Agile Cat — in the cloud

Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?

Posted in .Chronicle, Amazon, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce by agilecat.cloud on March 3, 2016
Salesforce is facing competition from an unexpected place: Amazon
Eugene Kim – Feb. 9, 2016
http://www.businessinsider.com/amazon-catching-up-to-salesforce-2016-2
 
_ Business Insider
 
Salesforce could face competition from a surprising new place: Amazon.
 
Salesforce にとって、予想外の競合相手が登場したのかもしれない。その相手は、Amazon である。
 
According to new investment research from Jefferies, Salesforce partners picked Amazon as the 3rd biggest threat to Salesforce, trailing only Oracle and Microsoft.
 
Jefferies が発行した最新の投資調査によると、Salesforce のパートナーたちは、その競合相手として Microsoft と Oracle を選んでいるが、第三の脅威として Amazon を意識し始めているのだ。
 
CRM Share ChartJefferies
 
Amazon doesn’t sell any customer relationship management products itself. But it has a bunch of partners who sell CRM solutions through its AWS Marketplace. Apparently, some customers are choosing these apps to piggyback along with AWS services such as data storage and compute power, rather than buying a CRM system separately.
 
周知のとおり、Amazon 自身は、Customer Relationship Management プロダクトを販売していない。しかし、AWS Marketplace を介して、数多くのパートナーたちが CRM ソリューションを提供している。その結果として、どうやら一部の顧客たちは、個別に CRM システムを購入するというより、コンピューティング・パワーやデータ・ストレージといった、AWS サービスと抱き合わせで、それらのアプリを選んでいるようである。
 
The survey should be taken with a grain of salt — it only asked 85 Salesforce partners that mostly target medium-sized businesses. Salesforce and Microsoft play in this space, but most customers of the bigger CRM players like Oracle and SAP are large enterprises.
 
この調査は、中規模企業をターゲットとしている、85社の Salesforce のパートナーだけを対象としたものであり、その点を割り引いて見ていく必要がある。つまり、Salesforce と Microsoft は、このターゲット層で強さを示しているが、大手エンタープライズの領域では、Oracle や SAP などの CRM が、大半の顧客を取り込んでいるはずだ。
 
Still, it’s another sign of how powerful AWS is becoming in the enterprise.
 
それは、さておき、パワフルな AWS が、エンタープライズの領域に進出しようとする、あらたな兆候として認識すべきなのだろう。
 
ーーーーー
Salesforce昨年の12月に、「SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている」という抄訳をポストしましたが、それを反映するようなところで、AWS 上の CRM が注目されているのでしょう。 この、Salesforce パートナーに対する意識調査のチャートですが、最初は前年との比較だと勘違いしていましたが、よく見ると四半期の比較でした。 つまり、四半期ごとに、4% ⇒ 7% ⇒ 10% と、AWS 脅威論が高まっていることになります。まさに、クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきたのですね。 これからは、SaaS における、あらゆるカテゴリで、こうした光景を目にするようになるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
米 IoT 業界は、すでに走り始めている:他を圧倒する Smart Home の普及率をチャートで!
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
 

Comments Off on Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?

%d bloggers like this: