Agile Cat — in the cloud

Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Research, Samsung, Wearable, Xiaomi by agilecat.cloud on February 28, 2016
This chart shows very clearly why people are disappointed by Apple Watch sales
Eugene Kim – Feb. 25, 2016
http://www.businessinsider.com/why-people-are-disappointed-by-apple-watch-sales-2016-2
 
_ Business Insider
 
Apple sold 4.1 million Apple Watches in the fourth quarter of 2015, according to IDC estimates. That makes it the second-best selling wearable device in the quarter, trailing only Fitbit.
 
Apple Watch の、2015年 Q4 における出荷数は 410万台だと、IDC は推定している。それは、Fitbit に続く、二番手のベスト・セラー・ウェアラブル・デバイスとなる。
 
But most people were disappointed by Apple Watch’s sales figures. Why? Because Apple Watch failed to bring a significant holiday jump in its sales during the quarter, typically the best-selling period of the year.
 
しかし、大半の人々は、Apple Watch の売行きに失望している。何故だろうか? それは、年間で最も売上が伸びるはずの、クリスマス・シーズンの四半期を、不発で終えたからである。
 
Global Wareable Market
Statista
 
This chart by Statista, based on data from IDC, shows Apple Watch’s holiday sales only saw a slight bump compared to previous quarters. In contrast, Fitbit’s sales jumped 72% from the previous quarter, while smaller players like Garmin and Samsung both saw increases. Xiaomi’s sales dropped sequentially, but it saw a whopping 285% jump year-over-year.
 
IDC のデータから Statista が作成したチャートを見ると、Apple Watch のクリスマス・セールスは、直前の四半期を比べて、わずかに伸びているだけだ。それとは対照的に、Fitbit の販売台数は 72% も上昇し、また、Garmin と Samsung も、小規模ながら成長している。Xiaomi は、その数字を低下させているが、それでも、前年比で見ると 285% のアップとなっている。
 
There could be a lot of reasons for the slow growth, but as IDC’s Jitesh Ubrani told Business Insider, it might be due to the smartwatch’s lack of appeal to the general public.
 
この低成長には、数多くの理由があるのだろう。しかし、IDC の Jitesh Ubrani は Business Insider に対し、スマート・ウォッチには魅力が無いと、一般的な人々が捉えている可能性があると述べている。
 
“Some of that can be attributed to early-on supply chain issues, but I think most of it is attributed to people just not seeing the value in the smartwatch just yet,” Ubrani said. “The price has been very high on these things, and function-wise, they don’t offer a lot of new functionality when it compares to the smartphone.”
 
そして Ubrani は、「たしかに、その初期においては、いくつかの問題がサプライ・チェーンにあった。しかし、私の考えは、人々がスマート・ウォッチに対して、依然として価値を見出していないところに集約される。それらのプロダクトと機能に対して、きわめて高い価格が設定されている。そして、スマートフォンとスマート・ウォッチを比較して、後者が多くの新機能を提供しているとは思えない」と続けている。
 
ーーーーー
Wearableスマフォの後に続くパーソナル・デバイスは、スマフォを置き換えていくという、未来を見せなければダメだと思うのです。そう考えると、まだ時期尚早なのかもしれませんね。入力と出力の問題を解決しながら、いまのスマフォの機能を時計(などの)の容積に収めるには、まだ、何年かを費やす必要があるのでしょう。そして、Android Wear ベースのプロダクトであれば、iPhone ユーザーを取りに行くべきでしょうし、それと同様に、Apple Watch は Android ユーザーを取りに行くべきなのです。 しかし、現状は iPhone のアクセサリという位置づけであり、これでは迫力に欠けてしまいます。その一方で、Fitbit ですが、こちらは企業ユーザーを開拓しているようですね。職務時における従業員の健康状態が気になる、たとえば、交通や建設などの業種で採用が進んでいると、どこかで読んだ記憶があります。 日本でも、深夜バスなどで採用されると良いなぁ〜〜〜 と思ってしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?
一般の消費者たちは、ガジェットに飽きてしまったのか? それを示す1枚のチャート!
Apple Watch 2 の、3月発売という見込みは無くなったようだ
Apple Watch の $100 ディスカウントが始まった: Ver 2 のリリースは 3月なのか?
GoPro が失速している:その状況を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!

%d bloggers like this: