Agile Cat — in the cloud

AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?

Posted in AI ML, Facebook, On Monday by agilecat.cloud on January 11, 2016
Artificial Intelligence: Facebook Building Algorithms to Surpass the Capabilities of all Human Senses
Dick Weisinger – January 7th, 2016
http://formtek.com/blog/artificial-intelligence-facebook-building-algorithms-to-surpass-the-capabilities-of-all-human-senses/
_ formtek
Mark Zuckerberg, Facebook CEO, has identified three main areas that Facebook is focusing its R&D effort on:
 
Facebook の CEO である Mark Zuckerberg だが、同社の R&D が取り組むべき領域として、以下の3つにフォーカスしていく考えのようだ:
 
  • Advanced artificial intelligence — to better determine what Facebook users want to see
  • Virtual reality — the next technology users will want to use for interaction
  • Universal connection — a goal of connecting all humans on the planet to the internet
 
  • 先進的な AI ー Facebook ユーザーの好みを、適切に判別するテクノロジー
  • 仮想現実:VR ー 次世代インタラクションで、有用となるテクノロジー
  • 普遍的接続 ー 世界中の人々が、すべからくインターネットに接続するという目標
 
Chagall_9Zuckerberg said that “We’re working on AI because we think more intelligent services will be much more useful for you to use. For example, if we had computers that could understand the meaning of the posts in News Feed and show you more things you’re interested in, that would be pretty amazing.
 
Zuckerberg は、「私たちが AI に取り組むのは、よりインテリジェントなサービスがあるなら、ユーザーが使用するものが、はるかに有用になると考えるからだ。たとえば、Facebook のコンピュータが、News Feed のポストの意味を理解し、対象となるユーザーの興味に合わせたものを示すならば、とても驚嘆すべきものになるだろう」と述べている
 
Similarly, if we could build computers that could understand what’s in an image and could tell a blind person who otherwise couldn’t see that image, that would be pretty amazing as well. This is all within our reach and I hope we can deliver it in the next 10 years…”
 
そして、彼は、「同様に、私たちのコンピュータが、画像としてのイメージを理解し、盲目の人に言葉で伝えられるなら、それも、また、驚くべきことである。それら、すべては、私たちの手の届くところにあり、これからの 10年間で実現したいと考えている」と続けている。
 
In an interview with FastCompany, he added that “one of our goals for the next five to 10 years is to basically get better than human level at all of the primary human senses: vision, hearing, language, general cognition.  Taste and smell, we’re not that worried about … For now.”
 
また、彼は FastCompany のインタビューおいて、「私たちの最初のゴールは、いまから 5年〜10年で達成できるだろう。基本的な感覚としての視覚/聴覚/言語/認知において、すべてが、人間のレベルを上回ることになる。いまの時点で、味覚と嗅覚については、何も考えていない」と発言している
 
Zuckerberg said that “we’re working on VR [virtual reality] because I think it’s the next major computing and communication platform after phones.  One day, I believe we’ll be able to send full rich thoughts to each other directly using technology. You’ll just be able to think of something and your friends will immediately be able to experience it too if you’d like. This would be the ultimate communication technology.”
 
Zuckerberg は、「Facebook が VR (virtual reality) に取り組んでいるのは、ポスト・スマフォのプラットフォームを構成する、主要なコンピューティングとコミュニケーションの能力が、そこにあると、私が信じているからだ。いつの日にか、私たちの思考と情熱は、こうしたリッチ・テクノロジーを用いて、ダイレクトに交換できるようになると、私は確信している。あなたの持てるイメージを、それにより膨らますことが可能となり、また、あなたの友人も、そのエクスペリエンスを瞬時に共有できるようになる。それこそが、究極のコミュニケーション・テクノロジーだろう」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayすべてにおいて、とても現実味のある、Facebook の AI という感じがします。Facebook は、人々が相互に個体認識することで成立する現実の社会を、ソーシャル・メディアとして抽象化したものであり、そこに参加する人々は、興味/発想/思想/志向/嗜好(数えると切りが無い)などを、自身を意識しながら(ときには無意識の中で)、大量に振り撒いているはずなのです。おそらく、Mark Zuckerberg は、それらを収集/分析して究極のパーソナライズを、と言っているのでしょう。
 
2015年10月に Gartner が発表した、Top 10 Strategic Technology Trends for 2016 というコンテントが、とても興味深い考察を提供しています。 その中の  Advanced Machine Learning という項目が、「最先端の機械学習の世界では、DNN (deep neural nets) が注目を浴びている。それにより、従来からのコンピューティングと情報管理を超えたところで、現実の世界を知覚するための、自律的な学習を実現するシステムが構築されていく。データソースの爆発と、情報の複雑さにより、手作業による分類と分析は、実現不可能/非経済的になっていく」と論じているのです。
 
今日の、Dick Weisinger さんのポストを訳していて、Gartner の言う、この DNN のことを思い出してしまいました。2016年1月という、いまの時点においても、Facebook は自分のことを上手く調べ上げていると、感じることが多々あります。 それは、Facebook の中に構築されている仮想的な自分に対して、このソーシャルは働きかけていると、言い換えられるものかもしれません。 本文の、最初の方の一段落を考えるだけで、ずいぶんと長い後書きになってしまいましたが、ここから AVATAR が始まりそうな予感すらしてしまう、最近の Facebook です。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
 

Comments Off on AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?

%d bloggers like this: