Agile Cat — in the cloud

モバイル・アプリ・デベロッパー: 設計や開発よりもマーケティングが難しいという、調査結果を1枚のチャートで!

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Research by agilecat.cloud on March 30, 2016
The biggest challenge building a mobile app has nothing to do with how the app works
Eugene Kim – Feb. 26, 2016
http://www.businessinsider.com/app-developers-most-challenged-by-marketing-2016-2
 
_ Business Insider
 
When it comes to mobile apps, developers are more concerned about the app’s marketing than the actual design or development sides of it.
 
モバイル・アプリの話だが、デベロッパーにとって最大の関心事が、実際の設計/開発といった側面よりも、アプリ・マーケティングに集約されていることが分かった。
 
biggest challenge for mobile app developers
BI Intelligence
 
This chart from BI Intelligence, based on a survey by mobile advertising firm InMobi, shows the biggest challenge app developers face in building a mobile app. Marketing turned out to be the single most challenging task, beating more performance-related things like design, development, and distribution.
 
モバイル・アド企業である InMobi の調査に基づきBI Intelligence が作成したチャートが、モバイルアプリを構築する上でデベロッパーたちが直面する、いくつかの問題を示している。そして、設計/開発/配布といったアプリのパフォーマンスに関連するものを抑えて、最も困難な作業としてマーケティングが突出していることが判明したのだ。
 
Within marketing, discoverability of the app was picked as the toughest problem, as nearly half of the survey respondents said they have trouble raising awareness for the app — not a big surprise, given there are millions of apps available in the mobile app market.
 
マーケティングにおける、最も困難なものとして、回答者の約半数が主張するのは、対象となるアプリを見つけ易くすることだという。つまり、自身のアプリの告知において問題を抱えているのだが、モバイル・アプリ・マーケットからダウンロードできる種類が、何百万とある現状を考えるなら、それは、大きな驚きではない。
 
SEE ALSO: This chart shows very clearly why people are disappointed by Apple Watch sales
 
ーーーーー
google-apple-app-numbersmobile_55アプリ分析企業である App Annie がリリースした、2014年のアップ・ストア・データによると、Google Play と Apple App Store に登録されているアプリ・タイトル数が、合計で 260万〜270万であることが分かります。 その勢いからすると、現時点では軽く 300万タイトルを超えているはずであり、その中で存在感を示すのが難しいという回答には、誰だって納得してしまいます。 その一方で、何をモバイルに求めるかにより、アプリの探し方も様々でしょうが、ユーザーの側だって大変といえば大変ですよね。新規のデベロッパーやアプリに対して、高いハードルを求めることには反対ですが、あまりにもダウンロード数が少なく、また、アップデートも行われていないようなアプリは、検索時にフィルタリングして欲しいとも思います。アップ・ストアの構造を改善していくことで、やる気のあるデベロッパーに、スポットライトが当たるようになると良いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone SE と 4-inch ファンの関係: 大ヒットの可能性を示す1枚のチャート!
iOS と Android の 占有率は、もはや動かないのか? モバイル OS の攻防を1枚のチャートで!
Android N の N は、Nutella の N : Chrome OS との統合は どうなる?
スマフォの浸透率が、シルバー世代でも高まっている:米調査結果を1枚のチャートで!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on モバイル・アプリ・デベロッパー: 設計や開発よりもマーケティングが難しいという、調査結果を1枚のチャートで!

Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!

Posted in Advertising, Facebook, Social, Twitter by agilecat.cloud on March 29, 2016
Facebook vs. Twitter: How Each Network Handles Advertising Differently
Kimberlee Morrison – Feb 3, 2016
http://www.adweek.com/socialtimes/facebook-vs-twitter-how-each-network-handles-advertising-differently/633657
 
_ Social Times
 
Mobile advertising grew substantially during 2015, and will likely be the driving force in ad growth in the future. It seems that Facebook’s efforts have paid off, while Twitter appears to be experiencing growing pains, despite increased revenues. So let’s examine what each network is doing differently in the ad space.
 
モバイル広告は、2015年を通じて実質的な成長を示し続け、将来における広告産業を成長させる原動力となっていくと見られている。 そして、Facebook の努力は報われているようだが、Twitter は増収にもかかわらず成長の痛みを経験しているようだ。それでは、この二つのネットワークの、広告フィールドにおける違いを確認していこう。
 
twitter-facebookPixabay
 
Facebook claimed 80 percent of the $5.6 billion generated by ads during the fourth quarter of 2015 were generated by mobile. And that’s no surprise given that 90 percent of Facebook users access the site at some point through mobile and tablet devices.
 
Facebook は、2015年 Q4 にもたらされた、$ 56 billion という広告収益のうち、80% がモバイルから生じたと主張している。 Facebook ユーザーの 90% が、モバイルおよびタブレットを介して、そのサイトにアクセスしていることを考えれば、なんの不思議もない。
 
Facebook COO Sheryl Sandberg said on a conference call with analysts:
 
Facebook の COO である Sheryl Sandberg は、その収支報告会でアナリストたちに、以下のように説明している:
 
Heading into 2016, it’s clear that consumers have shifted to mobile, and businesses know they need to catch up.
 
2016年を迎えるにあたって、明らかにすべきことがある。つまり、一般消費者のモバイルシフトが鮮明になっていることであり、あらゆる企業は、それを追いかけるべきだ。
 
Businesses are well aware of the potential of mobile advertising and pouring resources into mobile campaigns. Facebook is likely seeing these huge revenues because of its dominant position in the mobile market.
 
数多くの企業が、モバイル広告の可能性を十分に認識し、また、リソースをモバイル・キャンペーンに注入している。そして Facebook は、モバイル市場を支配しているための、ここから莫大な収益を得ているようだ。
 
Twitter has not been faring so well lately, with the recent executive exodus, and apparent challenges in its efforts to increase user growth. The latest endeavor Twitter is hoping will be a saving grace: a campaign to show users fewer ads.
 
しかし Twitter はというと、このところの幹部の退職が示すように、上手くいっているようには思えない。同社にとっての明確な課題は、ユーザー数の増加に集約されている。最近の Twitter に望まれるのは、数多くのユーザーたちに抑制されたキャンペーン広告を届け、その優雅さを維持していくという努力なのだ。
 
According to Re/code, Twitter is showing fewer ads (or zero ads in some cases) to prominent users who generate a high volume of Tweets or reach a significant number of followers. Considering the value Twitter provides by hosting content, content creators who reach the most people aren’t valuable as ad impressions but as creators and influencers.
 
Re/code によると、Twitter は著名なユーザーたちに対して、つまり、大量のツイートを生成したり、たくさんのフォロワーを抱えているユーザーたちに対して、広告の表示量を抑制しているようだ(場合によっては広告がゼロ)。Twitter におけるコンテント・ホストの価値を考慮すると、膨大な人々にリーチするコンテント作成者は、広告を表示する対象ではなく、クリエイターおよびインフルエンサーとして価値があるのだ。
 
This approach seems wise given that Twitter doesn’t have nearly the user density of Facebook, so every quality Tweet counts when it comes to keeping the user base engaged. Re/code senior editor Peter Kafka notes that if Twitter is taking this path it may as well offer subscriptions that remove ads for all users. This strategy seems to be working for YouTube.
 
Facebook ほどのユーザー密度を、Twitter が持っていないことを前提とするなら、このアプローチは賢明である。つまり、エンゲージされたユーザー・ベースを大事にするという観点で、すべてのツイートにおける品質が維持されるのだ。しかし、Re/Code の Senior Editor である Peter Kafka は、以下のような指摘もしている。この方式を Twitter が取り続けるなら、すべてのユーザーに対して、広告を削除するサブスクリプションを提供しているのと同じことになる。つまり、この戦略は、YouTube のために機能しているようなものだ。
 
Facebook is a juggernaut, so it’s unsurprising that the company is making billions in ad revenue. Twitter on the other hand is a comparatively small service that needs to provide a greater value for users. And there’s something to be said for advertising models that benefit users.
 
Facebook は巨大であるため、そこで膨大な広告経済が生じるにしても、なんの不思議もない。その一方で Twitter は、相対的に見て小規模なサービスとなり、ユーザーに大きな価値を提供していく必要がある。そして、ユーザーに利益をもたらす、なんらかの広告モデルがあるはずだと言えるのだろう。
 
ーーーーー
Adソーシャル・メディアとして、一括りにすることも可能な Facebook と Twitter ですが、それぞれのアカウントが持つ「重み」という点で、大きな違いがあります。具体的に言うと、Facebook は実名で対称型であり、Twitter は匿名で非対称となるのですが、後者のエンゲージメントの方が、範囲が広く緊密性が薄いという特徴があるようです。どちらのケースでも、プロモーションを行う際には、地域/年齢/興味などでターゲティングを設定するため、それほどの差異は生じませんが、Twitter に関しては、影響力のあるアカウントがプロモーションを RT することで、ものすごい勢いで伝搬していくこともあり得るのです。もちろん、Facebook の場合でも、プロモーションの Share が起こり得るのですが、アカウント間の関係が狭くて密であるため、その伝搬範囲も抑制されるはずです。Twitter のマネタイズには、まだまだ整理すべき問題があるようですが、Jack Dorsey が復帰せざるを得ないという正念場を、なんとか乗り切って欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
Facebook と 広告:ニュース配信に含まれる 有償ポストは3%に過ぎない!
Instagram の広告がスゴイ! Facebook レベルの 収益性が見えてきた!
Twitter と Google が提携:ツイートを検索結果に反映させる、新たな契約に両者がサインした!
 

Comments Off on Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!

IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた

Posted in .Selected, IoT, On Monday, Research by agilecat.cloud on March 28, 2016
Internet of Things (IoT): Top Ten Technologies Most Impacting IoT in the Next Two Years
By Dick Weisinger – March 25th, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-top-ten-technologies-most-impacting-iot-in-the-next-two-years/
_ formtek
Gartner says that over the next two years that the following technologies will have the broadest impact on the Internet of Things (IoT):
 
Gartner の発言によると、これからの 2年間において、 Internet of Things (IoT) に最も広範な影響を与えるものは、以下の項目になるという。
 
Security – Beyond issues like data security and encryption and secure transmissions, IoT will introduce security issues like theft and tampering, the impersonation of “things”, and denial-of-sleep attacks designed to drain the batteries of devices.
 
データ・セキュリティや、暗号化、安全な送信などを、超えたところで問題が生じる。IoT の場合には、Things に対する盗難/改竄/偽装などがあり得るが、デバイスのバッテリを浪費させる、DDoS 攻撃的な問題 (denial-of-sleep) も起こり得るだろう。
 
Gauguin_3Analytics – Analytics will be applied to data collected from devices to understand things like customer behavior, to improve products and to provide input for decision making.
 
各種のデバイスから得られるデータに対して、分析のためのロジックが適用される。それにより、顧客の行動や製品の改善といった事象への理解が促進され、また、意思決定のための入力情報が得られていく。
 
Device Management – Devices, especially those of high value or long-lived, will need to be monitored for proper functioning, physically managed, and updated with new software.
 
IoT で用いられるデバイスは、大きな価値をもたらし、長期間におよぶ運用を約束されるものとなる。したがって、適切に機能していることの監視、および、物理的な管理、ソフトウェアの更新などが不可欠となる。
 
Low Power, Short-Range IoT Networks – Low power networks are expected to dominate IoT for the next ten years.
 
これからの 10年において、低消費電力ネットワークが、IoT の世界の標準になっていくと予測される。
 
Low Power, Wide-Area Networks – Long-term, IoT networks will be able to increase data transmission rates, size of area covered, and battery life of equipment.
 
長期的に捉えると、IoT のためのネットワークが、データの伝送速度/カバーすべき領域/機器のバッテリー・ライフなどを改善していくと予測される。
 
Processors – Devices processors need to be able to better support security and encryption, decrease their power consumption, and to have firmware that can be updated.
 
各種デバイス上のプロセッサは、安全性と暗号化に関するサポートを改善し、消費電力を低減し、更新が可能なファームウェアを持つべきだろう。
 
Operating Systems – Operating systems, like Windows and Linux have huge footprints and won’t work well on cheap small devices.  New operating systems designed specifically for IoT are being developed.
 
Windows や Linux といった OS は、その規模が大きいため、安価で小型なデバイス上では上手く機能しない。したがって、IoT のために設計された新しい OS が、随所で開発されている。
 
Event Stream Processing – Some IoT applications generate tens of thousands of events and data points per second.  Analysis of huge amounts of real-time data will require the creation of distributed stream computing platforms (DSCPs).
 
いくつかの IoT アプリケーションは、数万のイベントやデータを、毎秒ごとに生成していく。膨大な量のリアルタイム・データの分析には、DSCP (distributed stream computing platforms) の開発が不可欠となる。
 
Platforms – IoT infrastructure will become more packaged as platforms.
 
IoT のインフラは、プラットフォームとして、適切にパッケージされていく。
 
Standards and Ecosystems – Increasingly it will become necessary for IoT devices to be able to bother interoperate and  intercommunicate.  Standards will help enable this.
 
IoT デバイスにおける、相互運用と相互通信への要求が、時間の経過とともに高まっていく。それを促進するためにも、いくつかの標準化が必要になるだろう。
ーーーーー
 
Nick Jones, vice president, Gartner, said that “the IoT demands an extensive range of new technologies and skills that many organizations have yet to master.  A recurring theme in the IoT space is the immaturity of technologies and services and of the vendors providing them. Architecting for this immaturity and managing the risk it creates will be a key challenge for organizations exploiting the IoT. In many technology areas, lack of skills will also pose significant challenges…  Experienced IoT security specialists are scarce, and security solutions are currently fragmented and involve multiple vendors.  New threats will emerge through 2021 as hackers find new ways to attack IoT devices and protocols, so long-lived ‘things’ may need updatable hardware and software to adapt during their life span.”
 
Gartner の VP である Nick Jones は、「 IoT が要求する、新しいテクノロジーとスキルの領域は、大半の組織にとって、これから習得していくべきものである。IoT の領域で、繰り返して生じていくテーマは、テクノロジーとサービスに関するものであり、また、それらを提供するベンダーの未熟さに関するものとなる。この未熟さを改善していくためのアーキテクチャと、そこから生じるリスクに対する管理が、IoT を実践していく組織にとって、最も重要なチャレンジになっていくだろう。また、数多くのテクノロジー分野においても、スキルの欠如が、重要なチャレンジを提起していく・・・ 経験豊富な IoT セキュリティ・スペシャリストが不足しており、現時点におけるセキュリティ・ソリューションといっても、それぞれのベンダーの中に断片化されてしまっている。これからの 5年間において、IoT のデバイスとプロトコルを攻撃する新しい方法を、ハッカーたちが見つけるにつれて、新しい脅威が溢れ出てくるだろう。したがって、長いライフタイムを与えられた Things は、更新可能なハードウェアとソフトウェアを必要とするだろう」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayたしかに、私たちの未来において、IoT は不可欠なものとなっていくでしょうが、いくつかの解決すべき問題が残されているようです。 ここに列挙された 10項目ですが、言われてみれば誰もが納得する指摘であり、また、根本的な問題として認識されるべきものです。そんな風に考えると、ちょっと悲観的になってしまいますが、すべてに対して、なんらかの取り組みが進められており、いずれは解決していくものだと、楽観的に捉えるべきなのでしょう。 いまのモバイルの世界が、10年前には誰も予測しなかった世界であるなら、いまから 10年後の世界も予測不可能なのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Security の調査: 2016年は最悪の年になるという、いくつかの予測を整理する
Cloud の調査:ユーザー企業が感じる、クラウドのメリットは何処に? すでにコストは番外に?
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
IT Spending の調査:グローバル IT 総支出が 6% も低下! 2014年のレベルに戻るのは 2019年!
Shadow IT の調査: 膨大な数の未承認クラウド・サービスが、大手企業で利用されている
 

Comments Off on IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた

iPhone SE と 4-inch ファンの関係: 大ヒットの可能性を示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Apple, Mobile, Research by agilecat.cloud on March 27, 2016
Here’s why the new small iPhone could be a big hit
Matt Rosoff – Mar. 22, 2016
http://www.businessinsider.com/iphone-usage-by-screen-size-2016-3
 
_ Business Insider
 
On Monday, Apple announced the iPhone SE, a new iPhone with a four-inch screen.
 
この月曜日 (3/21) に、Apple がアナウンスした iPhone SE とは、4-inch のスクリーンを搭載する、新しい iPhone のことである。
 
The four-inch screen is not a groundbreaking innovation — the iPhone 5, introduced in 2012, was the first Apple phone with that size of screen, and Apple has since kept other small iPhones on the market as low-end entry-level devices. In fact, the biggest deal with the the iPhone 6, introduced in 2014, was its larger 4.7-inch screen, which was an answer to the rising popularity of Samsung’s Galaxy phones. (There was also the iPhone 6 Plus with a gigantic 5.5-inch screen.)
 
この 4-inch のスクリーンを、Apple として初めて導入したのは、2012年の iPhone 5 であり、今となっては画期的なイノベーションというものではない。そして Apple は、ローエンド市場へのエントリー・デバイスとして、このサイスの iPhone を継続してきた。実際にのところ、2014年に登場した iPhone 6 が稼ぎ頭となっているが、そのスクリーン・サイズは 4.7-inch であり、人気の Samsung Galaxy に対する回答でもあるのだ。(iPhone 6 Plus は、5.5-inch という巨大なスクリーンを搭載している)
 
iphone_screen_bi
Statista
 
But while the iPhone SE may not feel particularly new, it still could be a hit. As this chart from Statista shows, about 30 percent of all iPhone users favor a phone with the old 4-inch screen. When these folks decide to buy a new phone, they’ll now be able to pick a phone with decent processing power and still get the smaller screen if they want it.
 
そして、今回の iPhone SE について言うなら、新しさを感じるものではないが、大ヒットの可能性を秘めているようだ。この Statista のチャートが示すように、全 iPhone ユーザー全体の 30% は、従来からの 4-inch スクリーンを好んでいる。つまり、それらの人々が新しいスマフォを購入するとき、それなりの処理能力の iPhone の中から、好みに合った小型のデバイスを選ぶというケースが、増えてくると思えるのだ。
 
ーーーーー
appleこのチャートの緑色の部分である、5S/5/5C を合計すると、iPhone 全体に対して、30.9% もの比率を占めることになります。 そのすべてが、iPhone SE に流れるとは思えませんが、4-inch デバイスへのニーズを、かなりの比率で吸収していくのでしょう。 このところ元気のない Apple としては、iPhone SE がヒットして欲しいはずですが、このチャートを眺める限り大丈夫そうです。それにしても、4-inch には根強い人気があるのですね 🙂 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone 神話: マーケットの右肩下がりと、iPhone の右肩下がりを、1枚のチャートで比較する!
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple には、クラウドでの成功が不可欠なのか?
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している!そのような状況を1枚のチャートで!
iPhone に 無理やり押し込まれた、不要な Apple アプリのアイコンを、iOS から見えなくするには?
 

Comments Off on iPhone SE と 4-inch ファンの関係: 大ヒットの可能性を示す1枚のチャート!

PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!

Posted in .Chronicle, Microsoft, Post-PC, Research by agilecat.cloud on March 25, 2016
The PC market may finally have found its bottom
Matt Rosoff – March 14, 2016
http://www.businessinsider.com/idc-pc-market-predictions-through-2020-2016-3
 
_ Business Insider
 
The last few years have been rough for the PC market, as annual shipments have fallen almost 25% from their peak of 364 million units in 2011.
 
この数年の PC 市場は、年間における出荷台数が、2011年 364万台のピークから 25% ほど下落するという、荒波に翻弄され続けてきた。
 
World PC shipping 2009-2020
Statista
 
But as you can see in this chart from Statista, based on estimates from market research firm IDC, the plunge may finally be over. IDC predicts annual shipments to drop only another 8% between 2015 and 2020, for a compound annual “growth” rate of -0.5%. The stabilization is a result of faster-than-expected Windows 10 adoption among companies and the rise of larger tablets, IDC says.
 
しかし、市場調査会社 IDC の推定値をベースにした、Statista のチャートを見ると、その急落現象は収まっているようだ。IDC は、2015年から 2020年にかけて、さらに 8% ほど下落すると予測しているが、複合年間率で見れば、わずか 0.5 % の低下に止まる。この安定化の要因は、予想以上に速い Windows 10 の浸透と、大型タブレットの普及だと、IDC は述べている。
 
Of course, like any prediction, this should be taken with a grain of salt — after all, IDC is also the firm that predicted in 2011 that Microsoft’s Windows Phone would pass the iPhone by 2015, which most definitely did not happen.
 
もちろん、その他の予測と同様に、控え目な数字であると捉えるべきであろう。結局のところ IDC は、2015年までに Microsoft Windows Phone が iPhone を追い越すこと、2011年の時点で予測していた調査会社なのである。
 
ーーーーー
research_55どうなってしまうのかと、誰もが心配していた PC 市場ですが、年間で 2.5億台の出荷ペースというレベルで落ち着きそうな感じです。 そして、Windows 10 が伸びているようで、とても嬉しいですね。 たとえば、喫茶店などで iPad ノマドしているときに周りを見渡すと、新品の Windows 10 タブレット/ラップトップに囲まれていることも、多々ありという感じです。それにしても、IDC が酷評されていますね。 IDC に限らず、あらゆる調査会社が、さまざまな予測を提供しているのですが、ほとんどが予測しっぱなしで、なんの検証も行われないというのが、この世界の常識なのでしょうか? 自らの予測結果を検証するコンテントなどが提供されると、なかなか人気を得ると思うのですが、如何なものなんでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Windows 10 が絶好調:すでに2億台のデバイスで走っている・・・
Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?
Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?
Microsoft と Xiaomi の思惑:Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?
Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた状況を、1枚のチャートで!
 

Comments Off on PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!

セキュリティを再考する:サイバー攻撃が生じたとき、時間は味方であり、また 敵でもある

Posted in .Selected, Research, Security by agilecat.cloud on March 23, 2016
The economics behind cyberattacks
By Networks Asia staff | Wednesday, February 3, 2016
http://www.networksasia.net/article/economics-behind-cyberattacks.1454509068
 
_Network Asia
 
Cyberattackers are opportunistic and aim for the easiest targets first, according to a survey sponsored Palo Alto Networks.
 
Palo Alto Networks が主催した調査によると、サイバー攻撃者たちは、なにかの機会に便乗し、最も攻めやすい対象を、最初のターゲットにするという。
 
Available as a downloadable report titled “Flipping the Economics of Attacks,”  the survey reveals that 72 percent of survey respondents said they won’t waste time on an attack that will not quickly yield high-value information.
 
“Flipping the Economics of Attacks” というレポートがダウンロードできるので、参照して欲しい。 この調査で明らかになったことは、重要な情報が直ちに攻撃されないケースでは、その対策に無駄な時間を割きたくないと述べる回答者が、じつに 72% にも昇ったことだ、
 
cyberattacksFlickr
Bill Smith
 
A majority of the survey’s respondents (73 percent) stated attackers hunt for easy, “cheap” targets.
 
また、回答者の大部分(73%)は、攻撃が容易で安普請なターゲットを狙うと、述べているのだ。
 
Time is the enemy of cyberattackers.  An increase of approximately 2 days (40 hours) in the time required to conduct successful cyberattacks can eliminate as much as 60 percent of all attacks.
 
しかし、言うまでもなく、サイバー攻撃者たちにとって、最大の敵は時間なのである。サイバー攻撃が成功するために、約2日間(40時間)が必要とされているが、その時間を削り取ることで、あらゆる攻撃に対して、最大で 60% の排除が可能になる。
 
On average, a technically proficient attacker will quit an attack and move on to another target after spending approximately a week (209 hours) without success.
 
平均的なデータによると、技術的に熟練した攻撃者の場合、約一週間(209時間)で攻撃が達成できないと、他のターゲットに移動するという、素早い動きを見せている。
 
The “big payday” is a myth
 
The average adversary earns less than $30,000 annually from their malicious activities, which is 1/4 of a cybersecurity professional’s average yearly wage.
 
平均的な敵対者たちは、その悪質なアクティビティから、年間で $30,000 弱を稼いでるようだが、それは、サイバー・セキュリティ専門家たちの、年間年収の 1/4 程度のものである。
 
It takes double the amount of time (147 hours) for a technically proficient cyberattacker to plan and execute an attack against an organization with an “excellent” IT security infrastructure versus 70 hours for “typical” security.
 
技術的に熟練したサイバー攻撃者が、対象となる組織への攻撃を計画/実行するためには、147時間が必要とされる。 つまり、”典型的” なセキュリティ対策に 70時間を費やす、”優れた” IT セキュリティ・インフラを有する企業の、約二倍の時間が必要になるのだ。
 
Seventy-two percent of respondents believe attackers will stop their efforts when an organization presents a strong defense.
 
回答者の 72% は、組織が強力な防御を示したとき、攻撃者は退散すると確信している。
 
“As computing costs have declined, so too have the costs for cyber adversaries to infiltrate an organization, contributing to the growing volume of threats and data breaches. Understanding the costs, motivations, payouts, and finding ways to flip the cost scenario will be instrumental in reducing the number of breaches we read about almost daily and restoring trust in our digital age,” said Davis Hake, director of cybersecurity strategy at Palo Alto Networks.
 
Palo Alto Networks の Director of Cyber Security Strategy である Davis Hake は、「コンピューティングのコストが減少するにつれて、組織に潜入するためのサイバー攻撃のコストも低下している。したがって、データへの侵害と脅威を、増長させるための貢献が繰り返されていることになる。これまでのコスト・シナリオを逆転させるほどの、対価/動機/支払/発見の道すじを理解することが、毎日のように目にする侵害の件数を削減し、デジタル時代における信頼を回復するための、有益な手段となる」と述べている。
 
“The survey illustrates the importance of threat prevention. By adopting next-generation security technologies and a breach prevention philosophy, organizations can lower the return on investment an adversary can expect from a cyberattack by such a degree that they abandon the attack before it’s completed,” added Dr. Larry Ponemon, chairman and founder, Ponemon Institute.
 
Ponemon Institute の Chairman and Founder である Dr. Larry Ponemon は、「この調査は、脅威に対する防御の重要性を示している。次世代のセキュリティ・テクノロジーと、侵害に対する防御の発想を取り入れることで、攻撃か完了する前に諦めさせ、攻撃者たちを退散させることで、そのための投資比率を引き下げられるだろう」と述べている。
 
Recommendations
 
  • Make yourself a “hard target” – Adopting a security posture with a breach prevention-first mindset, instead of a detection and incident response approach, can slow down cyberattacker enough for them to abandon the attack in favor of an easier target.
  • Invest in next-generation capabilities – Legacy point products present little deterrence to attackers. The use of next-generation security capabilities that automate preventive action and don’t rely on signatures alone or static defenses are the best defense against today’s advanced cyberthreats.
  • Turn your network visibility into actionable intelligence – A prevention-focused security posture relies on natively integrated technologies like next-generation firewalls, network intelligence, and threat information sharing. This provides defenders with a clearer picture of what is happening inside their network, versus a confusing collection of uncorrelated point products.
 
  • 攻撃が容易なターゲットにならない – 侵害の予防を第一に考えるという、セキュリティの姿勢を導入することで、検出および異変に対応するというアプローチに変えて、サイバー攻撃者たちの動きを遅らせ、また、容易なターゲットではないことを知らせる。
  • 次世代の機能に対する投資 – レガシーなプロダクトが示すのは、攻撃者に対する、わずかな抑止力である。予防の処置を自動化する、次世代セキュリティの機能を取り込み、また、今日の高度なサイバー侵害に対する最善の防御策とされる、シグネチャや静的防御には依存しない。
  • 可視化されたネットワークを実用的な情報に転換 ー 予防を重視のセキュリティの姿勢は、次世代ファイアウォール/ネットワークインテリジェンス/脅威情報の共有といった、すでに存在するテクノロジーの統合に依存するものとなる。それにより、相関性が欠落したプロダクトによる混乱を排除し、ネットワーク内で生じている事象を、明確なかたちでディフェンダーに提供する。
 
ーーーーー
research_55サイバー攻撃と、そこに費やされる時間についての、とても興味深いレポートです。 また、一般的な攻撃者の報酬も示されていますが、誰が支払うのでしょうかね? いずれにせよ、攻撃する側も、費用対効果のバランスを必要とするなら、コスト高に追い込んで、諦めさせるというロジックが成り立ちます。そして、そのためには、戸締まりも必要でしょうが、異変を素早く知ることが重要になります。 昨日の「Security の調査: 2016年は最悪の年になるという、いくつかの予測を整理する」という抄訳によると、あまり歓迎できない、いくつかの兆しが示されています。 この対訳が、何かのお役に立てば幸いです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半を占める
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れるのも怖い
Facebook の セキュリティ 5−STEP には、なんと! 遺書コンタクトまで含まれている!
最凶の Android マルウェア: root 権限を取得し、ファクトリ・リセットでも削除できない!
米諜報機関 NSA は、どのようにして暗号を解析したのか? その手法が明らかになってきた!
 

Comments Off on セキュリティを再考する:サイバー攻撃が生じたとき、時間は味方であり、また 敵でもある

TweetDeck for Windows が4月で終わってしまう: 今後は Chrome エクステンションでサポートか?

Posted in .Chronicle, Social, Twitter by agilecat.cloud on March 22, 2016
Twitter to shut down TweetDeck for Windows on April 15
TOI Tech – Mar 18, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Twitter-to-shut-down-TweetDeck-for-Windows-on-April-15/articleshow/51457725.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: Micro blogging site Twitter has announced that it is ending support for its standalone TweetDeck Windows app starting from April 15. The users will have to access the web version of TweetDeck instead of the app.
 
マイクロ・ブログ・サイトの Twitter が、同社のスタンドアロン・アプリである TweetDeck for Windows のサポートを、4月15日で終了すると発表した。したがって、ユーザーたちは、このアプリの代わりに、TweetDeck Web バージョンにアクセスせざるを得なくなる。
 
TweetDeck for WinFlickr
Mark Hillary
 
Along with this, the company also revealed that it is providing a ‘more seamless log-in experience’. The users will now be automatically logged in to TweetDeck as long as they are logged in on Twitter.com. Moreover, the Chrome users will be able to access TweetDeck by pinning it to their taskbar.
 
この移行に伴い、よりシームレスなログイン・エクスペリエンスを提供すると、同社は明らかにしている。それにより、ユーザーたちは、Twitter.com でログインしているアカウントに、TweetDeck からも自動的にログインできる。また、Chrome ユーザーたちは、タスクバーに TweetDeck を設定し、そこからアクセスすることも可能になる。
 
In the official blog post, Amy Zima, Product Manager, Twitter said, “This will help the company to focus on enhancing your TweetDeck experience. When you move from TweetDeck to Twitter websites or from these websites to TweetDeck, you’ll be automatically logged in and no longer need to log in to TweetDeck separately.”
 
 Twitter の Product Manager である Amy Zima は、同社のオフィシャル・ブログにおいて、「今回の変更により、ユーザーの TweetDeck エクスペリエンスを強化するとう、Twotter の試みが推進される。つまり、TweetDeck から Twitter Web への移動において、また、反対方向の移動において、自動的なログインが可能になる。もはや、TweetDeck に対して、個別にログインする必要はなくなる」と述べている。
 
Recently, Twitter also released its app for Windows 10 devices. Twitter for Windows 10 includes almost all the new features the social network has recently implemented, including Moments, group Direct Messages, camera support (shoot, edit, and tweet videos), and quote tweet.
 
最近のことだが、Twitter は Windows 10 用のアプリをリリースしている。この Twitter for Windows 10 は、このソーシャル・ネットワークにおける、すべての新機能を実装している。具体的に言うと、Moments/Group Direct Messages/Camera support (shoot, edit, and tweet videos)/Quote Tweet などが、そこには含まれる。
 
Twitter for Windows Phone includes a dark theme, which the company says was popular and has thus been included in the updated Windows app, that is available on desktops and tablets as well, not just phones.
 
また、Twitter for Windows Phone には、Windows アプリで評判が良かったダーク・テーマが含まれているようだ。それにより、デスクトップ/タブレット/スマフォというラインナップの中で、共通のテーマが利用できるようになる。
 
ーーーーー
TweetDeck Chrometwitter-55aAgile Cat は、Mac で TweetDeck を使っていますが、Windows 版に続いて、こちらも終了するのでしょうかね? このところ、気が付くと落ちている TweetDeck・・・というパターンが多いので、この間もバージョンを確認してみましたが、最新バージョンではあっても、そのリリース時期からは、かなりの時間が経過していました。この先、もう、アップデートは無さそうなので、Chrome エクステンションを入れてみましたが、それなりに使えそうという感じです。 このエクステンションから、復数のアカウントに接続し、これまでのように、ディフォルト・カウントを簡単に切り替えることが可能です。 しかし、TweetDeck 側の設定に応じて、Web の Twitter アカウントが切り替わることは有りませんでした。 たとえば WordPress の場合だと、スーパー・バイザー的なアカウトに対して、復数のサイトからアドメイン権限を与えることで、それらすべてのサイトを、簡単に管理できるのですが、そのような機能を、Twitter でも実現して欲しいですね。 もしくは、Facebook のページみたいな構造でも、良いのかもしれません。その意味で TweedDeck は、復数アカウントを管理するための、とても重要なアプリなのですが、すべてがシームレスにつながるというレベルには、まだ 程遠いという感じです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple が Twitter を始めた! みんなで、@AppleSupport を使ってあげよう!
米国の十代とソーシャル:Instagram と Snapchat が突っ走り、Facebook の下げは止まる
Instagram の MAU が、ついに Twitter を追い越した! それを示す1枚のチャート
各種のソーシャル・メディアが、モバイル・アプリの開発と、ネイティブ・アドの供給へ走りだす!
Twitter の DM から 140文字の制限が消え去ったようだ! 低迷から抜け出す第一弾になるのか?
 

Comments Off on TweetDeck for Windows が4月で終わってしまう: 今後は Chrome エクステンションでサポートか?

Security の調査: 2016年は最悪の年になるという、いくつかの予測を整理する

Posted in .Chronicle, On Monday, Security by agilecat.cloud on March 22, 2016
Security: No End In Sight to Massive Data Breaches in 2016
Dick Weisinger – March 17th, 2016
http://formtek.com/blog/security-no-end-in-sight-to-massive-data-breaches-in-2016/
_ formtek
The number of data breaches reported in 2015 was 781, two short of the 783 breaches reported in 2014, according to the Identity Theft Resource Center (ITRC).  As of early February 2016, 69 breaches have already been reported for the year.  A report by Verizon predicts that the number of data breaches in 2016 will break new records and the level of severity will be even higher profile than seen previously.
 
Identity Theft Resource Center (ITRC) の調べによると、2015年に報告されたデータ侵害は 781件であり、2014年の 783件と比べて 2件の減少となっている。しかし 2016年は、2月の早い時点で、すでに 69件の侵害が報告されている。Verizon の予測によると、2016年のデータ侵害は、ワースト記録に至るとされ、また、その重大さのレベルは、これまでよりも遥かに深刻なものになるという。
 
Seurat_4Barry Kouns, CEO of Risk Based Security, said that “when you analyze the data breach activity in 2015 it’s hard to find any areas of improvement.  Forty-six data breaches in 2015 exceeded one million exposed records, and that is a 24% increase over 2014.”
 
Risk Based Security の CEO である Barry Kouns は、「2015年におけるデータ侵害の傾向を分析するにしても、何らかの改善の領域が在るかとなると、それを見つけるのは困難である。2015年のデータ侵害のうち、46件に関して言うなら、それらは 100万人以上の記録を流出しており、2014年との比較で 24% も悪化していることになる」と述べている。
 
Among all industries, the medical/healthcare industry is suffering from the largest number of breaches.  The number of healthcare-related breaches is up nearly 35 percent so far this year and the number of healthcare records exposed is almost 80 percent of all exposed records.  A report by Bitglass found that more than 111 million people were victims of healthcare breaches in 2015.
 
すべての産業の中で、データ侵害に最も苦しんでいるのは、メディカル/ヘルスケアの業界である。これまでのデータ侵害において、ヘルスケア関連が占めるのは、最大で 35% 程度とされるが、今年に関して言えば、これまでに流出した医療関連記録は、すべての流出記録の 80% に相当する。Bitglass のレポートによると、2015年における医療データ侵害の犠牲者は、1.11 億人を超えるようだ。
 
Among healthcare breaches, 98 percent of leaks occurred from high-profile large-scale breaches, like Premera Blue Cross which affected 11 million customers and the breach at Anthem where 78.8 million records were affected.
 
医療データ侵害のうち、98% の流出事件は、その内容と規模において深刻なものとなっている。たとえば、Premera Blue Cross のケースでは、1,100万人の顧客情報が流出している。 また、Anthem の事件では、7,880万件の記録に影響が生じたとされる。
 
ーーーーー
On Monday先週のことですが、バングラデシュ中央銀行の口座から、約 8000万ドルが盗まれるという大事件がありました。 犯人たちが記述した送金先のスペルが間違っていたことから、この事件は途中で発覚したようですが、すべての不正送金が行われたとすると、被害総額は 10億ドルに上ったとのことです。バングラデシュ中銀によると、ハッカーは中銀のシステムに不正侵入し、送金手続きに必要な認証情報を入手し、フィリピンとスリランカへ向けて、30回以上の送金を行おうとしたようです。今日の記事で指摘されているメディカル/ヘルスケアの情報は、他への転売などを狙った犯行なのでしょうが、いまや、大手の銀行までもが、このようなアタックを受けて、大きな損害を出すという世の中になってきたようです。 どこに、どのような問題があったのか、早く解明されて欲しいですね。IoT が話題を集めていますが、いろいろな意味で、セキュリティに関する見直しが、要求されているような気がします。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半を占める
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れるのも怖い
Facebook の セキュリティ 5−STEP には、なんと! 遺書コンタクトまで含まれている!
最凶の Android マルウェア: root 権限を取得し、ファクトリ・リセットでも削除できない!
米諜報機関 NSA は、どのようにして暗号を解析したのか? その手法が明らかになってきた!
 

Comments Off on Security の調査: 2016年は最悪の年になるという、いくつかの予測を整理する

%d bloggers like this: