Agile Cat — in the cloud

Google Play を中国マーケットで展開したいが、それは 自分の役割ではない ー Larry Page

Posted in .Selected, Asia, Google by agilecat.cloud on November 27, 2015
Larry Page says Google’s China plans are no longer his decision
Biz Carson – Nov 3, 2015
http://www.businessinsider.com/larry-page-says-googles-china-plans-are-no-longer-his-decision-2015-11
 
_ Business Insider
 
Larry Page, the CEO of Google parent company Alphabet, says Google’s future in China is no longer his decision and that suits him just fine. Page said that he handed off the responsibility to Sundar Pichai, the newly-appointed CEO of Google.
 
Google の親会社となる Alphabet の CEO に就任した Larry Page は、China における Google の将来は、もはや彼の責任外であり、また、彼に合う職務ではなかったと発言している。 そして Page は、Google の 新 CEO である Sundar Pichai に、その責任も受け渡すと述べている。
 
Larry PageWikipedia
 
“I’ve also delegated this question to Sundar,” Page said during a Q&A in a rare public talk at the Fortune Global Forum in San Francisco on Monday night.
 
この月曜日に開催された Fortune Global Forum in San Francisco に、珍しく出席した Page は、「私は、この問題に関しても、Sundar に権限委譲した」と、その Q&A セッションで話している。
 
“I help him think about it,” he said. But he added that because of the change in duties, “I don’t have to answer this question.”
 
そして、すでに職務が変更されていることから、「これからも、彼を支援していくが、その質問に答える立場ではない」と付け加えていた。
 
Google famously pulled out many of its operations from mainland China, including its Chinese search engine, in 2010, following a dispute with Beijing over censorship and cyberattacks that Google claimed it traced to China.
 
2012年に Google が、その中検索エンジンも含めて、China 本土からの撤退したのは有名な話である。 それは、Peijing 政府による検閲と、China からと思われるサイバー攻撃に関して、さまざまな論争を繰り返した後の決断であった。
 
Chinese app store
 
But there have been reports recently that Google is weighing once again increasing its presence in China, the world’s largest Internet market by users, particularly with its Android app store. According to a report in the Wall Street Journal, Google is in talks with Chinese government officials about a special version of its Play store that carries only apps approved by the government.
 
しかし、Google は China におけるプレゼンスを、再び高めようとしていると、最近のレポートが報じている。つまり、この世界で最大のインターネット市場では、とりわけ Android のアップ・ストアが需要になるのだ。Wall Street Journal のレポートによると、Google は Play Store の特別バージョンについて、China 政府の高官と会談したという。 そして、China 政府が承認した アプリのみを、提供するかもしれないと、推測されている。
 
Sergey Brin, who cofounded the company with Page, also recently raised the possibility of a return to China. In an interview with the Wall Street Journal in late October, he reportedly suggested that Google and other Alphabet subsidiaries could return to the country. “Each Alphabet business can make its own decisions on which countries to operate in,” Brin told the Journal.
 
Page と共に Google を設立した Sergey Brin も、このところ、China への復帰について、その可能性を漂わせている。10月下旬の Wall Street Journal とのインタビューで、Google を含む Alphabet の子会社が、China に復帰する可能性を示唆しているのだ。 そこで Brin は、「Alphabet 傘下の企業は、それぞれの国におけるオペレーションを、それぞれの判断で決定ができる」と、同誌に説明していた
 
Google recently restructured its corporate organization into the Alphabet holding company. Under the new structure, the traditional internet business, including the search engine, Android business and online maps, operate as a distinct company by the name of Google and led by Pichai, separate from other Alphabet projects such as its Nest smart appliances business and healthcare. Page and Brin now work for the Alphabet holding company rather than for the Google business.
 
周知のとおり、Google は最近になって、Alphabet という持ち株会社を設立し、その組織体制を再編している。この新しい体制の下では、これまでのインターネット・ビジネスは、つまり、検索エンジン/Android/Maps の事業は、独立した企業としての Google で運営され、その指揮は Pichai が取る。そして、Alphabet のプロジェクトである、Nest などのスマート家電や、ヘルスケア事業などは、Google から分離される。いまの Page と Brin は、Google のビジネスのためというより、持株会社である Alphabet の運営に、時間と神経を注いでいる状況だ。
 
In Page’s view, though,Google has always had a presence in China despite not having a presence with its flagship search engine. “We’ve always had operations in China, we have big ops there,” Page said. “By far, Android is still most used operating system in China.”
 
Page の視野において、Google は China でのプレゼンスを維持しているが、主力である検索エンジンの存在感は乏しい。Page は、「China でのオペレーションは継続されており、また、大きな勢力を保持している。なぜなら、China における Android は、依然として最も使用されるオペレーティング・システムだからだ」と発言している。
 
As for what Page is doing these days, that’s managing Alphabet. He views his and Brin’s jobs as splitting time between managing the portfolio companies like Warren buffett and half of his time buying new things to help Alphabet grow.
 
このところ、Page が何をしているかというと、Alphabet のマネージメントとなるだろう。Page と Brin の仕事は、グループ企業のマネージメントとポートフォリオの管理に分割されている。そして、彼の半分の時間は、Warren Buffett のように、Alphabet の成長を促進し得る、新たな企業買収へと振り分けられている。
 
“I think my job is to create a scale that we haven’t quite seen from other companies, how we invest all that capital,” Page said.
 
Page は、「 一般的な常識とはかけ離れたスケールで、Alphabet を成長させるのが、私の仕事だ。私たちが手にしている、すべての資本を投入する方法を考えている」と語っている。
 
SEE ALSO: Google slammed the brakes on its acquisition machine, with the lowest deal-making since 2009
 
ーーーーー
app-store-revenue-value-sharegoogle-55a先日に、「Google と 中国 と Alphabet:これからの 戦略を Sergey Brin が語った」という抄訳をポストしましたが、それとペアになる話だと思って差し支え無いでしょう。そして、この、投資銀行 Digi-Capital からのチャート(クリックで拡大)ですが、中国市場に Google Play が存在しないために、Google のビジネスが思い通りに展開していないという状況を示しています。 それを変えていくためには、Apple と同様に、中国国内にユーザー・プロファイルを置く必要が生じるのでしょうが、そんな交渉はマッピラ御免だと、Larry Page は言っているようにも聞こえてきます。また、いまのドイツでは、セーフ・ハーバーに関する米国/欧州の綱引きの中で、Microsoft が対応策を講じていますが、それらと合わせて考えてみると、クラウドが分化の時代へと向かっているようにも思えてきます。 ポリシーがテクノロジーに優先するという、次のステップに柔軟に対応することも、Alphabet の役割なのかもしれませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google OnHub は、単なる Wi-Fi ルータではなく、IoT Gateway としても機能する!
米 IoT 業界は、すでに走り始めている:Smart Home の普及率を1枚のチャートで!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
 

Comments Off on Google Play を中国マーケットで展開したいが、それは 自分の役割ではない ー Larry Page

%d bloggers like this: