Agile Cat — in the cloud

Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!

Posted in .Selected, Asia, Oracle, Social, Strategy, Tencent by agilecat.cloud on January 19, 2016
Oracle, Tencent Reach Agreement To Advance Cloud Services In China
John Foley, Oracle – Nov 13, 2015
http://www.forbes.com/sites/oracle/2015/11/13/oracle-tencent-reach-agreement-to-advance-cloud-services-in-china/
 
_ Forbes
 
Beijing — Oracle has signed a non-binding memorandum of understanding with Tencent Cloud, China’s largest and most-used internet service portal, with an objective of offering cloud services in China.
 
Beijing — Oracle は、China で最も利用されている、最大のインターネット・サービス・ポータルである Tencent Cloud と、MOU(non-binding memorandum of understanding)を締結し、同国でのクラウド・サービスの提供へ向けて進むことになった。
 
Tencent OracleThe agreement, which signals the growing similarity between business and consumer technology services, was announced November 12 by Loic Le Guisquet, Oracle’s president for Europe, Middle East and Africa (EMEA) and Asia Pacific, at Oracle CloudWorld in Beijing.
 
今回の合意は、Beijing で開催された Oracle Cloud World において (11月12日)、同社の President for EMEA and Asia Pacific である Loic Le Guisquet がアナウンスしたものであり、企業と消費者へ向けたテクノロジー・サービス間で、類似性が増大していることを、知らせるものでもある。
 
“This is a very big thing,” Le Guisquet told a standing-room only audience of some 2,000 people. “We wanted a partner who understands social, who understands mobile, like nobody else, because that’s the new era. This is a unique combination.”
 
Le Guisquet は、2,000人のオーディエンスが溢れるレセプション会場で、「 この合意は、きわめて重要なものである。 私たちが求めてきたのは、他の誰よりもソーシャルとモバイルを理解する、つまり、新しい世代を理解するパートナーである。そのためには、この2つの組み合わせが、不可欠なのだ」と、説明していた。
 
Tencent, based in Shenzhen, China, is a powerhouse in mobile, social, and consumer web applications, and perhaps best known for its fast-growing WeChat mobile messaging service. Another one of its services, the QQ instant message service, has at last count some 860 million active users, mainly in China.
 
Shenzhen (深圳), China をベースとする Tencent は、モバイル/ソーシャル/コンシューマ Web アプリの巨人であり、また、WeChat モバイル・メッセージング・サービスを急成長させたことで、多くの人々に知られるようになった。同社における別のサービスとしては、QQ インスタント・メッセージ・サービスがあり、最新の情報によると、China を中心に 8.6億人のアクティブ・ユーザーを持つとされる。
 
Under the new agreement, Oracle’s portfolio of cloud services will be offered in China. In addition, Oracle and Tencent plan to integrate their cloud services and jointly promote them in China.
 
今回の合意に基づき、Oracle のクラウド・サービス・ポートフォリオが、China に提供されるようになる。また、Oracle と Tencent の計画によると、両社のクラウド・サービスは統合され、China におけるプロモーションも共同で推進される。
 
The arrangement covers software as a service (SaaS), platform as a service (PaaS), and infrastructure as a service (IaaS), all based on Oracle products and technologies, and it will likely result in the establishment of Oracle’s first data center in China. Oracle and Tencent will establish a business collaboration committee to determine next steps.
 
この合意は、SaaS/PaaS/IaaS といった、Oracle における全てのプロダクトとサービスをカバーするものになる。そして、Oracle としては初めての、Chine におけるデータセンターの構築まで視野に入っているのだろう。また、Oracle と Tencent は、次のステップへと進めるための、業務提携コミッティを設立することになる。
 
TencentTencent’s Dowson Tong, left, and Oracle’s Loic Le Guisquet announce plans to work together.
 
Tencent Cloud has grown into the leading public cloud service provider in China. “We hope to further strengthen Tencent Cloud’s capability, extend the range of service, fully understand customers’ choice with respect and support through the partnership with Oracle,” said Dowson Tong, Tencent’s senior executive vice president and president for Social Network Group.
 
Tencent Cloud は、China におけるパブリック・クラウド・サービスの、リーディング・プロバイダーとして成長してきた。Tencent の Senior Executive VP と President for Social Network Group を兼任する Dowson Tong は、「私たちは、Tencent Cloud の能力を、さらに強化していく。 それは、Oracle とのパートナーシップを通じて、サービスの範囲を拡張し、また、顧客の選択肢を理解し、サポートを尊重することで達成される」と述べている。
 
During his CloudWorld keynote presentation, Le Guisquet highlighted three ways that Oracle’s cloud strategy is unique from other cloud companies. He pointed to the “security in silicon” design of Oracle’s new SPARC M7 microprocessor, which provides always-on security for all levels of the cloud stack; to the flexibility Oracle gives customers in choosing a cloud deployment model (public or private); and to Oracle’s range of PaaS services, which include data management, development tools, big data, integration, and the Internet of Things.
 
Cloud World のキーノートで Le Guisquet は、Oracle のクラウド戦略について、他のクラウド・ベンダーとは異なる、3つのユニークな視点を強調していた。まず、彼は、Oracle の新しい SPARC M7 マイクロ・プロセッサに実装される、“Security in Silicon” デザインにより、すべてのクラウド・スタック・レベルにおいて、常にセキュリティが提供される点を指摘していた。また、Oracle は、パブリックとプライベートによる、クラウド・デプロイメントのモデルにより、顧客の選択に柔軟性をもたらすという。そして、Oracle の PaaS が、データ管理/開発ツール/ビッグ・データ/インテグレーション/IoT などを含む、広範囲におよぶレンジを提供すると述べていた。
 
In a media briefing after the keynote, Le Guisquet and Tong were joined by Roger Li, managing director of Oracle China, and by Lucas Liu, vice president of cloud computing with Tencent Cloud.
 
なお、このキーノートの後に行われたメディア・ブリーフィングには、Le Guisquet と Tong に加えて、Oracle China の Managing Director である Roger Li と、Tencent Cloud の VP of Cloud Computing である Lucas Liu も同席した。
 
A New Era of Cloud Computing
 
“It’s an important day for us, and we think a very important day for cloud in China,” Le Guisquet said. “I’m sure this is going to be the start of a new era of cloud computing for the enterprise in China.”
 
Le Guisquet は、「 今日は、私たちにとって重要な日であると同時に、China におけるクラウドにとっても、きわめて重要な日だと思う。China におけるエンタープライズ・クラウド・コンピューティング新時代の、幕開けになると、私は確信している」と述べている。
 
One journalist asked the executives what made Tencent, with its strength in consumer apps, and Oracle, a leader in enterprise cloud services, a compelling combination for China’s burgeoning cloud market. They responded that consumer and business apps are converging, and that as that happens, the distinction between them is diminishing.
 
あるジャーナリストが、Tencent の強力なコンシューマ・アプリと、Oracle の先進的なエンタープライズ・クラウド・サービスを組み合わせることで、何が生じるのかと、Tencent の幹部に尋ねた。それは、China で急成長するクラウド市場において、魅力的な組み合わせなのかという問いである。それに対して、プレゼンターたちは、コンシューマとエンタープライズのアプリが、合流しようとしていると回答していた。そして、傾向が進むに連れて、両者間を区別するものが、減少していると説明していた。
 
At the same time, Oracle’s experience in the enterprise market and Tencent’s experience in the consumer market are complementary, they said.
 
それと同時に、彼らは、エンタープライズ市場における Oracle のエクスペリエンスと、コンシューマ市場における Tencent のエクスペリエンスは、相互に補完しあうとも述べていた。
 
Le Guisquet said he has “very ambitious” expectations for Oracle’s agreement with Tencent, and he mentioned several factors that make the timing right. For one thing, the arrangement could make it easier for small businesses in China to adopt cloud services. In addition, Oracle’s large installed base of customers in China will now have cloud options that let them preserve their investment in Oracle technologies.
 
Le Guisquet は、Tencent と Oracle の合意において、大いなる期待を抱いており、また、いくつかの要因について考えると、そのタイミングが、きわめて適切だったと述べている。まず、今回の合意により、China の中小企業がきわめて容易に、クラウド・サービスを採用できるようになる点を指摘していた。また、China における Oracle の大手顧客が、今後も Oracle テクノロジへーに投資し続ける上で、さらなるクラウド・オプションを手にすることも指摘していた。
 
And finally, Le Guisquet said, the melding of consumer and enterprise capabilities is the wave of the future.
 
そして、締め括りの言葉として、コンシューマ市場とエンタープライス市場における能力が融合することで、未来へ向けた大きな波が生じると、Le Guisquet は述べていた。
 
Read more on Oracle.com:
 
ーーーーー
Tencentこの記事を見つけたときには、いわゆる米中提携なのかと思っていました。 しかし、訳し始めると、エンタープライズとコンシューマの融合であることが分かってきたのです。 Oracle については、説明する必要もないでしょうが、日本から見た Tencent は、WeChat の会社というイメージでしかありませんよね。 しかし、この WeChat は単なるメッセージング・アプリではなく、驚くほど広範囲におよぶペイメント・ビジネスの、基盤として機能しているのです。この提携により、どのようなビジネスが生まれるのかと、予測するのは無親しいですが、ワクワクする展開になるのは、間違いないでしょう。 ちなみに、中国市場への参入で先行しているのは、Microsoft Azure であり、(おそらく)中国国内法との関係から、21Vianet が運営の事業体となっているはずですが、今回の Oracle のケースにおいても、Tencent が事業体となり、グレートファイヤーウォールを乗り越えているのだと思います。 昨年は Alibaba/Aliyun が外へ飛び出てくる年でしたが、今年は、Microsoft/Oracle/AWS などが、中国市場へ本格参入する年になりそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
China と Asia のテック・カンパニーは、グローバル・マーケットを目指す: Tencent は語る
WeChat は中国の Facebook: この7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?
習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!
Tencent ユーザーがピンチだ : 中国のキャリアが課金を検討か?
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
 

Comments Off on Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!

%d bloggers like this: