Agile Cat — in the cloud

Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Research by agilecat.cloud on February 3, 2016
Alphabet passes Apple as most valuable firm after hours
Ari Levy – Feb 1, 2016
http://www.cnbc.com/2016/02/01/google-passes-apple-as-most-valuable-company.htms
 
_CNBC
 
Google parent Alphabet was set to pass Apple as the most valuable company in the world on Tuesday. At Monday’s after-hours levels (which technically reflect an indication, but not the real-world value), Alphabet’s market cap would roughly be $570 billion, eclipsing Apple’s current market cap of about $535 billion.
 
この火曜日 (2/2) のことだが、Google の親会社である Alphabet が、世界で最も価値のある企業の座を、Apple から奪い取ることになった。 月曜日の時間外取引において(あるシステム内の指標であり、現実の価値を反映したものでない)、Alphabet の時価総額が約 $570 billion に至り、Apple の $535 billion を覆い隠したのだ。
 
Google CampusWikipedia
 
The last time Google was more valuable than Apple was in February 2010, when both companies were worth less than $200 billion. At the time, Apple had yet to release its first iPad, the newest iPhone on the market was the 3GS, and the Mac was the company’s biggest product line, accounting for one-third of revenue. Steve Jobs was still at the helm.
 
この資産価値の比較で、前回に Google が Apple を上回ったのは、2010年2月 のことであり、両社の評価額は $200 billion に至っていなかった。その当時の Apple は、iPad のデビューに邁進しており、マーケットに提供されている iPhone は 3GS という状況だった。 そして、稼ぎ頭である Mac が、収益の 1/3 を占め、Steve Jobs が実権を握っているという時代であった。
 
Google was being guided by Eric Schmidt, who would hand control back to co-founder Larry Page the following year. The company was a little more than half its current size.
 
Google の方はというと、Eric Schmidt が率いている状況であり(その後に、Co-Founder である Larry Page に、トップの座が戻されることになった)、その規模も現在の半分ほどのものであった。
 
Aple vs Google .JPGClick to Large >>>
Apple vs. Alphabet
Chart source: FactSet
 
Apple and Google actually flip-flopped multiple times between 2008 and early 2010, before Apple went on a historic tear, jumping from $180 billion in value to over $650 billion in September 2012. At that point, the two companies were separated by over $400 billion. In 2011, Apple passed Exxon to become the world’s most valuable company.
 
2008年 から 2010年の初頭にかけて、Apple と Google のポジションは、何度も入れ替わってきた。 しかし、当時で $180 billion と評価されていた Apple は、iPhone が歴史的な成長を達成したことで、2012年9月に $650 billion に至り、両社の差は $400 billion 以上に開くことになった。 なお、2011年に Apple は Exxon を追い抜き、最も価値のある企業の座を手に入れている。
 
It’s hard to believe that Google was the more valuable company from the time of its IPO in 2004 until April 2008. Then iPhone madness began.
 
2004年に IPO に至った Google が、2008年4月の時点で Apple を上回っていたというのは、いまとなってみれば信じがたいことである。 そして、その後に、iPhone の怒涛の快進撃が始まったのだ。
 
Google’s latest rise versus Apple began in July. From that point through the end of 2015, its shares soared 44 percent, while Apple’s sank 16 percent.
 
そして、昨年の 7月ころから、Google が Apple を猛追し始めた。その時点から、2015年の終わりまでの間で、Google の株価は 44% も上昇したが、Apple は 16% を失っている。
 
Apple’s main problem is its reliance on the iPhone, which now accounts for two-thirds of revenue. It’s a massive business, but sales in the fiscal first quarter increased only 1 percent from a year earlier, while iPad and Mac revenue dropped. Investors are concerned that unless Apple changes course and decides to compete with lower cost Android manufacturers on price, the iPhone’s best days are in the past.
 
いまの Apple にとっては、収益の 2/3 以上を iPhone だけに依存していることが、大きな問題となっている。もちろん、それはビッグ・ビジネスであるが、2015年 Q4 の売上はというと、前年比で 1% の成長に留まり、また、iPad と Mac の収益は低下しているのだ。そして、Apple が方針を変更し、低コスト Android のメーカーたちと、価格面で競争しないかぎり、iPhone の栄光が過去のものになると、投資家たちは懸念しているだ。
 
Meanwhile, Google is convincing investors that in the transition from Web to mobile it will maintain its dominance. According to eMarketer, Google is poised to capture 32 percent of the mobile ad market this year and next, staying well ahead of Facebook, which is around 20 percent. The company generates so much profit from its digital ad business that it can invest in all sorts of potential growth areas, namely autonomous driving and extending life.
 
その一方で Google は、Web から Mobile へと、その優位性を移行させるという点で、投資家たちの理解を得ている。eMarketer によると、今年から来年にかけて Google は、モバイル・アド市場で 32% のシェアを獲得するための、態勢を整えているようだ。 つまり、20% 前後といわれる Facebook に対して、かなり先行していることになる。周知のとおり、Google はデジタル・アド事業から、膨大な利益を生み出している。そして、それにより、自律走行車やヘルスケアといった、あらゆる成長分野への投資を可能にしているのだ。
 
ーーーーー
research_55これには、驚きましたね! Apple の調子が良くないことは、各種のメディアから報道されていましたが、こんなに Alphabet/Google が伸びているとは、まったく気づきませんでした。 昨年に、「Google と 中国 と Alphabet:これからの 戦略を Sergey Brin が語った」と、「Google Play を中国マーケットで展開したいが、それは 自分の役割ではない ー Larry Page」という抄訳を続けてポストしましたが、ビジネスの多角化と、Sundar Pichai への権限譲渡などが、安定した成長を達成する要素として評価されているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけという状況チャートで!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
iPhone から Android への乗り換えツールを、Apple が提供するというウワサ が!
 

Comments Off on Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!

%d bloggers like this: