Agile Cat — in the cloud

Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?

Posted in .Selected, Facebook, Social, Strategy by agilecat.cloud on March 9, 2016
A closer look at Facebook’s news feed algorithm
By Paul Mah | 2016-01-06
http://www.enterpriseinnovation.net/article/closer-look-facebooks-news-feed-algorithm-1630250958
 
_Enterprise Innovation
 
Interested in how Facebook’s news feed algorithm work under the hood? Slate spoke to the small team of engineers tasked with the direct task of managing the news feed engine of the world’s most influential social media network at its headquarters at Menlo Park, California.
 
Facebook のニュース・フィードの裏側で、どのようなアルゴリズムが動いているのか、興味が湧かないか? California の Menlo Park にある、世界で最も影響力のあるソーシャ・ルメディア・ネットワークの、ニュース・フィード・エンジンをダイレクトに管理するという、小規模ながら重要なタスクを担うエンジニア・チームに、Slate が話を聞いてきた
 
Facebook KeyboardPixabay
 
While the report does not actually offer any specifics about how the algorithm works, it gives marketers a much broader perspective into the thinking and continuing evolution of the decisions, metrics and algorithms powering what you see on the Facebook news feed.
 
そのレポートは、ニュース・フィード・アルゴリズムの働きについて、実質的な詳細を提供しているわけではないが、マーケティング担当者にとって必要な、広範囲におよぶ洞察を提供している。 それは、Facebook のニュースフィードの表示をコントロールする、意思決定/基準/アルゴリズムに関するパワフルな発想を、継続的に進化させるものでもある。
 
Interesting facts to know
 
According to the report, the news feed engine consists hundreds of parameters to identify posts that people like. Moreover, there are also a “dozen different versions” of the algorithm running in the world at any given time – presumably addressing cultural quirks and languages. And similar to Google and its vaunted search engine, Facebook is constantly tweaking and working to improve its news feed.
 
このレポートによると、新しいニュース・フィード・エンジンは、人々が好むポストを識別するための、数百ものパラメータを構成しているようだ。さらに言えば、それぞれの言語や、文化の違いに対応するために、数十にもおよぶバージョンが、その時々に動きだすという、アルゴリズムも用意されているようだ。そして、自慢の検索エンジンを持つ Google と同様に、Facebook はニュース・フィードを進化させる、継続的にアイデアを捻り出し、また、改善を加えている。
 
One interesting fact to note is how the programming to prevent users from being inundated with thousands of news feeds was already in place as far back as 2006. While it was based on crude assumptions by engineers from Facebook at that time, its presence meant that you were unlikely to actually see everything from all your friends.
 
注目すべきは、2006年にまで遡ると、膨大な数になるニュース・フィードが、ユーザーへ向けて殺到したときに、どのようにプログラミングで保護するのかという点である。それに関しては、Facebook エンジニアによる、大雑把な仮定をベースにするよりも、すべてのトモダチからの、すべてのポストを見ることに、意味が有るのか無いのかと、自問すべきなのだろう。
 
We are all familiar with the “like” button, of course. Yet the like button wasn’t created solely as a new way for users to interact on the site, noted the report. Instead, it allowed
Facebook to enlist the aid of users as part of an ingenious scheme to get them to rank posts from their friends in a non-distracting way to identify worthy posts.
 
もちろん、私たちは、Like ボタンに慣れ親しんでいる。しかし、Like ボタンは、ユーザーたちがサイト上で対話するための新しい環境において、単独で振舞うために存在しているわけではないと、このレポートは指摘している。その代わりに、Facebook は、意味のあるポストを隠すことなく、トモダチポストをランク付けするための、独創的なスキームの一部として、ユーザーの参加を望んでいるのだ。
 
Unfortunately, this eventually resulted in a situation where posts were engineered to generate as many likes as possible, and saw the overnight creation of a veritable industry of consultants and self-proclaimed social media experts looking to game the system.
 
しかし、残念なことに、可能な限り数多くの Like を集めたポストが、上位に来るように操作されると予測される。そして、本物の業界コンサルタントと、自称ソーシャル・メディア・エキスパートたちが、このシステムが生み出すものを、夜通しで追いかけることになった。
 
Making Facebook better
 
The situation perfectly illustrates the point that engagements alone does not necessarily result in a better experience, and that interactions are only a rough proxy for what Facebook users really want. Specifically, tweaking the news feed such that posts that are clicked on more often only really optimizes for vitality, not necessarily quality. After all, what if people only clicked on “like” at the behest of their friends, or “like” posts that they didn’t actually like that much?
 
その結果が完璧に示しているのは、エンゲージメント単独では、望んだエクスペリエンスが得られることはなく、Facebook ユーザーが本当に欲しがるものは、インタラクションだけにより得られるという、粗っぽい尺度である。具体的にいうと、頻繁にクリックされたポストは、ニュース・フィードに生き残るという意味で最適化されるだけであり、必ずしも品質としての最適化にはつながらないのだ。結局のところ、付き合いのあるトモダチからの要請に対して、Like をクリックする意味が問われているのだ。言い換えるなら、ほんとうは好きでもないポストに対して、誰もが Like をクリックしているのではないだろうか。
 
So despite engagement metrics going on an uptrend for a season, Facebook continued to seek for a way to look beyond just likes and clicks to identify posts that people want to see. One prime example here would be posts with emotive value, such as a post about a tragic incident that users may not see fit to like or otherwise engage with.
 
したがって、しばらくの間は、エンゲージメント指標が注目を集めるトレンドになるが、人々が見たいと思うポストを識別するために、Like やクリックを超えたところで、Facebook は新たな方式を模索し続けるだろう。ここでの、典型的な例としては、Like などが似合わない悲劇的な出来事に対するポストへの、悲しみの感情を伝えるアイコンなどが挙げられる。
 
The result was that Facebook in 2014 put together a panel of human testers consisting of several hundred people with several hundred people who were paid to provide continual feedback. This allowed Facebook to identify things in the newsfeed that users are interested or excited about, but which they may not interact with. According to the report, this panel has since been expanded around the country as well as overseas by 2015.
 
2014年における Facebook の結論は、数百人の識者で構成されるテスター・グループと、継続的なフィードバックを提供するために、対価が支払われる数百人の人々を、協調させるという方式であった。それにより Facebook は、ユーザーが興味や関心を示している、ニュース・フィードの内容を識別できるようになったが、そこでインタラクションが発生したわけではないようだ。そのレポートによると、2015年においても、テクター・グループは拡張され、そのカバレッジは US 以外にも広がっているという。
 
Finally, Facebook also sought to put more control into the hands of users. in the last two years, Facebook users can now unfollow friends whose posts they no longer want to see, prioritize certain friends or Facebook pages, or “see less” of a specific type of story. And in case you were wondering. Yes, Facebook is also testing new ways for users to interact with the news feed, too.
 
結局のところ、Facebook はコントロールを、ユーザーの手に委ねようとしている。これまでの2年間で、Facebook はユーザーに対して、参照したくないポストの提供者をアンフォローできるようにし、また、特定のページやトモダチを優先できるようにした。 また、指定したタイプのストーリーを、あまり見ないようにすることも可能になった。それでも、あなたが不思議に思う状況があるだろう。つまり、Facebook は、ユーザーがニュース・フィードと対話する方式についても、新しい試みを実施しているのだ。
 
Related Articles:
 
Publishers ready to flood Facebook with new instant articles
Facebook enters virtual reality space with 360 video
Report: Asia Pacific sees growth in Facebook ad spending
 
ーーーーー
like-and-6emojisfacebookAgile Cat の周辺でも、少しずつですが、イイネ 以外のボタンが、抵抗なく使われ始めているという感じがします。文中にもあるように、それぞれのユーザーのニュース・フィードに、表示するポストを決めるのことは、Facebook にとって最も重要なアルゴリズムであるはずです。 そして、そのためにに、新しいボタンが使われていくというもの、とても納得しやすい説明です。これらのボタンを決めるまでに、Facebook はかなりの時間を要していましたが、慎重になる理由も分かりますよね。 これからの、ニュース・フィードが、どのように変わっていくのかに、注目していきたいと思います。 楽しみが、ひとつ増えました! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Instagram と WhatsApp を足すと、モバイル・ユーザー数が 27億人を超えている!
Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
Facebook と 広告:ニュース配信に含まれる 有償ポストは3%に過ぎない!
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
 

Comments Off on Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?

%d bloggers like this: