Agile Cat — in the cloud

今年の IoT:APAC の市場規模は $24.2 B にいたるだろう

Posted in .Selected, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on December 9, 2015
IoT to generate $24.2b in revenue this year
Enterprise Innovation editors – December 01, 2015
http://www.telecomasia.net/content/iot-generate-242b-revenue-year
 
_ Telecom-Asia
 
The global IoT market is expected to generate $24.2 billion in revenue in 2015 and is on track to grow to $79.3 billion in 2020, Frost & Sullivan predicts.
 
グローバル (?) における IoT マーケットだが、2015年の売上は $24.2 billion に達し、また、2020年には $79.3 billion にまで成長する軌道に乗っていると、Frost & Sullivan は予測している。(注記:グローバルではなく APAC だと推測されます )
 
From 2015 to 2020, the expected to grow at a CAGR of 27%, with services accounting for nearly three quarters of the market by the end of the period.
 
また、2015年〜2020年の成長は CAGR で 27% となり、この期間の終わりまでには、マーケットの 3/4 程度まで、なんらかのサービスが浸透すると予測している。
 
IoT_SamsungFlickr
Samsung Newsroom
 
“The major IoT opportunities will be in the deployment and management of IoT projects,” said Andrew Milroy, SVP of ICT practice in Asia Pacific. “This will lead to a requirement for new skill sets which are currently scarce in the APAC region.”
 
同社の SVP of ICT practice in Asia Pacific である Andrew Milroy は、「 IoT がもたらす主だったビジネス・チャンスは、IoT プロジェクトに関する展開と管理になるだろう。それにより、APAC 地域で不足している、新しいスキル・セットも充実していくはずだ」と述べている。
 
The IoT market is one of the fastest growing segments in the Asia-Pacific technology industry. The total regional spending on IoT is forecast to be $79 billion by 2020.
 
この IoT マーケットは、APAC のテクノロジー業界で、最も急速に成長している分野でもある。そして、この地域における IoT 支出は、2020年までに $79 billion にいたると予測されている。(注釈:冒頭ではグローバルと言っています)
 
There will also be a shift towards computing decentralization as the IT industry gradually shifts towards using more IoT technology. Examples include P2P networks becoming more widely used, allowing connected devices to communicate directly with each other rather instead of being routed through a centralized data center.
 
さらに言えば、IoT テクノロジーの活用へ向けたシフトが進めば、P2P ネットワークの更なる利用なども含むかたちで、コンピューティングの分散化も進んでいく。 それにより接続されたデバイスは、センタライズされたデータセンターを介してルーティングされるのではなく、ダイレクトな通信を実現していくようになる。
 
Milroy also expects IoT to be heavily influenced by “cloudification” and this will lead to its own set of challenges. These include the large amounts of data involved, realignment of existing processes and security solutions.
 
また、Milroy は IoT について、クラウド化に大きく影響され、また、課題に対する独自のセットを、持つようになると予測している。そこには、関連する膨大なデータや、既存のプロセスの再編、そして、セキュリティ・ソリューションなどが含まれる。
 
Cyber security is also paramount as the security paradigm is increasingly shifting to the physical domain in 2016. The increasing use of mobile devices and the gradual spread of the Internet of Things will offer many more attack vectors, and increases the risks of successful attacks enormously.
 
2016年には物理ドメインへと向けたセキュリティ・パラダイム・シフトが生じるため、これまで以上に、サイバー・セキュリティが優先されるだろう。モバイル・デバイスが増大し、IoT の普及が進むにつれて、サイバー攻撃のベクトルが多様化し、また、それらの攻撃が防げなくなるというリスクが増えていく。
 
“The Product as a Service model will become the norm in many industries,” said Milroy. “Over 70% of Fortune 500 companies will operate Product as a Service business models, with the automotive industry and electronics industry expected to lead this revolution at 15% and 13% respectively.”
 
また、Milroy は、「 この Product as a Service モデルは、数多くの産業における標準となるだろう。 そして、Fortune 500 の70% 以上の企業が、この Product as a Service モデルを運用するようになる。そのうちの、15% を占める自動車産業と、13% を占めるエレクトロニクス産業などが、この革命をリードすると期待される」とも発言している。
 
Key examples of Product as a Service include auto makers offering car sharing services on a pay per use system (automotive), medical device manufacturers offering health monitoring systems (healthcare) and IT hardware providers offering separation of products and services businesses.
 
なお、Product as a Service の主要な事例には、自動車メーカーが提供する pay per use の カー・シェアリング・サービス(automotive)や、医療機器メーカーが提供するヘルス・モニタリング・システム(healthcare)、そして、IT ハードウェア・プロバイダーが提供する分離されたプロダクトとサービスの業態などが含まれるだろう。
 
ーーーーー
IoT2020年までに $79 billion という肝心の数字ですが、冒頭で述べているグローバルは、APAC の間違えだろうと思います。たとえば、WSJ の Internet of Things Market to Reach $1.7 Trillion by 2020: IDC (2015/06) では、「The global Internet of Things market will grow to $1.7 trillion in 2020 from $655.8 billion in 2014」と述べています。また、Internet of Things Revenue to Hit $7.1 Trillion in 2020 という、IDC の調査結果をベースにした、eWeek の記事 (2014/06) もありますので、APAC の数字だと解釈すべきなのでしょう。なにが正しくて、なにが間違っているというより、IoT の市場規模と考えるべき範囲が変化しているようにも思えます。 いずれにしろ、Agile Cat 的には、スゴイとか、デカイ とか、そんな感覚でしかない、ケタ違いの市場規模です 😃 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円 ($41 billion) に至るという予測!
IoT と 自動車損保:明確な Win Win モデルが実現するだろう
米 IoT 業界は、すでに走り始めている:他を圧倒する Smart Home の普及率をチャートで!
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
IoT の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半を占める
 

Comments Off on 今年の IoT:APAC の市場規模は $24.2 B にいたるだろう

%d bloggers like this: