Agile Cat — in the cloud

Facebook の セキュリティ 5−STEP には、なんと! 遺書コンタクトまで含まれている!

Posted in .Selected, Facebook, Privacy, Security, Social by agilecat.cloud on November 20, 2015
5 things that Facebook’s security guru says every user should do to be safe online
Jillian D’Onfro – Sep 19, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-security-rules-2015-9
 
_ Business Insider
 
Facebook has over 1.49 billion monthly active users, with people in the US spending a staggering 27 hours on the social networking site every month.
 
Facebook には、グローバルで  ⒈499 億人の MAU がいる。 そして、US に関して言えば、このソーシャルネットワーキングサイト上における平均消費時間は、1ヶ月あたり 27時間という驚異的な数字になるという。
 
The company thinks that that kind of sky-high usage and engagement gives it certain responsibilities.
 
この企業が考えているのは、空をも突き抜けるような高い使用率と、エンゲージメントに見合ったレベルで、一定の責任を担うことである。
 
Facebook Log-In“Because people interact with Facebook so often, we’re spending a lot of time thinking about how we can play a role in helping increase security literacy overall across the internet,” Facebook security product manager Melissa Luu-Van tells Business Insider.
 
「 人々は Facebook と頻繁に対話している。したがって、私たちは、インターネット全般において増加しているセキュリティ・リテラシーを、どのようにサポートしていけるのかという視点で、多大な時間を費やしながら検討している」と、Facebook の Security Product Manager である Melissa Luu-Van は述べている。
 
The company recently released a new “Security Check-up” feature for users and continues to try to find ways to get people thinking about security, Luu-Van says. In some emerging markets in particular, Facebook could be people’s first on-ramp to the internet, through its Internet.org efforts.
 
最近になって同社は、ユーザーに対して最新の「Security Check–up 機能」を提供し、人々がセキュリティについて考える機会を作り出そうとしていると、Luu-Van は述べている。とりわけ、いくつかの途上国の市場では、Facebook がインターネットの入り口となる可能性があり、また、そのための努力が Internet.org を介して展開されている。
 
“We want to help people develop that muscle memory and start thinking about security in a different way,” she says. “Good security practices are important for all your accounts and services.”
 
「 私たちが望むことは、これまでとは異なる方法で、人々がセキュリティについて考え始め、また、それを記憶に焼き付けるように、手助けすることに尽きる。つまり、適切なセキュリティ対策は、すべての人々のアカウントとサービスにとって重要なのである」と、彼女は発言している。
 
Melissa Luu-VanFacebook security product manager Melissa Luu-Van
 
Luu-Van — who says that Facebook is trying to spread the gospel that good security is proactive versus reactive —outlined five things principals that internet users should be thinking about whenever they sign up for a new internet service:
 
Luu-Van が言うには、Facebook が広めようとしているゴスペルは、先見性と受容性の対比が、優れたセキュリティをもたらすというものだ。そのために列挙する5つの原則は、新しいインターネットサービスにサインアップする際に、ユーザーが必ず考えるべきものとなる。
  
1. Always use good password practices
 
On the one hand, duh. On the other, picking a strong, unique password sounds obvious, but people are notoriously pretty bad at it.
 
安易に考えては行けないというのは、分かりきったことである。その一方で、強固でユニークなパスワードを選ぶことが、明らかに大切という声があるが、それはそれで、別の問題を孕んでいる
 
Although memorizing different passwords for all your account feels like a big hassle, having the same one for multiple accounts is needlessly dangerous.
 
つまり、すべてのアカウントごとに異なるパスワードを記憶するのは、大きな労力になるが、同じものを複数のアカウントに適用するのは、不要にリスクを背負い込むことになる
 
Luu-Van says she recommends thinking of fairly long passwords that wouldn’t be obvious to anyone but you, or using a password manger (here are a few options). So, no “password” as your password please.
 
Luu−Van は、他者に推測されない、かなり長めのパスワードを使うべきとしているが、パスワード・マネージャの利用もあると述べている。(here are a few options) もちろん、「password」がパスワードなどというのは論外である。
 
2. Login approvals — also called two-factor authentication — is a must
 
“You should always add this extra layer of protection to your account,” Luu-Van says.
 
「あなたのアカウントを守るために、もう1つのセキュリティ・レイヤを、常に加えるべきだ」と、Luu-Van は述べている。
 
Two-step verification is a way for websites to confirm that you are who you say you are when you try to log in, usually through a code that gets texted to you.
 
Web サイトが、あなたを確認するための方法として、二段階認証がある。それにより、ログインしようとするときに、あなたが本人であることが確認される。通常は、その時々に取得するコードを介して、本人確認が行われる。以下の記事を参照してほしい。
Here’s how to set it up for Facebook, Google, Microsoft products, and more.
 
3. Know what sort of “permissions” you’re giving apps
 
You’re probably familiar with that box that shows up whenever you download a new app, asking you to give it access to parts of your phone or information on the account your using to sign in with (for example, if you login with your Facebook account). You should actually pay attention to it.
 
新しいアプリをダウンロードするたびに表示される、ボックスについては、よく知っているだろう。そこでは、あなたがログインしているアカウントで用いられる、携帯の電話番号や情報などへアクセスが要求される。こうした要求に対しては、充分に注意する必要がある。
 
You should routinely check what you’re giving different apps access to, deleting permissions for ones that you don’t use anymore and making sure that your comfortable with how your data is being taken, by whom.
 
必要なことは、日常的なチェックである。そして、アクセスを許している個々のアプリケーションを確認していくべきだ。続いて、すでに使用しないアプリへのアクセス許可を削除し、また、誰にデータを渡すことで、Facebook を快適に使えるのかを確認すべきだ。
 
“We’re hoping that people will become more accustomed with reviewing the information they share with apps,” Luu-Van says.
 
「 私たちの願いは、アプリで共有する情報を確認することに、人々が慣れてくれることだ」と、LUU-Van は述べている。
 
4. Set up “trusted contacts” in case you do get locked out of your account
 
Instead of writing your password down somewhere so you don’t forget it (since any physical or digital documentation could fall into the wrong hands!), you should set up a trusted contact who can help you if you’re in a bind. Many services now allow you to set a back-up email or phone number to send special codes to that you can use if you’re locked out. That contact doesn’t actually get your password: Just a code to help you reset yours.
 
パスワードを忘れないようにするために、どこかに書き留める人もいるだろう。そして、それが、物理的あるいはデジタル的に、悪者の手に渡ってしまうこともあり得るのだ! そのような困った状況に陥ったときに、あなたを助けることが可能な、信頼できるコンタクト先を設定しておくべきだろう。いまでは、数多くのサービスが提供されており、もしロックアウトされている場合であっても、送信されてくる特殊コードを使用することで、あなたの電話番号や電子メールなどを、もとに戻すことが可能だ。また、ここで用いるコンタクト先に、あなたのパスワードを渡す必要もない。つまり、取得するコードを用いるだけで、あなたのアカウントをリセットできるのだ。
 
“Forgetting your password happens to the best of us, from time-to-time,” Luu-Van says. “The bigger picture here is being really proactive about making sure that you can get back into your account in case something happens.”
 
「 あなたがパスワードを忘れても、その時々で、私たちはベストな方法を提供できる。つまり、あなたが本人であることを確認するための、あらゆる手段が積極的に運用され、何かが起こっても、あなたは確実にアカウントを取り戻せる」と、LUU-Van は述べている。
 
5. Make sure you have a legacy contact
 
This is the most morbid of Luu-Van’s tips, but no less important than the other ones: You should make sure that there is someone ready to take care of your digital accounts when you die.
 
これは、LUU-Van のティップスの中で、最も考えたくないことであるが、他にも増して重要な事柄である。つまり、あなたに死が訪れたときに、あなたのデジタル・アカウントのことを考えてくれる誰かを、しっかりと準備しておくべきだという話である。
 
“This stuff is super important to consider, even if it’s not something you want to be thinking about day-to-day,” Luu-Van says. “Do you want someone to be able to access these things and manage them on your behalf? You need to set up a way for someone to take care of your affairs if something happens to you.”
 
「そのようなことを、毎日のように考えたくないのは分かるが、きわめて重要な検討事項である。見ず知らずの誰かが、あなたのように振る舞い、あなたのアカウントを利用するような状況は望まないだろう。あなたに、何かが起こったときに、あなたのアカウントのことを考え、適切な処理をしてくれる、信頼できる誰かを設定しておく必要がある」と、LUU-Van は述べている。
 
Learn how to set up your Facebook legacy contact — and see exactly what they can do — here.
 
あなたの Facebook 遺書コンタクトを設定する方法は、ここに記されている。あなたが選んだ人に、どのような権限が受け渡されるのか、しっかりと確認してほしい。
 
SEE ALSO: Here’s a look at Facebook’s plan to kill unicorn startup Slack
 
ーーーーー
facebookAgile Cat の場合には、1 はパス・フレーズの組み合わせ:2 は Google の二段階認証: 3 アプリは使わないが定期的に掃除:4 この仕組みができた時に対応済・・・ と、それなりにセキュリティを考えてきました。 しかし、5 の遺書コンタクトは初めて知りました。 まぁ、それ以前に、グループやページのアドミンを、他の人と共有していくことを、優先して進めなければなりませんが、ほんと「遺書コンタクト」も重要ですよね。 考えなくては! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook Timeline は、新しいプライバシーを試すのか? – 2011
Facebook でプライバシーを護るための、8種類のプロテクション – 2011
Facebook のプライバシー : 知っておくべき 5つのポイント!
Facebook と Google によりソーシャル・ログインの 80% が占有されている
クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変している
 

Comments Off on Facebook の セキュリティ 5−STEP には、なんと! 遺書コンタクトまで含まれている!

%d bloggers like this: