Agile Cat — in the cloud

Software-Defined X の調査:ソフトウェアが世界を飲み込んでいく 2016年

Posted in .Chronicle, On Monday, SDN by agilecat.cloud on February 15, 2016
Software-Defined Everything (SDx): Using Software as the Platform for Building Businesses
Dick Weisinger – February 5th, 2016
http://formtek.com/blog/software-defined-everything-sdx-using-software-as-the-platform-for-building-businesses/
_ formtek
Marc Andreessensaid that “software is eating the world”.   Software is becoming the controlling factor for how almost everything works.
 
Marc Andreessen の、「ソフトウェアが世界を飲み込む」という言葉が、誰の耳にも残っていることだろう。そしてソフトウェアは、あらゆる機能や動作を制御する要因になってきている。
 
In 2015 we saw the continued rise of software with the emergence of technologies like the Software-Defined Network (SDN), Software-Defined Storage (SDS), and the Software-defined Data Center (SDDC).  Market research group Technavio expects that the Software-Defined Everything (SDx) market will grow annually at a rate of 32 percent over the next five years.
 
2015年の私たちは、Software-Defined Network (SDN) や、Software-Defined Storage (SDS)、そして Software-defined Data Center (SDDC) といったテクノロジーの興隆を伴う、ソフトウェアの継続的な成長を確認してきた。マーケット調査グループである Technavio の推測によると、この Software-Defined Everything (SDx) マーケットは、これからの 5年間を通じて、32% (年間) のペースで成長していくという。
 
Dali_1Software-Defined technologies are attractive because they typically are cost savers.  They enable businesses to run leaner and more innovatively.  Software can reduce the amount and level of sophistication of hardware needed, and it can also reduce the labor costs needed to oversee operations.  SDDCs, for example, are being designed to use less hardware — things like servers, racks, disk and tape, routers and switches — automating many tasks that were labor intensive, and reducing costs like power consumption and cooling.
 
Software-Defined が魅力的なのは、それらが、いわゆるコスト・セーバーであるからだ。そして、ユーザー企業における、直線的で革新的なビジネスを実現していく役割を担っている。つまり、ソフトウェアが、必要とされるハードウェアの量的/質的なレベルを洗練されたかたちで抑制し、また、運用に掛かる人件費も削減していくのだ。たとえば、SDCC のケースに関して言えば、より少ないハードウェア(Server/Rack/Disk and Tape/Router/Switch)で目的が達成されるようにデザインされ、また、労働集約的だった大量のタスクを自動化し、電力や冷却などのコストを削減していく。
 
Jim O’Reilly, IT consultant, said that “there’s a point at which legacy [infrastructure] can’t hold up against economics, and we’re very close to it and even past it in some ways.  [2016] could be the tipping point — SDS and SDN will push this question very hard.”
 
IT consultant である Jim O’Reilly は、「いくつかの視点があるが、レガシー・インフラでは、経済的に持ちこたえることが困難なのだ。 その問題に、私たちは直面しており、何らかの方法で乗り越えなければならない。2016年は、その意味での転換期になるだろう。この難しい問題に、SDS と SDN が、突進していくことになる」と述べている。
 
Gartner explains the importance of SDx technology by saying that “to deal with the rapidly changing demands of digital business and scale systems up — or down — rapidly, computing has to move away from static to dynamic models.”  The dynamic characteristics of software provide greater flexibility with system modeling and reconfiguration.
 
Gartner は SDx テクノロジーの重要性について、「デジタル・ビジネスの急激な変化や、システム・スケールの上下動に対応するためには、静的モデルから動的モデルへと、コンピューティングを移行させる必要がある。そのためには、ソフトウェアの動的な特性により、より柔軟な環境を提供し、システムのモデリングと再コンフィグレーションに取り組まなければならない」と説明している。
 
Software is becoming the center for communication and interactions and will provide the foundation on which companies build and run their businesses.
 
ソフトウェアは、コミュニケーションとインタラクションの中心になってきている。 そして、企業がビジネスを構築/運用する際の、基盤を提供するようになっていく。
 
ーーーーー
On MondaySoftware-Defined X は、これから、どのくらい増えるのでしょうかね? きっと、ハードウェアが主役だったインフラの領域が、ソフトウエアが前面に立つかたちで、次々と再生されていくのでしょう。また、その上位レイヤには X as a Service があり、こちらの方が事例も増えていきそうですね。 有名なものとして、Cisco as a Service と呼ばれる CloudFlare がありますし、人気の SORACOM Air に関しては、Ericsson as a Service と呼んでも良いのではと、個人的には思っているくらいです。先週は、最高の利益を上げながら、先行きを不安視される Apple と、20年間も利益を一定に保ち、それを高く評価される Amazon という、まったく対照的な二つの抄訳をポストしました。 企業を評価する尺度が PL だけでは無くなり、高品質なソフトウェア・サービスを、安定して供給することを重視する方向へと、少しずつ変化しているようにも思えてきます。その意味では、ソーシャル・メディアにおける MUA や DAU なども、企業を評価する新しい指標なのでしょう。Marc Andreessen の、あの言葉が、現実味を帯びていく 2016年になりそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する
Container の調査: エンタープライズ DevOps のためにも、コンテナが不可欠だ!
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りる
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
 

Comments Off on Software-Defined X の調査:ソフトウェアが世界を飲み込んでいく 2016年

%d bloggers like this: