えるときの切り札になるのだ。
 
Uber did not immediately respond to a request for comment.
 
Uber にコメント求めたが、いまのことろ反応はない。
 
ーーーーー
Uber昨年の末に、「Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!」という抄訳をポストしましたが、自動車という世界のトップ・ブランドに、Uber はなっていくのかという、勢いを感じてしまいます。その半面、世界の国々のタクシー業界との間で、軋轢を起こしているという現実もあるのですが、大きな時代の流れに乗ってしまったのでしょうね。文中にもあるように、自律走行車も視野に入っているようですし、都市部における自動車の在り方を、根本から変えていく存在になっていくのだろうと思えます。なんというか、トヨタが出資したくなるのも、その気持ちがわかりますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! 爆速ビジネス・アジリティ
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
WeWork という、オフィス・スペース・プロバイダーが、SnapChat に迫る勢いで伸びている!
Netflix のサービスが 190カ国に広がった: 世界の国数が 196カ国という現実との対比!
Netflix の Fast.com は、かなりイケてる インターネット速度測定サイトだ!
 

Comments Off on Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?

AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう

Posted in AI ML, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, On Monday by agilecat.cloud on May 30, 2016
Artificial Intelligence: 2016 Shaping up to be the “Year of the Bot”
Dick Weisinger – May 25th, 2016
http://formtek.com/blog/artificial-intelligence-2016-shaping-up-to-be-the-year-of-the-bot/
_ formtek
Software robots, also known simply as ‘bots’ are suddenly coming at us from everywhere.  And it may just be the beginning.  Bots are software agents that are able to automate and speed the completion of tasks.  Wikipedia describes bots as software components designed to “perform tasks that are both simple and structurally repetitive, at a much higher rate than would be possible for a human alone.”
 
「ボット」と呼ばれるソフトウェア・ロボットは、どこからとなく、突然のように、私たちの側にやってくる。しかし、それは、単なる始まりに過ぎない。ボットはソフトウェア・エージェントでもあり、あらゆるタスクを自動化することで、その効率を高めていく。Wikipedia には、「単純なタスクだけではなく、構造化された反復タスクのためにデザインされ、人間の能力よりも遥かに高速に目的を達成していく」と、このソフトウェア・コンポーネントとしてのボットが説明されている。
 
Chagall_2Web bots that scour the internet for building updates to the search index of search engines like for Google and Bing have been around for some time.  But as computing hardware capabilities continually advance and as voice-assistant technologies like Siri, Cortana, Google Now and Amazon Echo improve, bots are becoming more sophisticated in what they can do and how they can help us.
 
Web ボットは、時間をかけてインターネットを調べまわり、検索エンジンから取り出したインデックスを更新していくが、それらの元になるのは、Google や Bing といったそれを検索エンジンである。そして、ハードウェアの能力が高まり、Siri/Cortana/Google Now/Amazon Echo といったボイス・アシスタント・テクノロジーが進化するにつれて、ボットによるユーザーへの支援は、さらに洗練されたものとなってきた。
 
David Parry, Manager at HP Innovation, told CNNMoney that “[Eventually, bots will be] able to handle very administrative tasks in a very easy way — reservations, hotels, banking — as AI is able to anticipate needs and proactively talk to you, it’ll get more exciting.”
 
HP Innovation の David Parry は、「これから先、AI がニーズを先取りし、積極的に会話するようになれば、ホテルの予約や銀行からの振り込みといったタスクを、ボットは簡単に実現していくだろう。それは、とても興味深いことである」と、CNNMoney に語っている
 
Steven Milunovich, UBS analyst, said that “In China, WeChat provides high functionality, such as paying bills, hailing a cab and checking into flights through apps within apps. ”
 
UBS のアナリストである Steven Milunovich は、「China においては、WeChat が高度な機能を提供している。このメッセージ・アプリに、他のアプリを追加することで、現金の支払/タクシーの予約/航空券の予約などを実現している」と述べている
 
Both Microsoft and Facebook have recently launched bot initiatives.  Both companies have introduced developer tools to help build bots that will run on their platforms.  Facebook has a bot platform available for its Messenger product.
 
最近のことだが、Microsoft と Facebook が、ボットに対する取り組みを開始している。この両社は、自身のプラットフォーム上で動作するボットの構築を促進するために、開発者たちにツールを提供しているのだ。ちなみに、Facebook のボット・プラットフォームとは、同社の Messenger プロダクトのことである。
 
Satya Nadella, Microsoft CEO, said that “Bots are the new apps.  An AI assistant will be a personal digital assistant that knows you, knows your world and is always with you across all your devices”.
 
Microsoft CEO の Satya Nadella は、「ボットは、新しいアプリである。あなたを知り、あなたの世界を知る、AI を活用するパーソナル・デジタル・アシスタントが台頭してきた。それは、あなたのデバイスに住みつき、常に行動をともにする」と述べている
 
Mark Zuckerberg, Facebook CEO, said that “No one wants to have to install a new app for every business or service they want to interact with.  We think you should be able to just message a business in the same way you message a friend.”
 
Facebook CEO の Mark Zuckerberg は、「ユーザーたちは、サービスを受けるために、新しいアプリをインストールすることなど考えてはいない。私たちが考えているボットでは、トモダチにメッセージを送るのと同じ操作で、さまざまなサービスを使えるようになる。もちろん、それはビジネスでも有効となる」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayまずは、言葉の理解から始まるのだと思いますが、いまのスマフォに搭載されるパーソナル・アシスタントは、みなさん優秀なのですね。先週の Microsofr de:code キーノートでも、Cortana が大活躍していました。言い換えるなら、スマフォの役割として際立つのが、パーソナル・アシスタントとしての能力であり、すでにデバイス自体を超える存在になってきているのです。そして、このパーソナル・アシスタントには、スマフォからアクセスするときもあれば、何らかのヘッドセットからアクセスするときもある、、、というふうに変化していくのでしょう。ディジタル空有に住む、私たちのボットの未来に期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
 

Comments Off on AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう

南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加

Posted in .Selected, Asia, Network, Telecom by agilecat.cloud on May 27, 2016
Australia and NZ to get new subsea cable
Juha Saarinen− Mar 17 2016
http://www.itnews.com.au/news/australia-and-nz-to-get-new-subsea-cable-417034
 
_ it news
 
The first stretch of the Tasman Global Access (TGA) subsea cable will be laid at Ngarunui Beach in Raglan, New Zealand by the end of March, marking the first step in the build of the 2300 kilometre connection to Australia. TGA is a joint US$70 million (A$92.5 million) project to lay a two-pair fibre-optic cable across the Tasman by Telstra, Spark NZ and Vodafone NZ.
 
Tasman Global Access (TGA) の海底ケーブルの最初の一歩は、Raglan, New Zealand の Ngarunui Beach への陸揚げであり、この 3月末までには、2,300 km 先の Australia との接続が構築される。TGA は US$70 million (A$92.5 million) を投じる、Telstra/Spark NZ/Vodafone のジョイント・プロジェクトであり、二対のファイバ・ケーブルで Tasman 海を横断することになる。
 
TGASource: vendors.
 
Originally announced in 2013 with a completion date of late 2014, TGA was delayed after Telstra slashed its original one-third investment in the cable to just US$6 million, or a 9 percent stake.
 
2013年に発表された時点では、2014年の後半に完成する予定だったが、費用の 1/3 を満たすはずだった Telstra からの出資が、全体の 9% (US$6 million) に削減されたことで、2016年までズレこむことになった
 
Alcatel-Lucent Submarine Networks has been contracted to lay the cable, which is estimated to be ready by the end of the year. Once operational, TGA is expected to provide 20 terabit/s capacity. It will complement and provide redundancy for the Southern Cross Cable System, which is 40 percent owned by Spark NZ.
 
この海底ケーブルの敷設に関しては、Alcatel-Lucent Submarine Networks も契約の準備を整えており、今年の末までには実現されるようだ。TGA の運用が開始されると、そのキャパシティは 20 terabit/s にいたると期待されている。そして、Spark NZ が 40% を所有する Southern Cross Cable を補完し、また、冗長性を提供することになる。
 
The telcos had originally promised the cable would provide 30 terabit/s capacity but declined to comment on the reduced capacity. The three telcos also expect TGA to capitalise on burgeoning demand for bandwidth between NZ and Australia, expected to rise by 1100 percent in the next decade.
 
このプロジェクトに参加するテレコムたちは、当初は  30 terabit/s のキャパシティを約束していたが、それが低減したことについては、コメントを発していない。また、それらのテレコム三社は、これからの十年間で 1,100% の上昇が予測される、NZ – Australia 間のバンドワイズに対して、TGA が適切に投資になることを期待している。
 
Initially, the specially-equipped NZ ship MV Tranquil Image will bury three kilometres of optic fibre into the surf zone and sea at Raglan’s Ngarunui Beach, before a larger Alcatel-Lucent Submarine Networks (ASN) ship arrives to connect it to the longer length going to Narrabeen Beach in NSW, Australia.
 
最初に、特別な装備を施した、NZ 船の MV Tranquil Image が、Raglan の Ngarunui Beach で、ファイバ・ケーブルと 3km の距離にわたって埋設していく。その後に、Alcatel-Lucent Submarine Networks (ASN) の大型船が到着し、NSW, Australia の Narrabeen Beach から伸びている、長いケーブルと接続することになる。
 
The consortium warned that the schedule for the work on the Australian connection of the TGA was subject not only to weather conditions at sea, but the availaibility of ASN crew, equipment and ships.
 
このコンソーシアムは、TGA の Australia 接続の作業スケジュールが、海洋の気象条件だけに影響されることはなかったと指摘している。つまり、ASN の乗組員/設備/船舶の都合もあったと述べているのだ。
 
Currently, ASN’s main cable-laying ship for the Oceania region, the Île de Ré, is engaged in urgent repairs on the Basslink interconnector between Tasmania and mainland Australia. The ship is expected to occupied with that work until May this year at least.
 
ASN が Oceania のために所有している Île de Ré という主力艦だが、Tasmania と Australia を接続する Basslink インターコネクトの補修に、現時点では専有されている。このケーブル船だが、少なくとも 5月までは、その作業に従事すると予測されている。
 
ーーーーー
Telecom先日に、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」という抄訳をポストしましたが、日本が 3.9p という低スコアだった指標の Intenational Connectivity で、ニュージーランド 4.6p/オーストラリア 4.3p が記録されています。この両国の IT 市場の規模は小さいですが、着実に成長していることが、この新しいケーブルの背景にあるのでしょう。また、オーストラリア西海岸とシンガポールをつなぐ、SEA-ME-WE-3 という海底ケーブルに代えて(古くて遅い)、Telstra と SingTel が 20TB の APX-West という海底ケーブルを新設するというニュースもあります。2011年 3月 11日に発生した東日本大地震では、太平洋を横断する動脈である PC-1 が被災したこともあり、このような形で冗長性が担保されていくのは素晴らしいことだと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
 

Comments Off on 南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加

中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on May 25, 2016
China market: 780 million smartphone-based active surfers in 2015, say report
Adam Hwang – 19 May, 2016
http://www.digitimes.com/news/a20160518PD207.html
 
_ Digi Times
 There were 780 million smartphone-based active users of mobile Internet services in the China market in 2015, accounting for 56.9% of the population, according to a joint report by Internet Society of China (ISC) and National Computer Network Emergency Response Technical Team/Coordination Center of China (CNCERT/CC).
 
China マーケットにおけるモバイル・インターネット・サービスには、2015年滅の時点で 7.8億人のスマフォ・ベースのアクティブ・ユーザーがいて、同国の総人口に対して 56.9% を占めると、Internet Society of China (ISC) と National Computer Network Emergency Response Technical Team/Coordination Center of China (CNCERT/CC) が、共同でレポートしている。
 
China MobileFlickr
The Tenth Dragon
 
There were 1.13 billion smartphones in active use for mobile access to the Internet in 2015 and 16.76% of active surfers used Apple’s iPhones, followed by Samsung’s smartphones (15.78%), Huawei’s (15.56%), Xiaomi’s (14.24%),Vivo’s (8.66%), Oppo’s (8.66%), Lenovo’s (6.93%), Coolpad’s (4.29%), HTC’s (2.95%) and LG’s (1.05%).
 
また、2015年のインターネット・アクセスにおいては、11.3億台のスマフォがアクティブに利用され、そのうちの 16.76% は Apple の iPhone を使用している。そして、それに続くのは、Samsung (15.78%)/Huawei (15.56%)/Xiaomi (14.24%)/Vivo/ (8.66%)/Oppo (8.66%)/Lenovo (6.93%)/Coolpad (4.29%)/HTC (2.95%)/LG (1.05%) という顔ぶれである。
 
The most frequently visited websites were of three categories: social networking, search and e-commerce.
 
最も頻繁に、ユーザーたちが訪問した Web サイトは、ソーシャル/サーチ/Eコマースという、3つのカテゴリであった。
 
There were 1.4775 million malicious software applications found in 2015 and 99.6% of them were based on Android, 0.1974% on Symbian, 0.0005% on iOS and 0.0003% on J2me. Android models accounted for 71.24% of smartphones affected with malicious applications, Symbian 17.82% and iOS 10.94%.
 
また、2015年における悪意のアプリは全体で 1,477,500 種類であり、そのうちの 99.6% が Android/0.1974% が Symban/0.0005% が iOS/0.0003% が J2me 上で発見されている。そして、悪質なアプリにより被害が生じたのは、 71.24% が Android/17.82% が Symbian/10.94% が iOS となっている。
 
Among the three mobile telecom carriers, China Mobile subscribers accounted 68.40% of mobile Internet surfers affected with malicious applications, China Unicom 27.11% and China Telecom 4.49%.
 
同様に、悪意のアプリで被害にあったインターネット・ユーザーの比率を、モバイル・キャリア別に見ていくと、68.40% が China Mobile/27.11% が China Unicom/ 4.49% が China Telecom の順となる。
 
ーーーーー
research_55以前に、China Mobile のユーザー数が8億人という記事をポストしましたが、それは、日本で言うガラケーも含んだものなのだろうと捉えていました。同様に、中国でのスマフォの販売台数に関する情報も、いろいろな所で紹介されていましたが、その累計は見えてこないという状況でもありました。そして、文中の「7.8億人のスマフォ・ベースのアクティブ・ユーザー」と記述で、全体像が掴めた感じがしますし、「11.3億台のスマフォがアクティブに利用」により二台持ちのユーザー数との関係も、なんとなく見えてきたところです。それにしても、スゴイ規模ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: 成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
China Mobile の 4G-LTE ユーザー数が、3億人を超えたらしい
4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! 中国マーケットの爆発的な成長が!
 

Comments Off on 中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!

クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Posted in .Selected, Asia, Government, Research, Strategy by agilecat.cloud on May 24, 2016
Hong Kong overtakes Japan as most mature Asia Pacific cloud nation
James Bourne – 28 April 2016
http://www.cloudcomputing-news.net/news/2016/apr/28/hong-kong-overtakes-japan-most-mature-asia-pacific-cloud-nation/
 
_Cloud_Tech
 
Hong Kong is the most ‘cloud-ready’ Asia Pacific nation with an overall ranking higher than that of the US and UK, according to the latest analysis from the Asia Cloud Computing Association (ACCA).
 
Asia Cloud Computing Association (ACCA) の最新調査によると、Asia Pacific で最もクラウドに対応している国は Hong Kong であり、グローバル・ランキングでも US と UK を上回る結果となった。
 
hong-kongImage – Pixabay
 
Japan, previously the leader, moved down four places to #5 in the chart with an overall score of 73.0 compared to Hong Kong’s 78.1, with the latter scoring top markets in broadband quality, privacy, and data centre risk. Singapore (76.7), New Zealand (74.4) and Australia (73.2) comprised the top five, with the other categories focusing on sustainability, cybersecurity, government and regulation, intellectual property, business sophistication and freedom of information.
 
前回はリーダーだった Japan は、4つもポジションを落とし 5位となったが、そのスコアは 73.0 であり、Top である Hong Kong の 78.1 に差をつけられている。Hong Kong がスコアを稼いだのは、Broadband Quality/Privacy/Data Centre Risk の各項目となっている。Top-5 を構成しているのは、Singapore (76.7)/New Zealand (74.4)/Australia (73.2) となっている。なお、その他の項目としては、Sustainability/Cybersecurity/Government and Regulation/Intellectual Property/Business Sophistication/Freedom of Information などが採点の対象となっている。
 
Looking at the other countries, there was minimal change, with the likes of Malaysia, the Philippines and Thailand only moving one place up or down over the past year. South Korea, a certainly developed market and the second most cloud ready Asia Pacific nation in 2012, has dropped into mid-table obscurity with an overall position of #7 in 2016. The researchers argue the scoring “reflects the fact that South Korea has been moving slowly in the development of its infrastructure for cloud service[s] in the past few years.” However, ACCA did praise the “strong showing” in South Korea’s government initiatives.
 
その他の国々を眺めてみると、Malaysia/Philippines/Thailand などのランキングが動いているが、その変化の幅は最小である。South Korea は、2012年の調査で 2位となったように、クラウド先進国として認識されているが、この 2016年の調査では 7位という中断に沈み込んでいる。研究者たちは、「この数年における South Korea が、クラウド・サービスのためのインフラ開発で、遅れを取ったことを反映している」と主張する。ところが、ACCA は、South Korea 政府の取り組みに賛意を示すという、認識の違いが現れている。
 
ACCA ChartClick to Large >>> 
At the bottom of the table, Vietnam finished last on 44.0 points overall, with China surprisingly slipping into the relegation zone on 45.4 points. China achieved the lowest score on a single metric, a measly 1.6 out of 10 on internet connectivity, with India (1.7 and #12 overall) and Indonesia (1.8, #11) faring similarly poorly.
 
ランキングの下位においては、Vietnam が 44.0 ポイントで最下位だが、驚くべきことに 45.4 ポイントの China が降格している。China の場合は、Internet Connectivity の項目が 1.6 ポイントと最下位であるが、この項目では、全体で 12位の India も 1.7 ポイント、11位の Indonesia も 1.8 ポイントと振るわない。
 
This publication has in the past explored the cloud computing acumen of both China and India, with the former, back in 2013, noting evident weaknesses but expecting them to be overcome in time. Despite the report focusing more on natural resources – arguing China will naturally struggle in terms of sustainability and data centre due to vunerability for natural disasters – the result is particularly surprising given the amount of investment that has been made by major vendors in the country. According to a report from China Daily earlier this week, Microsoft announced it now has more than 65,000 corporate clients in China, raging the fuels of fire against Amazon Web Services (AWS), which has data centres in the country, and local vendor Alibaba Tencent.
 
この公開文献の以前のバージョンでは、China と India のクラウド・コンピューティングについて洞察がなされている。2013年バージョンでは、China の明白な弱点が指摘されていたが、時間の経過とともに克服されると予測していた。このレポートでは、豊富な天然資源が注目されていたのだが、自然災害への脆弱性に起因する、データセンターなどの持続性という面で苦労すると指摘されていた。その結果として、国内の主要ベンダーたちが、驚くべき規模の投資を行ってきたという経緯がある。また、今週の China Daily がレポートしたところによると、すでに Microsoft は、65,000以上のユーザー企業を、China 国内で獲得したと述べている。そして、China 国内にデータセンターを所有する Amazon Web Services(AWS)や、ローカル・ベンダーである Alibaba および Tencent に対して、凄まじい勢いで戦いをしけかけている。
 
Overall however, the prognosis is more than adequate for the Asia Pacific region. “The results put Asia in a very strong position to lead the next wave of global innovation and technology,” said ACCA chairman Bernie Trudel. “The next phase for markets is to put in place strong forward-looking policies which enable international data transfers, and address cybersecurity and privacy concerns from consumers and business.”
 
そして、全体的に見れば、この調査結果は、Asia Pacific 市場を占う上で、充分なものとなっている。ACCA の Chairman である Bernie Trudel は、「この結果は、グローバルにおけるイノベーションとテクノロジーをリードするという意味で、Asia の力強いポジションを示している。このマーケットは、次の段階においても、前向きなポリシーを力強く実践していくだろう。具体的に言うと、インターナショナルなデータ転送および、企業と消費者のためのサーバー・セキュリティとプライバシーへの取り組みが課題となる」と述べている。
 
The report, which has been produced annually for the past several years, reflects the maturation of cloud globally in terms of its content, and for the first time compared its Asia Pacific metrics with other cloud markets, developed or otherwise. The association sees the UK as having an overall score of 75.7, which would put it in third place overall, and surprisingly the US with 71.6, putting it in fifth place.
 
この年間ポートは、数年間前から継続して提供されており、グローバルにおけるクラウドの成熟度を反映するコンテントを目指している。そして、先進国と途上国で構成される他のクラウド市場と、Asia Pacific 市場を比較するための指標を提供している。ACCA は、UK のポイントを 75.7 とし、グローバルにおける 3位のポジションを与えている。そして、驚くべきことに、US のポイントは 71.6 であり、5位のポジション(7位の間違い?)に甘んじている。
 
You can download the full report (no registration required) here.
 
ーーーーー
asia-pacific 2日本がアジアの 5位というのは、ちょっと悲しい気がしますが、グローバルで見ると、日本より上位に来るのはドイツとイギリスだけとなります。つまり、グローバルにおける日本のポジションは 7位であり、アメリカは 8位です。それだけ、アジアのレベルが高いということであり、悲観するほどのものではないとも思えてきます。各項目別に見ると、日本のポイントが低いのは、Intenational Connectivity の 3.9p であることが分かります。ちなみに、その項目のトップは香港の 8.1p であり、中国本土とのゲートウェイとして機能している、同国の強みが現れています。末尾に、このレポートの DL 先が記されていますので、ご興味のある方は、ぜひ ご参照ください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B へ成長:成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

IoT の調査: たしかに、素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on May 23, 2016
Internet of Things: How Can Businesses Monetize IoT Technologies?
Dick Weisinger – May 20th, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-how-can-businesses-monetize-iot-technologies/
_ formtek
IoT is expected to revolutionize the way many industries work, but it’s also expected to be a blockbuster in terms of the dollars of revenue it will generate for those businesses that use it.  Cisco estimates that IoT will generate $8 trillion in new revenues and value over the next decade.  But a CapGemini report found that over 70 percent of companies that use it do not generate service revenues from IoT.
 
IoT は、数多くの産業に革命をもたらすと期待されるだけではなく、それを用いる企業に対して、莫大な収益をもたらすドル箱になるとも期待されている。Cisco の推定によると、これからの 10年間において、IoT は $8 trillion という新たな収益源に成長するとされる。しかし、CapGemini のレポートは厳しい見方を示している。数多くの企業が IoT 市場に参入するが、なんと 70% もの企業が、IoT サービスから収益を上げられないと主張しているのだ。
 
Seurat_12Chris Dedicoat, president, EMEAR for Cisco, said that “digital disruption is all around us and it’s having massive implications for business. Digitization and the expansion of the Internet of Things is a catalyst for growth, which is driving new economic models and enabling organizations to remain competitive and embrace the pace of change happening globally. This report clearly demonstrates that digitization and the IoT will deliver long term efficiencies and growth opportunities across a wide range of industries.”
 
Cisco の EMEAR President である Chris Dedicate は、「私たちを取り囲むデジタルによる破壊と再生は、ビジネスにも密接に関わりあってくる。デジタライゼーションと IoT の拡大が成長のための触媒となり、新しい経済のモデルをドライブしていく。それにより、企業は競争力を維持し、グローバルで生じている変革のスピードに対応していく。この CapGemini のレポートが、明らかに示しているのは、デジタライゼーションと IoT がもたらす効果は長期間にわたるものであり、また、その成長のチャンスは産業界の広範囲におよぶという点である」と述べている
 
Brendan O’Brien, Co-founder of Aria Systems, said that for IoT  “the huge upside has yet to materialize.  While many companies are driving customer service, operational, and supply chain improvements using IoT, most companies are still working in the margins when it comes to monetizing IoT. When companies upgrade their systems only then can the hype be actualized.”
 
Aria Systems の Co-founder である Brendan O’Brien は、「IoT が急上昇しているが、マネタイズに関しては、まだ具体化していない。数多くの企業が IoT を使用しており、また、顧客サービス/運営形態/サプライチェーンなどを改善している。ただし、IoT によるマネタイズのことになると、大半の企業が直視していない状況にある。つまり、それらの企業は、自社のシステムを IoT に対応させることで、誇大なマーケティングを実施しているに過ぎないのだ」と述べている。
 
An article on Wired by CapGemini’s Jerome Buvat explored possible ways in which IoT can be monetized.  These include:
 
CapGemini の Jerome Buvat が Wired にポストした記事では、IoT でマネタイズを実現するための方式が深掘りされている。
 
  • Connectivity.  Businesses can sell IoT-capable devices.  For an additional fee the device can enabled so that it can be monitored remotely by App or API.
  • Subscription.  For a subscription additional capabilities and upgrades for a device are available.  Similar to software subscriptions.
  • Ecosystem Platform. Vendors can offer a platform that their devices can operate in.  The platform provides services and support.  Users can in turn create applications that work in the platform and resell those capabilities within the platform.
 
  • Connectivity. 企業は、IoT 対応のデバイスを販売できる。そして、App や API により、それらのデバイスをリモートで監視するようにしておけば、付加的な対価を得られるだろう。
  • Subscription. 対象となるデバイスに対して、付加的な機能のサブスクリプションとアップグレードを提供すれば、ソフトウェア・サブスクリプションのようなマネタイズが達成される。
  • Ecosystem Platform. ベンダーたちは、自社のデバイスを運用するための、プラットフォームを提供できる。そして、このプラットフォームにより、サービスとサポートが提供される。そのユーザーたちは、このプラットフォームで動作するアプリケーションを次々と開発し、また、プラットフォーム内で再販することができる。
 
ーーーーー
On MondayIoT では、膨大な数の商取引が発生するはずですが、そのためには、自動化の仕組みが前提になるのでしょう。つまり、エッジ・デバイスが数十億という規模に成長しても、自動的な契約と課金の仕組みがない限り、それらのデバイスからの収益性は、依然として安定しないという状況が発生するはずです。つまり、いまのIoTにおいては、それらのエッジ・デバイスを商用化する際の、一貫した方式というものは存在していないのです。そして、おそらく、ここがブロックチェーンの活躍する場となるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
Cloud の調査: AWS から離脱する Dropbox の未来は、ほんとうに大丈夫なのか?
IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?
Cloud の調査: 80% の プライベート PaaS が、失敗にいたるという理由を説明しよう
 

Comments Off on IoT の調査: たしかに、素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?

Microsoft のクラウド売上を分析:Azure + Office 365 を、Amazon AWS と比較してみた!

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Microsoft by agilecat.cloud on May 22, 2016
Microsoft is struggling to close a $2 billion gap with Amazon
Matt Weinberger – May 4, 2016
http://www.businessinsider.com/microsoft-azure-cant-catch-up-to-amazon-web-services-2016-5
 
_ Business Insider
 
Microsoft’s cloud business may be growing faster than Amazon’s gargantuan $7 billion Amazon Web Services, but it’s still not enough to close a $2 billion gap between them, says Barron’s.
 
Microsoft のクラウド事業(Azure 単体)は、7 billion の売上と言われる Amazon Web Services よりも素早く成長しているが、両者のギャップである 2 billion(四半期あたり)を埋めるのは容易なことではないと、Barron’s は述べている。
 
To back up its argument, Barron’s took a deep dive into Microsoft’s financials from its last quarterly earnings statement.
 
この論点を補足するために、Barron’s が取り上げているのは、Microsoft の直近(2015年Q4 ?)の四半期収支レポートの詳細である。
 
Satya NadellaMicrosoft
 
Microsoft CEO Satya Nadella
 
For its cloud businesses, including Azure and Office 365, Microsoft only discloses year-over-year growth rates, not total revenue (to former CEO Steve Ballmer’s chagrin), but Barron’s made some educated guesses.
 
Microsoft のクラウド・ビジネスに関して、同社が公表しているデータは、Azure と Office 365 などを含むものであるが、その内容は対前年成長率であり、総売上ではない(前 CEO である Steve Ballmer を残念がらせた)。しかし、Barron’s は、その経験に基づき、いくつかの推察を提供している。
 
Just as bad, if not worse than the Amazon competition, Barron’s estimates that the Microsoft Azure cloud — which lets customers rent fundamentally unlimited supercomputing resources from Microsoft’s data centers on a subscription basis — isn’t growing fast enough to offset sinking sales of Microsoft’s lucrative Windows Server and other legacy server products.
 
Amazon との競合において、不利かも言えるし、不利ではないとも言える。たしかに、Microsoft Azure により、サブスクリプション・ベースのユーザーたちは、無限ともいえるコンピューティング・リソースを、同社のデータセンターから引き出せるようになった。しかし、その成長スピードとなると、Windows Server などのドル箱レガシー・サーバー・プロダクトの落ち込みを、相殺するには至っていない、と Barron’s は推定している。
 
But there’s some good news: Despite a period of cannibalization, revenue from sales of the Office 365 cloud productivity suite to businesses is finally catching up with the boxed Office software.
 
しかし、その一方では、いくつかの良いニュースもある。 いわゆる、共食いの期間にあるのだが、ついに企業向けの Office365 クラウド・プロダクティブ・スイートが、ボックスで販売される Office ソフトウェアに追いついてきたのだ。
 
Here are the takeaways from the Barron’s report:
 
以下は、その Barron’s レポートの要点である:
 
  • Despite Azure’s reported 120% growth over the same period in 2015, it’s the second quarter in a row where there was a projected $2 billion-ish gap between Microsoft Azure and Amazon Web Services.
  • Again despite Azure’s growth, it only accounts for an estimated 12% of Microsoft’s Server Products & Cloud Services revenue, which booked a 6% decline last quarter. With Server Products sinking an estimated $600 million from the last quarter, the $300 million growth in Azure couldn’t offset it.
  • Office 365 commercial revenue was $2.1 billion in the quarter, estimates Barron’s, versus $3 billion for boxed Office commercial sales.
  • As computer manufacturers shift to the newer Windows 10 operating system, Microsoft has seen less turbulence from the shrinking PC market than expected. But as we approach the one-year anniversary of Windows 10, Barron’s says, that buffer will dissipate.
  • Finally, Barron’s estimates that revenue in Microsoft’s Surface tablet and laptop division grew an estimated $400 million from the last quarter, versus a decline of $292 million in the Windows business. But that may not last forever, as consumers buy fewer PCs overall.
 
  • 2015年 Q4 において、Microsoft Azure は $560 million の売上を達成しているが、Amazon Web Services は $2.466 billion に伸びている。
  • 2015年の同期に、Azure が 120% の成長を達成したにもかかわらず、この、同社における 2015年 Q2 では、Microsoft Azure と Amazon Web Services のギャップは、$2 billion ほどだと思われる。
  • 再びであるが、その成長にもかかわらず、Microsoft の Server Products & Cloud Services 部門において、Azure の売上は 12% を占めるに留まっている。ちなみに、同部門の売上は、2015年 Q4 で 6% のマイナス成長となっている。Server Products の売上は、2015年 Q4 の時点で、前年から $600 million の売上減であるが、Azure の成長は $300 million であるため、それを相殺することができなかった。
  • この四半期において、Office 365 の売上は $2.1 billion であり、ボックスで販売される Office は $3 billion であると、Barron’s は推定している。
  • コンピュータ・メーカーたちは、新しい Windows 10 オペレーティング・システムに移行しているが、予想していたほどには、PC 市場は縮小していないと、Microsoft は見ている。しかし、Windows 10 のデビューから 1年目に近づくにつれて、そのバッファが減っていくと、Barron’s は予測している。
  • Microsoft の Surface Table/Laptop 部門は、前四半期との比較で $400 million の成長を達成したが、Windows 部門は $292 million のマイナス成長であると、Barron’s は推定している。グローバルで見て、PC を購入する消費者が減っている以上、永遠に続くビジネスではないのかもしれない。
 
Overall, it doesn’t paint an especially rosy picture for Microsoft: Those Microsoft Office stats are encouraging, and Microsoft Azure is growing fast. But Amazon Web Services is the one for Microsoft to beat in the cloud market, and this all indicates that it’s not gaining ground quickly enough to offset the diminishing demand for its traditional cash-cows.
 
全体的に見て、Microsoft のバラ色の未来は、まだ描ききれていない。しかし、Microsoft Office は有望な状況にあり、また、Microsoft Azure も急速に成長している。クラウドの世界において、Microsoft は Amazon Web Services を叩く必要があるが、これまで膨大なキャッシュを生み出し、いまは利益を減少させている、従来からのプロダクト・ラインを、すみやかに置き換えるだけの勢いには、まだ達していないことになる。
 
ーーーーー
MSまず、お断りしておきますが、Barron’s のレポートが示す直近の四半期というのは、2015年 Q4 のことだと思われます。文中における AWS の売上額などと照らし合わせると、そのように解釈したほうが矛盾が生じません。おそらく、Barron’s の 2015年を分析するレポートが、この1月〜3月期に公表され、そこでの記述を、Business Insider が、そのまま引用していると推定しています。 ーーー 先月にポストした、「いかに AWS が強力であっても、その成長率は減速していく」という抄訳を見ると、その中のチャートから、2012年 Q4 の AWS が、約 600 million の売り上げで、91% の対前年成長率であったことが読み取れます。そして、3年後の Azure はというと、 $560 million の売上で、120% の対前年成長率と記されています。今後の Azure が、どのような成長曲線を描くのでしょうかね。 そして、やはり SaaS の売上は大きいと、誰もが納得してしまう、Office 365 の存在です。端的に言って、Azure + Office 365 対 AWS で比較すると、両者のクラウド・ビジネスは、ほぼ同列に並んでいることになります。さらに言うなら、ボックスで売られている Office が、まだ、3 billion/四半期のマージンを残しているとも言えるのです。これからが楽しみな、Microsoft と Amazon のクラウド対決ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する
AWS が、安定して利益を生み出すエンジンになってきた: それを示す1枚のチャート!
Google が抱く、クラウドへの大いなる野望とは?
PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
 

Comments Off on Microsoft のクラウド売上を分析:Azure + Office 365 を、Amazon AWS と比較してみた!

Netflix の Fast.com は、かなりイケてる インターネット速度測定サイトだ!

Posted in .Chronicle, Netflix, Weekend by agilecat.cloud on May 21, 2016
Netflix launches Fast.com to test internet speed
Reuters – May 19, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Netflix-launches-Fast-com-to-test-internet-speed/articleshow/52343698.cms
 
_ Times of India
 
Netflix has launched a website to check the speed of a mobile or broadband internet connection.
 
Netflix が立ち上げた、新しい Web サイトは、モバイルおよびブロードバンドの、インターネット接続速度をチェックするためのものである。
 
The service, called fast.com, works like other internet connection measurement tools such as speedtest.net, Netflix said in a blog post.
 
この、Fast.com と呼ばれるサービスは、speedtest.net などのインターネット速度測定ツールと同様に機能すると、Netflix はブログ・ポストで述べている。
 
Fast-ComNetflix has launched a website to check the speed of a mobile or broadband internet connection.
 
“We all want a faster, better internet, yet internet speeds vary greatly and can be affected by other users on your network or congestion with your internet service provider,” David Fullagar, vice president of content delivery architecture, said in the post.
 
同社の VP of Content Delivery Architecture である David Fullagar は、「私たちは、より速く、より優れたインターネットを望んでいる。しかし、いまのインターネット・スピードは、他のユーザーによる影響や、ISP の混雑などにより、大きな差異が生じるている」と述べている。
 
Fast.com performs a series of downloads from Netflix servers to make its internet speed estimate, and also links users to speedtest.net to compare the results.
 
Fast.comは、Netflix のサーバーからの測定用のデータをダウンロードし、それぞれの環境におけるインターネット速度を推定するが、speedtest.net との比較のためのリンクも提供している。
 
“Right now it’s a standalone website, though we will look to evolve it down the road,” Netflix spokeswoman Anne Marie Squeo said in an email to Reuters.
 
Netflix の広報である Anne Marie Squeo は、「現時点において、Fast.com は単独の Web サイトであるが、私たちは、さらなる進化を目指している」と Reuters に述べている。
 
The video streaming company separately also has a monthly ISP Speed Index, which updates subscribers on which Internet Service Providers (ISPs) provide the best Netflix streaming experience during prime-time hours.
 
その他にも、このビデオ・ストリーミング会社は、ISP Speed Index という月次での指標を開示している。それにより、プライム・タイムにおける最高のストリーミング・エクスペリエンスを、Netflix のサブスクライバーに提供する ISP が識別される。
 
Earlier in May, the company introduced a tool to help its subscribers control how much data they used when streaming on cellular networks.
 
なお、この 5月の初めに同社は、モバイル・ネットワークでストリーミングを利用する際に、利用データ量をコントロールするツールも提供している。
 
ーーーーー
weekend今年の初めに、Netflix のサービスが 190カ国に広がったというトピックを紹介しましたが、世界を網羅するサービスという視点で見ると、同社の展開の速さが際立っていることが分かります。そして、インターネット・スピードが命のビデオ・ストリーミングですから、この Fast.com を提供することで、ISP 間の競争を促進したいと考えているのでしょう。そのうち、自社の広告などが入ってくるのかもしれませんが、いまは、とてもスッキリしたデザインです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する
Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!
Netflix と Comcast のダイレクト・ピアリング契約:その背景を探る
FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた
 

Comments Off on Netflix の Fast.com は、かなりイケてる インターネット速度測定サイトだ!

%d bloggers like this: