Agile Cat — in the cloud

考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

Posted in .Chronicle, Apple, Businesses, Mobile, Post-PC by agilecat.cloud on February 13, 2016
APPLE: THE WORST-CASE SCENARIO — 2016
Jim Edwards – Feb 7, 2016
http://uk.businessinsider.com/apple-the-worst-case-scenario-2016-2
 
_ Business Insider
 
Apple just booked its biggest ever quarter, with revenues of $76 billion (£52.4 billion). Profits were $18.4 billion — the most of any company, ever.
 
Apple は、その歴史において、最大の売上である $76 billion (£52.4 billion) を計上して、直近の四半期決算をクローズした。その、 $18.4 billion  という利益も、あらゆる企業の中で最高のものである。
 
apple deathMike Nudelman
Business Insider
 
It also sold 74.7 million iPhones — another record. The company could not be in better shape.
 
また、7,470万台の iPhone を販売したことも、もう一つの記録となる。同社にとって、これ以上の成果はあり得ないだろう。
 
And yet Apple is a troubled beast:
 
それなのに Apple は、猛獣のような問題を抱えている:
 
 
  • APPL の投資家たちは、この12ヶ月の間に、株価が $133 から $96へ下降するという、28% の損失を味わっている。
  • CEO である Tim Cook は、直近の収支報告において、iPhone の販売量が減少傾向にあることを認めている。
  • その四半期の iPhone は、ある国を除いて、すべてのグローバル市場でシェアを失っている
  • その他の主力プロダクツである、iPad や Mac なども、すでに衰退傾向にある
  • そして、Wall Street のアナリストたちは、これから登場する iPhone 7 が、このトゲを抜けるのかどうかと、不安げに見守っている。Raymond James の  Tavis C. McCourt と Mike Koban は、「2017年も成長すると予測しているが、重要な iPhone 7 が大成功を収めるとは思っていない」と、最近のステートメントで述べている。
 
 The fear is that Apple is at its peak, and the only way from here is down.
 
いまの Apple が、ピークに達しており、あとは下るのみという、恐怖が存在する。
 
Of course, only idiots bet against Apple. The company has a history of confounding its critics by emerging from brief troughs with renewed growth and exciting products. (Just look what didn’t happen the last time we examined the worst-case scenario for Apple!)
 
Apple にのめり込むことは、もちろん避けるべきである。同社は、新たな成長分野と、興奮を伴う製品により、谷底から這い上がることで、批判を逃れていくという歴史を有している。(前回の危機において、Apple に最悪のシナリオが生じなかったことを、思い出すべきなのだろう!)
 
Nonetheless, it’s worth asking: What would happen to Apple if everything that can go wrong does go wrong? Here’s the worst-case scenario.
 
それにもかかわらず、すべてが上手くいかない場合に、何が Apple に起こるのかと、問いかけることは、意味のあることだ。それが、ここで言う、最悪のシナリオである。
 
ーーーーー
appleこの記事は、おそらく、投資家を対象としたものなのでしょう。 とは言え、懸念される不安材料は、いずれも事実であり、たとえばアプリ・デベロッパーにとっては、とても心配な材料になるはずです。 そして、デバイスと平行して機能する、パワフルなクラウド・サービスを、Apple が作れていないことが、最大の論点になるという見方もあります。 先週に、GoPro の問題を指摘する抄訳をポストしましたが、Apple が大きな GoPro なのか、GoPro が小さな Apple なのかという、かなり飛躍した対比が頭をよぎってしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on 考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

%d bloggers like this: