Agile Cat — in the cloud

AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!

Posted in .Selected, Amazon, API, IoT, Strategy by agilecat.cloud on January 12, 2016
AWS Announces IoT Platform With Deep AWS Integration
Romin Irani, Contributing Writer – Oct. 15 2015
http://www.programmableweb.com/news/aws-announces-iot-platform-deep-aws-integration/2015/10/15
 
_ ProgrammableWeb
 
At the most recent re:Invent conference, Amazon Web Services (AWS) announced its entry in the Internet of Things (IoT) space. The AWS IoT platform as expected brings not just the scale expected of AWS, but introduces deep integration with services in the AWS ecosystem along with Device SDKs, and Starter Device Kits that are ready to kick-start your IoT development.
 
先日の re:Invent 2015 Conference において、Amazon Web Services(AWS)は、Internet of Things (IoT) スペースへの参入について発表した。この AWS の IoT プラットフォームは、AWS に期待されるスケールをもたらすだけではなく、これまでの AWS エコシステムのサービスと、Device SDKs および Starter Device Kits を緊密に統合するものだと紹介されていた。それにより、誰もが IoT の開発をキック・スタートできるようになる。
 
re_invent_2015At its heart, AWS IoT is a Managed IoT platform that provides a Message Broker which can handle messages published by your devices, as well as a Rules Engines that can transform and invoke actions both into other AWS Services and back to your devices.
 
AWS IoT の中核となるのは、Message Broker を提供する Managed IoT  プラットフォームであり、利用されているデバイスからのメッセージを処理することになる。 それに加えて、Rules Engines も提供され、各種の AWS サービスとデバイスの間で用いられるアクションを呼び出し、状況に応じて適合させていく。
 
これが、AWS IoT の概念図であり、緑の部分が IoT Platform となる。
 
A high level diagram of AWS IoT is shown below, with the IoT Platform shown in green.
 
AWS IoT PlatformClick to Large >>>
 
“Things” are devices that you need to control. They publish messages to the broker via the MQTT protocol (note that HTTP is also supported). The Message Broker can then deliver the message to subscribers, IoT Applications, or other Things. Security and Identity is a first-class citizen in this platform and needs to be taken care from the ground up. The Rules Engine is pretty interesting and it can not just transform the data but route the message back to not just subscribers/applications but also invoke the rest of the services available in the AWS Ecosystem like DynamoDB, Lambda functions and more.
 
“Things”  とは、ここでコントロールすべきデバイスのことである。それらが発行するメッセージは、MQTT プロトコル(HTTP もサポートされていることに注意)を介して Message Broker へと至る。続いて、この Message Broker は、受信したメッセージを、他の Subscriber/IoT Application/Things へと配信する。セキュリティと ID は、このプラットフォームで最も大切なオブジェクトであり、また、徹底的に精査される必要がる。Rules Engine は、とても興味深いものであり、データだけでなく、その転送ルートも変換する。 それによりメッセージは、Subscriber/Application 以外にも転送されることになる。それだけではなく、AWS Ecosystem における DynamoDB/Lambda といった、その他のサービスも呼び出せる。
 
The Thing Shadow is a very interesting concept and is key to disconnected Things. Given the conditions that Things would operate it, it is very likely that due to bad connectivity, they are not always in a connected state. This means that when a message is likely to be pushed to the Thing, it is not available. In comes the concept of Thing Shadow to address it.
 
Thing Shadow は、きわめて興味深いコンセプトであり、また、ディスコネクトされた Things にとって重要なものとなる。Things を運用する条件を考えると、コネクションが不良なケースと、たまにコネクトされるケースは、きわめて似ている。つまり、Things へ向けてメッセージがプッシュされたときに、相手が接続されていないこともある。Thing Shadow の in-comes のコンセプトが、そのような状況に対応する。
 
A Thing Shadow is a copy of your Thing state in the Cloud and contains the last known state and a desired state. When a Thing is connected again, the state is synced with the Thing Shadow. Applications too can control the state of a Thing by simply using the REST API to control the Thing Shadow state. Check out How It Works section for more details on the core building blocks of the AWS IoT Platform.
 
具体的に言うと、対象となる Thngs のコピーを、クラウド内に保持しているのが Thing Shadow であり、最終のステートと、望ましいステートを、その内部に確保している。そして、Things が再びコネクトされると、その時のステートが Thing Shadow と同期される。この、Thing Shadow のステートを、REST API を用いてシンプルにコントロールすることで、アプリケーションによる Things のステート管理が、きわめて容易になる。より詳細な情報に関しては、AWS IoT Platform コア・ビルディング・ブロックの、How It Works をチェックしてほしい。
 
Amazon has made sure that developers can interact with the IoT Platform via its standard SDK but it also has a Device SDK that you makes it easy for developers to connect to the IoT Gateway. The Device SDK is available for C, JavaScript and Arduino. Check out the Device SDK page, from where you can even download the same.
 
Amazon が検証してきたことは、開発者たちが標準の SDK を介して、この IoT Platform をインタラクトできることである。また、Device SDK を用いて、IoT Gateway へのコネクションを、容易に開発できることも、そこに含まれる。この、Device SDK は、C/JavaScript/Arduino に対応している。先ほどと同様に、コア・ビルディング・ブロックの、Device SDK ページをチェックしてほしい。
 
The maker community is well versed with using Kits that have helped them write IoT applications and it would be interesting to them that AWS has partnered with various Device Manufacturers to help jump start the applications. These starter kits contain all you need to get connected to the AWS IoT Gateway. The Starter kits are from various vendors including Intel Edison, Beaglebone and more.
 
一般的に、メーカー・コミュニティは、そのキットの使い方に精通しているため、IoT アプリケーションの記述を支援してくれるだろう。AWS と各種デバイス・メーカーが提携し、AWS アプリケーションのジャンプ・スタートを支援していくことに、それらのコミュニティは興味を示すだろう。それらのスタート・キットは、AWS IoT Gateway をコネクトするための、あらゆる情報を提供してくれる。Intel Edison や Beaglebone などを含む、各種のベンダーから、この Starter Kits は提供される。
 
For AWS developers, the IoT platform is an excellent gateway to help build their Internet of Things applications. If you are invested in the AWS Ecosystem, you are probably using multiple services and this close integration is a big win for developers.
 
AWS デベロッパーにとって、この IoT Platform は、IoT アプリケーションを開発するための、素晴らしいエントランスになるだろう。あなたが、AWS エコシステムにコミットしているなら、おそらく、数多くの既存サービスを利用できるだろう。 そして、この緊密なインテグレーションが、デベロッパーを勝利へと導く。
 
ーーーーー
IoTこの記事は、re:Invent 2015 の直後にポストされていたものであり、ちょっと間が空いてしまいましたが、ようやく対訳をポストできました。その後の AWS IoT ですが、昨年末に一般公開され、また、AWS Japan からも日本語ドキュメントが提供されています。訳していて、ナルホドなぁと思ったのは、Thing Shadow のところであり、ひとつの気づきを与えてもらった気分です。 昨日の後書きでも参照した、Gartner の Top 10 Strategic Technology Trends for 2016 には、 Internet of Things Platforms という項目があり、「 IoT プラットフォー ムとは、アーキテクチャとテクノロジーの観点から IoT を実現していくという、IT の 舞台裏となる作業を構成するものとなる」と解説されていました。そして、いくつかの標準化が必要になるだろうが、暫くはベンダー間の競合が続くため、2018年までは難しいとも、述べられていました。今年は、この AWS IoT に限らず、いろいろな動きが見られるのでしょうね。 とても楽しみです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半を占める
今年の IoT:APAC の市場規模は $24.2 B にいたるだろう
2015 IoT: これからの世界をリードし、人々に幸せをもたらすものに
 

Comments Off on AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!

%d bloggers like this: