Agile Cat — in the cloud

Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?

Posted in .Selected, Microsoft, Mobile by agilecat.cloud on January 9, 2016
Microsoft CEO Satya Nadella explains why it doesn’t matter if only a handful of people have a Windows phone
Max Slater-Robins – Dec. 31, 2015
http://uk.businessinsider.com/satya-nadella-on-windows-10-mobile-marketshare-2015-12
 
_ Business Insider
 
Microsoft CEO Satya Nadella has explained in an interview with BuzzFeed why the company is not concerned about the market share of its mobile operating system, which is about 1.7% globally.
 
Microsoft の CEO である Satya Nadella は、同社のモバイル OS のシェアが、グローバルで 1.7% に過ぎないことについて、さしたる問題になっていないという認識を、BuzzFeed とのインタビューで披露している。
 
Windows PhoneFlickr
Kārlis Dambrāns
 
He said the company would be doing a “disservice” to itself by measuring its success solely by market share. “If you think of this more like a graph,” he said of how people use products, “these [devices] are all nodes. Sometimes the user will use all of these devices … sometimes they’ll use only one or two of our devices and some other platforms — so be it.”
 
マーケット・シェアだけで成功を測ることは、Microsoft 自体を害することに繋がると、彼は述べている。そして、「もう少し、Graph 的な発想を持ってもらえるなら、すべてのデバイスが Node として機能することが分かるはずだ。ときには、すべての Microsoft デバイスが、ユーザーにより使用されるだろう。 ときには、Microsoft デバイスは1つか2つであり、他のプラットフォームも使用されるというケースもあるだろう。 したがって、それを可能にすることが大切なのだ」と、人々が同社のプロダクトを利用するときの、捉え方ついて語っている。
 
For Nadella, this is an important point: The company can work on Windows phones even if no one uses them because people use Windows 10 or Xbox or Office — and they’re all one and the same.
 
Nadella が重要だと指摘するのは、たとえ、Windows Phone が使用されないとしても、Windows 10/Xbox/Office が使用されるなら、そこに Windows Phone を促進する理由があるという論理だ。 つまり、それら、ずべては1つのものであり、同じものだという捉え方である。
 
“We want to make sure that we are completing the experience across all of these devices,” he said.
 
そして、「私たちは、それら、すべてのデバイスを横断するエクスペリエンスが、完全なものになることを、確認していきたい」と、彼は述べている。
 
ーーーーー
MSこのところ、セミナーなどで、「Windows は Office を売るための OS」で、「iOS は デバイスを売るための OS 」で、「Android は 広告を売るための OS」というふうに、まことに自分勝手な意見を振り撒いている Agile Cat ですが、大きくは外してはいないだろうと思っています。 なんというか、プロダクト/サービスと金銭が交換されるという、これまでのピュアなマーケット構造に、第三者の財布から広告費を引き出して充当するという、掟破りの Android が登場したことで、デバイスの価値が変容したのです。そして、Android はケンカする相手ではなく(ついでに iOS も)、利用すべき相手なのだという Microsoft の変身ぶりが、この Satya Nadella インダビューに現れていると思えるのです。 さらに踏み込むなら、文中でのグラフとノードいう比喩は、いうまでもなく Azure Graph への伏線です。 話は、昨日の香港に飛びますが、AIA という保険会社が、Ofiice 365 と Azure を大量導入するというニュースが報じられていました。 ここでも、Windows Phone が、1つのノードとして機能しているのでしょう。 最近の Microsoft は、とてもクールでステキです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?
Microsoft と Xiaomi :Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた!
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処に?
 

Comments Off on Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?

%d bloggers like this: